sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

自動販売機

JR新橋駅『カンナチュールキッチン』が10月31日までの期間限定で営業中。

image

2016年、京都高倉錦にオープンしたカンナチュールは、化学調味料や保存料を使用しない無添加のデリシャス缶詰を展開しています。

都内で購入しようと思うと、牡蠣みそのみ銀座松屋に置いてあるらしいのですが、それ以外だと日本橋にある自動販売機ぐらい。

そんな中、リニューアル工事を一部終えたJR新橋駅に7月30日から10月31日までの期間限定でオープンしました。

送料なしで入手できるってことで、ぶらりと見に行って参りました。

image
他に誰も居なかったので、いろいろ丁寧に説明して頂きました。

デリシャスなだけに、一缶当たりは良いお値段です。

日本各地の良い食材を使った加工品が、機械ではなく手詰めされているのがその理由のようで、小ロットゆえにほど良いレア感もあり、贈り物に良さそうです。

image
今回この3種類を購入してみました。

image
賞味期限は缶によるものの2年程度かな。
良いものが常温保存できるのが良いところです。

青春アヒージョは1,296(税込)は、そのまま食べても良いツマミになりますが、茹でたジャガイモと炒めると美味しいらしい。

旬の食材だと、牡蠣の缶詰が複数の味で展開してありました。

ワタクシは苦手食材ですが、好きに人には良いかも。

缶をバージョンアップさせるレシピが置いてありますし、WEBでも閲覧できます。

そもそも、ここで販売している食材とデリシャス缶詰を使って料理人が調理したものをテイクアウトできるらしいです。

試すならそちらの利用も良いかもしれませんね。

image
日本各地から集まった食材をマルシェで販売する予定もあるそうです。

缶は巣ごもり時間に良いアイテムかもしれませんし、高級な非常食としても良いかも。

気に入ったら、次回は自動販売機に買いに行こうと思います。



デリ缶レシピ https://can-naturel.jp/category/recipe/

image
【カンナチュール自動販売機】

東京都港区新橋2-17 JR新橋駅(北改札外)
営業時間 10:00~21:00
https://can-naturel.jp/


【にほんブログ村】

秋葉原『えひめ飲料 東京事務所』のジュースの自動販売機でストレート蜜柑ジュースを買いだめる。

image

JR御徒町駅からJR秋葉原駅までは余裕で歩ける距離です。

階段を上って下りて・・・と駅の中を歩くぐらいなら、

秋葉原駅まで歩いてしまおうと考えました。

で、あっという間に到着。

image
夏には夏のドリンクが並ぶんですね。(右端)

image
小銭入れに100円玉が20枚以上あったので、適当に購入。

どれかが激しく美味しかった記憶があるのですが、

それがどれかは記憶から消去されていました。

全てストレートジュースなので美味しいんですけどね。

久々に飲んだけれど、やっぱり美味しい。



image
【えひめ飲料 東京営業本部】

東京都千代田区外神田4-13-2
https://www.ehime-inryo.co.jp/
※複数本購入する際は袋持参を推奨します


【にほんブログ村】

秋葉原『えひめ飲料 東京営業本部』前の自動販売機で蜜柑ジュース(ストレート果汁)を購入。

image

蜜柑ジュースが大好物です。

蜜柑ジュースと云えば、「えひめ飲料」。

ポンジュースでおなじみの「えひめ飲料」ですが、

秋葉原には東京の事務所がありまして、

その社屋外に自動販売機があるんです。

自動販売機なので時間を気にすることなく、人の目を気にすることなく、

えひめ飲料商品が購入できます。

本日は久々にその自動販売機で蜜柑ジュースを買って参りました。

image
前回購入した2015年は100円でしたが、今は120円になっております。


image
目当てのストレート果汁飲料は、愛媛みかんのほかに、
河内晩柑、はるか、ぽんかん、ひめぽん、きよみ、ひめぽんがあります。


image
それら全てを購入しました。
前回よりも商品が増えている。


image
ストレート果汁の缶ジュースってところがポイント高し、なのです。


ものごっつい満足感を得られました。

理由は、前回は無かったものが新たに入手できたからです。

わざわざ行って良かったー。

消費税が上がれば、ここの価格もそれに追従するんだろうなぁ。



image
【えひめ飲料 東京営業本部】

東京都千代田区外神田4-13-2
https://www.ehime-inryo.co.jp/


【にほんブログ村】

台東区浅草2丁目『だし道楽 自動販売機』で焼きあご昆布入り出汁をリベンジ。

image
上段は焼きあご昆布入り出汁。

image
下段には宗田節入り出汁が並んでいました。


24時間いつでも購入可能な『だし道楽 自動販売機』。

広島県江田島にある二反田醤油の商品です。

以前、五反田で買おうと思ったら

目的のものが売り切れていて買えなかった経験があります。

『だし道楽』は、焼あご(飛び魚)を丸ごと一匹入れたつゆの素で、

2003年に商品化され、2007年から自動販売機で販売。

北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡などの都市部に自動販売機があるようです。

取扱商品は主に、だし道楽「焼きあご入り」と、だし道楽「宗田節入り」。

それぞれ500mlのペットボトルて販売しています。

image
意外と濃い出汁なんですね。

image
「焼きあご入り」はトビウオが一本まるっと入っています。


価格は700円(税込)。

賞味期限はだいたい半年ぐらいなのかな。

自販機のディスプレイ用として並んでいるボトルの底には塩が沈殿していました。

あれを見る限り、塩分はガッツリ目っぽい。

とりあえず週末に大根でも煮てみようかな。

美味しかったら、また買いに行こうと思います。

自動販売機なので、複数本買う場合はエコバッグは必携です。



image
【だし道楽 自動販売機設置場所】

東京都台東区浅草2-18
三井のリパーク「浅草2丁目第2」
http://shop.dashidouraku.com/


【にほんブログ村】

富山県のブランド米「富富富」の自動販売機を大手町駅で発見。

image
東京メトロ東西線大手町駅中央改札口脇に設置されています。


東西線大手町駅で偶然、

富山県のブランド米「富富富」を販売する自動販売機を発見しました。

思わず数歩後退し、まじまじと眺めた次第です。

「富富富」以外にもケロリングッズやラーメン、

菓子類、カレー、麦茶などの富山県産品が売られております。

image
「富富富」1袋300g(2合分)が500円で販売されていました。


設置期間は今年度末まで。

その後は富山県が状況を見極めて継続を検討するそうです。

以前、東京メトロ有楽町駅改札付近にも

富山県産品の自動販売機が設置されていましたが、

今は撤去されており、寂しく思っておりました。

「富富富」がワンコインで入手できるってのは良いですね。

帰りがけに気軽に買えそうです。

って、ワタクシは現在、東西線ユーザーではないんですけどね。

次回は帰りがけにわざわざ立ち寄って購入しようと思います。



【にほんブログ村】

品川区東五反田『容器文化ミュージアム』でミュージアムグッズを購入してみた。

image


容器製造事業を展開する東洋製罐グループ本社ビルにある『容器文化ミュージアム』は、

平日しか開いていない小さなミュージアムです。

容器がどのように工夫されているのかなどが良く分かる展示となっております。

展示がポップで可愛いのが特長でして、ほほ~ぅと小さな発見が得られる内容です。

image
image

ここには容器包装やその素材を使ったオリジナルグッズや、

容器に関するミュージアムグッズがあります。

ミュージアムショップがあるわけではなく、

館内の隅に自動販売機があり、そこで数点のグッズを販売しています。

価格は数百円から千五百円までと、いろいろ。

ワタクシはここで500円の栓抜きを購入致しました。

image
ガラス瓶メーカーが開発した究極のボトルオープナー(栓抜き)、だそうです。


写真の商品は「極抜き(きわみぬき)」というもので、

ガラス瓶の口部の割れを防止する構造になっているそうです。

商品名は東洋ガラスの登録商標で、特許も取っているようです。

栓抜きに究極性を求めたことがないのですが、

500円だし、面白そうなので買ってしまいました。

栓抜きを使うって暮らしを殆どしていないんですけどね。

明日、栓を抜かなければならない何かを買って、これで開栓してみようと思います。

一回で「極み」について実感できるのかってところが、ちょっと不安ではありますが。

他に気になったのは缶切り1,500円ですが、

缶を開けることが殆ど無い生活をしているもんで、

使いどころが分からず自粛致しました。

最近の缶詰って缶切り不要ってものが多いですもんね。

とりあえず栓抜きを試してみて、感動したらもう一度足を運んでみようと思います。

オープンは平日のみなんですけどね。

image
栓抜きを必要とするものの選択肢がウチの近所ではあまり無く。

image
凄いんだろうな、きっと・・・という感じです。
王冠部分が曲がらないので、きっとスゴイに違いない。うん。
ってか、一回じゃワカランかった。



image
【容器文化ミュージアム】

東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビルディング1F
開館時間 9:00~17:00
休館日:土曜、日曜、祝日、年末年始ほか
入館料:無料
https://package-museum.jp/


【にほんブログ村】

品川区東五反田『だし道楽 自動販売機』を初めて見たので買ってみようと思ったのに。

だし道楽


24時間いつでも購入可能な『だし道楽 自動販売機』。

広島県江田島にある二反田醤油の商品です。

福岡県の同名店との関りは謎です。

『だし道楽』は、焼あご(飛び魚)を丸ごと一匹入れたつゆの素で、

2003年に商品化され、2007年から自動販売機で販売をしているそうです。

北海道、東京、名古屋、京都、大阪、福岡など

都市部に自動販売機があるらしいのですが、

ワタクシは初めて五反田で見ました。

五反田で買う二反田の出汁・・・。

はい。言いたかっただけです。

ここでの取扱商品は、だし道楽「焼きあご入り」と、だし道楽「宗田節入り」。

それぞれ500mlのペットボトルて販売しています。

だし道楽
「焼きあご入り」はトビウオが一本まるっと入っています。
買う気満々なのに完売でした。


だし道楽
宗田節入りは販売中でした。


700円(税込)だったので買おうと思ったのですが、

飛び魚入りは完売でした。

面白そうだったのに、本当に残念です。

次回別の場所で同自動販売機を発見したら、是非とも買いたいと思います。

ちょっと面白いですよね。

ビニール袋などはないので、

複数本買う場合はエコバッグ必携かもしれません。



だし道楽
【だし道楽 自動販売機設置場所】

東京都品川区東五反田2-12-1
三井のリパーク「東五反田2丁目第5」
http://shop.dashidouraku.com/


【にほんブログ村】

【台湾】台湾高速鉄道(新幹線)で台中市へ。

image

台北市の南港駅から高雄市までを繋ぐ台湾高速鉄道(臺灣高速鐵路)。台灣高鐵や、高鐵(高鉄)などとも略されています。
本日はこの新幹線を利用して、台中まで向かうことにしました。
台鉄台中駅がどのように変化しているのかも知りたかったためです。

image
昨年とは大幅に景観が変わっている台鉄台中駅。
ほんと、なんじゃこら~ってほどの変わりようでした。

台北→台中までは、自由席で675NT$、指定席で700NT$。日本円にすると自由席で約2,700円、指定席で約2,800円になります。価格差は100円ほどなので、確実に着席できる指定席を選択しました。
万が一、乗り遅れた場合は後続の自由席に乗車できます。自由席は10号車とか11号車辺り。意外と自由席が空いているということを、己のミステイクにより帰路で知ったワタクシです。

image
台鉄新烏日駅(新烏日火車站)もショップが様変わりしていました。
昨年あったお店がいろいろと消えていました。


image
新しい台鉄台中駅(台中火車站)。
かなりの建物が無くなり、新しい建物がデデンと建っていました。
しかし、まだまだ建設途中です。


image
駅前もだだっ広くなっており、タクシー乗り場なども移動していました。

image
古蹟(文化財)である旧駅舎が
今後どのように改修され利用されるのかが気になります。


image
ホームから見える空き地は、
いろいろと建設計画があるのだろうと思わせるものでした。


image
ホームの自動販売機には日本風のものもあります。

image
しかし、こういうのは見ないと思う。
試す気にはなれませんでした。


image
スタバのオレンジジュースの方が間違いなく美味しそう。

台中からの帰路でワタクシは痛恨のミステイクをしてしまいました。
乗る電車を3分違えたのです。
頻繁に新幹線が出ているため、数分おきにホームに電車が入って来ます。本当に数分おきに来るのです。
乗車してから間違いに気づいたものの、始発駅ではないため直ぐに発車してしまいました。
致し方なく、自由席に向かって延々と車内を歩くことに。同行の母と甥っ子には申し訳ないことをしました。
これで二度と間違えることは無いと思います。

image
途中ですれ違った車掌さんに訊くと自由席は10号車と教えてくれたもんで、
そこまでたどり着いた我々。車内は指定席とは異なり、ガラ空きでした。
次回は自由席を選択しようと思いました。
(数分間違えても気にせずに済むし)



image
【臺灣高速鐵路のチケット事前購入可能サイト】

KKday:https://www.kkday.com/ja/product/2700
MAXVISTA:https://www.ohshu.com/asi-oce/railpass/taiwanrailpass.html


【にほんブログ村】

清涼飲料自動販売機というベンディングマシン。

自動販売機


昭和時代を生きた時間より、平成時代を生きている時間のほうが長くなりました。

ゆえに昭和時代が遠い過去になると思いきや、

近年あの時代をよく思い出すんですよね。

これは郷愁なのか? はたまた、会話のネタなのか。

本日、駅の自販機でお茶を購入したのですが、

ふと、昭和時代の自販機を思い出しました。

校内にあった自販機には、札の投入口が無かったなぁ・・・とか、

スチール缶からアルミ缶に変わった時は画期的だったなぁ・・・とか、

そもそもそれ以前は瓶の自販機だったから缶が出た時は驚いたなぁ・・・とか、

その瓶の蓋である王冠を集めている子供が居たわ、とか。

牛乳瓶の蓋が厚紙で、“べったん”をする子供が集めていたっけ、とか。

まあ、そんなことをボンヤリ&つらつらと思い出して電車に乗っていました。

ワタクシが今までの人生に於いて自販機絡みで最も驚いたことと云えば、

海外研修から帰国したら消費税が導入されていて価格が値上がっていたこと。

日本の空港でそれを見て、激しく驚きました。

もの凄く搾取されている気になったもんです。

最近では、自販機=値段が高いと思っています。

コンビニの方が確実に安いし。

ああ、でも、賞味期限ギリギリ製品を使っている格安自販機もあるけれど。

さて、自販機といえば、群馬県前橋市には事前申込制の

わくわく自販機ミュージアム」という場所があるそうです。

いろんなミュージアムがあるもんですねぇ。

行きたいか?と訊かれると、微妙だけれど。

何はともあれ、来たる夏には大助かりな清涼飲料自販機。

キリンのシャッセが復活してくれないものかしら・・・

と、思わない年は無いワタクシです。


【にほんブログ村】

秋葉原『えひめ飲料 東京事務所』の蜜柑ジュースの自動販売機は東京では珍しいポンジュースの仲間たちが手に入ります。

えひめ飲料


蜜柑ジュースが大好物です。

先日、母が愛媛から送ってくれた蜜柑ジュースのストックが残り2本になりました。

あんなにチビチビと我慢しながら飲んでいるのに、あと2本とは寂し過ぎる。

ってことで、本日帰宅途中に秋葉原で下車し、ちょっくら調達して参りました。

秋葉原にはポンジュースでおなじみの「えひめ飲料」の東京事務所がありまして、

その社屋の外側に自動販売機があるんです。

秋葉原と云えど、人通りの多い場所ではないのですが、

引っ切り無しに人がジュースを買いにやって来ます。

結構有名らしい。

ポンジュースと云えば、みかん。

東京ではここにしか無いんじゃないかと思える缶入りストレートジュースが3種あり、

それ目当てで買いに来る人も多いみたい。

自動販売機
コンビニにも置いてあるポンジュースもここは安い気がする。

えひめ飲料
殆どの商品が100円です。
ペットボトル飲料は100円じゃないけど安かった気がする。


えひめ飲料
左端に缶コーヒーもあります。
ある種、えひめ飲料の缶コーヒーは珍しいかも。


えひめ飲料
三段あるなかの一番下に、河内晩柑、ひめぽん、きよみ(清見)のストレートジュースがあります。
いよかんは濃縮還元ジュース。


えひめ飲料
先に居たお兄さん曰く、河内晩柑が甘くてオススメなんですって。

えひめ飲料
ってことで、自動販売機下の段の4種を一つずつ購入。

えひめ飲料
左端のいよかんのみ濃縮還元と書いてあります。
「ひめぽん」ジュースは「不知火ジュースと書いてありますね。
それと「国産かんきつ果汁」のマークの色が河内晩柑だけ違うのは何故だろう?


えひめ飲料
昔っぽいパッケージのジュースもありました。
これも濃縮還元ジュース。


えひめ飲料
濃縮還元ジュースは香料やビタミンCが添加されていたりするんですね。


5つもみかんジュースを買い足しておけば、

安心して先の蜜柑ジュースを味わえそうです。

(つまりは一気に開けて飲み比べをする気は更々ないってこと)


えひめ飲料
【えひめ飲料 東京事務所】
東京都千代田区外神田4-13-2
えひめ飲料
自動販売機なので年中無休24H営業


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。