sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

文京区春日『牛天神北野神社』で、ひなまつり記念限定御朱印を頂く。

image

文京区春日にある『牛天神北野神社』は、1184年に源頼朝によって創建されたそうです。

葛飾北斎が富嶽三十六景「礫川雪の且(こいしかわゆきのあした)」を境内にあった茶店から

富士山を見て描いたとも言われています。

本日から3日間、ここで雛祭限定御朱印が頂けるということで、散歩がてらお詣りして参りました。

image
迂回すれば坂道(でも急坂)があるのですが階段を突き進みます。

image
狛犬ならぬ、狛牛が両脇にありますね。

image
おみくじを結ぶ場所も牛形です。

image
こちらが「ねがい牛(なで石)」。
自然石でして、ここに頼朝が腰かけたとかなんとか。
撫でると願いが叶うそうです。
どちらが頭か分からなかったので、
とりあえず腹だと思われる箇所を撫でておきました。


image
小さな雛飾りも置いてありました。几帳がいいなぁ。

image
左側が本日頂いた御朱印。北野神社のもののみ拝受しました。
しおりが可愛い。


image
御朱印と一緒にチョコ柿の種も頂きました。

殆ど人が居ないと思いきや、境内にはチラホラの「チラ」ぐらいの参拝客が。

天神様だから受験生なのかな。

ねがい牛(なで石)については、

ガーゼを境内のお水で濡らし、ねがい牛の口元に触って気を入れ、ビニール袋などに入れて持ち帰り、寝る際に枕の下に入れると、2つの願いが叶うと言われています。

という、説明が同社のホームページにあったのですが、

やっぱりどちらが口か分からなかったワタクシには難しいミッションだと感じました。

違いが分かる方は是非、実行してみてください。

今はマンションだらけで富士山は見えないけれど、

高台だから昔は富嶽三十六景のような富士が見られたんでしょうね。

羨ましい・・・。



image
【牛天神北野神社】
うしてんじんきたのじんじゃ

東京都文京区春日1-5-2
開門 6:00~17:00,授与所 9:00~17:00
※ひなまつり記念 限定御朱印は9:00~16:00
御祭神:菅原道真
http://ushitenjin.jp/


【にほんブログ村】

【台湾】台北市中正区『国立台湾博物館』のすべてがツボ過ぎた。

image
設計:野村一郎

『国立台湾博物館』は、日本統治時代の1908年に設置された台湾で最も歴史のある博物館です。
1908年(明治41年)に児玉源太郎(第4代台湾総督)と後藤新平(民政長官)を記念するため、「児玉総督後藤民政長官記念館」として建築されたもので、1909年(明治42年)に台湾総督府博物館に改称。
現在の建物が1915年(大正4年)に完成したのち、1949年に「台湾省立博物館」と改称。
1999年に現在の名称となりました。

三年前から気になってはいたものの入ったことはなく、入らなかったことが勿体ないと思えるほど、圧巻の建築美。展示手法もアーティスティックで、(文字通り)細かい内容を広い空間を使って魅せることに長けていると感じました。
台北旅行で、もし時間があれば入館することをお勧めします。(ただし月曜日を除く)

image
[左]児玉源太郎、[右]後藤新平
 同館3階に銅像が展示してあります。

image
しかも丁寧な解説付き。

特に文化財に指定されている気配はないのですが、本当に建物内部は圧巻で必見です。思わず天井を見上げて、ぐるぐる回りたくなります。
大理石がふんだんに使用されているため、建設費は如何ばかりかと気になるところではありますが、母曰く、台湾には大理石の産地があるそうですね。だとしたら、ここの大理石は当時の威信をかけたものであろうし、良いものを使っているんだろうなと推察されます。

image
かなり立派な正面玄関。
円柱の下半分は補強かな?


image
入館料についての案内には、軍人、警察官、学生、
6~12歳の児童、65歳以上(休日のみ)半額とあります。


image
まさか外国人にも適用されるとは思っていませんでした。
65歳以上は半額になります。


image
円柱と角柱が並ぶロビー階段付近。
大理石の色は必見。


image
細かい装飾が、これでもかっ!!っと施されています。
素材はモルタルらしいです。
角柱は基礎で円柱は装飾なんだろうなぁ。


image
ロビーのアルコーブ2か所には、
既出写真の児玉源太郎像と後藤新平像が飾られていました。
今はお高そうな壺が飾ってあります。


image
華麗な装飾とステンドグラス。
どこかの装飾に台湾フルーツを模したものがあるらしい。


image
吹き抜けのロビーに立ち、天井を見上げてみる。
三階分の高さが吹き抜けになっています。


image
天井のステンドグラスには軍配団扇(児玉家家紋)と
藤(後藤家家紋)を組み合わせた図案が使われています。

image
ソフトクリームのような照明器具。
ディズニーの「美女と野獣」の執事を連想させられました。

image
柱の間の天井部分に注目。
こちらは綺麗に修繕されていますが


image
こちらは同時期の塗り替えはされていないようです。

image
柱頭部分にはアカンサスを模した装飾が施されています。
ロビー中央に立つと巨大な植物が並んでいるように見えます。


image
大理石の腰壁が続く中央階段。

image
シンメトリーな造りなので、
左右両翼に展示室が続いています。


image
黒大理石と白寒水石を交互に配した床。
貴賓室の内容が気になります。

image
調べてみたところ、日本から仕入れたイタリア産の大理石らしいです。

image
大理石の模様が独特。

image
でも、窓の三方枠は木製に見えなくもない。

image
木製腰壁のある階段。

image
階段踊り場のモルタル装飾。
カバーもかけられず触れられる位置にあります。

image
二階の廊下も木製の腰壁で保護されています。
高級感がありますね。

image
階段踊り場の窓も規格外の高さ。
光が差し込んでかなり明るいです。


image
三階への階段はシンプルな造りになっています。
腰壁は二階まてでなくなります。


image
展示室内の天井。
既存の照明器具は使用されず、間接照明になっていました。

展示手法も独特です。
お洒落でアーティスティックで色彩も豊か。

image
この日の展示内容は昆虫と植物でした。

image
オブジェも凝っている。

image
微生物という小さ過ぎる展示内容でも工夫が凝らされていました。

image
気になったのは三階の展示にある台湾原住民か作った籠。
凄まじく精巧なつくりです。

さて、台湾と言えば北投温泉の特別天然記念物「北投石」が有名ですが、花蓮から台東の間に延びる花東縦谷は、フィリピン海プレートとユーラシア・プレートが密かにぶつかり合う地帯で様々な鉱石が採れ、「地質の天国」、「玉石の故郷」と呼ばれいるそうです。

image
台湾墨玉の原石が建物前に展示されています。

image
これは原石ですが、磨くと肉眼では黒に見えるのに、
光を当てると黒斑と緑の縞が入った模様になるらしい。


image
ミュージアムショップで石を買ってしまいました。
魅かれた。


image
右は蛍石(Fluorite)なので「水を避けて」とアドバイスされました。
光や熱による刺激で発光しますが、はじけるので危険だそうです。
NT$99(347円)

写真の左側は「七彩碧玉(jasper) NT$299(1,047円)」。色と形に魅かれました。
定期的にこのような(宝飾品ではない)石を買ってしまうワタクシ。
帰りの荷物が一層重くなってしまうのでした。



image
【國立臺灣博物館】

台湾台北市中正區襄陽路2號
No. 2, Xiangyang Road, Zhongzheng District, Taipei City
開館時間 9:30~17:00
休館日:月曜
悠遊カード(悠遊卡/ヨウヨウカー/Easy card)が使えます
https://jp.ntm.gov.tw/(日本語)


【にほんブログ村】

新潟県長岡市『機那サフラン酒製造本舗』はこのまま朽ちるに任せるには勿体無い建物群です。【弐】

機那サフラン酒製造本舗
[機那サフラン酒製造本舗 庭と離れ]



現在のサフラン酒製造本舗の敷地は千坪ほどあるそうです。


敷地内には複数の蔵が立ち並び、


普請道楽とはどういうものかを垣間見せてくれます。


庭には銘石が設置してあり、無数の石灯籠が配されています。


まだまだ不勉強なワタクシには判別付きませんでしたが、


きっと庭の樹木も厳選されたものが立ち並んでいるのだろうと推察されます。


植木屋さんが入っていないので生い茂るに任せていますが、


余分な枝などを剪定したら立派な庭に生まれ変わるのだろうなと期待できます。


ワタクシごときの少額募金では如何ともしがたく、


手遅れにならないうちに修繕できればいいなぁと思うところです。


そのためには、全国的に認知度をあげんとなぁ。


機那サフラン酒製造本舗
土蔵の奥にも建物が連なっています。
※非公開


機那サフラン酒製造本舗
屋根のうえには鯱が!
一般の家の屋根に鯱を見たのは初めてです。


機那サフラン酒製造本舗
まだまだ奥に敷地は続いています。

機那サフラン酒製造本舗
敷地奥の土蔵。
左下に入り口が見えますね。


機那サフラン酒製造本舗
通りから見た土蔵群。
かなり劣化が進んでいます。
剥落しまくりです。


機那サフラン酒製造本舗
以前は蔦が絡まっていたんでしょうか? 蔦の残骸がありますね。

機那サフラン酒製造本舗
建物に蔦が絡まっているのを見ると、
エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」を思い出します。


機那サフラン酒製造本舗
もの凄く立派な鬼板。龍が見えるような・・・

機那サフラン酒製造本舗
そしてこちらの蔵にも鯱。

機那サフラン酒製造本舗
主屋の入り口でもあったと思われる開口部。

機那サフラン酒製造本舗
主屋の屋根にはかなり立派な鬼板が載っています。
そして懸魚もある!


機那サフラン酒製造本舗
衣装蔵の方向から土蔵を見る。

機那サフラン酒製造本舗
土蔵の方向から衣装蔵を見る。

機那サフラン酒製造本舗
[衣装蔵]
波板鉄板(なみいたてっぱん)は当時最新の建材だったそうです。
輸入品で高級品だった波板鉄板を蔵の周囲にぐるりと巻いています。


機那サフラン酒製造本舗

機那サフラン酒製造本舗
先の中越地震で被災したため、瓦が落下し、土壁も剥落しています。

機那サフラン酒製造本舗
鏝絵が施された箇所もがばっと剥落しています。

機那サフラン酒製造本舗
真下から見るとよく分かりますね。

機那サフラン酒製造本舗
床下換気口は引き戸式になっていて、
サフラン酒の瓶が模られています。
新潟って実は湿度の高い土地なんだとか。


機那サフラン酒製造本舗
蔵の前には、群馬県の鬼押出しから切り出した溶岩が設置されています。
むろん、現在は切り出しなんてことはできません。
運んだのも凄いけど、設置しようとする考えも驚きですな。


機那サフラン酒製造本舗
庭から見た衣装蔵。

機那サフラン酒製造本舗
輪違の屋根瓦が美しいです。
晴れていたら空が透けて見えるのかも。


機那サフラン酒製造本舗
衣装蔵の裏から見える主屋は現在立ち入り禁止になっています。

機那サフラン酒製造本舗
かなり大量の溶岩が切り出されたんですね~
ってことぐらいで驚いていられないのがこの庭です。


機那サフラン酒製造本舗
門から「離れ」に向かう通路。

機那サフラン酒製造本舗
門も劣化したまま放置されています。
修繕費が不足しているんでしょうね。


機那サフラン酒製造本舗
門から庭や建物が見えないように石垣が設置されています。

機那サフラン酒製造本舗
佐渡の赤石の向こうは池があります。
今は水か張っていませんけど。


機那サフラン酒製造本舗
[佐渡の赤石]

機那サフラン酒製造本舗
機那サフラン酒製造本舗
[糸魚川の翡翠]
無論、今は、糸魚川の翡翠は持ち出しできません。


機那サフラン酒製造本舗
池はけっこう深さがあったみたいですね。

機那サフラン酒製造本舗
中央の溶岩は噴水になっているそうです。

機那サフラン酒製造本舗
龍の口からは水が流れ出ていたとか。

機那サフラン酒製造本舗
奥に飾られた像。何かの神様かしら?

機那サフラン酒製造本舗
庭には無数の灯篭が設置されています。

機那サフラン酒製造本舗
そして銘石も多い。

機那サフラン酒製造本舗
二階から見降ろすと、燈籠の多さがよく分かります。

image
主屋に離れの周囲には今も蔵が建っています。

image
蔵の外壁は波板で保護されているもの以外に
杉板で保護されているものも見えます。


機那サフラン酒製造本舗
道路から見た土蔵と主屋。

機那サフラン酒製造本舗
外周の石垣は亀甲になっています。
何石だろう?



】につづく。



機那サフラン酒製造本舗
【機那サフラン酒製造本舗】
新潟県長岡市摂田屋4-6-33

機那サフラン酒本舗保存を願う市民の会サイトに募金についての情報があります。


【にほんブログ村】

山梨県甲府市『山梨ジュエリーミュージアム』で宝石の研磨を体験してきた。

山梨ジュエリーミュージアム


『山梨ジュエリーミュージアム』で宝石の研磨体験をして参りました。

体験コースは複数あるのですが、

ワタクシが予約を入れたのは「ペンダント制作」体験。

制作後も使い勝手の良い物を持ちたいと考えたからです。

体験好きな母は大喜びしておりましたので、

こういう体験は母の日のプレゼントとしても使えそうな気がします。

山梨ジュエリーミュージアム
先ず、石を選びます。

山梨ジュエリーミュージアム
それぞれに表情があるので、ものすごく迷いました。
普段は即決するタイプなのに。


山梨ジュエリーミュージアム
石を選ぶと、講師の先生が持ち手を付けてくれます。
(母が選んだ石を取り付けているところ)
これは素人には出来ない工程です。
火を使うので、石が割れることもあるそうな。


山梨ジュエリーミュージアム
持ち手を付けて貰った、ワタクシがセレクトした石。
縞入りのオニキスです。


山梨ジュエリーミュージアム
研磨剤を垂らしたグラインダーで先ほどの石を磨いていきます。

山梨ジュエリーミュージアム
先生に被写体になって貰いました。
ってか、縁の磨き方を教えて貰っているところ。


山梨ジュエリーミュージアム
縁を磨くとこんな感じになります。
またまた先生に持って貰っています。


山梨ジュエリーミュージアム
それなりの時間、磨いて完成。

山梨ジュエリーミュージアム
左上のパーツの色を選択します。
ワタクシはシルバーを選びました。


山梨ジュエリーミュージアム
紐にするのか、鎖にするのかを選びます。

山梨ジュエリーミュージアム
首が太いので、最も長い鎖を選択しました。

山梨ジュエリーミュージアム
比較対象として置かれた左が磨く前の同タイプの石。
右がワタクシが磨いたもの。


山梨ジュエリーミュージアム
完成品を袋に入れて貰いました。


なかなか面白い体験でした。

また直ぐに体験したいと思うほどです。

体験料は、これで2,000円!

驚きの価格ですが、県が負担してくれているらしいです。

お礼に様々な場所でお金を落としておかねば。

磨くと石のイメージは変わるのだということも知りました。

ミュージアムショップで欲しいアクセサリーがあったのですが、

ちょっとお高くて即決できませんでした。

次回行った時に残っていたら、買おうと思っています。

いやぁ~、楽しかったですわ~。

めっちゃ、オススメです!

山梨ジュエリーミュージアム



山梨ジュエリーミュージアム
【山梨ジュエリーミュージアム】

山梨県甲府市丸の内1-6-1
開館時間 10:00~17:30
※入館は閉館の30分前まで
定休日:火曜(祝日の場合は営業、翌日休)
http://www.pref.yamanashi.jp/yjm/


【にほんブログ村】

栃木県日光市『レストラン明治の館』は「旧ホーン家住宅主屋」として登録されている国の登録有形文化財(建造物)です。

明治の館
[旧ホーン家住宅主屋]
明治末期の建築。
登録有形文化財(建造物)
石造地上3階地下1階建、鉄板葺、建築面積261m2




 若い女性に大変人気のある『レストラン明治の館』は、



日本コロンビア(株)の前身会社の創設者、F.W.ホーンの別荘だった建物です。



石張りの外壁が特徴的な建物で、内部には地階及び屋階が設けられているそうです。



実はここでランチを摂ろうと一週間前に予約を入れたのですが、



既に満席で断念。



外観だけを撮影して参りました。



秋のベストシーズンだったため、青空に映える紅葉がとても綺麗でした。



紅葉

明治の館
地元を流れる稲荷川の安山岩を用いた外壁。

明治の館
文化財プレートは建物正面の庭にありました。

明治の館
南に配されれたベランダ玄関。

明治の館
雪にも映えそうな外観ですね。

明治の館
ベランダの窓には紅葉が映っています。

明治の館
内部は格天井のようですね。

明治の館
ベランダの両サイドにある窓ガラスが謎。

明治の館
両妻壁に煖炉煙突を立ち上げた、
切妻造り・鉄板葺の石造2階建の別荘建築です。


明治の館
建物のわき道を進むと、
もう一つの登録文化財「旧ホーン家住宅別棟」に出会えます。


明治の館
[旧ホーン家住宅別棟]
こちらも指定文化財でして、レストランとして営業中。


明治の館
ちょっと気になる石灯籠。

明治の館
葵の御紋が彫ってありました。

明治の館
あれは防空壕かしら?

明治の館
主屋の側面。

明治の館
東面に突き出した石造2階建の付属舎。

明治の館
真冬になれば建物全体が見られるのかもしれませんね。




今更ですが、敷地の外周をぐるりと歩いて見学すれば良かったかも。



別棟の外観がいまいち分からなかったので、



次回はこちらに予約を入れてランチがてら見学したいと思います。





明治の館
【レストラン明治の館】

栃木県日光市山内2339-1
営業時間11:00~19:30 [11月下旬~3月] 11:30~19:30
定休日:無休



【にほんブログ村】

人は自分が信じたいものを信じる・・・というお話。

stone
左から、母から貰った三角の石(ピンク)
東京の玉石混交の骨董屋で買った丸い石(碧)
太宰府の骨董市で買ってわざわざ持って帰って来た大きな丸い石(白)
※入手順は上から




石が好きです。



別にパワーストーンじゃなくても良くて、



自分が好きだと思える石が好き。



だからワタクシの周囲には石が数個あります。



写真以外にも普通の石があって、とても気に入っております。



石って何だか和むよねぇ。



見ているだけで幸せっつーか。



実はワタクシ、卵型ロケットタイプのペンダントを身につけているのですが、



この中にも石を入れているんですの。



年末年始はここに水晶を入れていたのだけれど、



いろいろあって、水晶は我が元を去っていきました(つまりは落とした)。



それまでも、ワケも無くよく落ちる水晶だったので、



ワタクシとは合わなかったのかなぁと思っているところです。



水晶は気を吸いやすいというから、ワタクシの邪悪な気に辟易していたのかもな。



で、もともと好きだったヘマタイトを入れております。



精神力(自信)や生命力(健康)、積極的に困難を乗り越える力を養う石だとかナントカ。



オニキスも好き。



まあ、透明な石よりも、不透明な石が好きってことですな。



熱狂的なパワーストーンのファンではないけれど、



まあ、そういう考えもあるよなー程度には好き。



身につけていて落ち着かない石(貴石)ってのは確かにあって、



青い石全般が苦手です。



身につけていて落ち着くのは赤い石かな。



誕生石が柘榴石なもんで。



それはそうと、石に詳しい人か居たら教えて欲しい。



写真の石の名前をば。








携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】

不健康診断。

いやぁ~、驚きました。



本日、健康診断だったのですが、出るわ出るわの問題点。



あの程度でこんなに色々出るとは驚きです。



問題が発覚したのはエコーにて。



「こりゃ、痛いでしょ」



とイキナリ言われて



「は!?」



と間抜けな返事をしたら、



担当技師が出力写真を見せてくれました。



お腹に子供が居たら見るであろう感じの写真を。



あれの連続バージョンを。



左右の腎臓付近の暗闇の中に瞬く星星。



「これが小さな石です」



「へ!?」



「血尿が出ているハズなんだけどなぁ」



「ああ、それ、さっき言われました」



「あ、やっぱり」



書類を見ながら頷く技師。



「ここに大きめの石があるんだけど、動かない場所にあるから大丈夫だとは思うんですよね。まあ、どの道、水分を沢山飲むしか解決策は無いんだけど。夏は特に沢山の水分を摂取して下さいね」



「石ですか!? 嚢胞じゃなくて!?」



「ああ、それもあります」



「あるんだ」



「今までに背中とか、腰が痛かった時があったんじゃないですか?」



「あります」



「それは石が動いているからですよ」



「そうですか」



「まあ、水分を多く摂取することです」



「わかりました。頑張ります」



ってか、昨年の検診では石なんか無かったけどなぁ。



一年で大量に発生したってこと!?



検索してみたら、100人に4人はなるもんみたいですね。



私の場合はカルシウムの摂り過ぎかもな。



昔からカルシウムの摂り過ぎで歯が生えまくってたし。



ちなみに約60%は原因不明の特発性結石症なんですって。



原因不明かぁ。



じゃ、しょうがない。



一緒に検診を受けに行った酒豪Mに言ったら、



「これからはワインとか焼酎とかじゃなくて、ビール飲まなきゃ、ビール!!」



と力説しておりました。



利尿作用を期待するなら、やっぱりメロンかスイカが良いなぁ。



今夏は特に瓜類を摂取するよう心がけたいと思います。



種が面倒くさいケド・・・・・・。








携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。