sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

渡良瀬遊水地

栃木県の渡良瀬遊水地内にある「旧谷中村 延命院跡」という歴史的に軽くて重い場所。

image

1906年(明治39年)に強制廃村になった谷中村(やなかむら)。
度重なる洪水の影響で、肥沃な農地でもあったため、江戸時代には藩による開拓が行われまた。
洪水が起こると年貢を大幅に減免する措置が取られましたが、川により都度運ばれる沃土により洪水がない年は逆に無肥料でも大豊作で、一年の収穫で七年は食べられるとも言われたほどだったそうです。

実は、熊澤喜久雄東京大学名誉教授(東京農業大学客員教授)の2015年の論文を読みまして、谷中村に興味を持った次第です。

もともとは足尾銅山鉱毒事件について個人的に学んでいる最中でして、それを土壌という視点から捉えたところが大変興味深かったのです。ワタクシは理系ではございませんもので、全てに理解が及ぶわけではありませんが、公害と水質・土壌というものに目下興味を覚えているところです。学生時代に習ったものが知識の断片として自分の中にあるところに、新たな知識を投入するとこで繋がって線となり、線と線が織り合って面となる感じは、このような歳ではありますがワクワクします。これを子供の頃に体験していたら、ワタクシは何かしらの研究者になれていたかもしれんと妄想しているところです。

ワタクシ視点で、もの凄く乱暴に端的に言えば、

公害・水害との闘い ⇒ 鉱毒反対運動の中心地に ⇒ 土壌改良計画 ⇒ 郡長による詐欺及び着服と村の借金 ⇒ 谷中村遊水池化案 ⇒ 県による堤防破壊 ⇒ 県による谷中村買収を決議 ⇒ 村債および税金の未納などを理由に村民らの土地を差し押さえ ⇒ 藤岡町に編入させ強制廃村 ⇒ 村に残るものに脅しをかける ⇒ 政府は谷中村全域を河川地域に指定 ⇒ 1917年、無人になる。

ということかなと考えています。(間違っていたらごめんなさい)

鉱毒事件の影響については論文などを読んでいただくとして、谷中村があった場所は渡良瀬遊水地の中で静かに時を重ねていました。

image
渡良瀬遊水地では異質にも見える墓石群があるところが
谷中村の延命院跡です。

image
舗装された道路からでもわかるように案内板が立っていました。

image
両側に墓石が並ぶ道を進みます。

image
小高い場所に鐘やポストが設置してありました。
ポストは連絡箱とかいてありました。ノートが一冊入っているようです。


image
共同墓地についての説明などが書かれた案内板。
(クリックで拡大)


image
雷電神社に関する案内板。
(クリックで拡大)

image

この周辺にある旧谷中村の中心部は、「谷中村史跡保全ゾーン」として残されています。

ちなみに下野煉化製造製の煉瓦を使っているということで、旧谷中村排水機場跡を見たかったのですが、検索せずに行ったため、何処にあるのか分かりませんでした。
機会があれば、いずれまた。


【谷中村 延命院跡】
栃木県栃木市藤岡町内野


【にほんブログ村】

渡良瀬遊水地に行って来たけど想像より遥かに広かった。

image

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池で、「池」と書くのかと思いきや、今の国土交通省では「地」という漢字が使われているようです。

思川(おもいがわ)と巴波川(うずまがわ)の2つの川が渡良瀬川に合流する地点にあり、遊水地の領域は、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県に跨るものの、大半が栃木県栃木市に属しています。

image

第1調節池の中にある貯水池が谷中湖(やなかこ)で、湖底がコンクリート張りの人造湖であり、利根川(とねがわ)水系8ダムの1つに数えられています。

利根川水系8ダムとは、利根川に建設されたダムのうち、首都圏へ上水道を供給することを目的の一つにしている多目的ダム群のことです。

野木町煉瓦窯を後にしたワタクシは、そのまま自転車で渡良瀬遊水地に入り、先ずは旧谷中村跡を目的地に定めて進むことにしました。

渡良瀬遊水地の面積は約33キロ平方メートル。一部を自転車で走行してみると、その広さが実感できます。
自転車でこの距離感ってことは、徒歩だと如何ばかりか。

image
車道も整備されているので、外周は車でも走行できます。

image
3月下旬のヨシ焼きのすぐ後だったからか、
草がほとんどなく、見晴らしがよいです。


image
はるか遠くに雪山が見えます。方角的には白根山かしら?

image
できれば電動自転車が良かったと思える坂道がところどころにあります。

image
遠くに車が見えますが、殆ど誰にも会わない。

image
ヨシ焼きで画像検索すると、
多くのカメラ愛好家たちが三脚を並べている画像が引っかかります。
整然と並んでいるところに、一見さんお断り的な暗黙のルールを感じる。


image
空が広いので、飛行機が接近して飛んでいるのがよく分かります。
空も渋滞しているんですねぇ。(写真は一機のみ)


image
ここはサバンナです、といっても納得できそうな風景。

image
貯水池に架かる(たぶん)東橋。

image
土手では菜の花が満開でした。

image

環境省のレッド・データブックに掲載された絶滅危惧種が多く発見されているということで、2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録されました。

しかし、遊水地の土壌には2010年調査時でも銅などの鉱毒物質が多く含まれているそうです。

image
ハート型の貯水池部分。遊水地はその上側も含まれるようです。

image
コンクリートで覆われたダム湖岸。
この日の貯水量はかなり少なかったですが、
逆に雨季はどうなるのか興味が湧きます。


image
まだまだお花見が出来そうです。

image
土手から見た遊水地。

image
[渡良瀬調節池第1排水門]
開閉方式はワイヤーロープウインチ式。


image
桜の薄いピンク、新緑が出そろわない木々の淡さ、
その向こうに連なる青い山々が何とも良い感じでした。


image
新古河駅付近の土手にある、カスリーン台風決壊口跡の碑。
(渡良瀬川決壊口)
1947年(昭和22年)9月に発生した台風は、、
GHQ占領下の日本の関東・東北地方に大きな災害を齎しました。

北関東の歴史を知るには、渡良瀬川沿いの歴史を避けて通れない気がします。
足尾銅山然り、後述する旧谷中村然り、田中正造然り。
ワタクシは文字では覚えられない性質なので、一歩一歩、その土地を歩いて学んでいるところです。その方が、リアル感も増す気がします。
まだまだ不足している知識ですが、改めて足尾銅山を見たいと思っています。今見たら、感じ方がもっと多い気がする。年内に達成したい野望の一つです。

今回、渡良瀬遊水地の一部を自転車走行したことで、この辺りがより身近に感じられるようになりました。
良い経験でした。誰かに勧めたい経験でもあります。感じ方は人それぞれなので、「ただのだだっ広い土地じゃん」とか言われそうではありますけどね。

ちなみに有名な「栃木市・渡良瀬バルーンレース」が、7日まで藤岡渡良瀬運動公園をメイン会場に行われてたらしいです。カラフルな気球を飛ばす競技のことね。めっちゃフォトジェニックな光景なんですって。
興味はありましたが、渡良瀬遊水地は広すぎて会場までは遠いので今回は止めておきました。
機会があれば、いつかたぶん。




【にほんブログ村】

栃木県 野木町『野木ホフマン館』で天皇陛下御在位三十年記念ダムカードを貰う。

image
[上]天皇陛下御在位三十年記念ダムカード
[下]通常のダムカード

車が無くても行こうと思えば行けるダムが北関東にあります。

本日は、五月末まで限定配布しているダムカードを貰いに、

『野木ホフマン館』に行って参りました。

茨城県にあるJR古河駅で下車し、

栃木県の野木町まで自転車移動。

その後、国の重要文化財である窯を見て、

渡良瀬遊水地に移動する計画です。

image
裏面も記念ダムカードはゴージャスです。

image
ここ以外のダムでも記念ダムカードの配布は五月末までだと思われます。

image
ダムカードのポスターも気になりますが、その下のポスターにビビっと来ました。
とちぎ橋カードだと!?


image
頂いちゃいました。
24種類もあるなんて、大変じゃん、これから。

ちなみに栃木県では、公園カードってのもあるらしいです。

マンホールカードも当然あるし、インフラに関するカード、多すぎ。

渡良瀬遊水地
[渡良瀬貯水池]


image
【ホフマン館】

栃木県下都賀郡野木町野木3324−10
開館時間9:00~20:00
休館日:月曜(国民の祝日の場合は開館、翌平日閉館)、12/29~1/3


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。