sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

笠間市

茨城県笠間市『グランパとグランマのお店』では笠間の栗で育てたマロンポークを使っているらしい。

グランパとグランマのお店
[メンチカツ定食 850円(税込)]
※珈琲が着きます


グランパとグランマのお店
メンチカツが大好物なので、迷わずそれを注文しました。

グランパとグランマのお店
家庭のメンチカツ感溢れる見た目と味。

焼き栗
外で焼いていた栗が焼き上がったとのことで、半分頂きました。




店名のとおり、おじいちゃんとおばあちゃんが店員をしているお店です。



とてもアットホームで、至極のんびり・ゆったりペース。



愛想の良い人も居れば、悪い人も居る。



でも、それすら面白いと感じるお店でした。



定年後にこういうお店を経営するってのも良いですね。



料理は女性、接客は男性が担当しており、



料理は手早いのですが、接客は不慣れ感アリアリってところも、



男女差を感じて、興味深く眺めておりました。



食後にアイスコーヒーと注文したし、書いてあったけれど、



出て来たのはホットコーヒーだったりするのも御愛嬌。



なんだか、時間を忘れてのんびりさせて頂きました。



たまには、こういうお店も良いよね。





グランパとグランマのお店
【グランパとグランマのお店】

茨城県笠間市笠間2247-1 笠間民芸の里内
営業時間11:00~16:00
定休日:月曜、火曜



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『Glass Gallery SUMITO』でメダカ用にガラス容器を購入。

グラスギャラリー




全国のガラス作家80名以上の作品を展示・販売しているらしいのが、



『Glass Gallery SUMITO(グラス・ギャラリー・すみと)』。



ここオリジナルの商品も置いてあります。



前回ここで購入した作品が気に入っていたもんで、



類するものが欲しいと思い、立ち寄って参りました。



しかし、今回は同じ作家さんのものは無く、



散々迷って購入したものの一つが、コチラ。



ボウル




先日購入したメダカが入るサイズのボウルです。



今まで入っていた瓶は口が狭く、メダカが窮屈そうだったため、



程よいサイズの容器を探していたのです。



帰宅後、直ぐに移動作業をしましたが、



心なしか、メダカが生き生きと泳いでいる気がします。



エビは気配を殺しているけどな。



大きめのボウルに移したもんで、隠れる場所が少なすぎるのかもしれん。



今度、砂と水草を調達に行かねばな。



何はともあれ、ちょっとした達成感を得たワタクシなのでした。





Glass Gallery SUMITO
【Glass Gallery SUMITO(グラス・ギャラリー・すみと)】
茨城県笠間市笠間2192-35
営業時間 10:00~17:30
定休日:金曜
http://gate.ruru.ne.jp/sumito/index.asp



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『佐白山のとうふ屋』の豆乳マロンサンデーが美味だった。

栗

茨城県笠間市と云えば、栗!

やはり、この時期は笠間で栗を食べておかねば。

ってことで、駅前で電動式自転車(500円)を借りて走って参りました。

当初の目的は、笠間日動美術館だったのですが、

掛かっているものが魯山人展みたいなので、今回はスルー致しました。

本当の目的が笠間日動美術館分館の「春風萬里荘」だったもんで。

笠間日動美術館

笠間日動美術館を通過した先にあるのが、豆乳ソフトが有名な『佐白山のとうふ屋』。

前回は立ち寄らなかったもんで、今回は意地でも立ち寄ろうと思って参りました。

ソフトクリーム目当てだったものの、入口の看板にマロンという文字を発見。

そっこー、それをオーダー致しました。

佐白山とうふ屋
豆乳ドーナツや、厚揚げなども魅力的。

佐白山とうふ屋
[豆乳マロンサンデー 380円(税別)]
ソフトクリーム部分は豆乳。


佐白山とうふ屋
うまうまです。モンブラン豆乳ソフトって感じ。
・・・って、一緒か。

店内でもちょこっと座席があって、そこで食べられるのですが、

天気が良いので外のベンチに腰かけて、畑に生えるブタクサを見ながら食しました。

あれだけ遠くにあると、クシャミも出ないものなんですね。

もしくは、ワタクシの鼻の粘膜の気合勝ちか。

豆乳マロンソフトは、大変美味しゅうございました。

また次回も栗の季節に再訪して食べたいもんです。

豆腐とは無関係なのですが、気になる笠間産の商品を発見して購入しちゃいました。

豆
[たのくろ甘納豆 250円(税別)]
茨城県在来種のものすごくレアな大豆なんだそうな。


ひっきりなしに車が停まり、皆さんアイスを食べて帰って行きます。

上り坂の多い町ゆえに、車移動でない場合は、

電動式自転車を強く推奨致します。

レンタサイクル台数に限るがあるので、運次第ですが、

体力自慢じゃない限り、電動式じゃなきゃ、もの凄く後悔するよ。

ってことを、この先の坂道を登りつつ心の中で呟いていたワタクシです。


佐白山とうふ屋
【佐白山のとうふ屋】

茨城県笠間市笠間2810
営業時間10:00~17:00
定休日:月曜、第2火曜


【にほんブログ村】

茨城県笠間市『笹目宗兵衛商店』の秋限定「ひやおろし」。

笹目宗兵衛商店
[笹目宗兵衛商店]
明治6年創業。




茨城県笠間市の酒蔵では、平安時代創業の「須藤本家」が有名ですが、



他にも、江戸時代の文政2年(1819年)創業の「武藤酒類醸造」や



明治元年創業の「磯蔵酒造」、明治6年創業の「笹目宗兵衛商店」があります。



笠間駅から自転車でホイホイ行き易いのは



「武藤酒類醸造」と「笹目宗兵衛商店」ですが、



現在「武藤酒類醸造」は自醸を行っていないため、



「笹目宗兵衛商店」に行って参りました。



笹目宗兵衛商店
笠間稲荷神社の参道前にある店舗脇に蔵への入口があります。

笹目宗兵衛商店
駐車場側から見た蔵。

笹目宗兵衛商店
観光酒蔵のようで、団体客がここをぞろぞろと通り過ぎて行きます。

笹目宗兵衛商店
[釜場]

笹目宗兵衛商店
左手では、ここで取り扱われている銘柄がすべて展示してあります。

笹目宗兵衛商店
[昔の帳場]
中に上がって写真を撮るのも自由だそうです。


笹目宗兵衛商店
右手側では、焼き栗の実演販売を行っていました。

笹目宗兵衛商店
笠間稲荷神社の御神酒として奉納されるお酒を代々造っています。

笹目宗兵衛商店
今は夏季限定の「ひやおろし」が売店にて販売中。
数量限定です。


笹目宗兵衛商店
[ひやおろし300mlセット]
要冷蔵なので、無料で保冷バッグに入れてくれます。




ひやおろしは、新酒を生のまま秋口まで冷暗貯蔵熟成させて出荷する秋だけのお酒。



今しか無いとなりゃあ、そりゃ買っちゃうでしょ。



ってことで、初っ端から日本酒を購入し、持ち歩き続けたワタクシです。



最後に買いに来ても良かったかもとは思うのだけれど、



数軒隣の「二ツ木」で稲荷寿司を買うというも目的があったもんで、



ついでに買っちゃいました。



クッション性のある保冷バッグを持参しておいて、本当にヨカッタです。




笹目宗兵衛商店
【笹目宗兵衛商店(ささめそうべえしょうてん)】

茨城県笠間市笠間1339
営業時間 9:00~17:00
定休日:無休



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『二ツ木』の稲荷寿司には胡桃が入っているのです。

笠間稲荷神社
[笠間稲荷神社]




秋葉原からバスに乗って笠間市にやって参りました。



電車ですと片道2,000円強のところ、バスだとチケット購入で往復2,600円。



断然バスの方がお得です。



しかし、帰りのバスの時間がほぼ17時ってところが不便なのです。



さて、現在、笠間は菊まつり中。



笠間市




御高齢の方々が大型バスで観光しておられます。



ゆえに、菊を見るのは諦めました。



別の場所で見ようと思います。



菊




さて、この笠間稲荷神社の前には、稲荷寿司を売るお店が数軒あります。



しかし、下調べをしたところ、稲荷の中には蕎麦が入っている率が高いみたい。



っつーことで、確実に酢飯が入っている『二ツ木』さんで稲荷寿司を購入して参りました。



二ツ木
稲荷寿司ばかりのパックと、巻きが入ったパックの2種のみ。

二ツ木
[くるみ稲荷ずし 750円(税込)/パック]

二ツ木
味はかなり濃くて甘いです。

二ツ木
そして、胡桃が入っているのです。




胡桃以外に具材は入っていません。



って、胡麻が入っているかな。



でも、それぐらいです。



めちゃくちゃシンプルです。



食べた瞬間、食べ慣れていないので違和感がありましたが、



2個めからは慣れて、違和感が無くなりました。



これはこれでアリなのかもしれん。



でも、埼玉の稲荷寿司を再び買いに行きたくなりました。



あのインパクトには及ばないかも。



でも、ご当地のお土産としては、アリだと思いますし、オススメです。



稲荷神社にはジンクス的に入れないワタクシですが、



稲荷気分を文字通り味わうことが出来、たいへん満足でございます。





二ツ木
【二ツ木】

茨城県笠間市笠間1343
営業時間11:00~18:00
定休日:火曜、不定休



【にほんブログ村】

茨城県笠間市@壱景。

笠間駅ホーム
上野駅から常磐線・水戸線利用で笠間駅着。
立派な山が見えているものの、名前がわからん。


笠間駅
笠間駅の周囲にはコンビニがありません。
飲み物は自販機のみ。
でも駅前にグリュイエールという人気の洋菓子店があります。


地図

中央下側の赤い矢印が駅、目的地は右下の緑の部分。
笠間と云えば笠間稲荷神社が有名ですが、
そこは今回も目的地には入っていません。




朝目覚め、何処に行こうかグダグダ悩んでいるうちに8:10になってしまいました。



秋葉原駅から出ている「関東やきものライナー」には間に合わん時間。



(秋葉原駅8:20発→笠間駅10:05着・片道1,300円)



本当は稲田に行こうと思っていたのですが、



稲田駅での目的地が2箇所しかなく、



勿体ないので1駅の笠間駅下車を目指すことに決めました。



(電車がなかなか来ないので)



電車だとほぼ2,000円程度かかるもんで、



時間に縛りはあるものの「関東やきものライナー」の方がラクだし安いです。



でも、まあ、いっかー。



ってことで、正午前に笠間駅に着きました。



駅前で自転車を借ります。



普通自転車300円・電動自転車500円。



台数に限りがあるので、遅い到着だと自転車を選べません。



そんな理由で、ママチャリで坂のアップダウンに挑むことになりました。



笠間市
屋根が弛んでいるように見えるここでは、焼き物の体験ができるっぽい。

笠間市
看板にズームで寄ってみたけれど、立ち寄っていないので内容は不明です。

笠間市
昔ここで笠間焼の何かを買った気がする。
置物だったかな?
でも今回は目的地があるのでスルーします。


笠間市
「関東やきものライナー」の「やきもの通りバス停」はこの付近にあります。

笠間市
ずーっと離れてギャラリーロードの丘の上付近にあるお店。
前回来たときは真新しかったのに、
木々に鬱蒼と覆われる良い感じの外観になっていました。


笠間市
上のギャラリーより坂下にあるカフェ・ワスガゼン。
http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8001412/
駐車場がほぼ満車だったもんで、ここには入りませんでした。
(実は混雑しているお店が苦手・穴場好き)


笠間市
ギャラリーロードの下の方にある最近出来たっぽい建物も笠間焼のショップです。
そばちょこ展的なものをやっていました。
器としてのそばちょこは好きですが、蕎麦アレルギーだから使わんしなぁ。


笠間市
ギャラリーロードにある笠間焼のお店。
結構大きいので、ここもマイカー族で盛況でした。


笠間市
直売所を発見。笠間といえば栗。
栗がウリで実際に売っていました。
ってか、この道って以前に比べてもの凄く整備されたんだなぁ。
ちなみに道の終わり付近はただのアスファルト舗装だったので、
数年後には整備がもっと進むのかも。


森の石窯パン屋さん
【森の石窯パン屋さん】
茨城県笠間市笠間2286-1
営業時間 10:00~18:00(無くなり次第終了)
年中無休

大人気店らしく、店の周囲も内部も大混雑でした。


森の石窯パン屋さん
ギャラリーロードの終着点にあるパン屋さんです。
ここでは「いばらきプレミアム付き周遊券」が使えますが、
混雑し過ぎてパンがほぼ売切れでした。




今回の目的は「いばらきプレミアム付き周遊券」を利用すること。



使える施設が限定されているため、地図にマーカーを塗って購入先を決めました。



で、入ったのがギャラリーロードにある「きらら館」。



比較的大きなお店ですが、店内はこれまた大混雑でした。



沢山ある品々の中からワタクシが選んだのは下のもの。



既に笠間焼ですらないというセレクトになってしまいました。



器
木製の器(ちょっと大きめ)1,100円×2個購入。

器
木の器って熱伝導率が低くて周囲が熱くならず、使いやすいですよね。
これからスープを毎日作るシーズンになるので、ちょっと大きめサイズを選びました。
(実はお味噌汁用の木製椀は既に数種類持っている)


スプーン
器に合う色のスプーンも購入。
素材はローズウッドです。
[大]450円×2
[小]350円×2




ちょっと行かない間に、笠間焼を扱うショップが増えており、



とても小洒落た道になっていたのには驚きました。



笠間日動美術館もあるし、



次回は町の方を散策してみるのもいいかもな。



ただしワタクシにとっての問題は、蕎麦屋が異様に多いこと。



蕎麦畑っぽいものもあり、結構ドキドキしました。



個人的にはマスク必須かも。





笠間駅
【上野駅から笠間駅までの
電車利用で8:00頃スタートの場合】
【所要時間約1時間30分】
上野駅8:30⇒友部⇒笠間駅10:00
JR特急ときわ53号・勝田行を友部まで利用で3,494円(IC)

【所要時間約1時間57分】
上野駅8:03⇒友部⇒笠間駅10:00
JR常磐線(各駅)・勝田行を友部まで利用で1,944円(IC)

【秋葉原駅から笠間駅までのバス利用の場合】
【所要時間約1時間45分】
秋葉原駅8:20⇒笠間駅10:05
関東やきものライナー利用で1,300円
(往復利用の場合、復路は笠間駅16:45⇒秋葉原駅19:15しかありません)



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『笠間工芸の丘』で笠間焼の丼鉢を“いばらきプレミアム付き周遊券”で入手してきた。

笠間工芸の丘




先日銀座で購入した「いばらきプレミアム付き周遊券」。



これを記憶に残す使い方をしようと考え、笠間市に行って参りました。



この券がガッツリ使える施設が『笠間工芸の丘』。



本当に丘にあるので、ママチャリ移動はオススメしません。



さて本日は連休の中日で敬老の日。



敬老の日感は皆無でしたが、同施設は人でいっぱいでした。



笠間工芸の丘
「木工クラフトフェアin笠間」なるものが23日まで開催中。

笠間工芸の丘
飲食できるテントも設置されていました。
栗や梨も売ってます。


笠間工芸の丘
先に見える建物が『笠間工芸の丘』です。

笠間工芸の丘
くるりと振り返ると『茨城県陶芸美術館』があります。
こちらも混んでいました。


笠間工芸の丘
隣の駅が稲田駅なので、稲田石が点在しているように見受けられるエリアでした。




大層悩んでここで手に入れたものは以下の二品。



考え抜いたもんで、帰宅後も満足感が続いております。



器
[丼鉢 2,376円(税込)]
安価なのが笠間焼のいいところ。


器
ワタクシの写真では大きさも形も分かり難いでしょうが、結構大きな器です。
明日はこれで美味しいカレーうどんを食べようと思います。


箸置き
[鯰の箸置き 2,160円(税込)]
川口聡一さんの作品だそうです。
http://kawagutitoubou.ocnk.net/


箸置き
一目ぼれでした。




【笠間工芸の丘】
茨城県笠間市笠間2388-1
開館時間 10:00~17:00
休館日:月曜(祝祭日・連休の場合は翌日)
http://www.kasama-crafthills.co.jp/

笠間駅より笠間周遊バス運行http://www.kasama-crafthills.co.jp/access/



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『ドロップ イン』に“ちょっと立ち寄って”ハンバーグを食べてきた。

ドロップ イン




駅で借りたママチャリが電動でなかったもんで、



ゼイゼイ言いながら坂を上がっていた途中で看板を発見しました。



休む口実で、看板を見るワタクシ。



シフォンケーキとプリンとハンバーグのお店!?



そりゃ、立ち寄らねば。



ってことで、ランチ時から若干ずれていたものの、



入店させて頂きました。



出された水は「マイナスイオン水」だそうで、



その良さもワカランぐらいゴクゴクーっと飲み干した次第です。



ドロップ イン
お姉さんに勧めて頂いたレディースセット1,460円(税込)

ドロップ イン
サラダのドレッシングがなんだか懐かしい味でした。

ドロップ イン
ふんわり焼かれたハンバーグ。
作り方が丁寧ですね。


ドロップ イン
玉葱がたくさん入っていて甘く、とても癒されるハンバーグでした。
ソースは醤油味がしてるから照り焼き風なのかな?


ドロップ イン
お味噌は大根。
洋風の中にぽつんと和風。
でもそれがホッコリするし、何より汗をかいたこの身には有難い塩分でした。


ドロップ イン
ドリンクがセットになっているんですが、珈琲ではなく「赤ぶどうジュース」を選択。
オーダー時に訊いたら、濃厚な味ですと仰っていた通りの味でした。
目が良くなりそう~的な。
しかもたっぷり入っています。


ドロップ イン
デザートはシフォンケーキor笠間の栗プリンの二択。
笠間の栗プリンを迷わず選択いたしました。


ドロップ イン
側面を見ると黒っぽいものが混じっていますが、これは渋皮なんでしょうな。
味は・・・栗の香りが薄いかなぁ。


ドロップ イン
食べてみたら意外にもこちらの方が美味だった栗アイス。
栗の粒が入っていて楽しめます。
これ、単品でも売ってほしい。


ドロップ イン
ハンバーガーもあったのかーと、注文後に発見。
次回があれば試したいです。




行き当たりばったりで入ったにしては、ナイスチョイスでした。



お料理が丁寧で、とてもゆったり食事が出来るし、



高台にあるので、窓から流れ込む風が爽やかで心地よい。



良い環境だなぁと思いました。



笠間焼の窯めぐりで疲れた時に、穴場でイイかも。





ドロップ イン
【ドロップ イン】

茨城県笠間市笠間2518-6
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜、第1・3水曜(臨時休業アリ)
http://ameblo.jp/kasama-dropin/

ドロップ イン
ギャラリーロードの坂を上がって行く途中にあります。
この看板が分かり易いかは謎。



【にほんブログ村】

茨城県笠間市『Glass Gallery SUMITO』で衝動的にとんぼ玉を購入してしまった。

Glass Gallery SUMITO




全国のガラス作家、80名以上の作品を展示・販売しているらしいのが、



『Glass Gallery SUMITO(グラス・ギャラリー・すみと)』。



引っ切り無しに人が出入りしているため、結構な有名店みたい。



店内は当たり前ですが置いてあるものは全てガラス製品で、



コップやらアクセサリーやらとんぼ玉などが数多く陳列してあります。



正直、お財布の紐が緩みがちになる店舗だと思います。



実際、ワタクシも衝動買いしてしまいました。



それが、コチラ



とんぼ玉
「おとんぼ」として活動していらっしゃる作家さんらしいです。
紐は別売で400円(税込)。





ペンギンとか、カモメとか、ツボはいろい他にもあったのだけれど、



価格が手頃なのにこの内容であることに惹かれ、



この宇宙飛行士と地球のモチーフを選択しました。



地球が巨大台風に見舞われているところは気になれども、



帰宅後もウキウキし続けているので、買って良かったってことかも。



次回は母を連れて行きたいと思っているのですが、



その理由は、母の持つペンダントの作家さんの作品らしきものを見たから。



やはりお高かったんですけど、目を引く作品でした。



次回は給料日後に行かんとな。





Glass Gallery SUMITO
【Glass Gallery SUMITO(グラス・ギャラリー・すみと)】
茨城県笠間市笠間2192-35
営業時間 10:00~17:30
定休日:金曜
http://gate.ruru.ne.jp/sumito/index.asp



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。