sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

生地

富山県黒部市「魚の駅 生地(いくじ)」の『航海灯』が一年前とはいろいろ変わっておった。

魚の駅「生地」
【魚の駅「生地(いくじ)」】
富山県黒部市生地中区265
運営しているのはくろべ漁業協同組合なんだとか。


魚の駅「生地」
2棟建物がありますが、【できたて館】を入った右側が「航海灯」です。
※左側の「番屋」は夜のみの営業らしい


航海灯 番屋
本日使用している魚が書かれた入口の看板。



ほぼ一年ぶりに生地(いくじ)にやって参りました。


生地(いくじ)は、水と魚の美味しいところ。


立山連峰が一望でき、晴れていたら特に凄まじく良いところです。


YKKの工場と、YKKセンターパークがあります。


さて、昼時、いろいろ迷ったものの、「魚の駅 生地(いくじ)」を選択。


ここの「航海灯」でランチをとることにしました。


これまた、ほぼ一年ぶりです。


内装が若干変わり、中央にオヒトリサマコーナー的なカウンターが出来ていました。


こりゃ、混んでいても4人席を一人で使うことの罪悪感がなくていいね。


そして、セルフサービスがなくなり、普通のオーダー式になっていました。


これまた、システムが分からずドキドキするってことがなくて良いかも。


航海灯 番屋
[ミックスフライ定食 880円(税込)]
看板に書かれていた限定10食のランチメニューです。


航海灯 番屋

相変わらずメインを張っている魚が入ったお味噌汁。

航海灯 番屋

香の物。

航海灯 番屋
たぶん鰤の南蛮漬け。

航海灯 番屋

白身魚のミックスフライ。
とれも美味なのだが、揚げてしまうとワタクシには種類がワカリマセン。
右端の天ぷらは初めて食べる食感の魚で、ゲンゲ・・・?と疑問符が沸きまくりでした。
食感は、とろっとろ、って感じ。中央にゴロンと軟骨のような食感の骨があります。


航海灯 番屋
今日は「くじらカツ定食」が一押しだったらしい。



本日の黒部市は終日曇天。


でも、ほのかに立山連峰が望めました。


曇天であっても、相も変わらず美しい。


黒部市
黒部市

黒部市

たま~に日が射すと、山が浮き上がって見えるんです。
あの美しさは、ワタクシのカメラでは記録できません。実際に見ると感動するレベル。
でも、立山連峰をぼーっと眺めながらお茶を飲めるカフェがないんだよなぁ~
勿体無い。


生地

生地(いくじ)から眺める富山湾。
今日は穏やかだ。


黒部市

湾の左側は魚津の方かなぁ。

生地
生地(いくじ)は空き家が増えているんだそうです。
こちらの建物もそれっぽい。
改修して、古民家カフェにしたいなぁ~などと妄想してみたり。


グリーンカフェ
ここがランチを摂ろうかなぁと思っていた「グリーンカフェ」。
ネットでの評判がとても良いのですが、タイミングが合いませんでした。残念。



それはそうと、「生地」という地名にカナを振りまくってみたのですが、


ヨミを覚えていただけました?




【にほんブログ村】

富山県黒部市生地は“清水(しょうず)”で有名な町なんです。

生地駅
[JR生地駅]
読みは「いくじ」です。


生地駅前
駅前には清水を汲める場所があります。
前日まで用意していたのにバタバタしていて水筒を忘れた。
無念です。


ウォー太郎
[ウォー太郎]
富山県黒部の名水をPRしているキャラクターです。
キャラクターデザインは漫画家・藤子不二雄A先生。


生地台場
[生地台場]
加賀藩が1851年(嘉永4年)に造った砲台場。


生地台場
外国船を威嚇するために作ったようです。

北洋の館
[北洋の館]
丸中水産の古い漁具倉庫の一部で、大正13年造りの木造建築だそうです。
時間が無かったので今回は前を通っただけ。


謙信手植えの松
唐突に出てくる「謙信手植えの松」の黄色い看板。
ひょろひょろとした松ばかりで、ごっつい違和感。
でも、細い道を入ってみると・・・


謙信手植えの松
[謙信手植えの松]
黒部市指定天然記念物
病気で歩けなくなった上杉謙信が生地の名水で治癒した記念に植樹したらしい。


謙信手植えの松
海に近いのに意外と真っ直ぐ伸びている幹。

謙信手植えの松
推定樹齢400年なんだとか。

絹の清水
[絹の清水]
昔、隣にあった豆腐店が絹ごし豆腐を作っていたことからこの名が付いたそうです。


絹の清水
[絹の清水]
どういう水の使い方をするのか不明ですが、
憩いの場であることは見て取れました。


うみねこ
にゃーにゃー鳴いていたのでたぶんウミネコ。



一度来てみたいと思っていた「生地(いくじ)」に、やっと降り立つことが出来ました。


今日は生憎の雨。


人通りは殆どありません。


と思っていたら、富山にはPM2・5の注意報か警報が出ていて、


外出を控えるようにという通達がなさていたっぽいですね。


雨だから大丈夫かと思ったよ。


さて、生地。


ここは黒部の名水と身近に触れ合える場所です。


全くと言っていいほど観光地化さていない町。


あ、いや、観光地図は立派なものがあるんですけどね。


要所要所が勿体無いっつーか・・・


町を回りながら、ワタクシだったらここをこうするのになぁ~


とか考えながら観光しておりました。


港町なので、家の外壁が杉板張りで、なかなか風情のある町なんですけど、


一般のおウチを激写するのは気が引けて、写真は撮らず仕舞いでした。


独特の空気が漂う、なかなか面白い町でした。


もっと沢山見所はありそうですが、


天気の良い日に散策する方が楽しいかも。


ちなみにJR生地駅は普通列車しか停まりません。


本数も少なめ。


車で行くにも、道が細くてドキドキ感があります。


その点は要注意かも。



【にほんブログ村】

富山県黒部市『YKKセンターパーク』に行って来た。

YKK
[YKKセンターパーク]
開園日:4月~10月無休/11月~3月平日のみ
開園時間:9:00~16:00(入園は15:30まで)
入園料:無料


YKK
[丸屋根展示館]
入口にカフェもあります。


YKK
[丸屋根展示館の向かいはYKK50ビル(吉田忠雄記念室があります)]

YKK
晴れていたら綺麗に見えるであろう立山連峰。

YKK
今日は雨なのでボンヤリとしか見えません。

立山連峰
ちょっとズーム。

YKK
[ネックストラップ 1,500円]と「ふわっとポーチ」
ネックストラップは大人気商品なんだそうです。




スライドファスナーで世界シェア45%を誇るファスナーメーカーであるYKK。



その技術拠点である黒部事業所内に「YKKセンターパーク」があります。



ここは一般人にも公開されています。



が、予約が要ると聞いた事があります。



でも、本日、折角なのでグッズだけでも欲しいと思い、



突撃して参りました。



受付でその旨を伝えると、快く中に入れてくました。



今の時期は、平日にしか入ることができません。



時間の都合で一部しか見ませんでしたが、



とても見応えのある展示物でした。



ファスナーって昔は手作りだったんですね。



しかも、一つ一つ小さな部品を嵌め込んで行く気の遠くなるような作業。



それを機械化した吉田忠雄氏は凄い人なんだということが良く分かりました。



その吉田忠雄氏の名言が、



「失敗しても、成功しろ」。



ワタクシも常に思い、伝え、実践している考えです。



この言葉だけで、吉田氏のファンになりました。



いやぁ、良いもの見させてもらったわ。



なんだろう、この達成感。



何よりオリジナルグッズが気に入りました。



容易く買いに行けないのもヨキカナ~。




【にほんブログ村】

富山県黒部市『魚の駅「生地」航海灯』でセルフサービスのランチを摂る。

魚の駅「生地」航海灯
[ワタクシが選んだ品々計1,140円也]

魚の駅「生地」航海灯
席に着いて一瞬システムが理解できずに驚いた。

魚の駅「生地」航海灯
[南蛮漬け 180円]

魚の駅「生地」航海灯
[手作り胡麻豆腐 360円]

魚の駅「生地」航海灯
[お味噌汁(魚のあら汁) 200円]




富山県黒部市の生地にやって参りました。



空腹だったので、『魚の駅』目指して雨の中を爆走。



丁度ランチ時ちょい過ぎだったもんで、店内は地元の方々で満員状態でした。



中央にあるコーナーには小鉢などが色々並んでおります。



ランチ時ちょい過ぎだったもんで、料理はそれほど残ってはいませんでした。



その中から好みのものを選択。



御飯とお味噌汁を注文して、食事開始。



出てきたお味噌汁がどんぶり鉢入りだったもんで、ちょっと驚きましたが、



飲んだらもっと驚いた。



美味美味~。



控えめな味ながらも、良い味でした。



身は小骨だらけで苦戦したけどな。



もずくがコリコリ食感だったことにも驚き、



胡麻豆腐の巨大さにも驚き、



驚き尽くしのランチでした。



鰺の塩焼きは200円也。



さすが港町ですなぁ。



腹ごしらえが済み、向かいの「とれたて館」にも向かいました。



そこで「糠さんま」なるものを発見。



糠さんま




ごっつい気になったものの、サンマを持って仕事は出来ないので断念致しました。



その味がめっちゃ気になるので、今度見つけたら買ってみようっと。





【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。