sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

GO_TO_トラベル

富山県富山市『月世界本舗』でまたまた切れ端を購入する。

image

切れ端目当てで、今回も『月世界本舗』にやって参りました。

前回買ったものが良かったので、今回は3袋購入。


400円×3で1,200円だったので、5,200円キャッシュトレイに入れたら、

3,800円のお釣りが却ってきました。

5,200円出しましたよと申し上げたのですが、

奥様は耳が遠いらしく聞こえないっぽい。

200円ぐらい、まあ、いっか、と思って言葉を飲み込みました。

何かの足しにして頂ければ幸いです。

そういうことにキリキリしないで済むのが、

ワタクシにとっての富山なんだろうなぁ。



image
【月世界本舗】

富山県富山市上本町8-6
営業時間 9:00~18:00
定休日:不明
http://www.tukisekai.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『ムッシュー・ジー』のマカロンをやっぱり買ってしまう。

image

富山市に来たならば、ムッシュー・ジーに立ち寄らずには帰れません。

ってことで、ちょっくらマカロンを買いに行って参りました。

お昼過ぎになっていたので売り切れているものがあるかもしれんとは思いましたが、

ある程度は残っていました。

ただし、ひっきりなしに若い娘さんたちが買いにやって来るため、

どんどん品物は減って行きます。

やっぱり人気なんだなぁ。

image
一度は、端から端まで全種類買ってみたい。

image
毎度買っちゃうカフェ。
やはり人気ナンバーワンなんですね。


image
そして店名が付いているフレーバーの外せない。

image
今月の新作は「ゆず」でした。

image
そして毎度手が出せないケーキ類。
いつになったら買えるのやら。

image
クイニュウ 350円(税込)もありました。
土日限定?

image
前回美味しかったので、またまた買っちゃいました。

冬場は溶ける心配が無いので買いやすいですね。

と言いつつ、8個ぐらいしか買えないんだけど。

今日買って、賞味期限は15日まで。

しばらくは楽しめそうです。

富山に住んでいたなら、

ここのクリスマスケーキを買ってみたいわぁ。

ちなみに予約制で既に売り切れていました。

そりゃそうか。



image
【ムッシュー・ジー】
Monsieur J

富山県富山市総曲輪4-10-9
営業時間 10:00~18:00
定休日:月曜、火曜
https://www.monsieurj-patisserie.com/


【にほんブログ村】

富山県富山市『新村こうじみそ商店』へ再び糀味噌と糀などを調達しに行く。

image

『新村こうじみそ商店』は明治30年創業の糀味噌店です。

前回の富山旅で大変気に入ったので、ちょいと調達しに来ました。

酒粕(どこのものかを訊くのを忘れた)を購入したため、

お味噌と糀は500g程度に購入を控えてしまいました。

もう若くないので重いカートを引くと筋肉痛になると思うし。

ワタクシ好みのお味噌なもんで、

よくよく考えたらやっぱり1kg買うべきだったかもと

電車に乗ってから後悔しました。

今後はお取り寄せしちゃおうかしら。

買い出しが無事終了したので、次の目的地に移動します。




image
【新村こうじみそ商店】

富山県富山市堀川小泉町793-10
営業時間 9:00~19:00
定休日:日曜、祝日
https://www.shinmurakoujimiso.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

JR新潟駅『ぽんしゅ館 クラフトマンシップ』で鈴木石太郎タンス店の桐キャニスターを入手。

image

燕三条の金物をメインとしたメイドイン新潟の上質な調理道具や

生活雑貨、珈琲や紅茶などが並ぶ『ぽんしゅ館 クラフトマンシップ』。

ここで、以前青山で見て気になっていた

鈴木石太郎タンス店の桐キャニスターを入手しました。

明治20年創業の加茂桐簞笥の老舗でして、

伝統工芸品の箪笥は買えなくともキャニスターならば買える

と狙っておりました。

image
桐キャニスター(生地) 3,850円(税込)
珈琲を入れるためのキャニスターです。

image
桐箪笥と同じ国産杉だけで作るキャニスターでして、
当然パッキンなど無くとも素晴らしい密閉具合で
蓋を閉めるのがクセになります。

我が家ではカートリッジ式の珈琲を使っているため、

このキャニスターはお米入れとして使用することにしました。

本当は大きいサイズの米櫃が欲しかったのだけれど、

持ち帰れないし、お高いのよねぇ。

いつかは入手したいと思っていますが、野望のまま終わるかも。

image
ハーブティーも買っちゃいました。各540円(税込)

最後に念願のキャニスターを入手することができ、

大変満足しております。

今回も結構新潟市にはお金を落とした気がする。

個人の感想ですけど。

次は新潟駅万代口が綺麗になってから再訪したいです。

って、いつなんだ?


image
【ぽんしゅ館 クラフトマンシップ】

新潟県新潟市中央区花園1-1-1 JR新潟駅構内CoCoLo西N+
営業時間 10:00~19:00
https://www.instagram.com/ponshukan_craftsmanship/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

JR新潟駅『ぽんしゅ館 コンプレックス』で麒麟山サワーなるものを一杯飲んでみる。

image

『ぽんしゅ館 コンプレックス』なる場所が

JR新潟駅の新幹線改札前にできておりまして、

気になっていたので立ち寄って参りました。

新幹線改札前ってところが良い感じです。

って、本当に新幹線改札口前にあるのはスタバなんですけどね。

ごちゃごちゃと蜜に並んでいるお土産物の間をすり抜けた奥に

飲酒コーナーがございまして、

そこで新潟のお酒と軽食などが頂けます。

復路の電車の待ち時間に使える、丁度良い場所だと感じました。

image
日本酒はホテル側にあるぽんしゅ館の方が種類は多いです。
しかし時節柄入れ替え制になっておりまして、
かなりの待ち時間が発生しているようです。

image
麒麟山サワー 480円(税別)
スッキリ&ピリリとしたのど越し。
さっぱりとして美味しいです。
(もう一杯飲もうか迷った)

image
おつまみ3点盛なるものを発見。
良いではないか。

image
おつまみ3点盛 319円(税別) 
右の「ちびきゅう」が別格に美味しかったです。

image
これだけで十分新潟を満喫できる感じ。
締めて878円(税込)でした。

穴場感があって、良いスポットです。

オヒトリサマでも居心地が良い。

時間が豊富にあれば、ここで飲んだくれてるのも良いかもなぁ。

image
飲んだ後で買い物もしておきました。
チューハイは殆ど飲まないのだけれど、
ル・レクチェは気になる。
一本157円(税込)。

image
ラベルが面白いなと思って購入した梅酒。
北雪 スイートデビルカップ180ml 440円(税込)。
佐渡ヶ島特産の厳選された青梅を原料に醸しているそうな。

image
つまみ各種も調達しておきました。年末に向けて。


image
【ぽんしゅ館 コンプレックス】

新潟県新潟市中央区花園1-1-1 JR新潟駅構内CoCoLo西N+ 3F
営業時間 10:00〜20:00※店舗によって異なる
※Suicaが使えます
https://www.ponshukan.com/niigata/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『ハチミツ専門店 Miele~近藤養蜂~』で新潟県産のアカシア蜂蜜を買ってみる。

image

養蜂家自ら販売する天然ハチミツ専門店『Miele~近藤養蜂~』。

新潟県内で数百万匹のミツバチから蜜を採取した自家製蜂蜜の他に、

世界各地の蜂蜜を販売しています。

さぞかし拘りがあるだろうと思い、ちょいと覗きに行って参りました。

image
店内では試食ができるのでハズレなしで購入できます。

image
これが一番人気らしい新潟県で取れたアカシアの蜂蜜。
アカシアの蜂蜜だけでもランクがありました。
余分なものを省くとこんなきれいな色になるんですね。

image
下段左に行くほど色が濃くなり値段が安くなるアカシアの蜂蜜。

image
他にも季節の花の蜂蜜もあり、味が異なります。
右上の黒い蜂蜜は蕎麦の花。
勿論アレルギー持ちには手が出せない蜂蜜です。

image
試食したら美味しかったのでカナダ産のブルーベリーの蜂蜜も購入しました。

image
アカシア(特選) 1,500円(税込)、ブルーベリー 1,200円(税込)

アカシアはとても上品な甘さで、

「紅茶を邪魔しない味」

というワタクシのニーズに合致するものでした。

後味も良い。

ブルーベリーは独特で、強いて言えば黒蜜?

パンに塗って食べると美味しいのではないかと思います。

ついでに栗も試させて頂きましたが、

個性的な味過ぎてワタクシには無理でした。

のどがイガイガして味が舌に残りまくると申しますか。

一瞬、アレルギーかな? と過ぎるほどでした。

対応してくださったのは奥様かしら?

とても美人な方でした。

やはり新潟美人は色白でお肌がキレイなんだなぁ。

そんなこんなで、明日から

「蜂蜜で殺菌」という生活をスタートしてみようと思います。

カロリーはこの際、気にしないということで。



image
【ハチミツ専門店 Miele(ミエーレ)~近藤養蜂~】

新潟県新潟市中央区西堀前通740-5 遠山ビル1F
営業時間 10:00~19:00(日曜は18:00まで)
定休日:水曜、第5日曜
Facebook

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『ヤスダヨーグルト BAKERY LECHE』のヨーグルト種を使ったパンが良い香り。

image
ヨーグルト種のレーズン入りロールパンは300円(税込)。

新潟に来れば、これまた必ず立ち寄っててしまうのが『ヤスダヨーグルト』。

毎度鬼買いしております。

今回はヤスダヨーグルトにパン屋さんがあると知り、わざわざやって参りました。

なんでも、ヨーグルト種を使ったパンなんですって。

って、パンについての知識が皆無なので、何がどう凄いのかは分かりませんが、

出来立てのパンはふかふかで香りが良い。

なんだか癒しのアロマって感じでした。

image
焼き立てのあんぱんも買ってみた。
3個入りで230円(税込)。
餡は柔らかめです。

ヤスダヨーグルトといえばヨーグルトを使った生デザート類も外せない。

ってことで、帰り際に新潟駅の店舗でそれらを調達しておきました。

ベーカリーの店舗で見たロールケーキなども捨てがたかったのですが、

持ち歩けないため泣く泣く断念しました。心残りです。

駅の店舗ではケーキ類は置いていないので、

食べたくなったらベーカリーまで買いに行かなきゃなぁ。

image
新潟駅のショップは激狭です。しかも混む。

image
新商品「紅茶プリン 250円(税込)」なるものも出てました。
これがウマウマです。
あまざけヨーグルト 220円(税込)は東京では見ないかも。

ヤスダヨーグルトの良いところは保冷バッグをつけてくれるところ。

保冷剤は長持ちしませんが、それはそれとして良いサービスだなと思います。

でも夏場は東京まで持ち帰るのはリスキーかもなぁ。

ということで、新潟に行くことがあれば、

次回も立ち寄って色々買いまくろうと思います。




image
【ヤスダヨーグルト BAKERY LECHE(ベーカリー レーチェ)】

新潟県新潟市中央区上大川前通3番町19-1
営業時間 11:00~17:30
定休日:水曜
※Suicaなどは使えません
http://www.yasuda-yogurt.co.jp/index.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『新潟加島屋本店』で買った海老しんじょうが美味しかった。

image

新潟に来ると必ず立ち寄るのが、新潟加島屋本店

全国のデパートに入ってはいるのですが、お惣菜はここでしか買えません。

ここでしか買えない感が好きで、新潟に来る度に毎度足を運んでおります。

今回はここで自分にはお惣菜を買い、母には鮭を送っておきました。

イクラが安かったのですが、ワタクシは食べないし、

冷凍のまま持ち運べないのでスルー。

時節柄なのか、いつもより商品が少ないようにも感じました。

image
以前も食べて美味しかったので帆立貝柱のお惣菜を購入しました。
これだけでご飯が贅沢品になりますわ。

image
ここのデザートも実は美味しいのです。
左はカボチャプリン。
右の酒粕は家で粕漬けを作るために購入しました。

image
切り干し大根好きとしては外せないお漬物と、
どんどん値上がりしている気がする帆立貝柱。

image
その日のうちに食べなきゃならないお惣菜も買えちゃうのが、
日帰り旅の良いところですね。


image
鮭おにぎりは帰りの新幹線内で摘みました。

image
これが毎度ウマウマだと思う海老しんじょう。
帰宅後レンチンしたらふわふわで美味でした。
これはマストバイですわ。


image
甘エビの唐揚げは良い塩梅です。
結構な量入っているのにこの価格は安いと思う。

さて、今日はとてもいい天気だし、陽射しがポカポカです。

外に居なけれゃ勿体ない感じ。

ってことで、買ったものを持って信濃川河川敷にやって参りました。

ベンチに座ってボーっとする至福のひととき。

ここで昼ごはんにすることにしました。

image
出来立てのキングサーモンコロッケ。
これも美味しくて買ってしまうテッパン品です。

image
ふんわり温かでふかふかのコロッケです。

image
サーモン味がめっちゃする加島屋ならではのコロッケです。
ウマ~。

image
空は真っ青だし、桜の葉は真っ赤だし。
嗚呼、なんて爽やかな陽気なんだ。

川沿いにポツン・ポツンと置かれたベンチでは、

一人で日向ぼっこをしている人が結構居られました。

だよね。そうなるよね。良い天気だもの。

周囲に誰も居ないのでマスクを外して光合成をする感じ。

なんて贅沢なんだろう。

とても満たされた気持ちになりました。

東京ではビルの間を縫うように移動する日々で、

広い空を眺めることが少ないと感じているのですが、

たまにはこういう景色を満喫してリセットするのも良いですね。

加島屋のお惣菜を現地で食べるベストスポットかもしれんと

今回新たに発見した次第です。

って、コロッケを食べただけなんですけどね。

満たされた~。



image
【新潟加島屋 本店】

新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
営業時間 10:00~19:00
定休日:日曜
http://www.kashimaya.jp/

新潟交通の検索システム https://transfer.navitime.biz/niigatabrt-newsystem/pc/map/Top

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市のにぎわい市場 ピアBandai『ピカリ産直市場 お冨さん』で精米したてのコシヒカリを購入する。

image

本日は新潟県新潟市に日帰り買い出し旅をしておりました。

GO TO トラベルのパッケージ旅行です。

結構空いている上越新幹線で新潟駅に到着したら、

駅が改修中で大変不便になっておりました。

ロッカーがほとんど無い。

万代口が改修工事中なので遠い。

今は新潟出張は大変かもしれんと感じました。

さて、限りあるロッカーを確保し、

バスに乗って「ピアBandai(ばんだい)」にやって参りました。

今回利用したパッケージに、ここで使えるチケットが付いていたからです。

今までの新潟旅でワタクシは素通りしていた場所ですが、

朝早いのに駐車場がいっぱいで、場内も大盛況。

観光客のみならず県民にも人気のスポットだったようです。

image
チケットを交換するスポットが大変分かりにくいのですが、
駐車場にポツンとあるプレハブ小屋が交換場所でした。


image
2,200円分のチケットを入手しました。

image
早速、お米売り場に移動。精米したてのお米って美味しいよねぇ。
でも、どれにするかで迷ったので相談してみた。
味とブランドは値段に比例するそうです。

image
南魚沼の塩沢産のコシヒカリがブランド品らしい。
そういえば越後湯沢で買えるお米がそれでしたな。


image
一応、魚沼産と南魚沼産を買ってみる。

image
自分用に南魚沼産コシヒカリを3kg入れて貰いました。
2kg入れて貰ったものと比較してみたけど大差ないですな。

本当は5kgほど買おうと思ったのですが、

東京まで持てないと判断して断念しました。

先に貰ったチケットをここで一気に使い切りましたので、

安価にお米を入手できてラッキーでした。

旅の初っ端に買うものではないとは思うのだけれど、

時間の経過とともに場内の混雑具合が増して来たので、

これはこれで良い判断だったと思っております。

ここでは地元野菜の販売もあり、

きのこ類に大変魅かれたのですが、

嵩張って持ち帰れないと判断して断念しました。

良いものが沢山あったんだけどなぁ。

image
小さなものは買っといた。

再びバスで新潟駅に戻り、ロッカーに荷物を入れて再びバス乗り場へ。

次は真の目的地に向かいます。



image
【ピカリ産直市場 お冨さん】

新潟市中央区万代島2 ピアBandai
営業時間 9:00~19:00(1月~2月は18:00)
定休日:なし
※Suicaが使えます
http://www.otomisan.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

本日はこんなところに居りました。

image

またまた日帰り旅をして参りました。

泊まらないし、一人だし、身軽でラクです。

南東北ぐらいなら日帰りしちゃおうかなと考える距離なので、

行先の選択肢は幅広いです。

しかし、GO TO 旅での日帰りエリアは選択肢が少なめ。

仙台日帰り旅と迷ったのですが、

結局は食欲に負けた行先となりました。

そしてガッツリお米を担いで帰宅。

今日は千葉県民Tの誕生日なので、

精米したての2kgのお米をプレゼントしておきました。

鮭の切身とともに。

中年になると誕生日プレゼントが生活密着型になりますな。

喜んで頂けたっぽいので、

良い選択だったのではないかと満足しているところです。

ってか、帰りの新幹線(2階建)で

ワタクシの乗車した1階部分が貸し切り状態だったのには驚愕しました。

途中の駅でも誰も乗って来ないので、非日常感が半端なかったです。

ワタクシは何処にトリップしていたんだろう? 的な。

五、六回確認しましたが、本当に誰も居ませんでした。

こんなの、生まれて初めての体験だったんじゃないかな。

最高にリスクの少ない移動で、今日一番の贅沢となりました。

さて。

何はともあれ、荷ほどきだ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市のGO TO 旅で我々がお土産に買ったもの。

image
千葉県民Tへのお土産はデパートの富山大和で買いました。
「季節の巾着袋」@日の出屋製菓

image
セブンイレブンで購入したご当地お菓子 378円。
めーちゃんへのお土産にしました。

image
地場もん屋で買った干し椎茸 330円(税込)。
干し椎茸を見たら買わずにはいられない性質です。

image
小細工麩 108円(税別)

image
昆布でんぶ 210円(税込)。
富山に来たら昆布類は買わずには居られません。

image
富山県産コシヒカリ 648円(税別)
精米日の近い新米です。

image
富山県産コシヒカリ 250円(税込)
美味しいかは不明ですが、精米日の近い新米なのでいいかなと。

image
手割り箱寿し(鱒6貫) 1,296円(税込)

image
昆布締め各種は母のセレクトです。
賞味期限が近い。

image
じゃこ天も母のセレクトです。

何度も富山に来ていると買おうと思うものが限られてきますね。

お土産もネタが尽きかけているというか。

その点、新米はベストチョイスだと思っています。

昆布は最近の若い方か好まないってことを知ったので、

お土産にするのは止めました。

美味しいのになぁ、昆布。

ということで、明日の晩は昆布締めパーティーです。

母が手巻き寿司にすると言っていたので、

冷蔵庫で眠っている日本酒を開封しようと思います。

明日の夜はぐうたらしちゃうぜっ。

image
image

次回、時間があれば「とやマルシェ」の「のれん横丁」でお寿司を食べたいです。


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『丸八製茶場 syn』で新幹線の発車時刻までまったりとお茶をいただく。

image

創業文久3年(1863年)の丸八製茶場。

そのショップと喫茶コーナーが富山駅にありまして、

帰る間際に必ず立ち寄っている気がします。

今回は残った地域共通クーポンを使ってしまうという目的で

時間に余裕を持って立ち寄って参りました。

image
金沢の「甘味こしらえ しおや」のお菓子だそうです。
「なかなか手に入れられないという、あの?」と訊いたところ、
現在、富山のデパート大和に期間限定で出店しているのだとか。
知ってたら買いに行ったのにーっ。

image
ナッツを飴と絡めたものにきな粉と和三盆でコーティング
…的なお菓子の説明だった気がする。

image
ワタクシがお願いした茶葉を淹れて頂いているところ。

image
印雑焙茶 マリコロードというほうじ茶です。

image
茶葉はちょっと明るめ。香りも独特です。

image
甘味はあんみつを選択しました。

image
先の「甘味こしらえ しおや」さんの餡子だそうです。
寒天にはほうじ茶が使われていて独特の風味。

image
蜜は「みりん」を使っているそうな。
(後述あり)

image
サービスで淹れて頂いたお茶。
11月の季節のほうじ茶で「青心烏龍」だそうです。
独特良い香りで安らぎを感じます。美味しい。

image
琥珀糖のことを金沢では「かいちん」と言うそうな。

さて、先のあんみつに使われている「みりん」が気になったワタクシ。

どんなものを使っているのか見てみたいと言ってみたところ、

瓶を見せて頂けました。

ネットショップがあるので、後日入手したいと思います。

これに付随して、

日本の伝統食品の担い手6人で結成されたユニット「HANDRED」についても教わりました。

なかなか面白いので、片っ端から食品を試してみようとも思っております。

image
福来純本みりん@白扇酒造

旅行客などで賑わっている「きときと市場 とやマルシェ」ですが、

暖簾をくぐると静謐な空間が存在しています。

旅をリセットする意味でも、今後も帰る間際に立ち寄るだろうなぁ。

と思うほど気に入っているお店です。

オススメです。



image
【丸八製茶場 syn】

富山県富山市明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ
営業時間8:30~20:30,[喫茶]10:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:無休
https://syn.kagaboucha.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『石谷もちや』の栗おこわが激ウマっ。

image

毎度必ず買わずには居られないのが、石谷もちやの和菓子。

富山のお米と水と使ったお餅屋さんでして、

ここのお団子や餅類はめちゃくちゃ美味です。

当日、なるべく早くに食べないと固くなるので、

大量に買えないのが残念。

しかも本日は復路の新幹線時刻が午前中という鬼工程。

とはいえ、買わずに帰ると後悔すると思い、

ちゃちゃっと&吟味して購入して参りました

image
母リクエストの「あやめ団子」は一本108円(税込)。
母の分と3本ずつ購入しました。

image
白玉団子のような柔らか食感です。

image
栗おこわ 780円(税込)
激安です。


image
この昆布おはぎは富山県ならでは。

image
昆布おはぎ 一つ140円(税込)
昆布のしょっぱさが良いアクセントになっています。ウマウマ。

image
栗大福 一つ324円(税込)
これはまだ食べていません。

「栗おこわ」は店頭に並んではいなかったのですが、

前のマダムがわざわざあるか尋ねていたうえ、大量買いしておられたので、

これは美味しいに違いないと思って追加購入しちゃいました。

帰宅後に食してみたら、感動的な美味しさで、

これはわざわざ買いに行く価値のあると、

ワタクシ史上、第一位に躍り出た「栗おこわ」となりました。

まだまだ知らない富山の美味しいものがあるんだなぁ。

短時間ながら、わざわざ買いに行って本当に良かったです。

ポイントカードも作り直して貰ったし、

次回も立ち寄ろうと思います。



image
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『ジャーマンベーカリー中央通り店』で地元の人に交じって朝食を。

image

今回の旅ではビジネスホテルに宿泊しているのですが、

COVID-19の影響により朝食を休止中です。

ゆえに、ホテル外に食事をしに行かねばなりません。

ちょっと面倒。

本日は東京に戻る新幹線に午前中に乗車するため、

早めにホテルをチェックアウトしちゃいました。

残り短い滞在時間ながら目的があるため、

母とは別の場所で朝食を摂ることになりました。

選んだのは、西町駅前にある『ジャーマンベーカリー中央通り店』。

パンとコーヒーが味わえればいっかーという軽い気持ちだったのですが、

入店した途端に魅力的なパンの群れに囲まれ、

ついつい吟味した朝食にしちゃいました。

image
焼き芋パン 146円(税込)
徳島県産なると金時芋のペーストのクリームが入っています。

image
モーニングには、ゆで卵がサービスで付けられました。

パンは二つ選んだのですが、もう一方はコロッケパンです。

本当はメンチカツか入ったコッペパンっぽいものが良かったのですが、

メンチカツの前に「生」と書いてあったため、迷いが生じました。

「生」が付くと破壊力が増すと思うのは気のせいでしょうか。

どうして「生」なのか!? 謎です。

続々とモーニングを食す常連さんたちで二階席か埋まり、

その人たちに囲まれていると地元民感を疑似体験でき、

大変楽しい朝食タイムとなりました。

今後はホテル朝食ではなく、

どこぞでモーニングを食べるってのも良いかもなぁ。



image
【ジャーマンベーカリー中央通り店】

富山県富山市中央通り1-1-20
営業時間 7:30~20:00
定休日:無休
http://www.german.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市にある『桜橋』は桜の頃だけでなく紅葉の頃も美しいのです。

image
[桜橋]
上路式鋼2ヒンジアーチ橋
(※) 
※桁がアーチより上方にあるアーチリブの両端部をヒンジ構造とした鋼製の橋 

富山市の中心市街地を流れる松川に架かる桜橋(さくらばし)。

昭和10年(1935年)に竣工したアーチ橋で、

橋の名が表す通り、両岸一帯は桜の名所として知られています。

橋梁としては富山県内初、鋼アーチ橋としては全国初の登録有形文化財です。

image
橋のたもとに文化財プレートがあります。

image
欄干は第2次世界大戦後に新たに取り付けられたものだそうです。

image
曲線が優美で昭和初期感がありありのデザインですね。

image
桜の紅葉もまたヨロシ。


image
橋から松川を眺める。

今まで通過するだけだった文化財を拾うことができ、

ちょっと嬉しくなりました。

やはり旅には文化財見学は欠かせませんなぁ。

image
紅葉が進んだ街を歩いていると、
今年中に富山を訪れることができた幸せを感じます。


image
【桜橋(さくらばし)】

富山県富山市本町
橋長:15.5m,幅員:21.9m
国登録有形文化財

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『旬と鮮 伊真沁』でディナー難民になり掛けたところを救われる。

image

目星をつけていたお店が軒並み開いていないという夕食時刻。

COVID-19の影響でしょうか。

久しぶりの富山の夕方散策は、ちょっと切ない気分になりました。

image
街なかに驚くほどのカラスの群れが飛び交っておりました。
リアルなヒッチコックの「鳥」って感じ。
写真で切り取った以上の広範囲の空で動く黒い点。
ある種、圧巻でした。

さて、電子クーポン券を全く使えていないので

どうにかしたかったのですが、

ワタクシが歩いた範囲では、使えるところはあまり無さそうでした。

ぐるぐる歩いてようやく発見したのが富山駅前にある『旬と鮮 伊真沁』。

これで「イマジン」と読むらしいです。

若い女性客率が高い店内に、予約なしでも入店することができました。

ああ、助かった。

image
飲み物は生ビールにしました。
ワタクシ的には珍しいことです。
って、前日に東京で勝駒を呑んだしな。
突き出しの海老の素揚げが異様に美味しかったです。
ビールにめっちゃ合う。

image
富山らしいメニューと、居酒屋らしいメニューが混在しています。

image
本日のおすすめメニューに興味深いものがありまして、
それを注文してみました。

image
ポテトサラダは今まで見たことが無い形状。
蒸かしたジャガイモ(大)がごろりと入っています。

image
自分でジャガイモを潰して混ぜて食すものらしい。
見た目は凄いことになっていますが、これがなかなか美味しかったです。

_DSC_7294
栗の唐揚げ。
渋皮を揚げると苦みが無くなるもんなんですねぇ。
たのんで良かったです。
ちょっと他には無いメニューかも。

image
イカの天ぷら。
これは塩で食べる方が美味しい気がする。
コリコリした食感で美味しい…って、何イカだったっけ?

image
母が一番気に入ったという牡蠣の天ぷら。
※ワタクシは牡蠣が嫌いです

image
氷下魚(こまい)の干物。
初めて食べましたが、とても淡白な味でした。

スタッフさんたちが良い感じに接し易いです。

女将さんが特に良い感じでした。

ここは居酒屋だと思うけれど、外まで見送りに出てきてくれたりして。

残念ながら電子クーポンは使えませんでしたが、

二人で4,000円以下というリーズナブルな夕食でした。

食べる場所に困ったら、次回もここにするかもなぁ。

image
GO TO トラベルのクーポンは使えるようです。


image
【旬と鮮 伊真沁(いまじん)】

富山県富山市新富町1-1-4
営業時間 17:00~
定休日:水曜
https://www.facebook.com/syuntosenimajin/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。