image

京都にある『泉屋博古館』の分館が六本木にあります。

旧住友家麻布別邸跡地に2002年に竣工し、

住友家の美術コレクションを保存・公開しています。

名前の由来は、江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と、

中国の宋時代に皇帝の命により編集された青銅器図録

「博古図録」から付けているそうです。

分館は、2020年から改修工事をしておりましたが、

先日ようやくリニューアルオープンしました。

リニューアルオープン記念展の一回目は、

「日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京」。

こちらは5月8日(日)までの展示になります。

image
基本撮影禁止ですが、ここだけ撮影OKでした。

展示品はなかなか良かったです。

入館料1,000円は今どき安いと感じるほどに。

展示室はコンパクトながらも良品が多く、

印象に残る作品にも出会えました。

引き続き、リニューアルオープン記念展を

注目していきたいと思います。

今日のこのエリアは桜が満開で、

そちらも見応えがありました。

image
スペイン坂の街路樹も満開でした。

image
image
image
image
image
生憎の曇り空なので花弁が余計に白く見えてしまいますが。

image
image
桜の名前は解からねど、こんな鮮やかな花もありました。

今回初めて知りましたが、

六本木一丁目界隈って、桜の名所だったんですねぇ。

今日訪れて大変ラッキーでした。



image
【泉屋博古館(せんおくはくこかん)東京】

SEN−OKU HAKUKOKAN MUSEUM
東京都港区六本木1丁目5番地1号
開館時間 11:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜
https://sen-oku.or.jp/tokyo/
https://www.instagram.com/senokuhakukokanmuseum_tokyo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ