sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

駒込

文京区本駒込『東洋文庫ミュージアム』は館内ほぼ撮影OK!

image

東洋文庫は三菱の第三代当主岩崎久彌氏が大正13年(1924年)に設立した、東洋学分野での日本最古にして最大の東洋学専門図書館です。国宝や重要文化財など歴史的価値があるものも含め、蔵書はおよそ100万冊。その東洋文庫の所蔵品の一部が展示されているのが「東洋文庫ミュージアム」です。

「モリソン書庫」や「ムセイオンの泉」などの展示が有名で、老若男女問わず人気のミュージアムでして、六義園のすぐ近くにあるので、散策がてら訪れるのもいいかもしれません。
現在、2019年10月3日~2020年1月13日(月・祝)の期間開催の「東洋文庫の北斎展」が開催中で、朝から多くの人が訪れていました。

image
館内の殆どが撮影OKという太っ腹ぶり。

image
最高にフォトジェニックな書庫である「モリソン書庫」。
東洋文庫が出来るきっかけになった蔵書です。


image
1917年、三菱財閥第3代総帥である岩崎久弥が、
中華民国総統府顧問を務めていたモリソンの膨大なコレクションを購入。
それがここに展示してあります。
圧巻です。


image
ジョージ・アーネスト・モリソンの長男である、
イギリス人特派員のイアン・モリソンがモデルとのことですが、
親子共々『タイムズ』の特派員だったんですかね。

image
さりげなく国宝が展示してあったりします。

image
ワタクシに読めて理解できたらいいのに・・・。

image
北斎展の中にあった北斎の名前の変遷が書かれた説明書き。

image
「画狂老人卍」を名乗っていた頃の一冊。
右側の俵の絵を見ると書き込みがスゴイ。

image
企画展も撮影可能。ただし、混んでます。

image

image
説明を読んでから見ると「なるほど」感がありますね。

image
このような優美な絵もあるんですねぇ。

image
これが興味深くて手に取って全部見てみたいなぁと思いました。
こうして古書にハマって行くのかもしれん。

image

image
ペリー来航について書かれた書もありました。
このまま何かのキャラクターにできそうな絵ですね。

それほど広くはないのですが、充実した展示で満足できます。

あれだけの絵を描きまくれるとは、やはり北斎って天才なんだなぁ。本人について伝わるものはアレだけど。
天才と○○は表裏一体なんだなぁと作品を観ながら感じました。

今回初めて訪れましたが、気に入ったのでまた再訪しようと思います。

image
建物の設計は三菱地所設計が担当し、
2013年度グッドデザイン賞を受賞しています。


image
コンクリートの外壁に模様が入っているのが面白い。

image
駐車場の奥にカフェがありますが、
開店時間前だったので今回は行きませんでした。
次回はちょっと遅めに行ってカフェメニューを堪能するのが良いかも。



image
【東洋文庫ミュージアム】

東京都文京区本駒込2-28-21
(JR・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩8分)
開館時間 10:00~19:00(入館は18:30まで)
オリエント・カフェ11:30~21:30
休館日:火曜(祝日の場合は開館、翌水曜休館)、年末年始、臨時
入館料:一般900円,65歳以上800円,大学生700円,中・高校生600円,小学生290円
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/


【にほんブログ村】

文京区本駒込『六義園(りくぎえん)』の紅葉もぼちぼち終わりですね。

六義園



早朝から駒込の六義園に行ってまいりました。


目的はスタンプラリーの最後の個所にスタンプを押すこと。


そしてカレンダーを貰うことでした。


六義園がウチから二番目に行きやすい庭園なので行先に選んだのですが、


ここは都内で二番目に人気のある紅葉スポット。


ゆえに時間が経てば経つほど混雑して写真どころではなくなる場所なんです。


今回は開園前から並んで入園いたしましたが、


それでもそれなりに混んでいました。


六義園
それでもまだ早いので長蛇の列にはなっていません。

六義園
皆さん右回りで庭園に向かわれますが、
ワタクシは左回りでショートカットして向かいます。


六義園
途中、陽を浴びて輝く紅葉がありました。

六義園
六義園と云えば、ここ。定番の撮影スポットですね。

六義園
遠目で見ればまだまだ大丈夫に見えますが、
紅葉は終わりかけて散り始めていました。


六義園
水面に浮かぶ落ち葉の量が多いです。

六義園
ライトアップ時には対岸のここも闇に浮かびます。

六義園
一週間前ぐらいが紅葉の見頃だったのかもしれませんね。

六義園
茶室のある方向。

六義園
水面に映る木々と、枯れかけの紅葉。

六義園
めっちゃ凛々しい顔のカモ。

六義園
ホオジロガモが二羽仲良く水を切って進んでゆきました。
意外と泳ぐのが早いんですね。


六義園
朝なので日射しは低めです。

六義園
無数の竹が地面に刺さっている(と思えた)ことにギョッとしましたが、

六義園
碑を目立たせるライトアップ用だったんですね。

六義園
結構落葉しているため空の青が多く感じます。

六義園
六義園
六義園
六義園
枯れている葉が多いので、雨が降ったら落葉するかもしれませんね。

六義園
よく考えたら、もみじ茶屋が出店しているのを見るのは初めてかも。

六義園
しかし、開店時間にはちょっと早かったようです。

六義園
ドウダンツツジも終わりかけ。

六義園
ツツジの名所は、今はこんな景色です。

六義園
緑の葉の向こうに見える紅葉。

六義園
桜の大木も紅葉していました。

六義園
この桜の紅葉は綺麗でした。

六義園
表が紅くて、裏が黄色い葉。

六義園
綺麗な葉に見とれて空を見上げると、飛行機が飛んでいました。

六義園
桜の木の下では、牛模様の猫が細い声でニャーニャー鳴いてます。
(でも顔はいかつい)



スタンプラリーをしていなければ、紅葉を見ることはしなかったかもしれません。


近年、週末は遠出をしていましたからね。


久々に都内を散策し、少々歩き疲れてしまいました。


実はここから蔵前に移動し、その後徒歩で家まで・・・。


image
4年ぶりにカレンダーをゲットしました。

image
スタンプラリーが終わると、景品に応募できます。



六義園
【六義園(りくぎえん)】

東京都文京区本駒込6-16-3
営業時間:9:00~17:00
(ライトアップ期間中は~21:00,入園は閉園30分前まで)
休園日:年末年始(12月29日~翌年1月1日まで)


【にほんブログ村】

文京区本駒込『駒込名主屋敷』は外観のみの見学なれど、周辺の町並みも含めて歴史的に興味深い町でした。

駒込名主屋敷
【駒込名主屋敷】
文京区本駒込3-40-3
駒込の名主を務めた高木家屋敷。
現存の建物は享保2年(1717年)築。
現在も居住中なので見学は外観のみ。


駒込名主屋敷
門の横に石標が建っています。

駒込名主屋敷
蔵も古そうですね。

駒込名主屋敷




大阪夏の陣後豊臣方の残党としてここに亡命し、



当時伝通院領であった駒込の開拓を許されて名主を務めた高木家の屋敷が



「駒込名主屋敷」です。



今も居住中とのことで、外観のみの見学ですが、



門構えだけでも見応え充分。



って、今もお住いとのことで、見学するのも恐縮ですが。



地図
この地図の左上に注目。
(ちなみに六義園の右側は都内屈指の住宅街なんだそうです)


地図




ちなみにこの場所は通りがかりに見た上の地図で知り、



文京区のHPで確認してから、実際に見ることにしました。



この建物の感想以前に、この周辺はなかなか興味深い町のようですね。



本日初めて、大和郷(やまとむら)という名称も知ったし。



歴史を知って町を訪ねると、もっと楽しかったかもしれんと、



ちょっと反省した本日の歩数は、17,049歩でした。




【にほんブログ村】

文京区本駒込『自家焙煎cafe' ちゃんと』は住宅街にあって観光スポットから外れているものの、立ち寄って良かったと満足できるお店でした。

自家焙煎cafe' ちゃんと
【自家焙煎cafe' ちゃんと】
東京都文京区本駒込3-32-4
10:00~19:00
定休日:月曜、第2日曜


自家焙煎cafe' ちゃんと
子供のおもちゃが色々あるので、ここはママさんたちの憩いの場なのかも。

自家焙煎cafe' ちゃんと
なんだかとてもコダワリのあるお店っぽい。

自家焙煎cafe' ちゃんと
珈琲と、お腹が空いていたので胃が膨れるものをチョイス。

自家焙煎cafe' ちゃんと
[ちゃんとのフェアトレードブレンド(中深煎り) 520円]

自家焙煎cafe' ちゃんと
[おからとじゃがいものドーナッツ 320円]
揚げたてアツアツのドーナツです。
もちもち過ぎて、フォークでは切れないため、手で割って食したワタクシ。
親指・ひとさし指・中指がアチッアチッって感じで熱かった。




本日も文京区を散策。



小石川植物園から東京大学総合研究博物館小石川分館を経て、



本駒込界隈まで気付いたら辿り着いておりました。



地図で見た目的地に向かって歩いていたら、



途中でカフェ発見。



なんかツボな外観。



迷わず入店いたしました。



内装も、なんかツボ。



いやぁ~ん、好みィ~



というトキメキを内に秘めつつ、メニューを拝見。



さすが、豆を販売しているだけあって、珈琲メニューは充実。



迷うものの、初めてだから、店名が付いているブレンドが無難よね。



ってことで、「ちゃんとのフェアトレードブレンド(中深煎り)」を選択しました。



正直、美味しい。



ミルクを入れると、よりマイルドで美味しい。



なんでワタクシは珈琲豆を買って帰らなかったんだろう?



己の行動に疑問は残るものの、



また是非、界隈を散策したら立ち寄ろうと思います。



界隈を散策・・・



近いのは六義園ぐらいか。



ってことで、紅葉の季節に再訪したいなと思います。



忘れるなよ、ワタクシ。



と、刷り込みしてみたり。



自家焙煎cafe' ちゃんと
都営三田線・千石駅が近いと思われます。


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。