sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

虎ノ門

港区虎ノ門『菊池寛実記念 智美術館』で現代陶芸に頭を悩ませる。

image

菊池寛実記念 智美術館は、実業家菊池寛実の三女で京葉ガス会長などを務めた菊池智の現代陶芸コレクションを一般公開することなどを目的として2003年開館しました。

現代陶芸を何度見てもイマイチ理解できないワタクシですが、本日はチャレンジするつもりで鑑賞致しました。まあ、結論から申せば、やっぱりよく解らなかったんですけれども。

館内は基本的に撮影禁止ですが、2作品のみ撮影が許されています。

そちらを撮ったので、今後理解に努めたいと思います。

image
この企画展のフライヤーを飾っている大賞作品。

image
審査員のコメント付きです。

image
こちらは優秀賞受賞作。
色が綺麗で、これは飾っていても良いなと思えました。

image
しかしコメントがワタクシには難解だったりする。

現代アートの優劣の付け方がイマイチ解からない。

それぞれの良さがあると思うのだけれど、受賞作品と入選作品のどこに差があるのかがワタクシには難解でした。

いつかは解かるようになるのかなぁ。

image

さて、美術館の敷地内には、2003年に登録有形文化財に登録された千葉亀之助自邸の洋館があります。内部は非公開ですが、外観だけ見学。

image
ものすごく分かり易い場所に文化財プレートが掲げられています。
登録名:池寛実記念智美術館別館

image
玄関のレンガっぽいタイルが異様に綺麗なんだけれど貼り換えたのかな。
(大正15年竣工)
※昭和54年に本館(和風建築)から火が出て洋館も延焼したとか

image
遠目で見ると十字架かと思った真鍮製らしき飾り。

image
腰壁部分は小松石。

image
側面。
木造2階建て。
天然石らしきスレート屋根が目を惹きます。

image
スレート葺は雨水の仕舞いが大変なんですよね。

image
駐車場奥にある木造の建物。
これは何だろう?

火災があったということは、修繕されたってことですね。元の形とは異なっているようですが、長らく大切に使われてきた建物なんだそうです。
菊池智さんのこの建物に対する愛情が感じられます。

近代的な美術館の建物との対比がなかなか面白い。

image

美術館でスタンプカードを貰ったので、埋まるまで通ってみようと思っています。

いつか現代陶芸の良し悪しを習得できるといいなぁ…。


image
【菊池寛実記念 智美術館】
きくちかんじつきねん ともびじゅつかん

東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
開館時間 11:00~18:00
休館日:月曜、年末年始、展示替期間
※たぶん電子マネーは使えません
https://www.instagram.com/musee_tomo/
https://www.musee-tomo.or.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区虎ノ門『茶楓(さふう)』でランチを摂りながらボーっとする。

image

アートに触れたくて、『菊池寛実記念 智美術館』にやって参りました。

平日は人が行き交うエリアですが、休日はとても静かで穴場感があります。

空腹だったので、美術館に入る前にカフェで先ずは腹ごしらえをすることに。

image

美術館はホテルオークラの向かいにありまして、

閑静なエリアゆえカフェもとても落ち着きます。

そして空いているところも良いかも。

image
意外とメニューは豊富。

image
この中からランチタイムの数量限定「茶楓の鴨ごはん」を選択。
2,420円(税込)

image
途中で諦めそうになるほど量が多いです。
どうにか完食したけれど。

image
ランチにドリンクをセットしました。
これはカフェオレ。

「自家製パンチェッタの‟プチ”ベーグルサンド」が

量としてはベターだったかもしれん。

次回は少なそうなものを選ぼうと思います。

カフェから見える洋館は、国登録有形文化財。

大正13年(1924年)に建てられた千葉亀之助邸の一部です。

これを観たかったんですけど、庭には出られないようでした。

でも、良いカフェです。ロケーション的に、とても。

次はよく晴れた日に再訪したいなぁ。

image



image
【茶楓(さふう)】

東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル(菊池寛実記念智美術館1階)
開館時間 11:00~18:00
休館日:月曜、年末年始、展示替期間
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/_sa_fu/
https://www.safu.tokyo/



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

The Okura Tokyo前『大倉集古館』のミュージアムショップで誕生日特典をいただく。

image
登録有形文化財(建造物)

ホテル オークラの前にある『大倉集古館』で、

「季節をめぐり、自然と遊ぶ~花鳥・山水の世界~」を観て参りました。

image

ここは大倉財閥総帥の大倉喜八郎が作った日本で最初の私立美術館です。

明治から大正期にかけて大きな財を成し、大倉財閥を創始した大倉喜八郎が、長年に亘って収集した古美術・典籍類を収蔵・展示するため、邸宅の一角に1917年(大正6年)に財団法人大倉集古館として開館する。開館からまもない1923年(大正12年)、関東大震災によって当時の展示館と一部の展示品を失い、一時休館を余儀なくされたが、伊東忠太の設計と大成土木(現:大成建設)による施工で再建され、耐震耐火の中国風の展示館が1927年(昭和2年)完成し、翌年再開館した。この建築は展示室から長い回廊が伸び六角堂を経て表門に至る壮大なものだった。
喜八郎の死後は、その嫡男である大倉喜七郎が近代日本画など収蔵品の充実に努めた。
太平洋戦争時の空襲も乗り越えるが、戦後、敷地内にホテルオークラ(ホテルオークラ東京)が建設されることを受け、一部の建物が整理解体された。
1990年(平成2年)展示室は都の歴史的建造物に選定され、1998年(平成10年)には国の登録有形文化財(建造物)に登録された。

image

1928年(昭和3年)に伊東忠太の設計で再開館して以降も

何度かの改修がなされており、

近年では2014年(平成26年)から5年をかけた改修工事が終わり

令和元年9月にリニューアルオープンしたばかりでした。

ずーっと来たいと思っていたのですが、

COVID-19の影響もあり、なかなか来ることが叶わず。

本日ようやく念願かなって訪れることができました。

小さな建物だし、展示数も多くはないのですが、

良いものが沢山あって見応え十分です。

逆に、コンパクトなので観易いとも言える。

客層は年齢層がかなり高めです。

入館料は現金払いで、電子マネー決済は非対応。

対面のホテル側で喫茶とのセット券が販売されいるらしいので、

それを買って、疲れたらホテルでお茶をするのも良いかも。

ミュージアムショップは地下にありまして、

こちらは各種電子マネー決済が可能です。

地下だけれど、広々とした空間なので居心地は良かったです。

実はこのミュージアムショップでは、

誕生日に買い物をするとプレゼントが貰えるんです。

無論、身分証明の提示が必要です。

このタイミングを見計らっていたもんで、

買い物ついでに誕生日申告をしてみました。

image
気になった本とパワーストーンを浄化する水晶を買ってみました。
ミュージアムショップの品揃えがなかなか面白いです。

image
誕生日特典はポストカードでした。
枚数が多くて「こんなに貰ってええんかいな」と仰け反った。

頂いたポストカードを見て、

まだまだ観たいものが沢山あるなぁと思いました。

ってか、良いもの持ってるなぁ。

それはそうと、今回の展示品で猛烈に気になったのは、

平清盛って字があまり上手くないのかな? という点。

模本だったし、書についてはよく分からないのですが、

現在興味を持とうと思って鋭意努力中でして、

ほんの少しだけ興味があるのです。

だから余計に気になりました。

「おおらかで品がある」との意見があるのですが、

そうなのか…。

やっぱり書は、ワタクシには難しいです。

それはそうと、ここが大変気に入ったので、

次回は年間パスを買おうかな。



image
【大倉集古館】
OKURA MUSEUM OF ART

東京都港区虎ノ門2-10-3 The Okura Tokyo前
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜、年末年始
入館料 一般:1,000円(特別展は1,300円)
※入館料は現金のみ
https://www.shukokan.org/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区虎ノ門1丁目『虎ノ門 きや』でお煎餅とあられを大人買い。

image

本日は通院day。

検査検査でヘロヘロになっていたため、

癒しを食に求めることにしました。

って、いつものことか。

本日の目的の一つは虎ノ門にある『きや』でお煎餅を買うこと。

ここは平日しか開いていないので、

ワタクシにはちょっぴりハードルが高いのです。

気になっていたのですが、

本日とうとう野望を達成することが出来ました。

image
「虎トモせんべい」は出来た時だけ店頭に並ぶ限定品らしいです。

この界隈のオフィスに居れば、

買いに行きやすいんだろうなぁ。

あまり高いとは感じない価格帯のため

ポイポイと籠に入れておりましたが、

気持ち控えめにした感は無きにしも非ず。

持ち帰ってみて広げたら、

言うほど大人買いをしていなかったかも。

11月初旬には大感謝祭ってものがあり、

そちらも名物になっているみたいです。

平日の日中に虎ノ門まで買いに行くのは

やっぱりハードルが高いので、

そちらのイベントは達成できないだろうなぁ。

image
時短営業も来月には解消されるのかもしれんね。


image
【虎ノ門 きや】

東京都港区虎ノ門1-8-16
通常営業時間 9:30~19:00
定休日:土曜、日曜、祝日

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。