sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

谷中

台東区谷中『ウサギノネドコ東京店』で気になっていた「こうぶつヲカシ」を入手する。

image

京都にある『ウサギノネドコ』の2号店が谷中にあります。

鉱物や世界中から収集した標本や

それに類する作品を展示販売するお店です。

ちょっと他には無い感じかも?

実はワタクシ、コレクションしてはいないものの鉱物好きです。

コレクションしない理由は、鉱物はお高いから。

欲しいと思うものには手が出せないってのが正直なところです。

糸魚川で拾ったものとか、台湾で買ったものとか、

大昔に太宰府天満宮の境内の骨董市で買ったもの、

東京の本郷にあった骨董店で買ったものぐらいしか持っていません。

昔、会社関係の登山の会に入っていたのも、

山で石とキノコを見るのが好きだったからなんですよねぇ。

自分の身体が重くて持ち運べなくなってからは脱会しましたけど。

さて、今日ここに足を運んだ目的は鉱石を買うためでありません。

鉱石を模した琥珀糖(和菓子)がございまして、

欲しいと思っていたその「こうぶつヲカシ」が

このお店にも置いてあると知ったからなのです。

オンラインストアの価格よりはお高いとは思いますが、

あちらは予約商品だったりするし、

福岡県からだと送料もかかるので、

ここで手に入るなら有難いです。

image
こうぶつヲカシ 3,780円(税込)

image
日持ちは2週間程度です。

お菓子とは別に、

良い感じの鉱石があれば購入することを考えていましたが、

今回は惹かれるものがなかったのでお菓子のみ購入。

今回入手した琥珀糖も常時あるものではないようですが、

美味しかったら入荷のタイミングでまた買いに来たいなぁ。

ちょっと歩くけど。

鉱物を見て目と脳が楽しみ、琥珀糖を食べて舌が喜ぶ。

最高かも。



image
【ウサギノネドコ東京店】

東京都台東区谷中2-3-3
営業時間 [平日]12:00~19:00,[土日祝]11:00~19:00
定休日:水曜
https://www.instagram.com/usaginonedoko_tokyo/
http://www.usaginonedoko.net/tokyo/shop/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』でコッペパンを5個買ってきた。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くの谷中にあります。

前回食べて美味しかったので、ちょいと調達しに行って参りました。

image
コッペパンはジャムなどのトッピング
が可能(+80円

image
コッペパンを5個購入しました。
計600円(税込)。

谷中界隈にはそれなりら人が多そうでしたが、

この付近は空いています。

このパン屋さんが穴場なのかもしれん。

置いているものはコッペパンやあんぱんでして、

シンプルだけれども美味しいと思います。

コッペパンには調理した具材を挟むつもり。

絶対美味しいと思う。

あとで麺を買いに行って焼きそばパンにしようかとも想像中。

そんな感じで、まだまだパン食は続きそうです。




image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』のレアなおはぎ(牡丹餅)を買いに行く。

image

今日はあいにくの風雨。

あまり濡れたくないなぁと思ったため、

台東区のコミュニティバスを利用して

『谷中岡埜栄泉』まで行って参りました。

先日豆大福を買って美味しかったのですが、

今日はお彼岸限定で出るおはぎ(牡丹餅)が目的。

粒あんとこしあんの二種類だけかと思いきや、

きな粉もあったため豆大福を買うのは次回にして、

三種類一つずつ購入しました。

image
賞味期限は当日中。
時間とともに固くなるので早めに食べるのがオススメです。

image
きな粉も売ってました。

image
帰宅後、短時間お供えしてから頂くことにしました。

おはぎ(牡丹餅)の販売は今日までだそうです。

雨なので客足が鈍いのではないかと呟いて居られましたが、

お墓参りをする方を頻繁に見ましたので

大丈夫だといいなと思っているところです。

帰宅後二つ食しましたが、やはり美味しい。

食感がムチムチしていて歯が気持ちいいっつーか。

若干の塩味も感じられて、サッパリと頂けました。

甘さは控えめかもしれん。

次におはぎが食べられるのは秋になりますが、

その間は豆大福を買いに通おうと思います。

コミュニティバスを利用すると上野駅からワープできて

今日みたいな天気の日には便利かも。

image

結構咲いている枝もあったけれど、

全体的には来週末が桜の見ごろかもなぁ。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

上野駅から日暮里駅まで歩く。

image
空を見上げたら、木の枝が肺の毛細血管のようだった。

テレワークが続いたので歩かねば。

ってことで、本日は上野駅から日暮里駅まで歩いて参りました。

桜の季節はまだだから、普段よりは結構空いているんですね。

って、早朝だから空いているのか?

上野公園内のスタバは混んでるみたいだったけど。

桜はまだですが、シャガは咲いていました。

image
まだ蕾が多いけれど。

春めいて来ましたなぁ。

少し気になったのは、上野公園におじさん達が集まりつつあるのかな?ってこと。

ブルーテントは無いけれど、縄張りについて話し合っているのがチラリと聞こえました。

春めいて来たとはいえ、またまだ朝晩は冷えるので、少し気になりました。

って、ワタクシには何もできませんけれど。

image
菊が咲いているのを見たら、春菊が食べたくなりました。
食欲の春です。

さて、上野公園を出て谷中霊園に向かいます。

自転車に乗った警察官をよく目にしますが、春の交通安全運動って今だっけ?

よく分かりませんか、桜が咲く頃になったら、ここも人出が多くなるんでしょうね。

ってか、谷中霊園にお墓があると、お参りし易くて良いよなぁ。

今話題の渋沢栄一のお墓もあるらしいし。

都内に5年以上住んでいたら使用者として応募できるみたいですが、競争率は高そう。

谷中霊園を抜けると、日暮里駅の南改札口があります。

しかしここを通り過ぎて北改札口へ。

エキナカを楽しむなら北改札口ですもんね。って何も買わなかったけれども。

image
JR日暮里駅の改修工事が終わって綺麗になっていました。

image
駅のロゴが猫をイメージしたものだった。駅まで猫推し。
ってか、日暮里駅って荒川区になるんですね。

谷中といえば猫のイメージですが、ワタクシはあまりこの辺りで猫を見たことがありません。

居るところには居るんでしょうけれど、ほぼ見ない。

地域猫もどこかで保護されている場所があるのかもなぁ。

さて散歩はこれにて終了ですが、歩くならば上野から日暮里へ向かう方がラクです。

高低は上野の方が高いのだと思われます。

双方、上野台地の端で台地上にあるので高低差はさほど無いとは思うものの、そう感じます。

何度も歩きたいとは思いませんが、春ならばちょうどよい散策ルートになるかも。

本日の歩数は8,000歩強。

想像したよりも歩いてなくて、達成感も無くなりました。

ワタクシの場合、丸の内界隈を歩く方が歩数が稼げるのはなぜなのか?

うーむ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を買いに行ってお店のファンになる。

image

明治33年創業の『谷中岡埜栄泉』。

江戸時代から続く岡埜栄泉の屋号を暖簾分けされたお店です。

現在の建物は戦後すぐに再建されたものですが、看板だけは創業時のもので、戦時中はお寺に預けて難を逃れたそうです。

大福で有名な『岡埜栄泉(または岡野栄泉)』と名の付くお店は東京に三十店舗以上あるらしいですが、暖簾分けと、そうではない店舗があるみたいです。

確かに別ものなんだなぁとここの豆大福を食べて実感しました。(岡埜栄泉についてはこんな面白い記事がありました)

ちなみにワタクシは豆大福は群林堂のが一番好きです。ながらく食べていないけれど。

ウチからだと中途半端な場所にあるので、歩くのに気合が必要なんですよねぇ。

さて、今回初めて訪問してみた『谷中岡埜栄泉』。

ご家族で豆大福を作っているそうですが、大変美味しいです。

image
ショウケースには人形など細々としたものが入っています。
一瞬、「商品はどれだ!?」と思いますが、
ここでは定番品が決まってるので迷うことはありません。
「豆大福ください」という言葉で事足ります。うん。


image
豆大福を2個と、栗饅頭を1個買ってみました。
計800円(税込)なり。

image
豆大福はその日中ですが、栗饅頭は少しだけ日持ちするそうです。

帰宅後すぐに一個食べ、夕方に残り一個を食べましたが、帰宅後すぐの方が断然美味しい。

いや、数時間経っても美味しいっちゃー美味しいのですが、午前中に食べる方が、つきたてのお餅がトロトロで柔らかく、まるで飲める豆大福って感じです。

実際に飲んだらヤバいのでそこは推奨しませんが、感想としてはそんな感じ。

こしあんの滑らかさと少しの塩気、赤えんどう豆の風味が混然一体となって口の中で広がります。

ウマ~っ。これはリピ買いですわ。

当初買う予定のなかった栗饅頭ですが、訊くところによると刻んだ栗が白あんに混ざって入っているそうです。

大きな栗一つだと齧った場所で味に差が出るので、あえて刻んだ栗にしているのだとか。

ついでに期間限定品である「おはぎ(ぼたもち)」について予定を訊いてみたところ、17日から出そうと思っているそうです。

(2021年の春のお彼岸は3月17日(水)から3月23日(火)まで)

20日と21日の土日は確実に出すと聞きましたので、その頃に再訪しようかなと思っております。

でもお彼岸だし、谷中霊園があるし、桜が綻びそうだし、混んじゃうかもなぁ。

まあ、そんなこんなでここの豆大福はワタクシの中で上位ランクに躍り出ました。

やはりその場で作っているお店は強いよねぇ。

建物も好みだし、場所も良いし、今後は豆大福が食べたくなったらここも候補に入れようと思います。

今日の出会いに大満足のワタクシです。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』のあんぱんとコッペパンが美味。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くにあります。

日暮里駅近くってよりは谷中にあると言うのが正しいのかも。

前から気になってはいたのですが、

今まで行く機会がありませんでした。

看板が出ていなければ場所が分からないだろうと思えるお店で、

民家の一角でパンを焼いて居られる感じです。

パンの種類はそれほど無いものの、

食べてみたら結構ワタクシの好みに合致する味でした。

って、言うほどパンの違いが分かるわけではないんですけどね。

image
あんぱんとコッペパンが主力商品っぽい。
価格も手ごろです。

image
コッペパンには+80円でトッピングができます。

image
持ち帰り時にへしゃげたコッペパン。
それはそうとレーズン食パンがあったので購入しました。
焼いたのは昨日だとのことで値引きしてくれました。

image
あんぱんの中はこしあんです。
これ、めっちゃ好き!

image
朝早かったからか、まだ焼いている途中のパンもあったみたいです。

コッペパンもかなり美味しいです。

次回はコッペパンを複数買って冷凍保存しておきたいなぁ。

そして自分でお惣菜を作って挟んで食べたい。

連日行くには躊躇われるエリアなので(混むから)、

次回は桜が終わる頃に再訪したいと思います。

個人的にはオススメです。



image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『カヤバ珈琲 Est.1938』で朝食を。

image
[カヤバ珈琲]
寄棟造,木造二階建。
大正15年築(推定),平成20年改修。

台東区景観コンクールまちかど賞を受賞しているカヤバ珈琲。

谷中では一番人気なんじゃないかと思えるほど有名な喫茶店です。

この付近のランドマーク的存在でもあり、外国人観光客にも人気のお店です。

本日は三連休中日の日曜日ゆえに混むかと思い、

午前中の早い時間に向かうことにしました。

それでも既に表で待つ人が数名居りまして、しばらく待ちました。

image
平成20年から経営者が変わっていますが、
家具やカウンターは既存のもの。


image
モーニングは100円引きになるみたい。

image
母は名物の「たまごサンド」を、ワタクシは「ハムサンド」をチョイス。

image
「ハムサンド」に使われているハムは腰塚ハムのものだそう。

image
珈琲とカフェラテで迷う。

image
でもカフェラテを選択。理由はラテアートが気になったからです。

ハムサンドは結構ボリュームがあり、満腹になります。

モーニングとしては贅沢で、お得なんじゃないかなぁ。

並んでまで入りたいという気持ちが分かる気がします。

母から「たまごサンド」を一つ貰いましたが、

塩味のシンプルな卵焼きながらも、ふわふわで美味だと感じました。

うん、これは名物だってのも頷けるわ。

二階はお座敷で、外国人観光客に人気なのだとか。

ワタクシは椅子席がある一階で良かったと思っています。

膝がぁぁぁぁぁ。

大変満腹になったので、

これからトーハク方面に向かいたいと思います。

現在10時よりちょい前。

街に人が増えてきました。



image
【カヤバ珈琲 Est.1938】

東京都台東区谷中6-1-29
(JR日暮里駅から徒歩10分,地下鉄千代田線根津駅から徒歩10分)
営業時間 [火~木・日]8:00~18:00,[金土]8:00~21:00
定休日:月曜、年末年始
https://www.instagram.com/kayabacoffee/


【にほんブログ村】

台東区谷中『ヤナカ スギウラ』で母とディナーを満喫する。

スギウラ



事前に予約をして、母とヤナカスギウラに食事にやって参りました。


本日のワタクシは12時間以上動き回っていたため、


お店に着く頃には猛烈に疲れておりました。


そして喉も渇いていたので、アルコールはビールを注文。


一口目の美味しさを満喫したものの、若干残すことになってしまいました。


スギウラ
瓶ビールで供されるので、手酌にて。

スギウラ
毎度おなじみのピンチョス。
これで二人分になります。


スギウラ
グリーンピースのスープ。

スギウラ
海草を入れたバター。あおさの香りがします。

スギウラ
前菜は追加料金を加算し、前回美味しいと思ったものに変更しました。
ズワイガニと雲丹とトリガイの乗った菜の花のムースとコンソメジュレ。


スギウラ
魚のメイン。

スギウラ
肉のメインは牛テールにしました。

スギウラ
今回もデザートにはフロマージュブランをチョイス。
苺はやよいひめ(群馬県のブランド苺)でした。


スギウラ
スイカは群馬県産の小玉スイカ。
気に入ったので、今度デパートで買ってみようと思います。


スギウラ
今回はハーブティを選択。
レモンバウムがスッキリして美味しく感じられました。



料理は前回とほぼ同じ内容でした。


オプションのメニューが変わるのかもしれませんね。


次回はランチで再訪してみたいと思います。



スギウラ
【ヤナカ スギウラ】

東京都台東区谷中5-9-23
(JR日暮里駅から徒歩5分ほど,朝倉彫塑館の向かいです)
営業時間[火]18:00~20:30[水~日]11:30~13:30,18:00~20:30
定休日:月曜


【にほんブログ村】

久々にフレンチのディナー。

ヤナカ スギウラ
今まで食べたアミューズの中で最も感動した贅沢な一品。
菜の花のムースの上に贅沢な魚介がのっています。




昨晩は谷中で食事会がございまして、足利から直行致しました。



普段、写真はデジカメで撮っているのですが、



今回はスマホのカメラを使用。



しかし今後はデジカメで撮ろうと思います。



それはともかく、この日はフレンチのお店に予約を入れました。



谷中にあるお店で、今回初めて利用したのですが、



大変満足する内容でした。



料理はコース3種類のみ。



その真ん中のコースを予約し、その他はワインに費やしました。



全ての料理を写真に撮った訳ではないのですが、内容は以下です。



ヤナカ スギウラ
スープ仕立ての平目を使った一皿には
ホタルイカが乗っていました。


ヤナカ スギウラ
分厚いポークのソテー。野菜類も美味しかったです。

ヤナカ スギウラ
デザートは二択。
もう一方はチョコを使ったものでしたので、こちらを選択しました。


ヤナカ スギウラ
プチガトーとスイカも出ました。




とても満足な内容だったので、また是非、仕事関係でも利用したいと思います。





ヤナカ スギウラ
【ヤナカ スギウラ】

東京都台東区谷中5-9-23
(JR日暮里駅から徒歩5分ほど,朝倉彫塑館の向かいです)
営業時間[火]18:00~20:30[水~日]11:30~13:30,18:00~20:30
定休日:月曜



【にほんブログ村】

谷中@壱景。

エフナイン
[F9(エフナイン)]
東京都台東区谷中2-5-14
営業時間 10:30~18:00
定休日:火曜
 へび道にあるお店です。
隣の角を曲がった辺りが亀の子束子谷中店。


エフナイン
ランチもやってるらしいです。

谷中
三崎坂(さんさきさか)を上った辺りにある古い長屋。
風情があって良い感じです。

【開運 谷中堂】
東京都台東区谷中5丁目4-3
営業時間 10:30~17:30
定休日:年中無休(夏休み・お正月休み以外)
http://www.yanakado.com/


谷中
「猫衛門」という看板だけあって、何のお店かは分かりませんでしたが、
8月30日にカフェがOPENするそうです。
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜,火曜


谷中
[荻野]
東京都台東区谷中5-2-5
定休日:火曜
http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/1222.htm
昭和38年創業の和菓子屋さんです。


谷中
[tokyobike gallery 谷中]
東京都台東区谷中4-2-39
営業時間:平日11:00-19:00 土日祝11:00-18:00
定休日:水曜,木曜
https://www.tokyobike.com/store.html


谷中
[kokonn(ココン)]
東京都台東区谷中6-3-8
営業時間 11:00〜19:00
定休日:水曜
http://kokonn.net/
次回は入ってみようと思うカフェ&雑貨屋でした。


小倉屋建物
[すぺーす小倉]
享保年間(1716〜1735年)から昭和15年まで営業していた小倉屋質店の建物。
今はギャラリーとして利用されています。
夏季恒例整理休館:7月21日〜9月4日
東京都台東区谷中7-6-8


小倉屋建物
大正時代に建てられた土蔵。

小倉屋建物
文化財に指定されています。

谷中
[香隣舎(こうりんしゃ)]
明治時代の商家で、現在はコミュニティ スペースとして利用されています。


谷中
「まちかど賞」を受賞している建物らしいです。

谷中
[トラモント]
東京都台東区谷中7-17-11
ランチ営業時間 12:00~14:00(13:30L.O.)
※火曜日のランチは休み
定休日:月曜


朝倉彫塑館
[朝倉彫塑館]
東京都台東区谷中7-18-10
http://www.taitocity.net/taito/asakura/


谷中
手前が「大沢銅壷店(銅菊)」、右側が「吉川錻力(ぶりき)店」。
東京都台東区谷中5-11辺り


谷中
東京都台東区谷中7丁目18-13辺りの露地。
奥の呑み屋に心惹かれます。


コンビーフ
「コシヅカハム」の自家製コンビーフ。
TVなどで何度も取り上げられて大人気だそうで、売り切れることもあるそうな。

【千駄木腰塚】
http://www.koshizuka.jp/


コンビーフ
肉の繊維は長め、太め、シッカリめ。
これはお土産に喜ばれそうです。
(1,000円余裕で超えるお値段だけど)




何度訪れても新しい発見(または新しいお店)がある谷根千界隈。



大人気エリアなのも納得です。



美味しいものもいっぱいあるし、そもそもカフェが多いし。



休憩する場所が(ただし路地裏に)沢山あるのが有難いですね。



達人にはなれませんが、これからも散歩し続けたいと思う界隈です。




【にほんブログ村】

台東区谷中『乃池(のいけ)』で母に穴子寿司をご馳走になって来た。

乃池




母オススメの『乃池』の穴子寿司。



実は昨日、ここでランチを摂ろうと谷中にやって来たのですが、



既にランチが終わっていて断念。



本日、再度チャレンジすることに致しました。



11時30分開店なので、それより前に並ばないと入店できません。



約30分ほど並び、入店致しました。



メニューには様々なものがありますし、ネタも眼前に並んでいるのですが、



同店初心者のワタクシとしては、看板メニューを頼むのがベスト。



ってことで、お高いのですが、穴子寿司を注文しました。




乃池
[名代 穴子寿司 2,500円(税込)]
写真の許可を貰ったら、OKの後に「タレが溶けるので早めに食べてね」と言われました。
タレに砂糖があまり入っていなくてサラサラしてるってことなんでしょうかね。


乃池
穴子はかなり柔らかめ、タレには殆ど甘さを感じませんでした。




実はワタクシ、長い魚が大好きです。



鰻、穴子、鱧、太刀魚。



特に「鰻は飲み物」と広言しております。



穴子も大好きですが、願わくばタレ(煮ツメ)は甘めがいい。



『乃池』の穴子寿司を食べて思ったことは、



これは日本酒と一緒に食べたい寿司だなってことでした。



それと、ここの穴子寿司は咬まずに「飲める」。



もう数十年歳を重ねたら、ここで日本酒片手に穴子寿司をちびちび食べたいですね。



そんなこんなで、ご馳走様でした。





乃池
【乃池(のいけ)】

東京都台東区谷中3-2-3
営業時間 [昼]11:30~14:00 [夜]16:30~22:00
[日・祝]11:30~20:00
定休日:水曜
http://www.sushi-noike.com/



【にほんブログ村】

台東区谷中3丁目『マミーズ・アン・スリール』で売切れ御免のカスタードピーチパイを買ってきた。

カスダードピーチパイ
[カスタードピーチパイ 700円(税込)]

カスダードピーチパイ
桃の中にカスタードクリームが入っているんです。

カスダードピーチパイ
パイ部分がパリっパリです。




本日も谷中界隈にやって来たもんで、マミーズ・アン・スリールに立ち寄りました。



昨日、売切れて無かったカスタードピーチパイを買うのが目的。



夕方頃に無いのだったら、早い時間ならあるだろうと思い、



保冷バッグと保冷剤を持って訪問。



幸いにも有りました! カスタードピーチパイ!



(ちょっとテンションが上がった)



一つだけを買うつもりだったのですが、母は一人一つと思ったようで、



2ホール分購入。



直径15cmぐらいのサイズだから、食べられないことはない。



ゆえに、保冷バッグに2つ詰めてお店を後にしました。



帰宅はそれから2時間半後でしたが、



保冷バッグ内の保冷剤は固いまま。



やはりこの時期、保冷バッグがあると街歩きはより楽しめるなぁと実感しました。



それはそうとカスタードピーチパイ。



他店では見たことが無いです。



店に入ってくる量は少ないらしく、



開店時間に近いほうがゲットし易いのかもしれません。



帰宅後にソッコー食べてみましたが、



パイ生地がパリパリでカスタードクリームが甘すぎず、



ピーチも程よい食感と量でとても楽しめました。



一つを半分こして母と食べましたが、



こりゃ、一人一個、軽々食べられるわ。



機会があれば、次回も桃路線で攻めたいと思います。



アップルパイは通年あるから、冬でもいっかー的な。



カスタードピーチパイ、おすすめです。





マミーズ・アン・スリール
【マミーズ・アン・スリール】
http://mammies.co.jp/

[本店]東京都文京区西片1-2-2
[谷中店]東京都台東区谷中3-8-7
[東武池袋店]東京都豊島区西池袋1-1-25 地下1F
[ecute上野店]東京都台東区上野7-1-1 上野駅構内3F



【にほんブログ村】

台東区谷中の手づくりのブックカバーの店『旅するミシン店』でコースターを買ってみた。

旅するミシン店




エスプレッソ ファクトリーで地図を貰ったら、



『旅するミシン店』の店長・植木ななせさんが描いているものでした。



絵が可愛かったし、週末しか開いていないお店らしいので、



ちょっくら立ち寄ってみることにしました。



手作りのブックカバーを売っているらしいのですが、



ポストカードや缶バッヂなど、小物がいろいろありました。



その中でワタクシが購入を即決したのが下のコースター。



「らいちょうくん」というキャラクターだそうです。



旅するミシン店
[らいちょうくんのコップコースター 500円(税込)]

旅するミシン店
コップを置いてみた。

旅するミシン店
裏地はポップな柄でした。
(どさくさに紛れて下に敷いているのが店長さんが描いたという地図)


旅するミシン店
母はブックカバーを購入しました。

旅するミシン店
「遠州綿紬」という素材なので通常のものよりお高いそうです。




「らいちょう」と云えば、富山県。



連想したら、ごっつい行きたくなりました。



来月一泊旅行でもしようかなぁ~。



それはそうと、次回は新書サイズのブックカバーをワタクシも買おうと思います。



となると、また来週、だな。





旅するミシン店
【旅するミシン店】
東京都台東区谷中7-18-7-1F
OPEN 金・土・日・祝
営業時間 11:00~17:00
http://tabisurumishinten.com/



【にほんブログ村】

台東区谷中3丁目『マミーズ・アン・スリール 谷中店』の“いちごみるく”のかき氷がごっつい美味いっ!!

マミーズ・アン・スリール
[いちごみるく 500円(税込)]

マミーズ・アン・スリール
大量の凍った苺が入っています。
いちごミルクを凍らして削っているんでしょうね。
かき氷が得意ではないワタクシでもガツガツ食べられます。
ごっつい美味しかった!!




千駄木に来たもんで、母と『マミーズ・アン・スリール』に立ち寄りました。



希望はピーチパイを買うことだったのですが、既に売切れ。



致し方なく、かき氷を食べていくことにしました。



苺とマンゴーの2種類あるらしいのですが、二人とも苺を選択。



暫し店内の椅子に座って待っていたら、



写真の品が運ばれてきました。



めっちゃ苺やん!



かき氷が大好きな母は勿論のこと、



かき氷がそれ程得意ではないワタクシでも、サクサク食べられます。



ミルク味だから、やさしい口どけ。柔らかい舌触り。



大変気に入りました。



今年は例年になく、かき氷ばかり食べているワタクシですが、



これが一番好みかもしれん。



めっちゃ気に入りました。



次の週末も食べに来ようかな。



そう思わせてくれる、かき氷でした。



500円だし、オススメです!





マミーズ・アン・スリール
【マミーズ・アン・スリール】
http://mammies.co.jp/

[本店]東京都文京区西片1-2-2
[谷中店]東京都台東区谷中3-8-7
[東武池袋店]東京都豊島区西池袋1-1-25 地下1F
[ecute上野店]東京都台東区上野7-1-1 上野駅構内3F



【にほんブログ村】

台東区谷中『寺町美術館&GALLERY』で見た絵を買うかどうしようか猛烈に悩んでいる。

寺町美術館




母と谷中を散策中に偶然発見したのが『寺町美術館&GALLERY』。



“谷中で残したい建物100選”に選定されているそうで、



ギャラリーとして使っている部分は、元剣道場なんだそうです。



だから天井が高いのか。



さて、今は中国のアーティストさんの展示即売がされていて、



とてもワタクシ好みの内容でした。



寺町美術館
個展のハガキ。




中でも一枚、とても惹かれた絵がありまして、



給料日前じゃなかったら即買っていたかもしれません。



買って先月改修したトイレに飾ろうかなぁと思ってガン見していた次第です。



月末まで展示しているみたいなので、



来週になってもやっぱり欲しいと思ったら、買いに行っちゃうかも。





【寺町美術館&GALLERY】
東京都台東区谷中7-6-3
平日 11:00~夕暮れ
土日祝 10:30~夕暮れ
定休日:月曜
http://teramachi-artmuseum.com/



【にほんブログ村】

台東区谷中3丁目『がようし』は珈琲よりもお茶メニューの多いカフェです。

がようし
がようし
東京都台東区谷中3-14-5
11:00~20:00
定休日:水曜


がようし
[コーヒー 400円]
コーヒーメニューは一種類のみです。




谷中銀座すぐの場所にある小さな可愛いカフェ。



それが『がようし』です。



店舗名ゆえか、店内にはお客さんが描いたと思われるイラストが壁いっぱいに貼られています。



のんびりしたカフェって感じ。



現に我々より先に入っていたお客さんの誰一人、我々より先に店を出なかったもんな。



ランチの後で満腹だったもんで、ケーキ類を食べなかった我々ですが、



テイクアウトもできるみたい。



子供が喜びそうなケーキーが沢山あるみたいなので、



差し入れする時に使えるお店かも。



谷中銀座から直ぐの場所にあるので、暑さに疲れた時には便利かもしれません。



コーヒーは美味でしたが、紅茶の方がはるかに種類が多いので、



紅茶好きにオススメのお店なのかも。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。