sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

甘味

台東区浅草『梅むら』の美麗で美味しい豆かんをもう一度。

image
豆かんてん 500円(税込)

『梅むら』の豆かんを会社帰りに浅草まで行って買って参りました。

デパートには入っていない名店の「豆かんてん」。

ウマウマです。

今、ワタクシの中で第一位をキープしている豆かんです。

わざわざ買いに行かねばならんと思える場所にあるのですが、

行っちゃうんですよねぇ、わざわざ。

image
黒真珠のような美しさで、相変わらずの美味しさ。
豆の大きさも、寒天の固さもワタクシ好みです。

これをどうしても母に食べて貰いたかったんです。

美味しいと思うものって、誰かと共有したくなりますもんね。

まだ母は食べていませんが、感想を聞くのが楽しみ。

以前、千葉県民Tに差し入れした時は美味しいと言って貰えたけれど、

母はどうかなぁ。



image
【梅むら】

東京都台東区浅草3-22-12
営業時間 12:30~18:30
定休日:日曜

【なるべく歩かない行き方の備忘録】
 東京メトロ半蔵門線 押上駅 B2階段上がって直ぐのバス停「押上」から 都バス上26「浅草二丁目」下車
 JR鶯谷駅  南口からバス停「下谷二丁目」乗車で 都バス上26「浅草二丁目」下車
 浅草駅 バス停「東武浅草駅前」から都バス 都T08「浅草二丁目」下車

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区浅草『梅むら』という名店の黒真珠のように美しくて美味しい豆かん。

image
豆かんてん 500円(税込)

赤えんどう豆ってビジュアルはいろいろなんだなぁと『梅むら』の豆かんを見ると思います。

一度は食べてみたいと思い、本日会社帰りに浅草まで行って参りました。

通常もテイクアウトをやっているかは謎ですが、今はテイクアウトをする人が多いようです。

ワタクシが行ったタイミングでは店内に誰も居なかったし。

image
他には無い感がありまくりの美しい豆です。

かなり美味。

豆に甘さは無いものの、

ふっくらとしつつも歯触りの感じられる豆は素晴らしいのひとこと。

これはかなりウマウマですわ。

一気に3つぐらいは食べられる気がするし、実際に大人食いしてみたい。

甘さ控えめで、上品です。

大変気に入ったので、また是非、近々買いに再訪したいと思います。

知らなかったけれど、漫画「孤独のグルメ」でも取り上げられたことがあるそうな。

デパートには入っていない名店の「豆かんてん」。

ウマウマです。


image
【梅むら】

東京都台東区浅草3-22-12
営業時間 12:30~18:30
定休日:日曜

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区浅草『千葉屋』という有名大学いも屋の人気商品「切揚」を購入する。

image

一年ちょいぶりに、浅草にある1950年創業の大学いも専門店『千葉屋』に行って参りました。

今回の目的は午前中に売り切れとしまうという「切揚」。

ゆえに開店直ぐにたどり着けるように浅草に降り立ちました。

どこかで時間を潰そうかなぁと思いつつ店近くまで行ってみれば、既に列ができていました。

やべっ。人気店をなめてましたわ。

ってことで、粛々と行列の最後尾へ。

目的の「切揚」が飛ぶように売れて行きます。

皆さん大量買いです。

ふむ、やはり人気なんですな。

ってことで、ワタクシも多めに買うことに致しました。

image
やはりこの袋が良い味出してますな。

image
大学いも 200g と 切揚 400g

image
さっそく切揚を食べてみましたが、
あ、これ、止まらんやつや。

確かに「切揚」は美味しいです。

硬すぎない芋ケンピみたいな?

これは危険です。

あっという間に一袋食べてしまいそうな予感がします。

とりあえず器に入れた分だけ食べることにして、

残りを硬く輪ゴムで縛って冷蔵庫に入れておきました。

濃いお煎茶が飲みたくなったわ。

甘過ぎないので食べ過ぎるんですな。

ってことで、千葉県民Tにも差し入れしておこうと思います。

オフィスへの差し入れには向かないけれど、

個人への差し入れには丁度良いかも。

次回は「切揚」をもう一袋買おうと思います。

オススメです。

image
「切揚」目当てなら早めに行かないと
午後には売り切れちゃうみたいです。


image
【大学いも千葉屋】

東京都台東区浅草3-9-10(TX浅草駅から徒歩4分)
営業時間 [月~土]10:00~18:00,[日祝]10:00~17:00
定休日:火曜
※現金のみ

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂1丁目『紀の善』で杏あんみつを買って帰る。

image
土産用杏あんみつ 710円(税込)

今日は神楽坂下まで降りてまた戻るというコースを辿り、

坂下で久々に『紀の善』に寄って参りました。

豆カンと迷ったものの、やっぱり好物の杏あんみつを選択。

ちなみに豆カンは、豆が美味しいです。

杏あんみつよりはお安いとは云え、

それでもお高いので、差し入れにするには気合が要ります。

本当はお店で食べる方が美味しく感じるんですよねぇ。

杏の量が違う気がするし。

しかし、時節柄贅沢は言えないので、

一つだけ買って家で食すことにしました。

image
自作の器に入れてみました。


器にこだわれば、お店で食べている気分になれなくもない。

それにしても、全ての商品が年々お高くなっている気が致します。

原価と消費税が上がっているからでしょうか。

美味しいから、価格が上がっても買っちゃうんですけどね。

GW中はお休みだったそうで、

今日立ち寄ったのは偶然とはいえ空いていたし、

ラッキーだったのかも。




image
【紀の善(きのぜん)】

東京都新宿区神楽坂1-12
営業時間[火~土]11:00~20:00(L.O.19:30)
[日祝]11:30~18:00(L.O.17:00)
定休日:月曜
※Suicaが使えます
http://www.kinozen.co.jp/


【にほんブログ村】

日本橋高島屋 本館催事『鍵善良房』で「くずきり」を食す。

image
くずきり 1,100円(税別?)

日本橋高島屋の「第71回東西名匠老舗の会」の茶店として、

『鍵善良房』の「くずきり」が出店していました。

学生時代に頻繁に行った記憶があるため、

郷愁の味ともいうべき「くずきり」を食べることを即決。

image
黒蜜が濃厚でくせが無く、やはり美味しいと感じました。

たぶん十数年ぶりに食べたのだと思いますが、

「うん、そう、こんな感じ」という感想でガッカリ感は皆無でした。

東西名匠の催事に来れば食べられるものだったんですね。

京都に行かねば食べられないのかと思ってました。

デパート自体が空いているので、ここも待たずに入れました。

オヒトリサマでも気兼ねなく入れそうな気配。

お着物は買えないけれど、「くずきり」なら手が届く。

ワタクシにとっての東西名匠の催事は、そんな感じでございました。

image
と言いつつ、嵩山堂はし本で御朱印帳を購入しました。

image
「お福さん」というシリーズみたいです。
縁起が良さそう。


【にほんブログ村】

台東区浅草『千葉屋』の大学芋は東京で一番美味しいと言われているそうな。

image

1950年創業の大学芋専門店『千葉屋』。

「大学いも」と「切揚」と蒸かし芋を売るお店です。

今日は偶然この前を通りかかったので、

少しだけ買って帰ることにしました。

晩御飯にしてもいいし~などと思いつつ。

image
切揚はスライスした薩摩芋を揚げて蜜がけした芋ケンピみたいなもの。
午前中で売り切れてしまう人気商品です。


image
一周回って袋が良い味出しているように思えます。

image
400gでこの量になります。

行列ができるお店ですが、浅草という土地柄、中国人観光客が多い気がします。

中国の方の味覚にも合うのかしら?

お芋は乱切りではなく、輪切りを半分に切った形で、

蜜は醤油の後味が強めです。

醤油好きの関東人の舌に合うんだろうと思われます。

ちょっとない感じの蜜ですかね。

美味しいですし、ついつい食べちゃうのですが、

最近、こういった食品を食べると喉が詰まりそうになります。

いいからよく噛めよ、ってことでしょうか。

お番茶と一緒に頂きましたが、

このコンビネーションはなかなか良かったです。

ただひたすらに大学芋を売るお店。

それだけで70年近くも営業できるんだから、

大学芋って愛される食べ物なんだなぁと感心致しました。

ちょっと他店のものも食べたくなったぞ。



image
【千葉屋(ちばや)】

東京都台東区浅草3-9-10
営業時間 [平日] 10:00~18:00, [日・祝] 10:00~17:00
定休日:火曜


【にほんブログ村】

栃木県佐野市「手づくりカンロ」という素朴なご当地甘味。

image
[手作りカンロ(無着色)]
ヤオコーで買うと265円、物産会館で買うと250円、
飯島商店で買うと230円だそうです。


名水の流れる佐野市。

流れるというべきか、染み出すというべきか、

ともかく日本百名水は侮れないような気配がします。

「出流原弁天池」には一度足を運んでみたいと思っています。

さて、そんなこの地で作られている「手づくりカンロ」という商品は、

寒天と黒みつだけのシンプルなお菓子です。

ネットで見ると3個入りの希望小売価格は220円らしいです。

佐野市内でも買う場所により、価格は大きく異なります。

今回見た中では、飯島商店で買うのが一番安かったという事実。

酒豪Mは最後に飯島商店で買っていました。

ワタクシは一番価格の高いヤオコーで買ってしまいました。

かなり損した気分です。

でも東京で入手しようとすると、もっとお高いに違いない、

と思って自分を慰めているところです。

さて、「手づくりカンロ」は冷やして食べるのがお約束とのことで、

帰宅後すぐに冷蔵庫にお入り頂き、冷やしておきました。


image
3つ入りであの値段ってことは、一つ100円以下だということで。

image
原材料が寒天のみというシンプルな内容です。

image
容器に入れて直ぐに封をしたようで、若干凹んでいる蓋の部分。

image
できれば綺麗に取り出したいので、
串をぐるりと容器に添って走らせます。


image
綺麗に取り出せて、なんだかスッキリ。

image
ここに黒みつを投入します。
粘度がなく、サラサラとしている黒みつ。


image
刻んで食べるのがセオリーだとどこかで見たので、実行してみる。


食べてみると、さっぱりとしていて、シンプルで、なかなか好みの一品でした。

寒天の硬さが丁度いいです。

これにフルーツを乗せて食べると立派なデザートになりそう。

干し杏もいいよね。

と妄想が膨らみますが、残りは2個しかありません。

フルーツ云々考えることもなく、あっという間に無くなりそうです。

オレンジ色の商品もありますが、あちらには着色料が入っているようです。

味が変わらないなら、無色の方が良いかもね。


image
数軒回ったスーパーで、ご当地野菜を購入しました。
これといった収穫はありませんでしたが“何か”を買えて良かったです。
ちなみに右側はユズです。

【にほんブログ村】

新宿区神楽坂1丁目『紀の善』で、ものごっつい久々に杏あんみつを食す。

image
[杏あんみつ 874円]

本日は市ヶ谷で勉強会があり、飲み会のセンパイ(以下、お松姐さんと称す)と一緒に神楽坂まで移動して飲んで居りました。
一時間ほどサクサクっと飲み(大量に試飲させてもらっていた&ハッピーアワーだったので支払ったのはごく僅か)、その後、美味しい&甘いものを売っているお店を所望されたため、紀の善に移動。
紀の善が意外と遅くまで(と言っても20時まで)やっていたため、入店して食べることになりました。

お松姐さんに同店の人気商品である抹茶ババロアをオススメし、ワタクシはソッコー杏あんみつを注文。
久々に杏あんみつを食べましたが、やはり疑いようもなく美味でございました。
食べたのが久々過ぎて、前回がいつだったのかも思い出せないほどです。
もしかしたら二十数年前だったりするかもしれん。

ちなみにワタクシは他人様に抹茶ババロアを勧めつづけているにもかかわらず、自分では一度も注文したことがありません。

image
[抹茶ババロア 874円]

だって、抹茶ババロアに乗っているのは、ワタクシの苦手な粒あんなんだもの。

先日、粒あんが苦手だと熱く語ったら、めーちゃんに人としての味覚を真っ向否定されました。
ワタクシはどら焼きの餡が、こし餡であって欲しいと思っている一人です。
粒あんが入っているどら焼きしか見たことがないため、強いられない限り、どら焼きは食べません。そもそも味の違いが分からんし。
ちなみにどら焼き好きな人(代表:めーちゃん)からすると、『うさぎや』のどら焼きは最高に美味しいのだそうです。そしてコンビニのどら焼きは食べられたもんじゃないそうな。

そういえばウチの親戚のグルメな小母たちも同じことを言っていたっけ。
って、あの人たちはそもそもコンビニで買い物なんかしないと思うんですけどね。

うさぎやも、コンビニも、どちらのどら焼きも食べないワタクシは、よくわからないので語るのを控えたいと思います。

ワタクシが語りたいのは豆かんの旨さだ。
紀の善のそれは間違いなく美味です。
豆かんって、なんであんなに美味しいんですかね。
ワタクシには作れないものだから特に美味しく感じるのでしょうか?

本日久々に甘味処に入ったため、ワタクシの甘味愛に着火して活動期に入ってしまいました。
この秋も、を探す旅に出たいと思います。
行くならやっぱり笠間かな?

ちなみにこの日の飲食代はお松姐さんにご馳走になりました。
大変恐縮したナリ。


【紀の善(きのぜん)】
東京都新宿区神楽坂1-12
営業時間[火~土]11:00~20:00(L.O.19:30)
[日祝]11:30~18:00(L.O.17:00)
定休日:月曜
http://www.kinozen.co.jp/


【にほんブログ村】

【台湾】台中市中区『宮原眼科(コンユェンイェングア)』で甥っ子にアイスを食べさせる。

image
【宮原眼科(コンユェンイェングア)】


日本統治時代の1927年に宮原武熊が眼科として開業した建物をリノベし、日出グループがアイスクリームショップ『宮原眼科』として再利用しています。
台中に行く人は必ず立ち寄るのではないかと思われるほどの人気店です。

1階は土産物を売る「日出 宮原店(ルーチュー コンユェンディエン)」、カフェスタンド「宮原珍奶(コンユェンジェンナイ)」、アイスクリームを売る「宮原冰淇淋(コンユェンビンチーリン)」となっており、「宮原冰淇淋(コンユェンビンチーリン)」が最も混んでいます。

2階には飲食店『醉月樓(ズェイユエロウ)沙龍 台灣菜』がありますが、同店利用最低消費金額が1人380TW$(約1,500円)という設定があるためか若者はあまり利用しないようです。高くても着席して直ぐにアイスが食べたいという人にオススメです。

image
【醉月樓(ズェイユエロウ)沙龍 台灣菜】
[食事] 11:30〜14:30、17:30〜20:00
[アフタヌーンティ] 14:30〜17:30
[イブニングティ] 20:00〜21:00


image
昼前だったのですが、小腹が空いていたので軽く食べることにしました。

image
ミニ粽は本当にミニサイズ。
中はお赤飯のようなおこわが入っていました。
豆は違うけど。味はそんな感じ。


image
サービスで付いたパッションフルーツとレンコンの和え物。
酸っぱくて美味しかったです。
ってか、パッションフルーツって種もぼりぼり食べるものだったんですね。
あまり食べない食材なので知りませんでした。


image
ビーフン。なかなか美味しかったです。

image
甥っ子が内容をセレクトしたパフェ。
アイスが4個入っています。
殆どを彼が食しました。

昨年に引き続いての再訪ゆえ、無駄買いが減りました。良き哉。
しかしお土産は買うつもりだったので、前回とは違うものを1階でセレクト。6個買うとオマケが付くということで、母の選んだものも一緒に購入してティーバッグを貰いました。

image
選んでいる時間に供されたお茶は烏龍茶や紅茶など。

image
甥っ子が選んだものも含めると、
大きな紙袋に入れて貰う羽目になりました。


image
一定の金額以上で貰えるオマケは菓子やお茶の詰め合わせでした。


入店時は混んでいたのですが、食事を終える頃にはかなり空いていました。団体旅行客が居たのかしら?
この日はあまり日本人観光客らしき人を見ず、マレー系かな?って感じの人を多く見ました。
と言っても、2階のレストランでは日本人観光客がチラホラ居られましたけどね。
日本語を話せるスタッフが増えているようで、高齢者でも安心して買い物ができるお店だと感じました。


image
天井まで華やかな内装です。

image
やはりここも甥っ子はあまり興味が無いようでした。
中学生男子の好む場所ってどんなところなんだろう?


image
【宮原眼科(コンユェンイェングア)】

No. 20號, Zhongshan Road, Central District, Taichung City
台灣台中市中區中山路20号
営業時間 10:00~22:00
台鉄「台中」駅下車徒歩1分


【にほんブログ村】

奈良市東城戸町『よしの舎(や)』の豆かんが美味。

image



minamo』を出て北室町に向かって角を曲がったところで、一軒の甘味処を発見しました。


小ぢんまりした店舗ながら、センスが良さそうだったので、


カフェオレを飲んだばかりですが入店してみることにしました。


image
お持ち帰りもできるらしい。

image
小さな店内は道に向かったカウンター席以外に、
テーブル席が2つだけ。


image
カウンター席の端には苔玉が置いてありました。

image
エアコン下の壁に行けられた植物。

image
[豆かん 580円]
おはぎが売り切れていたので、豆かんを選択しました。


image
すべて手作りらしいです。

image
トロトロ食感の寒天が大変美味。
豆も良い塩梅です。



ものすごく豆かんが好きなワタクシですが、こちらの豆かんは記憶に残る味でした。


黒蜜がさらりとした甘さで上あごにまとわりつかず、なんとも美味。


とてもレベルの高い豆かんだと思います。


また是非再訪したいと思いました。


モーニングセットもあるみたいだから、奈良に早く着いた時には良いかもね。


とてもおすすめです。




よしの舎
【よしの舎(よしのや)】

奈良県奈良市東城戸町14-1
営業時間10:00~20:00
定休日:火曜


【にほんブログ村】

【台湾】台中市『宮原眼科(コンユェンイェングア)』の歴史的建築と美しすぎるパッケージのお菓子たち。

台中_宮原眼科
【宮原眼科(コンユェンイェングア)】
フラッシュをたかなければ撮影自由。
日本語対応スタッフもいます。


日本統治時代に眼科として宮原武熊が1927年に開業した建物を

パイナップルケーキで有名な日出グループがリノベーションして再利用しています。

店内は1階はアイスクリーム、カフェスタンドとお土産を販売しており、

2階は飲食店になっています。

主に1階が大混雑しており、2階は殆ど人が居ませんでした。

一番混んでいるのは、アイスクリームを売るブースだったかも。

日本統治時代の建物なので外観は結構重厚。

しかしリノベーションされたことで、内部はハリーポッターの世界のようになっていました。

台中_宮原眼科
角にお土産を売るコーナーの入り口があります。

台中_宮原眼科
足元はこんな感じ。

台中_宮原眼科
アーケード部分の床には蟻が。
たぶん10匹居て、アリガトウってことなんだろうね。


台中_宮原眼科
内側のドアハンドルには120の文字が。

台中_宮原眼科
3階から見下ろした吹き抜け。
かなりの開放感があります。


台中_宮原眼科
こちらはチョコを売るブース側。

台中_宮原眼科
クッキーらしきものを売るブースの右手奥は
カフェスタンドになっています。

台中_宮原眼科
様々なパッケージのお菓子が並ぶ一角。
ヌガーもこちらにあります。


台中_宮原眼科
2階に上がるには階段を使います。

台中_宮原眼科
再度、3階から1階を見下ろしてみた。

台中_宮原眼科
数段階の設定金額以上商品を購入するとオマケが付く、
ってのが結構ありました。


台中_宮原眼科
ラッピングのリボンも可愛い。

台中_宮原眼科
チョコレートのパッケージも可愛い。

台中_宮原眼科
上の缶は買おうかどうしようかと暫し悩みましたが買いませんでした。

台中_宮原眼科
中秋節前だったので、月餅も売られていました。

台中_宮原眼科
でも月餅は苦手なので、お土産にはヌガーを買ってみる。

台中_宮原眼科
5個買ったので、下のエコバッグを1つもらいました。

台中_宮原眼科
この中から選ばせて貰いました。
NT$280(約1,064円)以上買うと貰えるらしい。


台中_宮原眼科
後ほど2階のレストランでもらった商品リスト。
ってか、これ、1階で配布して貰う方が助かると思う。


台中_宮原眼科
トイレに置いてあったハンドソープとハンドクリーム。
これも宮原ブランドでした。
※トイレは2階以上で飲食店利用がないと使えないようです


台中_宮原眼科
アーケード側から見たカフェスタンド。

台中_宮原眼科
眼科だから、アイスクリームってか!!
という面白いポスターも並んでいました。
芸が細かい。


台中_宮原眼科
アーケードの端にあるアイスクリームショップ。
長蛇の列&店内大混雑。


台中_宮原眼科
入り口には記念スタンプがありました。

台中_宮原眼科
一応、押しておく。


2階にはお茶だけではなく食事もできる『醉月樓沙龍 台灣菜』があります。

1階でワタクシに付いて店内を案内してくれたスタッフさんが

ランチ利用じゃなくてカフェ利用でも使えます、と言ってくれたもんで、

昼だけど上のフロアでアイスクリームを食べることにしました。

醉月樓沙龍 台灣菜
【醉月樓沙龍 台灣菜】

醉月樓沙龍 台灣菜
[食事] 11:30〜14:30、17:30〜20:00
[アフタヌーンティ] 14:30〜17:30
[イブニングティ] 20:00〜21:00


醉月樓沙龍 台灣菜
日本語のメニューもあります。

醉月樓沙龍 台灣菜
一人NT$380(約1,444円)の利用が必須だった気がする。

醉月樓沙龍 台灣菜
コースターは先ほどの記念スタンプ柄ですね。

醉月樓沙龍 台灣菜
アイスクリーム欄のレストランオリジナルパフェを
一人一つずつ頼もうとしたら止められた。
一人では食べきれない量なんだそうな。
ってことで、二人で一つをシェアすることに。


醉月樓沙龍 台灣菜
レストランオリジナルパフェに付くトッピングが選べます。

醉月樓沙龍 台灣菜
これをアイスが乗ったパフェに乗っけていきます。←スタッフが

醉月樓沙龍 台灣菜
マンゴーアイスはテッパンですな。

醉月樓沙龍 台灣菜
アイスはマスカルポーネ、ドラゴンフルーツ&ヨーグルト、
マンゴー、紅茶の4種類。
中央に日本の国旗を立ててくれたってことは、
別の国籍の人は別の国旗を立ててくれるんだろうか?


醉月樓沙龍 台灣菜
トッピングは小麦を使ったお菓子が多いので、
小麦アレルギーの人にはこのメニューは無理かも。


醉月樓沙龍 台灣菜
蝶のパイは甘さ控えめで食べやすかったです。

醉月樓沙龍 台灣菜
パイナップルケーキが有名なんですよね、ここって。

醉月樓沙龍 台灣菜
でも、チーズケーキも人気があるそうな。
シェアしたらぐちゃっとなるのは致し方なし。


醉月樓沙龍 台灣菜
中秋節が近いので、ランチョンマットの柄もそんな感じ。

醉月樓沙龍 台灣菜
サービスで月餅がつきました。
口の中の水分をガッツリ持っていかれますな。


醉月樓沙龍 台灣菜
二人分でNT$810(約3,078円)でした。


歴史ある建物を巧くリノベして利用している宮原眼科。

駅から徒歩2分程度の近さも、人気の一因かもしれませんね。

台中_宮原眼科


台中_宮原眼科
【宮原眼科(コンユェンイェングア)】

No. 20號, Zhongshan Road, Central District, Taichung City
台中市中區中山路20号
営業時間 10:00~22:00
台鉄「台中」駅下車徒歩1分


【にほんブログ村】

静岡県静岡市『喫茶一茶』で静岡茶とともに上生菓子をいただく。

image
[上生菓子セット 700円(税込)]
お茶は本日のお茶3種から、
上生菓子は2種類からそれぞれ選べます。



静岡駅にやって参りました。


目的は、静岡のお茶を飲んで、買うこと。


それが一気に、しかも手軽に果たせる『喫茶一茶』に向かいました。


ここは、静岡市内約50社の茶匠自慢のお茶が揃う静岡茶カフェで、


静岡茶商工業協同組合が運営しています。


だから間違いないだろうと思える。


週替わりで「本日のお茶」を3 種類を紹介しており、


それをお菓子とセットで頂けます。


メニューには500円の「一茶セット」もありますが、


こちらは安倍川もちだったので、


今回は200円アップで上生菓子セットを頂きました。


image
お茶は「天下人」を冷茶で。
一杯目はお店の方が淹れてくれます。


image
二杯目以降はセルフで淹れます。

image
上生菓子は「台風一過」という名前が付いていました。
見た目と名前に惹かれてこちらを選択。


image
黄身餡でなかなか美味しゅうございました。
買って帰りたかったほどに。



上生菓子が異様に美味しかったです。


疲れてたのかな。


お茶も美味しかったので、買って帰ることにしました。


こちらは全てワンコイン(500円)で購入できます。


お手ごろぉ~


image
調子に乗って、3種類購入しました。
右端が本日飲んだ「天下人」。
高級品なので、容量は控えめです。



静岡に来たからにはお茶を飲んで帰りたい、


と仰る方にオススメです。



静岡市
【喫茶一茶】
http://www.ocha.or.jp/
静岡市葵区黒金町49 北口地下
(JR静岡駅北口 駅地下広場しずチカ情報ポケット内)
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:水曜(祝日の場合は翌日休)


【にほんブログ村】

静岡県御殿場市『とらや工房』に行くという野望を達成する。

とらや工房



静岡県御殿場市にある『とらや工房』。


赤坂に本店のある虎屋の系列店で、


職人がその場で手作りしている工房です。


予てより訪れてみたいと思っていた2007年10月開業の施設でして、


実は建物が東京大学名誉教授の内藤廣氏の設計なんです。


満を持して、本日、青春18きっぷを利用して母と行って参りました。


我々は御殿場駅からタクシーを利用しましたが、


タイミングが合えばバスでも行けます。


とらや工房
元は華族の別荘だったとかなんとか。

とらや工房
この山門もその頃のものだそうです。

とらや工房
竹林の道を進むと・・・

とらや工房

とらや工房
建物が見えてきます。

とらや工房
元別荘の2000坪の敷地が、現在は虎屋によって整備されております。



朝10時オープンのお店ゆえ、開店すぐぐらいの時間に行きましたが、


すでに人がいっぱい居ました。


人気店なんですねぇ。


とらや工房
少ないスタッフで回しているため、
セルフサービスの仕組みが確立されています。


とらや工房
クーラーの利いた室内と、
爽やかだけれど蚊の襲撃に遭う屋外席があります。

とらや工房
土日祝日限定だと言われるとそちらが気になります。

とらや工房
しかし、葛まんじゅうも捨てがたい。悩ましいです。

とらや工房
[赤飯大福 540円(税別)]
お茶はお代わり自由です。


とらや工房
むちっとした食感で美味でした。
歩き回らないのならば買って帰りたかったほど。


とらや工房
[氷あんみつ(白蜜) 800円(税別)]

とらや工房
むちむち食感の白玉。
つやつやで綺麗です。


とらや工房
本物の味がする寒天。
かき氷に合うんですねぇ、あんみつって。
美味しかったです。


とらや工房
奥が注文カウンター。
左手の台が返却台になっています。


とらや工房
向かって右側が工房になっています。



甘味を満喫したあとで、隣の敷地にある旧岸邸(岸元首相邸)を見学。


ゆっくりと見学したのちバスの時間を調べたら、


一時間後まで無かったため、再びコチラに舞い戻って参りました。


今度はランチ代わりにお素麺を選択。


とらや工房

とらや工房
7月と8月限定の軽食である素麺。
富士山の伏流水でつくられた豆腐が添えられています。


とらや工房
素麺は小豆島産らしいです。

とらや工房
西伊豆戸田産の天然の塩は、豆腐用らしい。
お豆腐に塩を付けて食べるのって美味しいものなんですねぇ。



緑が目に心地よい環境で、爽やかな気候でございました。


御殿場って避暑地なんですね。


とても居心地が良かったです。


ただし、完全防備で行ったつもりだったのに、指先を蚊に喰われたけどな。


オススメですが、この時期は虫にご注意ください。




とらや工房
【とらや工房】
http://www.toraya-kobo.jp/

静岡県御殿場市東山1022-1
(JR御殿場駅からタクシーで15分ほどで運賃は約1,200円)
営業時間[4~9月]10:00~18:00(L.O.17:30)[10~3月]10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『大福茶屋さわた』のとろろごわんと季節の汁物・甘味セット。

大福茶屋




前回、妻沼聖天山にお参りした際、カフェで紹介されたのが『大福茶屋さわた』。



今回はこちらで昼食を頂くことに致しました。



築120年の古民家を利用した食事処で、地元の方々も訪れるコミュニティーになっています。



母には頑張って貰って、二階席を利用することにしまして、



食事から甘味まで頂いて参りました。



大福茶屋さわた
二階は静かで落ち着く空間となっております。

image
値段の違いは、甘味セットとドリンクが付くか否か。

image
「とろろごわん」には、「お福分け」が付くそうです。

image
一階にある「お福分け」。

image
サラダと煮物とお漬物がありました。

image
これをセルフでよそって、二階に戻ります。

image
[とろろごわんと季節の汁物・甘味セット 1,000円]
お味噌汁の具(豆腐)がたっぷり入っていました。


image
食後に出された甘味セット。
こちらのお店で手作りしているあんこと寒天を使ったあんみつです。
そして、右側は珈琲。


image
杏もここで煮ているそうで、
寒天のつるんとした柔らかい食感が癖になる美味しさでした。


image
こちらのメニューには無いのですが、かき氷もありました。

image
ものごっつい気になる「私のこねこちゃん」を選択。

image
[私のこねこちゃん 650円(税込)]
どこかで見たことのあるファンシーなセットでございます。
このパーツを使って、かき氷ほ自分でアレンジするのだそうな。


image
ぶっさっ!!

image
なんだか悔しかったので、別の顔にしてみました。

image
顔を食べてしまえば、熊谷名物「雪くま」になります。




一階から二階に上がる階段が箱階段で、なかなか急な造りだったもんで、



スリリングな気分を味わえました。



転がり落ちるかと思ってドキドキした。



ランチのセットは1,000円(税込)。※かき氷を除く



これはコスパが良いです。お得です。



支払い時にレジ横を見たら、杏のジャムを販売していました。



これも、こちらで作っているものなんだそうです。



image
[あんずジャム 400円(税別)]

image
保存料を使っていないので、開封したらソッコー食べねばならんそうです。
かき氷に乗せて食べたら美味しいかも。




なかなか面白かったので、次回もここでランチを摂ろうと思います。



妻沼聖天山にお参りしたあとに、是非。





大福茶屋さわた
【大福茶屋さわた】

埼玉県熊谷市妻沼1537-2
営業時間10:00~17:00
定休日:月曜
https://www.daifukuchaya.com/



【にほんブログ村】

神奈川県藤沢市『島の茶屋 あぶらや』でアイスを食べて寒くなる。

島の茶屋 あぶらや
きな粉と黒蜜が掛かったアイスと白玉、最中の皮が乗った一皿。




岩屋から階段をゼイゼイハーハー言いつつ登り切り、



ちょいと疲れたので奥津宮付近で珈琲ブレイクをすることに致しました。



運動したので暑いです。



今日は爽やかな陽気ゆえ、外で食しましょうということになり、



店の隣にある屋外スペースにて着座。



暑いので冷たいものが欲しくなり、アイスを注文致しました。



島の茶屋 あぶらや
白玉アラモード(à la mode)と思いきや、
白玉アラ・ドーモでした。(プリキュアかよ)




アイスとホットコーヒーを頼んだのですが、



アイスが出て来る頃には汗が引き、



ホットコーヒーが有難く感じる体感気温に変化。



脱いだコートを再び羽織り、アイスを食すことになりました。



美味しかったけれど、寒かった。



アイスを外で食すには、まだまだ時期的に早いかもしれませぬ。






島の茶屋 あぶらや
【島の茶屋 あぶらや】

神奈川県藤沢市江の島2-5-8




【にほんブログ村】

神楽坂1丁目『紀の善』の豆かんはやっぱり美味しいよね。

みつ豆
[豆かん 496円]




帰宅したら、遠縁の伯母たちからのお土産がありました。



ワタクシの亡き祖母の姉の娘たちが伯母たちでして、



伯母という字にするべきかで悩む縁ですが、



一族の中では結構頻繁に会っています。



主に今は母が。



十年前は、ワタクシが頻繁に会っていたのですが、



三十代の多忙な時期に時間が取れなくなり、会わなくなって久しいです。



そんな伯母たちからのお土産が、神楽坂『紀の善』の豆かんでした。



ワタクシの大好物でございます。



やっぱり美味しいよねぇ~、ここの豆かん。



歯触りが丁度いいと申しましょうか。



みつ豆
皮が口に残り難いのもgood point!




ちなみに母たちは本日、神楽坂で蕎麦を食べていたんだそうな。



ミシュラン一つ星のお店らしいのですが、



アレルギー持ちのワタクシは、当然、行ったことがありません。



美味しいんですって~。



まあ、そんな話を聞きつつ、豆かん食べてます。



そう云えば子供の頃、東京の祖父母宅に来る度に、



豆かんorあんみつを大人食いさせて貰ってたっけ。



一度、「一人で全部食べて良いから」と祖母に言われて見たら、



8個あったってこともあったな・・・(遠い目)



いくら好物でも、大人食いには限度があるってことを知った出来事でした。



本日は(幸いにも)一人二個のノルマらしいので、



入浴後にツルっともう一つは食べようかな。






【紀の善】
東京都新宿区神楽坂1-12
営業時間 [火~土]11:00~20:00(L.O.19:30),[日・祝]11:30~18:00(L.O.17:00)
定休日:月曜(祝日の月曜日は営業、翌火曜日がお休み)



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。