sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

自動販売機

港区赤坂『とらや 赤坂店』のオリジナル一筆箋の自動販売機。

image

2018年10月1日にリニューアルオープンした赤坂の『とらや』。

建築家の内藤廣氏が建物を設計したそうです。

内藤廣氏の建築と言えば、

何度か泊まって身近になっている「リバーリトリート雅樂倶」。

しかし赤坂の「とらや」の建物から思い出されるのは、

御殿場市の「とらや工房」と「フォレスト益子」で、

その二つの建物と似ていると感じました。



30年ほど前の古い建物の印象が強かったもんで、

明るい印象になっていて大変驚きました。

昔は老舗然として重くて暗いイメージだったのに

随分開放的な感じになったと少し驚きました。

image
まだ暖簾が出ていない時間に撮ってます。

image
一階から二階のショップへ上がる階段。

image
二階のショップから三階の茶寮に上がる階段。
(茶寮のオープンは11時から)

image
一階エントランスから地下へ降りる階段。

image
地下から見上げた階段。

image
地下はギャラリーになっています。
4月5日まで「とらやと楽しむ寅年展」を開催中。

image
ギャラリーの壁は羊羹を模したヒノキの木材が組まれています。
吸音効果もあるんだろうなぁ。

image
地下の壁面に設計図がありました。
ものすごく興味深い。

image
一階エレベーター脇の壁にひっそりと填まってある自動販売機では
オリジナルの一筆箋が売られています。
※現金のみ

image
ショップでも売っているのでそちらを購入しました。
(絵柄の説明と見本があるので手に取り易いです)

image
中の絵柄がとっても可愛いのです。
自販機では「春夏」しかありませんでしたが、
ショップでは「秋冬」もあります。

image
ピンクの紙袋は春限定なんだとか。

image
お茶もあったので買ってみた。
左の「あずき茶」が気になるよね。

image
上生菓子が店頭に出揃うのは10時以降かも。
とりあえず買えるものを買ってみた。
黒文字はレジで言えば付けてくれます。

ヒノキや杉がふんだんに使われた内装なので居心地が良いです。

ガラス張りのファザードから注ぐ陽の光が階段を照らすため、

とても明るく広く感じます。

特筆すべきは、その静かさ。吸音材が多用されているんでしょうね。

なかなか面白い建物なので、次回は茶寮を利用して

三階からのロケーションを見たいと思います。

ってか、タイトルにある内容が希薄ですが、

一筆箋の自販機を初めて見たので、言いたかっただけです。

一筆箋は可愛いのでお土産にすると喜ばれるかも。

それはそうと、とらやの上生菓子って良いお値段ですねぇ。

桜餅475円、草餅486円という価格には驚きました。

美味しいけど。

茶寮の価格もそれなりなんでしょうねぇ。



image
【とらや 赤坂店】

東京都港区赤坂4-9-22
営業時間 [平日]9:00~19:00,[土日祝]9:30~18:00
定休日:毎月6日(12月を除く)
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.toraya-group.co.jp/
https://www.instagram.com/toraya.wagashi/

覚書
 港区コミュニティバス「ちいばす」利用の場合(運賃:100円)
 「赤坂駅前」or「溜池山王駅」バス停乗車 ⇒「赤坂地区総合支所前」バス停下車



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神楽坂2丁目『東京わたあめ本舗 神楽坂店』という面白い自動販売機。

image

うちの近所で面白い自動販売機を発見しました。

綿あめの自販機でして、

お金を入れてタッチパネルで番号を選択すると

綿あめとは思えん感じのガタンという音と共に

商品が取り出し口に現れます。

一つ300円ですが、

本日から恵方巻500円ってのが販売される予定

(または販売されて即売り切れた)らしい。

本日は在宅勤務日だったもんで、

夕方とは言え割と早い時間に行ったのだけれど、

全く見当たらなかったので、明日の話なのかも?

わからんけど。

ちなみに恵方巻綿あめは、いちごミルク味だそうです。

砂糖の塊ってか、鬼ですな。

とりあえず今回は「07」番を押してみました。

image
「05」番と、ちょっと迷った。


image
パチパチ弾けるソーダ味的なやつ。

image
当然ですが、着色料がばりばり入ってます。

一つ300円は高いのか安いのかよく分からんのですが、

話題性はあると思う。

特に小さな子供は喜ぶんじゃないかな?

バレンタインデーは再来週ですし、

リアクション目当てで誰かにあげても面白いかも。

喜ばれるかは、さて置くとして。



image
【東京わたあめ本舗 神楽坂店】

東京都新宿区神楽坂2-10
営業時間 24時間・年中無休
※現金のみ
https://www.instagram.com/wataamehonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

自動販売機の違和感探し。

image

時々、自動販売機の商品を二度見するってことありませんか?

ワタクシはあります。

先日、二度見のみならず、

思わず写真に納めたくなるラインナップがありました。

何か買おうと、自販機内をザッと見て仄かに芽生える違和感。

よく見ると、「これをゴクゴク飲むのか!?」と驚く商品がある。

それが写真の右から二つ目のそれです。

温かい飲み物ってところは納得するものの、

他の商品より10円お高い。

駅のホームでラーメンのスープだけを飲みたくなる人がいるのか?

と、ものすごーく気になります。

類似商品として鰹だしの缶ジュース(?)があるそうですが、

お茶漬けに入れると美味しいと話題になっていましたっけ。

そう考えると、これを入れたお茶漬けにするのはアリかもしれぬ。

ワタクシはそもそもラーメンがあまり得意ではないので、

買わないし、やらないけど。

最近、自分が歳を取ったと感じることに、

自動販売機のお汁粉のボタンを押しそうになることが増えました。

まだ一度も押したことはないけれど、

なんか飲んだ方がいいのではないかと誘惑してくるんですよね。

小豆成分が。

いつまでも缶のお汁粉が廃れないのは、

こういう考えに至る人が他にも居るからなんだろうなぁ。

今度、猛烈に寒いホームで電車待ちをするときに

お汁粉のボタンを押してみようと思います。

そう思っている時に限って、無かったりするんだろうなぁ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

本日はこんなところに居りました。

image

またまたお城の見える場所におります。

ってか、居りました。

生憎の曇天&小雨でしたが、時折青空も見えるもんで、

傘をさそうか、さすまいかで迷いまくり、

ちょいと濡れました。(傘もワタクシも)

そうそう、道中でこんな自動販売機を発見しました。

image
たまごの自動販売機です。
初めて見た。

image
100円を何個入れたら買えるんだろう?

卵11個も持ち歩けないので断念しましたが、

きっとお得な価格なんだろうなぁ。

image

最寄り駅のホームには干し柿が吊るしてありました。

駅員さんが作っているのかな?

image
特徴的な形の柿ですね。

実はこの干し柿、ここの特産品らしいです。

東京では見ないブランド(たぶん)でした。

image
ここにしかない干し柿らしい。

訪れた場所については、追々。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

りんごジュース専用自販機。

image

東京駅丸の内地下1階中央コンコース丸ビル入口付近に、

りんごジュースだけしか入っていない自動販売機があります。

acureオリジナルブランドの看板商品である、

りんごのストレート果汁100%のジュースが並びます。

image

りんごジュースの種類は時期ごとに変わるそうで、

ブレンドのほかに、ふじ、つがる、王林、

トキ、ジョナゴールド、世界一があるそうです。

世界一が一番高価でレアらしく、

ワタクシは未だに見たことがありません。

ちなみにこのシリーズの中ではトキがお気に入りです。

甘ったるくなくて美味しいと思う。

ストレートジュースが売っている自動販売機が少ないので、

これは貴重な自販機なんじゃないかな。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

脳が疲れすぎて帰宅後にジュースをがぶ飲みする。

今日は都内某所で講習会があり、朝から晩までカンヅメ状態でした。

明日も同様の時間帯でギチギチに詰め込まれる予定です。

義務感からの知識の詰め込みゆえに、記憶の蓄積に必死過ぎて

夕方に帰る頃には血糖値が激下がりしている気がしておりました。

「ああ、甘いものが猛烈に食べたくてたまらない」

「でも何が食べたいのか考えるのがしんどい」

ってことで、帰宅途中のセブンで豆花だけを購入。

帰宅後に固形物を食べるのも間に合わない感じで、

冷蔵庫に入っていたフルーツジュースを

2本もがぶ飲みしてしまいました。

それでやっとこ落ち着いた感じ。

明日は帰宅途中にジュースをチャージした方がいいかもなぁ。

でも自動販売機で買ってその場で飲むよりは、

一刻も早く帰りたい気もするし。

そうそう。自動販売機と言えば、JR御茶ノ水駅構内にあるそれ。

ツッコミ待ちかな? と気になっております。

image

JR御茶ノ水駅の工事はまだまだ続いておりまして、

ホーム以外の駅舎は広くなっているのですが、

だからなのか何なのか、自動販売機が所々に設置されているのです。

余裕があるからか、遊び心ってやつ? ってのもありまして、

それが写真の自動販売機なのです。

御茶ノ水駅なので「お茶」と「水」だけの自動販売機だそうで、

どうせならココでしか買えないラベルにすればいいのに

と思わなくもない。

お茶と水だけでどれだけの売り上げをたたき出すのか、

とても気になります。

ちなみにワタクシはJR東日本エキナカ自販機だと

ストレート果汁100%のリンゴジュースがお気に入りです。

明日はそれを買って帰ろうかな。

糖分チャージで落ち着いたので、

これからゆっくりと入浴して食事に致そうと思います。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

Suicaが使える八重地下の高級ガチャ。

image

八重洲地下街にSuicaが使えるガチャがあるんです。

ガチャガチャ回さない自動販売機タイプなのですが、

Suicaが使えるってところがワタクシには重要。

これはリミッターが解除されてヤバイタイプのガチャよね。

大変危険です。散財するリスクしかない。

でも、まあ、ガチャですし、どんなに高くても500円かと。

2回チャレンジしちゃうかもしれんけれど、

1,000円ならば許容範囲と言えなくもない、こともない?

と思っていたら、

予想を遥かに超える価格の商品がありました。

image


2,000円!


一回、2,000円!?

リミッターが壊れると思っていたワタクシですが、

さすがにこれはチャレンジできませんでした。

一つ2,000円の箸置きってことは、5つ揃えたら一万円よ!

デパートでも割と良いものが買える予算だわさ。

とか言いつつ、初めにこれを見たもんで金銭感覚が麻痺してしまい、

別のものにチャレンジしちゃったんですけどね。テヘっ。

image

実はこのガチャ。九谷焼を取り扱っているものだったのです。

そりゃ、お高くなるかもしれん。

全体像はこんな感じ。

image

全てが九谷焼って訳ではなく、

200円程度の普通のガチャも入ってます。

でも九谷焼商品は最低でも1,000円が必要です。

image

さて、ワタクシが本日入手したのは、九谷焼のカエルです。

image

表示を見ると、カエル以外のラインナップがありそうですね。

image

出てくるのはカプセルではなく、紙箱です。

コンパクトで良いですね。

image
前面

image
側面

image
背面

おおう、富士山を背負ったカエルだったのですね。

これはアリ。アリですわ。チャレンジして良かった。

商品の交換頻度は低そうですが、

来月頃にまた覗きに来ようと思います。

それにしても、2,000円の箸置きも

気になるっちゃーなるのよねー。

image
高島屋のキャラクターを彷彿とさせるフィギュアもありました。
ちょっと可愛い。


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

アキュア自動販売機「From AQUA 天然水ゼリー」がSNSで昨年から話題らしい。

image

「From AQUA 天然水ゼリー」が昨年SNSで話題になったそうですね。

透明スイーツとして大ヒットしたらしいです。

全く知りませんでしたけど、

今年は3月16日(火)から再販になったと昨日知ったので、

遅ればせながら入手して参りました。

サイト以外にacureの自販機でしか取り扱いが無いため、

JR東日本エキナカ自販機「acure(アキュア​)」のアプリをインストールして

販売中の自販機を探してみたところ、

最寄り駅に取り扱いがある。

ってか、かなりの自販機に入っているっぽい。

ワタクシの給水ポイントと言える自販機の全てに入っていました。

これは入手し易い。

気に入ったらまとめ買いしても良いかもしれん。

って、たぶんしないけど。

「From AQUA 天然水ゼリー」が一番売れる時間帯は夕方16時から18時なんだとか。

そして、10代から20代の男性の支持率が高いそうな。

理由は小腹が満たせるからなんですって。

皆さん小腹がお小さいようで…。

それなりのお年頃のワタクシは、これで粉薬を飲むのはどうだろう?

とか考えちゃってます。

当面、粉薬を飲む予定が無いので、

とりあえずは咳き込みそうなときに飲もうと思います。

image
このサイズってことを考えるといいお値段かも。

ちなみに千葉県民T曰く、

ストローを挿して飲むのが飲みやすいらしいです。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

JR新橋駅『カンナチュールキッチン』が10月31日までの期間限定で営業中。

image

2016年、京都高倉錦にオープンしたカンナチュールは、化学調味料や保存料を使用しない無添加のデリシャス缶詰を展開しています。

都内で購入しようと思うと、牡蠣みそのみ銀座松屋に置いてあるらしいのですが、それ以外だと日本橋にある自動販売機ぐらい。

そんな中、リニューアル工事を一部終えたJR新橋駅に7月30日から10月31日までの期間限定でオープンしました。

送料なしで入手できるってことで、ぶらりと見に行って参りました。

image
他に誰も居なかったので、いろいろ丁寧に説明して頂きました。

デリシャスなだけに、一缶当たりは良いお値段です。

日本各地の良い食材を使った加工品が、機械ではなく手詰めされているのがその理由のようで、小ロットゆえにほど良いレア感もあり、贈り物に良さそうです。

image
今回この3種類を購入してみました。

image
賞味期限は缶によるものの2年程度かな。
良いものが常温保存できるのが良いところです。

青春アヒージョは1,296(税込)は、そのまま食べても良いツマミになりますが、茹でたジャガイモと炒めると美味しいらしい。

旬の食材だと、牡蠣の缶詰が複数の味で展開してありました。

ワタクシは苦手食材ですが、好きに人には良いかも。

缶をバージョンアップさせるレシピが置いてありますし、WEBでも閲覧できます。

そもそも、ここで販売している食材とデリシャス缶詰を使って料理人が調理したものをテイクアウトできるらしいです。

試すならそちらの利用も良いかもしれませんね。

image
日本各地から集まった食材をマルシェで販売する予定もあるそうです。

缶は巣ごもり時間に良いアイテムかもしれませんし、高級な非常食としても良いかも。

気に入ったら、次回は自動販売機に買いに行こうと思います。



デリ缶レシピ https://can-naturel.jp/category/recipe/

image
【カンナチュール自動販売機】

東京都港区新橋2-17 JR新橋駅(北改札外)
営業時間 10:00~21:00
https://can-naturel.jp/


【にほんブログ村】

秋葉原『えひめ飲料 東京事務所』のジュースの自動販売機でストレート蜜柑ジュースを買いだめる。

image

JR御徒町駅からJR秋葉原駅までは余裕で歩ける距離です。

階段を上って下りて・・・と駅の中を歩くぐらいなら、

秋葉原駅まで歩いてしまおうと考えました。

で、あっという間に到着。

image
夏には夏のドリンクが並ぶんですね。(右端)

image
小銭入れに100円玉が20枚以上あったので、適当に購入。

どれかが激しく美味しかった記憶があるのですが、

それがどれかは記憶から消去されていました。

全てストレートジュースなので美味しいんですけどね。

久々に飲んだけれど、やっぱり美味しい。



image
【えひめ飲料 東京営業本部】

東京都千代田区外神田4-13-2
https://www.ehime-inryo.co.jp/
※複数本購入する際は袋持参を推奨します


【にほんブログ村】

秋葉原『えひめ飲料 東京営業本部』前の自動販売機で蜜柑ジュース(ストレート果汁)を購入。

image

蜜柑ジュースが大好物です。

蜜柑ジュースと云えば、「えひめ飲料」。

ポンジュースでおなじみの「えひめ飲料」ですが、

秋葉原には東京の事務所がありまして、

その社屋外に自動販売機があるんです。

自動販売機なので時間を気にすることなく、人の目を気にすることなく、

えひめ飲料商品が購入できます。

本日は久々にその自動販売機で蜜柑ジュースを買って参りました。

image
前回購入した2015年は100円でしたが、今は120円になっております。


image
目当てのストレート果汁飲料は、愛媛みかんのほかに、
河内晩柑、はるか、ぽんかん、ひめぽん、きよみ、ひめぽんがあります。


image
それら全てを購入しました。
前回よりも商品が増えている。


image
ストレート果汁の缶ジュースってところがポイント高し、なのです。


ものごっつい満足感を得られました。

理由は、前回は無かったものが新たに入手できたからです。

わざわざ行って良かったー。

消費税が上がれば、ここの価格もそれに追従するんだろうなぁ。



image
【えひめ飲料 東京営業本部】

東京都千代田区外神田4-13-2
https://www.ehime-inryo.co.jp/


【にほんブログ村】

台東区浅草2丁目『だし道楽 自動販売機』で焼きあご昆布入り出汁をリベンジ。

image
上段は焼きあご昆布入り出汁。

image
下段には宗田節入り出汁が並んでいました。


24時間いつでも購入可能な『だし道楽 自動販売機』。

広島県江田島にある二反田醤油の商品です。

以前、五反田で買おうと思ったら

目的のものが売り切れていて買えなかった経験があります。

『だし道楽』は、焼あご(飛び魚)を丸ごと一匹入れたつゆの素で、

2003年に商品化され、2007年から自動販売機で販売。

北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡などの都市部に自動販売機があるようです。

取扱商品は主に、だし道楽「焼きあご入り」と、だし道楽「宗田節入り」。

それぞれ500mlのペットボトルて販売しています。

image
意外と濃い出汁なんですね。

image
「焼きあご入り」はトビウオが一本まるっと入っています。


価格は700円(税込)。

賞味期限はだいたい半年ぐらいなのかな。

自販機のディスプレイ用として並んでいるボトルの底には塩が沈殿していました。

あれを見る限り、塩分はガッツリ目っぽい。

とりあえず週末に大根でも煮てみようかな。

美味しかったら、また買いに行こうと思います。

自動販売機なので、複数本買う場合はエコバッグは必携です。



image
【だし道楽 自動販売機設置場所】

東京都台東区浅草2-18
三井のリパーク「浅草2丁目第2」
http://shop.dashidouraku.com/


【にほんブログ村】

富山県のブランド米「富富富」の自動販売機を大手町駅で発見。

image
東京メトロ東西線大手町駅中央改札口脇に設置されています。


東西線大手町駅で偶然、

富山県のブランド米「富富富」を販売する自動販売機を発見しました。

思わず数歩後退し、まじまじと眺めた次第です。

「富富富」以外にもケロリングッズやラーメン、

菓子類、カレー、麦茶などの富山県産品が売られております。

image
「富富富」1袋300g(2合分)が500円で販売されていました。


設置期間は今年度末まで。

その後は富山県が状況を見極めて継続を検討するそうです。

以前、東京メトロ有楽町駅改札付近にも

富山県産品の自動販売機が設置されていましたが、

今は撤去されており、寂しく思っておりました。

「富富富」がワンコインで入手できるってのは良いですね。

帰りがけに気軽に買えそうです。

って、ワタクシは現在、東西線ユーザーではないんですけどね。

次回は帰りがけにわざわざ立ち寄って購入しようと思います。



【にほんブログ村】

品川区東五反田『容器文化ミュージアム』でミュージアムグッズを購入してみた。

image


容器製造事業を展開する東洋製罐グループ本社ビルにある『容器文化ミュージアム』は、

平日しか開いていない小さなミュージアムです。

容器がどのように工夫されているのかなどが良く分かる展示となっております。

展示がポップで可愛いのが特長でして、ほほ~ぅと小さな発見が得られる内容です。

image
image

ここには容器包装やその素材を使ったオリジナルグッズや、

容器に関するミュージアムグッズがあります。

ミュージアムショップがあるわけではなく、

館内の隅に自動販売機があり、そこで数点のグッズを販売しています。

価格は数百円から千五百円までと、いろいろ。

ワタクシはここで500円の栓抜きを購入致しました。

image
ガラス瓶メーカーが開発した究極のボトルオープナー(栓抜き)、だそうです。


写真の商品は「極抜き(きわみぬき)」というもので、

ガラス瓶の口部の割れを防止する構造になっているそうです。

商品名は東洋ガラスの登録商標で、特許も取っているようです。

栓抜きに究極性を求めたことがないのですが、

500円だし、面白そうなので買ってしまいました。

栓抜きを使うって暮らしを殆どしていないんですけどね。

明日、栓を抜かなければならない何かを買って、これで開栓してみようと思います。

一回で「極み」について実感できるのかってところが、ちょっと不安ではありますが。

他に気になったのは缶切り1,500円ですが、

缶を開けることが殆ど無い生活をしているもんで、

使いどころが分からず自粛致しました。

最近の缶詰って缶切り不要ってものが多いですもんね。

とりあえず栓抜きを試してみて、感動したらもう一度足を運んでみようと思います。

オープンは平日のみなんですけどね。

image
栓抜きを必要とするものの選択肢がウチの近所ではあまり無く。

image
凄いんだろうな、きっと・・・という感じです。
王冠部分が曲がらないので、きっとスゴイに違いない。うん。
ってか、一回じゃワカランかった。



image
【容器文化ミュージアム】

東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビルディング1F
開館時間 9:00~17:00
休館日:土曜、日曜、祝日、年末年始ほか
入館料:無料
https://package-museum.jp/


【にほんブログ村】

品川区東五反田『だし道楽 自動販売機』を初めて見たので買ってみようと思ったのに。

だし道楽


24時間いつでも購入可能な『だし道楽 自動販売機』。

広島県江田島にある二反田醤油の商品です。

福岡県の同名店との関りは謎です。

『だし道楽』は、焼あご(飛び魚)を丸ごと一匹入れたつゆの素で、

2003年に商品化され、2007年から自動販売機で販売をしているそうです。

北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡など

都市部に自動販売機があるらしいのですが、

ワタクシは初めて五反田で見ました。

五反田で買う二反田の出汁・・・。

はい。言いたかっただけです。

ここでの取扱商品は、だし道楽「焼きあご入り」と、だし道楽「宗田節入り」。

それぞれ500mlのペットボトルて販売しています。

だし道楽
「焼きあご入り」はトビウオが一本まるっと入っています。
買う気満々なのに完売でした。


だし道楽
宗田節入りは販売中でした。


700円(税込)だったので買おうと思ったのですが、

飛び魚入りは完売でした。

面白そうだったのに、本当に残念です。

次回別の場所で同自動販売機を発見したら、是非とも買いたいと思います。

ちょっと面白いですよね。

ビニール袋などはないので、

複数本買う場合はエコバッグ必携かもしれません。



だし道楽
【だし道楽 自動販売機設置場所】

東京都品川区東五反田2-12-1
三井のリパーク「東五反田2丁目第5」
http://shop.dashidouraku.com/


【にほんブログ村】

【台湾】台湾高速鉄道(新幹線)で台中市へ。

image

台北市の南港駅から高雄市までを繋ぐ台湾高速鉄道(臺灣高速鐵路)。台灣高鐵や、高鐵(高鉄)などとも略されています。
本日はこの新幹線を利用して、台中まで向かうことにしました。
台鉄台中駅がどのように変化しているのかも知りたかったためです。

image
昨年とは大幅に景観が変わっている台鉄台中駅。
ほんと、なんじゃこら~ってほどの変わりようでした。

台北→台中までは、自由席で675NT$、指定席で700NT$。日本円にすると自由席で約2,700円、指定席で約2,800円になります。価格差は100円ほどなので、確実に着席できる指定席を選択しました。
万が一、乗り遅れた場合は後続の自由席に乗車できます。自由席は10号車とか11号車辺り。意外と自由席が空いているということを、己のミステイクにより帰路で知ったワタクシです。

image
台鉄新烏日駅(新烏日火車站)もショップが様変わりしていました。
昨年あったお店がいろいろと消えていました。


image
新しい台鉄台中駅(台中火車站)。
かなりの建物が無くなり、新しい建物がデデンと建っていました。
しかし、まだまだ建設途中です。


image
駅前もだだっ広くなっており、タクシー乗り場なども移動していました。

image
古蹟(文化財)である旧駅舎が
今後どのように改修され利用されるのかが気になります。


image
ホームから見える空き地は、
いろいろと建設計画があるのだろうと思わせるものでした。


image
ホームの自動販売機には日本風のものもあります。

image
しかし、こういうのは見ないと思う。
試す気にはなれませんでした。


image
スタバのオレンジジュースの方が間違いなく美味しそう。

台中からの帰路でワタクシは痛恨のミステイクをしてしまいました。
乗る電車を3分違えたのです。
頻繁に新幹線が出ているため、数分おきにホームに電車が入って来ます。本当に数分おきに来るのです。
乗車してから間違いに気づいたものの、始発駅ではないため直ぐに発車してしまいました。
致し方なく、自由席に向かって延々と車内を歩くことに。同行の母と甥っ子には申し訳ないことをしました。
これで二度と間違えることは無いと思います。

image
途中ですれ違った車掌さんに訊くと自由席は10号車と教えてくれたもんで、
そこまでたどり着いた我々。車内は指定席とは異なり、ガラ空きでした。
次回は自由席を選択しようと思いました。
(数分間違えても気にせずに済むし)



image
【臺灣高速鐵路のチケット事前購入可能サイト】

KKday:https://www.kkday.com/ja/product/2700
MAXVISTA:https://www.ohshu.com/asi-oce/railpass/taiwanrailpass.html


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。