sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

立山連峰

【GW】富山県『立山黒部アルペンルート』雪の大谷 2015.5.2は快晴&気温7℃で歩いていると上着が要らなくなるほど暖かい日でした。(その壱)【写真多用】

立山駅
[立山駅]
富山地方鉄道立山線および 立山黒部貫光立山ケーブルカーの駅です。
屋根の上の風見鶏がカモシカっぽいのが独特な感じですね。




今回の富山旅の最大の目的が「雪の大谷」を見に行く事。



GWにど真ん中の日に行動するため、



移動手段はネットで事前予約をしておきました。



これ、当日だと早朝でも1時間待ちになるらしい。



WEB予約の場合は、当日に身分証明できるものと、



予約時間、番号などを「総合案内センター窓口」で言ってチケットと引き換えます。



5月2日からはGWで混むためか、立山駅から室堂までの直行バス利用になります。



予約をしていない場合は、列に並んでケーブルカーとバスを乗り継ぎ。



指定の時間までにちょっと時間があったので、



駅前をちょっと散策してみました。



立山駅
ここで標高475m。
気温は暖かく、パーカー程度で過ごせる感じ。


熊王の水
竜王ではなく、「熊王の水」。

熊王の水
文字が光って、よ、読めない・・・

おにぎり
駅前で売っていたオニギリ。
富山のお米と立山の水を使い、ギュッと握られています。
山の上で食べようかと思っていましたが、結局帰りの新幹線で食すことに。
美味しかった! 次回もまた買うつもりです。


バス
[E~SORA「立山パノラマ バス」]
立山高原バスの天井部分をガラス張りにして開放感を高めているそうです。
特別車両料金500円別途必要。
運行期間は4月16日から5月31日までの予定。


立山駅
立山ケーブルカーの乗車待ち時間を表す掲示板。
その下にある数字を見ると、3時間以上は表示しないってことかな。


立山駅総合案内センター
[立山駅総合案内センター]
WEBで予約した人はここでチケットと交換します。


らいじぃ
立山のマスコットキャラクター「らいじぃ」。

旗2
正面から見るとこんな感じです。




立山駅から室堂までは、バスで約一時間ぐらいかな。



乗り継ぎがないので、とても楽だと感じました。



立山黒部アルペンルート初心者でも、帰りはケーブルに乗れるから



一応満喫できるんじゃないかな。



立山杉
[立山杉]
富山の県木に指定されています。


称名滝
[称名滝(しょうみょうだき)]
350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝。
国指定の名勝および天然記念物。
日本の滝百選にも選定されています。


立山黒部アルペンルート
左側遠方に見えるのは市街地方面でしょうか?

剣岳
立山といえば「剣岳」。
映画にもなりましたね。


通行証
立山雪の大谷ウォークの通行証。

立山雪の大谷
立山雪の大谷は標高2,390mなんですね。




につづく。




【立山黒部アルペンルート】
http://www.alpen-route.com/
立山駅から室堂までの往復料金:4,310円
(電鉄富山駅から立山駅の運賃は往復2,400円)
いずれも指定席はありません。



【にほんブログ村】

富山県黒部市「魚の駅 生地(いくじ)」の『航海灯』が一年前とはいろいろ変わっておった。

魚の駅「生地」
【魚の駅「生地(いくじ)」】
富山県黒部市生地中区265
運営しているのはくろべ漁業協同組合なんだとか。


魚の駅「生地」
2棟建物がありますが、【できたて館】を入った右側が「航海灯」です。
※左側の「番屋」は夜のみの営業らしい


航海灯 番屋
本日使用している魚が書かれた入口の看板。



ほぼ一年ぶりに生地(いくじ)にやって参りました。


生地(いくじ)は、水と魚の美味しいところ。


立山連峰が一望でき、晴れていたら特に凄まじく良いところです。


YKKの工場と、YKKセンターパークがあります。


さて、昼時、いろいろ迷ったものの、「魚の駅 生地(いくじ)」を選択。


ここの「航海灯」でランチをとることにしました。


これまた、ほぼ一年ぶりです。


内装が若干変わり、中央にオヒトリサマコーナー的なカウンターが出来ていました。


こりゃ、混んでいても4人席を一人で使うことの罪悪感がなくていいね。


そして、セルフサービスがなくなり、普通のオーダー式になっていました。


これまた、システムが分からずドキドキするってことがなくて良いかも。


航海灯 番屋
[ミックスフライ定食 880円(税込)]
看板に書かれていた限定10食のランチメニューです。


航海灯 番屋

相変わらずメインを張っている魚が入ったお味噌汁。

航海灯 番屋

香の物。

航海灯 番屋
たぶん鰤の南蛮漬け。

航海灯 番屋

白身魚のミックスフライ。
とれも美味なのだが、揚げてしまうとワタクシには種類がワカリマセン。
右端の天ぷらは初めて食べる食感の魚で、ゲンゲ・・・?と疑問符が沸きまくりでした。
食感は、とろっとろ、って感じ。中央にゴロンと軟骨のような食感の骨があります。


航海灯 番屋
今日は「くじらカツ定食」が一押しだったらしい。



本日の黒部市は終日曇天。


でも、ほのかに立山連峰が望めました。


曇天であっても、相も変わらず美しい。


黒部市
黒部市

黒部市

たま~に日が射すと、山が浮き上がって見えるんです。
あの美しさは、ワタクシのカメラでは記録できません。実際に見ると感動するレベル。
でも、立山連峰をぼーっと眺めながらお茶を飲めるカフェがないんだよなぁ~
勿体無い。


生地

生地(いくじ)から眺める富山湾。
今日は穏やかだ。


黒部市

湾の左側は魚津の方かなぁ。

生地
生地(いくじ)は空き家が増えているんだそうです。
こちらの建物もそれっぽい。
改修して、古民家カフェにしたいなぁ~などと妄想してみたり。


グリーンカフェ
ここがランチを摂ろうかなぁと思っていた「グリーンカフェ」。
ネットでの評判がとても良いのですが、タイミングが合いませんでした。残念。



それはそうと、「生地」という地名にカナを振りまくってみたのですが、


ヨミを覚えていただけました?




【にほんブログ村】

富山県 立山室堂(むろどう)の絶景。 ver.2 【写真のみ】

室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂









室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂





【にほんブログ村】

富山県の立山(たてやま)室堂(むろどう)で食したものたち。

立山連峰




立山に意外と何度も来ているワタクシ。



それも母と。



ってことで、後ほどその景色を別エントリーでご紹介するとして、



先ずは食したものを羅列してみまする。



ちなみに今回は、室堂のみを散策致しました。



室堂
[立山室堂]
富山県中新川郡立山町芦峅寺


室堂
綺麗過ぎて毎度、ここは天国かっ!! と思うワタクシです。

室堂
大阪府の地図みたいな雪渓ですね。




オヤツを持っていたにも関らず、室堂にある様々な施設で食べ物を購入。



山の上なので、ものごっついお高いのかと思いきや、



意外と良心的価格となっております。



カレーライス
[カレーライス 800円らしい]
立山室堂山荘で食す。
さらさらのルーがワタクシ好みです。
ルーはたっぷりめ。


ソフトクリーム
[バニラとブルーベリーのミックス味のソフトクリーム 360円だったかも]
みくりが池温泉の「喫茶みくり」で買って外で食べる。
涼しいのに、ごっつい勢いで溶けるソフトクリームが謎。


ケーキセット
[ケーキセット 1,100円~]
室堂ターミナルにある「ティーラウンジりんどう」で食す。
奥はダム湖を模したシフォンケーキだそうです。


アップルパイ
[ケーキセット(アップルパイ) 1,200円]
上からリンゴジャムっぽいものが掛かっていますが、これは不要かもな。


抹茶カキ氷
[抹茶カキ氷 300円だったと思う]
基本、こういうものは食べないのですが、魔がさしました。
ごっつい甘くて結局は最後まで食べられなかったという結果に。




山の上で食すものは、その環境からか、食が美味しく感じますね。



そして空気が綺麗なので、気管支の弱いワタクシでも咳が出ないという環境。



“空気の綺麗なところで静養”って、ほんと大切だなぁと思った次第です。



いつか泊まってみたい・・・。




【にほんブログ村】

富山県 立山室堂(むろどう)の花々。

室堂
[立山室堂平お花畑]




室堂のお花畑は文字通り期間限定。



雪に閉ざされている期間が長いので、雪解け後に室堂に行く場合は必見です。



何度行っても素晴らしく、楽園感が半端ないです。



時間が幾らあっても足りない。



そんなこんなで、今年、室堂で見た植物を羅列したいと思います。



植物名が判明したら更新予定。



室堂
[ウサギギク(兎菊)]
学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi


室堂

室堂
[ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)]
学名:Solidago virgaurea subsp. leiocarpa

室堂

室堂

室堂
[タカネヨモギ(高嶺蓬)]
学名:Artemisia sinanensis


室堂
[カンチコウゾリナ(寒地顔剃菜)]
学名:Picris hieracioides subsp. kamtschatica


室堂
[キオン(黄苑)]

室堂
[ミヤマキンバイ(深山金梅)]
学名:Potentilla matsumurae


室堂

室堂
[イワオトギリ(岩弟切)]
学名:Hypericum kamtschaticum var. hondoense


室堂
[チングルマ(珍車、稚児車)]
学名:Geum pentapetalum


室堂
室堂
室堂
室堂

室堂
[ニッコウキスゲ(ゼンテイカ・禅庭花)]
学名:Hemerocallis dumortieri C.Morren var. esculenta (Koidz.) Kitam. ex M.Matsuoka et M.Hotta


室堂
[ミヤマリンドウ(深山竜胆)]
学名:Gentiana nipponica


室堂
[オヤマリンドウ(御山竜胆)]
花は上向きに細長くすぼまった形で咲き、花弁はわずかに開くのみ。

室堂
室堂
室堂

室堂
[ヤマハハコ(山母子)]
学名:Anaphalis margaritacea


室堂
室堂

室堂
[ミネウスユキソウ(峰薄雪草)]
学名:Leontopodium japonicum


室堂
[モミジカラマツ(紅葉落葉松草、紅葉唐松)]
学名:Trautvetteria caroliniensis var. japonica


室堂

室堂
[エゾシオガマ(蝦夷塩釜)]
学名:Pedicularis yezoensis


室堂
[イワツメクサ(岩爪草)]

室堂
[タテヤマリンドウ(立山竜胆)]
学名:Gentiana thunbergii var. minor


室堂

室堂
[ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)]
花言葉は「自由」。
すごく不思議な形ですね。
雌蕊がツノみたい。


室堂
[キレハハクサンボウフウ(切葉白山防風)]
学名:Peucedanum multivittatum


室堂
室堂

室堂
[オオハナウド(大花独活)]
学名:Heracleum lanatum


室堂
[タカネヨモギ?]

室堂

室堂
[ナガボノアカワレモコウ(長穂赤吾亦紅)]
学名:Sanguisorba tenuifolia var. purpurea


室堂

室堂
[ヨツバシオガマ(四葉塩釜)]
学名:Pedicularis japonica


室堂

室堂
[ウラジロタデ(裏白蓼)]

室堂

室堂

室堂
[ヨツバシオガマ?]

室堂
[クロトウヒレン(黒唐飛廉)]

室堂
[タテヤマアザミ(立山薊)]
学名:Cirsium babanum var. otayae.


室堂

室堂
室堂


室堂

室堂

室堂

室堂
[ガンコウラン(岩高蘭)]
果実は食べることができます。


室堂

室堂
冬は、バッタは何処で過ごすんだろう?

室堂
[シラタマノキ(白玉の木)]
学名:Gaultheria miqueliana


室堂

室堂

室堂

室堂
[ハイマツ(這松)の雌花]
ワタクシが松の中で最も好きなのがハイマツです。


室堂
室堂



【にほんブログ村】

富山県 立山室堂(むろどう)の絶景。 ver.1

室堂

室堂平からは、立山三山をはじめ剱岳や大日連山など、3,000m級の山々を望むことができるほか、みくりが池や地獄谷など、散策スポットも豊富。

という絶景エリアが立山室堂です。

魅力的な場所ゆえ、一度足を踏み入れると、また次も来たくなります。

ここで暮らしたいとは思わないけれど、

ハイジの山を訪れるクララ程度には行きたくなる感じです。

また来年も来られると良いなぁ~

と、ここに居ながらにして希望するワタクシなのでした。

室堂
室堂
室堂
早朝じゃないと、雷鳥は見られないそうです。

室堂
室堂
室堂
室堂
室堂

室堂
山頂に向かうにつれ、岩だらけで足場が悪そうに見えます。

室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂 (17)

室堂

室堂
室堂
室堂
室堂
室堂

室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂
室堂


室堂
室堂
室堂

室堂
室堂
遊歩道をキャタピラー付きのトラックが縦横無尽に走っています。


写真の羅列で伝わるかは不明ですが、

本当に景色と空気の綺麗なところです。

クセになる景色かも。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

雨晴海岸から見る立山連峰。

雨晴海岸
雨晴海岸(あまはらしかいがん)はJR氷見線の高岡・氷見間にある駅です。
富山県高岡市北部の海岸で能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選に選ばれています。
晴れていると立山連峰が上のように綺麗に見えます。ってか、肉眼の方が断然綺麗です。
携帯カメラの限界に挑戦したのがこの写真。


110305_1442~01
実はこんなに遠くに居ます。
冬晴れの日に見られるこの景色は「比類なき絶景」と言われているそうです。
うん、確かにそう思います。
源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨が晴れるのを待ったという「義経岩」があります。
そして、それが地名「雨晴」の由来ともなっています。


飛行機雲
あ、飛行機雲。

眺望点
足元に「眺望点」のプレートが埋まっている地点から撮影しております。

雨晴駅_立山連峰
氷見駅から高岡に戻る途中で立ち寄るなら、電車賃は180円。
電車は一時間に一本しかありません。
そしてここからも立山連峰が見えるの!!


ぶらり途中下車の旅です。

氷見でギリギリ発車数分前の電車に飛び乗り、雨晴駅で下車しました。


雨晴駅


駅を出て、右側に数十メートル歩くと小さな踏切があり、

そこから海岸に出ることが出来ます。

昨日の降雨がウソのように快晴になった高岡エリア。

雪を被った立山連邦がクッキリと見え、

青い空と海と、白い山々との対比が見事です。

今日はどこから見ても綺麗な立山連邦が見れた日だと思われます。

ああ、来て良かったぁ。

昨日、極寒を絶えて良かったぁ。

至極満足できた一日でした。

また黒部に行きたくなったよ。


氷見線切符
雨晴駅から一気に富山に戻る場合は570円。
駅員さんに言うとこのような切符を切ってくれます。
(レシートですね)
無論、自動改札非対応。
って言うより、今は富山駅は自動改札ではありません。


富山駅改修工事
三年後に開通予定の北陸新幹線を作っている富山駅の風景。
遠くに立山連峰が見えます。


早く新幹線が開通してくんないかなぁ。

と、帰りに長時間電車に揺られながら思ったワタクシです。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。