sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

日本橋3丁目『日本橋 長門』で柏餅を買ってきた。

image

端午の節句が近くなりましたねぇ。

ってことで、会社帰りに長門に立ち寄って参りました。

ワタクシ、桜餅の次に柏餅が好きです。

しかも、こしあんが望ましい。

長門の柏餅はこしあんなので、欲張って二つ購入致しました。

image
柏餅はどのような角度で持ち歩いても形が崩れない点が善き哉。

image
柏の葉の良い香りが致します。

image
むっちり、もっちり、歯茎まで良い感じになる食感です。
美味しいよなぁ、やっぱり。

上生菓子と同価格なので、

他店に比べると高いっちゃぁ高いのかもしれん。

でも美味しいです。

ああ、五月が来るなぁって感じ。

去年はガッツリ自粛期間で

お店が閉まっていた記憶があるのですが、

今年はどうなるんでしょうねぇ。

閉まる可能性も考えて本日立ち寄って参りましたが、

暦通りに営業予定であれば、もう一度食べたいです。

食べられるといいんだけど。

image


image
【日本橋 長門(にほんばし ながと)】

東京都中央区日本橋3-1-3 日本橋長門ビル1F
通常営業時間10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
https://www.instagram.com/nagato.nihonbashi/

http://nagato.ne.jp/index.php

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

おせち料理2021。

image

今年も母と二人、東京でお正月を迎えました。

9月に予約したものを大晦日の朝に受け取って参りました。

今年も変わらず神楽坂の『千』のものでして、

安定のおいしさでした。

そんな今年のおせち料理は以下の通りです。

image
今年初の日本酒は限定販売「羽根屋トライアル10」。
富美菊酒造

image
今年のお重の内容はこんな感じです。


image
どれもこれも吟味した材料で、大変美味しゅうございます。
出汁が少しずつ異なるようで、繊細な出汁の差を感じました。


image
お酒をちまちま飲みながらおせちを摘まむ醍醐味を、
今年初めて感じました。
ようやく舌が大人になれた気がします。

image
今年もお雑煮の担当は母。
ちなみにワタクシはお餅一つだけ派です。


image
お雑煮に投入してあるお餅は、またまた母が大阪から持ってきたもの。
ここのところ定番のようです。
やはり舌触りがなめらかで美味。

image
今回の初参加は長門の栗きんとん

image
舌でとろける軽い後味。
きめ細やかで美味しい栗きんとんです、
来年は一人一つ欲しいかも。
ウマウマ過ぎです。

昨夜は紅白を見ていたので寝るのが遅く、

今朝は早朝初詣のため起きるのが早く、

今はほろ酔い・満腹で、ものすごく眠い。

こうして、飲んで・食べて・寝て、を繰り返し、

体重が増加するのですな。

でも今日も何もすることがないし、

外はとっても静かだし、

これからゴロリと横になろうと思います。

一年の計は元旦にあり、とは申しますが、

たまにはこんなダラダラした一年もいいかも。

今年は「頑張りすぎない」をテーマに過ごそうと思います。



image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 18:00〜22:30(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/

2020年1月1日の食事はコチラ
2019年1月3日の食事はコチラ。←ホテルにて
2018年1月1日の食事はコチラ
2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『石谷もちや』の栗おこわが激ウマっ。

image

毎度必ず買わずには居られないのが、石谷もちやの和菓子。

富山のお米と水と使ったお餅屋さんでして、

ここのお団子や餅類はめちゃくちゃ美味です。

当日、なるべく早くに食べないと固くなるので、

大量に買えないのが残念。

しかも本日は復路の新幹線時刻が午前中という鬼工程。

とはいえ、買わずに帰ると後悔すると思い、

ちゃちゃっと&吟味して購入して参りました

image
母リクエストの「あやめ団子」は一本108円(税込)。
母の分と3本ずつ購入しました。

image
白玉団子のような柔らか食感です。

image
栗おこわ 780円(税込)
激安です。


image
この昆布おはぎは富山県ならでは。

image
昆布おはぎ 一つ140円(税込)
昆布のしょっぱさが良いアクセントになっています。ウマウマ。

image
栗大福 一つ324円(税込)
これはまだ食べていません。

「栗おこわ」は店頭に並んではいなかったのですが、

前のマダムがわざわざあるか尋ねていたうえ、大量買いしておられたので、

これは美味しいに違いないと思って追加購入しちゃいました。

帰宅後に食してみたら、感動的な美味しさで、

これはわざわざ買いに行く価値のあると、

ワタクシ史上、第一位に躍り出た「栗おこわ」となりました。

まだまだ知らない富山の美味しいものがあるんだなぁ。

短時間ながら、わざわざ買いに行って本当に良かったです。

ポイントカードも作り直して貰ったし、

次回も立ち寄ろうと思います。



image
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『立山堂餅店』の焼きたてで香ばしいあやめ団子。

image

「あやめ団子」といえば富山名物、だとワタクシは思っております。

本日は足をのばして、南富山駅前にある『立山堂餅店』にやって参りました。

昔風アーケードの中ほどに店舗はございまして、

生花店と団子店を同時に経営しているっぽい外観です。

そこの一角でお餅を売っているというか。

何故そういう形態でえいぎょうしているのかは不明ですが、

なかなか興味深いお店です。

image
生花店の先に餅売り場があります。
和菓子というべきか?


image
おはぎも売っているけど、やっぱり餅屋ですね。

image
団子と一緒に草大福も買っちゃいました。

image
あやめ団子は焼き立てで香ばしいです。
少し小ぶりなので何本でも食べられる。

image
草大福 160円。
良い感じの大きさです。
焼大福にしちゃおうかと思案中。

4本買って、買いすぎたかな?と思ったものの、

あっという間に食べてしまいました。

ウマウマです。

これはまた食べたくなって思い出す「あやめ団子」ですわ。

ちなみに今回は母と訪れておりますが、駅前で解散致しましたので、

一人で食べてます。

熱いものは熱いうちに食べるべきですもんね。

残った写真を見せて感想を述べておこうと思います。




image
【立山堂餅店】

富山県富山市大町282
営業時間 [月~土] 9:00~18:00 , [日祝] 9:00~16:00
定休日:火曜

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

三分で作る、みたらし餅。

image
分量も作り方もいい加減な、みたらしのタレ。

おはようございます。

昨晩から、みたらし団子の気分になっていたワタクシ。

お団子を作るのは手間がかかりそうなので、

朝っぱらから、みたらし餅を作ってみました。

「作ってみました」というほどの労力はなく、

三分程度あれば作れる代物です。

先ず、適当にタレを作り、お餅を選びます。

image

二択だったのですが、

素早く作れて、タレの絡む量が多そうな方を選択しました。

image

少量の湯で、餅をしゃぶしゃぶします。

あっという間に食べごろです。

image

先に作ってあったタレに絡めて出来上がり。

食べてみると、意外とい良い感じです。

ご高齢の方は、お餅をしゃぶしゃぶもちにした方が良いのではないか?

と思えるのど越しです。

多分まとめたら切り餅一つ分ぐらいの量だと思いますが、

満足感があります。

これからは、しゃぶしゃぶもちブームがワタクシの中で巻き起こりそう。

黒蜜を作るか買うかして、それに絡めて食べても良いかもなぁ。

ということで、残りのお餅をいろいろな方法で食べてみようと思います。

しゃぶしゃぶもちって、お鍋だけじゃないんだね。

個人的には、朝っぱらから良い発見でした。



【にほんブログ村】

おせち料理2020。

image

今年も母と二人、東京でお正月を迎えました。

一昨年は年末年始に寝込んでしまったため、しんどかった記憶しかありません。

予感があったのか、おせちを注文していなかったので丁度良かったのですが、

2019年11月に入り、おせち料理で悩むのが嫌になり、

一度頼んだことのある神楽坂の料理店で調達することにしました。

電話をして初めてではない旨を告げたら、

データが残っているゆえに、いとも簡単に予約が完了しました。

「一生懸命作ります」

という気合十分な言葉を頂いて電話を切った次第です。

で、11月上旬に予約したものを、大晦日の朝に受け取って参りました。

image
かくれんぼ横丁に目的のお店はあります。

そんな今年のおせち料理は以下のとーり。

image
今年初の日本酒は「現代の名工」藤尾正彦氏の純米大吟醸。

image
岩手の蔵で買ったものです。

image
今年のお重の内容はこんな感じです。


image
どれもこれも吟味した材料のようで、大変美味しゅうございました。


image
先ずは好みのものから頂きます。

image
今年もお雑煮の担当は母です。

image
お雑煮に投入してあるお餅は、母が実家から持ってきたもの。
きめ細やかで美味しいお餅でした。

早朝の初詣がかなり寒かったので、

屋内で美味しいもの&温かいものを食べる幸せを実感致しました。

実は日本橋三越地下の青柳の黒豆を買おうと意気込んでしたのですが、

理由は謎ですが、三越の人に訊いたら撤退しちゃったそうです。

(同社のサイトには記載が残っているんだけどなぁ)

そんなこんなで、ものごっつい黒豆に対する執着が芽生えていたため、

今年のおせち料理のトップに食べたのが黒豆でした。

大ぶりでふわふわで甘さ控えめな黒豆は大好物です。

っつーことで、今年も「まめ」に働き、「まめ」に暮らせたらと思います。

今年もよろしくお願いします。



image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 18:00〜22:30(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/

2019年1月3日の食事はコチラ。←ホテルにて
2018年1月1日の食事はコチラ
2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ


【にほんブログ村】

おせち料理2018。

image


今年も母と二人、東京でお正月を迎えました。


昨年は新潟からお取り寄せ致しましたが、


ウチの近所にもいろいろあるんじゃないかと気づいたため、


今年のおせち料理は神楽坂で調達することにしました。


予約をしていたものを、31日午前中に財布片手に受け取りに行って参りました。


image
かくれんぼ横丁に目的のお店はあります。


31日は早朝に初雪を観測したそうで、


近所だからと軽装で外出したため、ものごっつい寒かったです。


せめて手袋をして行けばよかったと後悔。


しかし、直接受け取りに行くので送料は要らず、


宅配業者から荷物を受け取らねばならんという待ち時間もなく、


これは気楽だと、かなり気に入った次第です。


受け取り後、路地に出て姿が見えなくなるまで見送って頂きましたが、


寒い中、大変恐縮しつつも、お客さんを大切にしている印象を受けました。


そんな今年のおせち料理は以下のとーり。


image
昨年と変わらぬレイアウト。

image
母の作ってくれた関西風のお雑煮。
歳をとると、白味噌仕立てのお雑煮が一番美味しいと感じる不思議。


image
お重の内容。

image
[一の重]

image
中央の笹の中は、ワタクシの苦手な数の子でした。
むろん、母が全て担当します。


image
[二の重]

image
蓋物はちりめん山椒でした。

image
本日は、正雪の純米大吟醸を開封いたします。

image
杜氏さんの名前が入っているところがポイント。
かなり美味しいと感じる日本酒でした。


image
お雑煮に投入してあるお餅は、母が関西から持ってきたもの。
きめ細やかで美味しいお餅でした。



今回、初めて近所でおせち料理を調達致しましたが、


おせち料理を販売しているお料理屋さんは神楽坂に複数あるらしく、


いろいろ試してみたくなりました。


初めてのところは当たり前ですが量や味が不明で、


まるで福袋を開封するようなドキドキ感がありますね。


image



今回の「千」のおせち料理は味付けがワタクシ好みに控えめで、


とても美味しいと感じました。


今度、昼か夜に都合が合えば、予約して母とお店に行ってみようと思います。




image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 [昼] 11:30〜14:00 , [夜] 18:00〜22:30(L.O. 21:00)
定休日:月曜、日曜午後(日曜はランチのみ 11:30〜15:00)

2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ


【にほんブログ村】

丸美屋「おもち亭 おもちとからめて!シリーズ」がお正月のお餅生活で活躍しそう。

image
[おもち亭 おもちとからめて!シリーズ]
各116円(3袋入り)/袋
※メーカー希望小売価格は120円(税別)



お湯で溶いて、茹でたお餅に絡めるだけで


デザート餅が簡単にできるという商品を発見しました。


切り餅一個で一袋という小袋入りなので扱い易そうでもあります。


ちょっと小腹が空いた時に便利そう。


みたらしのタレは作っても簡単なものではありますが、


少量のためにお鍋を汚すのは面倒くさいという時もありますもんね。


image
試しに「みたらしもち」を作ってみます。

image
小分けの袋が3つ入っています。

image
あられが入った粉に大匙一杯のお湯を入れます。

image
よく溶かしたらできあがり。

image
お餅にからめて頂きます。
あられが付いていないとちょっと物足りなくなるかも。



他には、黒ごまだれ、ずんだもち、抹茶あんの素などがありました。


子供の頃とは違い、本当にお餅を食べなくなったもんで、


丸餅一袋入りを購入してもお雑煮でしか使わないし、毎度余っちゃってました。


今度のお正月は同商品があるので、


賞味期限内にお餅を消費可能かもね。



【にほんブログ村】

富山県富山市『石谷もちや』でまたまた団子を買ってきた。

石谷もちや
「あやめだんご」と「黒蜜きなこだんご」
各108円(税込)



毎度必ず買わずには居られないのが、石谷もちやの和菓子。


富山のお米と水と使ったお餅屋さんでして、


ここのお団子や餅類はめちゃくちゃ美味です。


でも、その日のうちの、なるべく早くに食べないと固くなります。


本日はこちらの「あやめ団子」がワタクシの晩御飯になりました。


「黒蜜きなこ団子」は千葉県民Tに差し入れ致しました。


石谷もちや
あやめ団子は濃厚な黒糖のタレがうまうまです。



やはりここのお団子は美味ですわ。


今日はひっきりなしにお客さんが来ているようで、


午後に行ったら売切れ続出でした。


残っていたのは水羊羹など。


でも、目当ての「あやめ団子」が買えたので満足です。




石谷もちや
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/


【にほんブログ村】

深川と門前仲町のエリアの境がわからない。

門前仲町
正面、成田山東京別院深川不動堂。
住所は東京都江東区富岡1-17-13。




四月最後の今日の東京地方は晴天。



暑くもなく寒くもなく、爽やかな陽気でございました。



本日は電車で木場まで移動し、そこから徒歩で戻ってくるという散歩コースを選択。



連休だけれど、カフェは空いているんじゃないかという淡い期待のもと、



深川不動の参道までやって参りました。



門前仲町
ところが、目当てのカフェは外国人観光客で大混雑。
遭えなく断念致しました。


門前仲町
参道の途中で和菓子店を発見。

門前仲町
張り紙から察するに、5月5日まで柏餅は売らないってことではないのか。

門前仲町
ビルの3階に杉玉を発見。
その下には・・・


門前仲町
角打ちができるお店がありました。
朝っぱらから飲んでいる人が居て羨ましい。
咄嗟に、大江戸線ユーザーの知人を召喚しようかと迷いました。
こんど改めて訪れたいと思います。




何処もかしこも混んでる。



やはりGWなんですね。



ワタクシは明日・明後日と仕事ですけど。仕事ですけど。



ちなみに朝からウチの前には、



隣のビルでの作業用の大型クレーンとトラックが設置&停車しており、



マンションの駐車スペースに至るまでの全面を封鎖され、



マンションから脱出できないかもと思ってイラッと致しました。



フォークリフトのフォーク部分を乗り越えて外出したけどな。



ってか、GWでも在宅する人間も居るっちゅーねん。



さて、タイトルにあるように、ワタクシは江東区の地理がよく分かっていません。



深川と名の付くものが多いのに、地名では見ない門前仲町駅界隈。



深川エリアって、いったいどの辺なんですかね?



深川という駅なんてないし、深川エリアがよく分かりません。



深川もち
住所に深川という文字が入らない深川伊勢屋の「深川もち」。
この辺りの名物です。


深川もち
赤福っつーか、うばがもちっつーか。そんな感じです。
値段は580円だった気がする。




今度、この辺りに馴染むために辰巳新道ではしご酒をしてみたいと思います。



って、実現させるためには、先ずは相方を選抜せねば。





門前仲町
【深川 伊勢屋本店】

東京都江東区富岡1-8-12
営業時間11:00~20:30
定休日:不定休



【にほんブログ村】

富山県富山市『石谷もちや』で、いちご道明寺を買ってきた。

いちご道明寺
[いちご道明寺 313(税込)]
以前購入してめちゃくちゃ美味しかったので、今回も即購入。
これが食べられただけでも富山に入りして良かったです。
桜の葉の塩加減と、道明寺粉のモチモチ感、
控えめな餡子と大きな甘酸っぱい苺は絶妙。




富山に行けば、必ず立ち寄ってしまうのが『石谷もちや』。



ここの「いちご道明寺」は絶品です。



苺が大きくて、食べると苺の香りと餡子の甘さ、さくら葉の市香りが口の中で弾けます。



ホント、何個でも食べられる。



って、一個しか食べたことが無いけど。



他にも定番の、あやめ団子も購入致しました。



暖かいので、即食べるのが一番美味しいのだと思われますが、



店内で食べる時間が無くて持ち帰りました。



石谷もちや
ビニールに入っているのでタレが零れても安心です。

石谷もちや
[あやめ団子 98円/本(税込)]




いちご道明寺の季節に、もう一度足を運びたいなぁ。




石谷もちや
【石谷もちや】

富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
http://www.ishitani-mochiya.jp/



【にほんブログ村】

富山県富山市『石谷もちや』でまたまた団子を買ってきた。

石谷もちや
「あやめだんご」と「黒蜜きなこだんご」
各98円(税込)



毎度必ず買わずには居られないのが、石谷もちやの和菓子。



富山のお米と水と使ったお餅屋さんでして、



ここのお団子や餅類はめちゃくちゃ美味なんです。



絶対間違いないと思える味です。



今回は夕方に行ったもんで、ほぼ売切れ。



団子はあるらしいので、写真の味を1本ずつ購入しました。



そして、たった一つだけ残っていた「栗おこわ」も購入。



ワタクシの今晩の食事になりました。



_CIMG0982
[栗おこわ 650円(税込)]
栗が甘くてウマウマです。
しかも御飯が餅屋さんのもち米でウマウマ。




ホテルに帰って食べましたが、



やはりここのお団子は美味ですな。



ワタクシ好みでございます。



しかも、季節限定品である栗も食せて、大変満足でございました。



蛇足慣れど、またまたスタンプカードを紛失しました。



もう、作るなよってことなのかもしれん。



いったい何処に消えてしまったのかなぁ~。



こんなに通っているなら、ある程度貯まりそうな気がして、惜しいのだけれど。





石谷もちや
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/



【にほんブログ村】

富山県富山市『石谷もちや』でまたまた団子を買ってきた。

石谷もちや
11時頃から降り出した雨ですが、こんな天気なのに店内は人だらけでした。
(入って左手に手軽に食べられるイートインコーナーがありまして、そこが満席)




今は桜餅の季節。



ワタクシの大好物和菓子です。



この季節限定感が購買意欲を高めてくれます。



今回の旅でもに必ず買いたかったのが、石谷もちやの和菓子。



富山のお米と水と浸かったお餅屋さんでして、



ここのお団子や餅類はめちゃくちゃ美味なんです。



絶対間違いないと思える味です。



今回は桜餅だけでも3種類(道明寺・長命寺・苺道明寺)ありました。



石谷もちや
[いちご道明寺 313(税込)]
以前購入してめちゃくちゃ美味しかったので、お店で見て即購入を決意しました。
これが食べられただけでも富山に行って良かったです。
帰りの新幹線で食べましたが、桜の葉の塩加減と、道明寺粉のモチモチ感、
控えめな餡子と大きな甘酸っぱい苺は絶妙です。
何もでも食べられる気がする。


石谷もちや
昆布でくるまれた餅菓子もありました。
一つ140円(税込)
これは富山ならではって感じですねぇ。
お正月にお餅を食べる際、昆布で包んてみようかな。


石谷もちや
[黒蜜きなこだんご]
新幹線で持ち帰るのが毎度難しくて苦戦します。
(パックがひしゃげてタレが零れる)


石谷もちや
[黒蜜きなこだんご(手前) and あやめたんご(奥)]
やはりこの二種は購入してしまいます。
当日食べるのが勿論美味ですが、翌朝にレンジで温めて食べるのも好きです。
(お餅なので時間とともに固くなります)




本当は当日に食べるべきなんでしょうが、



翌日朝でもじゅうぶんに美味です。



ただし固くなりますので温めなおしは必要。



美味しさも当日よりは軽減されます。



でも毎度、もっと買っておけば良かったーと後悔するんですよ。



富山大和にもお店が入っていますが、



そこから近いので、是非、本店でお買い求め頂きたい。



スタンプカードを前回作って貰ったのですが、



それが貯まるのも何だか嬉しい。



石谷もちやのスタンプカードというよりは、



富山に来る履歴を押して貰っているようで。



スタンプの色が変わっていたので、



年ごとに色が変化する仕組みなのかもしれませんが、



有効期限が書いていないし、次回も出して押してもらおうと思います。



次回も今年中に再訪出来て、同じ色のスタンプだと嬉しいなぁ。





石谷もちや
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/



【にほんブログ村】

栃木県栃木市『武平作だんご 栃木駅前店』のプレミアムスカイベリー大福がごっつい美味。

image
[プレミアムスカイベリー大福 350円(税込)]
シロップが付いてきます。
なんか「限定品」的なポップを見た気がします。


image
スカイベリー自体が大きいので、大福も必然的に大きくなります。

image
切るとこんな感じ。
あんこはそれほど入っておらず、殆どが苺です。


image
コンデンスミルクを掛けなければならんほど薄味なのかな?

image
半分だけ掛けてみることに。

image
スカイベリーが汁気たっぷりなあっさり味なので、
コンデンスミルクを掛けても甘すぎることはないです。



帰宅後に食してみましたが、これ激ウマでした。


350円という良心価格なのに、クオリティーは高い。


餅は餅屋と言いますが、ここのお餅は毎度買うけどハズレないわぁ。


今日もお店は大混雑でした。


オススメです。


image
武平作だんごと云えばコレ。
こちらは千葉県民Tへのお土産にしました。
一本90円。


【武平作だんご 栃木駅前店】
栃木県栃木市境町1-22 (栃木駅前)
営業時間 9:00~18:30
定休日:無休


【にほんブログ村】

千代田区有楽町『むらからまちから館』の今回のファン倶楽部ポイントカード特典でガーゼタオルを貰って来ました。

ガーゼタオル
いせ辰だったらお高いんじゃないかなぁ。

ガーゼタオル
「むらからまちから館」って20年も経ってるんですね。驚き。



「むらからまちからファン倶楽部」のポイントカード。


結構貯まるし、500円分のクーポンになるのでお徳です。


そんな「むらからまちからファン倶楽部」からハガキが届いており、


指定期間内に、貯まったポイントカードを使うと粗品が貰えると書いてありました。


期間が9月6日までで、なくなり次第終了っぽかったので、


本日、買い物をしつつ、粗品も貰って参りました。


今回は日本酒の他に、ガーゼタオルなどが選べます。


ガーゼタオルの模様がいろいろありましたが、


一番無難そうな上写真のものを選びました。


こういう使えるオマケは嬉しいですね。


で、以下はついでに買った品々です。


毎度買っている定番品なり。


レモネードベース
[レモネードベースとレモンジンジャーベース 各450円(税別)]
これで作るレモネードが今のワタクシのブームです。
@とびしま柑橘工房
http://tobishima.hiroshima.jp/


焼さば
[焼き塩さば 303円(税別)]
これを大根サラダに和えて食べるのが好きです。
@宮城県水産事業協同組合


おとうふ気分
[おとうふ気分 98円(税別)]
とろっとろで濃い味のお豆腐です。
本当にデザート気分で食べられます。
@ほし食品


のりべもち
[のりべもち 135円(税別)]
むっちむちで美味しいんです、これ。@もちっ小屋でん
http://motiden.jp/


【むらからまちから館】
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 1F
営業時間 10:30~19:15(日・祝は18:45まで)
定休日:年末年始
http://murakara.shokokai.or.jp/


【にほんブログ村】

【GW】富山県富山市『石谷もちや』でまたまた団子を買ってきた。

石谷もちや
かき餅(餅を揚げたもの)も売っていたので思わず購入。




五月は柏餅の季節。



ワタクシの大好物和菓子です。



毎度、季節限定にせんでもええのにー、と思います。



でも良く考えたら、この季節限定感がトキメキを生むんですねぇ。



今回の旅で、最後に必ず買いたかったのが、石谷もちやの和菓子。



お餅屋さんだからか、富山のお米と水が良いからか、



ここのお団子はめちゃくちゃ美味なんです。



団子各種
[あやめ団子各種 98円/本(税込)]

あやめだんご
これが名物の「あやめだんご」。
黒蜜味でめっちゃ美味です。


団子各種
[黒蜜きなこだんご]
きなこが塗さっているのに「あやめだんご」と同額。
これもめちゃくちゃ美味。




本当は当日に食べるべきなんでしょうが、



翌日朝でもじゅうぶんに柔らかくて美味です。



食べた後で、もっと買っておけば良かったーと後悔するのがこの団子。



富山大和にもお店が入っていますが、



そこから近いので、是非、本店でお買い求め頂きたい。



ちょっとしたイートイン席もあるので、



そこで食べるのも最高に美味しいかも。



うん、次回はそうしようっと。




石谷もちや
【石谷もちや】
富山県富山市中央通り1-5-33
営業時間 9:00~18:30
定休日:水曜
 http://www.ishitani-mochiya.jp/



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。