sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

珈琲

茨城県結城市『喫茶カヂノキ』のナポリタンが小洒落系だった。(そしてやっぱり珈琲が美味しい)

image

明治13年頃に建てられた築島邸居宅をリノベした『喫茶カヂノキ』。

前回飲んだ珈琲がかなり好みの味だったため、ランチ時に再訪してみました。





image
開店・閉店時間が出されるようになったっぽい。

image
燕の巣があるってことっぽい。

image
想像よりも大きめの雛が静かに巣の中で静かにどこかを見つめていました。

重いガラス戸を開けて入店すると、パッと見でも満席っぽい。

訊くとカウンター席が一席だけ開いていると仰るので、

そちらに座らせてもらうことにしました。

今日は予約でいっぱいだったらしい。

image
前回とは違って、このロケーションも良いですな。

image
珈琲も良いけれど、おなかも空いているのでランチセットを頂こうと思う。
ここはやっぱりナポリタンを選んじゃうよねぇ~。

image
ランチセットに付くこの日のスープは、ジャガイモの冷製スープでした。
あら美味しい。

image
玉葱を使った自家製ドレッシングがかかったサラダ。
これまた美味しい。

image
喫茶店のナポリタンというよりは、カフェの小洒落たパスタメニューって感じ。

image
時節柄お高い玉葱がこれでもかってほど入ってます。
美味しいけれど、昭和ナポリタンが別途食べたくなりました。

image
煤竹の欄間が格好いい!
永遠に眺めてられると思いました。

image
お待ちかねの珈琲が可愛らしいカップ&ソーサーで出てきました。

image
見たことが無いタイプの柄だわぁ。

image
ソーサーの柄も可愛い。

image
かなり気になったので大変失礼ながらバックスタンプを拝見。
ローゼンタールでした。(でも見たことない)
北欧デザインの巨匠タピオ・ヴィルカラが手掛けたコンポジションシリーズの
「Ice Blossom(アイスブロッサム)」というデザインだそうです。
1963年から1982年までの約20年間製造ってことは
これは昭和時代のアンティークカップってことですね。

image
ところで、この「喫茶」の文字は誰が描いたんだろう?

image
こちらは喫煙コーナーなのかしらは?
灰皿のようなものが置いてあるんだけれども。(未確認)
って、ただのインテリアなんだろうな。

相変わらず落ち着くし、美味しいし、

良いお店だと感じます。

もう数か月ぐらいしたら、

人気で入れないお店になっちゃうかもしれん。

結城に来たら外せないお店がまた増えました。

こういうお店が増えると嬉しいんだけどなぁ。

そして相変わらず、珈琲が好みの味でした。

オススメです。



image
【喫茶カヂノキ】

茨城県結城市結城397
営業時間 [平日] 11:00~17:00,
[土] 9:00~18:00,[日] 9:00~17:00
定休日:月曜
※現金のみ
https://www.facebook.com/kajinoki397/
https://www.instagram.com/kajinoki397/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田『カフェ・デ・プリマベーラ』のボルシチューかプリマムッシュかで大いに迷う。

image
ノアール・ブレンド 630円(税込)

平日しか開いていない神保町の『カフェ・デ・プリマベーラ』にやって参りました。

ずーっと気になっていたのですが、なかなかチャンスが無かったのですが、

本日は用事のついでに立ち寄ることが叶いました。

高齢のご夫婦で切り盛りされているお店で、

お二人の拘りが随所に見られます。

カウンターにででんと活けられたユリだったり、

テーブルの花だったり、壁の絵だったり、いろいろと。

来る前からボルシチューかプリマムッシュかで迷っていたのですが、

着いた時が暑かったので、後者を選択しました。

珈琲も迷った末に中間の濃さのブレンドを選択。

料理は奥様が、珈琲は旦那さんが担当しているみたいです。

奥様は話好きで結構フレンドリー。

珈琲も「たっぷり飲むでしょ」と言いつつ淹れてくれました。

普段の量が分からないので多いのか少ないのか分かりませんが、

大変満腹になりました。

image
プリマムッシュ(ハム・チーズ・りんご) 1,000円(税込)

image
人参が異様に美味しかった。
ジャガイモもブロッコリーも茹で加減が絶妙。
って、蒸してるのかな?

このプリマムッシュは見た目以上にボリューム満点です。

パンにスライスしたリンゴが挟まっているのですが、

ハムとバターの塩味が絶妙。チーズの蕩け感も良いです。

サービスで付いているバナナの蜂蜜掛けも良い!

バナナに拘りがあるのかなぁと思えるほど

食べごろのバナナ感があります。

これだけ食べてこの価格で良いのかな?

満腹だし、満足だし、とても気に入りました。

ちなみに写真は訊いてから撮りましたが、

後からテーブルの隅を見ると、

店内撮影お断り的なことが書いてありました。

おおぅ…。

快く承諾して貰えてヨカッタ…。

アーチ形の塗り天井、太い梁、入口のガラスなど、

内装も見応えがあります。(撮らなかったけど)

ほんと、拘りがスゴイ。

流石、神保町にある喫茶店だなあと感服致しました。

また是非、平日に再訪したいです。

暑くなる前にボルシチューを食べておきたいかも。



image
【カフェ・デ・プリマベーラ】

東京都千代田区神田猿楽町1-3-2 内田ビル1F
営業時間 11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:土曜、日曜、祝日
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『カフェポロン』のフルーツ入りのしっとりマフィン。

image

長らく気になっていた『カフェポロン』に入ってみることにしました。

2018年11月にオープンしたお店でして、ずーっと来れなかったんですよねぇ。

image
レトロなビルの一階の一部屋をリノベしているっぽい。

image
若い女性オーナーらしい独特の空気感があります。

image
テーブル席は2人がけ3席のみ。
ちょっと狭いです。

image
ここではマフィンを買うべきだろうと黒板をチェック。

image
お断りして写真を撮らせて頂きました。
(感染対策のビニールが天井からカーテンのように掛かっています)

image
目移りするほど、どれも魅力的。

image
特にこれなんかは絶対、間違いなく美味しいと思われる。

image
喉が渇いていたのでイートインスペースを利用することにしました。
プリンの文字、しかも数量限定という文字を見て即決。

image
イートインセットなるものがある。

image
気分は珈琲一択だったのですが、
後で「お店の雰囲気的にはハーブティーも良かったかも」
と思っちゃいました。

image
プリンと珈琲。
プリンの下に敷いているコースターが可愛い。

image
プリンは昔懐かしのかため食感でした。
上に載っているチェリーが良いアクセント。

image
食後はお盆を返却スペースに戻して退店。

どうしてもマフィンが食べたかったので、

テイクアウトしちゃいました。

image
左から、マンゴー、ゴルゴンゾーラ、レモンの3種。
※詳しい商品名は上の写真を見てください。

帰宅してからマフィンを食べてみましたが、

ぱさぱさしていなくて美味しい。

かたいマフィンがあまり得意ではないので、

これは好きだなと思いました。

軽いので、食べ終わっても喉が乾かないのもグッドです。

この辺りを散策することがあれば

次回もマフィンをテイクアウトしようと思います。





image
【カフェポロン】

東京都台東区谷中2-18-6
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜、水曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/pollon3956/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区水道町『CAFE 1 PART』はGW中も変わらぬ人気っぷり。

image

散策帰りに『CAFE 1 PART』に立ち寄って参りました。

意外と空いてる? と思ったら、

席空き待ちの人に電話で案内をしていたので、

今はそういうシステムになっているっぽい。

ワタクシは相も変わらずテイクアウトです。

image
お昼だけど、既に抹茶のテリーヌは完売。
抹茶繋がりってことでオススメされたのがバスクチーズケーキ。

image
ってことで、アイスコーヒーとセットで購入致しました。
セットだと若干安くなるっぽい。
100円引きだったっけ? ←定かではない

image
抹茶のバスクチーズケーキ。

この後、お客さんが続いていたので、

偶然、隙間時間に伺ったっぽい。

GW中も大人気ですなぁ。

ちなみに以前気に入って買いまくっていたプリンは、

「黒蜜プリン」と言うそうな。

最近は並ばなくなったアイテムですが、

再販を希望しているところです。

むっちりした食感で美味しいのよねぇ。

それはそうと、

本日はアイスコーヒーが美味しく感じられた気候でした。

風が爽やかで、大変過ごし易い。

良い季節だわ~。

おかげで昼寝が捗りました。

ゴールデンウイーク中に昼寝するって、

もしかしたら最高の贅沢かも。

明後日は仕事なので、

もう一日、全力でだらだらと過ごそうと思います。



image
【CAFE 1 PART(カフェ ワンパート)】

東京都新宿区水道町1-18
通常の営業時間 9:00〜17:00(イートイン16:30まで)
※開店時間が異なる日もあるためインスタを要確認
定休日:火曜、水曜(祝日の場合振替休日あり)
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
(楽天ペイには非対応っぽい)

https://www.instagram.com/cafe_1_part/
https://cafe-1-part.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

中央区佃『美食 腸食 brillant (ブリオン)』の今週のプレートを朝食代わりに食す。

image

佃島にある『美食 腸食 brillant (ブリオン)』で

朝食代わりにランチプレートを食して参りました。

image
発酵食品をメインとした和モダンカフェ、だそうです。
韓国風かき氷も食べられるんだそうな。

image
カウンター席には電源が付いていますし、Wi-Fiも使えます。

image
一階だけじゃなく、二階にも個室のテーブル席があるらしい。

image
今週のプレートのおしながき。

image
ママキの葉を使ったママキティー。

image
初めに出されたのは味噌汁でした。

image
なめ茸、舞茸、人参が入った具沢山なお味噌汁。
数滴ごま油が垂らされていました。

image
おかずが乗ったお盆が来たのでお味噌汁を乗せてみた。

image
箸置きがおにぎりを模していて可愛い。


image
大豆ミートボール。
大豆臭くなくて食べやすい。
柔らかい鶏肉?って感じ。

image
自分でも作ってみようと思った揚げ巻き焼き。
刻んだ新キャベツが入ってます。

image
たらこが塗してある新玉葱の炒め物。
真っ先にエイヤーッと食べました。
(魚卵が苦手なもんで)

image
野沢菜のおにぎり。
人が握ったおにぎりを久々に食べた気がする。

image
食後のドリンクはセットになっていますが、
+300円でマンゴーゼリーを付けて貰いました。

image
硬めのゼリーですが、これはこれでアリ。

丁寧に作っている感のあるプレートで気に入りました。

佃島では貴重な飲食店だと思えます。

若い娘さんが好みそうな雰囲気とメニューで、

実際、そんな感じの客層でした。

佃島散策の際にいかがでしょう?

image
隣の建物が格好良すぎて見惚れる。


image
【美食 腸食 brillant(ブリオン)】

東京都中央区佃1-2-1
営業時間 11:00~18:00
※GW(4/29~5/7)は10:00~17:00
定休日:月曜、火曜
※Suicaが使えます
https://brillanttsukudatok.wixsite.com/brillant
https://www.instagram.com/brillant_tsukuda/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区小石川『ナッティーズ カフ』のプリンが激ウマっ!

image

小石川植物園から移動して『ナッティーズ カフ』に立ち寄って参りました。

ここはパンケーキやプリンが人気の小ぢんまりしたカフェです。

先ずは入り口近くのカウンターで注文&支払いをするのですが、

パンケーキとプリンと珈琲にするか、

パンケーキかプリンに珈琲を付けるかで迷いまくりました。

image
カフェラテとプリン。

image
このプリンが激ウマで驚愕。
滑らかでカラメルが甘くなくほろ苦くて絶妙。
すぐに食べに再訪したくなる味でした。

image
カフェラテは普通に美味しい。

次回は是非ともパンケーキも食し、プリンも食し、

メニューを侵略していきたいと思います。

テイクアウトできるならプリンを持ち帰りたいぐらいよ、大量に。

それが出来ないと思われるので、気合を入れて歩きたくなったら

再訪しようと思います。

image
続きか気になる映画が流れていたけれど、タイトルは何だろう?


image
【ナッティーズ カフ】
NUTTY'S CAFF

東京都文京区小石川4-17-17
営業時間 10:00〜16:00 (L.O.15:30)
定休日:月曜、火曜、水曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/nuttyscafftokyo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区向丘『Rural Coffee』は"一杯のコーヒーで繋がる都市と地方"がコンセプトのカフェらしい。

image

千葉県民Tと二件目のカフェにやって参りました。

二件目はワタクシが選択。

先のカフェから割と近い住宅街にある『Rural Coffee』。

元は住宅だったんだろうか? 店舗だったんだろうか?

"一杯のコーヒーで繋がる都市と地方"がコンセプトだそうですが、

繋ぐ地方は愛媛県だそうです。

オーナーが学生時代に始められたカフェで(今も学生かも?)、

愛媛県の出身なんだとか。

この日はあまり種類がありませんでしたが、

野菜などの物販もしているそうです。

image
昭和建築をリノベした店舗は、なかなか興味深い造り。

image
愛媛と繋いでいるからミカンジュースが置いてあるんですね。

image
各種電子マネーが使えます。

image
スタッフさんはとてもフレンドリーな若者でした。
って、彼がオーナーだったりするんだろうか?

image
とりあえずカフェラテを選択。

image
コワーキングスペースにもなる店内。
誰かの部屋に来たみたいな雰囲気。
OSB構造用合板が剝きだしってところも興味深い。

image
千葉県民Tはアイスコーヒーをオーダーしてました。

千葉県民Tが珈琲を飲んで首を傾げていたので、

あまりお好みでは無かったのかもしれん。

次の目的地が違うので店前で解散したため、

感想を訊いてないけど。

先ほどの珈琲があの味で300円台だとすれば、

ここの珈琲はちょいとお高めかな? と感じました。

でも居心地は良さそうだし、

のんびりするには良いお店かも。



image
【Rural Coffee(ルーラルコーヒー)】

東京都文京区向丘1-16-17
営業時間 9:00~18:00
定休日:月曜
https://www.ruralfrontier.com/services/rural-coffee/
https://www.instagram.com/ruralcoffee2020/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区西片『River Coffee & Gallery』の珈琲が安い。

image

巣鴨に行くぞと思って歩いていたら、前方に千葉県民Tを発見。

近寄って訊いてみたところ、東大前のカフェに行くと仰るので、

同伴させていただくことにしました。

連れて行ってもらったのが『River Coffee & Gallery』。

それほど広くはないカフェです。

この日は企画のない日で閉まっていましたが、

ギャラリーもあるっぽい。

珈琲は300円からとお安めで、

あまり広くはないので長居は出来ない感じでした。

image
小ぢんまりしているものの雰囲気は悪くない。

image
カフェオレ 350円。
味は普通。

東大近辺にお洒落なカフェがあまり無いイメージなので、

ここは貴重な存在かもしれん。

中山道沿いなので立地も悪くありませんが、

二軒向こうにあるカフェは廃業してるっぽい。

学生さんが通学しないと難しいエリアだろうなと

ほんのり思いました。

この近辺を散策中に、ちょっと喉を潤したい時に丁度良いかも。



image
【River Coffee & Gallery】

東京都文京区西片2-21-6 紅谷ビル1F
営業時間 10:00~18:00
定休日:月曜
https://www.instagram.com/rivercoffeeandgallery/
https://rivercag.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区西早稲田『こはぜ珈琲 早稲田店』がワンオペで大変そうだった。

image

早稲田大学の近くにある『こはぜ珈琲 早稲田店』。

下北沢まで行くのは億劫なので、

早稲田店を利用することにしました。

手作り感のある内装で、なんだか落ち着きます。

自家焙煎のコーヒー豆が量り売りされていますが、

家で入れるのは面倒なので、ここで飲んでみることに。

image

入口で注文&支払いをし、受け取ってからはセルフサービス。

ってことが前の人の行動で理解できたので、

何を飲むか選ぶべく、入口に貼ってあるメニュー表を確認。

その安さが気のせいかと思ってガン見しちゃいました。

image
今どき、なんて良心的な価格なんだ。

image
ちょっとしたお菓子もリーズナブルです。

image
ふわふわカプチーノのチョイスしてみました。
確かにふわふわです。

学生の街ならではの価格なんでしょうね。

独立系では、ワタクシの生息圏ではちょっと見ないお値段だわ。

カップ一杯のコーヒーでのんびりしたい時に

ちょうど良いお店かもしれないなぁと思いつつ、

ここに居続けるには自分には若さが足りない気がして、

クイッと飲んでサッサと退店したワタクシです。



image
【こはぜ珈琲 早稲田店】

東京都新宿区西早稲田1-9-13
営業時間 [月~土]10:30~21:00,[日祝]11:00~19:00
定休日:不定
※現金のみ
https://www.instagram.com/wasedanocohaze/
https://www.cohaze-coffee.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区戸塚町『Uni.Shop & Cafe 125』という早稲田大学大隈講堂脇にあるカフェ。

image

早稲田大学のオフィシャルグッズショップ&カフェが大隈講堂脇にあります。

大熊庭園の端とも言える場所にあり、緑を見ながらのんびりできるスポットです。

本日は朝から早稲田大学の極一角に居たのですが、

目的のお店が開店前だったため、ここで珈琲を飲むことにしました。

image
早稲田ブレンド 300円

image
チーズと杏のタルトが400円でした。

懐に優しい価格で、学生さんのみならず近隣住民など、

様々な人が利用しているようです。

学生さん以外だと高齢男性が多い気もしました。

タイミングかもしれませんが。

軽食などもあるので散策中の小休止に良いかも。

もう少し暖かくなったら、

テラス席を利用すると心地よいかもなぁ。

image
ガチャも大学仕様。


image
【Uni.Shop & Cafe 125】

東京都新宿区戸塚町1-104 早稲田大学大隈講堂脇
営業時間 8:30~19:30
定休日:夏季、年末年始
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://unishop-cafe125.com/uni-cafe125/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

豊島区高田(早稲田)『iro』に桜が満開の頃に再訪したい。

image

新宿区か文京区だと思っていたら豊島区だったというエリアにあるのが、

桜並木が見えるお洒落カフェ『iro』。

かなり評判の良いカフェです。

美味しい珈琲や紅茶や中国茶などが飲めるらしい。

桜の季節がスタートしたので、散策がてら珈琲を飲みに向かいました。

都電の早稲田駅から近い場所にありますが、

ワタクシは最寄り停留所からバスで向かいました。

image
店内も落ち着いた雰囲気です。
席数はそれほどありませんが、左側にテラス席もあります。

image
トーストも美味しそうなんだけれども

image
今回はこちらのケーキが目当てなんです。

image
誰かと一緒ならこういうのも良いですね。

image
猛烈にコーヒーが飲みたかったので、こんな組合せにしました。

image
深煎りの珈琲はとても飲み易い。
そしてウィローパターンのカップ&ソーサーが渋いです。

image
お皿の上の一つ一つに拘りを感じます。
プルーンが柔らかくて美味しく、売って欲しいと思いました。
クリームに一瞬ココナッツを感じた。

image
開口部から桜並木が見えます。
まだ咲いていないけれど、咲いていればさぞかし…。

会計時に桜のペーパーナフキンを頂きました。

今の時期ゆえの柄っぽい。

隣に続くショップで取り扱っているものなのかも。

良い場所に良い感じであるカフェ。

隠れ家感もあり、とても気に入りました。

本当は桜が咲いている時に再訪したいけれど、

たぶん混むと思うので、頃合いを見計らって再訪したいです。

image

image
椿山荘も混むだろうなぁ。


image
【iro(イロ)】

東京都豊島区高田1-6-9
(東京さくらトラム(都電荒川線) 早稲田駅下車徒歩2分)
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:00)
定休日:月曜
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.irocoffeeandtea.com/
https://www.instagram.com/iro_coffeeandtea/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿御苑『スターバックスコーヒー 新宿御苑店』の外で桜を眺めてぼーっとする。(鳥注意)

image

外出日和! 歩かねば! 年パスを使わねば! ってことで、

久しぶりに新宿御苑内にあるスタバにやって参りました。

9時開苑だと思っていたのですが、それより前に入れるんですね。

毎度よく分からん入苑時間だと思いながら前回作った年パスを提示。

苑内のスタバに着く頃に、9時ぐらいになっていました。

良い気候なので店内ではなく店外で飲むことにして、

まあまあ悪くないタイミングだったので、桜ラテを注文しました。

桜を見つつ、桜ラテを飲もうかな、と。

image
店舗前にある寒桜っぽいものが咲いていました。

image
来週はテイクアウトのみになるらしい。

image
窓ガラスに描かれた桜の樹も春らしくて善き哉。

image
店内から桜を見るとこんな感じ。

image
「さくら 咲いた ミルク ラテ」
持参のリユーザブルカップに入れて貰いました。

image
外のベンチに着く頃には桜が溶ける。

image
対岸に寒緋桜が咲いていたので、それを眺める。

image
ちょっと遠いけど。

image
平日の早朝だとスタバ店舗前の桜をベンチに座って独占できるんだろうなぁ。

image
ちなみにこの桜には大量のヒヨドリらしき鳥が飛び交っておりました。

image
image
image
image
image
もしかしてツグミなのか?

image
別の樹に泊まっていたコチラはツグミでいいのよね?

明日の気温は24℃になるらしい。

そしてその後も20℃台をキープするらしい。

あっという間に春ですなぁ。

今年の桜の開花予想日(※)は3月21日らしいのだけれど、

もしかしたら三連休初日から楽しめるかもなぁ。

(※10日発表での予想です)

image
まだ蕾は堅そうです。


◆2022年3月19日(土)~4月10日(日)の入苑は事前予約制です

image
【スターバックスコーヒー 新宿御苑店】

東京都新宿区内藤町11 新宿御苑内
営業時間 9:00~16:30
定休日:月曜
https://store.starbucks.co.jp/detail-1838/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

千代田区丸の内『東京會舘 ロッシニテラス』でアイスコーヒーをがぶ飲み。

image

移動で三田線に乗っていたため、

そのまま日比谷まで行き、東京會舘に立ち寄って参りました。

猛烈に喉が渇いていたため、

がぶがぶ飲み物が飲める場所に行きたかったのです。

東京會舘に入り、ロッシニテラス入口で入れるか尋ねたところ、

ちょうどキャンセルが出たとのことで、その席に案内されました。

喉が渇いているため、食べ物よりも何かが飲みたい。

軽食っぽいものなら良いかなと思い、

クラブハウスサンドセットを注文しました。

image
もともとトマトが入っているかは知りませんが、
トマト抜きで注文しました。

image
肉肉しいビジュアルになって居ります。
味も肉肉しいんですけど。

迷ってホットではなくアイスコーヒーにしましたが、

喉が渇いていたためアイスコーヒーで正解でした。

いつもならば一杯で丁度良いぐらいですが、

今日はお代わりもあっという間に飲み干してしまいました。

恐るべし副反応。

結局帰宅後も水分を取りまくり、ようやく落ち着いたのが18時頃。

身体の中で何が起こっているのか、少し気になります。

image
そういえば雛祭りは今週でしたね。


image
【東京會舘 ロッシニテラス】
Rossini Terrace

東京都千代田区丸の内3-2-1 東京會舘本舘1F
営業時間 [平日]11:30~21:00,[土日祝]11:00~21:00

※Suicaが使えます
https://www.kaikan.co.jp/
https://www.instagram.com/tokyokaikan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋横山町『PARLORS(パーラーズ)』は割と居心地がいいコーヒースタンド。

image

昨年10月にオープンしたという『PARLORS(パーラーズ)』。

7階建ての1棟をまるごとリノベーションした

シェアオフィス「MIDORI.so(みどり荘)」の一階にあります。

MIDORI.soとしては4拠点目で、東京の東側エリアへは初進出となる。
1階にはコーヒースタンドや、地域のコンテクストを踏まえたアップサイクルスタジオを併設。2階から6階は、ラウンジ、オフィス、キッチンに加え、ギャラリースペースを設置する。屋上には「MIDORI.so Omotesando」で運営していた、ゼロウェイストの実現を目指す「パーマカルチャーガーデン」の引越しを予定している。
1階に出店するコーヒースタンドは、泊まれる本屋「ブックアンドベッドトウキョウ(BOOK AND BED TOKYO)」と、ニュージーランド発のコーヒーロースター「コーヒースプリーム(Coffee Supreme)」による新業態店舗「パーラーズ(Parlor’s)」で、食、音楽、アート、人、などが交流する地域のハブ的な存在を目指すという。
出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-08-12/midoriso-bakuroyokoyama/

朝8時から開いているため使い勝手の良いカフェでして、

本日はここで腹ごしらえをしてから電車に乗ることにしました。

何かフード類も欲しいなぁと思ったところに目に入るドーナツ。

これは待ち時間が短くて良いかもと思い、ラテとドーナツを選択しました。

image
ラテとシュガードーナツ。
シュガードーナツはフワフワで軽い食べ心地です。
ラテもたっぷり入っていて善き哉。

image
オーナーさんの好きなもので飾られている店内。
雰囲気的に男性客が多いのかと思いきや、客層は多様っぽい。

コーティングされた砂糖が溶けない程度に温められたドーナツ。

だからフワフワなのか。

飲み易い温度のラテも良い感じです。

この辺りは足を運んだことのないエリアですが、

小さなホテルやカフェ、問屋など、

何か発見がありそうな街かもしれない気がします。

ちょっと歩けば浅草橋なので、

次回は「柳ばし 小松屋」まで歩いてみようかな。



image
【PARLORS(パーラーズ)】

東京都中央区日本橋横山町5-13 MIDORI.so 1F
営業時間 8:00〜19:00
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/parlors_tokyo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田駿河台『山の上ホテル コーヒーパーラー ヒルトップ』の苺のババロア。

image

山の上ホテルに2月末までの期間限定で苺のババロアがあるため、

ずーっと「行きたいなぁ」と思い続けておりました。

今は11:30からの営業スタートでランチタイムにスイーツ類は頼みにくい。

とか言いつつ、とりあえず訊いてダメならサンドイッチを食べりゃいいやと思い

昼時にサクッと行って参りました。

訊くと、すんなりOKを貰えました。

image
苺のババロア 1,210円(税込)
昔ながらのババロアって感じ。


image
何だかプリンが食べたくなったので、一階のショップへ。

image
魅力的なケーキが並んでいましたが、迷わずプリンを購入しました。

image
とか言いつつ、シュークリームも買っておく。

image
と買いつつ、レモンケーキも買っておく。

午後から雨が降るらしいし、明日も雨らしいし、

明日は設備点検で休みの複合施設が複数あるし、

出かけないかもしれないから良いよね?

などと言い訳をしつつ、甘いものを買ってしまいました。

image
ショップの紙袋が、ワタクシ的にはかなりツボ。
ケーキの箱に掛ける紙は原稿用紙を模しているし。

ああ、泊まってみたいわぁ~と、ここに来る度に思うのですが、

割と足を運ぶエリアなので非日常感は得られない気もする。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築に泊まれるのは魅力なので、

いつかはエイヤーッと泊まってみようと思います。

文豪気分を味わうべく、何か書いてみようかな?

という妄想は毎度している。



image
【山の上ホテル コーヒーパーラー ヒルトップ】

東京都千代田区神田駿河台1-1
現在の営業時間 11:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:無休
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/yamanouehotel/
https://www.yamanoue-hotel.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋兜町『KNAG(ナグ)』はかなり居心地の良いコミュニティカフェ。

image

2021年12月6日にオープンしたコミュニティカフェ『KNAG(ナグ)』。



行きたいとは思っていたのですが、今日まで機会がありませんでした。

兜町ってワタクシにとっては縁が無くて、

日本橋でも少し遠いイメージがあったんですよねぇ。

本日このカフェを目的地に定めて足を運んで見たところ、

ウチから東西線一本で行けるし、茅場町駅から直ぐだし、

とても行きやすい場所なんだと認識することができました。

帰りはメトロリンク日本橋(無料バス)のバス停が斜向かいにあるので、

日本橋高島屋まで一駅乗れば東京駅まで行くのも簡単で便利かもしれん。

その点でも、とても気に入りました。

何より気に入ったのがその店内。

木材を使った内装は温かみがあって、かなり落ち着きます。

image

3席ある一人席はブース型でコンセントもあって、

仕事するにも便利そう。

一言で言えば、居心地が良い。

外観からは想像できない内容でした。

image
[

image
ラテのマグはバラバラみたい。
どんなマグに入ってくるのかを楽しめるかも。
そして美味しい。

image
ランチには早かったので、気になったチーズケーキを選択。
これが予想外に美味しくて、他のメニューも気になりました。

どうやらここは、フード類も評判のようです。

ランチ時に来てプレートを頼んでみたいなぁ。

混みそうで座席を確保するのが大変そうだけれど。

オシャレカフェだからか、多分店内でワタクシが一番年長だったかも。

でも良いよね、ここはコミュニティカフェなんだし。

わざわざここまでやって来ましたが、来て良かったです。

これから兜町は、要注目エリアかも。

image
現金は使えないカフェなので要注意です。


image
【KNAG(ナグ)】

東京都中央区日本橋兜町7-1 KABUTO ONE 1F
(東京メトロ東西線 茅場町駅10番出口)
営業時間 8:00〜20:00,[土日祝] 10:00〜20:00
※Suicaが使えます
※現金使用不可
https://knag.jp/
https://www.instagram.com/knag_kabutocho/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。