sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

穴子

千代田区丸の内『紫野和久傳 丸の内店』で鯛サンドと煮穴子ちらしを予約してあったのを受け取ってきた。

image

先日、紫野和久傳の丸の内店で本日発売の鯛サンドの存在を知りました。

即座に予約をした理由は、冷凍で2週間保存ができると聞いたから。

これはイザという時の楽しみになりえそう。

鯛サンドと煮穴子ちらしはそれぞれ数量限定販売だそうですが、

雰囲気的には結構余裕があったっぽい。

丸の内界隈の会社員はテレワークでしょうから、

普段よりもハードルは低かったかもしれないと勝手に想像しています。

image

解凍時間は鯛サンドの方が長め。


山椒オイルでマリネにした薄づくりの鯛に、京都名産の「すぐき漬」と大葉をはさんだ、知る人ぞ知る名品


だそうで、コレ絶対おいしいやろって気配がしています。

パンは軽くトーストしてあるそうです。

煮穴子ちらしは3週間冷凍保存ができます。

冷凍保存ができるお弁当って便利ですね。

体調不良で出かけたくない時などに効果を発揮しそう。

と言っても、鯛サンドは解凍に4時間近くかかるらしいんですけどね。

朝、「今日のお昼に食べるぞ!」と気合を入れて解凍する感じかな。

次回は来月に期間限定・要予約で鯛サンドが販売されるそうです。

美味しかったらまた予約を入れるかも。

とりあえず今回のは月末頃の

「今日はご飯を作りたくない」

という日に頂こうと思います。

楽しみ。



image
【紫野和久傳 丸の内店】

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F
営業時間[物販]10:30~19:00,[茶菓]11:00~17:30(L.O. 17:00)
定休日:元日のみ
https://wakuden.kyoto/store/marunouchi/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神楽坂『葉歩花庭(はぶかてい)』で晩酌のおつまみ折り詰めをテイクアウト。

image
[上]穴子寿司 2,300円(税込),
[下]晩酌のおつまみ折り詰め 7500円(税込)

ちょいと家呑みをする予定があったもんで、

近所の『葉歩花庭(はぶかてい)』に前日に折詰などを予約。

引き取る際は袋を持参して欲しいという依頼がありましたので、

サイズ感を訊いたところ、20×30cmほどの容器が入るものとのことで、

家捜ししてホールケーキが入りそうなサイズの保冷バッグを発見。

どうせならと保冷剤も携帯し、夕方に引き取ってまいりました。

image
おつまみ20種×2人前。
いずれも美味しいのですが、特に中央の帆立貝柱の燻製が美味でした。

締めのご飯も必要だろうと考えて、ついでに穴子寿司も注文しておきました。

image
メソ穴子を使用しているそうな。
ってかメソってなんぞや?

調べてみたところ、「メソ」とは若魚のことだそうで、

成魚よりも小さいサイズ感は江戸っ子好みなんだとか。

穴子寿司には薄くスライスした 胡瓜が入っていて、食感が楽しく、

また食べたくなる一品だと感じました。

同席者にも好評でした。

夕食のテイクアウトも良いもんですね。

(ラクだし、食器をそれほど使わないし)

また機会があれば依頼してみようと思います。

image
長らく使っていなかったガラス容器を発掘。

この日テイクアウトを試みた目的は、先日購入した勝駒を呑むためでした。

日本酒には、やっぱり和食が合いますなぁ。



【takeout】
火~土曜日の15時以降の受け取り。
折詰とちらし寿司の注文は3日前まで。
03-5848-3911


image
【葉歩花庭(はぶかてい)】

東京都新宿区津久戸町3-3 松井本社ビル1F
通常営業時間 [土]11:30~14:00,[平日]18:00~22:30
定休日:日曜、第一月曜
※夏季休業(2020.24~27日)
※ディナータイムはサービス料加算
http://blog.habukatei.jp/(ブログ)
https://www.habukatei.jp/


【にほんブログ村】

母が『深清鮓』の穴子寿司を手土産にジャジャーンって感じで登場。

深清鮓



母が本日より滞在。


ワタクシが今晩のご飯は何にしようかなぁ・・・と思いつつ結局手ぶらで帰宅し、


着替えてリビングに行ったら、


母が


ジャジャーン!


って効果音が出たんじゃないかってほどドヤ顔で寿司折をテーブルに置きました。


前回「食べたいわぁ・・・」とワタクシが呟いたのを覚えていたらしく、


わざわざ東京に来る前に『深清鮓』まで行って買ってきてくれたんだそうです。


す、すげーっ。


一人、一折の配給。


ってことで、めいっぱい堪能させて頂きました。


深清鮓
大阪府内でも徒歩では結構行き難い場所にある持ち帰り専門の穴子寿司屋さんです。

深清鮓
とろっとろの穴子と、甘すぎないけど甘味のあるタレ。
タレって言わないんだっけ?煮ツメだっけ?


深清鮓
猛烈に美味です。ってか、ワタクシ的にはナンバーワンの穴子寿司です。



次にいつ食べられるかは謎ですが、


また食べたいなぁ・・・と食べ終わった瞬間から思っているワタクシです。



【深清鮓(ふかせいずし)】
※持ち帰り専門店
(電話予約が望ましいんじゃないかな)

大阪府堺市堺区出島町1-1-22
(南海本線湊駅より徒歩5分)
営業時間 9:30~18:00
定休日:火曜


【にほんブログ村】

台東区谷中『乃池(のいけ)』で母に穴子寿司をご馳走になって来た。

乃池




母オススメの『乃池』の穴子寿司。



実は昨日、ここでランチを摂ろうと谷中にやって来たのですが、



既にランチが終わっていて断念。



本日、再度チャレンジすることに致しました。



11時30分開店なので、それより前に並ばないと入店できません。



約30分ほど並び、入店致しました。



メニューには様々なものがありますし、ネタも眼前に並んでいるのですが、



同店初心者のワタクシとしては、看板メニューを頼むのがベスト。



ってことで、お高いのですが、穴子寿司を注文しました。




乃池
[名代 穴子寿司 2,500円(税込)]
写真の許可を貰ったら、OKの後に「タレが溶けるので早めに食べてね」と言われました。
タレに砂糖があまり入っていなくてサラサラしてるってことなんでしょうかね。


乃池
穴子はかなり柔らかめ、タレには殆ど甘さを感じませんでした。




実はワタクシ、長い魚が大好きです。



鰻、穴子、鱧、太刀魚。



特に「鰻は飲み物」と広言しております。



穴子も大好きですが、願わくばタレ(煮ツメ)は甘めがいい。



『乃池』の穴子寿司を食べて思ったことは、



これは日本酒と一緒に食べたい寿司だなってことでした。



それと、ここの穴子寿司は咬まずに「飲める」。



もう数十年歳を重ねたら、ここで日本酒片手に穴子寿司をちびちび食べたいですね。



そんなこんなで、ご馳走様でした。





乃池
【乃池(のいけ)】

東京都台東区谷中3-2-3
営業時間 [昼]11:30~14:00 [夜]16:30~22:00
[日・祝]11:30~20:00
定休日:水曜
http://www.sushi-noike.com/



【にほんブログ村】

銀座8丁目『天あさ』のランチで天あさ天丼を。

天あさ
[天あさ天丼 2,400円(税別)]
丼には、活才巻海老2、魚介2、野菜4が乗っています。
他に、きざみ野菜のサラダ、しじみの味噌汁、香の物も付きます。

天あさ
活才巻海老、きす、あなご、タラの芽、まいたけ、伏見とうがらし(?)、さつまいも、などが入っていました。




かなり美味しいものが食べたくなって、



酒豪Mと、超久しぶりに『天あさ』に行って参りました。



銀座界隈の天ぷら料理店では、ここが一番好きなワタクシ。



「穴子天丼」を食べたかったのですが、



あれは土曜日限定のメニューのようですね。



残念。



しかも、ぐるなびを見たら、1,000円(税別)で供されているようで、



残念感が倍増しました。



休日出勤の時に、是非食べようと思います。



それにしても、「天あさ天丼」はかなり美味しかったです。



吟味した食材を丁寧に下ごしらえして、丹精込めて揚げた天ぷらは、



サクサク感と、軽い食後感が絶妙で、



これぞ日本食って感じです。



嗚呼、日本に生まれて良かった~



と思った、至福のランチタイムでした。




【にほんブログ村】

銀座5丁目『あなご屋 銀座ひらい』でランチに穴子を食べてきた。

銀座ひらい
【銀座ひらい】
中央区銀座5-9-5 長屋104
平日 11:30~14:30 (L.O 14:00) 17:30~22:00 (L.O 21:30)
土日祝日 11:30~15:30 (L.O 15:00) 17:30~22:00 (L.O 21:30)
ショップカードに「店主 あなご初段」と書いてあるのがワタクシのツボ。 


銀座ひらい
[ランチ箱めし 1,000円]
お味噌汁→肝吸い(+300円)に変更
ゴマ、柚子、山葵、ネギが薬味として付いています。


銀座ひらい
煮穴子の下は金糸卵、海苔、青紫蘇が敷いてあり、様々な味が楽しめて飽きません。

銀座ひらい
プラス300円の肝吸い(ハモも入っていました)




今朝は凄まじい豪雨でしたね。



最寄り駅まで歩く際、ずぶ濡れになったワタクシです。



蒸しかたが半端ないし、



湿った衣類がクーラーでより冷やされるし。



っつーことで、酒豪Mに「美味しいもの食べたい」とダダを捏ねてみました。



彼女が連れて行ってくれたのが、あなご料理のお店。



鰻も穴子も大好物のワタクシとしては、至福のランチタイムでした。



三原通りの横丁にある小ぢんまりしたお店ってところも、尚好し。



とても気に入りました。



が!!



量はワタクシにはちょっと物足りなく感じる。



どんぶりで食べたい気分です。



食べると尚更食べたくなるのがニョロニョロ料理。



明日は鰻をご馳走になる予定で、



遠足前の子供のように、猛烈に明日が楽しみな今のワタクシです。






【にほんブログ村】

自分への慰労に大丸東京店地下で好物二品を買って手抜き夕食にしてみる。

穴子寿
[穴子にぎり@寿司処平島]
¥野口越えです。


肉団子
[コラーゲン肉団子 315円@柿安ダイニング]




今日は暑かったのだが、千葉県民Tは上着を着ていた。



目の疲労感がハンパなかったので、幻影を見たのかもしれん。



明日は荒天たから外出は控えてねとNHKで頻繁に呼びかけているもんで、



金曜夜の東京国立博物館に行ってリフレッシュしようとJRを利用したら、



東京駅で満員電車に流しだされて下車してしもうた。



で、そのままグランスタをぶらぶら。



ふと、大丸地下で穴子寿司を買って帰ろうと思いたち、改札を出る。



大丸地下は大きな荷物を引いた人々や、



社会人新入生達がワラワラ居て大混雑でしたが、



目指すお店(恵方巻として母と食べたあの穴子を売っていたお店)を発見。



しかし、遅い時間だったからか商品はほぼ残ってはおらず、選択肢も少ない。



少ないながらも穴子寿司は残っていたので、一つゲットいたしました。



訳の分らぬ達成感と高揚感を覚えつつ、改札方向に戻る途中で肉団子発見。



実は大好物です。



挽肉料理は考え得る限り無条件で大好きじゃ。



ってことで、値段も手頃だったので一つ購入致しました。



後は野菜料理を作れば良いよね。



ってな感じのお気軽気分で帰宅。



で、結局、上野には行きませんでした。



また来週チャレンジしてみようっと。



帰宅後、思っていたほど空腹ではなかったようで、



お寿司を食べたら他のものは入らなくなってしまいました。



っつーか、神経を抜いた歯が俄かに痛み出したもんで、



それが気になって食事どころでは無くなったっつーか。



気圧が下がると古傷が痛むと言うが、



ワタクシにとっては、この歯がそれに当たるっぽい。



神経を抜いたのに痛むってどういうことだと二人の歯科医に見てもらったが



「気のせいです」



と一蹴されたことを思い出すわ。



それはそうと残った肉団子は、コッペパンでも買って来て挟んで食べようと思います。



キャベツも買っておかねば~。








【にほんブログ村】

新宿区神楽坂『御座敷天婦羅 天孝(てんこう)』の天麩羅御飯。

天孝
[入口脇にあるメニュー]
これを見たら天丼を選びますよねぇ、普通。
しかし、母が一緒となると・・・


天孝
つゆで食べるか、塩で食べるかが味の分かれ目かと。

天孝
[えび]

天孝
[アスパラガス]

天孝
[きす]

天孝
[銀杏、ふきのとう、穴子]
ふきのとうが美味しいと感じたら中年越えだと思う。


天孝
御飯はミニかき揚丼と白飯+かき揚から選択できます。
勿論、どんぶりを選択。


天孝
小海老のかき揚。
出汁はかなり甘め、白米は柔らかめです。


天孝
[アサリ(大きめ)のお味噌汁]
しっかりした味のお出汁。


天孝
[香の物3種]
既に醤油がチラリと掛かっています。


天孝
[練乳がけのイチゴ]
久々に“練乳がけイチゴ”を見た気がする。


天孝
天丼ついでに、天井がとってもオシャレ。布張りかな。


午前中はマンション関係の用事があり、

それが終わったので神楽坂でランチを摂ることにしました。

今日は母が一緒なので、長年の野望であった御座敷天麩羅の名店『天孝』を選択。

入口で、“あ、天丼ならお手頃価格じゃん”と思って引き戸に手を掛けたら、

「あなた、まさか天丼なんかにしようと思っていないわよね」

と背後から低めの声を投げつけてくる母。

え!? ってことは!?

「勿論、コースに決まってるでしょ!!」

とキッパリと言われたもので、

「だって高いじゃん」と抵抗したら、

「私が出すわよ」と、二人で諭吉価格のコースをご馳走してくれました。

すげぇ~

おかげさまで、天丼より長くゆったりと食事を頂くことができました。

カウンター席だったので、目の前で大将が揚げて供してくれます。

ワタクシは、半分つゆで、半分塩で、一つのものを半分にして食しました。

一番印象に残ったのは、ふきのとう。

ほんのりとした苦味がとても美味しく感じました。

でも、やっぱり穴子が一番好きだな。

塩で食べると、穴子の味がしっかりと鼻腔を走り抜けて美味。

ここで穴子の天丼を食べてみたいなぁと思いました。

って、メニューに無いかもしれないけど。

穴子はともかく、次回は一人で天丼を食べに来るぜ。

新たな野望を抱いたワタクシと、

次回もそんなことは考えもしないであろう母は、

大将たちに丁寧に見送られつつお店を後にしたのでした。




天孝
【天孝 (てんこう)】
東京都新宿区神楽坂3-1
[月~土] 11:30~14:00(ランチ営業) 17:00~21:30
http://kagurazaka-tenko.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。