sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

熊谷市

埼玉県熊谷市『片倉シルク記念館』は片倉財閥の隆盛を垣間見られる施設です。

image

「片倉工業」最後の製糸工場だった熊谷工場の繭倉庫を利用して作られ、

操業当時に使われていた製糸機械などが展示されている「片倉シルク記念館」。

片倉工業は、明治から大正にかけて日本の主力輸出品だった絹糸製造を行い、

片倉財閥を構築した老舗企業で、製糸業では121年の歴史があります。

富岡製糸場も同社の工場で、2005年に富岡市に寄贈されました。

「片倉工業」は1994年に伝統事業である蚕糸事業から撤退し、

不動産資産を活かしたショッピングセンター運営や

不動産賃貸事業・小売事業のほか、

第二次世界大戦後に進出した自動車部品等の機械製造販売、

肌着の「キヤロン」の発売元でもあります。

東京スクエアガーデンがある場所が元本社ビルがあった場所になります。

熊谷工場は第二次世界大戦時のアメリカ軍空襲被害を受けることなく、

製糸工場として平成6年まで稼働していたそうです。

敷地内には現在、この「片倉シルク記念館」に隣接してイオンがあります。

ワタクシは製糸業に関する歴史に疎いので、

少しずつ知識を蓄える足掛かりとして同施設を見学致しました。

作業工程を知りたいというよりは、歴史を知りたかったのですが、

同施設で上映されている映像が大変参考になりました。

富岡製糸場も空襲被害がなかったそうですが、

いずれは、その理由にもたどり着けるればと思っています。

それにしても蚕って、今や完全に家畜化され、

遺伝子組み換えも行われていますが、

この一生でエエのんか?

と、憐憫のまなざしを向けずには居られません。

ゆえに、にょろにょろした虫が苦手なワタクシなれど、

チラ見ぐらいは耐えられちゃったりするわけです。

富岡製糸場に行くにせよ、

蚕の写真などを見ねばならんのだろうなぁ。



image
【片倉シルク記念館】

埼玉県熊谷市本石2-135
開館時間 10:00~17:00(入館は16時30分まで)
休館日:月曜、火曜、年末年始、臨時休業あり
入館料:無料


【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『cinnamon cafe(シナモンカフェ)』でちょっと遅めのランチをば。

image

熊谷にやって参りました。

って、どのみち熊谷駅に戻らないと東京に戻れないからなんですけどね。

熊谷と云えば日本で最も暑い夏になるとされる街。

ゆえに、かき氷が有名です。

有名なのでこの地の超有名店は冬でもやってます。

「行こう」と思ったのですが、整理券配布は9時までで、

人気ゆえに既に八時台の段階で一日分が配布終了していました。

何時に並べば入店できるのか? と思えるほど、冬も人気のようです。

さて、幾度となく乗り換えなどで立ち寄る熊谷ですが、

戦争の影響で文化財指定の建築物は殆どありません。

旅をするようになって知ったことの一つに、

文化財が残されていない街は、大空襲があった地であること。

ゆえに街には古くても昭和時代の建物しか残っていません。

神社仏閣も然り。

ということで、昼過ぎにカフェに立ち寄ることにしました。

ちょっと遅めのランチを摂ることにしたのですが、

中途半端な時間だったにもかかわらず、シナモンカフェ店内は満席でした。

image
[シナモンロールのトースト 710円(税込)]

image
珈琲(または紅茶)が付いてます。

どうやら店名の通り、シナモンロールが有名らしいです。

が、ランチではカレーを食べている人がほとんどでした。

シナモンロールは販売もしているようですが、この日は売り切れていました。

ふわふわで、シナモンの甘くてスパイシーに香りと、バターの程よい塩分。

軽くて食べやすいトーストでした。

珈琲付きでこの価格はコスパ的には良いんじゃないかな。

小ぢんまりした店内ですが、手頃な価格だし、入り易いんじゃないかな。

image



image
【cinnamon cafe(シナモンカフェ)】

埼玉県熊谷市仲町45
営業時間11:00~17:00(L.O 16:30)
定休日:水曜、第3火曜
https://cinnamoncafe.amebaownd.com/


【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 』に再々訪して御朱印を頂く。

妻沼聖天山




前回『妻沼聖天山』に参拝したのが4月末でございましたが、



母にどうしても紹介したくて、本日二人で行って参りました。



今回は一年ぶりに本殿を見学いたしましたが、



ボランティアガイドがこの建物を建てた棟梁・林氏の子孫の方で、



前回とは違った視点での見学となりました。



ガイドの方によって、見せる場所が異なるのは面白いですね。



妻沼聖天山
彫刻した職人よりも、彩色する絵師の名前の方が後世に残るものらしい。

妻沼聖天山
明らかにある境目。
彫刻で飾られている左側が奥殿になります。
布石には輝石安山岩が使われています。


妻沼聖天山

妻沼聖天山
張り合わせた彫刻ではなく、全て一枚の木から彫られているそうです。


妻沼聖天山
これは「風鐸(ふうたく)」というもので、
カランカランという音が鳴り、
邪気除けの意味でつけられているそうです。


妻沼聖天山

妻沼聖天山
鷹に助けられる猿の彫刻「鷲と猿」。
伝説的彫刻職人・左甚五郎作とする伝承があります。


妻沼聖天山
反対面の彫刻。

妻沼聖天山
口を開けた南側の鳳凰の彫刻。

妻沼聖天山
反対面の鳳凰の彫刻は口を閉じています。

妻沼聖天山
鹿の脇にある花は「バラ」なのだそうです。

妻沼聖天山
白い象の右側にある、わざと塗り残してある箇所。

妻沼聖天山
白いのは象。下の赤いのは獏・・・らしい。

妻沼聖天山

妻沼聖天山
今まで獅子だと思っていたこの彫刻は、白澤(はくたく)なのだそうです。
まじかーっ。沢山あるはずの目が見あたらないから分からなかったよー。


妻沼聖天山
平和なので七福神が碁に興じているという描写の三枚の彫刻。
それぞれの商売道具が放置されています。


妻沼聖天山
前回はスルーしていた碁盤。
これは書物にあった伝説(?)の対局で打たれたものみたいです。
布袋さんが追い詰められているらしい。


妻沼聖天山
細かく描かれた模様がスゴイ。

妻沼聖天山
猿の彫刻については前回記事へ。

妻沼聖天山
北側(?)の彫刻群。拝殿に向かって右側の側面。
こちらは反対側より若い職人が担当するものなのだとか。


妻沼聖天山
井戸も覗いてみました。




獅子だと思っていたものが白澤(はくたく)だったということが、



この日一番の衝撃的事実でした。



勉強になりましたわ。



妻沼聖天山
貴惣門の二天像がバージョンアップしていました。
(前回の記事


妻沼聖天山
照明でライトアップされています。
うーむ、必要なんだろうか?


妻沼聖天山
前回見逃した「中門」の懸魚。

妻沼聖天山
屋根の連なりが面白い。

妻沼聖天山
拝殿の彫刻。(望遠で撮影)

妻沼聖天山
よくパンフレットに掲載されている角度から撮影してみた。

妻沼聖天山
見学時には番傘を貸してくれます。
これは、ありがたい。


妻沼聖天山
これからの季節、ここに「ニホンミツバチ」が飛び交うようになるそうです。




今回で三度目ですが、まだまだ新しい発見があるものですね。



飽きないわぁ。



妻沼聖天山
母と来た記念に、今回も御朱印を頂きました。

妻沼聖天山
偶然、前回のものと見開きで並びました。
字の違いが分かりますね。「喜」の字も違うし。




次に来る時に、どんな発見があるのが楽しみです。



image
今回も、名物の聖天寿司を購入しました。



妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
熊谷駅から朝日バス利用
【6番】太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『Y's cafe』という名の古民家カフェを再訪してきた。

image




ワタクシが超オススメする妻沼聖天山に母をナビして参りまして、



近くでランチをした帰りに古民家・隠れ家カフェ『Y's cafe』に立ち寄って参りました。



前回のイメージが大変良かったもんで、是非、母に紹介したかったのです。



前回と変わらず、まったりできるカフェでして、



ワタクシは猛烈なる睡魔に襲われ、寝てしまいそうになりました。



image
さっぱりと飲める珈琲を所望。
母はエスプレッソのお湯割りなるものを選択。
エスプレッソのお湯割りって、初めて知りました。


image




前回、「涼しいうちにどうぞ」と再訪を勧められたもんで再訪してみたのですが、



今日は全国的に気温が高かったみたいですね。



熊谷に居ましたが、日差しは強いものの暑さはそれほど感じませんでした。



かき氷は食べたけど。



これから日々暑くなるでしょうから、熊谷市観光は暫くやめておこうと思います。



しかし良い時期に再訪出来て、大変満足できた一日でございました。



次は冬に来てみようかな。





image
【Y's cafe】

埼玉県熊谷市妻沼1417-3
営業時間8:00~17:00
定休日:月曜、火曜
https://www.instagram.com/yscafe2017/?hl=ja

バス停

バス停
公共交通機関利用の場合は、
こちらの時刻表を目安にどうぞ。

【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『大福茶屋さわた』のとろろごわんと季節の汁物・甘味セット。

大福茶屋




前回、妻沼聖天山にお参りした際、カフェで紹介されたのが『大福茶屋さわた』。



今回はこちらで昼食を頂くことに致しました。



築120年の古民家を利用した食事処で、地元の方々も訪れるコミュニティーになっています。



母には頑張って貰って、二階席を利用することにしまして、



食事から甘味まで頂いて参りました。



大福茶屋さわた
二階は静かで落ち着く空間となっております。

image
値段の違いは、甘味セットとドリンクが付くか否か。

image
「とろろごわん」には、「お福分け」が付くそうです。

image
一階にある「お福分け」。

image
サラダと煮物とお漬物がありました。

image
これをセルフでよそって、二階に戻ります。

image
[とろろごわんと季節の汁物・甘味セット 1,000円]
お味噌汁の具(豆腐)がたっぷり入っていました。


image
食後に出された甘味セット。
こちらのお店で手作りしているあんこと寒天を使ったあんみつです。
そして、右側は珈琲。


image
杏もここで煮ているそうで、
寒天のつるんとした柔らかい食感が癖になる美味しさでした。


image
こちらのメニューには無いのですが、かき氷もありました。

image
ものごっつい気になる「私のこねこちゃん」を選択。

image
[私のこねこちゃん 650円(税込)]
どこかで見たことのあるファンシーなセットでございます。
このパーツを使って、かき氷ほ自分でアレンジするのだそうな。


image
ぶっさっ!!

image
なんだか悔しかったので、別の顔にしてみました。

image
顔を食べてしまえば、熊谷名物「雪くま」になります。




一階から二階に上がる階段が箱階段で、なかなか急な造りだったもんで、



スリリングな気分を味わえました。



転がり落ちるかと思ってドキドキした。



ランチのセットは1,000円(税込)。※かき氷を除く



これはコスパが良いです。お得です。



支払い時にレジ横を見たら、杏のジャムを販売していました。



これも、こちらで作っているものなんだそうです。



image
[あんずジャム 400円(税別)]

image
保存料を使っていないので、開封したらソッコー食べねばならんそうです。
かき氷に乗せて食べたら美味しいかも。




なかなか面白かったので、次回もここでランチを摂ろうと思います。



妻沼聖天山にお参りしたあとに、是非。





大福茶屋さわた
【大福茶屋さわた】

埼玉県熊谷市妻沼1537-2
営業時間10:00~17:00
定休日:月曜
https://www.daifukuchaya.com/



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『Y's cafe』は築100年余りの古民家をリノベした隠れ家的カフェです。

Y's cafe




早朝から妻沼聖天山に向かい、その帰りに徒歩でバス停2つ分移動しました。



この付近のカフェを検索した結果、こちらが引っかかったもので。



古民家を改修したカフェだなんて、絶対ワタクシ好みに決まっている!



そう信じて移動した次第です。



その期待は裏切られるどころか、期待以上に雰囲気の良いカフェで、



大層満足できる時間を過ごさせて頂きました。



さわた本店
さわた本店の奥にパン屋さんがあるので、先ずはそこに向かいます。

おひさまパン工房
[おひさまパン工房]
埼玉県熊谷市妻沼1416
営業時間7:00~17:00
定休日:火曜、第2・4水曜
(臨時休業あり)


おひさまパン工房
パンを3種類購入し、こちらの2種は持ち帰りにしました。

Y's cafe
おひさまパン工房の奥にあるカフェに移動し、珈琲を注文。
ここは飲み物だけのお店です。
飲み物を注文すると、
おひさまパン工房のパンを持ち込みで食べることができます。
トースターで温めてくれるサービスもあるそうな。
ちなみにワタクシは真ん中の豆"Brundi (ブルンジ)"を選択しました。


Y's cafe
珈琲は飲んだことのないフレーバーでした。
野菜っぽいなと思っていたら、確かにオレンジっぽい後味になる不思議。
美味しかったです。


Y's cafe
おひさまパン工房で購入した、焼きたてのカレーパンを頂きます。
焼きたてなのでサクサクで、ものごっつい美味しかった。


Y's cafe
写真を撮らせて下さいとお願いしたら、快諾してくださいました。
しかも説明付き。
新しく手を入れたのは天井と床なんだそうです。


Y's cafe
耐震ブレースのかと思いきや、仕切りだそうです。
この中に文字が隠れているんですよと言われたものの・・・。
答えを貰うまで分かりませんでした。


メヌマという文字が隠れています。

Y's cafe

Y's cafe




今月7日にオープンしたばかりらしい同店。



妻沼聖天山そばの大福茶屋さんの系列店なんだそうです。



大福茶屋さんでは今後レンタサイクルを置くそうで、



そうなったらカフェまで自転車で来て、珈琲をテイクアウトしたりもできそうですね。



「涼しいうちにどうぞ」



と言われたので、真夏の熊谷市を避けて再訪したいと思います。



image
帰りにホウレン草を頂いちゃいました。
これだけの量があると、東京ではお高いです。
助かります。ありがとうございます。




熊谷市では、妻沼聖天山と五家宝巡りの旅しかしたことが無いもんで、



まだまだ楽しめる場所があるらしいってことを知ることが出来、



本日の散策も大満足でございました。



いろいろ伺ったものの、この後で行田市に移動予定だったもんで、



そのままバスに乗って熊谷駅まで戻ってしまいました。



次回はレンタサイクルを借りて、ゆっくり巡ってみたいと思います。



バス停

バス停
公共交通機関利用の場合は、
こちらの時刻表を目安にどうぞ。



Y's cafe
【Y's cafe】

埼玉県熊谷市妻沼1417-3
営業時間8:00~17:00
定休日:月曜、火曜
https://www.instagram.com/yscafe2017/?hl=ja



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『聖天寿し』の稲荷寿司の形状が以前とは変わってた。

聖天寿し




前回は三店の稲荷寿司を買い比べ・食べ比べ致しましたが、



今回は妻沼聖天山の参道脇にある『聖天寿し』のものだけを購入致しました。



前回、自分では食べなかった一品です。



一年振りに購入したのですが、その形状が以前とは違っていたのには驚きました。



聖天寿し
一つ460円(税込)。

聖天寿し
以前は、中央に干瓢で縛られたいなりは入っていませんでした。




お米は少々固め、味は甘めです。



海苔巻きは干瓢入りで、こちらも甘め。



やはりコスパは最高で、ワンコインでお釣が来るのがお得感があります。



ちなみに一パック食べると、当然ですが満腹になります。



行楽のお供に良いかもしれませんね。





聖天寿し
【聖天寿し】

埼玉県熊谷市妻沼1515
営業時間 9:00~売切れ
定休日:月曜



【にほんブログ村】

【写真多用】埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 』に再訪して御朱印を頂く。

妻沼聖天山




『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)』には埼玉県唯一の国宝建造物があります。



高野山真言宗の仏教寺院で、正式には『歓喜院(かんぎいん)』といいます。



前回訪れた時は御朱印に興味が無かったのでチェックもしていなかったのですが、



今回はそれを目当てに再訪いたしました。



やはり、何度も訪れたくなるお寺ですわ。



今回は本殿を見ることなく帰ったのですが、



経年を見るために定期的に参拝したいと思っています。



妻沼聖天山
[中門(四脚門)]
熊谷市指定文化財


妻沼聖天山
妻沼聖天山の第二の門になります。

妻沼聖天山
最古の建造物なんですねぇ。

妻沼聖天山
様々な札が掛かっています。
そういえば、ぼけ封じのお守りが境内で販売されていました。


妻沼聖天山
真新しい札から、古い札まで様々な名称が掲げられています。

妻沼聖天山
中門の奥にあるのが最後の門である仁王門。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
阿吽の狛犬が鎮座しています。
表情は柔和です。


妻沼聖天山
[御水屋]

妻沼聖天山
[仁王門]
明治時代に台風で倒壊したため、後に再建されました。


妻沼聖天山
ここで必見なのが、金剛力士像です。

妻沼聖天山
躍動感溢れる姿で迫力があります。

妻沼聖天山
「だめ、絶対!」というアテレコを脳内でしてしまいました。

妻沼聖天山
[拝殿]

妻沼聖天山
妻沼聖天山
こちらにも狛犬が居ます。
毛並みの良い尻尾が特徴ですね。


妻沼聖天山
拝殿の向拝。
手挟みがカラフルです。


妻沼聖天山
唐破風の下の彫刻にも色彩が施されています。

妻沼聖天山
ここだけでも竜が3匹・・・って、
龍の数え方って匹でいいのか?


妻沼聖天山
足の生え方が気になる虎も居ます。

妻沼聖天山
その両脇の蟇股は鬼ですね。

妻沼聖天山
まだ九時前だったもんで、本殿の見学はできません。

妻沼聖天山
前回見学したので、今回は中には入りません。

妻沼聖天山
ちらっと見ると、本殿はこんな感じになっています。

妻沼聖天山
前回と変わらずブルーシートが敷かれた相撲場。

妻沼聖天山
[閼伽井堂(あかいどう)」]
井戸を据えた土間と水天宮を祀る一室からなる建物。


妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山

妻沼聖天山
天井は格天井になっています。

妻沼聖天山
籠堂(こもりどう)と本殿を繋ぐ回廊。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
裏側はこうなっています。

妻沼聖天山
すらりと高い「夫婦の木」。
虫が居ないので、動かずに見ていられます。


妻沼聖天山

妻沼聖天山
エノキとケヤキのどちらが夫で妻なのかは不明です。

妻沼聖天山
樹の上のほうでは、枝が腕を組んでいるみたいに見えますね。

妻沼聖天山
ムシは居ずとも、マムシは居るらしい。




さて昨年11月18日、国の文化審議会は妻沼聖天山に所在する



歓喜院籠堂(かんぎいんこもりどう)
鐘楼(しょうろう)
閼伽井堂(あかいどう)
三宝荒神社(さんぽうこうじんしゃ)
五社大明神(ごしゃだいみょうじん)
天満社(てんまんしゃ)
仁王門(におうもん)
水屋(みずや)
平和の塔(へいわのとう)



の9件を有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申し、



国登録有形文化財に指定されるそうです。



すごいですねぇ。



妻沼聖天山
さて、御朱印をいただくために社務所に向かいます。
openは9時から。


妻沼聖天山
墨の良い香りがします。
好きなお寺で頂く御朱印って、もの凄く嬉しいですね。




誰かを連れて来たいとは思うものの、



熊谷はちょっと遠いし、これからの季節は暑くなるからなぁ・・・




妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
熊谷駅から朝日バス利用
【6番】太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 貴惣門』の修復された二天像がちょっと・・・。

妻沼聖天山




『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)』には埼玉県唯一の国宝建造物があります。



高野山真言宗の仏教寺院で、正式には『歓喜院(かんぎいん)』といいます。



その貴惣門は国の重要文化財に指定されています。



素晴らしい彫刻群は一見の価値アリで、再度見たいと思わせる建造物。



ゆえに、本日、再訪して参りました。



前回と違っていたのは二天像。



修復が完了して、持国天と多聞天(毘沙門天)の像が見られます。



しかし・・・、うーん、この修復はどうなんだろう?



別物感が半端ないんですけど?



妻沼聖天山

妻沼聖天山
6月に、二天像修復の報告などが行われるそうな。
ちなみに下が前回見た改修前の像です。

貴惣門
[持国天(じこくてん)]
東方を護る守護神として造像される場合が多く、
向かって右手前に安置されるのが原則とされます。


貴惣門
体色は赤く、右手を拳にして右腰に置き、左手に刀を持つ姿で表されることが多い。

貴惣門
足下に邪鬼を踏みつけています。
それが、こうなっちゃいました。

妻沼聖天山

妻沼聖天山
この塗料の照り感に違和感があるのだけれど?

妻沼聖天山

妻沼聖天山
一瞬、樹脂製の像かと思った。
それ以外の彫刻は以前のままなので、浮いている気もする。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
門の彫刻はやはりみごとです。




多聞天の腕が折れたため修復したらしいのですが、



このペイントはどうなんだろう?



経年劣化で良い感じになるはずという計算なのかしら?



何はともあれ、修復前に見ておいて良かったです。



今どきは、日光東照宮のような修復が流行りなのかしら。
(「日光東照宮 修復 ひどい」で検索)




妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
熊谷駅から朝日バス利用
【6番】太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市と行田市で気になったもの。

熊谷市
かなりお高いお酒「純米大吟醸 直実」。
300mlで税込約1野口ほどします。




熊谷駅で降り立ち、街を軽く散策していたら、



「直美」と書かれたラッピングバスが走り抜けて行きました。



女優の熊谷さんはここの出身なのかなー



とボンヤリ思っていたのですが、



スーパーで発見した地元の日本酒を見て凍り付きました。



なおざね・・・って、武将じゃん!?



平敦盛の首を取った武将じゃん!!



良かったー、誰かに言わなくて。



二重の意味で大恥をかくところだったよ。



(熊谷の名が付く女優さんは熊谷真実さん。真と直って漢字が似てるよねーアハハハハ




翠玉堂
個性的なパンで知られる「翠玉堂」さん。
引き戸に貼られた紙も個性的。


翠玉堂
一度は食べてみたいと思っているココのかき氷。
ほんの少しってどれぐらいなんだろう?
っつーか、カマキリの目ってどんなだっけ?




昼食後&コーヒーブレイク後だったもんで、今回はスルーした翠玉堂さん。



次回は夏に来て、かき氷を食べてみたいかな。



埼玉県行田市は食の誘惑が多くて、ほんと、困る。





【翠玉堂】
埼玉県行田市行田5-7
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、水曜



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市の熊谷駅から徒歩圏内にある五家宝(ごかぼう)を作るお店2軒で作りたて五家宝を買ってきた。

五家宝
[左]山木屋さんの五家宝 [右]堀内製菓さんの五家宝




行田市に行っておりました。



でも行田市の目当てのお店が開くのが11時。



時間にかなり余裕があったので、熊谷駅で下車し、



駅では買えない五家宝を買いに行って参りました。



と申しましても、歩ける範囲にあると思われるのが2軒だったもんで、



その2軒でそれぞれ購入致しました。



先ずは駅から最も近い場所にある山木屋さんの五家宝。



ここは入店するのにエイヤーッという気合が若干必要なお店です。



店舗面積のうち、五家宝の陳列に割いているスペースが少ない。



売っているのか!? と疑問に思ったほどです。



しかし、こういう店構えの方が、町一番の老舗だったりする。



ゆえに、重い引き戸をガラガラ~っと開けて入店しました。



五家宝
[五家宝(太) 550円(税込)]
きな粉の良い香りが半端ないです。
日持ちは10日ほど。きな粉は濃いめですね。
飴部分がしっかりとしていて、食感が良いです。
これは美味しいです。
わざわざ買いに行く価値アリかも。


五家宝
太いもの2本入りと、細いもの(たぶん20本ぐらい入っているんじゃないかな)を購入。
計1,100円でした。




続いて向かったのは、インターネット販売もしているらしい堀内製菓さん。



店舗は新しく小奇麗で、品数も豊富です。



明治20年開業だそうです。



堀内製菓
ここは「末長く」という長~い五家宝が有名らしいです。
ほかに、季節ごとに出る限定販売のフレーバーもウリらしい。


五家宝
詰め合わせ500円(税別)を買ってみました。

五家宝
夏限定のココナッツと黒糖くるみも1つずつ入っています。

五家宝
小さいのは、きな粉とうぐいす。
いろいろ試せて良いですね。


五家宝
こちらは430円(税別)。
作りたてを詰めてくれるというシステムっぽいです。
とても柔らかく、軽い食感。
きな粉は山木屋さんと比べると薄い色ですね。




五家宝って、今までは一社でしか作っていないのかと思っていましたが、



結構たくさんのお店で作っているものなんですね。



そして、その土地でしか食べられない五家宝もあるのだと、本日初めて知りました。



こりゃぁ、探求したくなりますわなぁ。



機会があれば、別のお店も探索してみたいものです。





山木屋
【五家宝本舗 山木屋】
埼玉県熊谷市筑波1-175

堀内製菓
【堀内製菓】

埼玉県熊谷市本町2-15
営業時間 9:00~19:00
定休日:日曜



【にほんブログ村】

【写真多用】埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 』の超絶技巧の彫刻の数々を観れば国宝であることも納得できますな。(行かないなんて勿体無い)

妻沼聖天山

妻沼聖天山歓喜院本殿「聖天堂」は“埼玉日光”と称される絢爛豪華な装飾建築で、

現在、国宝に指定されています。

日光東照宮を彷彿とさせる本殿は、250年間で生じた傷みや、剥落した彩色を

建立当時のように美しく蘇よみがえらせるため、

平成15年10月から約7年の歳月をかけて「平成の大修理」が行われました。

保存修理完了後、平成23年6月1日から一般公開されています。

また、日浅草の待乳山聖天、奈良県の生駒聖天とともに

日本三大聖天の一つに数えられる名刹で、特に縁結びの霊験あらたかなんだとか。

伝説の彫刻職人・左甚五郎の作という作品もあるそうな。

日光の、あの「眠り猫」で有名な職人です。

ちなみに今回、ワタクシはそれを知らず、ゆえに探さず、

写真はございません。

猫の彫刻を見付けたら、

それが左甚五郎の作だと伝承されているものらしいです。

真偽のほどは定かではありませんが。

妻沼聖天山
ここは25年ほどの歳月をかけて造られているそうです。
そして平成の大修理は7年(総工費は約11億5900万円)掛かりました。
日光東照宮はあの規模で1年5ケ月で完成。
こうして比較してみると徳川幕府ってお金持ってたんですねぇ。


妻沼聖天山
左甚五郎の作と伝えられる鷲と猿。
鷲に咥えられた猿が彫られていますが、食べられているわけではなく、
川でおぼれているところを助けて貰っているそうです。


妻沼聖天山
途中で、どこをどう写真に撮ればいいのか判断できなくなってきます。

妻沼聖天山
懸魚の中央の六葉も凝りに凝っていますねぇ。
金箔が眩しくて見えませんが、蓮の花ですかね?


妻沼聖天山
蟇股の部分にも細かい彫刻がされており、
平成の大修理では彩色が大変だっただろうと推察されます。


妻沼聖天山
国宝じゃなくても、文化財を傷めないでください。

妻沼聖天山
居た絵も2枚程ありました。
獅子の視線の先が気になります。


妻沼聖天山
ちなみにここにある彫刻は、同じものが一つもないそうです。
似ていてもどこか違うのだそうな。


妻沼聖天山
鶴と亀。

妻沼聖天山

妻沼聖天山

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
南側にある獏(だっけ?)に注目。

妻沼聖天山
獏の右側の小斗に注目。

妻沼聖天山
彩色されていない箇所があるんです。
これは「建物は完成してしまうと崩れるのみ」と云われるため、
未完成であることで長く保つようにという願掛けのようなものみたいです。


妻沼聖天山
龍がキンキラキンで眩い限りです。

妻沼聖天山
獅子の口も、開いていたリ、閉じていたリと様々です。

妻沼聖天山
[鳳凰(南側)]
小沢常信(おざわつねのぶ)作


妻沼聖天山
唐破風の下の彫刻の・・・

妻沼聖天山
子供たちのポーズがカワイイ。
特に左端。


妻沼聖天山
こんな兎の毛通しがあったりもします。

妻沼聖天山
唐破風の下に彫られているのは「三聖吸酸」。

妻沼聖天山
孔子、釈迦、老子が酢をなめて、その酸っぱさを共感している様子を表しており、
「三聖吸酸(さんせいきゅうさん)」という中国の故事に由来した彫刻です。
儒教、仏教、道教など、宗教や思想が異なっているとしても、
酢が酸っぱいという事実は皆同じであり、真理は一つであるという
「三教一致」を意味しています。


妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
以上が蟇股に施された鳥たち。

妻沼聖天山
可愛く走る雷神さんもいます。

妻沼聖天山
中殿部分の彫刻は若干控えめ。
それでも“若干”程度です。


妻沼聖天山
鳳凰の頭がニュッと出ていたりもします。

妻沼聖天山
中央が、碁を打つ布袋と恵比寿。平和で暇であるということを表しているそうです。

妻沼聖天山
だって神様が杯持ってお酒飲んでるし。

妻沼聖天山
酒の瓶も置いてあるし。

妻沼聖天山

妻沼聖天山
本殿の北側。

妻沼聖天山
この彫刻があったのは西側だった気もする。

妻沼聖天山
[闘鶏]

妻沼聖天山
子供の服が豪華だ。

妻沼聖天山
花一匁的な遊び。

妻沼聖天山
木は梅です。

妻沼聖天山
竹馬遊び。

妻沼聖天山
柱の模様は日光東照宮のそれと同じらしいです。

妻沼聖天山
文字はここだけにありました。

妻沼聖天山
懸魚の鰭の部分。

妻沼聖天山
霊獣・犀(サイ)。

妻沼聖天山
犀は火を防ぐ水の霊獣で、火伏せの意味が込められているようです。


境内には、松が一本も植えられておらず、況して彫刻でも表されてはいないそうな。

理由は、「待つ」と同じ音なので、願いが叶い難く、縁起があまり良くないのだとか。

ゆえにこの地域の門松には梅と竹は入っていても、松は入っていないらしいです。

縁起をかつぐのも大変ですねぇ。

それはそうと、ワタクシの周囲の埼玉県民は一人も

県が誇るべき「国宝」を知りませんでした。

況して、国宝がある場所が熊谷市ってことに驚いていました。

“何もないと思っていた”そうです。

埼玉県民の皆さん、あなた方の県には全国に誇るべき国宝があるんですよー。

と、とりあえずワタクシの周囲の埼玉県民たちには布教しておきました。

出来れば、行ってみてね。

妻沼聖天山
途中の「坂田医院旧診療所」も国登録の文化財です。



妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
●●●
熊谷駅から朝日バス利用
 太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

【写真多用】埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 本殿』の猿がなんだかとてもユーモラス。

妻沼聖天山
華やか~




埼玉県には国宝美術品が3件ありますが、



建造物は2012年に指定された『妻沼聖天山(歓喜院聖天堂)』が1件のみ。



どこがどう“国宝”なのかを知るべく、熊谷市に向かったワタクシですが、



稲荷寿司や貴惣門に気を時間を取られているうちに、



妻沼聖天山内の“国宝”がどれだったのかを確認することを怠っておりました。



よくよく考えれば、拝観料を支払うとどこかで見た気がする。



うーむ、拝殿の中に靴を脱いで入って観るのかな?



などと考えていた時に、国宝への入口を発見致しました。



妻沼聖天山
拝観料ではなく、入場券というのですね。
一人700円になります。
内部にお手洗いは無いので、中に入る前に済ませておいた方が良いです。
めっちゃ時間が掛かりますから。




ガイドさんが付く時間があるようで、ワタクシが入った時は既に説明が始まっておりました。



ゆえに途中からプチツアーに参加したのですが、ガイドさんの知識量に脱帽。



これは是非、ガイドさんの説明を聞きつつ見学することをおススメしたいです。



話の流れが分からなかったので、先ずは個人的に興味のあるものを観ていたら、



十数匹の猿が目に留まりました。



これも日光東照宮みたいですよね。



あ、そうそう。ここには左甚五郎の作品があるらしいのです。



そしてこの外観から「埼玉日光」とも呼ばれているそうです。



のちのち、その説明を致しますが、先ずは猿の写真を羅列します。



妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
この子の左前足が欠けているように見えるのは気のせいかな?

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山




猿は「魔が去る」といって縁起のよい生き物らしく、



ここには18匹の猿が彫られているそうです。



猿だらけですね。



今年の干支なので、真っ先にアップしてみました。



まだまだ続く。(でもupに時間はかかる)





妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
●●●
熊谷駅から朝日バス利用
 太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

【写真多用】埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 拝殿』とその周辺。

妻沼聖天山
[妻沼聖天山拝殿]




寺伝では治承3年(1179年)に、長井庄(熊谷市妻沼)を本拠とした武将齋藤別当実盛が、守り本尊の大聖歓喜天(聖天)を祀る聖天宮を建立し、長井庄の総鎮守としたのが始まりとされている。中世には忍(おし)城主の庇護を受け、近世初頭には徳川家康によって再興された。




国宝を観る前に、まだまだ観るものはあります。



先ずは参拝せねば。



お寺さんなので、見学させて頂くことについて挨拶させて頂くに留めて、



その後、境内の見学を開始いたしました。



妻沼聖天山
兎の毛通しも周囲がカラフルだと目立たなくなるもんなんですね。

妻沼聖天山

妻沼聖天山

妻沼聖天山
妻沼聖天山

妻沼聖天山
妻沼聖天山

妻沼聖天山
龍に鰭がありますね。

妻沼聖天山
龍に羽がありますね。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
どこに焦点を合わせるべきか迷い始めて来ました。

妻沼聖天山
鳳凰の姿もありました。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
昼近くになると、境内に人の姿が溢れてきました。

妻沼聖天山
ちょっと前に戻って、仁王門の手前に水屋があります。

妻沼聖天山
妻沼聖天山

妻沼聖天山
百度石って、時代劇でしか回しているのを見たことが無いわ。
今もお百度を踏む人が居るのかな?


妻沼聖天山
石舞台が拝殿正面にありました。

妻沼聖天山
案内板は別のところにあった。

妻沼聖天山
ちょっと気になった建物。
仁王門を潜ったら左手側にありました。
これはいったい何だろう?


妻沼聖天山
滑車が見えるということは・・・

妻沼聖天山
井戸ですね。
ここで身を清めるのかな。


妻沼聖天山
周辺の彫刻も見事です。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
妻沼聖天山
水に纏わる生き物ばかりですね。

妻沼聖天山
比較的新しい建物みたいですね。
これは護摩を焚くところかな?ちがうかな?


妻沼聖天山
相撲の土俵らしきものもありました。

妻沼聖天山
拝殿の横に続く回廊も古そうです。

妻沼聖天山
奥に見えるのが鐘撞き堂です。

妻沼聖天山
回廊の下をくぐると・・・

妻沼聖天山
ありました。夫婦の木。

妻沼聖天山
別の木が仲良く成長しているようです。

妻沼聖天山
薄暗い場所に鐘撞き堂がありました。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
風雨で劣化しているっぽい彫刻が見えます。

妻沼聖天山
石垣はきっちりと組んでありますね。綺麗だ。

妻沼聖天山
改修の際に取り外したのかね廃材も置いてありました。

妻沼聖天山
妻沼聖天山
卒塔婆が立っていたのだけれど、これは供養塔なのかな。

妻沼聖天山
ここから先の“国宝”を観るには入館料700円が必要ですが、
これは必見だと思います。是非払ってでも観るべき。




ここから先が国宝に指定されている本殿になります。



つづく。





妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
●●●
熊谷駅から朝日バス利用
 太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 仁王門』の仁王さんに撒かれている豆が気になる。

妻沼聖天山仁王門
ええんか? 節分の豆を仁王さんに撒いて・・・




寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神である仁王さん。



門の両側に立つ、金剛力士(こんごうりきし)像のことです。



『妻沼聖天山』の仁王門にも立派な仁王さんが立っているのですが、



柵の隙間から足元を見たら、大量の煎り豆が落ちていました。



2月3日は節分でしたからねぇ。



でも、節分の豆って、鬼に撒くものではなかったっけ?



埼玉では仁王さんにも撒くものなのか?



と、二体の金剛力士像の足元を見て、文化の違いを感じました。



あの豆は誰が掃除するんだろう?



ってか、豆を撒いて、木像が傷まないのかな。



色々と気になります。



妻沼聖天山中門
正面が「中門」です。

妻沼聖天山

分かり易く、まっすぐ続く参道の奥が拝殿になります。

妻沼聖天山中門
実は注文も文化財になっています。
ただし、市指定。


妻沼聖天山中門

妻沼聖天山中門
中門の向かって右手に鰻屋さんがありました。
結構人が入っているようだったので今回は素通り。


妻沼聖天山仁王門
正面に見えるのが「仁王門」です。
万治元年(1658年)創立、
明治24年台風で倒壊したため、明治27年に再建されました。


妻沼聖天山仁王門
立派な仁王さんが門の両側にチラリと見えてます。

妻沼聖天山仁王門
貴惣門に比べると彫刻は少なくシンプルな造りですね。

妻沼聖天山仁王門
[阿形(あぎょう)像]

妻沼聖天山仁王門
[吽形(うんぎょう)像]
「だめ、絶対」
というキャプションを入れたくなるお顔と右手です。


妻沼聖天山仁王門
[阿形の狛犬]
仁王門の手前に狛犬が鎮座していました。
なんだかユルイ顔で癒される~


妻沼聖天山仁王門
[吽形の狛犬]
しっぽ、長っ!


狛犬
「あ」

狛犬
「うん」。




この狛犬たちは角が無いですね。



昭和時代以降に作られた物は左右ともに角が無い物が多いそうですが、



この狛犬はちょっと古そうなんだよなぁ。



いつの時代のものなんだろう?



今度、ガイドさんに質問してみようかな。





妻沼聖天山
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
●●●
熊谷駅から朝日バス利用
 太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】

【写真多用】埼玉県熊谷市『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん) 貴惣門』は国指定重要文化財で3つの破風をもつ特異な形式の門です。

貴惣門




『妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)』には埼玉県唯一の国宝建造物があります。



正式には『歓喜院(かんぎいん)』で、高野山真言宗の仏教寺院。



本尊は、歓喜天御正体錫杖頭で重要文化財に指定されています。



もう一つの重要文化財が、貴惣門。



境内入口直ぐの門がそれです。



正面遠目では分かり難いものの、



近寄ると素晴らしい彫刻の数々で飾られています。



素晴らしいというか、凄まじいというか。



もう、どこをどう見ればいいのかワカランレベルで、



とりあえず写真を撮っておきました。



動画で撮るのがベストだったのかもしれませんが、



若干、アワアワしていたもんで思い浮かびませんでした。



貴惣門
【貴惣門】
嘉永4年竣工
安政2年(1855年)頃完成
●●●
この門は、正面よりも横から見る方が面白いです。


貴惣門

貴惣門
書の知識が無いもので、この書体の良さが語れませんが、
周囲の彫刻は素晴らしいと思えました。


貴惣門
屋根を上下二重とし、下重は前後に2つの切妻屋根を架け、
側面から見ると3つの破風をもつ特異な形式の門。←wikiより


貴惣門
蕪懸魚(かぶらげぎょ)

貴惣門

貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門

貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門

貴惣門
ここには何かが書かれていたんでしょうね。
今は全く見えませんが。


貴惣門
[持国天(じこくてん)]
東方を護る守護神として造像される場合が多く、
向かって右手前に安置されるのが原則とされます。


貴惣門
体色は赤く、右手を拳にして右腰に置き、左手に刀を持つ姿で表されることが多い。

貴惣門
足下に邪鬼を踏みつけています。

貴惣門
多聞天(毘沙門天)は修復中で不在でした。

貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門
獅子の口が赤いってことは、以前は朱に塗られていたのかもしれませんね。

貴惣門
貴惣門
貴惣門

貴惣門
貴惣門
貴惣門
貴惣門

貴惣門
奈良辺りでよく見る石の台座部分。
あの上にはこういう重厚な木造建築物が建っていたんでしょうね。
次回観る時は、もう少しリアルに妄想できそうです。


貴惣門
そして参道は手前側にある中門、仁王門へと続きます。




貴惣門
【妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)】

埼玉県熊谷市妻沼1627
山号:聖天山
●●●
熊谷駅から朝日バス利用
 太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前線で「妻沼聖天前」停留所下車
片道460円 Suica利用可



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。