sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

近代化遺産

栃木県 野木町『旧下野煉化製造会社煉瓦窯』という異国感ある国の重要文化財。【写真多用】

image
旧下野煉化製造会社煉瓦窯
きゅうしもつけれんがせいぞうがいしゃれんががま
(通称:野木町煉瓦窯)

旧下野煉化製造会社煉瓦窯は、明治23年(1890年)から昭和46年(1971年)までの間、赤煉瓦の製造に用いられたホフマン式の煉瓦窯です。現存しているのは東窯一基のみですが、以前は、東窯より一年早く完成した西窯もありました。(西窯は1923年の関東大震災で倒壊)

image

渡良瀬遊水地で原料となる良質な粘土が産出したことと、思川と渡良瀬川の水運により、製品運搬が容易だったことが、この地で煉瓦製造が行われた理由です。

image

image
この構造物に使われている赤煉瓦は、
当初1基だけあった登り窯で焼いたものなのかも。


image
[燃焼室入口]

ホフマン式輪窯(東窯)は、環状に16の窯を並べた連続焼成窯です。
1つの窯で1回約14,000個、全ての窯を連続して使用した場合には約22万個焼成することが可能でした。

image

焼成中の窯からの熱風を前工程の窯に送り、素地煉瓦の乾燥に利用すると同時に、後工程の窯では、煉瓦を冷却するために取り入れた外気が暖まるので、これを焼成中の窯に送る空気として利用する。時間がたつと、火を入れる窯を時計回りにシフトさせ、半永久的に運転することができます。熱利用効率が高く、大量生産に適した設計となっています。

image
燃料は常磐炭鉱の粉炭で、焼成温度は約1000℃にもなりました。
※壁面に膨らみか出ていますね


image
焼成に失敗したもの。

image
[燃焼室内部]
23年(2011年)7月から平成28年(2016年)5月まで
野木町が主体となって修復工事が行われました。
この耐震ダンパーはその時に設置されたんじゃないかな。


image
[仕切壁]
連続焼成中には造られない壁で、火を止める際に煉瓦で壁が築かれます。


image
[型枠]
アーチ状になっている天井部分の修復時に使うようです。


image
[排煙口]
中央の煙突に通じる煙道。


image
整備されていない状態はこちら。

image
改修がされたと言っても、一部は手を付けずに残されています。

image
この刻印は、下野煉化製であることを示すものです。

約130年経過した現在もほぼ原型のままで存在しており、建造物として価値が高いとして、昭和54年(1979年)に国の重要文化財に指定され、さらに平成19年(2007年)に近代化産業遺産群の一つに選定されました。

image
外壁は内部まで全て煉瓦というわけではないようで、
土を固めたものの周囲に煉瓦を設置しているらしいです。
風雨による水の挙動により劣化してしまうのだとか。


image
燃焼室入り口のアーチ部分の煉瓦の組み方が独特です。
劣化による膨らみも出てきていると思われます。


image


image
アーチは、キーストーン(楔石、要石)の無い構造・・・
って、抜け落ちそうな中央っぽい煉瓦がそれなのかな。


image
二階に上がる階段は一つだけ解放してあります。

image
階段から外壁を見下ろしてみる。

image
二階は燃料を投下する場所です。

image
煙突の屋内部分。
修復されているのか綺麗です。


image
煙突内部が見えます。
これは煙突内を修理したりする時に入り口とする部分で、
それ以外の時は煉瓦で蓋をしていたようです。

image
窯の煙道から煙突への排気を行うダンパー(煙道開閉装置)。

image

image
左の柱の下に、修復工事で接ぎ直された跡があります。

image
平成の改修年か記されています。

image
[投炭抗]
一面に投炭孔が配置されています。
鉄の栓を抜くと孔があり、そこから燃料を落とします。


image
投炭抗の栓。

image
投炭抗は1メートル強ほど床から高い場所に作られています。
燃料投下時に火から遠ざかる為かしら?


image
の運搬用のトロッコのレールがぐるりと敷設されています。

image
[塩類風化現象]
煉瓦表面の白い部分がそれ。
一階北、一階南、二階の順に煉瓦の保存状態は悪くなるそうです。


image
途中で外壁のデザインが変わっていました。なぜだろう?

image
煉瓦は一階がイギリス積み、二階がフランス積みになっています。

この地で焼かれた煉瓦が使われている主な建築物には、東京駅西堀酒造結城酒造日光金谷ホテル、足尾銅山(栃木県日光市)があります。

image
煙突の高さは約34.67メートル、輪窯の周囲は約100メートル。
屋根は鉄板葺きだったそうです。


image
煙突の補強も改修により近代的になっており、
以前のものとは見た目が変わっています。


image
煙突の先も補修されているっぽい。

image
煙突と屋根が接地する階段状の部分は、ただのデザインなんだろうか?

image
以前の煙突を補強していた鉄骨は、ここからワイヤーで支えられていました。
(クリックで拡大)


image
(クリックで拡大)

image
関東大震災で落下したとされる煙突の断片も保存されていました。

image
(クリックで拡大)

image
[東輝煉化製造所の煉瓦刻印]

image

昭和26年(1951年)には、全国で50基のホフマン式輪窯が存在したとされているが、現存するのは4基のみ。そのうち最も保存状態が良いといわれているのか、この東窯です。

image
歴コレカードなるものも配布していました。

5人だった頃の東方神起の2009年度カレンダー写真が、ここで撮影されたそうです。ファンにとっての聖地なのかも?

ドイツ人技師ホフマンが考案したホフマン窯。
岡山県笠岡市にあった「旧西山煉瓦製造所」は2014年4月に解体されてしまいましたが、それ以外に「旧日本煉瓦製造(玉県深谷市:重要文化財)」、「旧中川煉瓦製造所(滋賀県近江八幡市:登録有形文化財)」、「旧神崎煉瓦(京都府舞鶴市:登録有形文化財)」の三か所で現存しているようです。
完全な形で国内に残っているのは『旧下野煉化製造会社煉瓦窯』だけだそうです。
でも、他の窯も見てみたい気がするんだよなぁ。煉瓦自体の劣化で壊される前に。

いつかその機会があるといいなぁと思うところです。


image
【旧下野煉化製造会社煉瓦窯】

(きゅうしもつけれんがせいぞうがいしゃれんががま)
栃木県下都賀郡野木町大字野木字大手箱3324番地1他
(JR宇都宮線 古河駅より徒歩45分)
休館日:月曜(国民の祝日の場合は開館,翌平日閉館)、12/29~1/3
見学時間 9:00〜17:00
見学料:一般:100円


【にほんブログ村】

茨城県日立市『日鉱記念館』の鉱山資料館の木組みがスゴイ。【日鉱記念館その参】

image

今回、一目見てみたいと思っていたのが、鉱山資料館。
1944年(昭和19年)に建てられた木造のコンプレッサー室です。第2次大戦中で鉄鋼材が不足していたなか建てられたもので、クレーンを吊る走行枠が強固に木材で組まれている点が圧巻です。

image
外観は大変シンプル。
日本各地にありがちな建物です。


image
日立空襲でも被害に遭わなかったんですね。


image

image
金属製機械類と木造の骨組みとのコントラストが秀逸。

image
これほどの空間を木材だけで維持する技術がすごいなと感じます。

image
この正面の部分にクレーンの重量が架かります。

image

image
このクレーンを支えることが木材でもできるんですね。

image
image

image
天井部分の採光部はトタンかしら?

image
削岩機のコレクション。
時間がないのでスルーしました。


image
外壁は木の板で、節目が外れて穴が空いていました。
寒いよね~と思ったけど、
コンプレッサー室だからそれでもいいのかと納得してみたり。


image
少し離れて見た旧コンプレッサー室の建物。

image
奥の廃墟っぽい構造物も気になりますが、
手前の野面積みの石垣が特に気になりました。


image
別の角度から見た廃墟のような構造物。
コンクリートブロック積みってことは、昭和時代の建造物ですね。


さて、日立鉱山で工作課長という役職に就いていたのが、後に日立製作所を創設する小平浪平(おだいら なみへい)です。
工作課は日立鉱山で用いる土木、電気、機械の修理等を一切引き受ける部署でした。
1910年(明治43年)に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させ、1912年(明治45年)に日立鉱山から独立して久原鉱業所日立製作所となり、1920年(大正9年)に日立製作所が設立されました。
なお、日立製作所では、1910年(明治43年)が創業年とされています。
そういえば日立製作所の子会社に、建機を作る会社・日立建機もありましたね。
ってことを思い出したのが、下の掘削機です。

image
[自走式 長孔削孔機]

image
フィンランドのメーカーって、サンドビックかな?

image
この個所の摩耗が激しいんですけど、何故なんだろう?

ここは近代化遺産として多くの見学者が居てもおかしくない施設だと感じます。
日立市の歴史がぎゅぎゅっと詰まっているというか。って、鉱山という断片ですけれど。
それはそうと、バスで走行中に見た、文化財じゃね?的に気になる建物。
実は日立鉱山に付随するものだと、この記念館で知りました。

image
[旧・共楽館(現・日立武道館)]
1917年(大正6年)に完成した、日立鉱山の福利厚生施設(劇場)。
国の登録有形文化財です。


image
いろいろ説明が書かれていましたが、時間が無くてすっ飛ばしました。

小平浪平生家を見たのがきっかけで、今回、日立を訪れましたが、肝心の「小平記念館」は会社敷地内にあるため土日は開いておらず、見学は叶いませんでした。見学のハードルは高そうなので、今後も見学できる可能性は低そうです。
でも、まあ、駆け足でも日鉱記念館を見ることができ、日立市滞在は概ね満足かな。



image
【日鉱記念館】

茨城県日立市宮田町3585
開館時間 9:00~16:00(入館受付は15:30分まで)
休館日:月曜、祝、年末年始、会社記念日(10月第2週金曜)など
入館料:無料
※予約が望ましい(ネット予約
https://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/
JR常磐線日立駅中央口①番乗り場:日立電鉄バス東河内行き⇒「日鉱記念館前」停留所(約25分)
バス運賃:440円/上記バス停間片道 ※SuicaなどのICカードは利用不可

※バスの本数は土日祝日で一日5本(2019年3末現在)
日立駅からタクシー(約20分)


【にほんブログ村】

茨城県日立市『日鉱記念館』の謎資材と竪坑。【日鉱記念館その弐】


image
設計者:松田平田設計事務所
1987年建築業協会賞受賞

敷地内の見学できるのは、本館、鉱山資料館、旧久原本部(外観)、竪抗櫓(外観)です。
本館内には鉱山に関する各種資料や国内外の鉱石岩石、鉱山機械等が展示してあります。
時間に限りがあったため、ほぼ競歩で通りぬけた今回のワタクシ。
気になった点をここでピックアップしておこうと思います。

image
この坂の左手側が記念館の駐車場になります。

image
先ず気になったのが、記念館の門柱。

image
何の素材でできたブロックなんだろう? 煉瓦じゃないし?

image
欠け目を見ると溶融スラグ(鉱滓)っぽい。

image
この資材は、日立駅すぐの塀でも見ました。

image
全く同じ素材です。

image
門を入って駐車場を抜けてから、急坂を登ります。
バス停から本館の入り口までは5分は余裕で掛かった気がします。

image
第一竪坑(下)と第十一竪坑(上)のやぐら。
作業員を地下の坑道に降ろすエレベーター施設だったらしいです。


image

image
[第一竪坑]
買山直後の明治39年2月~昭和56年の閉山までの75年間のうち、
昭和4年にやぐらを木造から鉄骨に改造したとあります。
木造の巻き上げ機ってのもスゴイな。見たいなぁ。


image
[日立鉱山坑道断面図]

image
上の図に書かれている「栄斜坑」は、駐車場脇に出入口かありました。
蒸気というか、煙というか、そんなものが流れ出ています。


image
斜面にある鉱山の出入り口と思われるもの。
コンクリートブロックで塞がれていました。


image
フェンスで囲まれた中にある山。
この下には無数の坑道が眠っているようです。


image
最も興味深いと思った坑道の透視模型。圧巻です。
バイオハザードを思い出しました。


image
有刺鉄線の手前にはこんな立て札も。

image
どこかに居ないかしら? と探してみたりして。

image
スペースは狭いですが、模擬坑道もあります。

image
手掘りの模型。
カンテラの灯りだけでは暗いので、手元


image
横坑掘進の模型。
振動で手が痺れそうですね。
白蝋病(はくろうびょう)みたいな。

image
漏斗抜きの模型の手前に並べられた鉱石。

image
1981年9月17日の最終発破によって採掘された鉱石の実物。

image
これはノミを打った穴なんだろうか?

時間無制限だったら、鉱石をじっくり見たかったところですが、すべてすっ飛ばしました。もったいない。
しかし、真の目的が次に見る場所だったため、そちらに注力することにしました。
二時間強も居る場所ではないけれど、一時間は欲しいかなぁ。バス利用者の悲しい宿命です。

image
往路でワタクシを乗せていたバスですが、復路でもお世話になりました。

その参に続く。


image
【日鉱記念館】

茨城県日立市宮田町3585
開館時間 9:00~16:00(入館受付は15:30分まで)
休館日:月曜、祝、年末年始、会社記念日(10月第2週金曜)など
入館料:無料
※予約が望ましい(ネット予約
https://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/
JR常磐線日立駅中央口①番乗り場:日立電鉄バス東河内行き⇒「日鉱記念館前」停留所(約25分)
バス運賃:440円/上記バス停間片道 ※SuicaなどのICカードは利用不可

※バスの本数は土日祝日で一日5本(2019年3末現在)
日立駅からタクシー(約20分)


【にほんブログ村】

栃木県那須烏山市『烏山和紙会館』は市の近代化遺産に指定されている建物です。

image

下野国(現栃木県)の和紙の歴史は古く、奈良時代の書物に「写経料紙を産出す」と書かれていることから、奈良時代が起源とされています。

その後の鎌倉時代、建保年間(1213年から1218年までの期間)に、那須氏が越前の国(福井県)から紙すき職人を招き、那須奉書を創製したのが烏山和紙の始まりだそうです。

江戸時代になり、同地が水戸藩の領地となってからは、徹底した紙専売制が行われたため製紙業はさらに発展しました。

栃木県那須烏山市で作られる楮紙は烏山和紙((からすやまわし)を代表する和紙で、程村紙(ほどむらがみ,ほどむらし)と言われ、品質が高いことで知られる那須楮を原料とし、厚手で丈夫なのが特徴で"厚紙の至宝"と評されています。
程村紙の名称は、かつて烏山町境村にあった程村地区が産地であったことに由来しています。

image

1970年(昭和45年)には烏山町無形文化財に指定され、1977年(昭和52年)には記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されました。
明治百年行事では通産大臣賞を受賞しています。

1977年、茨城県山方町(現・常陸大宮市)西野内で作られた「西の内紙(にしのうちがみ)」とともに国の無形文化財「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に指定されました。
※ユネスコの無形文化遺産に登録されているのは、石州半紙(島根県浜田市)と本美濃紙(岐阜県美濃市)、細川紙(埼玉県小川町,東秩父村)。

程村紙(ほどむらがみ,ほどむらし)の用途としては、烏山藩藩札、襖や障子、投票用紙などで用いられた歴史があり、明治時代には輸出もされ、書画の印刷用に用いられたようです。

現在は県内外の多くの学校の卒業証書、山あげ祭の山(背景画)に用いられています。

さて、烏山駅から徒歩圏内のところにある「烏山和紙会館」では、烏山和紙の紹介や和紙製品の展示、販売などを行っています。

建物は大正12年(1923年)に烏山病院として立てられたもので、市の近代化遺産に指定されています。

image
木骨モルタル二階建て、切妻屋根の疑洋風建築。
エントランスは直線のモダンな意匠。


image
照明器具は小ぶりでした。

image
入り口にガチャがあったけれど、販売休止中でした。残念。

image
和紙を壁に貼っているのですが、ちよっと中学校の学祭っぽい。

image
壁面の劣化が著しいてすね。

image
[建物裏側]
縦長の上げ下げ窓や半円状のドーマー窓の木枠が黄色いのは
元からの色を踏襲しているのかしら?


image
(クリックで拡大)

外壁と窓枠の色に違和感がかなりあります。病院時代からこういう色だったとは思えないので、改修時にこの色にしたのかしら。センスがちょっと・・・。

9時開館なのですが、内部は人の気配がなく、照明も点いていませんでした。
観光客があまり来ないのかも。看板にある「クラフト館」も開いておらず、ほとんど買い物ができませんでした。

image
程村紙がどれか分からないという売店で、
これは少なくとも烏山和紙だと確信が持てるものを選びました。
もしかしたら程村紙を自力て探すのは至難の業なのかも。



image
【烏山和紙会館】

※栃木パスポート おもてなし施設
栃木県那須烏山市中央2-6-8
(JR烏山線 烏山駅から徒歩10分)
営業時間 9:00〜17:30
定休日:火曜
http://www.fukudawashi.co.jp/


【にほんブログ村】

栃木県那須烏山市『島崎酒造 どうくつ酒蔵』にワクワクする。

image

那須烏山市にある『島崎酒造』は、江戸時代の1849年(嘉永2年)創業。

「東力士(あずまりきし)」が有名な造り酒屋です。

お店のある場所から山を一つ越えたところに、同酒造の通称「どうくつ酒蔵」があります。

ここは第二次世界大戦末期に戦車を製造するために建造された地下工場跡で、

同酒造の会長がこの掘削に動員された記憶をたどって戦後に見つけ出し、

そこを1970年から地主から借り受け、清酒を熟成させる酒蔵として活用しています。

どうくつ酒蔵は、高さと幅が3.5mの三本の坑道と、

それらを繋ぐ五本の横坑で構成されています。

総延長は約600メートル。年間を通じて平均10℃に保たれ、

清酒の熟成には最適なのだとか。

2012年に「東京動力機械株式会社地下工場跡」として土木遺産に登録されています。

image
洞窟は島崎酒造によって使用可能なように整備されています。

image
(クリックで拡大)

image
土木遺産のプレートは入口そばにありました。

image
文字が小さくて読んでられない。

image
認定書はコチラに。

image
綺麗な瓶に入った古酒は、こうして飾るのも良いですね。

image
洞窟床はコンクリートで整備されています。

image
熟露枯のオーナーズボトルのストック棚。
5~20年ここで熟成されます。


image
長期熟成酒はここで保管されています。

image
けっこうゆったりしたスペースですね。

image
洞窟内は戦時中に手掘りされたままの外観らしいです。

image
まだまだスペースに余裕がありそうな洞窟内。

image
ズームしてみると、洞窟先の開口部が見えます。

image
表側から見るとこんな感じなんでしょうね。

image

image
洞窟天井部には長い釘のようなものが突き刺したままになっていました。
カンテラなどをぶら下げたのかしら。


image
手掘り感のある壁面。

どうくつ酒蔵は、京極夏彦原作で2007年12月22日公開した

堤真一さん主演の映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」と、

山田諒介さん主演の「金田一少年の事件簿」(平成26年8月16日、23日放送)

などのロケ地になっています。

コンサートなどで貸し出すこともあるそうです。

image

image
全国には戦時中の洞窟で
まだ知られていないものがあるのかもと思ってみたり。

土木遺産の洞窟内部を見学できるなんて、洞窟好きとしては嬉しすぎる。

矛盾しますが、洞窟は好きでも閉所は苦手なワタクシ。

ここは行き止まりになっていないので安心して入れました。

蝙蝠が飛ぶこともあるらしいので、夜は怖いだろうなぁ。


image
【島崎酒造】

栃木県那須烏山市中央1-11-18
(JR烏山線 烏山駅から徒歩10分)
営業時間 9:00~18:00

image
【島崎酒造のどうくつ酒蔵 】
栃木パスポート おもてなし施設⇒未確認
栃木県那須烏山市神長
(JR烏山線 滝駅から徒歩20分)
見学時間 10:00~16:00
(4~11月の土日祝以外は要予約)
見学無料
http://www.azumarikishi.co.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。