sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

新宿区改代町『魚周(うおしゅう)』という地元で人気の鮮魚店でアテを探す。

image

ザックリ言えば、神楽坂駅と江戸川橋駅の間にある『魚周』。

並べると「鯛」という文字になるんですね。洒落てるぅ~。

ってことはさて置き、ここは地元で人気の鮮魚店です。

令和の世になり、殆ど見なくなってしまった街の鮮魚店。

残された数少ない鮮魚店のうち、ダントツ人気なんじゃないか?

と思えるお店です。

軒先に神楽坂に住む女優さんのサインが掲げられてるし。

image

さて、本日は在宅勤務日。

仕事終わりに散歩がてら、イカの塩辛を買いにやって参りました。

焼き魚やお刺身にするものは既に売り切れているっぽい。

image

ふと見ると、ホタルイカがある。

なんかわからんけど、買わなきゃいけない気がするので、

それもついでに買っちゃいました。

image
この3種で計1,500円(税込)。

image
たっぷり入ったイカの塩辛が500円(税込)。

image
たっぷり入ったホタルイカが500円(税込)。


青いビニールに入っているのは

自家製の酢〆イワシです。

大将が「ウチのは上手いよっ!!」と断言していました。

うん、見るからにキラキラして美味しそうです。

家に青じそがあるので、刻んで塗して食べようと思います。

嗚呼、良い買い物したワー。

さてこれからホタルイカをちまちまと下処理しようかな。

そして今日は飲むぞーっ。



image
【魚周(うおしゅう)】

東京都新宿区改代町19
営業時間 14:00~19:00
定休日:日曜


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

富山県富山市『森昆布〆専門店』の昆布締めがものごっつい美味しい。

image

野望だった『森昆布〆専門店』の昆布締めを買いに

朝から電車に乗って行って参りました。

駅から徒歩10分ぐらいかなぁという住宅街にあるお店でして、

外観も住宅っぽい。

既に入店を待っている方が居られたので訊いたところ、

一人出たら一人入るという仕組みらしい。

自分の番が来たので入店したら、納得。

一坪もないスペースに受付があり、

そこで写真を見ながら注文するというシステムでした。

image

白えびもあったのだけれど、

「他店の」という謎ワードを聞いたもんで今回は控えました。

image
この日取り扱いのあったうち、この二品を購入。

image
甘エビは買った当日中に食べるよう何度か言われまして、
それが一番美味しいのだろうと、そのように致しました。

image
この日あったのが大甘海老だったのでそれにしました。

image
帰宅後早速食べてみる。
めちゃくちゃ綺麗なビジュアルです。
これでこの価格は安いのでは?

image
ねっとりとした舌触りでお昆布の旨味と香りが鼻から抜けます。
激ウマ!!

image
サスの昆布締めはこんなビジュアル。
ねっとりとしていて、かなり美味。

image
昆布は細切りにして鰹とお醤油と七味を振りかけて混ぜてみました。

image
お高い昆布を使っているんだろうなぁという旨味があります。
こちらも美味。

image
スーパーで買った富山県産のお醤油をつけてみました。
これまた美味し。

これはわざわざ買いに行く価値のあるものですわ。

日曜日が定休日なので、

それ以前に帰るという日に買いに行かねばなりませんが、

それでも、そのように日程調整をして買いに行っちゃうと思う。

次回も是非、ここまで足を運ぼうと思います。

美味しかった!

image
快晴だったので駅から立山連峰が見えました。

image
もうすでに雪景色です。


image
【森昆布〆専門店】

富山県富山市水橋辻ヶ堂2162-9
※あいの風とやま鉄道線 水橋駅下車
※富山駅から電車で10分・片道280円程度
営業時間 9:00~17:00 ,[水] 9:00~12:00
定休日:日曜
https://www.instagram.com/morikobujime/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

富山県富山市『美乃鮨』で昼時からの勝駒の誘惑と戦う。

image

古沢からバスで丸の内まで戻って参りました。

ちょうどランチ時だったもんで、お寿司でも食べるかー、と、

かなり気軽な気持ちで近くの鮨屋に入店。

表にメニュー表示が無かったし、予約もしていませんでしたが、

「入れたらラッキー」と、暖簾をくぐりました。

幸いに空席があり、着座してメニューを拝見。

ちょっと説明をしてもらってから、

地場ものの握りという「富山湾10種」を依頼しました。

image


image
アラ昆布締め

image
フクラギ(小さめの鰤)

image


image
お味噌汁

image
シメサバ

image
バイ貝

image
甘エビ
(魚卵抜きでお願いしたので卵を取って出されています)

image
アオリイカ

image
白エビ

image
紅ズワイガニ

ひとりだったもんで、

どこから来たのか、何処に住んでいるのか、職業は何か

など、会話を向けられましたが、

大将も二十数年前は目黒区柿の木坂でお店を出して居られたそうです。

全く前情報は無かったので後で調べたところ、ここは

ミシュランガイド北陸2021特別版でビブグルマンに選ばれたお店だとか。

そして、香川照之さんの同級生のお店たったらしいです。

あの大将がそうだったのか。

大将は建築の分野に興味があり、お詳しいようで、

ワタクシがちょっとずつ発する単語をよくご存知で驚きました。

お客さんも様々な分野の方が居られるようなので、

知識もいろいろとお持ちなのかもしれませんな。

会話に参加された常連さんらしき方が勝駒を注文しているのを見て、

ちょっと誘惑に駆られましたが、

出張で来ているという印象を与えてしまった手前、自粛致しました。

何度も富山に来ているってところで、そういう印象を与えたのかも。

母に話したところ、ここは母が来たかったお店だったのだそうです。

昔、父と来たとか何とか。

でも流石に夜も同じお店に行くのは憚られたため、

今回はランチのみにて。

ちなみにお寿司のネタは総じて厚め、シャリもしっかり目でした。

その点では、ランチに丁度良いかも。



image
【美乃鮨】

富山県富山市丸の内2-3-4
営業時間 11:30~14:00(L.O.13:30),17:30~21:00(L.O.20:45)
定休日:日曜、祝日の月曜日


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区有楽町1丁目『鈴波』の鈴波定食1,430円。

image
鈴波定食 1,430円(税込)

『鈴波』の前を通りかかったら

なんだか粕漬の焼き魚を食べたくなったので、

ランチを摂るべく入ることにしました。

空いてたし。

外のメニューを見る間もなく入店したのですが、

着席したら「今日の定食の魚は鰆です」と言われたため、

即、それに致しました。

鰆が大好物なもんで。

ここでは食事以外はマスク着用、黙食を求められています。

オヒトリサマなので無問題です、うん。

image
鰆って食べやすいですよねぇ。

とてもバランスが取れた定食だと感じました。

家で魚の粕漬を焼くと焦げるのを防ぐために気を遣うし、

大変面倒くさいけれど、

ランチで食べられるのは良いかも。

ってか、久々に外で一人ランチをしたかも。

気のせいかな?

『鈴波』は気軽に入れるし、美味しいし、

この辺りに来たらまた立ち寄りたいかも。

ちなみに定食左下の器の中には、黒豆が入っていました。

しょっぱいものの中では、ホッとする一品でした。



image
【鈴波(すずなみ)】

東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷B1F
営業時間 [昼]11:00〜15:30(L.O.15:00),[夜]16:30〜21:00(L.O.20:30)
[土日祝] 11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:東京ミッドタウン日比谷の営業に準じる
※Suicaが使えます
https://www.suzunami.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

良い感じの煮干し菓子を発見。

image
すっぱいやわらか煮干し 429円(税込)

本日、丸の内側の紀ノ国屋アントレで煮干しを発見しました。

酸っぱくて柔らかい煮干しとある。

これは絶対当たりに違いないと確信し、ソッコー入手しました。

帰宅後、早速一袋むしゃむしゃと食べてみたところ、かなり好み。

手が止まりません。

明日の骨の健康はもらったぁ !

とほくそ笑んでおりましたが、調子に乗ると 急激に飽きる。

ゆえに程ほどの量を食べることをオススメ致します。

小魚を食べないと~と考えているなら、これは良い感じです。

とても食べやすい。

昭和の子供が煮干しをおやつに貰っていたと聞きますが、

これならアリです。ワタクシならば喜びます。

image
蜂蜜が入っているので、とても小さなお子様には向きません。

買い占めれば良かったと思うものの、

急激に飽きても困るので、

今後はチマチマ買って帰ろうと思います。

健康相談で缶詰でも良いから魚を食べろと言われているのですが、

ほんと、良いものを発見しました。

次回はドヤ顔で健康診断に挑みたいと思います。



【紀ノ国屋アントレ グランスタ丸の内店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1F 改札外
(丸の内地下中央口改札前)
営業時間 7:00~21:00,[土]9:00~21:00,[日]9:00~20:00
https://www.super-kinokuniya.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市のGO TO 旅で我々がお土産に買ったもの。

image
千葉県民Tへのお土産はデパートの富山大和で買いました。
「季節の巾着袋」@日の出屋製菓

image
セブンイレブンで購入したご当地お菓子 378円。
めーちゃんへのお土産にしました。

image
地場もん屋で買った干し椎茸 330円(税込)。
干し椎茸を見たら買わずにはいられない性質です。

image
小細工麩 108円(税別)

image
昆布でんぶ 210円(税込)。
富山に来たら昆布類は買わずには居られません。

image
富山県産コシヒカリ 648円(税別)
精米日の近い新米です。

image
富山県産コシヒカリ 250円(税込)
美味しいかは不明ですが、精米日の近い新米なのでいいかなと。

image
手割り箱寿し(鱒6貫) 1,296円(税込)

image
昆布締め各種は母のセレクトです。
賞味期限が近い。

image
じゃこ天も母のセレクトです。

何度も富山に来ていると買おうと思うものが限られてきますね。

お土産もネタが尽きかけているというか。

その点、新米はベストチョイスだと思っています。

昆布は最近の若い方か好まないってことを知ったので、

お土産にするのは止めました。

美味しいのになぁ、昆布。

ということで、明日の晩は昆布締めパーティーです。

母が手巻き寿司にすると言っていたので、

冷蔵庫で眠っている日本酒を開封しようと思います。

明日の夜はぐうたらしちゃうぜっ。

image
image

次回、時間があれば「とやマルシェ」の「のれん横丁」でお寿司を食べたいです。


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区根津1丁目『根津松本』のちらし寿司5,000円を予約してみた。

image

文京区根津にある高級魚屋『根津松本』に、

一週間前に予約した「ちらし寿司」を受け取りに行って参りました。

ちらし寿司は三種ありまして、

価格は3,500円、5,000円、8,000円となっております。

価格ごとにネタが変わるらしいのですが、

どうせならと思い、真ん中価格の5,000円を選択。

流石に初っ端から8,000円を選択する勇気は無かったです。

本日は会社の帰りに受け取りに向かったのですが、

チョイと早めにお店に着いたため、

作って貰うまで暫し待たせて頂きました。

小洒落た店の中央にある冷蔵庫には、

とてもビューティフルな魚介が並んであります。

どれも美味しそうなのですが、如何せん高級価格。

しかし眺めているうちに感覚が麻痺してしまい、

つい西京漬けなどを買ってしまいました。

冷蔵庫で一週間ほどもつそうなので、週末までに食べようと思います。

さて、ちらし寿司が出来上がったので、お支払いをして、と。

訊くとウチまでの距離なら配達が可能なんだそうな。

千代田線はワタクシ的にはなかなか不便なので、

次回は配達して貰おうと思います。

お造りなどは持ち帰るのが大変なので、

タクシー代を使うことを考えたら、配達して貰う方が安い気がする。

って、配達料金を訊かなかったけれども。

image
ちらし寿司 5,000円(税別)
いずれのネタも最高に美味でした。
特に穴子は口の中で溶けた。


image
母にリクエストしてお吸い物を作って貰いました。

通年定番で入るのは、こはだ、煮穴子、まぐろ、卵焼きの4種らしいです。

煮穴子も卵焼きも店オリジナル。酢飯は赤酢がかなり利いています。

一折り食べたら満腹になってしまうため、

これを頼んだらサイドメニューは不要かも。

大変美味しく頂きました。

巣ごもりする中での誕生日や、家族のお祝い事など、

エイヤーッと奮発しようと思う日に良いかも。



image
【根津松本】

東京都文京区根津1-26-5-105
営業時間 11:00~19:00
定休日:日曜、月曜
※電話予約は10:00から
https://ja-jp.facebook.com/Fresh.Fish.Shop.Nezu.Matsumoto/
https://www.instagram.com/nezumatsumotojapan/
https://nezufish.theshop.jp/


【にほんブログ村】

岩手県盛岡市『かわ広』の和定食1,800円(税込)。

image

盛岡八幡宮から移動して酒蔵で試飲をしたのち、

だらだらと徒歩で移動中に母が発見したのがこちらのお店です。

ランチタイムぎりぎりって感じだったのですが、

なかなか飲食店が見つからなかったのです。

鰻屋だったっぽいのですが、

入店してみたら安価なメニューもありました。

image
母が和定食を選択したので、便乗することにしました。

image
ながらく待ってから供されたのがこちらの品々。
品数が豊富ですね。でも、これだけじゃなかったんです。


image
銀鱈の西京焼きも供されました。
ふわふわで美味しかったです。

この食事は母のオゴリでした。

空腹から一気に満腹にメーターが振り切れ、

その後の歩きは腹ごなしタイムとなりました。

辰野金吾の設計した旧盛岡銀行に向かいます。



image
【かわ広】

岩手県盛岡市南大通2-2-16
営業時間 11:30~14:00,17:30~21:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】

野鯉と思ったら違う種類だった。@穂積家住宅

image

茨城県高萩市にある穂積家住宅には池があります。

よくよく見るとメダカなどが居ますが、分かり易いところでは鯉が居ます。

普通の黒い鯉のほかに、色付きの鯉も居ます。

ワタクシが池のほとりで立ち止まっていると、鯉たちが近付いて参りました。

ああ、餌をくれる人だと思っているのねーと微笑ましく見ていたら、

なんだか違和感のある鯉が居るのです。

いやに派手ななりをしていると申しましょうか。

image
左側のが鯉にしては派手な魚です。右側は鯉。

image
ほら、なんだかヒラヒラしているでしょう? 尾鰭が。

image
これ、金魚が大きくなったん個体じゃないの!?

image
尾鰭はこんなにヒラヒラしてます。

もの凄く気になったので調べてみたら、

ヒレナガゴイ(鰭長鯉)というそうです。

インドネシア原産のヒレ長鯉と日本原産の錦鯉を掛け合わせたものが

人気の観賞魚として出回っているそうですが、

そのかけ合わせ自体は現上皇陛下が提言されたらしいです。

品種改良が完成したのは1982年とのことなので、

この池に居るこの鰭長鯉はそれ以前のものだと推察されます。

ってことは、インドネシア産の本来の鰭長鯉なのかも。

実家は鯉が泳いでいる環境でしたが、全く鯉に興味のないワタクシ。

実家で飼っているのが鰭長鯉だったなら、夢中になったかもしれません。

メダカぐらいしか飼えない生活環境(と大雑把な性格)ゆえ、

永遠に鰭長鯉を飼い育てるのはワタクシには無理だろうなぁ。



image
【穂積家住宅】

茨城県高萩市上手綱2337-1
開館時間 9:00~16:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入館料:無料

JR高萩駅から⑦バス乗り場「千代田行き」 10:32発(土日祝)
「川側」バス停下車(290円)
※ただし帰りのバスが無いためタクシー利用になります
(復路利用で1,450円でした)

いばらき路線バス路線図:http://www.bus-ibaraki.jp/busmap2/takahagi00.html
高萩駅発着バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/takahagi-s.html


【にほんブログ村】

港区新橋5丁目『美の』で旬の料理で日本酒を楽しむ。

image

新橋にある『美の(よしの)』。

かなりの人気店だそうで、予約が取りにくいのだそうです。

仕事関係の飲み仲間がここに予約を入れてくれたので、

久々に日本酒を堪能しに行って参りました。

料理はコース1種のみ。季節ごとに内容が変わるようです。

追加の単品メニューもありましたが、

最後の一品を完食した頃には、満腹でございました。

image
[美の豆腐、春キャベツと新玉葱の土佐酢和え]

image
[お造り(クロダイ、シマアジ)]塩
で食べるお刺身。このお塩も美味しかったです。


image
[本日の魚(ハマチ)]

image
[海老真丈 山椒塩添え]

image
[来福(らいふく) 純米大吟醸 生酒 りんご]
@来福酒造


image
フルーティーですが、りんごは使われていません。

image
[蛍烏賊の道明寺蒸し]
今年初のホタルイカですわ~


image
[雑穀米とひじきの土鍋御飯、お味噌汁]


「うるいと浅利のお椀」のみ、写真を忘れました。

お出汁にコクがあり、バターでも入っているのか?

と思えるほどでした。

総じて、美味。

別の季節に来てみたいとも思いました。

新橋駅からはちょっと歩くんだけどね。



image
【美の】

東京都港区新橋5-9-5 NTビル1F
営業時間18:00~22:00
定休日:年末年始
全席禁煙
http://r.goope.jp/yoshino


【にほんブログ村】

大丸東京店12F『近為 大丸東京店』はひとりでも気軽に入れる和定食が出るお漬物店です。

image
[さわらとごはん 1,900円(税込)]


東京大丸の12階にある京漬物の有名店『近為』。

前回利用して、その気安さが気に入ったもんで、

ランチ時を大幅に過ぎていたこともあり、こちらで食事をすることにしました。

前回とは違うメニューを選びたいと思ったもんで、

魚を粕漬けにしたものを探したところ、

ワタクシの大好きな鰆を発見。

ソッコー、それを注文いたしました。

image
[季節の京つけもの三点]
詩仙きゅうり、柚こぼし、南瓜


image
鰆は身離れが良くて食べやすいですよね。



大変疲れていたため、お茶をのみつつボーっとしておりましたが、

空いている時は本当に居心地の良いお店です。

だからなのか、時間からか、この日は女性率100%でした。

ランチタイムを逃しても、ここはいつでも定食が食べられて便利。

入口でお漬物を売っていたりもするので、

食後、気に入ったものがあれば買って帰るのも良いかもね。



【近為(きんため) 大丸東京店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店12F
営業時間11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(大丸に準じる)
http://www.kintame.co.jp/


【にほんブログ村】

大丸東京店12F『近為 大丸東京店』でお漬物がメインの焼き魚の定食をいただく。

image
[真鯛とごはん 2,520円(税込)]


本日は通院day。

昨晩から何も食べていなかったので空腹でツライ。

ゆえに病院が終わってから東京駅に向かい、

デパートの上層階で食事をすることにしました。

12階をぐるりと回ったものの、何が食べたいのか良くワカラナイ。

ならばあまり食べられないようなものにしようと考え、

京漬物の有名店『近為』に入店しました。

ここで食事をするのは初めてですが、女性のオヒトリサマの多さは驚き。

人気店なんですねぇ・・・思ったけれど、

皆さんキャスター付きバッグを持っておられたので、

旅行客にも入り易いお店ってことなのかも。

特にメニューも見ずに注文をしたのですが、

真っ先に出てきたのが、下のお漬物三点。

お料理が出てくるまでの間に、これでお茶を飲むってことなのかも。

image
[季節の京つけもの三点]
詩仙きゅうり、柚こぼし、南瓜


image
西京漬けは真鯛になります。



それなりの値段がするランチでしたが、満足度は高かったかも。

西京焼きの真鯛も美味しかったし。

御飯の友だらけで、白米が進みました。

が、

後で喉も渇きました。

ビールと一緒に楽しむと丁度良いのかもなぁ。



【近為(きんため) 大丸東京店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店12F
営業時間11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(大丸に準じる)
http://www.kintame.co.jp/


【にほんブログ村】

Gallery AaMo「天野尚 NATURE AQUARIUM展」はアクアリウム好きなら行きたくなる作品展です。

NATURE AQUARIUM展



行きたいと思っていた「天野尚 NATURE AQUARIUM展」に母と行って参りました。


東京ドームシティのGallery AaMoで開催中の展覧会です。


入館料は1,300円。


水景クリエイター“世界のアマノ”として有名な天野尚氏の作品展です。


天野尚と書いて、「あまのたかし」と読みます。


同氏撮影の大判写真作品と、水草水槽(ネイチャーアクアリウム)が展示してあり、


なかなか見応えがありました。


自然の中に居るようで、癒されます。


NATURE AQUARIUM展
[佐渡原始杉の超特大写真パネル]
2008年7月開催のG8北海道洞爺湖サミットの会場に飾られたパネル。
まるで森に迷い込んだみたいな気分になれます。


「妖艶千竜桜」
「妖艶千竜桜」という作品。

「谷川岳紅葉」
「谷川岳紅葉」という作品。
大判の作品なので臨場感があります。素晴らしいです。



写真が素晴らしくて、日本にこんな風景があるのかと幸せな気分になりました。


その景色見たさに、写真の場所に足を運びたくもなりました。


登山必須だと思うので、先ずは体力づくりから・・・とか考えると萎えちゃいますけど。


パネル作品の奥に、アクアリウムの展示がありました。


NATURE AQUARIUM展
「アクアデザインアマノ(ADA)」という会社なんですね。

NATURE AQUARIUM展
水槽の横に水草や魚の名前が書いてあるのですが、
どれがどれだかサッパリわかりませんでした。


NATURE AQUARIUM展
NATURE AQUARIUM展
今のところ、魚はメダカしか興味が無いからなぁ。

NATURE AQUARIUM展
どこの水槽にもいるミナミヌマエビたち。

NATURE AQUARIUM展
頑張って脱皮中の子もいました。

NATURE AQUARIUM展
側面にまわると、植わっている水草の舞台裏が見られます。

NATURE AQUARIUM展
まるで水槽の中の生け花みたい。

NATURE AQUARIUM展
ここにもミナミヌマエビたちが水底で活躍中でした。

NATURE AQUARIUM展
家にあったら嬉しいけれど、手入れか大変なんだろうなぁ。

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展
特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展
NATURE AQUARIUM展



天野尚氏は2015年8月に他界されているんですね。


16年間競輪選手として活動する一方、


世界各地の熱帯雨林を訪れて風景写真などを専門誌に発表していたのだとか。


また、すみだ水族館の水草水槽のレイアウトも手掛けたそうです。


そういうことを、今回、初めて知りました。


その事実を知ってから、すみだ水族館に行くと、違う楽しみ方ができるんだろうな。


何より、写真のパネルが欲しいなぁと思っています。


大判写真は十万仕事だけど。


仕方がないので、今回はクリアファイルを買うに留めました。


ポスターがあったら買ってたと思う。


それぐらい目が悦ぶ作品群でした。


クリアファイル
同展のクリアファイル(400円)を記念に購入致しました。


NATURE AQUARIUM展
【天野尚 NATURE AQUARIUM展】

開催場所:東京都文京区後楽1-3-61
東京ドームシティクリスタルアベニュー沿い Gallery AaMo
期間 2017.11.8(水)~2018.1.14(日)
開館時間 [平日]12:00~17:00,[土日祝]10:00~17:00
入館料:1,3000円


【にほんブログ村】

【台湾】台北市@壱景。【写真多用】

image
夜になっても気温が下がらない。
これでも先週よりも涼しいのだそうです。


ある日ある時、急に高所&閉所恐怖症になり、飛行機に乗るのが怖くなったワタクシ。

それ以来、長らく海外には出ていません。

乱気流なんかに巻き込まれると吐きそうになる。

それは誰でもか。

そんなワタクシは今回、初めて台湾にやって来ております。

日本語も、ほぼ英語も通じないけれど、

台湾の人たちは総じて優しくて親切。

本当に親切です。

この旅でも、とても良くして頂きました。

可愛い女の子が多いし(ただしオバチャンはオバチャン)、

スタイルの良い男の子も多い(ただしオッチャンはオッチャン)。

スゴイね、台湾。

食事では驚く味も多かったけれど、まあ、それはそれで。

そんな台湾で気になったものを写真で下に羅列してみます。

image
台北の三越前にもライオンが居る。
ただし、地球儀を持っている。


image
横断歩道がカウントダウン制。
所要時間は信号機によって大幅に異なります。

image
ってか、台湾の信号機が緑に塗られている理由を知りたい。


Yanping South Road
タワーマンションのすぐそばに歴史的建築物があったりする。

image
ものごっつい早朝から外食ができる。
そして豆乳は薄い。


image
ちょっと気になったお店。
人気店っぽい。


image
公園に南国植物が植わっている。

image
池に鯉が居ると思って見てみると、熱帯魚っぽかったりする。

image
メダカらしき小魚が熱帯魚っぽかったりする。

image
白鳥が白くない。
と思ったら、アフリカガチョウだった。


image
鳩なのか何なのかワカラン鳥が歩いていたりする。

_CIMG3330
街なかに植わっている植物が、日本では熱帯植物園で見るものだったりする。

image
建物の色遣いが派手。

Zhongxiao West Road
建物の取り壊しや改修が急ピッチで進められている。

懐寧街
路上の駐車スペースは常にいっぱい。
それ以外ではビルの地下に駐車場があるっぽい。


image
MRTのホームや車内では飲食禁止。
罰金が科せられます。

image
ドアに手を挟まないようにって注意はこう書くんですね。
「小心」で注意って意味だってことは理解できた。


image
以前は流せなかったトイレの紙も徐々に流せるところが増えているようです。
インフラ改修の速度が速いんですね。


image
ウォシュレットのリモコンが中国語。

image
ハウルの動く城っぽい建築物。
上階に建て増しし過ぎてて怖い。


image
ビルの屋上にトタン屋根が追加されていたりする。
ズームしてみると、ぬいぐるみが干されてます。


正榕
街なかでもガジュマルの木をよく見たりする。

image
見たことのない鳥が居る。

image
鳥インフルエンザに注意ってことでOK?

image
早朝から太極拳をしている人たちが居たりする。

image
強そうなブレーメンの音楽隊みたいなものが屋根に乗っている。

image
模様がカッコイイ。

松山文創園區
注意を促す絵が、ちょっと古風。

image
安全+第一、ってのは日本と一緒。

image
コンビニで悠遊カードが使えるのは大変便利。

image
どこぞのショップで見たスニーカー。
マニキュアを塗った爪がオシャレです。
買えば良かった・・・。


Ningxia Road
台湾のパンは日本のものより大きめでした。
一つでお腹いっぱいになりそうです。


image
コンビニのドリンク類が充実しているが、
気を付けないと麦茶や緑茶に砂糖が入っていたりする。
そして、水道水が飲めないのでミネラルウオーターを買う。


image
セブンで人気?の珈琲と紅茶。
オシャレなボトルなのでお土産にしました。


Yanping South Road
角に立つビルの入口は角にある。

image
夜でもバイクは速度を飛ばして走っていたりする。

峨嵋街
商店街のフラッグにアニメキャラっぽいのが描かれていたりする。

峨嵋街

image
スニッカーズ2本で袋が貰えるキャンペーンをファミマ辺りでやってました。
台湾もオマケ文化なんですねぇ。


image
「贈品不得轉售」とは、無料だから転売しちゃダメって意味らしい。

おまけ
アランジアロンゾのグッズが付くオマケもありました。

image
ふりかけもありました。
ふりかけ好きとしてはちょっと欲しいと思った。


image
スーパーで、エスカレーターが階段じゃなく、
スロープになっているのを初めて見ました。
ちょっと怖い。@台中市


Ningxia Road
これはソーダってことでOK?

Ningxia Road
ものすごく怪しい日本語が書かれたお菓子。
サンドイッチではなく、サンゾイッチ。
意味は不明です。


image
緑に白の円形のロゴを見ると珈琲ショップなんだな
と認識できるのはスタバのおかげ。


image
なんだか色々気になります。

image
西門駅傍のデパートで金魚ティーバッグが売られていました。
迷った末に、玫瑰蜜香紅茶を購入。下のハガキと同じものです。


image
@CHARM VILLA(子村荘園)

Ningxia Road
街なかでよく見る子供用の乗り物。
でも、乗っている子供は一度も見ませんでした。


いろんな発見があって面白いですな。


【にほんブログ村】

静岡県沼津市『沼津海いち』で駿河湾の地魚を肴に静岡県産の日本酒を呑む。

沼津駅
[JR沼津駅 北口]



母と青春18きっぷで静岡を旅しています。


御殿場駅を後にした我々は、沼津経由で東京に戻ることにしました。


夕方になるもんで、夕食を摂って帰るべく、改札の外へ。


お店は色々あるでしょうが、北口から徒歩1分の居酒屋に入りました。


食べログで評判が悪くなかったもんで。


image
まずは、静岡県産の生ビールで喉の渇きを潤します。

image
駅前に貼ってあったポスター。
上のビールはコレかしら?


image
メニューが多いので、選ぶのも楽しい。

image
[地魚の五種盛り]

image
[黒むつ、たかべ、金目鯛]

image
[生桜えび]
生ってところが貴重ですよね。


image
[生しらす]

image
[蟹とじゅんさいのポン酢がけ]

image
[水なすの揚げ出し]

image
[鯵のなめろう唐揚げ 750円]
ワタクシはコレが一番気に入りました。


image
[地蛤の塩焼き]
母がペロリと頂きました。


image
静岡県産の日本酒。
選ぶのが面倒なので利き酒セットにしました。
この中から3種選択します。


image
[利き酒セット]
金明、駿州中屋、白隠正宗の3種。
地元の日本酒を優先して選択しました。


image
[鯵の骨せんべい]

image
[カンパチかま塩焼き]



一気にガツガツ食したもんで、食事時間は50分ほどでした。


料理が出される時間が、めちゃくちゃ早い。


電車の時刻が決まっている時には便利そうなお店だと思いました。


やはり、旅には美味いもんが欠かせませんなぁ〜。




image
【沼津海いち】

静岡県沼津市大手町1-1-5 BiVi沼津1F
(沼津駅北口徒歩1分)
営業時間11:30~15:00 17:00~23:00
定休日:無休



【にほんブログ村】

富山県でワタクシが購入したお土産。

ぶり焼きほぐし
高岡の大和で買った「ぶり焼きほぐし」。
これ、絶対サラダで使ったらドレッシング要らずで美味しいやつやん。



もう何年富山に通っているのか分からなくなってきました。


最低でも年二回必ず通っていたのですが、


新幹線ができた今では気軽に行ける場所になりました。


こんなに魅力溢れる県は無いと思う。


いいところです。


未だに飽きません。


まだまだ行きたいところが沢山あるし。


そして、まだまだ買ったことのないお土産も沢山あります。


まあ、毎度昆布を買うのは定番なんですけどね。


ホタルイカ
[ほたるいか磯部揚げ 580円]
3分待つとその場で揚げてくれます。熱々です。
こんなにたっぷりホタルイカが入ってるなんて。
富山でしか味わえない安さですな。
たぶんこの時期の限定品です。


昆布
とろろ昆布は主に主婦の皆さんに喜ばれます。
軽いのでお土産に最適(笑)。


そらまめ
小さなそら豆。
ワタクシは今年初めて見ました。
茹で時間はは1分。簡単です。


ソース
高岡と云えばコロッケ。コロッケと云えばソース。
今回はソースをゲット致しました。
こんどコロッケを作ろうっと。



今回も富山市の「地場もん屋」に立ち寄りました。


ワタクシの富山旅では外せないスポットです。


地元野菜って初めて見るものが多くあって楽しいですよね。


これ以外にも富山米を使ったお煎餅なども購入。


お煎餅は嵩張るので、やはりお土産は昆布が一番ですわ。



image
【地場もん屋】

富山県富山市総曲輪3-3-16 ウィズビル1F
営業時間 9:30~18:30
定休日:年末年始


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。