sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

結城紬

茨城県結城市『おやま本場結城紬クラフト館』で結城紬のマスクを入手。

image

とちひめさんから頂いた情報により、

結城紬のマスクを見るため小山まで行って参りました。

JR小山駅西口駅前の『おやま本場結城紬クラフト館』に、

マスクがひっそりとありまして、選べる程度に残っていました。

値段がお高いのが原因かもしれません。

image
本場結城紬マスク 3,000円(税別)

image
本場結城麻マスク 1,500円(税別)
30個数量限定

洗い方も要注意という気もしますし、

内側にガーゼを付けないと使用できない仕様です。

そこは面倒くさいかな。

でも、まあ、伝統工芸品の日用品ですし、

結城紬を身近に使用できるのは嬉しいかもしれません。

着物は買えないし(笑)。

サイズは小さめなので、

夏場は紫外線を避けて屋内で使用するのがベターかも。

とちひめさん、情報ありがとうございました。




【おやま本場結城紬クラフト館 】
栃木県小山市中央町3-7-1
開館時間 9:00~18:00
休館日:年末年始


【にほんブログ村】

茨城県結城市『結城紬ミュージアム つむぎの館』で限定オリジナルトートを購入する。

image
[紬の見世]

ムムスに行く前に、『結城紬ミュージアム つむぎの館』にある

「紬の見世」に立ち寄りました。

何か欲しくなるものがあるかなぁと思って。

結城紬を使った商品は価格的にホイホイ買えるものではありませんが、

今回初めてトートバッグを発見しました。

image
[繭トート(S) 1,944円、繭トート(M) 2,592円]
いずれも税込価格。

こちらは限定のオリジナルトートで、イラストは九谷焼作家イトウユキコさんによるもの。

初めてイトウユキコさんを知りましたが、なかなか面白いですね、作品が。

今後チェックしておこうと思います。

金沢に作品を探しに行くのも良いかもね。

それはそうとトートバッグですが、サイズが縦長では無く正方形で、

それほど長身ではない人にフィットするサイズだと思います。

しっかりと糊付けされているし、これは掘り出し物だったのではなかろうか。

ちなみに、小さいトートは母の所望でございました。

何を入れるんだろう?



【JR東日本 休日おでかけパス休日おでかけパスフリーエリア 大人 2,670円(通年販売)

image
【結城紬ミュージアム つむぎの館】

茨城県結城市結城12-2
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜
http://www.okujun.co.jp/
http://www.yukitumugi.co.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『結城紬ミュージアム つむぎの館』に母からの頼まれものを買いに行く。

image

行かねばと思っていた『結城紬ミュージアム つむぎの館』に朝から行って参りました。

ここのエコバッグが欲しいと母が以前呟いていたもんで。

GW前だし、空いているだろうと思って出かけたのですが、

珍しく、街中に若い人が溢れていました。

何かしらのイベントが、そこここであるらしい。

image
買うつもりは無かったものの、つい自分用に買ってしまったストール。

エコバッグは店内に無かったのですが、

説明したら奥から大量に持ってきてくれました。

そこから、唸りつつ、迷いつつ、吟味して購入いたしましたが、

「いいな、これ」と思ったものが他に比べてお高い。

訊くと、本場結城紬と、石下結城紬の二種類あり、

本場結城紬は全て手で織っているのでお高いのだとか。

機械織りと違って肌触りが嫋やかだと感じます。

洗うと柔らかくなるのが本場結城紬なんですって。

石下結城紬は本場結城紬に比べて、丈夫。

本場結城紬は石下結城紬に比べて、軽い。

確かに違うなと感じました。

image
選んだのはこちらの二つでした。

ちなみに本場結城紬は、国の重要無形文化財に指定されています。

着物は買えないけれど、エコバッグなら辛うじて買える。

そう思って入手してみました。

母の好みの柄かは、わかりませんけどね。

image
ちなみにイベントは街のあちらこちらの会場でやるそうです。



【JR東日本 休日おでかけパス休日おでかけパスフリーエリア 大人 2,670円(通年販売)

image
【結城紬ミュージアム つむぎの館】

茨城県結城市結城12-2
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜
http://www.yukitumugi.co.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『結城紬ミュージアム つむぎの館』で母の誕生日プレゼントを探す。

image

結城に来たら『結城紬ミュージアム つむぎの館』は外せません。

結城紬製品が欲しれば、ここに来ればセンスの良いものが何かしら見つかります。

前回コースターを作る体験をしましたが、

今は体験費用が2,000円(税込)になっているのには驚きました。

結城紬だし、適正価格はそうなるわな。

image


さて本日の結城市を訪問した目的は母の誕生日プレゼントを探すことです。

決して酢を調達するためではございません。

近年は「旅」をプレゼントしていたのですが、

今回はここでの「告知」をスタートとして、

手元にどんなものが届くのかを妄想する時間をもプレゼントしようと思いました。

今からですと、11月の旅で使えるものが良いよね。

ホテルのレストランでさらりと纏えるアイテムがいいかも?

と思っていたのですが、選んだものはその範疇じゃないかも。

結城紬は凄まじくお高いものが多いのですが、

予算には限りがこざいますもんで、その中から選べるものを選びました。

今まで見たことのないタイプの新作がありましたが、

白黒の配色でかなりモダン。肌触りがめちゃくちゃ良い。

個人的にはものすごーく惹かれましたが、

母のファーストインプレッションはイマイチかもなぁと思い、断念しました。

男性がこれを使っていると「紳士」に見えると思われます。

身長が高ければなお、格好良く使いこなせるんだろうなぁ。(妄想)

でもそれは諦めて、はじめに目に付いていた商品を選択。

ショップのお姉さんがトルソーに着せると、ものごっつい格好良く見えるんです。

最後まで悶々と悩み、迷いまくった誕生日プレゼントとなりました。

では母上様、誕生日までしばしお待ちください。


image
『結城紬ミュージアム つむぎの館』一帯は
国の登録有形文化財が並んでいます。
最近はモダンな着物を売るお店としても利用されているみたいです。
買えないから入りませんけどね。


image
綺麗に維持されている建物群。

image
何を売っているのかわからない蔵もありました。




【届いたらしいのでプレゼント内容をば】

image
自分のも欲しいので、次回探しに行ってみようと思います。


【JR東日本 休日おでかけパス 休日おでかけパスフリーエリア 大人 2,670円(通年販売)

image
【結城紬ミュージアム つむぎの館】

茨城県結城市結城12-2
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜
http://www.yukitumugi.co.jp/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『イチハチサン』というカフェがいつの間にかオープンしておった。

image
右側が「イチハチサン」というカフェです。



本日はお酢を買いに週末割引切符を使って結城までやって参りました。


会津屋呉服店だった場所とその隣がリノベされていて、


コミュニティースペースっぽいものと、カフェになっておりました。


内部はぶち抜きになっております。


面白いリノベーションだと思って見入ってしまいました。


Facebookを見ると、昨年夏にできたみたいですね。


食べログなどの評価はないようなので、


まだまだ穴場スポットなのかもしれません。


ちょっと立ち寄ってみることにしました。



image
[カップオブエクセレンス 700円(たぶん税込)]
数種類の豆から選べるようで、グァテマラを選択しました。


image
ちょいちょいイベントをやっているみたいです。



引き戸が多すぎて、どこが入口なのか迷いましたが、


とりあえず右側から入ってみました。


珈琲だけでなく、ランチメニューやスイーツもあるようで、


そういうお店がもの凄く少ないこの辺りでは貴重なお店だと思います。


結城観光の際は外せないお店になるんじゃないかしら。


丁寧に入れられた珈琲はとても美味しく、


マスクをしてお店を後にしてからも、余韻が味わえました。


ちなみに店名の「イチハチサン」とは、住所からとっているそうです。


なるほど。


たぶん、当ブログ年末恒例のカフェまとめに入るんじゃないかな。


image
建物前にガチャが置いてありました。
結城と言えば、結城紬。
っつーことで一回まわしてみることに。


image
カプセルを捨てる場所が無いのでこのまま持ち帰りました。

image
裏を見たら、なるほど300円って感じの手作り感でした。



【イチハチサン】
茨城県結城市結城183
営業時間 [火]11:00~21:00,[水~土]8:00~21:00,[日] 8:00~16:30
定休日:月曜
https://ja-jp.facebook.com/ichihachisan183/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『結城紬ミュージアム つむぎの館』で織物体験をする。

結城紬ミュージアム



結城に来たら『結城紬ミュージアム つむぎの館』は外せません。


結城紬製品が欲しれば、


ここのショップがワタクシが知る中では最も充実しているからです。


まあ、結城紬ゆえ、すごいお値段のものもございますけれど。


今回は母と一緒だったもんで、機織りが好きな母ならば喜ぶかと思い、


織物体験に急遽申し込みました。


30分ほど待ってから、体験する場所に移動。


結城紬ミュージアム
先ずは横糸の色を選びます。
ワタクシは左上の紫を選びました。


結城紬ミュージアム
10台ぐらい並んでいる織機。

結城紬ミュージアム
座る部分が木製&狭いので、
恰幅が良くても耐荷重は大丈夫かを確認。


結城紬ミュージアム
問題ない旨を告げられたので、安心してスタンバイ。

結城紬ミュージアム
手順を教わってから、黙々と織り始めました。
ちなみにワタクシは未体験の初心者です。


結城紬ミュージアム
途中で糸がなくなったので継いでから再開。

結城紬ミュージアム
始めた頃(手前)に比べて、
次第に織る速度も端も良い感じになって来ました。


結城紬ミュージアム
コースターサイズの目安紙を置いて確認。

結城紬ミュージアム
最後の始末をどうするんだろう?


結城紬ミュージアム
最後は縦糸と同じ細さの糸で5mmほど織ります。

結城紬ミュージアム
紙を挟んでから、もう5mmほど織る。

結城紬ミュージアム
織り上がりました。

結城紬ミュージアム
最後の部分は、次の体験者用の端の部分になるっぽい。
って、切り落とすんですけど。

結城紬ミュージアム
コースターの完成です。
紙を挟んでいた部分が房のところになりました。


結城紬ミュージアム
織り始めの頃の折り返し部分。
糸をきっちり引いていないので、大きめのループが出来ています。


結城紬ミュージアム
織り終わり頃には、折り返し部分が均一になって来ました。

結城紬ミュージアム
母のが上(ピンク)
ワタクシのが下(一応紫)



体験時間は30分程度。


体験費用は1,000円(税込)です。


この体験費用は安いと思う。


だって、絹だし。


なかなか面白うございました。


ショール
母に結城紬のショールを買って貰いました。
母と色違いでお揃いだったりします。


結城紬ミュージアム
敷地内にある庭には何かの果実がボタボタと落ちていました。

結城紬ミュージアム
同ミュージアムの裏の道。
文化財だらけの通りです。


結城紬ミュージアム
通りを挟んだところにある同ミュージアムのカフェ。




結城紬ミュージアム
【結城紬ミュージアム つむぎの館】

茨城県結城市結城12-2
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜


【にほんブログ村】

茨城県結城市『結城紬ミュージアム つむぎの館』で掘り出し物やんと浮かれる出会いがありましてん。

奥順
[結城紬ミュージアム つむぎの館]
平成18年オープンした結城紬の総合施設。
資料館のほかにショップや工房やカフェなどがあります。



前回来た時に立ち寄ったもんで、今回は特に目的地でも無かった同施設。


数十メートル進んでから止まり、ちょっと考えてから、戻ることにしました。


ショップで何か発見があるかも、と思って。


ちなみに何度も訪れる人は珍しいんだそうな。


結城紬を使ったお高い品々をゆっくりと見ていると、


店内を一回りする頃には金銭感覚が麻痺して来ました。


四桁が異様に安く感じるのです。


異様にってのはオーバーですが、他に比べて安いと感じる。


だいたいが2万円越えの商品で、物によっては六桁ですからねぇ。


奥順
同施設は文化財だらけの一角なのでとても分かり易いです。

サザンカ
気が付いたら晴れてた。

奥順
買い物をした後で一の蔵で休憩。
現在、結城紬の販売会らしきものを開催していました。
高くて買えないとか考える以前に、着物が一人で着られないワタクシ。



で、本題ですが、ワタクシが魅かれたのが下の品でした。。


奥順
オリジナルの巾着に入れてくれました。
同施設を上から見た全体図だそうです。


奥順
これは試作品だったもので、この色は一点しかないそうです。
製品化されたものもあったらしいのですが、完売したそうな。
残り二点だけで、もう一点は黄緑色でした。
悶々と悩みまくりましたわ。


奥順
[アームウォーマー]
洗濯タグの全てがバツだったのには驚きました。
色褪せや縮みが発生する可能性があるからだとか。
まあ、自己責任で洗うけどな。
肌触りがとても良く、めちゃくちゃ気に入りました。



これは、ちょっと他には無いだろう~と、満足しております。


これからの季節に大活躍しそうですな。


ちなみに黄緑を選ばなかった理由は、汚れが目立ちそうだったから。


洗う際は、エマールの底力に頼りたいと思います。




【結城紬ミュージアム つむぎの館】
茨城県結城市結城12-2
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜


【にほんブログ村】

茨城県結城市は国の登録有形文化財に指定された蔵だらけの街でした。

磯田邸
[磯田邸]
明治中期の建物。


磯田邸
外灯がなんとも優美で色っぽいのです。

磯田邸
道路に面しているところには、結城市が立てた案内標示もあります。

簗嶋邸
[簗嶋邸]
明治13年頃の建物。


秋葉糀味噌醸造見世蔵
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
茨城県結城市結城174
今もお味噌を売っているみたいです。


小西見世蔵
[小西見世蔵]
明治初期の建物。


小西見世蔵
ここは国の登録有形文化財でした。

赤荻本店見世蔵
[赤荻本店見世蔵]
明治20年頃の建物。
ここも国の登録有形文化財。


小倉商店店舗
[小倉商店店舗]
同じく国の登録有形文化財です。


小倉商店店舗
暖簾の替わりに玉すだれのように繭があしらってありました。

小倉商店店舗
ナイスなアイデアですねぇ。
可愛い。


大和屋結城店
[大和屋結城店]
明治時代の建物。

ここの二階部分にある外灯がお洒落。


大和屋結城店
これは当時のままなのかしら?

結真紬見世蔵
[結真紬見世蔵]
明治40年頃の建物。
国の登録有形文化財。


結真紬見世蔵

結真紬見世蔵
奥行きがかなりある敷地ですね。
煙突も見えます。


大町通り
[大町通り]
手前から、弐の蔵、縞屋奥順店舗と続きます。


大町通り
結城一番地側から見た大町通り。

旧黒川米穀店店舗
[旧黒川米穀店(キュウクロカワベイコクテン)店舗]
茨城県結城市結城1319
現在は農産物直売所兼そば屋として使われているそうです。
国の登録有形文化財。


旧黒川米穀店店舗
屋根の棟部分のデザインがお洒落です。

つむぎの館
つむぎの館
茨城県結城市結城12-2
紬製品を販売している建物もあります。


つむぎの館
[本場結城紬製造卸問屋 奥順蔵]
明治37年建造
国の有形文化財登録


つむぎの館
昭和49年のNHK朝の連続ドラマ「鳩子の海」の舞台となった中庭。

つむぎの館
土蔵壁面の漆喰の鏝絵が小洒落ていますねぇ。

ペンケース
[紬のペンケース 3,780円]
実はここはコロプラの登録店でした。
コロカを貰ったら、レシートに「コロプラユーザー様」と印字されていました。
ユーザーの占める割合をカウントしているのかも。


壱の蔵
【ギャラリー&カフェ 壱の蔵(Gallery & Cafe ichinokura)】
つむぎの館を通り抜けた裏にあります。※大町通り沿い
営業時間 10:00~18:00


増田書店
[増田書店]
素晴らしい細工に目が留まり、思わず激写。


増田書店
売っていたのは本だけじゃなかったのかも。

増田書店
中華チックな模様で可愛いですね。

増田書店
今は廃屋のようでした。
ワタクシだったら、ここを喫茶店にするなぁ~と妄想してみたり。


雀の子
雀の子が車道をよたよたと横断しておりました。
あぶねー。


雀の子
よく見たら、それなりに成長しているっぽい。
足も長い。


雀の子
でも嘴が黄色いから、まだまだ子供ですね。
人間の匂いが付くと親は子育てをしないというので、暫く車が来ないか見守ってみたり。





国の重要無形文化財である「結城紬」。



2010年11月16日には、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。



その本拠地である結城市は、関東でも有数の古い城下町だったんですね。



今日、初めて知りました。



結城市街には国の重要有形文化財に登録されている蔵が沢山点在し、



とても風情のある景観です。



しかし、人が歩いていない。



観光客らしき人は殆ど居ませんでした。



結城紬が高価過ぎて、皆、敬遠しているのかしら?



ってか、結城紬のストールの価格が六桁だったのにビビり、



小物にしか手を出せなかった自分を叱り飛ばしたい気分。



高価だけれど、一枚あればパーティーなどで・・・



勿論、六桁の製品は無理ですが、



五桁前半ならどうにかなったかもしれない。



まあ、本日は猛暑日だったので、



ストールを巻くことを考えるだけで萎えた



ってのが正直なところですが。



蔵と寺社のある静かな街を散策してみては・・・と言いたいところなれど、



夏に歩くのは全くオススメしません。



干からびます。





【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。