sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

静岡県静岡市『三保松原(みほのまつばら)』から富士山を望む。

image



平成25年6月に富士山世界文化遺産の構成資産に登録された「三保松原」。


約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂る、三保半島にある景勝地です。


日本三大松原(三保の松原、虹の松原、気比の松原)の一つであり、


日本新三景(大沼、三保の松原、耶馬溪)の一つでもあり、


駿河湾を挟んで望む富士山が有名なパワースポットでもあります。


前回静岡を歩いた際、10月から2月の間が富士山が美しく見える時期だと聞いたもんで、


本日、東京駅からバスで三保松原まで行って参りました。


ちなみに「三保松原」と「三保の松原」という二つの表記がありますが、


登録は「三保松原」になっているようです。


image

image
皆さん砂浜を歩くため、
松林内にある道ではほとんど人に会いませんでした。

image
結構な距離を歩いた気がするのですが、灯台は見逃しました。

image
スタート地点付近からチラリと見える富士山。

image
綺麗に富士山が見えるスポットを探して、
砂浜を黙々と歩き続けます。

image
かなり広い砂浜。

image
快晴だったため、海の色も綺麗に見えました。

image

image
砂浜をかなり歩いて人があまり居ないスポットまで来ました。

image
富士山もわりと綺麗に見えてます。

image

image
トドの群れのように見える波消しブロック。

image
海岸線は波消しブロックだらけです。

image
せっかくの松林なのに、
富士山と両方がカメラに収まるスポットをなかなか探せませんでした。


image
松林を気にしなければ富士山は余裕で撮れるんですけどね。

image



三保松原の一角には、天女伝説で知られる羽衣の松があります。


この松は御穂神社のご神体で、


祭神の三穂津彦命(大国主命)・三穂津姫命が降臨する際の依り代とされています。


image
羽衣伝説の舞台はこんなところだったんですね。

image
天女が舞い降りて羽衣をかけたとされる樹ですが、
羽衣を掛けるには育ち過ぎている松。
コレジャナイ感がハンパない。

image
厳重に囲われております。

image
三代目に代替わりしてました。



数々の和歌や浮世絵に表されてきた三保松原。


現地に行くまでは浮世絵のイメージを持っていたワタクシ。


海岸の浸食が進み、松枯れも進行しており、


手を加え続けなければ危機的状況にあるようです。


それゆえか、意外とイメージしていた通りには見えないもんですね。


数年後にはどうなっているんでしょうね。


image
御穂神社と三保松原のから羽衣の松までを繋ぐ「神の道」。




image
【三保松原(みほのまつばら)】
富士山世界文化遺産構成資産登録
静岡県静岡市清水区三保
[しみずライナー号] 東京駅八重洲南口→世界遺産三保松原 片道:2,880円
[しずてつジャストライン] 三保松原入口→清水駅前 運賃:360円(乗車時間:24分)


【にほんブログ村】

江の島に上陸。

江の島
こういう空を見ると、
君のぜんぜんぜんせから僕は~的な歌が頭に浮かぶ。




江の島に行って参りました。



前回上陸したのは二十数年前だった気が致しますが、記憶にございません。



十代最後ぐらいの歳だったんじゃないかなぁ。



先日、とある小説を読み、



その舞台が江の島だったもんで、久々に上陸したくなりました。



「弁天様のところに行きたいです」



と言い続けて同行の方を猛烈に歩かせてしまいました。



本日のワタクシの歩数は15,345歩。



同行の方は鎌倉在住なのでもっと歩数は少ないと思われます。



だから、ま、いっか。



さて、湘南モノレールで江の島駅に到着後、



人の流れに乗って江の島に向かいました。



結構観光客が居て賑わっている街なんですね。



しらす丼のお店ばかりってところと、



昭和時代によく見た貝殻の飾りを売るお店ばかりで面白いです。



暫く歩いたところで、乗船所を発見。



海から江の島に上陸するコースみたいで、こちらを利用致しました。



江の島遊覧船
片道400円。




10分も乗っていないと思うのですが、



あっという間に岩屋に到着しました。



江の島
[岩屋]
復路もあるっぽい。


江の島
富士山が観たかったのですが、曇っていて見えませんでした。

江の島
ぶつぶつの岩を発見。
こっ、これは・・・


江の島
やっぱりフジツボでした。

江の島
ワタクシの知るフジツボの5倍ぐらいありそう。

江の島
傘の先でゲシゲシと破壊しまくりたい衝動が湧きおこりますな。




良いお天気過ぎて、水面の照り返しが眩しかったです。



サングラス必須かも。



上陸後は、階段を上りまくり、



奥津宮から中津宮経由で辺津宮に向かいます。



江の島
橋を渡ろうと、船を利用しようと、階段を上らなければならないのは変わらず。




【にほんブログ村】

静岡県沼津市“戸田”。←“とだ”と読むと思ってた

沼津市戸田
[達磨山から見た戸田港と御浜岬]



本日は早朝から新幹線こだま利用で静岡県沼津市戸田というところに居りました。


ずーっと「戸田」を「とだ」と読むと思っていたのですが、


修善寺駅のバス案内所で、それが間違いだったってことが発覚。


まじかー。


「とだ」以外に読み方があっただなんてー。


初めて訪れた戸田は、静かで小さな港町でした。


沼津市戸田
修善寺駅から50分ほどかけてバスで山越えをして到達。
バス料金は片道1,000円でした。


沼津市戸田
左側の飛び出た緑の部分が御浜岬(みはまみさき)。
静岡県指定の天然記念物「御浜岬のイヌマキ群生地」です。


沼津市戸田
御浜岬の先に立つと、綺麗に富士山が見えるらしい。
炎天で気力が持てず、行くのを断念しました。


沼津市戸田

何かしらの海鳥が居ました。

沼津市戸田

服のまま飛び込んで泳ぎたくなるほど海が綺麗。

沼津市戸田

戸田港の水深は比較的深いらしい。



とにかく、海が透明度が高くて綺麗。


炎天下でなければ、岸壁に座って眺め続けて居たかったほどです。


沼津市戸田
河口付近の水面は緑に見える。



この戸田港は、駿河湾の深い海底谷に隣接しているため、


深海魚やタカアシガニが多数水揚げされるんだそうです。


沼津市戸田
ゆえに深海魚料理店が多いのです。



あまりにも暑かったのと、バスの時刻にリミットがあったのと、


天婦羅を食べる気分ではなく、とにかく水分が欲しかったもんで、


戸田港で食事はせずに移動致しました。


修善寺駅前には蕎麦店しか見当たらなかったし、


三島駅はよくワカランしで、熱海駅で下車するも、


本日は花火の日らしくて、大混雑。


熱海駅
熱海駅は改修中みたいです。
ってか、最近の熱海は混み過ぎですよねぇ。
再び人気スポットになっているみたいです。



結局、何も食べずに帰宅致しました。


水分だけで胃が膨れていた気もする。


東海圏ではSuicaが使えない都合上、三島から熱海駅までの切符を購入。


ゆえに一旦、熱海駅で改札を出ました。


どこもかしこも人だらけなれど、せっかく降りたもんで干物だけはゲット。


アオキ
干物って3~4日ぐらいしか保たないもんなんですね。

干物@熱海
今の旬とオススメを訊いてから購入。
帰宅後、鯵を焼いてみましたが、べらぼうに美味しかったです。



ちなみに、三島駅では下の商品を購入しました。


冷やしアベ川もち
[冷やしあべ川もち 216円/袋(税込)]
静岡県名物の安倍川餅を冷やして食べるタイプっぽい。
※クマの顔が文字になってます



なかなかお土産になるようなものがなく、結局はお土産自体を断念しました。


まあ、そんなこともある。


さて、「戸田」のヨミですが、


答えは、


戸田



でした。


読めねぇぇぇぇ~。



【にほんブログ村】

門司港@壱景。【弐】

門司港
切り取り方によっては外国の町並みにも見える通り。



意外に誰も信じていないらしいのですが、ワタクシは飛行機移動が苦手です。


誰に伝えても、“でも私は好き”という求めていない言葉が返ってきます。


この点からも、苦痛は他人には理解できないということが分かりますね。


そんなワタクシは今回の出張で、帰路に新幹線を選びました。


午前中ギリギリに乗って夕方に東京に着くという長距離移動感がハンパない手段。


正直、乗り物は得意ではないのですが、それでも飛行機よりはマシ。


ってことで、延泊し、午前中ギリギリの新幹線に乗るまでの間、町を散策致しました。


門司港はコンパクトなので、これで十分だという気がします。


旧門司三井倶楽部
[旧門司三井倶楽部]
※移築


旧門司三井倶楽部
和館は、富の象徴でもあった影盛(かげもり)が立派な屋根が特徴です。

旧門司三井倶楽部
ここで門司港名物の「焼きカレー」が海鮮入で1,350円~で食べられます。

旧門司三井倶楽部
旧門司三井倶楽部
旧門司三井倶楽部
アインシュタインが1922年(大正11年)に宿泊したとのことで、
2階の部屋が当時の状態で「アインシュタインメモリアルルーム」として展示されているそうです。


旧門司三井倶楽部

旧大阪商船
[旧大阪商船]
泊まったホテルの向かい側にあったので、最も頻繁に見た建物といえる。


旧大阪商船
一階で小規模なマルシェを開催していました。
主に布製小物類。


旧大阪商船

旧大阪商船
二階へ続く木製の階段。
カッコイイ。


旧門司税関
[北九州市旧門司税関]
歴史的建造物を復元した建築物。


旧門司税関
旧門司税関

国際友好記念図書館
[国際友好記念図書館]
ロシア帝国が大連に1902年に建設した東清鉄道汽船会社事務所の複製建築物。
北九州市と中国・大連市の友好都市締結15周年を記念して整備された。


国際友好記念図書館
どこぞのテーマパークにありそうな凝った建物ですね。

門司港駅2014
門司港駅を見学したいなと思って行ったものの、
9時過ぎなのに開いていないという・・・。
この辺りの人は時間に対してゆとりがあるのかも。


門司港駅2014
致し方なく、周囲をぐるりと回ってみる。

門司港駅2014
養生から露出している部分もあり、ちょっとしたチラリズムか。

門司港駅2014
門司港駅2014
足場に覆われた向こう側をチラ見して、その他の部分を妄想してみたり。

九州鉄道記念館
[九州鉄道記念館]
入館料が300円かかるので外観見学のみにて。


九州鉄道記念館
同館の屋内展示施設っぽい。

九州鉄道記念館
煉瓦の外壁が意匠性に富んでいてカッコイイのです。

九州鉄道記念館
色違いの煉瓦で模様を造っているのですな。

九州鉄道記念館
九州鉄道記念館
九州鉄道記念館

三宜楼
[三宜楼(さんきろう)]

三宜楼
昭和初期を代表する料亭建築且つ、福岡県に残る希少な木造三階建て大規模建造物。
中が無料で見学できるらしいのですが、10時からだったので断念しました。

マリーゴールド門司港迎賓館
[マリーゴールド門司港迎賓館]
1950年に竣工された結婚式場だそうです。
レストランもあるみたい。


門司港
右下は「ブルーウイングもじ」という跳ね橋。
奥が関門橋。


レトロ横丁
[レトロ横丁・栄町銀天街]
三ブロックほど商店街が続いています。
この通りにあるパン屋さんのコルネは先までクリームが詰まっていて美味でした。


飲食店
[手作りケーキとカレーの店 ドルチェ]
ここで「焼きカレー」を食べると850円。


海峡プラザ
[海峡プラザ]
“ちょっと昔の小洒落た土産物屋”感のあるお店が連なっています。


Tシャツ
あるんじゃないかと思っていたら、やっぱりあった巌流島に類するTシャツ。



短い門司港滞在時間の中で最も楽しかったのはスーパーでした。


東京では見ないものや、懐に優しい価格帯にテンションがあがり、


ものすごく楽しかったです。


特に鶏肉類の安さに驚きました。


業務用スーパーかってぐらいの量だし。


総務省の家計調査によると、鶏肉の消費量は福岡県が全国一位なんだそうです。


以下も九州の県で占められております。


どおりで惣菜コーナーに鶏の唐揚メニューが多かったはずだわ。


まあ、そんなこんなで、最後の九州行きは、こんな内容で幕を閉じたのでした。


カンセンジャー


【にほんブログ村】

糸魚川といえば翡翠(ひすい)ってことで、ジェード・ハンティングに行ってみました。

JR糸魚川駅
北陸新幹線が通るので大層綺麗に整備されたJR糸魚川駅。
以前来た時とは別世界でした。



糸魚川は新潟県最西端に位置する、フォッサマグナの西端です。


市内で良質な石灰岩が産出されることから、セメント製造工場が目立ちます。


JRの電車内から見える山が崩れているような印象を受けたので訊いてみたら、


石灰岩の採掘場なんだそうな。


石灰岩以外に有名なのが翡翠(ヒスイ)。


山からゴロゴロ海に流れ出るとかで、


海岸にはヒスイ採りをしている人が多く見られます。


でもここのヒスイは白いし、類似する石が多々あるので、


ヒスイをゲットするのはなかなか難しいんだそうな。


ってことで、下の写真を見て、ヒスイ探し類似体験をしてみてください。


無闇に写真を撮っただけなので、ヒスイがあるかは不明です。


糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川

糸魚川



まあ、本物を数多く見ないとヒスイなんて探せないわな。


しかし、宝探し感はハンパなくあるので、


この付近の海岸に行くことがあれば是非探検をすることをオススメします。


ちなみに川では採ってはいけないとか色々制約があるみたいなので、


詳しくは市のホームページなどで確認して下さい。


糸魚川の石
ワタクシが糸魚川の海岸で拾った石。

糸魚川の石
これが一番翡翠っぽく感じるのだが。

糸魚川の石
どうかな?



【にほんブログ村】

佐賀県唐津市『唐津城(からつじょう)』がモン・サン=ミシェルに見えなくもない感じ。

唐津城
[唐津城]
佐賀県唐津市東城内8
大人 310円
豊臣秀吉の家臣である寺沢(志摩守)広高によって、
慶長7年(1602)から7年の歳月を費やして築城されたそうです。
北面は唐津湾に面するため、海城ともいわれています。


唐津城
唐津城の別名は舞鶴城(まいづるじょう)。
由来は、満島山を中心に鶴が翼を広げたように見えることから。


唐津城
現存する遺構としては石垣、堀のみで、残りは復元されたものです。

西の浜
[西の浜]
夏は海水浴場になります。
砂浜がごっつい綺麗でした。



何度目かの唐津。


そして二度目の唐津城遠望です。


駅前で無料の自転車を借りて、ちょっと海まで走ってきました。


昨日とは違って今日は曇天。


時々日差しがあったりして、ある種、冬にしては良いお天気でした。


でも、ごっつい寒かった。


手袋必須って感じでした。


海だから風も強いし。


でも久々に砂浜を見ることが出来て、なんだかとても落ち着きました。


波も穏やかだったし。


でもいつかは、日本三大松原として有名な「虹の松原」を歩いてみたいなぁ。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。