sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で勝駒を呑んで鰻コースを食す。

image

おせち料理でお世話になっている『神楽坂 和食 千』。

前回、呑みたい日本酒をリクエストしつつ予約を入れていたもんで、

ど平日ですが、夕方から食事をしに行って参りました。

image
もちろん東京都の感染防止徹底宣言ステッカーが貼ってあります。

image
「次回は鰻」と言われていたとおり、今日の献立は鰻でした。

前回リクエストした日本酒は「勝駒」。

ワタクシが最も好きな富山県の日本酒です。

でも東京ではなかなか飲めないんですよねぇ。

手に入れるのはもっと難しい(とワタクシは思っている)日本酒です。

ネットで買える場合もありますが、お高いです。

image
ここではまず、純米酒を飲んでおく。

image
八寸
この日のお品書きの内容とは異なります。
奥は秋田のジュンサイ。大ぶりで美味しいことで有名ですよね。

image
お造りは、イサキとコチ、北海道産雲丹。
カボスをお醤油に入れて食べることを推奨されましたが、
サッパリした味になって大変美味しゅうございます。
家でも真似をしたい。
水茄子も添えてあります。ウマウマ~

image
富山好きなのに初めて聞く
「林」という純米吟醸をいただいてみる。


image
朝日町の酒蔵なのかぁ。
スッキリしていて飲みやすいし美味しい。
機会があれば蔵に行ってみようと思う。

image
たき合わせは、芋・蛸・南京。
芋は金沢のお芋だそうです。伝燈寺里芋?

image
鰻料理の一皿目は、調理方法を3種類から選択できます。
食べたことが無いので、天婦羅を所望しました。
これが大変美味しい!!! 記憶に残る味です。

image
鰻料理の2皿目は、「うなぎかば焼き 薬味色々」。
とろろ芋が付いていて、「うとろ」として食します。

image
炭火で焼かれた香ばしくもとろける鰻。
これに山椒だけでも大変美味しく頂けますが、
とろろ芋にくぐらせると甘みが増して旨さ倍増です。

image
コースには無い日本酒のアテを作って貰いました。
鯵の酢の物です。
だしの味が効いていて酸味はほとんど感じません。
とても美味しい。

image
〆の食事は、富山県産こしひかりと、鰻肝のお吸い物。
お吸い物に入っているモロヘイヤが良い食感です。
ってか、肝がトロトロでウマっ。ってか、ウマッ。

image
桃を使ったデザートは、桃の杏仁豆腐でした。
ああ、癒される~。

image
中央で様々な炭火焼料理が生み出されて行きます。
鰻の良い香りだけで日本酒が飲めそうだ。

なんだかここのところ毎月ここで食事をしている気がする。

かなり気に入っております。

料理だけでなく、雰囲気も。

地元だけでも常連さんが多いのにも納得の居心地の良さです。

通えば通うほど、オプションが良くなる気配もしています。

この日も大満足の二時間でした。

image
お客さんが少ない時勢ゆえかと思われますが、
一本入手させて頂きました
ラベルは版画家の(故)池田万寿夫氏によるものです。


image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後
http://washoku-sen.jp/


【にほんブログ村】

日本橋室町2丁目『千疋屋総本店 日本橋本店』の桃のヨーグルトムースがウマウマ。

image
桃のヨーグルトムース 670円(税込)
販売期間:7月20日(月) 〜 8月下旬ごろまで

桃に異様な執着をみせる近年のワタクシ。

千疋屋総本店のサイトを見たら上写真の商品が登場していたので、

母に買ってきて貰いました。

image
イートインしないからと考えての購入量らしいです。
充実の内容です。


image
マンゴーシュークリーム 594円(税込)
8月末までの商品です。
マンゴーが激ウマ。

在宅勤務の合間に、先ずはシュークリームを頂きました。

五臓六腑に染み渡る美味しさです。

クリームも上品でマンゴーのとろける甘さを引き出していて、ウマー。

もう一つの桃のヨーグルトムースは夕食後に頂きまして、

こちらも「さすが千疋屋総本店」と思える美味しさでした。

残る絹ごし杏仁白桃は賞味期限が翌日までなので、朝に頂くことになりました。

桃は剥いて貰っているのが(食べやすくて)良いよね。

白桃丸ごとシロップ煮、的なものを作ろうかなぁと毎年思うものの、

剥いたら直ぐに食べたくなるので実行したことはありません。

桃を大人食いしたいなぁ。

一度、千疋屋から自分に贈ってみようかなぁ。

とも思うものの、剥くことを考えると思い留まっちゃいます。

プロの剥くフルーツって芸術ですよね。

あのスキルがあれば箱買いしても勿体ないかも。

しかし実際は難しいので、平日に行けることがあれば、

2階のパーラーで桃パフェを食べたいと思います。

それにしても、夏場のフルーツは「癒し」ですなぁ。



image
【千疋屋総本店 日本橋本店】

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1F,2F
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定
https://www.sembikiya.co.jp/


【にほんブログ村】

ももも。

image
青森県の野辺地葉つきこかぶ 80円/個(税別)

長らく待ちわびていた青森県の野辺地葉つきこかぶを発見しました。

甘くて柔らかくて蕪の中ではハズレの無い最高の蕪だと思います。

手で皮を剥くことができる蕪で、とても美味しいです。

神楽坂の八百屋で発見し、嬉しくてつい5個も買ってしまいました。

根を生で食べ、葉を浅漬けにし、残りはスープにしました。

とても幸せな気分です。

image
最近発見して気に入っている調味料。
ステーキ用のスパイスですが、スープに振ると味が締まります。
上野駅のスーパーで買った気がする。

この時期、街にワタクシの大好物が溢れておりまして、

ワクワクして財布のひもが緩くなりがちです。

大好物のニラも良いものが手に入ったので、

サッと茹でてからピリ辛漬けにする予定。

ラーメンに乗せると良いアクセントになるというアレです。

って、ワタクシはラーメンはあまり食べませんけれども。

常備菜が冷蔵庫にあるだけで、安心するんですよねぇ。

そしてボチボチ桃も出始めております。

image
今年初購入の桃。産地は未確認。2個で680円(税別)。
甘くてジューシー。今年は当たり年かも!?

桃の前に、プラムが出はじめておりますが、

プラムって種のまわりがキュッってなるほど酸っぱくて、

それを思い出すと購買意欲も萎えるんですよね。

その点、桃は安心できます。

当たり外れの大きいところは博打感がありますけれど。

今年も箱買いしたいなぁと思ってはいるものの、

まだその時期ではないかな。

色々な常備菜ができたので、

明日はお弁当持参で出勤しようと思います。

早くもランチが楽しみだ。


【にほんブログ村】

『船橋屋こよみ』のしるこが白桃に変わってた。

image
白桃のゆらら 450円(税込),白桃のしるこ 540円(税込)

船橋屋こよみの「しるこ」が杏から白桃に変わっておりました。

少し早い気がしますが、もう桃の季節なんですねぇ。

「しるこ」は、甘く香る白桃のソースが小豆とよく合っています。

美味しいです。

桃好きとしては、生の桃も入れて欲しいとは思いますが、

それは流石に、この価格と今の時期では無理かもなぁ。

ってか、今年こそは山梨に桃を食べに行くぞ!! と思っていたのに、

どうやら叶いそうにも無さそうで、残念に思っております。

どこぞで白桃を箱買いしてみようかしら。

そんな野望を抱かせる、今年初の「桃」でした。

たぶん、初だと思う。

初なんじゃないかな。



【船橋屋こよみ エキュート東京店】
東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅改札内 1F サウスコート
※営業時間と休みが不定になっている可能性があります
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/
https://twitter.com/koyomi_27848


【にほんブログ村】

日本橋室町2丁目『千疋屋総本店 フルーツパーラー』で千疋屋スペシャルパフェを食す。

image

本日は急遽、半日だけの夏休みを取りました。

眼鏡が壊れたためです。

何だか異様に勿体ない夏休みの使い方をしたもんで、

眼鏡を修理して貰ってから近くにある千疋屋総本店に向かいました。

ここで美味しい桃を食べてやる! と意気込んでの入店だったのですが、

既に桃の季節は終了しておりました。

でも気分は桃。

桃、桃、桃、桃。 桃を出せーっ!!

ってことで、一縷の可能性に掛けて、スペシャルパフェを注文致しました。

image
今はシャインマスカットの季節だったらしい。

image
[千疋屋スペシャルパフェ 2,100円(税別)]

正直、舐めてました。

やはり千疋屋のフルーツは凄かった。

めちゃくちゃフルーツを堪能できるパフェでした。

上に乗っているフルーツに桃が入っていたので大満足です。

いの一番に食べて、幸せに浸りました。

パフェの中にはフルーツソルベが入ってます。

今日食べたパフェには、バナナとマンゴーのソルベが入っており、

底には苺のソースが入っていました。

これはウマウマ。

明日も食べに行きたいレベル。

長らくパフェを食べていませんでしたが、

今後はここでパフェを食べたいと思います。

残念な夏休みになるところでしたが、

千疋屋スペシャルパフェのおかげで良い感じになりました。

ありがとう、桃。



image
【千疋屋総本店 フルーツパーラー】

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー2F
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定
※Suicaなどの交通系電子マネーが使えます
https://www.sembikiya.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

作ってみた。

image
福島県産の桃(L)
ちょっと前まではいずれの産地の桃も味気なかったのですが、
徐々に盛り返しているそうです。


image
大きすぎて食べきれなかったため、
和三盆糖で加糖してゼリーにしてみました。

桃のサイズはLってよりはLLだったのかもしれません。

両手で持つほどのサイズだったので。

やはり福島県産の桃は美味しいですね。

この時期は猛烈に桃が食べたくなるのですが、

どこの産地も出来がいまいちだったため、

しばらく敬遠していました。

甘みと香りが復活して良かったです。

流石に箱買いできる金額ではないので、

ちまちまと一個買いを続けたいと思います。

さて、ゼリーといえばゼラチン。

お酢をゼラチンで固めてクラッシュさせたものを和えたら

酢の物は舌触りが楽しくなるんじゃないの?

と思い、実行してみました。

image
お酢は蔵元小田屋のお酢がオ酢スメです。
なんちゃってー。


image
胡瓜+キクラゲ+茗荷と和えてみました。
暑いので若干溶けますが、それはそれで味が馴染んでgoodです。
ってか、キクラゲって予想以上に長持ちする食材だったんですねぇ。

出汁などを煮凝りにして供する飲食店がありますが、

ワタクシは面倒なのでゼラチンを多用しております。

酢ゼリー。なかなか良いです。

見た目が涼し気だし、コラーゲンだし、舌触りが楽しいし。

何より酢を食べるという観点からすれば、食べやすい。

我ながらいいアイデアだったと自画自賛中です。

既にそういう料理をされている方は大勢いらっしゃるとは思いますが、

自分で考えて行動してみるってところが自画自賛ポイントです。

外気の暑い休日は一日中室内に居たくなりますが、

そういう日は料理が捗りますね。

常備菜づくりにはうってつけの日だと思えます。

思うようにしています。

それはそうと、次回は桃を丸ごと一個甘露煮にしてみようと画策中です。

桃の皮をキレイに剥けるかがポイントかな。


【にほんブログ村】

千代田区紀尾井町『赤坂プリンス クラシックハウス(LA MAISON KIOI)』で文化財カフェタイムを満喫してきた。

image

東京都指定有形文化財の「旧李王家東京邸」。

ずーっと入ってみたいと思い続けてきた建物ですが、

残念ながらそのような機会は今の今までありませんでした。

本日は通院dayでして、付近にて待ち合わせ予定があったのですが、

時間があったのでリニューアル後のこのエリアを見ておこうと思いました。

で、この建物の前までやってきたわけです。

image
門前にメニューが出ているのを発見。
これは予約がなくとも建物に入れるんじゃないのか?
と思い、突撃。


image
若かりし頃にこの付近を通っていた時とは大幅に景観が変わっております。

image
車寄せを行くと、エントランスにもメニューが置いてありました。

image
カフェ利用はこの部屋に通されるらしい。

image
天井のモールディングも豪華です。

image
今のワタクシは毎日、桃が食べたくて仕方なく、
桃という文字に無条件に反応するようになっております。


image
桃にあう紅茶をスタッフさんに選んでいただきました。
紅茶はよく分からないワタクシです。


image
[桃のコンポートとバニラアイスクリーム 500円(税込)]
※サービス料が10%付きます


image
思いのほか桃が少なかった。
でもいろんな食感が楽しめる一皿でした。
まあ、500円ですし。


image
ここは今も結婚式場として人気があるようですね。
平日だからすんなり入れたのかもと思わなくもない。


image
階段下の照明器具。
館内の照明器具類は必見です。


image
重厚な階段に、可愛らしいステンドグラス。

image
建物の周囲にはバラが植えられており、
スタッフの方々が丁寧に庭の手入れをして居られました。


image
バラとステンドグラス。
なんかステンドグラスのデザインが可愛らしいんですよね。


image
手入れが行き届いており、バラも綺麗に咲いております。

image
場所はココね。

お釣りがトレイではなく手渡しだし、新券ではなかったので、

ここは気合の要らないお店なのだと認識しました。

まあ、サービス料が付くとは言え、価格帯がお手頃ですし。

近くに国立劇場があるので、

観劇前の小休止に丁度良いかもしれません。

全室を観られるわけではありませんが、

建物は一見の価値ありです。



image
【赤坂プリンス クラシックハウス(旧李王家東京邸)】
(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)
LA MAISON KIOI
東京都千代田区紀尾井町1-2
lunch 11:00-14:00,cafe 11:00-22:00,dinner 17:30-21:00
定休日:火曜
https://akasakaprince.com/


【にほんブログ村】

銀座三越で『桃農家カフェ ラ・ペスカ(ピーチ専科ヤマシタ)』のアイスを購入。

image


ずーっと行きたい、今年こそは行こう、と思い続けているのが

山梨県の『桃農家カフェ ラ・ペスカ』。

山梨県産の桃を使ったデザートが有名な大人気店です。

桃を使っているだけに、冬季は休業しています。

今年のカフェの営業は6月中旬からを予定しているとかで、

今年も野望が達成できるかは微妙なところです。

しかし、偶然知ったところによると、

2019年4月24日(水)から5月6日(月)までの期間、

銀座三越の7F催物会場に出店しているのだとか。

店名は「ピーチ専科ヤマシタ」。

『桃農家カフェ ラ・ペスカ』を運営する農業生産法人です。

これは銀座に桃アイスを買いに行かねば。

ってことで、銀座で髪を切った帰りに三越まで行って参りました。

image
「あいぱく」
2019年4月24日(水)~5月6日(月)
午前10時~午後8時(最終日午後4時終了)


image
ジェラートカップ 1個 473円(税別)
種類が豊富で迷いました。


image
帰宅後すぐに食べようと思って2個買った「桃・白鳳」を食します。

image
マイ保冷バッグに入れて持ち帰ったけれど、若干溶けてた。
有料のドライアイスが必要かも。
って、有料でドライアイスを貰えると知ったのは帰宅後なんですけどね。


image
若い娘さんが圧倒的に多かった会場ですが、
ちらほらとサラリーマンのオジサマも居ました。スイーツ男子かも?

帰宅後に食べましたが、さっぱりしていて飲むように食べられるジェラートでした。


税込だと500円超えで、かなりお高く感じますね。

この価格なら美味しくて当然、と思わなくもない感じです。

そして、やっぱり、桃の季節に山梨で桃デザートを食べたい。

そう強く思わされた味でした。

そしてこの催事。GW混むんじゃないかなぁ。



【桃農家カフェ ラ・ペスカ】
山梨県山梨市正徳寺1131-1
(JR春日居町駅から徒歩約10分,JR山梨市駅からタクシーで約5分)
営業時間10:00~17:00(L.O16:30)
定休日:冬季休業
※2019.3月下旬から4月上旬までジェラートショップのみ限定営業してました
http://www2.momo-net.co.jp/
https://www.facebook.com/LaCasaDellaPesca/


【にほんブログ村】

山梨の桃を箱買いしてしまう。

Peach
設定価格より200円まけてもらいました。

桃、大好きです。

お高いのであまり食べられませんけど。

本日、近所の八百屋を覗いたら、真っ先に視界に入る桃と遭遇。

ついつい購入の意思を固めてしまいました。

しかも箱買い。

Peach


雨なので大切に抱かかえて帰宅。

蓋を開けて玄関に置いておいたら甘い香りが漂ってきて、

思わず一つ食べてしまいました。


Peach
それほど大きくはないのですが甘さは半端なく、めちゃくちゃ美味でした。


たいそう至福のもぐもぐタイムを過ごしましたが、

ふと我に返ったら、

祖父母・叔母のところにお供えしていなかったことに気付きまして、

慌ててお供えをした次第です。

それにしても、なんというブルジョワ感。

桃をひと箱買える身分になって良かったと、しみじみ思いました。

excellent!

山梨まで桃を買いに行こうかと思っていたけれど、

高い交通費を払わずとも、近所の八百屋で箱買いできるんじゃん。

これは良い発見でございました。

今は静岡県産も売っているようですが、

味も価格も山梨県産の方が上なのだとか。

まあ、ブランドですもんねぇ、山梨県産の桃も。

岡山県産は遠すぎて手に入れにくいので、

今年は山梨県産の桃を満喫したいと思います。

桃からクエン酸を摂取して、

その日の疲れはその日のうちに解消したいもんです。

桃の大人食いが実現でき、大変幸せでございます。

ありがとう、桃農家のみなさま。

Peach
スプーンで種をくり抜くと綺麗に剥けると今日閃いた。


【にほんブログ村】

山梨県山梨市『蔵元ごはん&カフェ 酒蔵 櫂』の鮭の粕漬けごはんセットと利き酒セット。

養老酒造




大井俣窪八幡神社にお参りしたあとで、



斜向かいにある養老酒造内にある「蔵元ごはん&カフェ 酒蔵 櫂」に移動しました。



思いのほか早くお参りが終わったもんで、コチラはまだオープン前。



ですが、待たせて頂くことにしました。



養老酒造
右側の蔵のある建物が養老酒造です。

養老酒造
この小さな看板が目印。

養老酒造
蔵の脇を入るとお店の入口があります。

養老酒造
一階がショップ、二階がカフェになっています。

養老酒造
ショップは10時からだけれど、店内に人の気配は無し。


養老酒造
日本酒がならんている訳ではないショップ。

養老酒造
日本酒は6種類あるようです。

養老酒造
一階にある土間。
照明器具の傘が面白い。


養老酒造

image
こちらがランチメニューです。


image

養老酒造
[利き酒セット 500円]
ぐい呑み一杯で何か飲もうかと思ったものの、
利き酒セットがあったのでそれを選択。食事前に美味しいと感じたのは左端。
食事をしながら飲むならそれ以外だと感じました。ちょっと個性的なお酒です。
ちなみに右端のお酒の名前はワタクシが名付け子に付けたのと同名です。


養老酒造
[鮭の粕漬けごはんセット 1,230円]

養老酒造
粕漬けなので鮭が甘く感じます。

養老酒造
トマトに玉葱が乗っているこれは、トマトのマリネってことでいいですかね。

養老酒造
焼き茄子。

養老酒造
浅漬け。

養老酒造
食後には珈琲か酒アイスのうち一種選択できます。

養老酒造
コーヒーカップがデミタスサイズなので、
添えてあったポーションタイプのミルクも極小。


養老酒造
比較対象物か無いので、爪と比較してみる。
(でも、サイズ感は比較できず)


養老酒造
キッチン方向に気になる看板を発見。
山梨と言えば桃じゃーん。
「飲もうよ、飲もうよ」とEnnaさんに駄々をこねるワタクシ。


養老酒造
お店の人が気を利かせて、一つを半分コにしてくれました。
(当初は「ストローを二つ挿して来ましょうか?」と訊かれた)


養老酒造
山梨の桃に異様に執着していたワタクシですが、
ちょっと気が収まりました。




予約を入れておく方が確実だと思う人気店です。



結構満席になっていて驚いた。



椅子席は無いので、御高齢の方には辛いかもしれません。



でも、べたーっと床に座って食事をするのは落ち着きました。



一人当たりのスペースが広いので、居心地も良いです。



何より、スタッフの方々の対応が良い。



次回、大井俣窪八幡神社に参拝する際、こちらも再訪しようと思いました。



酒蔵って感じは薄いけれど、



建物をリノベして再利用している点でも一見の価値アリ。



オススメです。



養老酒造
【蔵元ごはん&カフェ 酒蔵 櫂】

http://sakagurakai.com/
山梨県山梨市北567
(山梨市駅からのタクシー利用料金は1,200円程度です)
営業時間[昼]11:30~14:30(L.O.13:30)、[夜(要予約)]18:00~22:00
定休日:月曜



【にほんブログ村】

富山県富山市『地場もん屋』で小さな桃を買ってみた。

image



毎度、富山市に来ると立ち寄って帰るのが総曲輪にある『地場もん屋』。


地元の野菜や果物、お総菜や米などを扱っているお店で、


行く度に違う野菜が置いてあるので見飽きないのです。


本日は日帰りで二時間ちょい後には家に居ると思うと


安心して買い出しができると考え、


立ち寄って帰ることにしました。


image
プラムサイズの桃は250円(税込)でした。
早速冷やして食べてみましたが白桃の味でした。
買って良かった~


image
キュウリはこれで130円(税込)。
やっぱり東京って物価が高いのだと感じます。



よく考えたら日帰りだから持ち帰りのエコバッグをそれほど用意してなかったわ。


レジ袋は一枚5円。


富山を旅する時は沢山持っておくべきでしたね。


持っていたエコバッグは大雨でずぶ濡れになり、


中に物を入れると全て濡れてしまうという事象が起こっておりましたもんで、


ここでレジ袋を購入致しました。


エコバッグも防水仕様じゃないと、大雨の日は意味無いですね~


次回は持ち歩くエコバッグに気を付けたいと思います。


もしくは防水スプレーをかけておこうかな。


image
駅前のスーパーでもお菓子などを買ってみた。
そう云えばコメッコって東京ではあまり見ないな。



image
【地場もん屋】

富山県富山市総曲輪3-3-16 ウィズビル1F
営業時間 10:00~18:30
定休日:年中無休


【にほんブログ村】

岡山県でワタクシが自分土産に購入したもの。

珈琲
猿の左拳が頼もしく感じられる桃太郎の絵が描かれた珈琲。

白桃ゼリー
なんだか異様に高価だった気がする岡山県産白桃ゼリー。

黄ニラしょうゆ
黄ニラの美味しさに開眼し、黄ニラは買えなかったので醤油を買ってみた。

青パパイヤ
青いパパイヤだよ! 岡山県産の!
映画「青いパパイヤの香り」に出てきた子役の美少女を思い出したよ。



今回は備前焼きを買い過ぎて重かったため、


一般的なお土産は殆ど買いませんでした。


っつーか、葡萄ばかり売っているのを目にし、


生の葡萄が苦手なワタクシの購買意欲が萎えたというのが正直なところ。


次回は、桃の季節に再訪したいなぁ~。


って、再訪するかは謎だけど。



【にほんブログ村】

青春18きっぷを使った日帰り山形県米沢市の旅 with 福島県 でワタクシが自分土産等に買ったもの。

苺
またまた苺を抱えて東京まで帰宅しちゃいました。
今度は福島県郡山市で購入。
福島の「さちのか」だそうです。


苺
コロンとした見た目と、ヘタのギリギリまで赤く色づいているところが麗し。
果肉はそれほどかたくなく、めっちゃ甘い苺でした。
ちょっと野性味のある味でもありました。

ここのところ、ずーっと苺にハマっているワタクシ。

旅に出る度、苺を抱えて帰ってきています。

今回の苺は箱入りだったので、持ち易かったです。

次回からは箱持参で旅に出ようかと思ったほど。

さて、今回ワタクシが自分を含めたお土産として買ったものは以下の通り。

桃ジュース
山形のストレートジュースと、福島のストレートジュース。
黒っぽい缶のジュースは東京でも売っていますが、ちょいお高いんです。
どんだけ桃が好きやねん!という内容になりましたな。
ちなみに葡萄ジュースは千葉県民Tとベルウッドさんへのお土産です。


ゆべし
その日限りの賞味期限である「ゆべし」。
そもそも「ゆべし」って名前の由来は何なんだ?


ゆべし
もちもちした食感の甘いお菓子でした。
移動距離の長い列車旅では疲れが癒されました。


ゆべし
同じ店舗で買った別の「ゆべし」。
期間限定のさくらあんだそうです。
こちらは来週半ばまでの賞味期限でした。


ヨーグルト
[楚人冠(そじんかん)ヨーグルト]
旧宮内省御料牧場という文字に惹かれて購入。
牧場かぁ~。牧場に行くのもイイかもなぁ~。


日本酒
お土産用に購入した福島県郡山市のお酒。
会津のお酒が大量に並ぶ中、ようやく発見しました。
300mlにしては、ちょいお高いです。


せんべい
職場のワタクシの周囲の一部の人用に購入したお土産。
やっぱり会津に行って来ようかなぁと思ってみたり。


あぶらあげ
意外とツボだった「大葉みそ漬油揚」。
焼いて食べたら良いツマミになりそうです。


気付いたら、いつもほどは買い物をしていませんでした。

理由は、今回、お米や日本酒の瓶、缶ジュースという、

重いものばかり買ってしまったから。

キャスター付きの鞄持参で、本当に良かったです。

桃ジュースは早速新幹線内で飲んでみましたが、

ネクターとは違ってサラサラとしており、なかなか美味しかったです。

欲の皮がもう少し分厚かったら、あと6本ぐらいは欲しかったかも。

次回は日本酒を探しに、福島に行こうかな。

油揚げ
上の油揚げを焼いてみた。
フライパンで焼くことを推奨していたのですが、これはトースターでカリカリに焼きたいかも。


油揚げ
フライパンだと焼き加減がイマイチわからん。
でも美味でした。味は濃いめ。


【にほんブログ村】

本日ワタクシが甲府土産に購入したもの。

もものシロップ漬け
[もものシロップ漬け]
三枝農園製で、桃の品種が五種類ぐらいあって迷いました。
瓶で重くなければ大人買いしたかもしれん。


もものシロップ漬け
ね? 左右で桃の色がちょっとちがうでしょ?

桔梗信玄餅アイス
[桔梗信玄餅アイス 290円(税込)]

桔梗信玄餅アイス
きなこ風味のアイスの中央に黒蜜が入っています。
溶けてしまう為、本来は持ち帰れず直ぐに食すべきものらしい。


プレミアム桔梗信玄餅吟造り
[プレミアム桔梗信玄餅吟造り 12個入りで2,160円]
これは真黒田さんのリクエスト。賞味期限が短いため、
月曜日まで大丈夫かと危惧しましたが、ギリギリセーフの賞味期限(5日間)でした。


生桃ジュレ
[生桃ジュレ 370円/個(税込)]
保冷バッグに入れてお持ち帰りしたものの、
帰宅した頃が食べごろの溶け具合になっていました。
ジュレ、シャーベット、桃の層になっていて、
個人的にはものごっつい気に入りました。
今後、甲府土産の定番にしようっと。


生ワイン
[生ワイン 1,680円(税込)]
酸化防止剤無添加なので開封したら直ぐに飲みきらねばならんそうです。
微炭酸でにごりがあり、体によい酵素やビタミンが豊富に含まれているそうで、
通常のワインに比べて甘く感じるのだとか。


マスキングテープ
甲州夢街道「くるむ」で購入した[マスキングテープ 183円/個]

コースター
甲州夢街道「くるむ」で購入した[レタープレスのコースター5枚セット 453円]

鯛
甲州夢街道「くるむ」で購入した[立体ポチ袋 648円]
立体的な鯛の入れ物で小物入れにもなります。





もうお察しでしょうが、本日、ワタクシは山梨県甲府市に居りました。



仕事です、仕事。



OFFでは結構頻繁に来ている気がする山梨県ですが、



仕事だと遠く感じるのは何故だろう何故かしら。



人為的な問題による遅延が往路・復路ともにあり、



さすが中央線だと思った次第です。



特急が通る前に踏み切りを潜って渡るって何さ?的な。



そんなこんながありつつも、お土産を買って帰ってきました。



自分と、千葉県民Tと、真黒田さんのシマに。



今年、桃を食べていないワタクシは、瓶詰めとジュース瓶とでめっちゃ悩み、



悩んだついでに生ワインを入手。



店内をぐるぐるしていたら、ジュースを買うのを忘れてしまいました。



なんか限定っぽかったんだけどなぁ~



まあ、数年越しの野望であった生ワインをゲットできたので良しとするか。



一気に飲まねばあかんらしいので、



この週末に楽しむかもしれませんし、保留にするかもしれません。



瓶の中で発酵が進んでスパークリングワインになってしまうらしいので



いずれにせよ、早く飲まねば。



そういえば、『花子とアン』でオトウが造ったワインを隠し持っていたけれど、



防腐剤なんか入っていないだろうから、



あれもスパークリングワインになっていたのかな?



ちょっと気になる。




【にほんブログ村】

山梨県産『信玄桃』は和菓子じゃなくて水菓子です。

信玄桃
『ハイジの完熟 信玄桃』は、甲州銘菓『信玄桃』を作っている桔梗屋さんが出しているっぽい。
ってか、パッケージがそっくりだから、桃農場とのコラボなんでしょうな。


信玄桃
ひとつ330円が高いのか安いのか、最近桃を買っていないのでわかりません。




今年初桃。



実は桃好きですが、近年めっきり食べなくなりました。



チャンスが無いというか。



そもそも白桃が好きだから、普通の桃は敬遠するっつーか。



本日、山梨に滞在しておりましたので、



帰り際に1箱(2個入り)買ってまいりました。



1時間ほど冷蔵庫で冷やしてから食してみましたが、



とってもジューシーで甘く、ウマウマでした。



あああ・・・白桃の缶詰を思いっきり食べたくなってきた。



いいよね~、桃。



しばらく食べていなかったので、この美味しさを忘れていたわ。



そして、一度食べてしまうと、欲望がむくむくと・・・



ってか、この『信玄桃』って桔梗屋さんが出しているだけあって、



『信玄餅』を捩っているんでしょうね~。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。