sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

赤坂

港区赤坂1丁目『ツッカベッカライ カヤヌマ』で予約せずにクッキー缶を入手。

image

いつも夕方近くに立ち寄るため殆ど選べない状態になる

『ツッカベッカライ カヤヌマ』。

本日は意を決して行って参りました。

クッキー缶がなくても、

杏の焼菓子マリーレクーヘンが買えればいいと思っていました、

タイミング良くクッキーも買うことができました。

写真の上がテーベッカライA缶 3,500円(税別)。

下がバニラキプフェル 1,200円(税別)。

予約なしで買えるクッキーは3個まで。

予約しておくと5個までは買えるようです。

image
今日買ったクッキーの賞味期限は20日まで。

image
テーベッカライ
冷蔵庫で保存し、食べる際に室温に戻すと美味しく食べられるとか。

image
持ち歩きで溶けたと思われる箇所があるので、
この時期は保冷バッグが必携ですねぇ。

image
こちらが目当てのマリーレクーヘン 500円(税別)。

image
しっとりした食感のケーキです。
甘さは控えめ。

image
キリシュシュトゥルーデル 800円(税別)

image
山形産のさくらんぼがギッシリ入った薄い生地のパイ。
ほぼ、サクランボです。これは美味しい。食べにくいけど。

値段も訊かずにオリジナルの保冷バッグを購入しましたが、

とても計算された造りで、これは買った方が良いなと思いました。

中敷きもしっかりしているし、たっぷり入るし、

保冷剤を入れるポケットも付いています。

この夏は重宝しそうな気がする。

もう一度、キリシュシュトゥルーデルを食べたいけれど、

無理なら秋に、アプフェルシュトゥルーデルを買いに再訪したいです。

ちなみにザッハトルテも人気らしい。

image
価格は600円(税込)でした。
左側にファスナーを仕舞う輪っかが付いているのがポイント高し。


image
【ツッカベッカライ カヤヌマ】
Zuckerbäckerei Kayanuma

東京都港区赤坂1-4-5 栢沼ビル1F
(銀座線・南北線 溜池山王駅 9番出口 徒歩2分)
営業時間 11:00~16:00(当面のあいだ)
定休日:日曜、月曜、祝日(当面のあいだ)
※現金のみ
http://www.z-kayanuma.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

ばず姉さんからの頂き物。

image

本日は通院day。

午後から約半年ぶりに、ばず姉さんにお会いしました。

お願いしてあったクッキー缶を受け取りつつ、昼食をば。

image
クッキー缶の参考写真。

で、赤坂青野の和菓子を二種類、頂きました。

実は今日、溜池山王まで行ったのですが、

ちょっと歩く距離ゆえ青野に立ち寄るのを断念。

ゆえに、大変タイムリーな頂き物でした。

image
水平に持って帰るよう言われたので、そのように持ち帰りました。

image
容器の縁ギリギリまでタレが入っているので、
そりゃ、傾けたら垂れるわって感じ。(タレだけに)

「冷やしみたらし」はテレビで取り上げられたとかで、

ばず姉さん曰く、開店時から行列ができているんだとか。

購入制限もあるそうで、そのうちの一つを頂きました。

検索したら、櫻井翔さんおすすめ和スイーツなんですってね。

そりゃぁ行列ができるわけだ。

冷蔵庫で冷やしてから食べるものらしいので、

現在、冷やしているところです。

これは、絶対、美味しい予感。

image

久々に赤坂もちも頂きました。

大昔(オフィスが銀座にあった時代)に差し入れして頂いたなぁ。

双方、美味しく頂こうと思います。

ばず姉さん、御馳走になります。ありがとうございます。

痛いお話を伺いましたが、どうかお大事になさってください。

次回も無事に(できれば元気に)お会いできますように!

image
冷たいのに柔らかくて美味しかったです。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区赤坂『相模屋』にところ天を買いに行く。

image

会社帰りに赤坂の『相模屋』に立ち寄って参りました。



明治28年創業の寒天製造・直売をする老舗で

伊豆七島・西伊豆産の最高級天然天草を100%使用し、

季節や気温に応じた天草をブレンドして

寒天を作っているそうです。

前回食べて美味しいと思ったもんで、

再度買って味覚が変わっていないかを検証することにしました。

image
3人前のところ天のみ購入。
税込み1,070円です。

image

image
ものすごーく購入を迷った、西洋あんずの瓶入り。
410円は安いような気もするけれど…。

注文を受けてからところ天を切ってくれるので、

帰宅後空くに食べると柔らかくて喉越しが良いです。

飲める気もして、飲んでます。

image
中一日は日持ちするっぽい。

image
未だにカルキ臭を感じたことはありませんが、
もう少し暖かくなると感じるようになるのかも?

image
からしが付いていますが、練りはやわらかめで溶けやすいです。

image
綺麗だ~。

改めて食べてみると、やっぱり美味しいと思うので、

夏場は頻繁に買いに来ちゃうかもしれません。

次回は、葛餅も買おうかな。



image
【相模屋】

東京都港区赤坂3-14-8
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※現金のみ
https://www.akasaka-sagamiya.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区赤坂『相模屋』のところ天は美味しいと思える。

image

赤坂に来たので、気になっていた『相模屋』に立ち寄って参りました。

明治28年創業の寒天製造・直売をする老舗です。

寒天は伊豆七島・西伊豆産の最高級天然天草を100%使用しており、

季節や気温に応じて数種類の天草をブレンドしているそうです。

商品は材料販売。

一人前のカップ入りがあるのは、あんみつのみです。

image
複数人前の材料が箱に入っています。

image
求肥や豆などはバラ売りもしているので、
豆マシマシとか、増量ができそう。

image
くず餅用の餡やきな粉もバラで買えます。

image
お徳用があったけれど、2人前で良いので今回はスルー。

image
なんか、ところ天が良さそうな気配がする。

image
ってことで、大人買いしちゃいました。
豆かんは差し入れに使いましたが自分で寒天を切るタイプらしいです。
寒天は切った時から味が変わっていくものらしい。

image
くず餅って、小麦のでんぷんが使われているんですね。
小麦アレルギーの人には向かない食材だったんですね。
知らんかったわー。

実はワタクシ、あまりところ天が好きではありません。

ところ天の一本一本の角が固いと感じるっつーか。

image

しかし、ここのところ天は注文を受けてから切るため、

乾燥する暇がなくて喉越しがかなり良いです。

付いているところ天用のお酢も美味しい。

っつーか、全体的に美味しい!

これは新発見でした。

おかげで一気に全部食べちゃったわ。

「明日食べるより、今日食べる方が美味しいよね」

と思うと、止まりませんでした。

身体に良いから、いいよね、的な。

これからは、

「相模屋のところ天なら食べられる」

と言おうと思います。

くず餅はまだ食べていないけれど、

きっと美味しいに違いない。



image
【相模屋】

東京都港区赤坂3-14-8
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※現金のみ
https://www.akasaka-sagamiya.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区赤坂『とらや 赤坂店』のオリジナル一筆箋の自動販売機。

image

2018年10月1日にリニューアルオープンした赤坂の『とらや』。

建築家の内藤廣氏が建物を設計したそうです。

内藤廣氏の建築と言えば、

何度か泊まって身近になっている「リバーリトリート雅樂倶」。

しかし赤坂の「とらや」の建物から思い出されるのは、

御殿場市の「とらや工房」と「フォレスト益子」で、

その二つの建物と似ていると感じました。



30年ほど前の古い建物の印象が強かったもんで、

明るい印象になっていて大変驚きました。

昔は老舗然として重くて暗いイメージだったのに

随分開放的な感じになったと少し驚きました。

image
まだ暖簾が出ていない時間に撮ってます。

image
一階から二階のショップへ上がる階段。

image
二階のショップから三階の茶寮に上がる階段。
(茶寮のオープンは11時から)

image
一階エントランスから地下へ降りる階段。

image
地下から見上げた階段。

image
地下はギャラリーになっています。
4月5日まで「とらやと楽しむ寅年展」を開催中。

image
ギャラリーの壁は羊羹を模したヒノキの木材が組まれています。
吸音効果もあるんだろうなぁ。

image
地下の壁面に設計図がありました。
ものすごく興味深い。

image
一階エレベーター脇の壁にひっそりと填まってある自動販売機では
オリジナルの一筆箋が売られています。
※現金のみ

image
ショップでも売っているのでそちらを購入しました。
(絵柄の説明と見本があるので手に取り易いです)

image
中の絵柄がとっても可愛いのです。
自販機では「春夏」しかありませんでしたが、
ショップでは「秋冬」もあります。

image
ピンクの紙袋は春限定なんだとか。

image
お茶もあったので買ってみた。
左の「あずき茶」が気になるよね。

image
上生菓子が店頭に出揃うのは10時以降かも。
とりあえず買えるものを買ってみた。
黒文字はレジで言えば付けてくれます。

ヒノキや杉がふんだんに使われた内装なので居心地が良いです。

ガラス張りのファザードから注ぐ陽の光が階段を照らすため、

とても明るく広く感じます。

特筆すべきは、その静かさ。吸音材が多用されているんでしょうね。

なかなか面白い建物なので、次回は茶寮を利用して

三階からのロケーションを見たいと思います。

ってか、タイトルにある内容が希薄ですが、

一筆箋の自販機を初めて見たので、言いたかっただけです。

一筆箋は可愛いのでお土産にすると喜ばれるかも。

それはそうと、とらやの上生菓子って良いお値段ですねぇ。

桜餅475円、草餅486円という価格には驚きました。

美味しいけど。

茶寮の価格もそれなりなんでしょうねぇ。



image
【とらや 赤坂店】

東京都港区赤坂4-9-22
営業時間 [平日]9:00~19:00,[土日祝]9:30~18:00
定休日:毎月6日(12月を除く)
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.toraya-group.co.jp/
https://www.instagram.com/toraya.wagashi/

覚書
 港区コミュニティバス「ちいばす」利用の場合(運賃:100円)
 「赤坂駅前」or「溜池山王駅」バス停乗車 ⇒「赤坂地区総合支所前」バス停下車



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区赤坂『青山フラワーマーケットティーハウス』の花かんむりのフレンチトースト。

image

花に囲まれた場所で美味しいハーブティーが飲みたいと思い、

早朝から赤坂にある『青山フラワーマーケットティーハウス』に行って参りました。

image
それほど広くはないけれど、緑に囲まれた落ち着く空間です。

image
メニューにも花(エディブルフラワー)が使われています。

image
5種類のハーブがブレンドされたティーが良い香りで癒されます。

image
テーブルにある薔薇も良い香りだし。

image
「花かんむりのフレンチトースト」
ハーブ類は茨城県のシモタファームのもの。


image
フォトジェニックなだけでなく、美味しいです。

image
後ほどテーブルに置かれた花もバラでした。

花を愛でつつ、花を食す。

なかなか良いカフェだなと思いました。

店内に英語が飛び交っていたのはたまたまなのか、

はたまた日常なのか。

とにかく、女性ホルモンが増えそうな癒し空間でした。

いつも飯田橋の青山フラワーマーケットを利用していますが、

あの近くにもこういうカフェがあれば良いのにと強く思いました。

緑に囲まれた空間でハーブティーを飲みたくなった時にオススメです。



image
【青山フラワーマーケットティーハウス 赤坂Bizタワー店】

Aoyama Flower Market TEA HOUSE
東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー1F
営業時間 8:00~18:00
定休日:不明
https://www.afm-teahouse.com/akasaka


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

溜池山王にある『浅田家』の和菓子を千葉県民Tが差し入れしてくれた。

image

本日は在宅勤務day。

昨夜降るかもと言われていた雪は降らず、

ちょっと寒いかな? そうでもないかな?

という気温の中、黙々とモニターに向かっております。

そんな折、今日は休みだった千葉県民Tが

玄関先にそっと差し入れを置き去ってくれました。

溜池山王にある『浅田家』の和菓子でして、

平日しか開いていないというハードルの高さで

ワタクシが未だ購入を達成できていなかったという

念願の大福が入っていました。

溜池山王って家から行けば近いけれど、

会社帰りに行くには遠く感じるのよねぇ。

南北線だし。

image
明治30年創業の東京では老舗の和菓子店です。

image
入っていたのは豆大福と草餅。
草餅のキラキラ輝く様がワタクシを誘います。

image
丁度3時だったので休憩がてらパクリと頂きました。

うまっ!!

大きいサイズなのに、軽い食べ心地です。

美味しいです。とても。

これは人気店なのも納得ですわ。

お餅部分が肉厚なのですが、それすら美味しい。

とても満足致しました。

いやぁ、今日在宅勤務にして良かったワ。

チャンスがあれば一度お店にいってみたいと思います。

会社帰りにツッカベッカライ カヤヌマに行きたくなったら、

ついでに行けるかも。





にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

散歩日和。

image
赤坂御用地の木々も紅葉はまだっぽい。

本日は神宮外苑界隈を散歩しておりました。

爽やかな陽気で、絶好の運動会日和でもあったようです。

まだまだ紅葉は先のようでして、

風は強めで日陰は肌寒いものの、日向は丁度い感じ。

どこぞの公園でボーっとするには良い日和だなぁと思うものの、

混んでいると思われるので新宿御苑には向かいませんでした。

image
東京都道414号四谷角筈線からいちょう並木を望む。

image
クリスマスツリーとして飾り付けたくなる形状ですな。

image
いちょう並木の木漏れ日。

image
まだ青いイチョウの葉。

image
枝から落ちた銀杏の実が所々で見られます。

image
落ちている葉は黄色く色変わりしているんですよねぇ。
不思議だ。

image
聖徳記念絵画館前通りでは警視庁機動隊観閲式の練習中でした。

image
来月に本番があるのかな?

聖徳記念絵画館ってやはりカッコいいですよねぇ。

この辺りは新宿区と港区が入り組んでいて、

神宮外苑は新宿区なんですね。

でも、いちょう並木は港区なんだな、これが。

新宿区のイメージの多様さに驚かされたり、されなかったり。

久々にこの界隈を歩きましたが、

今がベストシーズンだって気がしました。

もう少し気温が下がってくると、

近くにカフェがある場所の方が暖を取れて休まる気がするし。

明日も寒暖差は今日と同じで晴れる予報。

マグボトルに温かいお茶をを入れて、

ゆっくりと東御苑を散策するのも良いかもなぁ。

image
青山一丁目のスタバも割と空いてました。
皆さん郊外に出かけているのかも。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区赤坂『伝統工芸 青山スクエア』で尾張仏具の彫金技法で作る香立を製作体験する。

image

青山一丁目にある『伝統工芸 青山スクエア』に行って参りました。

ここで伝統工芸の製作体験ができると知り、

是非ともやってみたいと思ったからです。

☑製作体験
image
尾張仏具の装飾金具「錺金具」の彫金技法で作る香立
 サイズ(約):横幅9.2 × 奥行3.2 × 高さ1 cm
 素材:銅

image
 日程:10月22日(金)~28日(木)
 参加費:1,100円(税込)
  ※予約不要・随時受付
  ※最終日は16時までの受付

前日にインスタライブを見ていたため、

猛烈に何かを作りたい気持ちになって居りました。

伝統工芸士に教わりながら1,100円(税込)で何かを作れるなら、

もの凄く安いと思えましたし。

先ずはレジでお支払いをしてから着座。

image

ざっくりと手順を教わり、何度か試し打ちをしてから、スタートです。

image
二種類のデザインから選んだのはコチラの模様。
細く下線が入っているところを本格的に打っていきます。

image
道具類はいろいろありまして、線に応じで使い分けます。
鏨を打つのはイメージしていた以上に力加減が難しいです。

image
最後は成形して貰って完成です。

image
歪な感じが逆に味わいだと思えなくもない。
コーティングはして貰わず、経年劣化に任せることにしました。
酸性の何かで磨けば輝くのでそれをするのも楽しいかもしれん。

よくよく考えたら我が家にお香は常備しておりませんでした。

いっそ茶さじとして使おうかしらと思わなくもない。

(茶葉もないけど)

完成品の出来はともかく短時間ながら夢中になれたので、

とても良いレクリエーションとなりました。

同施設内では他にも製作体験を受け付けていましたが、

ワタクシは本日はこれにて終了です。

目が悪いので手元への集中力が続かないんですよねぇ。

制作体験は「芸術の秋」を味わった感があり、

なかなかに楽しいので、

今後のイベントにアンテナを張って

機会があればどこかで参加しようと思います。

農業体験も良いなぁ~。



image
【伝統工芸 青山スクエア】

東京都港区赤坂8-1-22(青山一丁目駅下車)
営業時間 11:00〜19:00
定休日:年末年始
https://kougeihin.jp/
https://www.instagram.com/aoyama_square/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区赤坂1丁目『ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー』のストロベリーケーキに萌える。

image
ストロベリーとピスタチオのエクレア 650円(税込)

本日は社外での長時間会議でごっつい疲れたため、

近くのインターコンチで甘いものを買って帰ることにしました。

大昔に伯母と来た記憶があり、お高いケーキだったと思うのですが、

今となってはある種、ホテルとしては普通の価格かなという印象。

30数年でかなり物価が上がったんだなぁと実感しました。

ショーケースに並ぶケーキは、目を引くビジュアルのものばかり。

なかでも即決したのが下のストロベリーケーキでした。

image
ストロベリーケーキ 650円(税込)
ストロベリークリームとバニラクリームが入っています。
ビジュアルがツボ過ぎて悶えるレベル。

image
空腹だったので、ストロベリーメロンパン 333円(税別)、
酒あんぱん 315円(税別)なども購入しました。

可愛すぎて食べるのが勿体ない気がする。

これは女の子が大喜びしそうなケーキですね。

すっごく可愛くて、じーっと眺めてます。

ちなみにエクレアは瞬殺で胃袋行きでした。

ピスタチオってだけで購買意欲が湧くのはなぜだろう?

美味しさ保障感があるよね、ピスタチオって。

一緒に買ったパンはとりあえず置いといて、

眺めるのに満足したら

ストロベリーケーキを食そうと思います。

その前に入浴してこようかな。



image
【ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー】

Pierre Gagnaire Pains et Gateaux
ANA InterContinental Tokyo
東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京
営業時間 7:00~18:00
https://anaintercontinental-tokyo.jp/dine/pierre-gagnaire-pains-et-gateaux/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区赤坂『伝統工芸 青山スクエア』でJAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEKのエコバッグを貰う。

image

美しいものが見たくて、久々に『伝統工芸 青山スクエア』に行って参りました。

今は観光客が少ないので、店内が空いていて見易いのではないかと思ったからです。

正解でした。

ここに来ると物欲が湧きます。

今欲しいのは切子のおちょこ。

薩摩切子のそれが欲しいのですが、ボディに右ストレートを入れられるような衝撃価格。

やっぱりお高いのねぇ。

割とリーズナブルな価格の江戸切子も展示してあるのですが、良い価格の良い品を見ると、どうせならば良いものが欲しいよなぁと思ってしまうのです。

色はどれにするとか、大きさはほどほどが良いかななどと考えていたら、妄想で買った気になって満足してしまいました。

さて現在、「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK」というイベントが都内5エリア・30店舗で開催されています。

日本各地で作られる伝統的工芸品を、東京の素敵な30のライフスタイルショップで紹介し、「創り手」「売り手」「使い手」をつなぐ応援イベントです。
 ◆開催期間 2020年9月4日(金)~2020年9月17日(木)
 ◆https://jtcw.jp/2020/

詳しくは上記のサイトをご覧いただくとして、以下の2つの参加方法によるプレゼントキャンペーンも実施中でした。

  1. 参加店舗を巡り、スタンプを5個集めて、くじ引き1回チャレンジ!
  2. 参加店舗で対象の工芸品を購入して、くじ引き1回チャレンジ!

ワタクシは「2」の参加方法でくじ引きをして参りました。

本日購入したのは手ぬぐいです。

image
最近キッチンで手拭いを使っているのです。
乾くのが早いしとても便利。


image
世界遺産になった御陵がある堺市がモチーフでした。

ちょうど良い機会だと思ってポイントカードを作ったら、エコバックを頂きました。

で、先のくじ引きのオマケとしてもエコバッグを頂いちゃいました。

image
ビニール入りの方がポイントカードのオマケ。
サイズも柄も同じものです。


image
くじ引きで貰ったのは因州和紙の懐紙です。
それ以外は追加のオマケ。

今日と言う日に「行こう」と思ったタイミングが良かったようです。

他店も巡ってみたいけれど、物欲が刺激されて大変なことになるだろうなぁ。

特に奥会津編み組細工は欲しいものがあるので、吉祥寺まで行きたいのだけれど、

人が多そうで気合が入らないので、浅草辺りでお茶を濁そうと思っているところです。

今日は目に楽しい時間を過ごすことができて、脳に栄養を与えられた気分。

引き続き、週末は美術館にでも予約を入れてみようかな。



image
【伝統工芸 青山スクエア】

東京都港区赤坂8-1-22(青山一丁目駅下車)
営業時間 11:00〜19:00
※当面の間は短縮営業のため11:00~18:00
定休日:年末年始
https://kougeihin.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区赤坂『伝統工芸 青山スクエア』で来年の干支にちなんだ伝統工芸品を入手する。

image


地下鉄の青山一丁目駅からほど近い『伝統工芸 青山スクエア』は、

一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会が運営しており、

経済産業省指定の伝統的工芸品を中心に展示・販売している、日本で唯一のお店です。

長らく足を運びたいと思っていたのですが、本日、ようやく野望が叶いました。

夕方から用事があったので、滞在時間は1時間だけでしたが、

じゅうぶんに満喫できました。

この日、ワタクシが入手したのは以下の品々です。

image
[樺細工たたみもの アクセサリー]
【樺細工たたみもの】
磨いた樺を何枚も貼り重ね、厚くしたものを様々な形に彫刻する技法です。彫刻した断面には美しい幾重もの層が現れます。極限まで磨くため樺本来が持つ光沢を放ちます。
【角館工芸協同組合】http://www.kabazaiku.com/index.html

image
同じ模様のものは二つと無いため、
商品が複数あれば選ばせてもらえます。


image
裏はこんな感じ。

_CIMG4773
外国製の木の皮細工が類似品として出回っているそうです。
ここで買うものなら、100%信用できますね。


秋田の樺細工はワタクシの憧れの伝統工芸品です。

未だに角館には行っておりませんが、いつかは行きたいと思っています。

昔は茶筒や文箱ぐらいしか東京では見ませんでしたが、

最近は様々な製品が造られているようで、

ここ青山スクエアでも複数商品が展示してありました。

樺細工のアクセサリー以外に購入したのは、

「奄美大島紬 泥染めの技特集」と題された

この日までのイベントで展示してあったもの。

奄美大島は来年、世界自然遺産に登録される予定なんだとか。

東京からは直行便で2時間程度で行けるそうです。

それを踏まえて、来年の干支にちなんだ品を選択いたしました。

猫や熊もあったので、干支を意識して作られたのかは不明ですけど。

image
「仁左エ門工房」の奄美大島紬を使った犬のぬいぐるみ。
1,080円(税込)
大島紬の特徴でもある泥染めは、絹の着用禁止令を受けて、花嫁衣装に持って行きたい一心で田んぼに埋めて隠したところ、土中の鉄分と反応し、見事に染め上がったのが起源と言われています。

image
奄美大島紬らしい泥染めによる布地を使っており、
首の紅い紐が目立って可愛いと思った一品を選択しました。
布地の模様や色は様々で、同じものはありませんでした。


image
これはエモンくんという名前らしい。


干支の飾りとして、来年年始に玄関に飾ろうかなぁと思っています。

いい買い物をしたかも。

image
紙袋にも伝統的工芸品のシンボルマークが入っています。


image
【伝統工芸 青山スクエア】

東京都港区赤坂8-1-22 1F
営業時間 11:00〜19:00
定休日:年中無休(ただし年末年始を除く)
http://kougeihin.jp/aoyama/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区赤坂 東京ミッドタウン『ICE MONSTER(アイスモンスター) POP UP SHOP』でマンゴーかき氷を食べてきた。

ICE MONSTER
3月15日(火)~8月31日(水)までの夏期限定ショップだそうです。
お昼時だからか場所柄なのか、ごっつい空いていました。
表参道店は長蛇の列なのに・・・


ICE MONSTER
テイクアウトカップでの提供の場合、店内で食べるよりも安いです。



本日は朝から千葉県民Tと東京ミッドタウンに広重展を観に行って来ました。


サントリー美術館館内は混み込み。


年齢層は高めですが、お子さんたちもチラホラ居ました。


広重で情操教育ですかね。


シブいな。


鑑賞後、館内をぶらぶらしてから地下へ。


そこでかき氷のポスターを発見しました。


台湾かき氷に反応する千葉県民T。


二人だけですが、満場一致で立ち寄ることにしました。


あら、アイスモンスターだったのね。


って、入ったことはないけれど。


入口で先に注文&支払いをしてから店内に入る仕組みらしい。


ICE MONSTER
[マンゴーかき氷 1,500円(税込)]
テイクアウトだと300円安いです。


ICE MONSTER
濃厚なマンゴーアイスブロックを削ったものに、
マンゴーシャーベットとパンナコッタ、果肉をトッピングした重量感ある一杯。


ICE MONSTER
台湾では定番商品だってことで、迷わずこれを選択しました。
果肉のマンゴーがとろっとしていて激ウマ。


ICE MONSTER
このキャラクターはオジサンなのだろうか?

ICE MONSTER
[タピオカミルクティーかき氷 1,000円(税込)]
右手はキャラメルシロップ、左手は暖かいタピオカ。
さっぱりしていて食べ易そうでした。


ICE MONSTER
ビニール紐で作った応援チアポンポンみたいですな。
(モップみたいとも言える)



よくよく考えたら食べるのは今年初でも無かったかき氷


6月初旬で既に2つも食べているってことは、


もしかしたら今年は“かき氷を食べる年”なのかもしれん。


・・・とボンヤリ思ってみたリ。


今回初めてアイスモンスターのかき氷を食べましたが、


美味しいけれど、量が多い。


これはガッツリとカロリーを摂取しても消費できる若い子が食べるスイーツですな。


これを食べたことにより、その後は満腹で何も食べられませんでした。


ああ、年取ったわ・・・・・・




ICE MONSTER
【ICE MONSTER(アイスモンスター) POP UP SHOP】
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ガレリア B1F
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:東京ミッドタウンに準ずる


【にほんブログ村】

港区赤坂3丁目『レストラン 河鹿』のAランチがおいしかった。

河鹿
Aランチ(ハンバーグ&コロッケ) 790円




午前中に所用で赤坂見附に居たもんで、ランチを摂ってから帰社することに致しました。



昭和38年創業という『河鹿(かじか)』という洋食屋さんをセレクト。



中はバリバリ居酒屋風でしたが、真黒田さん曰くそこは別館だったらしい。



真黒田さんは生姜焼を頼み、



ワタクシは大好物のハンバーグとコロッケのセットを迷わず注文。



これが手作り感みちみちの、とても美味しいセットでした。



コロッケはパンパンに膨れ上がって具がいっぱい感が半端無いし、



ハンバーグは手捏ね感みちみちで、ソースもシンプルでヨロシ。



しかも値段が790円だなんて、なんつーコストパフォーマンスだ。



感服致しました。



また是非来たい!!




【にほんブログ村】

東京ミッドタウン内『IDEE CAFE』でtodays smoothyを飲んだら美味かった。

IDEE_CAFE
[todays smoothy 650円]

IDÉE SHOP/IDÉE CAFÉ PARC(イデーショップ/イデーカフェ パルク)
営業時間:11:00~21:00(L.O.カフェ20:45)



サントリー美術館を出て、猛烈に咽が渇いていたもんで、


ミュージアムショップに居た母に声をかけてイデーのカフェにやって来ました。


普段ならばアイス珈琲を頼むところなれど、


今日はフルーツな気分。


ゆえに、オススメだと言われるままに、本日のスムージーを注文致しました。


ベリーとバナナですって。


ごっつい美味しかったのだが、出来ればスプーンで食べたかったかも。


と初っ端は思ったものの、今日の暑さは強烈だったようで、


どんどん溶けるアイス感。


あっという間に吸引力のそれ程要らない飲み物になりました。


室内でこれほどとは、今日の屋外はいかほど?


東京の良いところは、屋外に出ずとも移動が出来るところですな。


7月初旬でこんなに暑いってことは、今年の夏もさぞや・・・


【にほんブログ村】

東京ミッドタウン内『サントリー美術館』で“紅型”を観てきたよ。

東京ミッドタウン
【東京ミッドタウン ガレリア3階付近】
東京都港区赤坂9-7-4



サントリー美術館で“紅型”を展示しているということで、本日は大江戸線で六本木に行ってきました。


初めて東京ミッドタウンに行ったけど、大江戸線六本木駅から直ぐなのな。


知らんかったわ。


六本木はワタクシにとっては鬼門なので、殆ど行かない主義ですが、


美術展となれば行かねばなるまい。


でも行ってみたら、東京ミッドタウンは地名からして赤坂やん!!


六本木という名称はいかがなものか?


と、六本木嫌いのワタクシとしては“紛らわしい!!”感に鼻息も荒く施設を散策致しました。


サントリー美術館
7月22日まで開催中の“紅型”展。
沖縄復帰40周年を記念して開催されているようです。



実はワタクシ、仲間由紀恵さんが好きです。


アンチも多いみたいですが、ワタクシは彼女が好き。


昨年はNHK BSドラマの「テンペスト」を録画して見ました。


あれは琉球王朝が舞台のドラマ。


初めて琉球王朝に興味が湧いたドラマでした。


ゆえに今日は、そのドラマ視点で衣裳を観ました。


会場内はだだ混み。


マダム率激高。


しかも薀蓄を語るマダム率も激高。


面倒くせえなぁ~。


静かに見てくれよ~。


と思ってみたり。


ワタクシ的には、年表が一番面白かったです。


尚王家について調べてみたいなぁと思ったほどに。


衣裳は確かに素晴らしかったのですが、


出口を出た頃に残ったイメージは、周囲のエネルギッシュなマダム達の井戸端トークでした。


美術は静かに観たいものです。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。