sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

漆器

長野県松本市『鳥乃子』というモダンな漆器店で漆器の皿を再び購入。

image
中ぐらいのサイズだったと思う。
1枚7,000円(税別)

中町通りにある木曽の漆の会社直営のモダンな漆器店『鳥乃子』。

前回ここで買ったお皿が気に入ったのでもう一枚欲しくなり、再訪しました。

木曽の良質な木材に漆を塗った商品で、木肌が見えて美しいのです。

image
サイズはA4の用紙を置いて少し出る程度の直径、
と覚えて適当に買ったのですが、
帰宅後に使っているお皿と比べてみたら同一サイズでした。

軽いので、持ち帰りもラクです。

購入の翌日夕方、母に頼んで冷蔵庫の余り物で料理を作って貰い、

このお皿を使って貰いました。

image
帰宅当日の母作の夕食。
お皿が二枚になると、こうやって使えますね。
ちなみにランチョンマットも松本で買ったものです。

油を乗せても染みないと言われていたのですが、

本当に染みない優秀なお皿です。

高いので一枚ずつしか買えないワタクシですが、

ちまちま買うのも楽しいから、いいんです。←強がり

image
作家さんの名前を伺いませんでしたが、ガラス鉢も購入しました。
一枚3,500円(税別)。母セレクト。

相変わらず、ハイセンスなお店で、目の保養になりました。

料理の腕もテーブルコーディネートの技術も無いワタクシですが、

毎日使って楽しいものをこれからも無造作に買い溜めたいと思います。

ワタクシにとって、松本での定番立ち寄り店になりそうな『鳥乃子』です。

image
(株)鍋屋商店で購入した藺草のランチョンマット。



image
【鳥乃子(とりのこ)】

長野県松本市中央3-2-11
営業時間 10:30~17:00
定休日:不定休


【にほんブログ村】

長野県松本市『鳥乃子』というモダンな漆器店で漆器の皿を購入。

image
木曽の木材にさっと漆を塗ってあるそうです。
木肌が見えてモダンな感じ。

中町通りにあるモダンな漆器店『鳥乃子』。

木曽の漆の会社直営だそうで、

木曽の良質な木材に漆を塗った商品が、

店内にセンス良くディスプレイされています。

店主さんの旦那さんが作っておられるそうで、

お料理好きな旦那さんが実際に使用しているため、

使用方法についてはリアルな話が伺えました。

ワタクシは大きめの皿を購入しましたが、

小皿もありまして、醤油やラー油などを乗せても浸みないそうです。

小皿を買おうと思ったものの、店内を見ているうちに目が肥え、

どんどん欲しくなるものの価格が上がります。

でも、まあ、記念だからいいかーと思って購入を決断しましたが、

お皿一枚がワタクシの懐事情的には精一杯でした。

(税込 7,020円)

なんせ旅は続くもんで。

入手はしたものの、さて、これに何をのせようか?

image
ちなみに母は、履物屋さんで松本特産のねずこ下駄を購入していました。


image
【鳥乃子(とりのこ)】

長野県松本市中央3-2-11
営業時間 10:30~17:00
定休日:不定休


【にほんブログ村】

茨城県久慈郡大子町『器而庵(旧外池呉服店店舗)』で八溝塗にふれる。

器而庵
[旧外池呉服店店舗]
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積103㎡ 明治29年 。

日本で一番、漆の漆の生産量が多いのは岩手県二戸市浄法寺町(浄法寺漆)。

二番目が茨城県だそうで、大子町はその大半を占める産地なのだとか。

茨城県の漆器として有名なのは粟野春慶塗(日本三大春慶,茨城県無形文化財)。

しかし、ここ大子町にも大子漆を使った八溝塗(やみぞぬり)という漆器があります。

どこで手に入るんだろう? と思って調べたところ、

『器而庵』という文化財に登録されている建物がヒットしました。

これは一石二鳥です。

器而庵
店蔵側面に施されているアートっぽい飾り。
若干の違和感が・・・


器而庵
こちらでもイベント用100円商品がありまして、
漆器類とは無関係のパウンドケーキてした。


器而庵

一階を店舗で、二階はお座敷になっているようです。

外壁は黒漆喰で落ち着いた雰囲気。

二階の開口部には観音開きの窓があり、高い防火性がありそう。

左官技術も素晴らしいです。

器而庵
店の入り口。
看板が良い味だしてます。


image
ここで一番安価なのがオリジナルのマスキングテープ。
(ここに貼ってあるのが、それ)
それでも600円ぐらいしていたと思う。


image
ほとんどの品が五桁なのてすが、
気軽に買える三桁の商品もありました。


image
塗りではないんですけどね。


好みの漆器があったのですが、

これまた良いお値段だったので今回は断念。

次回は諭吉を懐に向かえたらと思っています。



器而庵
【大子漆八溝塗 器而庵(きじあん)】
旧:外池呉服店店舗

茨城県久慈郡大子町大子624
営業時間10:00〜17:00
営業日:土曜、日曜、月曜
http://www.tsujitohru.jp/kijian/
http://www.tsujitohru.jp/yamizonurikijian/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。