sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

三ツ矢オリジナル「Lisa Larson バンブーファイバープレート」で今らしい絵柄を選んでみた。

image
三ツ矢オリジナル リサ・ラーソン バンブーファイバープレート
[全4種]

スーパーで三ツ矢サイダーなどのペットボトルで、

バンブーファイバープレートがオマケになっていました。

少し暑くなってきたので、炭酸飲料が飲みたくなることがあるので、

一枚入手することにしました。

4種類あるのですが、写真の一枚を選択。

いろんなリサ・ラーソンによる柄のオマケを見てきましたが、

桜柄は初めて見たかも。

image
サイズ:直径15cm

image
耐熱温度:70℃

この類のお皿の使用率が高いワタクシ。

調理中、一時的に食材を置いておきたいときに便利です。

今後もこんなお皿がオマケに付いたら入手しちゃうかもなぁ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

Asahi飲料×すみっコぐらし「オリジナルバンブーファイバープレート」の絵柄選択に迷う。

image
Asahi飲料×すみっコぐらし オリジナルバンブーファイバープレート
[全5種]

アサヒ飲料に写真のオマケが付いていました。

本日の購入目的はカルピスでして、それが対象商品だったため入手した次第です。

選びきれず、2種類ゲットしてしまいました。

image
サイズ:Φ153mm×H13mm
バンブーファイバーなので、手触りは独特の質感です。


image
耐熱温度が低いので、熱々のものは乗せられませんね。

寒くなってきたのでホットカルピスが飲みたくなりました。

たまーに飲みたくなりますよね、ホットカルピス。

優しい甘さが欲しい時に飲んでます。

それはそうと、バンブーファイバー食器って

キャンプ用品として人気があるらしいですね。

土に埋めると微生物によって生分解され、

数年で土に還るエコ素材で、割れにくくて丈夫。

しかし耐熱温度が低いため、

電子レンジ、オーブン、食洗器の使用ができません。

冷蔵庫に長時間置くのも劣化を早める要因なんだとか。

ワタクシはこれらのお皿を調理時の仮置き皿としてよく利用しています。

使わない日が無いんじゃないかってぐらい良く使う。

まな板を出すのが面倒な時にリンゴを剥く台としても使います。

オマケなのでぞんざいに扱っても良いという安心感があるもんで。

それにしても、ずいぶん溜まってきた気もするけど。

まあ、そんな感じで、今後も見つけたら入手しちゃうと思います。

そして一番下のお皿は、長らく使用しないことになるという・・・



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

サントリーBOSS×彦坂木版工房「オリジナルパン皿」に乗せるパンを買いたくなる。

image
オリジナルパン皿
[全3種]

image
サイズ:Φ155mm×H15mm 

サントリーBOSSのCAFE BASEを購入すると貰えるのが写真のお皿。

彦坂木版工房による絵が描かれているもので、

箱書きにある3種類の絵柄があります。

ワタクシが立ち寄った店舗では、一番人気はクロワッサンのようです。

ワタクシも猛烈に迷って一皿だけ入手致しました。

クロワッサンが苦手なので、トーストとロールパンの二択だったのですが、

迷いに迷った末に、ロールパンを選びました。

これにロールパンを乗せたくなりますな。

ってことで、明日、どこかパンが美味しそうなお店で

ロールパンを買ってこようと思います。

挟むためのコールスローサラダを作っておかねば。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

SUNTORY伊右衛門特茶「リサ・ラーソン カップ&ミニプレート」は蕎麦猪口のような使い道になりそう。

image
リサ・ラーソン カップ&ミニプレート
[全4種]

毎度おなじみ、伊右衛門特茶にリサ・ラーソンの絵柄のオマケが付いていました。

今回は4種類ございまして、いつものメンバーにブチ猫「Buchi」が追加。

迷った挙句、今回もハリネズミを選択致しました。

image
サイズ:[カップ]Φ80×H60mm、[ミニプレート]Φ80×H20mm
カップの容量は130mlです。


image
やっぱりどう見ても蕎麦猪口セットにしか見えない。

さて、何に使おうか迷いますな。

蕎麦はアレルギー持ちなので無理ですが、

この夏、冷やしそうめんでも作って食べようかな。

って、「作る」というほどの内容ではありませんけれども。

否。つけ汁を工夫すればいいのか。

トマトのソースで冷やしそうめんを食べるってのも良いかもなぁ。

良いアイデアに思えてきたので、

一度作ってみようと思います。

先ずは完熟トマトを探さねば。



【にほんブログ村】

SUNTORY伊右衛門特茶「リサ・ラーソン 陶製プレート&箸置き」に箸置きが付いているってことはパン皿じゃないんだね。

image
リサ・ラーソン 陶製プレート&箸置き
[全3種]

他にマイキー(猫)とレオ(ライオン)がありまして、マイキーが一番人気でした。

何を乗せるかは考えていませんが、とりあえず入手。

こうして物が増えていくのですが、でもいいの。

オマケだから気兼ねなく使えるので、植木鉢の受け皿にだって使えるもの。

・・・ということにしておく。

image
サイズ:[皿]Φ150mm×H20mm,[箸置き]Φ42mm×H10mm

image
裏には文字は書かれていません。

それにしてもオマケって、あれもこれも原産国は中国なのですが、

工場が停止していたり、従業員が出勤して来なかったりするこの時期、

よく展開できているなぁと感心しているところです。

設備系建築資材も製造が追いついていないらしいのに。

オマケを作っている工場が中国のどの辺にあるのか、

ちょっと気になり始めているところです。



【にほんブログ村】

Asahi飲料 カルピス「ひなまつりメラミンプレート」をなんとなく入手。

image
カルピス ひなまつりメラミンプレート
[全4種]

カルピスorアサヒ飲料を対象として、メラミンプレートがオマケに付いていました。

雛祭は終わったけれど、とりあえず入手。

料理中に切ったものを入れておくのに便利なんですよね、メラミンプレートって。

軽いし、薄いし、気兼ねなく使えます。

笊受けにも使えます。

image
色は2種、柄も2種の計4種。
写真同柄の桃色が一番人気のようでした。


image
耐熱温度は100℃なので、
熱した油物を置くのには適していないっぽい。

耐熱温度は100℃なので、

103℃以上になる熱した砂糖を乗せるのにも適していません。

スナック類を乗せるぐらいが一番使い勝手が良いのかも。



【にほんブログ村】

長野県松本市『鳥乃子』というモダンな漆器店で漆器の皿を再び購入。

image
中ぐらいのサイズだったと思う。
1枚7,000円(税別)

中町通りにある木曽の漆の会社直営のモダンな漆器店『鳥乃子』。

前回ここで買ったお皿が気に入ったのでもう一枚欲しくなり、再訪しました。

木曽の良質な木材に漆を塗った商品で、木肌が見えて美しいのです。

image
サイズはA4の用紙を置いて少し出る程度の直径、
と覚えて適当に買ったのですが、
帰宅後に使っているお皿と比べてみたら同一サイズでした。

軽いので、持ち帰りもラクです。

購入の翌日夕方、母に頼んで冷蔵庫の余り物で料理を作って貰い、

このお皿を使って貰いました。

image
帰宅当日の母作の夕食。
お皿が二枚になると、こうやって使えますね。
ちなみにランチョンマットも松本で買ったものです。

油を乗せても染みないと言われていたのですが、

本当に染みない優秀なお皿です。

高いので一枚ずつしか買えないワタクシですが、

ちまちま買うのも楽しいから、いいんです。←強がり

image
作家さんの名前を伺いませんでしたが、ガラス鉢も購入しました。
一枚3,500円(税別)。母セレクト。

相変わらず、ハイセンスなお店で、目の保養になりました。

料理の腕もテーブルコーディネートの技術も無いワタクシですが、

毎日使って楽しいものをこれからも無造作に買い溜めたいと思います。

ワタクシにとって、松本での定番立ち寄り店になりそうな『鳥乃子』です。

image
(株)鍋屋商店で購入した藺草のランチョンマット。



image
【鳥乃子(とりのこ)】

長野県松本市中央3-2-11
営業時間 10:30~17:00
定休日:不定休


【にほんブログ村】

長野県松本市『鳥乃子』というモダンな漆器店で漆器の皿を購入。

image
木曽の木材にさっと漆を塗ってあるそうです。
木肌が見えてモダンな感じ。

中町通りにあるモダンな漆器店『鳥乃子』。

木曽の漆の会社直営だそうで、

木曽の良質な木材に漆を塗った商品が、

店内にセンス良くディスプレイされています。

店主さんの旦那さんが作っておられるそうで、

お料理好きな旦那さんが実際に使用しているため、

使用方法についてはリアルな話が伺えました。

ワタクシは大きめの皿を購入しましたが、

小皿もありまして、醤油やラー油などを乗せても浸みないそうです。

小皿を買おうと思ったものの、店内を見ているうちに目が肥え、

どんどん欲しくなるものの価格が上がります。

でも、まあ、記念だからいいかーと思って購入を決断しましたが、

お皿一枚がワタクシの懐事情的には精一杯でした。

(税込 7,020円)

なんせ旅は続くもんで。

入手はしたものの、さて、これに何をのせようか?

image
ちなみに母は、履物屋さんで松本特産のねずこ下駄を購入していました。


image
【鳥乃子(とりのこ)】

長野県松本市中央3-2-11
営業時間 10:30~17:00
定休日:不定休


【にほんブログ村】

カルピス「オリジナル和柄デザイン メラミンプレート」が回転ずし皿っぽい。

image
カルピス オリジナル和柄デザイン メラミンプレート
[全4種]

カルピスの100周年記念のオマケはまだまだ続くようで、

今回はメラミンプレートが付いていました。

料理をする際、意外と活躍しちゃっているメラミンプレート。

刻んだものを乗せたり、笊の水切り皿にしてみたり。

ゆえに今回も貰っておくことにしました。

よくよく考えずに一枚入手したのですが、

持ち帰って出してみたら、回転ずしのお皿のようでした。

image
サイズもそれっぽいし。

image
耐熱・耐冷温度の表記は裏面にあります。

梅の絵柄だからそう感じるのかなぁ。

同柄の色違いはピンクになります。

扱いが雑でも壊れにくいので、意外とキッチンで活躍するメラミンプレート。

わざわざ買うのはイヤだけど、貰える分には持ってても良いかも。

と、最近思うようになったワタクシです。


【にほんブログ村】

茨城県笠間市『回廊ギャラリー門』でも購入時に関東やきものライナー乗車証明書を見せると特典があります。

image

細長いロの字の建物が特徴的な『回廊ギャラリー門』。

ギャラリーロード沿いにある小洒落たお店です。

欧米系の外国人の方々がカメラで興奮して激写しまくっているぐらいの小洒落感です。

今回だけでなく、ずーっと探し続けている豆皿を求めて、ワタクシも立ち寄ってみました。

image
笠間ではこの時期ゆえか、お雛様が店頭に並んでいました。

image
額賀章夫さんの作品を入手。
帰って来てから知ったのですが有名な方だったんですね。


image
乗車証明書提示で貰った「お箸」。

image
結構長い菜箸です(下は比較対照物)。

豆皿って意外とお高いですよねぇ。

毎度躊躇いが生じてしまうワタクシです。

良いお値段なので、購入するのに慎重にもなります。

震災以外で食器を割ったことがここ数十年ないもんで、買うとずーっと家にある。

豆皿って食器棚に入れておくにも、上部に無駄なスペースを生じさせますし。

けっこう足で稼いでいるつもりですが、なかなか良いと思えるものが無かったりもします。

今年こそは、また備前に行こうかなぁ。



image
【回廊ギャラリー門】

茨城県笠間市笠間2230-1
営業時間 10:00~18:00
定休日:年中無休
http://www.gallery-mon.co.jp/


【にほんブログ村】

栃木県芳賀郡益子町『もえぎ本店』は遠いけど行く価値ありなお店でした。

もえぎ本店


遠いけれど、絶対に行こうと思っていたのが『もえぎ本店』。

駅からだと4kmぐらいはありそうです。

しんどかった分、とても満足できたショップでございました。


もえぎ本店
アスファルト舗装が途切れた先にお店があるのです。
山間の砂利道をひた走ります。


もえぎ本店
砂利道から「傾斜ヤバすぎじゃね!?」と驚愕する坂道を上ります。
電動自転車で気合で上まで登るべきだと思いました。
途中であきらめると自転車を押すのにものすごく苦労します。
記憶に残る急坂でした。


もえぎ本店
雪が積もるのかしら? と思える屋根の勾配ですね。

image
いろいろ迷って購入したのがコチラ。

image
下永久美子さんの作品です。
この熊は箸置きだそうです。
ピンブローチにしたいなぁと思いました。


image
かなり迷ったものの気になり過ぎたので購入したウサギ。
http://abegurumi.com/


image
今回初めて知った作家さんですが、ツボでした。

もえぎ本店
カフェメニューがあるってことは・・・

もえぎ本店
ということで珈琲を頂きました。400円(税込)なり。


いろいろ興味深いものがあったのですが、

全てに手を出すのは止めておきました。

また来たいと思える方が重要。

ということで、これから来た道を爆走で戻ります。

けっこういい時間になって来た。

タイムリミットまであと二時間です。


もえぎ本店
のぼるのが大変な坂は、下るのも大変。
恐ろしいスピードが出るため、ブレーキ加減が難しい。
こういう時のために自転車保険に入っているワタクシです。


とても印象に残るお店でした。

次にいつ益子に来るかは分かりませんが、

再訪してみたいお店です。

遠いけど。



もえぎ本店
【もえぎ本店】

栃木県芳賀郡益子町上大羽堂ケ入2356
営業時間 10:30~17:00
定休日:水曜
http://mashiko-moegi.com/wp/hblog/


【にほんブログ村】

KIRIN一番搾り「mozミニプレート」は全5種類もあるらしい。

image
mozミニプレート
[全5種]
350ml×6缶パックに一つ付いていました。


image
ワタクシの買ったものの中に入っていたのはこの絵柄でした。


週末に仕事関係者のウチ呑み会があるもんで、

スーパーにビールを調達に行きました。

最近のワタクシはビールを飲まない派なのですが、

飲む人のために用意はしておかねばと思ったもので。

でも、種類が多すぎてよく分からん。

どれでもいいかーと思っていたら、

オマケが付いているものがありました。

それが一番搾りだったのです。

で、それを選択しました。

オマケは小皿だったのですが、五種類もあったのだそうです。

まあ、箱に入っているので中身は分からないんですけどね。

出てきたものが割と良い絵柄だったので、ちょっとウレシイ。

蛇足ですが、ワタクシはビールと発泡酒の味の違いが判らぬ女です。

飲み屋で発泡酒をビールとして出されていても分からん自信があるわ。

まあ、ビール風味だったらいいんじゃないかな、たぶん。



【にほんブログ村】

「春のお買いものはSuicaでキャンペーン」でSuicaのペンギンオリジナルグッズが当たった。

image


2017年4月18日~5月31日までの「春のお買いものはSuicaでキャンペーン」で、


Suicaのペンギンオリジナルグッズが当たりました。


一回1,500円のオカイモノで、という些かハードルの高いイベントでしたが、


意外と当たるものですね。


と申しましても、三種類の内、当選確率の高いものにエントリーしたんですけどね。


image
image
以上2種が大皿です。

image
image
image
image
以上4種が中皿です。


特に大皿は使い勝手が良いような気がします。


可愛いので、できれば毎朝食時に使いたいのだけれど、


既に家に食器が多過ぎて、食器棚に空きがないところが問題です。



【にほんブログ村】

ローソン限定「リラックマ ガラスの小皿」が対象のお菓子3個で貰えるよ。

image
ガラスの小皿
[全1種]


image
白い小皿かと思いきや、透明な小皿だったんですね。




ローソンで、対象のお菓子3個を購入すると、



リラックマのガラスの小皿が1枚貰えるキャンペーンを実施中です。



ってことを、先日、ポーラサビアーノさんに教えて頂いたのですが、



リラックマだし、人気があるだろうから今日なんかに言っても手に入らないだろうな・・・



と思いつつ、氷を買うべくローソンに立ち寄ってみましたら、



限定枚数の殆どが残っていました。



あれ? 人気は下火になったのかしら?



でも、茶托としても使えそうなので、明日の朝にもう一度ローソンに立ち寄り、



追加で1枚ゲットしておくつもりです。



お皿はフラットではなく、中央にくぼみなどがあるので、



これはやっぱり茶托なんじゃないかしら?




【にほんブログ村】

銀座和光『九谷焼窯元 四代 須田菁華展』を観て酒器を購入してきた。

須田菁華
須田菁華


本日まで銀座の和光で開催していた『九谷焼窯元 四代 須田菁華展』。

母がここの窯のファンで加賀にもよく行っているからか案内が届き、

本日観に行って参りました。

まあハッキリ申せば、今回母が東京に来たのはこの為です。

須田菁華
母に買って貰った器。なずな柄です。
ワタクシが選んだのは左手前。
母が選んだのは右奥。
毎度ハッキリと好みが分かれる母子でございます。


和光で展示会が開催されるのは2年ぶりなんだそうです。

最終日に行ったもんで、殆どの作品に赤いシールが貼られていました。

欲しいと思ったものの殆どに。

それとは別に“欲しい”と思ったのが、写真の酒器。

見た目と、手に馴染む感じに一目惚れしました。

これは帰宅したら、早速、日本酒を入れてみねば。

本日は気分の上がる良い買い物ができ、とても満足です。

次は、徳利が欲しいなぁ。


【にほんブログ村】

石川県加賀市『九谷焼窯元 須田菁華』で初めて“自分で”お皿を買ってみた。

image



明治39年(1906年)から続く九谷焼の窯元、須田菁華。


北大路魯山人がここで手ほどきを受けて作陶に開眼したことでも有名です。


今で四代目になります。


母が昔から父と二人で車でここまで来ては購入しておりましたが、


ワタクシは子供に来て以来、3度目。


今回はここの陶器を“自分で”買おうと思い、


母と二人で宿泊ついでに訪ねてみました。


母は奥様と顔見知りなもんで、二人して会話をしている間に品物を探すことに。


後ほど「娘です」と紹介された際、


「こんなに大きな娘さんが・・・」と絶句されたことが印象に残りました。


“大きい”とは“歳を取っている”なのか、


はたまた“恰幅が良い”なのか、いまいち判断に困りますが、


ま、いっかー。


さて、生まれて初めて自分で買った須田菁華窯の作品がコチラ。


image
“民藝”って感じの包装紙が良いですねぇ。

image
柑橘のお皿です。
Φ20cmぐらいかな。
九谷焼らしい、色鮮やかな一品です。



歳を取ったらやってみたいことの一つだったので、


それほどお高くはない一品なれども大満足です。


大切に使いたいと思います。


これ、大福餅が一番似合うんじゃないかな。


もしくはこの上に鏡餅を乗せてみようかしら?


柑橘の順番が逆だけど。




image
【九谷焼窯元 須田菁華】

石川県加賀市山代温泉東山町4
営業時間 9:00~17:30
不定休


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。