sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

珈琲

神奈川県小田原市『ANBOS COFFEE ROASTER(アンボス コーヒー ロースター)』がいい感じ。

image

2023年12月8日にオープンしたという『ANBOS COFFEE ROASTER』。

これは行ってみなければと思い、立ち寄って参りました。

image
ちょっとよく分からなかったのでお店の方に好みを伝えてみる。

image
店の入り口には焙煎前っぽい豆が並んでいました。

image
母がケニアの豆を、ワタクシはインドネシアの豆を選択。

image
良い香りだし、カップの形的にも飲み易い。

image
サービスで付いて来た飴がけのアーモンドが珈琲に良く合います。


いい雰囲気だし、珈琲も美味しい。

ゆえに桜の季節は観光客で混むんだろうなぁと予想されます。

散策中に美味しい珈琲が飲みたくなった時に覚えておきたいお店です。



image
【ANBOS COFFEE ROASTER(アンボス コーヒー ロースター)】

神奈川県小田原市南町2-1-6
営業時間 [月水木]9:00~18:00,[金土]9:00~20:00,[日]8:00~18:00
定休日:火曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/anbos_coffee_roaster


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『箱根口ガレージ 報徳広場』でひとやすみ。

image

報徳二宮神社境内にある「きんじろうカフェ」の姉妹店が

箱根口ガレージ内にあります。

その名も「きんじろう CAFE&GRILL」。

あんぱんを購入した後にそこでひとやすみすることにしました。

image
隣が小さな公園(報徳広場)になっているからか
ソフトクリームのテイクアウトも出来るっぽい。

image
ランチメニューの一部はこんな感じ。

image
ケーキ類を注文するとちょいデコレーションしてくれるサービスがあるそうです。
200円追加で花を散らしてもくれるらしい。

image
でもプリンを選んでおく。

image
ちょっと迷ったのがレモンケーキ。
小さいのでやめといた。

image
きんじろうプリン 407円(税込)、カフェラテ 605円(税込)。

image
報徳二宮神社カフェラテには金次郎のラテアートが付いていますが、
ここはラテアートなしになっています。

image
二宮金次郎(二宮尊徳)で溢れています。
小田原随一の有名人ですもんね。


image
台の下は缶になっていてカトラリーが入る仕様。

image
母が注文した杏仁豆腐は可愛らしく花が散らしてあります。

image
入口では花などの販売もしているようでした。

image
良く見なかったので違うかもしれんけど。

座席数は多いし、お手洗いは綺麗だしで、

ちょい休憩には丁度良いかもしれません。

カフェラテは味からすれば少々お高めだと感じましたが。

プリンは美味しかったです。

立地が良いので車利用の方々には良いお店かも。

image
電子マネーやQRコード決済ができます。


image
【箱根口ガレージ】
Hakone-guchi Garage

神奈川県小田原市南町2-1-60
営業時間 10:00~17:00
[cafe]10:00~11:00,[lunch]11:00~14:30(L.O 14:00),14:00~17:00(L.O 16:30)
定休日:不定
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.hotoku.co.jp/hakone-guchi-garage/
https://www.instagram.com/hakoneguchi_garage


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『花重谷中茶屋』という登録有形文化財に指定されている建物脇につくられたカフェ。

image

明治3年創業の花屋「花重本店(はなじゅうほんてん)」。

登録有形文化財に指定されている建物ですが、

2023年7月22日にカフェが併設されたので、本日覗きに行って参りました。

カフェは先日「みんなの建築大賞」のベスト10に選出されたそうです。

image
重厚な瓦屋根の建物が文化財に指定されている花屋です。

image
屋根の丸瓦にも店名があります。

image
倉庫だった場所が奥のカフェへのアプローチになっています。

image
テイクアウトする場合、ここで待つのかも?

image
コンクリート洗い出しの通路と鉄骨の架構。

image
鉄骨の架構にはテント地のシェードが掛かっています。

image
サイドの植え込みに先日の雪の名残。
こんなに融け残っているんですね。

image
半屋外のイートインスペース。

image
2階バルコニーにも座席があるようです。

image
店内へ。
さつまポタージュが気になる。

image
木材と同色の鉄骨が入り混じる構造。
ガラスを多用しているので外との境界が曖昧です。

image
1階から天井を見上げてみる。

image
花屋さんが本業なので店内に生花やドライフラワーが飾られています。

image
店内からも花束が買えるっぽい。

image
お水はセルフサービス。

image
店内メニューはこちら。
右側から目が離せない。

image
珈琲は大きめのマグにたっぷりと。
一杯400円は良心的な気がする。

image
つぼ焼いもブリュレ 800円(税別)
少し時間を要するメニューのようです。

image
アイスクリームが添えてあります。右上は塩。

image
合計1,320円(税込)。

image
とても甘い焼き芋です。
ブリュレ感は少なめかも。

image
マグカップは販売もしているようです。

image
決済もセルフで。
電子マネーなども使えます。

皆さん熱心に写真を撮って居られるので、建築好きなのかも。

妙な仲間意識が芽生えそうでした。

ここで焼き芋を食べたことにより家で焼き芋が作りたくなりました。

炊飯ジャーでちょちょいと作れないかな?





image
【cafe&bar 花重谷中茶屋】
HANAJU-YANAKA-CAFE

東京都台東区谷中7-5-27 谷中霊園前
営業時間 10:00~17:00(L.O.food 16:15,drink 16:30)
※不定期で20:00までの営業日あり
定休日:火曜、第4水曜
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/hanaju_yanaka_chaya


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋室町2丁目『ミッシェルバッハ 日本橋』がいつの間にかオープンしていた。

image

兵庫県の夙川にある人気洋菓子店「ミッシェルバッハ」が

昨年4月2日、箔坐日本橋内にショップを出したと今更ですが知りまして、

朝から覗きに行って参りました。

image
カウンター席、二人用テーブル席一つ、大きなテーブル席があります。

image
メニューの中から今日あるものを説明して貰いました。

image
どんな味だか見た目では分からないケーキが店内利用で食べられます。
こちらのテイクアウトはできないっぽい。

image
試しにマカロンを買ってみました。
日持ちは5日間ほど。

image
焼菓子などもあります。
左側二種は日本橋店独自のものだそうです。
(夙川には無いらしい)

image
NICE(ニース)というケーキとカフェオレを選択。
オレンジムースとレモンクリームにココナッツが付いたケーキです。
ココナッツは苦手ですが、レモンクリームが美味しかった。

image
焼菓子2種とマカロンはこんな箱に入っています。
焼菓子は誕生日プレゼント用に購入。

image
今日購入しても二週間ほどは保つみたい。

クッキーローゼを買いたいなぁと思っているのですが、

ここでの入手はなかなか困難らしいです。

定期的ではなく月に一度の販売も固定日ではなく

販売前日にSNSで告知するのだとか。

そしてそれを買い求める人は

朝6時前に並んで整理券を入手するんですって。

image

気合いが要るなんてもんじゃないですね。

早朝起床は楽勝だけれど並んで待つことに自信なし。

でもいつかは、思い出の味を入手したいかも~。

image
マカロンはこんな感じ。

image
中央部分が分厚めで食べ応えあり。
割と美味しいと思う。


image
【ミッシェルバッハ 日本橋】

東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1_1F 箔座日本橋
営業時間 11:00~19:00
定休日:不定
※現金不可
※VISA,Mastercard,AMERICANEXPRESS,Dinersclub,JCB,
Quicpay,iD,交通系icカードの利用可

https://www.instagram.com/michelbach_nihonbashi/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区上野『珈琲処ボナール』で珈琲を飲みつつひとやすみして花をいただく。

image

アメ横で買いたいものがあるという母と一緒に

上野御徒町まで行って参りました。

以前アメ横のお店で教えてもらった喫茶店が良かったイメージがあるという母。

折角なので、そのお店に行ってみることにしました。

台東区立黒門児童遊園前にある『珈琲処ボナール』がそのお店だそうで、

珈琲はお高いのだけれど雰囲気は良い、という母の感想通りの印象でした。

image
珈琲一杯よりもケーキセットの方がお得感があるためそちらを選択。

image
選んだのはチーズケーキ。
花が添えてあって可愛らしい。

image
こちらが母に出されたお皿だったのですが、
上の花柄のお皿が母の好みでこちらがワタクシの好みなので交換致しました。

image
珈琲はカフェオレウィンナを選択。

座る席に次第でお店の印象は変わりそう。

平日の二階席は喫煙席になるようですが、

土日祝日は全席禁煙になっているため割と快適でした。

注文した品が出てくるまでの間、

(オマケハンターの血が騒ぎ)

気になっていた入口の花について質問したところ

無料で配布しているので宜しければどうぞと言われたので

お言葉に甘えて残り一つだったそれを頂戴しました。

一つしか無くてすみません的な事を言われたのですが、

我々の帰り間際に同様の花が追加で用意され、

ワタクシが離席している間に母が一つ選ばせて貰ったらしく

席に戻ったら持ち帰りの花が増えていました。

image
帰宅後にビニールから取り出したらパンジーでした。

image
残り一つだったのがこちらで

image
後から母が選んだのがこちら。

聞くところによるとオーナーの奥様が育てている花なんだとか。

定期的に配布するらしく、今日がその日だったようです。

(どういうタイミングで配布するのかは謎)

花をこんなに綺麗に育てられる(増やせる)なんて、

奥様は緑の手を持って居られるんだなぁと、羨ましくなりました。

マメではないワタクシは、

頂いた花を綺麗なまま維持できるのか自信がありませんが、

家に花は欲しい派なので、頂いた花を日々愛でようと思っています。

ワタクシの滞在中は花に気付いていない人ばかりだったので、

知る人ぞ知るサービスなのかも。



image
【珈琲処ボナール】

東京都台東区上野1-18-11
営業時間 11:00~22:00 ,[日祝] 11:00~20:00
定休日:無休
https://bonnard.ikidane.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂3丁目『syzygy (シジジー)』はこの年末年始も営業している隠れ家的カフェ。

image

2023年10月16日(月)にオープンしたというカフェ『syzygy』。

芸者新道(げいしゃしんどう)にある隠れ家的カフェです。

通りすがりだと分かり難い場所にあるかも。

image
毘沙門さま(善國寺)を起点にする場合

image
神楽坂通りから本多横丁に入り

image
芸者新道を入って割とすぐ、右手のビル内にあります。

image
この階段が目印。

image
階段を上がったら奥から二つめにあるお店が目的地です。
(外観は一番上の写真になります)

image
通りに面した手前のお店は今日で閉店してしまうらしい。

image
『syzygy (シジジー)』の入口はこちら。
引手がちょっと面白い、この白い引き戸を開けます。
貼ってあるのは年末年始の営業時間です。

image
コンクリート打ち放しのシンプルな内装が特徴。

image
三種類ほど焼菓子もありました。

image
ドリンクメニューはこんな感じ。

image
ラテとカヌレを注文。計900円なり。

image
ラテはなめらかで大変美味しいです。
かなり好きな味かも。

image
平たい形状ですがカヌれです。
一番人気のようでこちらがラスイチでした。

気になっていたもののタイミングが合わず見送り続けておりましたが、

年末年始も休まず営業していると知り覗きに行ってみたところ

隠れ家的立地ゆえの静けさと、シンプルな内装と美味しいラテに遭遇し

これは通っちゃうかもと思いました。

何よりラテが美味しいです。

年末年始も営業しているところがなお良し。

テイクアウトが主流しで席は3つしかありませんが

神楽坂に初詣に来て珈琲が飲みたくなった時にオススメです。

image
初詣で賑わう毘沙門さま(善國寺)から近いところにありますしね。


image
【syzygy(シジジー)】

東京都新宿区神楽坂3-2-33 芸者新道Rosy
営業時間 11:00~19:00
定休日:Instagramで告知
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/syzygy_coffee_/
https://lit.link/syzygy


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区改代町『on the Corner』は全席喫煙可なので店外で珈琲をいただく。

image

全席喫煙可ゆえにオジサマ方に絶大な人気を誇る『on the Corner』。

ウエスタン風の外観と、

オリジナルドリンクの「ブラックカルピス」が気になる喫茶店です。

気管が弱いため副流煙にも弱いワタクシ。

でも一度は中を見てみたいと思っていたため、

休憩がてら珈琲を飲むことにしました。

外で。

扉を開けて外で飲みたい旨を告げて着席。

暫くするとお冷を持ってきてくれるので注文。

また暫くすると注文した品物と伝票が置かれるので、

飲み終わったら中で会計をする仕組み、っぽい。

image
12月なのに全く寒くないため外利用もへっちゃらです。
ただし時々タバコの臭いは何処からともなく漂ってくる。
※店内はタバコの臭いが充満しております。

image
豊富なドリンク類から無難なものを選んでみました。

image
ウィンナ・オ・レ 650円

寒くない陽気で大変助かりました。

店内だと音楽が聴けるのでしょうけれど、しゃーない。

愛煙家の憩いの場という感じで、なかなか面白そうでした。

長らく気になっていた内容が分かって、少し楽しかったです。

折角だからブラックカルピスを試せばよかったかも。



image
【on the Corner】
コーヒーハウス オン・ザ・コーナー

東京都新宿区改代町27
営業時間 8:00~20:00
定休日:月曜、日曜、祝日
※現金のみ
https://www.facebook.com/ontheCorner.kd2


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新潟県新潟市『炭火焙煎珈琲きらり』のコーヒーゼリー、再び。

image

最近のお気に入りなので母を連れて『炭火焙煎珈琲きらり』へ。

ランチタイムに入ったもんで「コーヒーしかありませんが」と言われたため、

コーヒーゼリーについて尋ねたところ「ある」ということなので着席し、

コーヒーゼリーとブレンドコーヒーを注文いたしました。。

image
いつも常連さんが座っている席には誰もいませんでした。この時は。

image
大倉陶園のカップ&ソーサーで出てくるブレンドコーヒー。
カップがめっちゃ可愛いです。

image
ソーサーも可愛い。

image
コーヒーゼリーも出てきましたが、
こうして見ると珈琲を二杯飲んでいる二人にも見える。

image
コーヒーゼリーが入ったカップも可愛い。

image
そうそう、これこれ。
と思いながら美味しく頂きました。

大倉陶園のカップ&ソーサーで出されるコーヒーゼリーはインパクト大。

誰かに見せたくなります。

この後、母をここに残してダッシュで買い物に向かいましたが、

お店に戻ってきたら常連さん達で賑わっていました。

母に聞いたところ、

昨日の雪が大変だったよねって話で盛り上がっていたそうです。

いいなぁ。

年をとったら行きつけの喫茶店でダラダラ話す常連になりたい。

ワタクシ的にはちょっと老い先の妄想が捗りそうな、

良い感じのお店です。





image
【炭火焙煎珈琲きらり】

新潟県新潟市中央区本町通6番町1113
営業時間 [月~土] 7:00~16:00, [日祝] 9:00~15:00
定休日:不定


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区神田駿河台『山の上ホテル』の山の上ロール。

image

建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した『山の上ホテル』。

昔からワタクシの憧れのホテルでした。

近いのでわざわざ泊ったことは無いけれど、

休業になる前に一度泊まれば良かったなぁとほんのり思っています。



休業がニュースになってから日々混んでいるそうですが、

土曜日の今日は特に混んでいるだろうと思いながらも

近くまで来たもんで足を向けてみました。

image

良く考えたらこの急坂を上ったことは一度しか無いかも。

いつもは明大の裏側から入っております。

image
この姿もしばらく見納めになるのかも。

image
案の定、写真を撮る人々で混んでいました。

image
エントランスにはクリスマスツリーが飾ってあります。

image
東京で一番好きな階段かもしれない。

image
タイルがとても凝っていて美しいです。

image
一度地下から上まで上ってみたかった。

image
地下フロアに敷き詰められたモザイクタイル。
白なんだけれどいろんな色があります。

image
階段の踊り場から上階を見上げてみる。

image
地下のクリスマス装飾。

image
地下の飲食店はどこも人でいっぱいのようでした。

image
壁面上部を飾るタイル。

image
そんなに遅い時間ではないのに売り切れているケーキもありました。

image
持ち運びが簡単なロールケーキを買ってみた。

image
買おうか迷ったのがこちらのランドリーバッグ。
旅行に良いかもと思って。

休業前に宿泊者以外のホテルツアーがあれば良いのになぁ。

細かく建物を見てみたかったです。残念。

もう一度来る機会があれば最後に中華料理店に入ってみたい。

image
テイクアウトのお弁当もいいかもしれない。



image
【山の上ホテル】

東京都千代田区神田駿河台1-1
現在の営業時間 11:30~16:00
https://www.instagram.com/yamanouehotel/
https://www.yamanoue-hotel.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

長野県松本市『珈琲 まるも』でひとやすみ。

image

松本といえば名水。湧き水給水スポットが複数あり、

きっとこの地の飲み物は美味しいだろうと想像しておりました。

確かにお店で初めに出されるお冷が美味しい。



ということで、珈琲を飲むべく

昭和31年創業の『珈琲 まるも』で一休みすることにしました。

image
母と待ち合わせするため入り口付近の席を選択。

image
垣間見える内装はこんな感じ。

image
アドバイスに従いマンデリンを選択。
一杯900円(税込)。
渋めで酸味あり。

image
伝票の裏の説明書きがいい。

珈琲が特別美味しいというわけではないけれど、

雰囲気が良いため居心地も良い。客層も年齢層が高め。

休憩スポットとしては使い勝手の良いお店かも。

image
マッチがいい感じだったので記念に頂きました。


image
【珈琲 まるも】

長野県松本市中央3-3-10
営業時間 9:00~16:00(L.O.15:30)
定休日:月曜、火曜
※現金のみ
https://nakamachi.org/shopmember/marumo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区水道町『CAFE 1 PART』で「白いアレ」を食べる。

image

結構な人気店になってしまった『CAFE 1 PART』。

開発中から気になっていた「白いアレ」が先行販売されると知り、

朝からいそいそと江戸川橋方面まで行って参りました。

image
ショーケースには並んでおりません。

入口で注文&支払いをする際に「白いアレ」を注文。

今日の限定数が何個かはわかりませんが

ワタクシが居る間に注文している人は居ませんでした。

ゆっくり来ても食べられたのか? と思うも、

店内限定品の上、殆どの席が予約で埋まっているため

やっぱりハードルは高かったのかも。

image
純白のチーズテリーヌ 800円(税込)
ものすごーく滑らかな舌触りでした。

「白いアレ」は大人気のテリーヌに似た形状ですが、

舌に乗った時の消え方が絶妙なレアチーズケーキでした。

めちゃくちゃ美味しい。

溶けてしまうからか今のところはイートインでしか食べられないようです。

今のところは、と言いつつも毎日出るものでは無いと思うので

SNSで翌日のラインナップを確認し続ける方が確実です。

そして早めの時間帯の座席予約をしておく方が無難かも。

気になっていたものが食べられたので、朝から大変満足できました。

店内に入れないかな? という不安がありながらも行って良かったです。



image
【CAFE 1 PART(カフェワンパート)】

東京都新宿区水道町2-3 星川ビル1F
営業時間 10:00~17:00
定休日:Instagram要確認
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.instagram.com/cafe_1_part/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

山梨県甲府市『寺崎コーヒー』の入店者の身幅制限がありそうな狭い入口が印象的。

image

甲府のカフェといえば『寺崎コーヒー』。

そんなイメージがワタクシにはあるのですが、

それは2021年に行った二号店の印象が良かったから。



二号店であんなに印象が良かったのなら、

本店は如何ばかりか。

そう思って今回はこちらに足を運んでみました。

image
焙煎室があり、その先にカフェの入口があります。

image
こちらがカフェの入口。
先ずは注文と支払いをこちらで済ませます。

image
レモンケーキがラス1だったのでそれを選択。
ドリンクはダブルショットのラテにしました。
千円出して数十円お釣りが来た気がする。

image
イートインスペースは一階屋内だけでなく、二階と店の外にもあります。

image
こちらが一階のイートインスペース。
部屋の中央にテーブルがあり、それを囲んで座ります。

image
レモンケーキとラテ。
レモンケーキはもう少ししっとりしている方が好みだけれど、
飲み物に合わせた湿度なのかも?

image
ドリンクは割とたっぷりと入っていました。
image
カトラリーが面白い。

ロジ(二号店)の方がスイーツ類が充実しているかも。

こちらは純粋に珈琲を愉しむお店のような気がします。

暑くも無く寒くも無い日なら、外の席で過ごすのも良いかも。



image
【寺崎コーヒー】

山梨県甲府市丸の内1-20-22
営業時間 7:30~18:00,[土日] 10:00~18:00
定休日:Instagram要確認
※PayPayが使えます(電子マネー不可)
https://www.instagram.com/terasakicoffee/
https://terasakicoffee.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区若葉『珈琲日記 四ツ谷店』を利用するなら予約をした方が良いかも。

image

2016年表参道にて創業し、四ツ谷に移転したという『珈琲日記』。

(その前は神奈川県横浜市にて別の店名で営業していたらしい)

自家焙煎のコーヒーとインド・スリランカ紅茶が味わえます。

建物外壁がスクラッチタイル貼りの重厚な造りで、

レトロ感すらあるのですが、竣工は1990年(平成2年)だそうです。

良い雰囲気だなと外観からして思ったのですが、内装は割とシンプルでした。

店内利用を目論んでいたものの予約で埋まっていて入れず、

空き時間を示されたもののその時間に再訪する気にならず、

結局は物販利用に留めました。

image
全面スクラッチタイル貼りだなんて贅沢ですねぇ。

image
お子様は入店不可のようです。
まあ、店内はとても静かですしね。

image
珈琲のみならずスイーツ類も人気らしいです。

image
手前も坂ですが、道の向こうも坂。
つまりは谷間にあります。

image
こちらがこの日購入したもの。
左が紅茶(茶葉10gで340円)で右がスコーン。
スコーンは594円(税込)と約600円もする代物です。

テイクアウトでこの価格ってことは店内利用はそれなりなのかも。

四谷三丁目駅からもほどほどに距離がありますが、

スタッフさんは感じの良い方ばかりで居心地は悪くなさそうでした。

絶対に再訪するぞと意気込み溢れる日に、

空き状況を電話確認してからチャレンジしようと思います。




image
【珈琲日記 四ツ谷店】

東京都新宿区若葉2-7-1 ビデオフォーカスビル1F
営業時間 9:00~17:00(L.O.16:30)
※利用可能時間90分
※1組4名まで(中学生以上)

定休日:月曜、不定休あり
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/coffee_nikki/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

墨田区業平『しげの珈琲工房』の珈琲が異様に美味しかった。

image

押上駅から歩いている途中で発見したのが直火焙煎珈琲店『しげの珈琲工房』。

ちょうど美味しい珈琲が飲みたい気分だったので立ち寄ってみることにしました。

カウンター席があるものの店内には客が居らず、

念のため店内利用ができるかを訊いたところ是の回答を得たので中へ。

珈琲についてはよく分かっていない旨を初めに伝え、

酸味のない珈琲を希望してみました。

で、選んで貰った豆がこちらです。

image
ラベルにある色付きの豆の数は、ざっくりと苦味を表しているっぽい。

image
豆を挽いてペーパードリップで抽出。
めっちゃ丁寧で珈琲豆への愛情を感じる。
飲んだらかなり好みの味でした。

image
値段を訊かなかったけれどたぶん600円だと思われます。

image
珈琲豆が並ぶ棚の下にあった珈琲豆の袋を再利用した巾着。
気になったので一つ購入。(トートバッグもありました)
念のために申せば絵の動物はロバです。
(象と見間違う人が居るそうな)

image
思ったよりも丁寧な作り。
たぶん価格は550円(税込)だろうと思われます。

マスクを着用していたのですが、

退店後もずーっとマスクの中で珈琲の余韻を感じました。

美味しい珈琲は飲んだ後も美味しいんですな。

強い拘りを感じたので、次回は紅茶を注文してみたいです。

image
ほおずきが入ったこの瓶がめっちゃ綺麗で気になりました。
どうやって作っているんだろう?


image
【しげの珈琲工房】

東京都墨田区業平2-11-4
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:40)
定休日:水曜
http://r.goope.jp/shigenocoffee/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区関口『JIZO CAFE』の珈琲が美味しい。

image

地蔵通り商店街にある『JIZO CAFE』。

以前より気になってはいたのですが、なかなか立ち寄る機会がありませんでした。

今回、少しだけ時間があったので、サクッと入ってみたところ、

お店は小さいながらもコーヒー豆へのこだわりが詰まった良いお店だったので、

美味しい珈琲が飲みたくなったら再訪しようと思っています。

image
豆の種類が豊富で、一杯を選ぶのにかなり迷った。

価格帯は550円とか600円とかそんな感じ。

ケーキセットだと千円弱かと思われます。

店内で飲む人の他、豆を買いに来るお客さんも居て、

地元に愛される焙煎珈琲店だという印象を抱きました。

香りだけでも美味しい珈琲が飲めたので、

次回は上から順番に試してみようと思っています。

近年、この辺りはカフェが急増していますが、

個人的にラテじゃない気分の時にはココが良いかも。



image
【JIZO CAFE(ジゾウカフェ)】

東京都文京区関口1-2-8 1F
営業時間 12:00~19:00
定休日:月曜、火曜
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県三島市『coffee+dish 10-1Kettle』のコーヒーゼリーが美味しい。

image

千葉県民Tと三島駅に降り立ちました。

事前に朝の早い時間から空いているカフェを見つけていたので、

先ずはそこで水分摂取をするため、駅からすぐの場所にある

『coffee+dish 10-1Kettle』にやって参りました。

「10-1Kettle」の部分は、ジュウノイチ ケトルと読むらしい。

image
看板が立ちまくっている入口。
しかし一歩中に入ると、そこはセンスある内装でした。
早い時間なのに若い方々で割と席が埋まっている。

image
モーニングの時間帯でしたが、
千葉県民Tが小麦アレルギーなのでそちらは回避。
ワタクシは珈琲メニューの一番上に書いてあるものを選択しました。

image
一緒に出されたメニューの中にコーヒーゼリーを発見。

image
コーヒーゼリーも注文して計1,050円なり。

20230819
一緒に注文した珈琲よりも料理多いコーヒーゼリー。
結構満足感があって550円(税込)。

大変気に入りました。

誰かにオススメしたいぐらい。

モーニングセットも人気みたいなので、

次回はそちらも試してみたいです。

ちなみにコーヒーゼリーは夏季限定。

今年中にもう一度食べたいと思っても難しいかもなぁ。

image
店内はドライフラワーをほどほどに飾ってあるイマドキの内装でがバランスが良い。


image
【coffee+dish 10-1Kettle】
ジュウノイチ ケトル

静岡県三島市一番町10-1
営業時間 9:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:月曜、火曜
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/10_1kettle/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102021年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。