sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

行田市

埼玉県行田市『翠玉堂』という超個性的なパン屋さんでマルメロソースを買ってみた。

image

行田市と云えば、毎度おなじみの『翠玉堂』。

ここの角食パンが好きです。

食べたくなって立ち寄ったのですが、この日は売り切れていました。

ちょっと個人的に目新しかったのが「マルメロソース」。

マルメロ(marmelo)はセイヨウカリンのことで、

英語ではクインス(quince)といいます。

カリンと同じく、果実酒やジャム、蜂蜜漬けに加工できます。

日本ではあまり見ませんが、長野県で栽培されているらしいです。

そんなマルメロソースを入手致しました。

開封しなけりゃ、半年はもつそうな。

開けたいような、置いておきたいような、複雑な気持ち。

とても良い香りなんですって~

image
全粒100%食パン(250円)はラスいちでした。
他にラスク(250円)とこしょうカシュー(210円)買っときました。


約二年ぶりに立ち寄ったのですが、お兄さんがシュッとしてました。

ダイエットしたのかしら、とぼんやり思ったり。

若いお客さんが頻繁に出入りしていて、

相変わらずの人気店っぷりです。

だから角食パンも売り切れてたのかなぁ。

次回に期待します。

image
駅前の地図にも載ってます。



翠玉堂
【翠玉堂】

埼玉県行田市行田5-7
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜~水曜
https://twitter.com/suigyokudo


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『高澤記念館』という国登録有形文化財の素敵カフェで久々にまったりする。

image
江戸時代から続く名主屋敷である『高澤記念館』は、高澤家住宅長屋門,高澤家住宅主屋,高澤家住宅離れ,高澤家住宅納屋,高澤家住宅土蔵の5棟が国登録有形文化財に指定されており、江戸時代末の豪農の様相を知る養蚕農家住居として歴史的価値が高い建物。現在は染色と陶芸の工房ギャラリー兼住宅として使用されています。


久しぶりに行田市の『高澤記念館』に行って参りました。

本日は埼玉県女流工芸作家協会の創設者である故・高澤英子先生を母とする

同協会2代目会長の滝沢布沙先生(藍染作家)が接客をされるというLucky dayでした。

image
国指定文化財に指定されている長屋門。

image
image
梅の花が咲き始めていました。


image
image
主屋の向かって右側がカフェです。


image
三和土には梅が生けられていました。2月ですなぁ。

image
毎度おなじみの席でまったり致します。

image
三種類の中から苺のショートケーキをチョイス。

image
アレンジはお庭で咲いている紅梅を使っているそうです。初花見。

image
後ほどマダムが出勤され、珈琲のお代りを入れてくれました。
(久々なのにワタクシのことを覚えていてくださっていたっぽい)


image
寒い日だったのでストーブ類が大変有難かったです。

相変わらず和む空間です。

ぼーっと庭を見て過ごしたいのですが、食べ終わったし、熊谷に戻らねば。

「もっとゆっくりして行っていいのよ」と何度か言っていただいたのですが、

今回は自粛致しました。

次回の楽しみにしたいと思います。

image
帰りがけに先生が「オブジェを観て行って」と声掛けしてくださったので、
同家の庭で展示中のオブジェを拝見。こんなイベントもやるんですねぇ。


image
「国際野外の表現展」
International Openair Expressions 2018-2019
http://ioe-hiki.com/


image
少し暖かくなったら庭に作品が増えるそうです。

ワタクシには居るだけでデトックス効果がありそうだと思えます。

ここだけ時間の流れが違う気がする。

いつまでも在って欲しいけれど、維持するのは大変だろうなぁ。


高澤記念館
【高澤記念館】

埼玉県行田市長野3-5-41 (行田市立東小学校からすぐ)
営業時間 11:00~17:00 (ランチ 11:00~14:00)
定休日:月曜~木曜
http://takazawakan.jimdo.com/


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『Vert Café(旧忍町信用組合店舗カフェ)』に入ってみたかったけどタイミングが合わなかった。

行田市
大正11年(1922年)に建てられた旧忍町信用組合店舗。

行田市の指定文化財「旧忍町信用組合店舗」が、

水城公園東側園地に移築・改修・復原されています。

立地からか普通のカフェではなく子育て支援カフェで、

キッズルームやキッズメニューがあるそうです。

カフェの愛称は「Vert Cafe(ヴェールカフェ)」。

昨年9月22日にオープンしました。

11時からの営業です。

内部を観てみたかったのですが、今回はタイミングが合わず通過。

木造2階建て。

改修以前と異なった外観のようですが、

塗料を分析して建設当初の色で外観を再現してあるそうです。

“子育て支援”というフレーズからすると、

ワタクシにはちょっとハードルの高いお店です。

市とは言え、文化財に指定された建物をこのように使用するとは、

行田市って太っ腹だなぁと感じました。

でもまあ、復元移築したものは直ぐに再現できるからいいのか。

この日は寒かったので周囲には釣り人しかいませんでしたが、

春以降になると子どもたちで賑わうんでしょうねぇ。



行田市
【Vert Café(旧忍町信用組合店舗カフェ)】

埼玉県行田市水城公園2305
営業時間11:00~16:00
(食事のL.O.は 14:30 / デザートドリンクのL.O.は15:30)
定休日:木曜、祝日
http://oshimachicafe.main.jp/


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『翠玉堂』という超個性的なパン屋さんの角食パンが食べたくて再訪。

翠玉堂

あまりパンに造詣が深くないワタクシでも美味しいと感じる『翠玉堂』のパン。

入店数度目にしてようやくドキドキし過ぎず、

独特の雰囲気にも慣れて参りました。

入口の張り紙に「かき氷」の文字があったので、

意を決してお願いした本日のワタクシです。

翠玉堂
毎度買わずにはいられない全粒100%食パン(250円)と角食パン(210円)。
めちゃくちゃいい香りです。


翠玉堂
いつかはチャレンジしたいと思っていた、かき氷。
この時あったのは苺onlyでした。


翠玉堂
いちごのかき氷(小)250円。


相も変わらず、本当に良い香りのパンですわ。

そして、今年初のかき氷を食べましたが、

確かに、苺!!、でした。

今までとても気になっていたので、野望が達成できて良かったです。

本当はお総菜パンも買いたかったのですが、

先ほど熊谷市で買ったパンもあるので、欲張るのは止めておきました。

明日の朝は、パン食を楽しみたいと思います。



翠玉堂
【翠玉堂】
埼玉県行田市行田5-7
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜~水曜
翠玉堂


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『高澤記念館』という国登録有形文化財の素敵カフェでまったり時間を過ごして参りました。

高澤記念館
江戸時代から続く名主屋敷である『高澤記念館』は、高澤家住宅長屋門,高澤家住宅主屋,高澤家住宅離れ,高澤家住宅納屋,高澤家住宅土蔵の5棟が国登録有形文化財に指定されており、江戸時代末の豪農の様相を知る養蚕農家住居として歴史的価値が高い建物。現在は染色と陶芸の工房ギャラリー兼住宅として使用されています。


春なので行田市の『高澤記念館』に行って参りました。

熊谷市からわざわざ移動したものの、

GWで休みという可能性もあり不安でしたが、

開いていてホント良かったです。

高澤記念館
国指定文化財に指定されている長屋門をくぐると、
これまた国指定文化財に指定されている主屋が正面に建っています。


高澤記念館
その主屋の、向かって右側がカフェです。


高澤記念館
ミントの入った水が爽やかでした。

高澤記念館
[ハヤシライス]
ライスは古代米。今日はパンが添えられていました。
これに今回もケーキセットを付けました。
セット料金で1,500円(税込)になります。


高澤記念館
相変わらず美味しいピクルス。

高澤記念館
今日のドレッシングは緑色でした。内容を訊き忘れました。

高澤記念館
今回は、ケーキを一種類だけにしました。
日替りで数種類あるので、毎度悩みます。


高澤記念館
ベリーのケーキを選択しました。
様々な食感の層が楽しく、見た目も可愛いケーキです。


高澤記念館
この、でろーんとした部分がホワイトチョコらしく、美味しかったです。

高澤記念館
庭で咲いていた摘みたてのシャガと・・・何の花びらだろう?


高澤記念館
ちょっと寒い日もあるのか、ストーブが置かれていました。


今年訪れるのは、この日が初めて。

暫くご無沙汰してしまうと、行きたい欲求が湧いて仕方なくなります。

行田市の魅力の一つは、確実にココだと思う。

毎度、今度こそは別の場所でランチを摂って、ここではケーキだけにするぞ、

と思うのですが、未だに実現できていません。

もう一つ、文化財に指定されている建物を使った料理店があるんですけどねぇ。

やはり、ここに来るとワタクシの時間の流れが穏やかになるんだよなぁ。


高澤記念館
【高澤記念館】

埼玉県行田市長野3-5-41
(行田市立東小学校からすぐ)
営業時間 11:00~17:00
(ランチ 11:00~14:00)
定休日:月曜~木曜
http://takazawakan.jimdo.com/


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『深町フライ店』ではフライなる行田市民のソウルフードがオススメらしい。

深町フライ店
お店の奥まで行って注文し、食べ終わったら食器を下げるのかルールっぽい。
つまりはセルフサービス。




翠玉堂のオーナーに地図を描いてもらって向かったのが『深町フライ店』。



昼食後間もない14時過ぎだったのですが、



奨められたものは食べておこうと思い、言われたとおりに注文してみました。



そもそもシステムがわからないのですが、



店内全員地元の顔見知りっぽい環境の中、相席させて頂き、



見よう見真似で過ごして参りました。



深町フライ店
[フライ(小)+卵入り 350円(税込)]
ソースと醤油の2種類の味があるそうですが、
翠玉堂で醤油を奨められたもんで醤油にしました。
しかし、行田市民のほとんどはソース派なんだそうな。


深町フライ店
中には大量のネギと豚こまが入っているらしい。

深町フライ店
「独特の焼きそば」と翠玉堂オーナーが評していた焼きそば(小)。
300円(税込)


深町フライ店
神戸市長田区のソウルフード「そばめし」の
飯ナシversionって感じ?
麺が3cmほどの長さに切ってあるんです。
しかも茹で時間が長いのか太くやわらかめ。
常連さんの高齢者に対応している気がする。
優しいですな。




正直、フライだけで満腹だったのですが、



ソース星人&関西人としては、焼きそばは残せない。



時間は掛かりましたが、無事に完食することができました。



ふう~。



で、お皿を下げつつお金を払いに行ったら、



マダムが「一人で全部食べられたの!? 二人連れかと思ってたわ」と言いつつ、



間食したことを労ってくれました。



しかも、駄菓子もくれた。



深町フライ店




無論、その日はそれ以上何も食べられず、



これが夕食扱いとなったワタクシなのでした。



それはそうと、ゼリーフライとフライは全くの別物でした。



行田市の粉もん文化も半端ない。





深町フライ店
【深町フライ店】

埼玉県行田市忍1-4-7
営業時間11:00~17:00
定休日:火曜、第1金曜



【にほんブログ村】

埼玉県行田市で人参を大量購入してみる。

人参
これだけ入って一袋100円(税別)だったんです!




野菜がお高い今年の秋。



年末に突入する前からこんなに高くて大丈夫だろうかと不安になります。



本日は行田市を観光していたのですが、



毎度気になっている食料品店の店先で、ものごっつい安い野菜を目にしました。



野菜
埼玉県はお野菜天国なのか!??

野菜
「めぬまねぎ」も10本ぐらい入っていて280円。
持ち帰れるかで2分間は悩んだと思う。
断念したけど。




帰宅後、やっぱり葱を買えば良かったと後悔。



後悔するぞ~と思ってはいたんだよな、断念する時に。



案の定の後悔なのですが、



この時期、電車内にはシート辺りに暖房が入っているため、



野菜には過酷な旅になっちゃうんですよねぇ。



別の意味で大きな保冷バッグを用意して対抗しようかしら。



埼玉県北部=葱のイメージがあるワタクシ。



葱を探して旅をするのも良いなぁと思っているところです。



深谷市に行けばどこででも産直葱が買えるのだろうか?



奈良漬
駅から近い場所にある奈良漬のお店「山本食品」で
生姜の奈良漬を購入。500円(税込)でした。
左は、しば漬け的な割干し大根的なお漬物だったと思う。
ってか、名前を忘れた。こちらは200円(税込)でした。




【にほんブログ村】

埼玉県行田市『翠玉堂』という超個性的なパン屋さんの角食パンが食べたくて再訪。

翠玉堂




あまりパンに造詣が深くないワタクシでも美味しいと感じる『翠玉堂』のパン。



入店が数度目なので、この独特の雰囲気にも慣れて参りました。



今回も選ぶ楽しさを味わえて良かったです。



翠玉堂
店内に入ると、この紙と籠とトングを渡されます。
このイラストの配置どおりにパンが置いてあります。


翠玉堂
全粒100%食パン(250円)、いちじくパン(200円)、
クランベリーくるみ食パン(310円)、ベーコンエピ(210円)
ネコビスク(100円)ほか1点。
めちゃくちゃいい香りです。


翠玉堂
[バジルソース 2,000円(税込)]
高級なアンチョビが入っているので要冷蔵なんだそうです。




ここのパンは本当に猛烈に香りが良いのです。



ずーっとスーハーしていたいほどに。



小麦の香りって良い香りなんだねぇ。



毎度、一日三名分しか焼かないらしい要予約のタルトタタンが気になります。



でも、また買に来るにはハードルが高い。



来年こそはチャレンジしてみようかな。



それはそうと、



行田名物の「フライ」が食べられる美味しいお店の地図をオーナーに描いて頂きました。



(上の店内パン地図と同じタッチの地図でした



ゼリーフライではなく、フライがオススメらしいです。



しかも、その場で食べるのが一番美味しいのだとか。



せっかくなので行ってみることにしました。



自転車で2分の距離にあるお店へこの後、向かいます。





翠玉堂
【翠玉堂】
埼玉県行田市行田5-7
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜~水曜
翠玉堂



【にほんブログ村】

埼玉県行田市『行田八幡神社』でお稲荷さんの鳥居をくぐってしまう。

行田八幡神社




忍城主である成田長泰が城下総鎮守とした『行田八幡神社』。



元和・宝永・弘化の年間における行田町大火で再三延焼の被害を受け、



何度も建て替えているのだとか。



それだけ火災が多い町だったんですね。



だから、蔵も多いのか。



行田八幡神社
上の写真の額が市の文化財みたいですね。

行田八幡神社
「素盞鳴尊」が読めなくて質問してしまいました。
須佐乃袁尊(スサノオノミコト)って漢字表記が様々にあるのだそうです。
ちなみに天照大神の弟で、
天照大神が天の岩屋に隠れる原因を作った粗暴な神です。
または、ヤマタノオロチを退治した神でもあります。


行田八幡神社

行田八幡神社
ものすごく良い場所に置かれた金色の桃。
「なで桃」と云って、願いながら桃を撫でてお参りするのだそうです。
願い事が全く思い浮かばんので一礼に留めました。


行田八幡神社

行田八幡神社
[戌亥八幡]
戌年・亥年生まれの一代の守護神だそうです。
戌:安産・子宝・子育て
亥:足腰健康・立身出世
・・・の御利益があるとか。


行田八幡神社
御朱印があったので、お参りした二種類をお願いしました。

行田八幡神社

行田八幡神社
[目の神社(メノカミシャ)]←ジンジャじゃないんですね
これは参っておかねばなるまい、と思ったものの・・・。


行田八幡神社
奥の小さな鳥居をくぐるのに躊躇いつつ、
鳥居に入って右側の「目の神社」に手を合わせました。




実は目の神社の隣にあるのはお稲荷さんだったのです。



つまりは、くぐるのを躊躇った鳥居もお稲荷さんの鳥居らしい。



まあ、いっかー、と気にしないようにしていたのですが、



その後、急激に喉が痛くなり、現在に至っております。



やはりワタクシはお稲荷さんとの相性が・・・(以下自粛)。



気にすれば、そのように思えるし、偶然かもしれんし。



明日は雨の予報で、



楽しみにしていた航空祭もそれなりの内容になりそうなので、



自宅でゆっくりと読書でもしておこうと思います。



ちなみに「目の神社」で祀られている味鋤高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)は、



農業の神様とされている神です。



だから、「鋤」の字が入っているみたいですね。



雷の神様でもありますが、なぜ「目の神様」としてここで祀られているのかは不明。



農業⇒芽が出る⇒目 という連想なのかしら?



謎です。



まあ、目については目下最大の関心事なもんで、



とりあえず老眼の進行が止まってくれると有難いです。





行田八幡神社
【行田八幡神社】

埼玉県行田市行田16-23
祈願受付時間:10:00~12:00/13:00~16:00 



【にほんブログ村】

埼玉県行田市『高澤記念館』という国登録有形文化財カフェで冬を感じた。

高澤記念館
江戸時代から続く名主屋敷である『高澤記念館』は、高澤家住宅長屋門,高澤家住宅主屋,高澤家住宅離れ,高澤家住宅納屋,高澤家住宅土蔵の5棟が国登録有形文化財に指定されており、江戸時代末の豪農の様相を知る養蚕農家住居として歴史的価値が高い建物。現在は染色と陶芸の工房ギャラリー兼住宅として使用されています。


ワタクシが行田市に行く理由は、『高澤記念館』で素敵時間を過ごすこと。

本日は朝は寒く、日中は寒くなく、快晴でございました。

そして今回も、ハヤシライスとケーキを頂きました。

高澤記念館
国指定文化財である長屋門をくぐると、
これまた国指定文化財である主屋が正面に建っています。


高澤記念館
その主屋の、向かって右側がカフェです。


高澤記念館
テーブルのお花は、12月間近でヒイラギ。
季節感ありありで癒されます。


高澤記念館
カフェの席に座ると、長屋門が見えます。

高澤記念館
屋根から落ちたと思われる雪。


高澤記念館
土間には、生花と、埼玉県女流工芸作家協会創設者である
故高澤英子さんの作品が展示してありました。


高澤記念館
[ハヤシライス]
ライスは古代米です。


高澤記念館
[自家製ピクルス(大) 2,200円(税込)]
ランチに出て来たズッキーニのピクルスが美味しかったので購入。


高澤記念館
珈琲はお代わりもできます。

高澤記念館
ケーキは2種類注文しました。
日替りなので、いつも同じものが食べられるとは限らないのです。


高澤記念館
4種類ある中から、リンゴのタルトと、ベイクドチーズケーキを選択。
アイスケーキやらフルーツやらクッキーまで付いてきました。


高澤記念館
雪が残っているぐらいですので、ストーブが焚かれていました。

高澤記念館

高澤記念館
高沢家住宅主屋の屋根の影盛。
※主屋も国登録有形文化財です


高澤記念館
敷地内にはお伊勢さんに行ったという記念碑が建てられていました。
そりゃぁ、行田市から伊勢市まで昔に往復したのなら
記念碑を建てたくなりますわ。


高澤記念館
長屋門の上に積もっている雪。

高澤記念館
[長屋門]
国登録有形文化財


ギャラリーやカフェの売り上げの一部を建物の維持管理費としているということで、

毎度、なるべくランチ以外にも何らかの買い物をするようにしています。

個人所有ですから、維持費はさぞかし・・・。

毎度、ここで珈琲とケーキを頂きながら読書をするのが癒しなもんで、

カフェも長く続けて頂きたいと希望しているところです。

ワタクシの中では間違いなく、わざわざここまで来る価値のある場所です。

来年も通うぞっ!!

高澤記念館
ピアスなど色々と購入したからか、クッキーをおまけに頂きました。



高澤記念館
【高澤記念館】

埼玉県行田市長野3-5-41
(行田市立東小学校からすぐ)
営業時間 11:00~17:00
(ランチ 11:00~14:00)
定休日:月曜~木曜
http://takazawakan.jimdo.com/


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『パン工房 蔵(KURA)』は、足袋蔵パン工房ryeの跡に出来たパン屋さんです。

蔵
足袋蔵パン工房rye』は8月に閉店したそうです。

蔵
新しいオーナーの新しいお店の名前は『パン工房 蔵(KURA)』です。




栗のデニッシュが食べたくて、『足袋蔵パン工房rye』にやって来たつもりのワタクシ。



入店したらお店が変わっていました。



先のお店のオーナーが四国に帰られたそうで、



同じ場所で違うオーナーが違うパン屋さんを出店されているようです。



永遠にあの栗のデニッシュが食べられないのかーと思ってガッカリした次第です。



しかしせっかく来たもんで、何かを購入してみることにしました。



蔵
真っ先に目を止めたのが、アップルデニッシュ。
※許可を得て撮影しています


蔵
その他にも色々買ってみた。

蔵
細長い白いパンの名前は忘れましたが、
云えばチーズと練乳の二種類のクリームから選択して注入してくれます。
練乳バターだったかな?  それを入れて貰いました。




あまりパンに造詣が深くないワタクシゆえ、語れるものはございません。



しかし、選ぶ楽しみのあるパン屋さんだと思いました。



閑居
行田市の人気店であるcafe閑居
開店時間直ぐだったので空いていそうでした。


閑居
ランチメニューが増えた?

雪
二日前の関東地方の降雪で積もったらしく、
屋根から雪解け水が滴っていました。


雪

閑居
以前あった建物が撤去され、cafe閑居の駐車場になっていました。




行田市内は積雪があったようですね。



屋根上に雪が乗ったままの家を複数目にしました。



ちなみに東京に居たワタクシは



朝の一時的にしか雪らしきものを目にしなかったけどな。



この冬、一番初めに目にした雪ということになりますかな。





蔵
【パン工房 蔵(KURA)】

埼玉県行田市行田7-3
営業時間 11:00~16:00
定休日:月曜、第2・4日曜



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市と行田市で気になったもの。

熊谷市
かなりお高いお酒「純米大吟醸 直実」。
300mlで税込約1野口ほどします。




熊谷駅で降り立ち、街を軽く散策していたら、



「直美」と書かれたラッピングバスが走り抜けて行きました。



女優の熊谷さんはここの出身なのかなー



とボンヤリ思っていたのですが、



スーパーで発見した地元の日本酒を見て凍り付きました。



なおざね・・・って、武将じゃん!?



平敦盛の首を取った武将じゃん!!



良かったー、誰かに言わなくて。



二重の意味で大恥をかくところだったよ。



(熊谷の名が付く女優さんは熊谷真実さん。真と直って漢字が似てるよねーアハハハハ




翠玉堂
個性的なパンで知られる「翠玉堂」さん。
引き戸に貼られた紙も個性的。


翠玉堂
一度は食べてみたいと思っているココのかき氷。
ほんの少しってどれぐらいなんだろう?
っつーか、カマキリの目ってどんなだっけ?




昼食後&コーヒーブレイク後だったもんで、今回はスルーした翠玉堂さん。



次回は夏に来て、かき氷を食べてみたいかな。



埼玉県行田市は食の誘惑が多くて、ほんと、困る。





【翠玉堂】
埼玉県行田市行田5-7
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、水曜



【にほんブログ村】

埼玉県行田市『茶馬古道(ちゃばこどう)』で読書しながら珈琲を飲んできた。

茶馬古道




行田市駅から近い場所にある『CAFE茶馬古道』。



オープンが11時30分なもんで、早い時間に行田市駅に降り立つと行き場に困ります。



ってことで、今回はランチタイムの終わり頃に伺い、カフェ利用をさせて頂きました。



茶馬古道
13時過ぎに再訪したら、「営業中」の看板が掛かっていました。

茶馬古道
[オールド5ブレンド 500円(税込)]
小ぢんまりした空間は赤と黒のインテリアで彩られています。
外観とは違うモダンな造り。


茶馬古道
ランチタイムちょいズレだったので、比較的空いていました。




ランチはカレーとかプレートに乗った何か的なものが出るみたいです。



フードメニューはあるけれど、デザートメニューはありません。



珈琲はなかなか美味でございました。



ゆっくりと珈琲だけを味わいたい時に良い場所かもしれませんな。





茶馬古道
【CAFE茶馬古道(ちゃばこどう)】

埼玉県行田市中央7-6
営業時間 11:30~17:00
定休日:木曜



【にほんブログ村】

埼玉県行田市『高澤記念館』という国登録有形文化財の素敵カフェを再々訪してまったり時間を過ごして参りました。

高澤記念館
江戸時代から続く名主屋敷である『高澤記念館』は、高澤家住宅長屋門,高澤家住宅主屋,高澤家住宅離れ,高澤家住宅納屋,高澤家住宅土蔵の5棟が国登録有形文化財に指定されており、江戸時代末の豪農の様相を知る養蚕農家住居として歴史的価値が高い建物。現在は染色と陶芸の工房ギャラリー兼住宅として使用されています。


ワタクシが行田市に行く理由が『高澤記念館』で素敵時間を過ごすこと。

本日も行田市に来た目的はココです。

6月に来たのは初めて。

暑くも無く、寒くも無く、天気も悪くなく、なかなか良い日でございました。

今回はハヤシライスとケーキを頂きました。


高澤記念館
テーブルのお花は、6月で紫陽花。
季節感ありありで癒されます。
ってか、ここから見える庭の新緑にも癒される。
めっちゃ癒された。


高澤記念館
前回は名物の「古代米カレー」を注文致しましたが、今回はハヤシライスを所望。
そしてケーキセットに致しました!
(選ぶケーキによって値段は変わります)


高澤記念館
[ハヤシライス]
ライスは古代米です。
ドレッシングはルバーブらしいです。可愛い色だわ。


_CIMG0971
ケーキは宇治抹茶と小豆のシフォンにしました。
しっとりしていて甘過ぎず美味。


高澤記念館
奥にあるボードに本日のケーキが書いてありました。
キャロットケーキは定番っぽいですね。


高澤記念館
これが店内。
文化財ですが、とても落ち着く空間です。


高澤記念館
こちらは入口直ぐの座敷です。
故高澤英子さんの作品が展示してあります。


高澤記念館
自分用にピアスを購入しました。
今月も懇親会があるもんで。


高澤記念館
新緑ってほんとに目に優しいですね。
ぼーっと庭を眺めているだけで癒されました。


高澤記念館
遠くで鳥が激しく鳴いています。
庭が広いといろんな生き物が居るんだろうなぁ


可能であれば、ずーっとここでぼーっとして居たいです。

一時間おきにケーキと珈琲を追加注文しながら居たいぐらい。

ワタクシの中では間違いなく、

わざわざここまで来る価値のある場所です。

今年も秋にまた行くぞっ!!

高澤記念館
糸瓜のペンダントも購入。
ピアスとは造りが違うんだそうです。



高澤記念館
【高澤記念館】

埼玉県行田市長野3-5-41
(行田市立東小学校からすぐ)
営業時間 11:00~17:00
(ランチ 11:00~14:00)
定休日:月曜~木曜
http://takazawakan.jimdo.com/


【にほんブログ村】

埼玉県行田市『足袋蔵パン工房 rye』で念願の食パンをゲットぉ!【再々訪】

足袋蔵パン工房 rye




売るパンが日替りで変わるらしい『足袋蔵パン工房 rye』。



以前買った栗のデニッシュがめっちゃ美味しかったのですが、



今は栗の時期ではない。



でも、いつもより早い時間なので、選べるパンの種類が多いかも~



と思い、ちょっと立ち寄って参りました。



足袋蔵パン工房 rye
[食パン(一本) 756円(税込)]
念願の食パン(一本)が残っていました。
大人気なので予約が望ましいようです。
ほんと、ラッキーでした。


足袋蔵パン工房 rye
意外に大きい食パンで、焼き立てでした。
持ち運ぶ際は、横向きにするのが良いそうです。
ほかほか~

足袋蔵パン工房 rye
[焼きドーナツ 162円/個(税込)]
プレーン、きな粉、和三盆の三種。
中は思いのほかしっとりしております。
さっぱりしていて美味~。

足袋蔵パン工房 rye
[シナモンロール 216円(税込)]




相変わらず、ここのパンにはずれ無しって感じです。



今日は小さな店内がめちゃくちゃ混んでいて、驚きました。



何かで紹介されたのかな?



やはり午前中に行くと、パンの種類が豊富で、選ぶのも楽しいです。



次はまた栗の季節に訪れたいと思います。



食パンをゲットできたので、明日の朝食がホント楽しみ~。



厚切りで頂こうと思います。フフフ




足袋蔵パン工房 rye (ライ)
【足袋蔵パン工房 rye(ライ)】

埼玉県行田市行田7-3
(アーケード街側に入口と駐車場あり)
営業時間 11:00~16:00
定休日:第2・4日曜(臨時休業あり)
http://www.cafe-kankyo.com/about_rye.html



【にほんブログ村】

本日ワタクシが埼玉県行田市で購入したもの。

忍城址
[忍城(おしじょう)模擬御三階櫓]
1988年復興




先月も行田市を観光しましたが、



本日も訳あって行田市に居りました。



来たついでに、前回買って良かったと思ったものを今回も購入。



それなりにウキウキしながら東京に戻った本日のワタクシです。



直売所
白菜丸ごと一つで110円だったのにはグラッと来ました。
そしてここでは、瓶入りのメダカを販売していました。
めっちゃ欲しかったけれど、世話が面倒なので断念。
メダカひと瓶約8匹入り600円でした。


野菜
大和芋と金時人参。
大和芋って久々に見たわ。


ネギ
葱が異様に安かったので、買って帰るかで猛烈に悩みました。
湘南新宿ラインで葱を持っている自分の姿を想像して、断念。


十万石行田本店
[十万石行田本店]
本日は20%OFFの日でした。
ラッキー。


十万石
日持ちするバウムクーヘンを購入。

十万石
ホワイトチョコでコーティングされているんです。

十万石
芋羊羹もありました。
羊羹というよりは、芋・・・芋・・・何と云えばいいのかなぁ。
とにかく美味しいです。
一本は千葉県民Tへのお土産です。
一つ120円。


十万石
甘味も売っているけれど、おかきも売っているという十万石行田本店。
これは紫蘇煎餅350円。


五家寶
大好物の五家寶を今回も熊谷駅で購入しました。




同じところに二度目に行く場合、前回とほぼ同じものを買ってしまうのは



ワタクシだけのの習性なのでしょうか。



次回はもっと冒険しようっと。



紅葉



行田市駅
池袋駅を起点にする場合の行田市駅への行き方
JR埼京線で赤羽駅乗換⇒JR高崎線で熊谷駅下車、秩父鉄道で2駅。
ちなみに秩父鉄道はSuicaなどが使えません。
熊谷駅⇒行田市駅まで310円/片道
※熊谷駅まで湘南新宿ライン利用という手段もあります


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。