sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

駒場

目黒区駒場『旧前田侯爵邸 洋館』が凄過ぎて何処を見れば良いか迷うレベル。

旧前田侯爵邸洋館
[旧前田侯爵邸洋館]
東京都目黒区駒場4-3-55
駒場公園内
鉄筋コンクリート造2階建て(一部3階)
銅板葺




入館した途端に「なんじゃこら~」という言葉が出そうになるほど凄まじく贅沢な洋館。



それが旧前田侯爵邸です。



度肝を抜かれた感で、写真を撮るのも忘れてうろついたワタクシです。



ここは二度足を運ぶべき邸宅って気がします。



和館のボランティアの方に後から聞いたところによると、



この洋館で見逃していた観賞ポイントがあったようなので、



次回リベンジしようと思います。



そして次回は是非、ボランティアガイド付きで鑑賞したいかな。



旧前田侯爵邸洋館
バルコニー手すりなどには大谷石が使われているようですね。

旧前田侯爵邸洋館
当時流行していたスクラッチタイルで仕上げられた
総タイル貼りの外観は圧巻。


旧前田侯爵邸洋館
イギリス・チューダー様式っぽい外観。

旧前田侯爵邸洋館
大谷石なので細工がし易いのかも。

旧前田侯爵邸洋館
窓掃除が大変そうですな・・・。

旧前田侯爵邸洋館
[玄関ポーチの扁平アーチ]
車は何処で止まるんだろう?手前?砂利のところ?


旧前田侯爵邸洋館
外構床のタイルの“一枚一枚焼きました”って感じがスゴイ。

旧前田侯爵邸洋館
様々な種類の石が使われているエントランス。

旧前田侯爵邸洋館
エントランスホール(入口を望む)の柱は大理石です。

旧前田侯爵邸洋館
[エントランスホール(入口側から)]

旧前田侯爵邸洋館
入口右手の部屋は現在、休憩ができるサロンになっています。

旧前田侯爵邸洋館
[応接室]
暖房は全館、スチーム式らしい。


旧前田侯爵邸洋館
[階段下のスペース]

旧前田侯爵邸洋館
[エントランスの大理石の柱に彫られた細工]

旧前田侯爵邸洋館
[エントランスホールの階段]
手すりの透かし彫りが見事。


旧前田侯爵邸洋館
階段を見上げたところ

旧前田侯爵邸洋館
ガラス戸のガラス部分にも細工が施されています。

旧前田侯爵邸洋館
照明も凝っていて一見の価値ありです。

旧前田侯爵邸洋館
[大食堂]
暖炉わきに残っている金唐革紙は貴重なので必見です。
って、私は見逃したけどな。

旧前田侯爵邸洋館
[大食堂]

旧前田侯爵邸洋館
[大食堂]

旧前田侯爵邸洋館
[壁の細工]

旧前田侯爵邸洋館
[階段]

旧前田侯爵邸洋館
[二階から階段方向を見る]

旧前田侯爵邸洋館
[二階廊下]

旧前田侯爵邸洋館
[寝室]

旧前田侯爵邸洋館
[次女の部屋]

旧前田侯爵邸洋館
[女中部屋]
使用人は100人居たそうですが、部屋はそれほど無い為、
館内に住んでいたのは上級の使用人だけなのかも。


旧前田侯爵邸洋館
[少し狭い女中部屋]
バルコニーがありますが外にはどうやって出るんだろう?


旧前田侯爵邸洋館
照明部分の漆喰も凝っています。

旧前田侯爵邸洋館
[玄関]

旧前田侯爵邸洋館
入口だったと思う。

旧前田侯爵邸洋館
[エントランスホールの照明]

旧前田侯爵邸洋館
[応接室の照明]

旧前田侯爵邸洋館
旧前田侯爵邸洋館
旧前田侯爵邸洋館

旧前田侯爵邸洋館
寄木細工の床もありました。

旧前田侯爵邸洋館
ステンドグラスの窓もありました。

旧前田侯爵邸洋館
雨樋にも気を抜かない感じ。

旧前田侯爵邸洋館
地下のボイラー室から伸びる煙突。

旧前田侯爵邸洋館
使用人用の入口なのかも?




あかん。



やっぱり一回じゃ無理。



見逃したものが多すぎる気がする。



ってことで、また次回に。



旧前田侯爵邸洋館
以前は写真撮影禁止だったんでしょうね。

【にほんブログ村】

目黒区駒場『BUNDAN』は文豪メニューが独特な日本近代文学館内にあるカフェです。

日本近代文学館
[日本近代文学館]
東京都目黒区駒場4丁目3-55
駒場公園内にあります。
定休日:日・月・第4木曜日


BUNDAN COFFEE & BEER
日本近代文学館内にあるブックカフェ「BUNDAN」。
営業時間 9:30~16:30


BUNDAN COFFEE & BEER
インテリアはほぼ全て売り物のようです。




駒場東大前駅付近にはランチが摂れるお店がそれほどありません。



ってことで、事前にチェックしていたこちらのカフェに参りました。



ここは文豪にちなんだメニューが色々ある「文壇」という名前の楽しいカフェです。



BUNDAN COFFEE & BEER
文豪にちなんだランチメニュー

BUNDAN COFFEE & BEER
デザートも気になります。

BUNDAN COFFEE & BEER
珈琲にも文豪の名前が付いています。

BUNDAN COFFEE & BEER
[ヨロン丼 (オイルサーディン丼、お味噌汁) 1,000円(単品の場合)]
ドリンクセット 1,200円


BUNDAN COFFEE & BEER
森瑤子は昭和63年に与論島に別荘を建てましたが引越し当初食材がなく、
たまたまあったオイルサーディンの缶詰を使って生まれたのがこの丼なんだとか。


BUNDAN COFFEE & BEER
千葉県民Tが頼んだ「牛めし」。
生卵をかけて食べるっぽい。


BUNDAN COFFEE & BEER
ドリンクセットにして選んだのが「寺山」というモカ珈琲。

BUNDAN COFFEE & BEER
梶井基次郎の「檸檬」にちなんだ「檸檬パフェ」もあります。
アップルパイは売り切れでした。


BUNDAN COFFEE & BEER
[檸檬パフェ 650円]

BUNDAN COFFEE & BEER
甘酸っぱくて非常に美味しかったです。




とても落ち着く空間で面白いメニューを見ていると、それだけで非日常的な気分。



料理も美味しくて、とても楽しめました。



ただし、数量がそれほど無いのか、売り切れてしまうっぽい。



我々が帰る頃には檸檬パフェも売り切れになっていました。



この檸檬パフェ。



梶井基次郎の「檸檬」を懐かしいと思う人に特にオススメです。



オイルサーディン丼も美味しかったので、



今度自分でも作ってみようと思います。



こんなに大きなオイルサーディンは使えないと思うけどね。




【にほんブログ村】

目黒区駒場『旧前田侯爵邸 和館』が来月から休館して暫く見学できなくなってしまいますぞ。

旧前田侯爵邸和館
[旧前田侯爵邸 和館]
駒場公園内にあり
見学は9時~16時まで
(無料)


旧前田侯爵邸和館
昭和5年竣工。

旧前田侯爵邸和館
第二次大戦中に前田侯爵が戦死した後、
中島飛行機株式会社(現・富士重工業)の所有になり、
終戦とともに占領軍に接収されました。
接収解除は昭和32年10月です。


旧前田侯爵邸和館
鬼瓦には前田家の紋が入っています。
加賀前田氏は菅原氏の末裔を名乗ったために梅を家紋にしたそうです。


旧前田侯爵邸和館
[猪の目懸魚(いのめげぎょ)]

旧前田侯爵邸和館
朝早かったので、ボランティアの方々が掃除をして居られました。

旧前田侯爵邸和館
パズルみたいな踏み石。

旧前田侯爵邸和館
平成26年8月1日から平成28年3月31日(予定)まで、
耐震補強工事の実施に伴い、和館を全面的に休館するそうです。


旧前田侯爵邸和館
二階は非公開です。
この階段の正面(中二階)には水洗トイレとバスタブがあるのだとか。


旧前田侯爵邸和館
右側奥が入口。
照明器具はほころぶ梅の形。

旧前田侯爵邸
当時の壁は和紙張りで、唐紙に金砂で雲を描いた金砂子貼でしたが、
進駐軍に接収された後、暗いからとの理由で白漆喰に塗られたそうです。
その後の東京都らよる改修で現在の姿になっています。


旧前田侯爵邸和館
[おさ欄間]
こんなに豪華な「おさ欄間」を初めて見ました。


旧前田侯爵邸和館
菊の意匠は夫人(後妻)が「菊子」だったからだとか。

旧前田侯爵邸和館
心無い見学者が指で押して破壊したとのことで、部分的に破損している「おさ欄間」。
酷すぎる。
※国の重要文化財です


旧前田侯爵邸和館
[書院造りの大広間]
畳は京間。


旧前田侯爵邸和館
[松が描かれた杉の板戸]

旧前田侯爵邸和館
旧前田侯爵邸和館
前田家の家紋「幼剣梅鉢紋」があしらわれた板戸と襖の引き手。

旧前田侯爵邸和館
この引き手も梅の意匠なのかな?

旧前田侯爵邸和館
釘隠しは六葉かな?

旧前田侯爵邸和館
この先に洋館があります。

旧前田侯爵邸和館
庭の石灯籠は26基あるそうな。

旧前田侯爵邸和館
[雪見灯篭]

旧前田侯爵邸和館
[徽軫(ことじ)灯籠]
これは一番新しいもので、寄付されたものなんだそうです。


旧前田侯爵邸和館
[層塔]




駒場公園は、加賀百万石の当主だった旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡。



この駒場公園内に邸宅が保存されており、無料で公開されています。



洋館と和館があり、迎賓館のような役割を担っていたのだとか。



本日、洋館を見学後に和館を見学したのですが、



完全防備しておいて良かったと思えるほど、蚊が大量に飛んでおりました。



虫除け必須。



ボランティアガイドが付く時間ではなかったので、



千葉県民Tと二人でのんびり資材を見学していたのですが、



釘隠しの前で意匠について話をしていたら、



ボランティアの方が説明をしてくれました。



かなりラッキーだったのは、この方がとても親切丁寧に質問に答えてくださったこと。



おかげさまで、とても楽しく面白い時間が過ごせました。



ガイドをして頂かないと気付かないことが沢山あるんだなってことも分かったし。



記事では紹介していない箇所も沢山あるので、



是非、足を運んで目で確認していただければと思います。



今月いっぱいで休館になってしまうので、行くなら今のうちです。



その際は、必ず蚊の攻撃に対する備えをお忘れ無きよう。



重要文化財なのに無料だし、オススメです。



粗品
アンケートに答えたら粗品をくれました。
握り締めていたのでクシャっとなってもうた。
シルバー人材センターって、いろいろなことをしてくれるんですね。
初めて知りました。


【にほんブログ村】

目黒区駒場『日本民藝館』に長らく行きたいと思っていたのですが本日とうとう行って参りました。

日本民藝館
[日本民藝館]
東京都目黒区駒場4丁目3-33
入館料:1,100円
10時~17時(最終入館は16時30分まで)
休館は主に月曜日


日本民藝館
伝統的工芸品を主に収蔵展示する美術館で、
宗教哲学者、美術研究家で民芸運動の主唱者でもあった
柳宗悦(やなぎむねよし)によって創設された。


日本民藝館
現在、生誕120年を記念して「濱田庄司展」を開催中です。

日本民藝館
この中には何が入っているんだろう?
エントランス床も大谷石です。


日本民藝館
蔵のような白漆喰がカッコイイですよね。

日本民藝館
組棟に青海波の役瓦が施されています。

日本民藝館
蔵のような外観の本館は白漆喰ですが・・・

日本民藝館
[西館(旧柳宗悦邸)]
展覧会開催中の第2水・土曜、第3水・土曜に公開
10時~16時30分(最終入館は16時まで)


日本民藝館
こちらは、ねずみ漆喰です。
屋根と壁は大谷石。


日本民藝館
西館に入るのはちょっとハードルが高く見えますが、扉を引くだけです。
※入館は向かいの本館でチケットを購入してから


日本民藝館
「民藝」って感じの表札ですね。

日本民藝館
鬼板には分かりやすく「水」の文字が。
火伏せのまじないかな。


日本民藝館
[懸魚(げぎょ)]
これは菊と鷹でしょうか?


日本民藝館
こちらは松と・・・何?




長らくの野望だった「日本民藝館」に、本日千葉県民Tを誘って行って参りました。



早朝から移動して、昼過ぎには帰る計画。



しかし、いろいろ回ったもんで、結局ここに来たのは午後でした。



実は9時半にこの前に着いていたのですが、会館が10時だったんですよね。



その時間から待っている人が居たので、思いの外、人気スポットなのかも。



入館料は1,100円。



でも、価値はあると思う。



建物がとにかく凄いんですよ。



蔵の美術館って感じで。



本館の入口正面にある大階段は一見の価値あり。



旅館みたいですが、なんかイイ感じです。



子供の頃は分からなかったのですが、最近、棟方志功の良さが分かってきました。



その棟方志功作品が結構あります。



月4回の限定公開である西館は、



柳宗理(やなぎむねみち or やなぎそうり)氏の父である柳宗悦の邸宅だったところです。



なんだか懐かしい感じのする建物で、



見所は2階の書斎と、1階の和室&洋間かな。



展示品だけでなく、建物も見所のひとつだと思います。



何度も行こうと思う場所では無いかもしれないけれど、



一度は行っておいた方がいいかも。



そんな感じの「日本民藝館」でした。





【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。