sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

神奈川県

神奈川県鎌倉市『覚園寺』が静かな穴場スポットでとても良いところでした。

image
[愛染堂]
廃寺となった大楽寺の本堂を移築。

境内が国の史跡に指定されている『覚園寺』にやって参りました。

鎌倉駅からは少し遠いからか、こちらも人が居らず、

かなり静かでひっそりとしております。

有料拝観エリアは一時間おきの時間指定がされており、

タイミングが合わなかったため愛染堂のみの参拝で終えましたが、

時間とタイミングを見計らって、いつか再訪したいと思っています。

それぐらいワタクシにとっては良いと感じるスポットでした。

image
愛染堂の周辺だけでも目に優しく良い感じです。

image
灯篭の脇で真っ赤なシャクナゲが花を咲かせていました。

image
目がおかしくなりそうな強い赤です。


image
チラホラと残る八重桜もありました。

image
こちらは薄ピンクの可憐な桜。

image
毎度忘れるのですが、これなんて花でしたっけ?
二色なのが綺麗だなぁと感じ入ったのですが。

image
あかん。思い出せん。

image
梅には実が成っていました。

image
これはアカシアの仲間かしら?

image
来年の大河ドラマの題材に所縁のある場所らしいです。

image
立派な石塔の周囲には蓮の鉢っぽいものが置いてありました。

COVID-19以降、御朱印が書き置きになった寺社が多い中

ここでは直接書いて頂けるようで、

持参しなかったことをとても残念に思いました。

いっそ御朱印帳を購入しようかと思ったのですが、

手のひらサイズでとても小さかったため、

結局は書き置きを頂いて参りました。

空いているから直接書いて頂けるのかもしれず、

今後もそうかはわかりませんが、

再訪することかあれば念のため御朱印帳を携帯しようと思います。

鎌倉駅からこの近くまでバスが走っているので、

それを利用しても良いかも。

image
特別御朱印がある。

image
書置きを頂きました。


image
【覚園寺(かくおんじ)】

神奈川県鎌倉市二階堂421
宗旨:古義真言宗
宗派:真言宗泉涌寺派
本尊:薬師三尊
創建年:建保6年(1218年)

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市『源頼朝の墓』とその周辺を散策する。

image
鎌倉一の有名人に纏わるスポットなのに誰も居ない。

地元在住の方に案内されて『源頼朝の墓』やって参りました。

来年の大河ドラマは鎌倉が舞台だとのことで、

混む前に主要スポットを観ておこうということっぽい。

源頼朝+大河ドラマといえば、『草燃える』。

ワタクシの大好きな作家の永井路子さんと、

これまた大好きな女優の岩下志麻さんが出ていた時代劇で、

小学生ながらに見入った記憶があります。

ゆえに長らく北条政子といえば、岩下志麻さんのイメージでした。

来年の大河ドラマでは、小池栄子さんか演じられるそうで、

これまたイメージに合うなぁと今から期待しているところです。

さて、源頼朝の墓は上の階段を登ったところにございまして、

かなりひっそりとしたスポットでした。

源頼朝ってあまり人気が無いのかなぁ。

image
武家政権の創始者なんですけどねぇ。

image
明治に廃仏毀釈で法華堂が壊されたため空地になっています。
(頼朝を祀る白旗神社が階段手前に建てられている)

image
荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)
長治元年(1104年)の創建。

image
本殿は鶴岡八幡宮若宮の旧本殿を譲り受け移築したもので
重要文化財に指定されています。

image
境内にあってひと際目を惹く「大銀杏」の御神木。
樹齢900年近くになるらしい。

image
鎌倉宮(かまくらぐう)の手水舎。
COVID-19により使用不可のためこのような姿になっています。

image
絵を見て亀の甲羅を撫でていたのですが、
文字を見たら「頭を撫でる」と書いてありました。

image
鎌倉宮は後醍醐天皇の第三皇子といわれる
護良親王(もりよししんのう)を祀る神社です。

鎌倉の桜は散り続けて路面をピンクに染めている状態ゆえか、

各寺院に観光客の姿は殆どありませんでした。

しかし、見たところ小町通りや鶴岡八幡宮大勢の人が居たので、

我々が足を運んだ場所がマニアック過ぎたのかもしれん。

わからんけど。

得意か不得意かと問われると、

ワタクシは後者に傾きがちな鎌倉。

武家文化があまり得意ではないからかもなぁ。

image


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

鎌倉商工会議所のオリジナルエコバッグが気になる。

image

人に会う前に、サクッと豊島屋に行って参りました。

本店でしか買えない鳩グッズをチェックし、

特に変化が無かったので今回はスルー。

続いて菓子類を見ていたところ、

カウンターに鎌倉商工会議所によるオリジナルエコバッグ

「エコ! 鎌倉」を発見しました。

税込770円で、白・紺・水色の3種類のラインナップです。

仏像やサーファーなどが描かれており、

ペットボトルの再生材が使われているエコ商品だそうです。

鎌倉市観光協会の事務所で販売しているそうですが、

豊島屋本店にも置いてありました。

「らしい」お土産としてはベストな気がする。

とか言いつつ熟考した結果、

いかにも過ぎて持ち歩くのが躊躇われると思い、

今回は買わないことを決断しました。

中に何かを入れてお土産にするなら良いかもなぁ。



image
【豊島屋本店】

神奈川県鎌倉市小町2-11-19
営業時間 9:00~19:00
定休日:水曜、不定
※Suicaが使えます
https://www.hato.co.jp/
https://www.hato.co.jp/collection.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市『フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所』で今流行りのフルーツサンドを買ってみた。

image

長らくお世話になっている方に会いに鎌倉にやって参りました。

待ち合わせの時間より早めに到着し、

予てより野望としていたフルーツサンドを食べるべく東口へ。

少し歩いたところにあるアーケードを目指しました。

テイクアウトしかできないことも考え

保冷バッグを持参しておりましたが、

店内で座らせて貰えたので、ササっと食して参りました。

image
昭和感漂う小路の先にお店があります。
そして、一枚目の写真へ。

image
少し迷って、4月1日にデビューしたばかりという「キヨミサン」を選択。

image
ついでにミックスフルーツも購入。
バナナ、パイン、みかん、黄桃に牛乳を加えたドリンクです。

image
ジューシーな清見オレンジが良い仕事してます。
甘過ぎなくて美味。

穴場時間だったのか空いており、

店内が利用できたのは助かりました。

今流行りのフルーツサンドが食せて満足しております。

この前、どこぞのフルーツサンド店で商品を見たら、

その激しい値段に慄いて買わずに帰ったもんで、

ここの価格が良心的だと感じました。

また鎌倉に足を運ぶことがあれば、

保冷バッグ持参で立ち寄りたいと思います。

って、次はいつになることやら。

それにしても、なぜ今、

こんなにフルーツサンドが大流行しているんですかね?



image
【フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所】

神奈川県鎌倉市小町1-3-4丸七商店内
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定
https://www.instagram.com/futsuunifuruutsu_kamakura/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市『豊島屋本店』で鳩グッズを買う。

image

人に会いにサクッと鎌倉に行って参りました。

ちょっと早めに着いたので、早くから開いている豊島屋に立ち寄りまして、

本店でしか買えない鳩グッズを覗いてみることに。

十年近く来ないうちにお店は綺麗になり、グッズはお店の一角を占めており、

お菓子屋さんとは思えぬ雰囲気になっておりました。

鳩グッズは、「鳩です」と言われなければ分からないものもあり、

ツッコミどころ満載です。

一番使い勝手の良さそうなジッパーバッグをひとまず入手致しました。

image
鳩サブレージッパーバッグ 800円(税込)

image
[付箋] 鳩っといて 各400円(税込)
使い勝手の大変悪そうな付箋なのでお土産にすることにしました。

鳩サブレーは東京のデパートでも買えるので、

ここでしか買えないお菓子を買って帰ることにしました。

image
季節限定(本店限定だった気がする) 「ほたる」 1,080円(税込)

image
羽二重生地でこし餡と練り切り餡を包んだ生菓子です。
美味しいです。

鎌倉では独り勝ちと言われる豊島屋。

確かに観光客が必ず立ち寄るお店感があります。

かく言うワタクシも観光客ではないものの、立ち寄りましたし。

県外移動が可能になって初めての週末。

人ごみに遭遇する前に、さっさと退散して帰路に着きました。

そういえば、七夕が近いんですねぇ。

店舗前の笹飾りで気付きました。

もう、夏なんだなぁ。



image
【豊島屋本店】

神奈川県鎌倉市小町2-11-19
営業時間 9:00~19:00
定休日:水曜、不定
※Suicaが使えます
https://www.hato.co.jp/
https://www.hato.co.jp/collection.html


【にほんブログ村】

JR小田原駅のコンビニで買ったもの。

image
[フラットケース4セット 432円(税込)]


JR小田原駅のコンビニで写真のジッパーバッグを購入しました。

かなり厚めのビニル製で、定形外の切符を入れるのに良い感じです。

一枚108円ですし、妥当な価格だと思います。

ワタクシは鞄のポケットで埋もれがちな小物を入れております。

厚みが無いのがヨロシ。

箱根土産らしく寄木細工模様ですが、小田原で買えます。

買うものに困ったらお土産にちょうどいいかもね。


image
小田原市内で見た自動販売機。
小田原絵巻のキャラクターがラッピングされています。
話題らしいですよ。

【にほんブログ村】

神奈川県小田原市『籠清(かごせい)小田原駅前店』で買い物。

image


毎度、小田原駅で下車したら立ち寄るのが『籠清 小田原駅前店』。

創業1814年の老舗の小田原かまぼこ店です。

様々な商業施設に出店している『籠清』ですが、

駅前店は商品ケースが横一列に並んでいて見易いし、入り易い。

今回もここで練製品を購入致しました。

蒲鉾は苦手ですが、さつま揚げ的練製品は好物です。

ゆえに、それらを(ワタクシ的には)大人買い。

image
ごぼう太巻は外せない。

柚子胡椒をちょいと付けて食べるとお酒がすすみそう~。

これで一週間は楽しめそうです。



籠清
【籠清(かごせい)小田原駅前店】

神奈川県小田原市栄町1-2-9
営業時間 9:00~17:00
定休日:元旦


【にほんブログ村】

神奈川県小田原市『だるま料理店』という文化財料理店で刺身定食を食す。

image

小田原にある『だるま料理店』は創業明治26年の日本料理店です。

空襲でも焼け残った建物は、国の文化財に登録されています。

せっかく小田原に来たのだからと、ここでお刺身を食べて帰ることにしました。

image
相変わらずの立派な店構え。

image
唐破風下は格天井になっています。

image
窓枠も凝っています。

image
店内は折り上げ格天井。

image
今回もお刺身定食を頂きました。

image
お刺身には説明書きが付きます。

image
方々がこの中では好みの味でした。

image
表に掲示してある写真。

image
予約すれば二階や別館に通されるのかもしれん。

image
文化財プレートは正面右手にあります。

ここでは母にごちそうになりました。

太平洋側で獲れる魚って、

日本海側で獲れるそれとは明確に異なりますね。

食感が特に。

やはり小田原では練り物を買うべき&食べるべきだと思いました。




image
【だるま料理店】

神奈川県小田原市本町2-1-30
営業時間 [1階食堂] 11:00~20:00
定休日:不明


【にほんブログ村】

神奈川県小田原市『cafe 空(くう) 小田原』でちょっと変わったかき氷を食べてきた。

image

休日おでかけパスを利用して母と小田原にやって参りました。

何故、小田原なのか? と申しますと、

休日おでかけパスの範囲ギリギリが小田原駅だったからです。

駅前でお寿司でも食べようか~と思っていたら、満席でアウト。

2件目に行こうと思っていた

海抜28mぐらいはありそうな高台にあるカフェ『空』に向かいました。

ここでは珈琲を飲みつつかき氷を食べる予定でしたが、

ここでランチも頂いちゃいました。

image
入口にある石の看板。

image
店内は広く、モダンで開放的な空間です。

image
着席すぐに供された水は二重グラスで保冷効果抜群です。

image
[やわらか鶏むねご飯 1,500円]
ワンプレーとランチで、珈琲も付いています。


image
タイトル通り、柔らかい鶏でした。
添えてある野菜が丁寧な処理をしてあり、あわせて美味しかったです。


image
これが目的!というかき氷。
かき氷というより、かきフルーツです。
凍らせたフルーツをそのままスライスしたものです。


image
[花氷イチゴ&ブルーベリー]

image
ザクロも乗っている気がする。

image
下はトッピングにヨーグルトアイスを選択しました。

image
庭からも入れるっぽい?

急坂をえっちらおっちら登る大変さは年齢に比例します。

可能であれば、小田原駅西口からタクシーに乗ったほうがいいかも。

帰りは下り坂になるので、タクシーは不要です。

落ち着いたカフェで、わざわざ坂を登る価値のあると思いました。

フルーツと特製蜜を凍らせたかき氷「花氷」は大変に美味しく、

二個ぐらい食べられちゃうんじゃないかと、ちよっと迷いました。

小田原を再訪することがあれば、また是非立ち寄りたいと思います。

ちなみにネット情報によると、

ここのオーナーは隣接するお寺のご住職らしいです。

だからこういう店名なんでしょうねぇ。



image
【cafe 空(くう) 小田原】

神奈川県小田原市城山2-27-12
営業時間 11:00~18:00(Lunch 11:30~14:00)
定休日:火曜
※完全禁煙、小学生以下入店お断り
https://www.cafe-ku.info/


【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『樹ガーデン』は自然の中でゆったりできるものの急階段を登る体力必須のカフェです。

樹ガーデン


海蔵寺付近からタクシーでワープして『樹ガーデン』にやって参りました。

150段もの急階段を登らねば到達できないカフェでございます。

同行してくださったマダムのオススメ店でして、

ここの常連である地元の方とも相席させて頂いたりもして、

この日の最後に非日常的な時間を過ごしました。


樹ガーデン
まずはオススメだというクロワッサンを食します。

樹ガーデン
アイスクリームは2種類あるらしいです。
(もう1種は抹茶)


樹ガーデン
目に優しい緑が広がる空間で、
ここが神奈川県だということを忘れそうになります。


樹ガーデン
レンガはスタッフの方々が一つ一つ積上げたとか。

樹ガーデン
夕方になるとかなり空きますね。


噂には聞いていましたが、本当にボーっとできる場所です。

地元のマダムはアルコールを飲みつつ、

のんびりと読書をして居られました。

あの階段はかなりハードルが高いけど、

登りきれば涼しくて穏やかな世界が広がっています。

駅からは遠い分、観光客が多すぎなくて良いのでしょうね。

でも出来れば階段ではなく、

裏にあるトロッコに乗ってみたいもんです。



樹ガーデン
【樹ガーデン】

神奈川県鎌倉市常磐917
営業時間 [平日]10:00~17:30,[土日祝] 10:00~18:00
(L.O.フード平日14:30,土日祝15:00/ドリンク閉店30分前)
定休日:火曜
http://itsuki-garden.com/(←音が出ます)


【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『海蔵寺』は現住職が造営した非公開の庭園があるお寺です。

海蔵寺


建長5年(1253年)に宗尊親王の命により藤原仲能が創建した海蔵寺。

その後、焼失したものの、1394年に再興されたそうです。

地元の方に勧められて足を運んだのですが、

観光客は少なく、穴場のお寺だと感じました。

小ぢんまりしていますが、なかなか良いお寺だと思います。


海蔵寺

海蔵寺
[薬師堂]
お堂は安永6年(1777年)または安永7年に
鎌倉の浄智寺から移築したものと伝わるそうです。
薬師三尊像と十二神将像を安置してあり、
堂内右側に伽藍神像、左側に位牌を安置してあります。


海蔵寺
左側が本堂。
十一面観音が安置されています。

海蔵寺
[本堂]
ツアー客らしき方々が境内に居て、
ガイドさんが「御朱印帳をお返しします」的なことを言っていたので、
ここでも御朱印が頂けると知りました。


海蔵寺
結綿懸魚(ゆいわたげぎょ)ですかね。

海蔵寺
本堂の端正な格天井。

海蔵寺
本堂の脇を通って、裏に回ります。

海蔵寺
奥に非公開の庭があるんです。

海蔵寺
とその前に、岩をくり貫いた場所に鳥居がありました。
祀っているのは何かしら。


海蔵寺
湿潤な岩場に、花が咲いていました。

海蔵寺
[庭園]
非公開


海蔵寺
池には睡蓮の花が咲いていました。

海蔵寺
苔生した庭に落ちる白いものは何かしら?

海蔵寺
落ちていたのは椿の花のようですね。

海蔵寺
水に溢れた境内には、カラーも咲いていました。

海蔵寺
海蔵寺

海蔵寺
真っ赤過ぎて目を惹く花は・・・

海蔵寺
アジサイでした。
この色は目新しくていいですね。


海蔵寺
桔梗も咲いていましたが、今が時期だったっけ?

image
ここでも百合が咲いていました。


日差しはまぶしいものの、とても涼しい日でした。

蚊が飛び始めていたので、

これからの季節は防虫に気を配らねばならんかも。

ワタクシは鞄に虫除けスプレーを常備しているので大丈夫。

自宅付近に虫はいないのでつい油断しがちですが、

遠出をする際は必携です。


海蔵寺

海蔵寺
御朱印はこちらでいただけます。

海蔵寺
[御朱印]
3つの朱印を押すのがこの辺りのお寺共通なのかしら?


海蔵寺
【海蔵寺(かいぞうじ)】

神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
山号:扇谷山
宗派:臨済宗建長寺派
本尊:薬師如来


【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『建長寺』の庭園は夢窓疎石の作なんですって。

建長寺


夢で見て以来、訪れたいなぁと思ってたのが建長寺。

本日は鎌倉在住の方に案内して頂き、

北鎌倉の寺院巡りをして参りました。

午前中は小雨が降っていましたが、午後から快晴。

雨傘が日傘に変わる一日でした。


建長寺
[山門(三門)]
国指定重要文化財。
安永4年(1775年)上棟。
重要文化財登録名称は「建長寺山門」。


建長寺

建長寺
三手先(みてさき)の斗栱。

建長寺
三間一戸の二重門になっています。

建長寺
下層はすべて吹き放しになっています。

建長寺
「賓頭盧尊者」は釈迦の弟子の1人らしいてず。

建長寺
撫でると除病の功徳があるとされるそうな。
色が変わっている部分が皆の身体の悩みなんですねぇ。
ワタクシは右肩を撫でておきました。


建長寺
ビャクシン(白槙、和名:イブキ)の古木。

建長寺
[梵鐘]
国宝


建長寺

建長寺
正岡子規の句はオリジナルではなかったのですね。

建長寺
関東の筆頭鋳物師の物部重光により鋳造。
鎌倉三名鐘の一つなんですって。
(他は円覚寺、常楽寺のもの)


建長寺
[仏殿]
国指定重要文化財
港区芝の増上寺にあった徳川秀忠夫人崇源院の霊屋(たまや)を
建て替えに際し譲渡され、移築。


建長寺

建長寺
禅宗の仏殿ではなく、霊廟建築。
堂内には本尊の地蔵菩薩坐像(室町時代)などが安置されている。


建長寺
この斗栱は五手先・・かな。

建長寺
彫刻が施された数少ない組物。
奥に鳥の巣があるようで、鳥が出入りしていました。


建長寺
この部分だけ色彩が残っています。

建長寺
格天井には鳳凰が描かれているようですが、
かなり風化しています。


建長寺
壁面の天女も同様。

建長寺
壁に貼られていたであろう金箔も剥がれていました。

建長寺
裏から見た仏殿。

建長寺
[法堂]
国指定重要文化財
文化11年(1814年)上棟。


建長寺

建長寺
鎌倉に住んでいた日本画家・小泉淳作の「雲龍図」。

建長寺
鎌倉最大級の木造建築。

建長寺
本尊の千手観音坐像が安置されています。

建長寺
[唐門]
国指定重要文化財


建長寺
仏殿と同じく、増上寺の徳川秀忠夫人崇源院霊屋から移築したもの。

建長寺

建長寺
[大庫裡]

建長寺
[方丈]
京都の般舟三昧院から移築したもの。


建長寺
[庭園と得月楼]
庭園は夢窓疎石の作といわれています。


建長寺
鶺鴒らしき鳥が何かを啄ばんでいました。

建長寺
落雷か何かで伐採されたらしい大木の根。
かなり立派な樹だったんでしょうね。


足利尊氏は「禅宗の五山」の第一位に南禅寺と建長寺、

第二位に円覚寺と天竜寺、第三位に鎌倉の寿福寺、

第四位に京都の建仁寺、第五位に京都の東福寺、

次席に浄智寺を選定しましたが、

現在は別格上位に南禅寺、第一位に天龍寺と建長寺、

第二位に相国寺と円覚寺、第三位に建仁寺と寿福寺、

第四位に東福寺と浄智寺、第五位に万寿寺と浄妙寺とされています。

どのみち建長寺は五山の第一位なんですね。

その建長寺の夢を何故見たのかは謎ですが、

足を運ぶことが出来て、とてもスッキリしました。

気分的にスッキリしただけで、特に何もなかったんですけどね。

ずいぶんとスッキリ整備された境内で、

観光客の多さも気にならないほどの規模には驚きました。


image

image
[右]建長寺の御朱印
[左]長寿寺の御朱印



建長寺
【建長寺(けんちょうじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内8
(北鎌倉駅から徒歩約16分)
拝観時間 8:30~16:30
拝観料:大人(高校生以上)500円
山号:巨福山(こふくさん)
宗派:臨済宗建長寺派
本尊:地蔵菩薩


【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『浄智寺』の境内にある母子の石像が気になる。

浄智寺


弘安4年(1281年)に創建された浄智寺。

北鎌倉駅から割と近い場所にあるお寺ですが、

他の場所に比べて観光客は少なめ。

しかし、地元の方々には人気のあるお寺のようです。

境内は「浄智寺境内」として国の史跡に指定されています。

関東大震災でその大部分が倒壊したため、

今ある伽藍の殆どは昭和に建てられたものとなっています。


浄智寺
アメンボしか棲んでいない池に掛かる石橋。
(渡れません)


浄智寺
[曇華殿(仏殿)]
本尊の三世仏(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)を安置しています。
※神奈川県指定重要文化財


浄智寺
ちょっと見落としそうな場所にある立像。

浄智寺
鎌倉三十三観音霊場 第31番の
木造観音菩薩立像が安置されています。


浄智寺
生花が飾られていたのだろうなと思われる額。

浄智寺
瓦には寺の名前が彫られています。

浄智寺
[客殿]
非公開


浄智寺
手前の庭は梅雨の時期は大変そうですが、
この日、担当らしき方が雑草の処理らしきことをして居られました。
手前の鋼製の五重塔がいい。


浄智寺
雨後ゆえ、新緑が目に優しいです。
庭は入ることができません。


浄智寺
建物の端にある鐘。

浄智寺
庭には猫がででんと座っていました。
貫禄があるなぁ。


浄智寺
ワタクシのツボだった子安観音像。
隠れキリシタン的な聖母子なのかしら?と思ってみたり。


浄智寺
アジサイも咲いていましたが、ぼちぼち終わりかけかな。

浄智寺

浄智寺
[やぐら]
昔は住居・墓所・倉庫などとして使われていた岩をくり貫いた穴。


浄智寺
鎌倉市の花である百合。
結構咲いていて、良い香りが漂っていました。


浄智寺は葛原岡ハイキングコース登山道への入り口となっていて、

裏山から源氏山に抜けられるそうです。

鎌倉在住の方は健脚な方が多いようで、

急な坂道でも徒歩で移動するそうです。

肺や心臓が強くなりそうですねぇ。

ワタクシは鎌倉の坂道で結構ゼイハアしてました。

鍛えねば。


浄智寺
[御朱印]
鎌倉七福神の布袋さまの御朱印もあるみたいですが、
ここでは一人につき一つの御朱印のみと決められています。



浄智寺
【浄智寺(じょうちじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内1402
山号:金峰山
宗派:臨済宗円覚寺派
本尊:三世仏(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)


【にほんブログ村】

江の島@壱景。

江の島




江の島って、日本の小規模なモン・サン=ミシェルみたいですね。



オムレツの代わりにしらす料理が名物で、



修道院の代わりに神社があったり、



ライトアップもされていたりして。



って、良い過ぎか。



さて、そんな江の島で見た生き物などを写真に収めてみました。



江の島
島では野良猫に餌をあげて大切にしているっぽい。
そのための募金箱もチラホラ置いてありました。
そして、ものごっつい恰幅の良い猫も居る。


江の島
猫と云えば、こんな猫の専門店もありました。

江の島
以前探していたドクターフィッシュと触れ合える場所は、
こんなところにあったんですね。


江の島
カラスとカモメ。
カモメってデカいんだなぁ。
って、ウミネコだったりして。




ぜひぜひ、暇があったら江の島に行き、



龍宮に立ち寄ってみてください。



何かを感じたら報告が欲しいかも。



・・・ってことを、千葉県民Tに言っといた。



そして江の島以前に、大船の商店街では野菜が安くて驚いたって話もしたら、



そっちの方に興味を持っていたっぽい。



そんな大船で購入したものがコチラ。



野菜
半分、千葉県民Tに差し入れしておきました。
苺が激安で驚いた。




興味が変われば観るものも変わるよね。



この歳になってから行った江の島は、ちょっぴり楽しい街として



ワタクシの記憶に上書れましたとさ。




【にほんブログ村】

神奈川県藤沢市『江島神社 辺津宮』で御朱印を頂いて参りました。

辺津宮
辺津宮と書いて「へつみや」と読みます。




奥津宮は多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)、



中津宮は市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、



辺津宮は田寸津比賣命(た ぎつひめのみこと)をそれぞれ祀ってあり、



宗像三女神と言われる姉妹の神様が江島神社の祭神です。



海運、漁業、交通の他に、



幸福・財産、伎芸上達の神として信仰されているそうです。



女神さまだからか、絵馬などにピンク色が使われており、



境内は可愛らしい感じがしました。



中津宮
奥から廻ったので辺津宮の前に中津宮にも詣でました。

河津桜
河津桜
見頃が過ぎた感のある河津桜。

江島神社
行列が出来ている辺津宮の拝殿前。

江島神社
階段を下った場所にある石像。

江島神社
[瑞心門]
龍宮城を模した竜宮造の楼門。


江島神社

江島神社
門の内両側にある唐獅子。
阿形と吽形になっています。


江島神社

江島神社
鳥居の下方が江ノ島駅方面。

江島神社
ここでは二種類の御朱印が頂けます。
書き手の方が多いので待ち時間は殆ど無い感じでした。


江島神社




江戸時代までは弁財天が祀られていたそうですが、



今は、辺津宮境内の奉安殿に



八臂弁財天と妙音弁財天が安置されているのみのようです。



奉安殿に入るには別途200円が必要です。



それにしても、龍宮に入ってから首が痛い。



気にあたったのかなぁ。





【江島神社】
神奈川県藤沢市江の島2-3-8
創建:(伝)欽明天皇13年(552年)



【にほんブログ村】

神奈川県藤沢市『江島神社 奥津宮』の「八方睨みの亀」。

奥津宮




ちょいと腹ごしらえをした後、奥津宮を参拝致しました。



ここは宗像三女神のうち多紀理比賣命を祀る宮です。



多紀理比賣命と亀の関連はよく分かりませんが、



数か所に亀の意匠が見られました。



奥津宮
束(つか)の両脇の彫刻も亀です。

奥津宮
昭和51年(1976年)に新築された拝殿。

奥津宮

八方睨みの亀
片岡華陽による模写「八方睨みの亀」
酒井抱一が描いた原画は金箔等の損傷が激しいため、
江島神社宝蔵に保存されているそうです。




他に亀石や御水舎にも亀があります。



何か関連があるのかしら?



奥津宮
[龍宮(わだつのみや)]
隣に龍を祭ったお堂がありました。
入った途端に身体全体にもの凄い圧を感じたのですが、
何かあるのかな?




帰宅後、気になったので検索してみたら、



龍宮は、岩屋本宮の真上に造られている祠なんだそうです。



ここはパワースポットなんじゃないかな?



自分に合ったパワースポットなのかは不明ですけれども。





【奥津宮 ( おくつみや )】
祭神:多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。