sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

老舗

日本橋大伝馬町『江戸屋』に行くのは営業時間のハードルが高いので母にブラシを買いに行って貰った。

image

江戸時代の創業から300年以上の歴史を持つ『江戸屋』。

江戸屋の屋号を徳川将軍家から与えられ、現代まで刷毛・ブラシの専門店として営業している日本橋の老舗店です。

ワタクシは同店が大変好きなのですが、平日しか開いておらず、買い物に行くには如何せんハードルが高い。

ってことで、母にブラシの購入を依頼致しました。

依頼したのはガラスのストローを洗うブラシでして、考え得る最も良い商品が江戸屋でなら手に入れられると考えたのが動機です。

母にはガラスのストロー本体を持参して貰いました。

image
ガラス管よりもブラシの径の方が太いのですが、

image
これにより管内の汚れをしっかりと絡み取れるようになっております。

image
下が台湾で購入した竹ストロー用ブラシ。
細かさが全然違いますね。

さすがは江戸屋。

母に「これで幾ら?」と聞いたら、「他のものと纏めて買ったから分からないわ」と言ってました。

ってことで、どさくさ紛れにスポンサーになって頂こうと思います。

やっぱり餅は餅屋、ブラシは江戸屋、ですなぁ~。




【江戸屋(えどや)】
東京都中央区日本橋大伝馬町2-16
通常営業時間 9:00~17:00
COVID-19による営業時間 11:00~15:00
定休日:土曜、日曜、祝日
https://www.nihonbashi-edoya.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区蔵前『榮久堂』に偶然立ち寄ったのだけれどどうやら老舗有名店だったらしい。

image
創業は明治20年だとか。

田原町から徒歩で新御徒町に向かう途中で発見したのがこちらのお店。

ワタクシの美味いもんセンサーが働いたので立ち寄って行くことにしました。

ひっきりなしに人が入って来る和菓子店。

どうやら有名且つ人気店だったようです。

image
今回は二種類買ってみました。

image
上生菓子 310円(税込)

image
何の花の名前だったか忘れましたが、練り切りです。

image
[青梅麩饅頭 720円(税込)]
季節限定品だそうです。


image
ちょっと小ぶりの麩饅頭。
つるつる・もっちり・さっぱりとした食感と味で美味~。


image
刻んだ果肉が入っていて食感も楽しいです。
飲みたくなる麩饅頭って感じ。

初めて同店を訪れたワタクシですが、

女将さんらしき方に

ワタクシ常連だったかな?

と思うほど、かなりフレンドリーな対応を頂きました。

女将さん(らしき方)が一番対応が良かったかも。

お菓子の種類はかなり豊富です。

後から気付いたのですが、

ショウケースの下の方までギッシリとお饅頭類が並んでいました。

杏水無月とか、杏あんみつとか、杏を使った和菓子が沢山あり、

購買意欲は湧くのに胃袋とカロリーに限界があり、

かなり残念に思いました。

帰宅後、

「そういえばお盆のお供え用にお饅頭を買うつもりだったんだっけ」

と思い出し、ちょうど一つ買って良かったと、上生菓子をお供えにしました。

「おいおい、和菓子買うって言ってたじゃないのか」との、

亡き親族たちからの強制力が働いたのか、

進行方向とは逆に向かってでも同店に立ち寄れて良かったです。

ちなみに上生菓子は日保ちするっぽいのですが、

その日に食べた方が乾燥してなくて美味しいやん、

ってことで、お供えから撤収して美味しく頂きました。

ワタクシが買ったものは甘さ控えめでなかなかに好みでした。

またこの辺りに来たら立ち寄りたいと思います。



image
【榮久堂(えいきゅうどう)】

東京都台東区蔵前4-37-9
営業時間 [平日] 9:00~19:00,[日・祝] 9:00~18:00
定休日:火曜


【にほんブログ村】

日本橋本町『小津和紙』は四代将軍・徳川家綱の時代に創業した和紙専門店です。

小津和紙


承応2年(1653年)創業の日本橋にある和紙の専門店『小津和紙』。

全国の手漉き和紙を中心に、書道用具や御朱印帳などが揃っています。

本日は人形町から東京駅まで歩いていたのですが、

その途中にあったので立ち寄って参りました。


小津和紙
昔の店舗が渋いですねぇ。

小津和紙
店舗の横に工房があり、手漉き和紙の体験ができます。
外国人観光客に人気のようでした。


小津和紙
本日購入したのはオリジナル商品2点。
一筆箋(324円)と眼鏡拭き(216円)です。


小津和紙
眼鏡拭きは当然、紙製です。
眼鏡だけでなく、タブレット画面を拭くにもちょうど良いです。


正午までには帰宅せねばならんのに、うっかり長時間店舗に居てしまいました。

ゆえに家まで歩こうと思っていたのが、東京駅までになってしまいました。

雨も降っていたので、ちょうど良かったんですけどね。

ここの御朱印帳はなかなかワタクシ好みでございまして、

次回の購入はこちらで致そうと思いました。

それと、長らく探していた硯もありまして、

もうここの硯を買っちゃおうかなという気分になりつつあります。

サイズが小ぶりなのも良かったし。

また日本橋界隈を散歩することがあれば、是非立ち寄りたいお店です。



小津和紙
【小津和紙】

東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、年末年始
http://www.ozuwashi.net/


【にほんブログ村】

日本橋人形町『うぶけや』の高級毛抜きがやっぱり欲しい。

うぶけや


母の用事で日本橋人形町に朝から行って参りました。

午後はセミナー受講があるので、この時間帯しか隙間が無かったためです。

久々の人形町・・・ってことも無いけれど、朝から歩くのは久々だったもんで、

ちょっとウキウキしておりました。

目的地は『うぶけや』。

刃物や、その店名からも分かるように毛抜きで有名な老舗です。

ビルの間に建つ店舗も、いい感じなんです。

無論店内は、推して知るべし。

うぶけや
母に頼まれたものを引き取って参りました。

うぶけや
<参考写真>
包みの内容は、ワタク愛用の食事はさみと同じものです。


食事鋏は先端が丸くなっているので、食器の上で食品を切っても食器を傷めないという優れもの。

ものすごく切れ味が良いので、刃を拭く際は手を切らないように注意が必要です。

これでケンタッキー・フライド・チキンの骨を切るマダムが居られるらしいのですが、

それは止めておくようにと念を押されました。

出された食事を切るという行為は、子供か、高齢者に必要な事柄だと思うのですが、

その年になってもケンタッキー・フライド・チキンが食べたくなるんだな、と

話を聞いてほほえましく思いました。

でも骨を切るって、ワイルド過ぎるかも。

もしかして骨でスープを作りたかったのかな?

いやいや、それならキッチン鋏を使うよね。

などと、店主さんと会話中に思っていたワタクシです。

ワタクシが毛抜きをガン見していたからか、

そちらについてもいろいろ説明して貰いました。

使ってみたら、お高いものはものごっつい手に馴染む。

めちゃくちゃ欲しくなったものの、本日の予算外だったので、

「お給料が出たらまた来ます」と言って店を後にしました。

無論、四ケタ台の安い毛抜きもありましたが、

五桁の毛抜きは、やはり違うんです。

そもそも持ち手がちょっと長いし、ボディに厚みがあるため、

力の入れ方が少なくて済む。

最近、ペットボトルの蓋が明けにくいと感じているほど

握力低下に見舞われているため、

“少しの力でいつもの働き”

をしてくれるグッズに滅法よろめきやすくなっているワタクシです。

菊一文字の毛抜きも愛用しているのですが、

2mmの毛抜きが欲しいと思っていたんですよね。

今度は是非、『うぶけや』の毛抜きを入手したいと思っています。

野望なり。



うぶけや
【うぶけや】

東京都中央区日本橋人形町3-9-2
営業時間 9:00~18:00(土曜9:00~17:00)
定休日:日曜、祝日
https://www.ubukeya.com/


【にほんブログ村】

茨城県土浦市『柴沼醤油醸造』は木桶仕込みの生醤油が有名なんですって。

柴沼醤油醸造

醤油の「関東三大銘柄地」は、千葉県野田市と銚子市、そして茨城県土浦市だったんだそうな。

今は市内に一軒しか残っていない醤油醸造所が、元禄元年(1688年)創業で320年余り続く老舗『柴沼醤油醸造』。

木桶仕込みの生醤油が有名だと酒豪Mが言うもんで、三連休中の入手を試みたものの、平日しか開いてない。
しかも工場見学は9月末までで、10月からは本格的な仕込みに入るもんで年内の見学は受付ないそうな。

商品は特定のスーパーで入手可能だとのことなれど、駅で自転車を借りたので、ひとっ走り醸造地を見に行って参りました。

柴沼醤油醸造
桜川沿いにある醸造所の脇を通ると、醤油の良い香りが漂います。

柴沼醤油醸造
東日本大震災で被災した建物があったらしいので、
屋根が真新しいのがそれなのかも。


柴沼醤油醸造
たぶんここが入口なんだと思われます。
母屋は江戸時代の建物なんですって。


柴沼醤油醸造
塀も真新しい感じですね。

柴沼醤油醸造
空き地に置いてある古い木桶。

柴沼醤油では7割の工程を職人の手作業で行っているそうです。
江戸時代から明治時代より伝わる蔵や木桶を使い、そこで繁殖した微生物が醤油の旨味を出しているらしく、それがこの醸造所の特徴なのだとか。

酒豪M情報によると、木桶で醸造しているところは茨城県ではここだけ、とかなんとか。
めちゃくちゃ珍しいらしいです。

柴沼醤油
[左から] ぬか漬 356円、フレッシュボトル紫峰367円、貴醤油298円
※それぞれ税別


「お常陸」という瓶入りの醤油は、茨城県産のダイズとコムギだけを使用した木桶仕込みの生醤油らしいのですが、いかんせん重く、価格も1,000円と飛びぬけており、今回はスルー致しました。
ワタクシが見たところ、教えてもらった特定のスーパーでも置いてないところもあるっぽい。

ワタクシはほとんど醤油を使わないもんで、味の違いが判る女になったら、購入してみようと思います。

ネットショップで。



柴沼醤油醸造
【柴沼醤油醸造(しばぬましょうゆじょうぞう)】
Shibanuma-syouyu Co., Ltd.

茨城県土浦市虫掛374
営業時間 8:00~17:00
定休日:土日曜祝(不定休)
工場見学:要予約(9月までの平日のみ)
https://www.shibanuma.com/


【にほんブログ村】

茨城県土浦市『吾妻庵総本店』がイイ感じの木造建築なのだけれど蕎麦アレルギーゆえ入れない。

吾妻庵総本店


明治6年(1873年)創業の『吾妻庵総本店』は、

その名の通り茨城県内に数店舗ある吾妻庵の総本店です。

こちらの建物は大正時代に建てられたと言われておりまして、今も現役の木造建築です。

中に入ってみたいのですが、蕎麦アレルギーなので蕎麦屋には結界があって入れません。

蕎麦屋ってこういう風情ある建物が多くて、いつも羨ましく思うんですよねぇ。

いいなぁ。

ここは、天ぷらそばがイチオシなんだそうです。

いいなぁ。

吾妻庵総本店
この看板がごっついイイですよね。
ものすごく凝ってる。


吾妻庵総本店
どこを切り取っても絵になる建物です。

吾妻庵総本店
この盆栽も凄い。丹精込めて育てている感があります。


蕎麦粉を吸うと体調によっては蕁麻疹が出るので近寄れませんが、

遠くから写真に撮って、内部を妄想しているワタクシなのでした。



吾妻庵総本店
【吾妻庵総本店】

茨城県土浦市中央1-6-11
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日:水曜


【にほんブログ村】

奈良市上三条町『今西本店』で奈良漬ではなく「踏込み粕」なるものを購入する。

今西本店



奈良と言えば、奈良漬。


好き嫌いがキッパリ分かれるお漬物ですが、ワタクシは大好きです。


基本、粕に漬けるものは何でも好き。


近鉄奈良駅からほど近い三条通り沿いにある『今西本店』は、


江戸時代末期から続く奈良漬の老舗です。


散策中に表のガラスに「酒粕」という文字が見えたので、


母を誘ってお店に入ってみました。



今西本店
店舗は築数百年経過しているみたいです。

今西本店
入口正面に粕漬けが置いてありました。
※許可を得て撮影


今西本店
その一角に、「踏込み粕」なるものがある。
色はお味噌っぽい。


今西本店
これが奈良漬けのもとのようで、
人が丁寧に足で踏んで醗酵を促しているそうです。
かなりの労力を要しそうですね。
味がしっかりしているので、家で漬けるのは1日程度で十分なのだとか。



常温でOKってことで、安心して東京まで持ち帰りました。


ワタクシはこれでチーズを漬けるつもり。


野菜は今、とてもお高いですからね。


と言うより、22日の雪の影響で入荷が滞っているらしい。


肉を漬けても美味しいし、お鍋にスプーン一杯程度を入れても風味が増すらしい。


寒い時期には夢が広がるアイテムですね。


奈良で奈良漬を買わずに、踏込み粕を買うなんて、


ちょっとツウっぽくて、なんか嬉しい。


結局、酒粕は購入しませんでした。



image
後日、キュウリを漬けてみました。
あまり長いこと漬けると辛くなりそうだったので浅漬け日にちで取り出し。


image
ほんのり粕の香るアッサリ浅漬けが出来上がりました。
残りの粕で、今度は長時間人参を漬けておくことに。
出来上がりが楽しみです。

今西本店
【今西本店】

奈良県奈良市上三条町31番地
営業時間9:30~18:45(日曜・祝日は ~18:00)
定休日:水曜、第三日曜(他随時休日あり)
http://奈良漬.com/index.html

正面の縦看板は創業当時のものだそうです。


【にほんブログ村】

日本橋人形町『うぶけや』のキッチン鋏を母に誕生日プレゼントして貰いました。

うぶけや
キッチン鋏とテーブル用の料理鋏(小)。



今週末に誕生日を迎えるワタクシ。


年齢のことは置いといて、一歳年齢を積み重ねます。


そんなワタクシに母がキッチン鋏を買ってくれました。


実は以前から欲しいと思っていたので、これを機にリクエストしたんです。


どこのものを選ぼうかで迷ったのですが、


最終的には木屋と「うぶけや」との二択に致しました。


「うぶけや」を選んだ決定打は創業年。


木屋は1792年創業、


「うぶけや」は1783年創業。


しかも「うぶけや」は建物が良いんですよねぇ。


わざわざ買いに行って品物を選ぶ楽しみが味わえました。


いろいろ説明して貰って、納得。


修理もして貰えます。


うぶけや
テーブル用の料理用鋏。
先が丸くなっているので、お皿の上で切ることもできます。
骨などの固いものを切るようには出来ていません。


うぶけや
キチンと店名が彫られています。

うぶけや
こちらが一般的なキッチン鋏。
先が尖っていて、カニの脚などを切るのにも使い勝手が良いそうです。
ものごっつい手に馴染んで切り易いです。


うぶけや
こちらにも店名が彫られています。
こちらには「東京」の文字も。


うぶけや
早速、思川ごぼうのお漬物を切ってみました。



良い道具を持つと、料理がしたくなりますね。


今の私は、キッチン鋏で野菜などを切りたい欲求が猛烈に湧きあがっています。


さて、何を切ろうか。


・・・全く思い浮かばないので、明日、スーパーに寄って考えたいと思います。




うぶけや
【うぶけや】

東京都中央区日本橋人形町3-9-2
営業時間 9:00~18:00(土曜9:00~17:00)
定休日:日曜、祝日


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。