sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

神保町

千代田区神田神保町『亀澤堂』の大豆を使った豆大福。

image

神保町駅から直ぐの場所にある『亀澤堂』。

明治38年(1905年)の創業だそうです。

赤えんどう豆ではなく大豆を使った豆大福が特徴的だということで、

試しに買って帰ることにしました。

豆大福は、一つ250円(税込)。

image
入口に「豆大福 6月4日(土)まで」という張り紙があったので、
尋ねてみたところ、夏場は豆大福はお休みになるそうな。

image
こちらがここの豆大福。
見た目からして他とは違いますね。

image
大豆がふっくらと大きめで塩味はあまりない気がします。
ほんのりとした甘さで上品。

大豆を使っているから高温多湿に向かないんだろうと推察。

甘さと塩味と食感がキッパリした他店のものとは違い、

それらの境界が曖昧で柔らかい味だと感じました。

ワタクシは好きな味です。

豆大福の世界は奥深いですねぇ。

次回、千葉県民Tに差し入れして感想を訊いてみたいと思います。



image
【亀澤堂(かめざわどう)】

東京都千代田区神田神保町1-12-1 帆刈ビル1F
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://kamezawado.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田『カフェ・デ・プリマベーラ』のボルシチューかプリマムッシュかで大いに迷う。

image
ノアール・ブレンド 630円(税込)

平日しか開いていない神保町の『カフェ・デ・プリマベーラ』にやって参りました。

ずーっと気になっていたのですが、なかなかチャンスが無かったのですが、

本日は用事のついでに立ち寄ることが叶いました。

高齢のご夫婦で切り盛りされているお店で、

お二人の拘りが随所に見られます。

カウンターにででんと活けられたユリだったり、

テーブルの花だったり、壁の絵だったり、いろいろと。

来る前からボルシチューかプリマムッシュかで迷っていたのですが、

着いた時が暑かったので、後者を選択しました。

珈琲も迷った末に中間の濃さのブレンドを選択。

料理は奥様が、珈琲は旦那さんが担当しているみたいです。

奥様は話好きで結構フレンドリー。

珈琲も「たっぷり飲むでしょ」と言いつつ淹れてくれました。

普段の量が分からないので多いのか少ないのか分かりませんが、

大変満腹になりました。

image
プリマムッシュ(ハム・チーズ・りんご) 1,000円(税込)

image
人参が異様に美味しかった。
ジャガイモもブロッコリーも茹で加減が絶妙。
って、蒸してるのかな?

このプリマムッシュは見た目以上にボリューム満点です。

パンにスライスしたリンゴが挟まっているのですが、

ハムとバターの塩味が絶妙。チーズの蕩け感も良いです。

サービスで付いているバナナの蜂蜜掛けも良い!

バナナに拘りがあるのかなぁと思えるほど

食べごろのバナナ感があります。

これだけ食べてこの価格で良いのかな?

満腹だし、満足だし、とても気に入りました。

ちなみに写真は訊いてから撮りましたが、

後からテーブルの隅を見ると、

店内撮影お断り的なことが書いてありました。

おおぅ…。

快く承諾して貰えてヨカッタ…。

アーチ形の塗り天井、太い梁、入口のガラスなど、

内装も見応えがあります。(撮らなかったけど)

ほんと、拘りがスゴイ。

流石、神保町にある喫茶店だなあと感服致しました。

また是非、平日に再訪したいです。

暑くなる前にボルシチューを食べておきたいかも。



image
【カフェ・デ・プリマベーラ】

東京都千代田区神田猿楽町1-3-2 内田ビル1F
営業時間 11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:土曜、日曜、祝日
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田神保町『117 BANH MI CAFE』のバインミー(ただしパクチーなし)。

image

昨年の10月にオープンしたという九段下の『117 BANH MI CAFE』。

店名は「いいなバインミーカフェ」と読むらしい。

以前、早稲田にあるお店で開眼したバインミーの美味しさですが、

評価のお高めな他のお店のものはどうなんだろう? と思って

最も近場にあるお店に足を運んでみた次第。



久々に神保町側の九段下界隈を訪れましたが、

「あれ? こんなお店、あったっけ?」的な景観になっていて驚きました。

さて、バインミー。

お昼を過ぎていたからか、店内には誰も居なくて貸し切り状態。

先ずはカウンターでオーダー&支払いします。

image
バインミーのお値段は700円台と割とお高め。

image
尋ねたところ、1、6、7辺りが人気らしい。

image
食べ易そうな6を選んでみました。
そしてパクチー抜きにして貰う。

image
野菜がしっかりした食感でレバーパテの味もしっかりとありました。

お店によって、こんなにも味が違うものなんですねぇ。

当然でしょうけれど。

早稲田のバインミーを再び食べて確認したくなりました。

ドリンクとセットにすると割安感が出なくもないですが、

この価格帯で神保町界隈でやっていけるのかが不明。

場所代が高いんだろうなぁ。

スタッフさんがベトナムの方らしく、

店内に流れる歌もベトナムの歌謡曲らしく、

ほんのり異国気分が味わえました。



image
【117 BANH MI CAFE (いいな!バインミーカフェ)】

東京都千代田区神田神保町2-4-29 松本ビル 1F
営業時間 10:00~20:00
定休日:なし
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.instagram.com/117banhmi/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田小川町『DOCE ESPIGA(ドース イスピーガ)』という路地裏のポルトガル菓子店。

image

神田小川町の小川広場付近を目印にして、

靖国通りから繋がる路地を入ったところにあるのが、

ポルトガル菓子店『DOCE ESPIGA(ドース イスピーガ)』。

エッグタルトが人気らしいのですが、この日は見当たりませんでした。

ってか、人気ゆえに午前中で売り切れてしまう事が多いらしいです。

image
それでも選べるほど種類がありました。

image
[リス川のそよ風]
定番商品っぽいです。


image
[ケシの実入りヨーグルトケーキ]
見た目の予想とは異なり、かなりしっとりしたケーキです。
ケシの実のぷちぷちした食感がアクセント。
あまり甘くないので、甘いのが得意ではない人でも食べられそう。


image
見た目が気になったので購入してみました。

image
[さくらんぼ酒のサクランボボール]
うっかりしておりましたが、周りにまぶさっているのはココナッツでした。
(ワタクシ、ココナッツの食感が苦手なんです)
ココナッツの衝撃でサクランボ感を探り忘れました。


image
スタンディングですが、ここでイートインも可能らしいです。
ってか、ポルトガルワインの「緑」ってのが気になる。

ここはプリンも人気らしいです。

店長さんが気さくで親切。

お菓子について訊けばいろいろ教えてくれます。

次回はここでポルトガルのお酒を飲みながら

それに合いそうなお菓子を頂きたいです。

また、一番人気のエッグタルト(パステル・デ・ナタ)を予約して、

この付近にある呑み友の事務所に差し入れをしてみたい。

気に入ったので、是非、再訪しようと思います。



ドース イスピーガ
【DOCE ESPIGA(ドース イスピーガ)】

東京都千代田区神田小川町3-2-5
営業時間 7:00~18:00,[土祝]8:00~15:00
定休日:日曜、末尾「1」のつく日(1・11・21・31)
https://www.facebook.com/pages/Doce-Espiga/242758859547679


【にほんブログ村】

【GW】千代田区西神田『10 DIXANS(ディゾン)』のアフォガードが美味しい。

image

千葉県民Tとランチ後、どこでもいいから散歩した旨を伝えたら、

彼女が気になっているカフェに行くことになりました。

日本大法学部図書館のすぐそばにあるそうな。

ちい散歩ならぬ、T散歩って感じで、ぶらぶらと向かいました。

武蔵小山にある「パティスリー ドゥ・ボン・クーフゥ」の

開店10周年記念にできたお店らしいです。

ゆえに店内のケーキもそちらのもの。

ケーキにも惹かれましたが、ランチ直後だったので入る気がしない。

ってことで、ジュレ・アフォガードを選択しました。

image
アフォガードは600円ぐらいだった気がする。

image
エスプレッソにゼラチンが入っているので、
しばらく放置しているとジュレになります。
これが美味しい。

なかなかに雰囲気の良いカフェでして、大変気に入りました。

アフォガードも美味しかったし。

ここではラテアートが可愛いのだとか。

今回は知識が無く珈琲を選択しましたが、

また散歩がてら立ち寄って、ラテを飲もうと思います。

カウンター席が多いので、お一人様に丁度いいかも。

image
外観からは分からぬほど店内は鰻の寝床のようです。


image
【10 DIXANS(ディゾン)】

東京都千代田区西神田2-7-11 北村ビル1F
営業時間[月~金] 8:00~20:00,[土日祝] 11:00~18:00
定休日:不定
http://www.dixans.jp/
https://www.facebook.com/dixans.tokyo


【にほんブログ村】

千代田区一ツ橋『ミカフェート 一ツ橋店』小学館ビル1階にある駅近カフェです。

image




毎月一回、神保町で会合があります。



本日は品川での仕事の帰りに直接向かうことになりました。



しかし、その前にカフェに立ち寄って仕事を片付けようと考え、



目的地を、小学館の一階にある『ミカフェート 一ツ橋店』に設定。



三田線の駅から地上出口が直結しているためとても便利だし、



この後の目的地まで徒歩3分もかからない。



そう考えてカフェに向かうべく駅から地上に出ると、



袴を穿いた色とりどりの共立の女学生たちが学舎から出て来るところでした。



今日は卒業式だったみたいです。



ゆえに共立の隣にある目的のカフェも混んでいるのかと思いきや、



仕事をしている人以外には、あまり人が居ませんでした。



image
[小学館ブレンド 400円(税込) + りんごのタルト 500円(税込)]
※注文したのはりんごのタルトでした


image
りんごのタルトには全く見えないのだけれど・・・?
くるみのタルトじゃね?




ここは、ミカフェートの新業態「Mi Cafeto Cafe&Brasserie」一号店なんだそうで、



カレーなどの食事が摂れます。



神田・神保町といえば、カレー天国ですもんねぇ。



しかし、食事は会合中に摂ることになっているため、ここではスイーツを注文しました。



でもなぁ・・・



正直、珈琲だけで良かったかも。



珈琲一杯で座るのもなんだかなぁ~と思って注文したのですが、



結局は口に合わず、残してしまいました。



まあ、こんな日もあるよね。



それはともかく、居心地は悪くないので次回も立ち寄っちゃうと思います。



この界隈にしては、珈琲が安いしね。




image
【ミカフェート 一ツ橋店】

東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビル1F
営業時間[月~金] 8:00~20:30 (20:00 L.O)[土] 11:00~19:30 (19:00 L.O)
定休日:日曜、祝日



【にほんブログ村】

千代田区神田駿河台『山の上ホテル』の『コーヒーパーラー ヒルトップ』夏季限定“特製かき氷コーヒー風味”を崩せず食べる技をマスターしたい。

山の上ホテル

神田駿河台に建つ『山の上ホテル』は、

建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した建物です。

2014年6月に別館が閉鎖されたため、

本館35室のみ営業の小規模なホテルですが、

昔からワタクシの憧れホテルなんです。

文豪たちが、ここで缶詰になりながら執筆活動を行っていたそうで、

川端康成、三島由紀夫、池波正太郎、檀一雄、伊集院静などの

定宿としても知られています。

さて、本日はその『山の上ホテル』に、かき氷を食べに行って来ました。

今日行った理由は、20日までホテルのレストラン感謝祭をやっているから。

そして、お盆休み中だから、空いているかと思って。

ヒルトップ
[特製かき氷コーヒー風味 1,080円]
水出しダッチコーヒーを使った特製かき氷

販売期間目安:6月~9月上旬

出て来た時、思わず三度見しました。
で、てかい・・・。
氷部分は子供の頭ぐらいありそうです。


ヒルトップ
上にはチョコと練乳がささやかに掛かっています。

ヒルトップ
氷がとにかく大きい。
ボロボロとテーブルに落下しまくります。
(下に敷いているお皿が意味ないほど氷が大きいんです)


ヒルトップ
中央にアイスが入っている!と思ったら、
これ、ラムレーズンのジェラートだそうです。


ヒルトップ
これがレーズン。
結構大きいですな。


ヒルトップ
下に甘くない珈琲がたっぷり入っています。

ヒルトップ
こんなに珈琲が入っていたら、
氷が溶けてもアイスコーヒーとして楽しめそうですね。


ヒルトップ
実はインテリアは天井に近付くほどメルヘンチック。

ヒルトップ
照明器具がごっつい可愛いんです。

ヒルトップ
中央のシャンデリアはもっと凝っていて、とてもゴージャス。
※写真なし

山の上ホテル
感謝祭特典期間なので、歴史展示記念品を配布していました。
(20日まで)
ホテルオリジナル鉛筆です。
ムーミンが描かれている理由は・・・
歴史展示コーナーを見れば分かります。


本当はホテル内を見学したかったんです。

行って思ったことは、やはり一度は宿泊したいってことでした。

家が近いため、ここに泊まるってことは究極の贅沢って気がしますが。

山の上ホテル
1936年(昭和11年)に完成したアール・デコ調の外観。

山の上ホテル
「佐藤新興生活館」として完成し、
日本の敗戦後は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に接収され、
陸軍婦人部隊の宿舎として用いられていました。


山の上ホテル
ホテルの脇は下り坂になっており、
その途中に「ヒルトップ」の入口があります。


山の上ホテル
ホテル内部から行くと、地下1階になります。

ヒルトップ
椅子が並んでいる方が「ヒルトップ」。
左側にあるのはホテル館内のレストランです。


山の上ホテル
ホテル正面直ぐの階段を下りても行けます。
階段の巾木部分はタイルが貼られ、アール・デコ独特のデザインになっています。


山の上ホテル
ここが地下一階。
左側に行くと中華料理店があった気がする。


山の上ホテル
通路の照明はシンプルですが、
ガラス部分に「Hilltop Hotel」を表す「HH」の文字が見られます。


山の上ホテル
入口右手側のロビー。
現在、ホテルの歴史展示会をひっそりと開催中です。


山の上ホテル
ロビーのシャンデリア。
めちゃくちゃカッコイイです!


山の上ホテル
シャンデリアと同シリーズの壁付き照明。
ちよっと黄色掛かっているところがイイですよねぇ。
(欲しい)


山の上ホテル
ラジエーターカバーのデザインも凝っています。

朝からこの界隈を散策していたのですが、

本日は8月15日、終戦記念日であるため、

神保町界隈も警察官が大量動員されており、

ただの警察官じゃないなぁって感じの

眼光鋭い黒づくめの人もチラホラ。

物々しい雰囲気でした。

山の上ホテルに来るのは久々だったもんで記憶が朧なのですが、

この通りの下の建物って、飲食店的な何かじゃなかったでしたっけ?

珈琲ぐらいは飲める喫茶店的な何か。

違うかなぁ?

まあ、今となってはワカランままですがね。

明治大学
建て直すのかも。


山の上ホテル
【コーヒーパーラー ヒルトップ】
東京都千代田区神田駿河台1-1 山の上ホテルB1
営業時間 10:30~21:00
定休日:無休
http://www.yamanoue-hotel.co.jp/rb/cafe/index.html


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田神保町『石釜bake bread 茶房 TAM TAM』の石窯ホットケーキ。

石窯ホットケーキ
[石窯ホットケーキ 600円(税別)]

石窯ホットケーキ

やはり美味
これにプラスして、今月のコーヒー(単品だと500円・セットだと350円)を注文しました。




母を誘って、日比谷から神保町まで移動。



ワタクシがずーっと食べたいと思っていたホットケーキを食べて参りました。



母はクリームを残していましたが、ワタクシはそれを貰ってでも食べたい気分でした。



貰わなかったけど。



結構満腹になります。



食べるなら、これだけってのがオススメかもな。




TAM TAM
【石釜bake bread 茶房 TAM TAM(タムタム)】
東京都千代田区神田神保町1-9 1F
営業時間 11:00~22:30(L.O 22:00)
土 12:00~22:30(L.O 22:00)
日祝 12:00~21:30(L.O 21:00)
定休日: 不定休


【にほんブログ村】

千代田区神田神保町『石釜bake bread 茶房 TAM TAM』の石窯ホットケーキ。

TAM TAM
[石窯ホットケーキ 600円(税別)]
※結構大きめで厚め


TAM TAM
[今月のコーヒー 単品だと500円・セットだと350円(税別)]




三省堂に本を買いに行く途中で、



「さぼうる」の向かいに新しいお店が出来ているのを発見。



千葉県民Tと入ることにしました。



小麦粉が食べられない千葉県民Tはカレーを、



ワタクシはホットケーキを注文。



しばらく待っていて出てきたものは、ボリュームのあるものでした。



この厚みのホットケーキを焼くのなら、時間がかかっても仕方が無いと思う。



たっぷり乗った甘さ控えめの生クリームと、塩味の効いたバター。



甘みのあるメープルシロップをかければ、ちょっとした至福の時が訪れました。



これ、美味しい。



カウンター席もあるので、オヒトリサマでも大丈夫。



お店の方々も“とっても”親切で、個人的にはかなり気に入りました。



ホットケーキはオススメだし、また来ようと思う。



ちなみに、「今月のコーヒー」が何豆だったのかは訊き忘れました。



セットがお得。




TAM TAM
【石釜bake bread 茶房 TAM TAM(タムタム)】
東京都千代田区神田神保町1-9 1F
営業時間 11:00~22:30(L.O 22:00)
土 12:00~22:30(L.O 22:00)
日祝 12:00~21:30(L.O 21:00)
定休日: ・・・


【にほんブログ村】

【東京建築物見学散歩】神田神保町付近から大手町までぐるり散策。

紅葉

未だにウォーキングシューズを購入していないワタクシです。

そんなワタクシですが、目指す場所も無く散歩に出てみることにしました。

総歩数は17,655歩。

めっちゃ歩いた気がする割には、20,000歩行かなかったというこの事実。

まあ、所詮数キロ程度の散歩ですもんなぁ。

ってことで、家からとりあえず神保町まで歩き、

その後、皇居方面に進路をとった次第です。

地図
写真でのスタート地点は神保町付近から。

日本野球発祥の地
[日本野球発祥の地 記念碑]
日本に初めて野球を伝えたとされる
ホーレス・ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、
2003年(平成15年)に建立された「日本野球発祥の地」のモニュメント。


学士会館
[学士会館]
1926年(大正15年)6月着工、1928年(昭和3年)5月開業。
右側の低いほうが旧館、左側の高いほうが新館(昭和12年増築)です。


学士会館
学士会館
学士会館
外壁には昭和初期に流行したスクラッチタイルが使われています。
外灯は再建。


学士会館
[東京大学発祥の地 記念碑]
1862年(文久2年)蕃書調所が洋学調所と改称して当地に移り、
翌年に開成所と改め、1869年(明治2年)大学南校となりました。
明治6年には開成学校、明治7年には東京開成学校と改められ、
明治10年に東京医学校が合併して東京大学が創立されました。


学士会館
[新島襄先生誕生之地]
同志社大学の創立者である新島襄は
上野(群馬)安中藩三万石の板倉伊予守の家臣の子として、
藩上屋敷のあったこの地で生まれました。
毎年生誕日である2月12日には、
学士会館で生誕祭りが行われているそうです。


学士会館
角のカーブが昭和初期のビル建築っぽくってイイですね。

一ツ橋付近
近代的なビルの一角に建つ古びた灯籠。
何か曰くあり気な感じ。


灯籠
灯籠に鳳凰(かな?)って、初めて見たかも。

鳥
ぼちぼち鳥類図鑑を買おうっと。
で、これ、何鳥なのかな?


一ツ橋
[一ツ橋]
大正14年11月竣工とあります。


一ツ橋
石橋かと思いきや、鋼製の欄干があったりする。
なぜこの色にしたんだろう?
個人的には赤い方が可愛いのに~と思わなくもない。


一ツ橋
不思議な造りの橋脚部分。
基礎が石で橋の部分が鋼製なんですかな。


一ツ橋
部分的に石垣が現存しています。

一ツ橋
石かと思いきや、コンクリート製だったという事実。
中性化して剥落しています。


一ツ橋
日本橋みたいに洗えば綺麗に・・・ならんかもなぁ。

一ツ橋
案内板を発見。

一ツ橋

こんなところに御三家の屋敷があったんですねぇ。



平川橋から皇居東御苑へ


北の丸公園
北桔橋門から出た正面が、北の丸公園。
たま~に、ここで野うさぎを見ます。


北詰橋門付近
歩道橋を渡ります。
正面が竹橋方面、右手が皇居東御苑、左手が北の丸公園。


北詰橋門付近
歩道橋から反対側を見ると、正面が乾門方面です。

乾門
[乾門(いぬいもん)]
東京都千代田区千代田1
江戸時代にはなく、明治になってから建てられた京風の門。
新年一般参賀や、
12月7日まで実施されていた秋季皇居乾通り一般公開の出口となった門です。

乾門付近
乾門の向かい辺りにある案内板です。

銅像
北の丸公園で、誰かの銅像を発見。

銅像
乃木希典かと思ったら・・・


銅像
北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさ しんのう)でした。
陸軍軍人として台湾平定の英雄とされたそうです。


地図
今、ここ。

竹橋付近
竹橋を渡ります。

 東京消防庁
[東京消防庁]
東京消防庁は、東京都庁の内部機関で東京23区を管轄区域とする。


東京消防庁
消防庁は総務省の外局

将門塚
[将門塚]
東京都千代田区大手町一丁目2番1号外
伝承地は数か所あるが、ここが最も有名。


将門塚
一般的には「平将門の首塚」と称する。

大手町
大手町界隈
建築ラッシュで、至るところにタワークレーンが立っています。


大手町
ぼちぼち丸の内界隈に突入。

東京駅付近
東京駅付近
左手側のタワー辺り手前が東京駅八重洲口。


日本橋髙島屋付近
日本橋高島屋で、一旦ゴール。

この後、日本橋室町経由で帰路に着きました。

曇っていたのでハラハラしたけれど、

雨が降らなくて良かったです。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

【東京建築物見学散歩】東京駅から神楽坂までぐるり散策。

東京駅八重洲口
[東京駅八重洲口]
今日は東京駅八重洲口からスタートです。
とりあえず中央通りまで出てから神田方面に向かいます。


三越本店
[三越日本橋本店]
東京都選定歴史的建造物に選定されています。


日本橋
右側、マンダリンオリエンタルホテル。
と、千疋屋総本店。


中央通り
東日本橋界隈。

中央通り
元、「インド風カリーライス」。
閉店後、ビルは閉ったままです。


中央通り
正面、神田駅。

山梨中央銀行
[山梨中央銀行 東京支店]
2003年に千代田区景観まちづくり重要物件に指定されています。


山梨中央銀行

山梨中央銀行

山梨中央銀行

山梨中央銀行
昭和4年竣工。

丸石ビルディング
[丸石ビルディング(旧大洋商会ビルディング)]
国登録有形文化財
昭和6年(1931)竣工


丸石ビルディング
外壁はスクラッチタイル貼り。

丸石ビルディング
装飾が凝っていて見応え充分です。

丸石ビルディング
本当に細部までめっちゃ凝っている。

丸石ビルディング
一階部分は石張りのアーチが連なっています。

丸石ビルディング
電柱の看板がなきゃ、外国みたいですね。

丸石ビルディング
入口にはライオンが鎮座しています。

丸石ビルディング
アーチのレリーフは星座かな?
根元にはガーゴイルと梟がいます。


丸石ビルディング
アーチの下にも装飾が!

神田駅
[神田駅]
綺麗になってきた神田駅ですが、
周囲は未だに神田らしい景色が広がっております。

神田
[神田西口商店街]
初めて歩いたけど、神田淡平ってここの通りにあったんですね。


ぬいぐるみ
ごっついかわいい消波ブロックのぬいぐるみを発見。これ欲しい…。

神保町
[三井住友銀行別館(旧相互無尽会社)]
昭和5(1930)年竣工。


神保町
ちょっと見ない間に、周囲の景観が大きく変わりました。

神保町
外壁はスクラッチタイル貼り。

神保町
こういうところに個人事務所を置いて仕事がしてみたいなぁ~
という妄想を毎度しているワタクシ。


神保町
窓の上は通気口かな?

神保町
ナンダカンダで、神保町界隈通過。

神保町
これが千代田区のマークです。
ワタクシには千代田の「よ」しかワカラン。


九段下
[九段下]
銀杏並木が綺麗ですが、根元は銀杏爆弾でいっぱいに違いない。


九段下
[九段会館]
ワタクシがもう一度中を見学したいと思っている建物です。
震災以降閉鎖。


東京大神宮
[東京大神宮]
近いので毎年初詣はここ。


飯田橋
今日初めて気付いた看板建築。
一階は改装したっぽいですね。


飯田橋
[飯田橋駅付近(江戸城外濠牛込橋)]

神楽坂
[神楽坂下]
日曜日なので大混雑でした。
坂を上がったところで足ツボをやってから帰宅。

本日の歩数は16168歩。

まあ、たかだか4kmだと、この程度の歩数しか行きませんわな。

でも本日は、足ツボもやったし、最後にスッキリ致しました。

あまりにもリンパが停滞していて、ごっつい痛かったし、

今も痛いのだけれど。

年末までにもう一度行っておかねば。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

東京神田神保町でワタクシが自分土産に買ったもの。

ペンダント
[木のペンダント(ハンドメイド) 1,500円]
B-SPACEで購入。
ワタクシはこれをサングラスを外したときに掛けるものとして使用するつもり。
デパートで買うと万円するもんな。


ガラス
[ガラスの入れ物(たぶんコップ) 500円]
B-SPACEで購入。
これに苔を入れたらたぶん可愛くなると思うの。
と言いつつ、使ったあとの豆苗の根っ子を挿して、育成するかも。


炭酸キーパー
[炭酸キーパー 561円]
これをずーっと欲しかったんですよね。
炭酸の気が抜けるのって、なんであんなに早いんだろう。
でも、これでちょっとはキープできると期待しています。




実はワタクシ、ずーっと母の日のプレゼントを探しているんですよ。



四十数年も娘をやっていると、大概の物は母も持っている訳で。



ベルウッドさんは、温泉旅行をプレゼントするんですって。



でも、ワタクシがそれをしても芸がない気もする。



もっと意外性のあるものを期待されている気がする。



ってことで、日々探索しておる次第です。



しかし未だに(細かいもの意外は)見付からず、



刻々とその日は近付いている、と。



それゆえ、自分の“ちょっとしたもの”を買う機会が増えました。



まあ、前から欲しいと思っていたものも含まれているので、



一石二鳥とも言えますわな。



さて、今年の母の日は何をプレゼントするのか、



ワタクシ自身も気になっているところです。




【にほんブログ村】

飯田橋散歩路から神田神保町まで歩いてみたら。【その参】

一誠堂書店
[一誠堂書店(いっせいどうしょてん)]
古書店界の名門。
創業100年(2013年で110年)を超える老舗です。


一誠堂書店
入口上のステンドグラス。
BOOK STOREの文字も見えますね。


一誠堂書店
モールディングなどの装飾も独特でカッコイイのです。

案内板

柏水堂
[柏水堂]
ワタクシ、ここのトリオシュークリームが好き。


ラーメン店
神保町もラーメン店が林立していて、いつも長蛇の列が出来ていますね。

提灯
お祭りに関する提灯は初めて目にした気がする。

さくら通り
毎度魅力的だなぁと思う建物。
お金持ちだったら欲しいレベル。


大丸やき茶房
[大丸やき茶房]
明治から続く餡作りの製法で焼く「大丸やき」が名物。
昔はよく買いに自転車で走ったなぁ。
皮も甘い回転焼(みたいなもの)を販売しているお店です。
注文の多い和菓子屋さんってイメージ。


さくら通り
さくら通りの終わり。
ちなみに昔はこういう通り案内表示はなくて、ワタクシにとっては、ただの道でした。


地図_神田
今、ココ。
さくら通りの終着点。
地図で見ると、下の方向が九段下ね。


今庄
[今庄(いまそう)]
老舗のうなぎ屋さん。
昔からあるのは知っていますが、未だに入ったことはありません。
平日だけの営業なので、そもそも開いているのを見たことがない。


森のブッチャーズ
[森のブッチャーズ]
とても気になっているバル。
営業時間 月~金 17:00~23:30 土 16:00~23:30


爼橋
[爼橋]
ムジナじゃないし、ネライでもないし、何って読むんだっけ?
もの凄く刃物を使うものって感じの漢字ですな。
思い出そうと悶々と悩んだ数分間。
人間、使わない文字は忘れてしまうもんですね。


高速道路下
[爼橋(まないたばし)・高速道路下]
養生中ですが、耐震補強工事をしているのかな?


九段下
九段下界隈で見つけた風情のある建物。
その向かいにあるのが・・・


しょうけい館
[しょうけい館]
戦傷病者資料館という重いテーマを展示している博物館。
傷痍軍人に関する史料の収集・保存・展示を行っています。
傷痍軍人って、昔はよく聞いたし目にしたけれど、今は居ないそうです。
館名には「承継」の意味があるとか。
重いテーマ過ぎてこの日のワタクシは入れませんでした。
悩んでいたら、小学生ぐらいの子供を連れた親御さんが入って行きました。
子供の日なのに、すごい情操教育だなぁ。


九段会館02
[九段会館]
旧称は軍人会館。
二・二六事件では戒厳司令部が置かれた場所です。
東日本大震災で死傷事故があったため、2011年4月12日付で廃業。


九段会館03
占領軍が接収した日本の施設である事情から、
取り壊しや、保存、建て替え工事ができず、そのまま放置されている状態なのだそう。
流石に取り壊しは勿体無いと思う。
ワタクシ、ここの赤い絨毯が敷かれた階段を上がるのが好きでした。
純粋に建物が好き。


九段会館01
学生時代は、よく館内をぐるぐる回って見学したものです。
二十年以上前だったので、元軍人という方々もまだまだそれなりにおられ、
ロビーに座ってその方々の会話を聴くのが興味深かったことを思い出します。


九段下から靖国を望む
靖国神社の大鳥居が見えます。
この大鳥居、年々どんどん木々に埋もれていくのよね。


九段下地図
今、ココ。
左手側が飯田橋方面。


飯田橋ギョランハウス
[ギョランハウス エニ(魚卵ハウス Eni)]
魚卵を中心としたシーフード専門店。
魚卵嫌いのワタクシにとって、なんつー鬼門。
でも店構えは可愛いの。



神保町から九段下まで戻って来た訳ですが、


ここから飯田橋駅までは、1kmもありません。


だから、飯田橋から神保町まで、2kmも無いでしょうな。


1kmの徒歩での所要時間は15分から20分。


ただの往復でも一時間も掛からないことになります。


ちなみにこの日のワタクシは、要所要所で足どめを喰らい、


所要時間は4時間でした。


神保町界隈は誘惑が多くて困る。


でも、結構歩いたんじゃないかなと思ってポケットの万歩計を探したら、


家に置き去りでした。


なんだか微妙に悔やまれる・・・。




【にほんブログ村】

飯田橋散歩路から神田神保町まで歩いてみたら。【その弐】

堀留橋




三崎神社例大祭って、二年に一度のお祭りなんですね。



本日、そういうお祭りがあるってことを偶然初めて知りました。



この界隈は、半被を着た人々だらけでした。



町の人たちが全員繰り出している感じ。



逆に、大規模な書店など以外は、概ね休みでした。



って、だから当然か。



さてワタクシは、白山通りを経て、すずらん通りに向かいます。



きっさこ
[きっさこ]
入りたかったけれど、さっき珈琲を飲んだばかりなので、今回は見送りました。


さぼうる
[さぼうる]
本日は休みで、お店の大掃除中でした。


TOKU
[TOKU.]
ホットドッグという名のハンバーガー店。
たま~に立ち寄ります。←ちょっと高い


集英社
そのTOKU.の白山通りを挟んだ向かいが集英社。

すずらん通り
[すずらん通り]
驚くほどの人通りの少なさ。


街路樹_神田
[すずらん通りの街路樹]
これ、何って名前の木で花なんだろう?

小諸そば
小諸そばが入っているビルが何だかいい感じ。

小諸そば02
二階の外壁に施された模様が繊細。

オーガニックスーパーマーケットマザーズ
[オーガニックスーパーマーケットマザーズ]
この辺りではとてもレアな食料品店です。


檜画廊
[檜画廊]
古いビルなのかな?
三階の窓が塗り込めてあるのが気になる。


檜画廊02
天井のちょっとした模様が良いですね。

ART SPOT LADO_01
[ART SPOT LADO]
これまた古そうなビル。


ART SPOT LADO_02
外壁を洗ったら模様がよりクッキリ見えそうですな。

B-SPACE
[B-SPACE]
手工芸品などを置く(売る)貸しスペースです。
時々、掘り出し物があるのでよく立ち寄ります。


天麩羅はちまき
[天麩羅はちまき]
一度入ってみたいなぁと思っている天麩羅屋さんです。
ってか、隣の空き地にようやくビルが建つようですね。


文房堂
[文房堂]
学生時代に叔母によくここで画材を買ってもらってものです。
今は全く絵を描かなくなったワタクシ。


文房堂
すずらん通りでは一番カッコイイ建物です。

文房堂
外壁の装飾が細かくて手が込んでいるの。

三省堂
[三省堂書店 神保町本店(すずらん通り側)]
ポイントがごっつい貯まるほどお世話になっている書店です。
ワタクシが日本で一番好きな書店だと言っても良いぐらい。


ガチャガチャ01
三省堂書店(すずらん通り側)の前で、
お洒落感のあるガチャガチャを発見。
一回500円もするんですってー。


ガチャガチャ02
ペンギンが当たるのならば欲しい気もする。
でも500円は高い!!


駿河台下交差点
[駿河台下交差点]
ここで折り返します。


地図




普段の休日とは異なり、人がまばらで歩き易い。



散歩するにはもってこいの日ですね。



目的地が三省堂書店だったもんで、ここで本を購入し、



折り返して帰路に着きます。



ただし、同じ道はなるべく使わないようにして帰るのだ。



続きにつづく。




【にほんブログ村】

神田神保町『Kanda Coffee(神田コーヒー)』がタイミング良く開いていたので入ってみた。

Kanda Coffee
【Kanda Coffee(神田コーヒー)】
神田神保町2-38-10
休み:祝(不定休)
神保町のきっさこの姉妹店なんだそうです。
店舗面積は約9坪、席数は15席。


ソイコーヒー
[ソイコーヒー 350円]
↑ だったと思う。
コーヒーは注文を受けてからその都度豆をひいてドリップ。




いつもお店の前を通るのに、



開いているタイミングに出会ったことが一度も無いワタクシ。



しかし今日は、「2年ぶりにお祭りがあるので営業いたします」ということで、



GWながらもお店が開いておりました。



やったー!!



迷わず入店。



で、さくさくっと珈琲を頂きました。



なぜ“さくさくっと”なのかというと、お祭りの神輿が前を通るようで、



次第に混雑して来たからです。



ゆえに、早々に退散いたしました。



一度は入ってみたいという野望が叶い、満足できる一杯でした。



落ち着ける店舗かというと・・・



そうでもないかも。




【にほんブログ村】

神田神保町三省堂神保町本店がリニューアルし『神保町いちのいち』もOPEN。

神保町いちのいち
[神保町いちのいちで購入したもの]

神保町いちのいち
[神保町いちのいち のノベルティ]
1,000円以上購入て貰えるブックカバー。
全2種




11月29日にOPENした三省堂本店一階の『神保町いちのいち』。



本日、千葉県民Tと三省堂で本を買い、集合場所が同店前となっていたため、



ついでに買い物を致しました。



丁度、タオルハンカチが欲しかったので、ササッと選択して購入。



懐紙も大好きで、ついでに、つい購入しちゃいました。



絵柄が「じゃこごはん」でごっついツボだったもんで。



その昔、江戸で大火があった際、



大奥の女性たちが煤で汚れた手に握り飯を持つのを躊躇っていると、



一人の奥女中が懐紙を使って握り飯を食べたら、



皆が喜んで真似したという話がありますが、



それを思い出させる絵柄でした。



って、共通点は「御飯」だけですけどね。



それはそうと、ノベルティのブックカバーは白と紺の2色があり、



どちらか一つを選択できます。



人気は紺のようでしたが、



ワタクシの好みは白でした。



「エ」とか「H」に見える記号は、「いちのいち」の意匠。



なかなか小洒落ていますよね。



最近文庫本を読まないものの、



残っている本にカバーを付けようかなぁと思いました。



って、文庫本の大半を捨てたけどな。



ちなみにこの雑貨店。



「ちょっとしたもの」が置いてあり、面白いお店です。



クラブ三省堂カードにポイントが貯められるのもgood。



でも、このコーナーにあったSuicaペンギングッズは何処に移動したんだろう?



と、疑問に思わなくも無い。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。