sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

蔵元_小田屋

茨城県結城市『蔵元 小田屋』で昨日配送依頼をした割烹酢が届く。

image

寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

前回割烹酢を配送して貰ったのは11カ月前ですが、

ストックが無くなってしまいました。

ゆえに昨日、再び配送して貰うべく結城まで行って参りました。

image
お店まで行って配送の手配をしないと、このお酢は送って貰えません。

ここのお酢を使うと他のものには手が出せなくなります。

すごく美味しい。オススメです。

新宿の高層ビル最上階にある某料理店では、このお酢を飾っているのだとか。

昨日は久々にマダムによる接客でしたが、

ガン細胞は酸性の体にしか生存しないことが科学的に証明されており、

「(お酢が)癌に効くんだって」

と言ってました。

お酢が身体をアルカリ性に戻すらしいのです。

ふむふむ。

真偽がどうであれ、どうせ摂取するなら美味しいお酢が良いよね。

と思って聞きながら、配送伝票を書いていたワタクシです。

実はワタクシ、ここのマダムが好きなんですよ。

キャラが立っているっつーか、話していて面白くて楽しい。

接客に当たると、ラッキーだと思っちゃいます。

今回はお試しサイズのお酢も入手したのですが、

大きい方が得なのにと思われているだろうなと毎度感じています。

実際、ネットではなく現地で買うなら、一升瓶の方が断然お得です。

image
ものごっつい小さいサイズで500円以上するんです。

でも、ひとに勧めたい時は、このサイズがいいんですよね。

かなり割高だとは理解しているんですが、

いきなり一升瓶一本を渡すわけにもいきませんし。

そもそもお酢をあまり使わない方も居られる。

「それにしてもお酢6本も買ってどうするの?」

とマダムに訊かれましたが、

ほとんど全部自分で使ってて、

時には一ヶ月に一本無くなるんですよ。

「今ぐらいに買って夏前に浸かっちゃうのが良いかもね」

夏は保管に気を使うからと、マダムが言ってました。

ワタクシは、開封後に四合瓶に移し替えて冷蔵保管しております。

小洒落たお酒の瓶は洗って捨てずに置くと便利です。

さて、配送は東京だと翌日には届きます。

前回の空き瓶などは持ってきてくれてもいいわよと言われましたが、

公共交通機関利用者には面倒なので、コチラで廃棄しようと思います。

image
とりあえず白菜の芯の部分で和風な酢漬けを作ってみる。

image
白菜の葉っぱの部分で中華風な酢漬けも作ってみた。

先日、セロリのピクルスを作ったのですが、

あっという間に食べちゃったため、目下、ワタクシの中では酢漬けブームです。

まろやかな酢なので、際限なく食べちゃえるんですよねぇ。

食べ過ぎて危険だけれど、お酢は身体に良いと信じて(プラシーボ効果)

今後も作り、食べ続けたいと思います。


image
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢一升瓶を配送のために大人買いする。

image
1.8L×6本。


寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

年2回、結城まで足を運び、お酢を買って持ち帰るワタクシ。

ネットショップで購入するよりも現地で買う方が安いのです。

前回三本購入したのですが、年内までもつかと思いきや、無理でした。

720mlのネット価格は1,058円(通常1,500円)なのですが、

蔵元で買うと1.8Lで1,080円(税込)と割安です。

先日訊いたところによると、

数量限定なので11時までには売り切れるのだそうです。

ならばいっそ業務用ぐらい仕入れてしまおうと考え、

電話予約のうえ、配送してもらうことにしました。

配送云々以前に、予約での取り置きは6本以上となっています。

配送の場合、店頭で配送伝票に自分で書くのがルールとなっております。

すなわち、一度は伝票を書く&支払いのために

茨城県結城市にあるお店に行かねばならんのです。

しかし大人買いするなら絶対にこの方がお得だと思います。

シェアしてもいいしね。

都内宛てだと、ホテルなどに卸すついでがあるため、

送料が安く済むところにもお得感があります。

半年で3本消費するゆえ、今後はこの方法で送ってもらうことにしました。

持ち帰る労力を思えば、送料の方が安いしね。

しかも予約なので、必ず手に入るところもグッドです。

ちなみに昨日、現地まで支払いに行ったのですが、

10時過ぎで、既に売り切れていました。

年末なので、皆さん大量に購入されるようです。

数量限定のお得商品なので、わざわざ現地まで買いに行く価値あり、

だとワタクシは思っています。

このお酢を使うと、他のものには手が出せなくなります。

それはそうと、写真の状態で配送されたということは、

空き瓶をこれで返すべきかな?

今度、現地で訊いてみようと思います。




image
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市@壱景。

image
JR小山駅の手作り感がかなり好きです。@栃木県


思い込みって怖いですね。

あんなに毎度足を運んでいる結城市なのに、

何故か茨城県ではないと思い込んでいました。

小山市が栃木県南部にある県境だという情報は頭にあるのですか、

ギリ茨城県だったようです。

結城市
県道302号線。
道の両側に古い店蔵が散見される通りです。


結城市
この側溝にある「茨」マークで、あれ?っと疑問が湧きまして

結城市
茨城県の文字で間違いに気づいた次第です。

結城市
[結城酒造]
国の登録有形文化財に指定されている建物群がある酒蔵です。


結城市
文化財に指定されている建物群は安政年間のものだとされています。

結城市
ところどころに傷みも見られます。
文化財の維持管理って大変そうですよねぇ。


結城市
常陽銀行の隣にある建物は現在お休み処として開放されています。

結城市
こちらはいつも帰りに立ち寄ろうと思いつつも達成できていない
干瓢を売るお店です。


結城市
どんどん朽ちている増田書店の建物。

結城市
個人的にはツボなんですけど、有効活用はなされないようです。残念。

結城市
店側の意匠がアジアンテイストで良い感じなんですけどね。

結城市
松の幹に駆逐されつつある屋根か痛々しいです。

結城市
減築された小田屋さんの煙突。
職人が一つ一つ煉瓦を取り外す手間のかかる作業だったそうです。


結城市
今回は小田屋さんは立ち寄りませんでした。


結城市のこの辺りは食事処が少なく、

それが毎度ハードルが高いなぁと思わされる要因です。

カフェはできましたけど、地域のコミュニティスペース感が半端なく、

オヒトリサマ旅人には、ちょっとハードルが高い。

良い感じの文化財か多いのだから、カフェに有効利用すると

もっと人気エリアになると思うんだけどなぁ。


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢一升瓶三本を持ち帰る。

image
1.8L×3本。


寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

ここの割烹酢を使うと他のお酢が使えなくなります。

年2回、結城まで足を運ぶのですが、

ネットショップで購入するよりも現地で買う方が安いので、

足を運ぶ価値はあると思います。

一升瓶を2本購入しても、すぐに無くなってしまうんです。

美味しいので、毎日浴びるように使っているからです。

この夏も暑くなりそうですし、夏バテ対策に必須だと感じ、

今回は三本購入しました。

車ではなく電車移動だと言ったら、マダムにめっちゃ驚かれました。

蔵元で買うと1.8Lで1,080円(税込)。

ネットでは考えられない破格値です。

数量限定なので必ずあるとは限らんかもしれませんが、

毎回午前中には行くようにしているので、入手できなかったことはありません。

ほんと、美味しいです。

ってことを昨晩妹に言ったら、興味があるっぽかったので、

マダムに配送して欲しいと告げたら、

お中元に人気のお得なセットがあると教えてもらったので、

それを手配して貰いました。

こちらも一升瓶のセットです。

そんなに使えるのかは謎ですが、

まあ、当分、妹宅ではお酢とお醤油は買わなくて済むんじゃないかな。

朝早かったので、お客さんが来るまでマダムと世間話をしておりましたが、

なかなか興味深い蔵の話なども伺え、得した気分で帰路に着きました。

オマケまで頂いちゃいました。

ワタクシはJRの休日おでかけパス(2,670円で指定エリア乗り降り自由)

を利用して買い出しに行っております。

ネットだと720mlサイズしかなく、割高なので、

買いに行っても損はしないんじゃないかな。(ただし、本数による)

前回購入したのは今年の2月

今回は三本買ったし、年末まではもつかなと期待しているところです。



image
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8L×2本を購入して持ち帰る。

image
立て看板が出ていないので閉まっているのかと思った。



寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。


ここの割烹酢を使うと他のお酢が使えなくなる・・・と個人的には断言したい。


昨年夏に購入したお酢2本が無くなったもんで、


本日、朝から結城まで買いに行って参りました。


今回も2本購入しました。


image
瓶の色が違う。
でもたぶん、中身は一緒。


image
知人にプレゼント用にお試しサイズを購入しました。
500円(税別)



蔵元で買うと1.8Lで1,080円(税込)と破格値で購入できます。


数量限定なので必ずあるとは限らんのかもしれません。


交通費を使ってでも買いに来たいお酢。


ワタクシにとって今のところ、そういう商品はココだけです。


なみにこの後、車で買いに来た人々が一気に押し寄せていました。


雪、融けてるもんね。



蔵元 小田屋
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8L×2本を購入して持ち帰る。

蔵元 小田屋
前回写真流用

寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

ここの割烹酢を使うと他のお酢が使えなくなると言っても過言ではない

・・・というのがワタクシ個人の感想ですが、

前回購入したお酢が200ccぐらいしか残っていないもんで、

本日、朝から結城まで買いに行って参りました。

前回購入した1.8Lのお酢は半年しかもたなかったもんで、

今回は2本購入。

image
[割烹酢]


ネットで購入すると720mlでほぼ1,000円ですが、

蔵元で買うと1,080円(税込)。

破格のお値段で購入できます。

ちなみにこちらの商品は数量限定です。

だからなのかどうなのか、

ひっきりなしに人が訪れてはお酢を買って行きます。

お醤油も有名なのだけれど、

もしかしたらお酢が一番人気なのでは?

と思ってみたリ。

これで暫くは安心してお酢をたっぷり使うことができそうです。

でも本当は4本ぐらい買いたかったんだよなぁ~



蔵元 小田屋
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8Lを購入して持ち帰る。

蔵元 小田屋
前回写真流用

寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

前回ここの大吟醸醤油などを購入したのですが、

家で使っているお酢が無くなりつつあるもので、

ストックが欲しくて

今回はお酢を購入するのを目的として行って参りました。

前回はお酢を少量のみ購入したのですが、

今回は意を決して1.8Lを購入。

この量で1,000円(税別)は断然安いと思います。

1.8Lを持ち帰る旨を伝えたら、

「飲むの?」

と訊かれたけれど、

確かにこれはこのまま飲んでも美味しいお酢だと思います。

酢
[割烹酢 1,000円(税別)/1.8L]

大変重かったのですが、

やはり美味しいお酢なもんで、気合で持ち帰って良かったです。

これで暫くは安心してお酢を使えそうです。

次はカートを忘れずに持って行こうと思います。



蔵元 小田屋
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『蔵元 小田屋』の大吟醸醤油がスゴイと聞いて酢を買って来た。

蔵元 小田屋

寛政元年(1789年)創業の老舗醤油蔵元『蔵元 小田屋』。

ここの大吟醸醤油は、関東でも名立たる料亭や老舗ホテルなどで使われており、

一般の小売店まで出回らない為、幻の醤油とも言われているそうです。

本日は、ここも目的地として、醤油ではなく酢を買いに行って参りました。

醤油はあまり使わないもんで。

蔵元 小田屋
屋根の間に太い煙突が見えます。

蔵元 小田屋
1.8リットルで1,000円!?
ちょっと惹かれましたが、持ち帰りを思い控えめにしました。


蔵元 小田屋
[割烹酢 720ml 1,000円(税別)]

蔵元 小田屋
[割烹ミニボトル 大吟醸醤油 500円(税別)]

蔵元 小田屋
[割烹ミニボトル 山紫水明 500円(税別)]

蔵元 小田屋
[割烹ミニボトル 酢 500円(税別)]

醤油は使わないと言いつつ、

ミニボトルがあったもんで購入してしまいました。

しかも3種類。

もし試して良かったら、次回は大きいサイズを買っちゃうかも。

ネットで。


2017-01-14 茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8Lを購入して持ち帰る。→記事
2017-07-15 茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8L×2本を購入して持ち帰る。→記事
2018-02-03 茨城県結城市『蔵元 小田屋』の割烹酢1.8L×2本を購入して持ち帰る。→記事
蔵元 小田屋
【蔵元 小田屋】

茨城県結城市大字結城118
http://kuramoto-odaya.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。