sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

陶器

目黒区駒場『日本民藝館』に長らく行きたいと思っていたのですが本日とうとう行って参りました。

日本民藝館
[日本民藝館]
東京都目黒区駒場4丁目3-33
入館料:1,100円
10時~17時(最終入館は16時30分まで)
休館は主に月曜日


日本民藝館
伝統的工芸品を主に収蔵展示する美術館で、
宗教哲学者、美術研究家で民芸運動の主唱者でもあった
柳宗悦(やなぎむねよし)によって創設された。


日本民藝館
現在、生誕120年を記念して「濱田庄司展」を開催中です。

日本民藝館
この中には何が入っているんだろう?
エントランス床も大谷石です。


日本民藝館
蔵のような白漆喰がカッコイイですよね。

日本民藝館
組棟に青海波の役瓦が施されています。

日本民藝館
蔵のような外観の本館は白漆喰ですが・・・

日本民藝館
[西館(旧柳宗悦邸)]
展覧会開催中の第2水・土曜、第3水・土曜に公開
10時~16時30分(最終入館は16時まで)


日本民藝館
こちらは、ねずみ漆喰です。
屋根と壁は大谷石。


日本民藝館
西館に入るのはちょっとハードルが高く見えますが、扉を引くだけです。
※入館は向かいの本館でチケットを購入してから


日本民藝館
「民藝」って感じの表札ですね。

日本民藝館
鬼板には分かりやすく「水」の文字が。
火伏せのまじないかな。


日本民藝館
[懸魚(げぎょ)]
これは菊と鷹でしょうか?


日本民藝館
こちらは松と・・・何?




長らくの野望だった「日本民藝館」に、本日千葉県民Tを誘って行って参りました。



早朝から移動して、昼過ぎには帰る計画。



しかし、いろいろ回ったもんで、結局ここに来たのは午後でした。



実は9時半にこの前に着いていたのですが、会館が10時だったんですよね。



その時間から待っている人が居たので、思いの外、人気スポットなのかも。



入館料は1,100円。



でも、価値はあると思う。



建物がとにかく凄いんですよ。



蔵の美術館って感じで。



本館の入口正面にある大階段は一見の価値あり。



旅館みたいですが、なんかイイ感じです。



子供の頃は分からなかったのですが、最近、棟方志功の良さが分かってきました。



その棟方志功作品が結構あります。



月4回の限定公開である西館は、



柳宗理(やなぎむねみち or やなぎそうり)氏の父である柳宗悦の邸宅だったところです。



なんだか懐かしい感じのする建物で、



見所は2階の書斎と、1階の和室&洋間かな。



展示品だけでなく、建物も見所のひとつだと思います。



何度も行こうと思う場所では無いかもしれないけれど、



一度は行っておいた方がいいかも。



そんな感じの「日本民藝館」でした。





【にほんブログ村】

先日購入した萩焼の“おちょこ”を使って立山を飲んでみる。

おちょこ
ワタクシには丁度良いサイズです。

おちょこ
萩焼は色と切り込みで見分けが付き易くて良いですね。




先日『アンティークショップ おおてら』で手に入れた“おちょこ”を使ってみることにしました。



っか、ワタクシ、旅にmyおちょこを持って出かけるのが理想なんですよ。



このサイズは左手の三本の指に馴染むので、



とても使い勝手が良いことが判明。



今日はこれで「立山」の廉価版を飲んでみました。



しかし、疲れすぎていて、あまり飲めなかった。



ってか、今日はお茶な気分だったらしい。



そして今度は、これを入れる袋が欲しくなっていたり。




【にほんブログ村】

富山県高岡市金屋町『アンティークギャラリーおおてら(大寺幸八郎商店)』のお庭は一見の価値あり。

金屋町
高岡を観光したいのであれば、是非オススメしたいのが「金屋町」。
戦禍を免れているため、古い町並みが残っていて風情があります。


おおてら
ずーっと再訪したいと願っていたのがコチラ。
「大寺幸八郎商店」&「おおてら」さんです。
ここでは珈琲(400円)が頂けます。
ちょっと一休みするのであれば、靴を脱いでお座敷に上がらせて貰って下さい。
オーナーのマダム(大寺さん)との会話は日常を忘れさせてくれます。


金屋町
金屋町の入口から直ぐのところにあります。
本日はここの近所に用事があったので、ついでに立ち寄ってみました。
ここに来る度にカンカン照りになるのは何故だろう?
ちなみに北陸はまだ梅雨明けしていません。


アンティーク
ご好意で、奥の茶室に案内して頂きました。
マダムはお茶の先生でもあられるそうです。
いいなぁ、ここで学べる生徒さんは贅沢だなぁ~という建築物です。
(室内の写真を撮らなかったのは是非皆さんの目で見て欲しいから)
↑ 一般開放しておられるかは不明ですが
銅製の「手あぶり」を蚊取り線香入れとして使っているそうです。
アイデアが感動的!!! 私もやってみたい!!! と思ったものの、ウチは蚊が居ないマンションであった。


おおてら
お茶室とお庭を拝見してから、再びアイス珈琲を啜ってみたり。
ちなみに奥のお菓子は「そばぼうろ」とお見受けするので、
アレルギー持ちとしては遠慮させて頂きました。


買い物
アンティークショップゆえ、骨董好きの血が騒ぎ色々拝見させて頂きました。
で、初めて「大樋焼(おおひやき)」を手にしました。
九谷焼と併せて有名な金沢の焼き物だそうですね。
萩焼のぐいのみを併せて入手いたしました。
本当は数諭吉価格の備前焼の大皿に惹かれましたが、
今月末に九州にも行くからなぁ・・・と断念。



長らく再訪したいと思っていた金屋町の近くに来たもんで、


昼時だし、ちょいと寄ってみようと思って向かってみました。


相変わらず静かな町です。


でも、そこが良い。


隠れ家観光地(←矛盾しているけど)って感じで、すごく嬉しくなります。


ってか、高岡の観光協会は控えめすぎると思うの。


もっとPRしたら良いのに~。


雰囲気は川越みたいなんだから、もっと商店を誘致したりして・・・


などと、自分だったらこうするのにという観光地化計画がぐるぐる頭を廻りました。


金屋町から直ぐのところにある「山町筋」も超オススメです。



山町筋
交差点角にある建物。
瓦も凄いけど、中のシャンデリアが凄かった。
って通り過ぎた瞬間に見ただけなので、
記憶には「凄かった」としか保存されませんでしたけどね。


山町筋
漆喰と屋根瓦が半端なくカッコイイ建物。
時間が無くて通り過ぎただけなのが残念です。


山町筋
[左]山町茶屋
ケーキなどが食べられるっぽい。



次回また高岡のコチラ方面に来ることがあれば、


さっくりと観光してみたいなぁ。


高岡駅前
「高岡七夕まつり」は明日8月1日からです。

【にほんブログ村】

ドイツ陶磁器工房ニンフェンブルグが好きなのだが。

ニンフェンブルグ
[Nymphenburg Porzellan]
ワタクシが持つ唯一のニンフェンブルグ陶磁器。
若い頃に日本橋三越で入手しましたが、
今はこの窯の製品を取扱っていないみたいですね。


ヴィッテルスバッハ家当主といえば、世界的に有名なルートヴィヒ2世。

ワタクシ、このルートヴィッヒ2世が大好きで、

ついでに言えば従姉妹のシシィ(オーストリア皇妃エリザベート)も大好きです。

学生時代、シシィに関連する場所をなぞりたくて様々な場所へダッシュしてました。

研修旅行だったもんで、時間に限りがあったからです。

そんなヴィッテルスバッハ家ゆかりの城といえば、ニンフェンブルク宮殿。

行きたいと20数年思い続けておりますが、未だに行ったことはありません。

この宮殿内の厩舎だった建物の1階には

ニンフェンブルク陶磁器のコレクションが展示されているのだとか。

また、宮殿内にはマクシミリアン3世ヨーゼフが作らせた

ニンフェンブルク陶器の工房もあります。

ニンフェンブルク窯の陶磁器類はワタクシの憧れ。

この工房はかつてバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家直属だったそうで、

現在もその王家の子孫が受け継いでいるのだそうです。

あ゛あ゛~、行きたい!!

行ってこの目で見てみたい!!

宮殿も、コレクションも、ショップも!!

と思いつつ、時々上の作品を取り出しては眺めております。

ちなみにニンフェンブルグのアンティークなら

銀座のアンティークショップに置いてあります。

そういえばワタクシ、学生時代に陶磁器が好き過ぎて、

陶磁器本の作者さんに手紙を書いたことがあります。

返事を頂き、しかも直接会って本にサインまで頂きました。

パーティーにも呼んでもらった(笑)。

若い頃は結構行動力あったなぁ、ワタクシ。

この行動力が今もあればドイツにもヒョイと行けるだろうに。

でもどうせ行くなら、2週間ぐらい行きたい。

非現実的だけど、ルートヴィッヒ2世ゆかりの地を全部なぞりたい。

と妄想しながら、地球の歩き方を見ているところです。


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。