sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

神楽坂_和食_千

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で勝駒を呑んで鰻コースを食す。

image

おせち料理でお世話になっている『神楽坂 和食 千』。

前回、呑みたい日本酒をリクエストしつつ予約を入れていたもんで、

ど平日ですが、夕方から食事をしに行って参りました。

image
もちろん東京都の感染防止徹底宣言ステッカーが貼ってあります。

image
「次回は鰻」と言われていたとおり、今日の献立は鰻でした。

前回リクエストした日本酒は「勝駒」。

ワタクシが最も好きな富山県の日本酒です。

でも東京ではなかなか飲めないんですよねぇ。

手に入れるのはもっと難しい(とワタクシは思っている)日本酒です。

ネットで買える場合もありますが、お高いです。

image
ここではまず、純米酒を飲んでおく。

image
八寸
この日のお品書きの内容とは異なります。
奥は秋田のジュンサイ。大ぶりで美味しいことで有名ですよね。

image
お造りは、イサキとコチ、北海道産雲丹。
カボスをお醤油に入れて食べることを推奨されましたが、
サッパリした味になって大変美味しゅうございます。
家でも真似をしたい。
水茄子も添えてあります。ウマウマ~

image
富山好きなのに初めて聞く
「林」という純米吟醸をいただいてみる。


image
朝日町の酒蔵なのかぁ。
スッキリしていて飲みやすいし美味しい。
機会があれば蔵に行ってみようと思う。

image
たき合わせは、芋・蛸・南京。
芋は金沢のお芋だそうです。伝燈寺里芋?

image
鰻料理の一皿目は、調理方法を3種類から選択できます。
食べたことが無いので、天婦羅を所望しました。
これが大変美味しい!!! 記憶に残る味です。

image
鰻料理の2皿目は、「うなぎかば焼き 薬味色々」。
とろろ芋が付いていて、「うとろ」として食します。

image
炭火で焼かれた香ばしくもとろける鰻。
これに山椒だけでも大変美味しく頂けますが、
とろろ芋にくぐらせると甘みが増して旨さ倍増です。

image
コースには無い日本酒のアテを作って貰いました。
鯵の酢の物です。
だしの味が効いていて酸味はほとんど感じません。
とても美味しい。

image
〆の食事は、富山県産こしひかりと、鰻肝のお吸い物。
お吸い物に入っているモロヘイヤが良い食感です。
ってか、肝がトロトロでウマっ。ってか、ウマッ。

image
桃を使ったデザートは、桃の杏仁豆腐でした。
ああ、癒される~。

image
中央で様々な炭火焼料理が生み出されて行きます。
鰻の良い香りだけで日本酒が飲めそうだ。

なんだかここのところ毎月ここで食事をしている気がする。

かなり気に入っております。

料理だけでなく、雰囲気も。

地元だけでも常連さんが多いのにも納得の居心地の良さです。

通えば通うほど、オプションが良くなる気配もしています。

この日も大満足の二時間でした。

image
お客さんが少ない時勢ゆえかと思われますが、
一本入手させて頂きました
ラベルは版画家の(故)池田万寿夫氏によるものです。


image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で初めて夜にコース料理を頂く。

image
先付けには、秋田のジュンサイや、イチジク、枝豆の天ぷらなどがあります。
いずれもウマウマ。

おせち料理でお世話になっている『神楽坂 和食 千』。

ランチに訪問したことはありますが、本日初めて夜のコースを予約して母と行って参りました。

結論から申せば大満足でして、次回の予約を入れてしまいました。

image
先付けの笹の中には、穴子寿司が入っていました。ウマ~

image
鱧と冬瓜のお吸い物。双方大好物です。
お出汁は濃いめ。

image
お刺身は大量の雲丹の他に、鰹、金目鯛と・・・あと一つは何だったっけ?

image
楽しみにしていたので、十四代を頂いちゃいました。やっぱり美味しい。

image
里芋、南京、蛸の煮物。
「いも、たこ、なんきん」は女性の好きなものと言われてますもんねぇ。
無論、ワタクシも好きです。

image
炭火で焼いて骨を抜いた鮎!
頭の部分はカリカリに揚げてあります。
お酒が進む一品ですな。

image
メニューには無い「而今(じこん)」を頂きました。※価格不明
お猪口はワタクシが使った緑と、隣の赤とではサイズが違います。
わざわざサイズ違いで出してくれたらしい。

image
面白いうちわに入った一品。

image
加茂茄子と帆立の揚げ出しでした。熱いけどウマウマです。

image
母リクエストの焼胡麻豆腐。
どうしても食べたかったらしく、有難くもコースに入れて頂きました。
冷めても美味しいです。

image
栃木牛のローストビーフの中には
白瓜などシャキシャキした食感のものが詰まっています。
なんて美味しいんだ。

image
本日の炊き込みご飯は茗荷。
茗荷って炊き込みご飯にもイイもんなんですねぇ。
でも子供には無理かも。

image
青梅のゼリー。来月は別のものに変わっているだろうなぁ。

いずれも美味しく、大変満足です。

期せずして貸し切り状態になっておりまして、

逆に恐縮してしまいました。

ペイできているのだろうか? と、余計な心配をしたりもして。

何はともあれ、満足度が高いお店なので、

次回も是非期待しておこうと思います。

ぼちぼち、ここに誰かを招待したいなぁ。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で大好物の鱧を食す。

image
完璧な食感のアスパラガスに湯引きした鱧、
その上にトマトが乗っています。
不思議と絶妙なハーモニーで美味でした。

おせち料理でお世話になっている『神楽坂 和食 千』。

今日は通院dayで、当初行こうと思っていたお店が混んでいたため、

平日ランチでは穴場だと思われるこちらのお店に行って参りました。

緩和後の神楽坂の飲食店は、

緊急事態宣言前にも似たほどの活気が戻っておりまして、

選んだこちらのお店も、常連さんで占められている感じ。

それでも両隣を開けた状態でカウンター席に座り、

ゆっくりと時間をかけて料理を堪能することが出来ました。

二種類あるコースで迷っていたら、

「今日は鱧です」

と言われたため、ソッコーそちらを選択。

好物の鱧を、今年初めて口にすることが出来ました。

ウマ~。

image
[焼胡麻豆腐]
焼いた胡麻豆腐がとろけて、なんとも美味しい。
これでもかと胡麻が乗っていて身体に良さそうな一品だと思えました。


image
[竹籠盛り込み]
稚鮎の天ぷらが付いています。これも今年初で頂きます。
これは日本酒が飲みたい!


image
着席後「とりあえず生」にした後でメニューを見てシマッタと思い、
迷い続けた末に結局頼んじゃいました。


image
真昼間から「十四代」。

image
おせち料理にも入っていたちりめんじゃこを乗せた富山県産こしひかり、
木の芽の香りが沁み込んだ筍の赤だし。
ほどよい量で完食できました。


image
甘味は今が旬の青梅のゼリー。
爽やかでとても美味しかったです。

皆さん昼からゆったりと日本酒を楽しんで居られるため、

呑む罪悪感が軽減されました。アリガタイ。

長らくテイクアウトもせずにお店を閉めていた『千』ですが、

当面、すべての席を埋めることなく営業するようです。

つまりは小人数だけ受け入れる営業スタイル。

日々状況が変化するでしょうから、

都度対応されるのかもしれません。

夜にも来たいなぁ。

蛇足ですが、

以前、母がここでランチをしたのですが、

「お母様にもよろしくお伝えください」

という言葉をお見送りの際に頂きました。

次回は母と来ようかな、もしくは母に来てもらおうかな、

と思いつつ、ふわっとした気分で家路に着きました。

自粛期間のテレワーク生活を

神楽坂での贅沢なランチタイムで閉めることが出来ました。

夏は旅行に行くぞ!

それまでは、もうひと頑張り致そう!

と、新たに気合を入れてみたりして。

とりあえずは、今月までお疲れさまでした。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/


【にほんブログ村】

おせち料理2020。

image

今年も母と二人、東京でお正月を迎えました。

一昨年は年末年始に寝込んでしまったため、しんどかった記憶しかありません。

予感があったのか、おせちを注文していなかったので丁度良かったのですが、

2019年11月に入り、おせち料理で悩むのが嫌になり、

一度頼んだことのある神楽坂の料理店で調達することにしました。

電話をして初めてではない旨を告げたら、

データが残っているゆえに、いとも簡単に予約が完了しました。

「一生懸命作ります」

という気合十分な言葉を頂いて電話を切った次第です。

で、11月上旬に予約したものを、大晦日の朝に受け取って参りました。

image
かくれんぼ横丁に目的のお店はあります。

そんな今年のおせち料理は以下のとーり。

image
今年初の日本酒は「現代の名工」藤尾正彦氏の純米大吟醸。

image
岩手の蔵で買ったものです。

image
今年のお重の内容はこんな感じです。


image
どれもこれも吟味した材料のようで、大変美味しゅうございました。


image
先ずは好みのものから頂きます。

image
今年もお雑煮の担当は母です。

image
お雑煮に投入してあるお餅は、母が実家から持ってきたもの。
きめ細やかで美味しいお餅でした。

早朝の初詣がかなり寒かったので、

屋内で美味しいもの&温かいものを食べる幸せを実感致しました。

実は日本橋三越地下の青柳の黒豆を買おうと意気込んでしたのですが、

理由は謎ですが、三越の人に訊いたら撤退しちゃったそうです。

(同社のサイトには記載が残っているんだけどなぁ)

そんなこんなで、ものごっつい黒豆に対する執着が芽生えていたため、

今年のおせち料理のトップに食べたのが黒豆でした。

大ぶりでふわふわで甘さ控えめな黒豆は大好物です。

っつーことで、今年も「まめ」に働き、「まめ」に暮らせたらと思います。

今年もよろしくお願いします。



image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 18:00〜22:30(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/

2019年1月3日の食事はコチラ。←ホテルにて
2018年1月1日の食事はコチラ
2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ


【にほんブログ村】

おせち料理2018。

image


今年も母と二人、東京でお正月を迎えました。


昨年は新潟からお取り寄せ致しましたが、


ウチの近所にもいろいろあるんじゃないかと気づいたため、


今年のおせち料理は神楽坂で調達することにしました。


予約をしていたものを、31日午前中に財布片手に受け取りに行って参りました。


image
かくれんぼ横丁に目的のお店はあります。


31日は早朝に初雪を観測したそうで、


近所だからと軽装で外出したため、ものごっつい寒かったです。


せめて手袋をして行けばよかったと後悔。


しかし、直接受け取りに行くので送料は要らず、


宅配業者から荷物を受け取らねばならんという待ち時間もなく、


これは気楽だと、かなり気に入った次第です。


受け取り後、路地に出て姿が見えなくなるまで見送って頂きましたが、


寒い中、大変恐縮しつつも、お客さんを大切にしている印象を受けました。


そんな今年のおせち料理は以下のとーり。


image
昨年と変わらぬレイアウト。

image
母の作ってくれた関西風のお雑煮。
歳をとると、白味噌仕立てのお雑煮が一番美味しいと感じる不思議。


image
お重の内容。

image
[一の重]

image
中央の笹の中は、ワタクシの苦手な数の子でした。
むろん、母が全て担当します。


image
[二の重]

image
蓋物はちりめん山椒でした。

image
本日は、正雪の純米大吟醸を開封いたします。

image
杜氏さんの名前が入っているところがポイント。
かなり美味しいと感じる日本酒でした。


image
お雑煮に投入してあるお餅は、母が関西から持ってきたもの。
きめ細やかで美味しいお餅でした。



今回、初めて近所でおせち料理を調達致しましたが、


おせち料理を販売しているお料理屋さんは神楽坂に複数あるらしく、


いろいろ試してみたくなりました。


初めてのところは当たり前ですが量や味が不明で、


まるで福袋を開封するようなドキドキ感がありますね。


image



今回の「千」のおせち料理は味付けがワタクシ好みに控えめで、


とても美味しいと感じました。


今度、昼か夜に都合が合えば、予約して母とお店に行ってみようと思います。




image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 [昼] 11:30〜14:00 , [夜] 18:00〜22:30(L.O. 21:00)
定休日:月曜、日曜午後(日曜はランチのみ 11:30〜15:00)

2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。