sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

東京国立博物館

『東京国立博物館』の常設展示の入館料ってこんなに高かったっけ?

image
[東京国立博物館本館(重要文化財)]
1932年(昭和7年)着工、1937年(昭和12年)竣工。
渡辺仁の案が採用された帝冠様式の代表的建築。

ものごっつい久々に、上野にある東京国立博物館に向かいました。

大きな企画展が無い隙間の期間なのですが、

入館料を支払う際、620円という価格に驚きました。

こんなに高かったっけ!?

400円台のイメージだったのですが、

それは十数年前の価格だったようです。

ちなみに今後も620円から値上がる予定だそうです。

イギリスの大英博物館は無料なのに・・・とボンヤリ思うワタクシ。

以前は国立博物館メンバーズパスを持っていたのかもしれん。

ちなみにメンバーズパスは現在2,000円で、

常設展なら何度でも入館できます。

またメンバーズパスを買おうかなぁ。

5,000円のプレミアムパスなら、

特別展無料観覧券が4枚付くみたいですし。

ちなみに母は年齢的に無料でした。

う、羨ましくなんかないからねっ!

image
敷地内には既に萩の花が咲いていました。

image
[山下門内博物館の表門]
現在の千代田区内幸町にあった頃の博物館入口。
薩摩藩の装束屋敷、飯山藩・小城藩の藩邸があった場所で、
上野に新しい博物館が建った明治14年までこの地にあった。
博物館移転後の明治16年に鹿鳴館が立てられ、
明治20年には帝国ホテルが開館する。

今回、展示からこのことを初めて知りました。

旧因州池田屋敷表門
[旧因州池田屋敷表門]
現在、東京国立博物館敷地内にある大名屋敷門。
旧因幡鳥取藩池田家の江戸屋敷の表門で、昭和29年に上野に移築。
博物館の展示物の一つとなっている。

旧博物館入口のイメージとしては近しいかも。

東京国立博物館って、体力と気力を気合を維持して回らんと、バテますな。

歩きすぎて疲労骨折の個所が再び痛み、ちょいちょい椅子に座って休みました。

その間、母は休まず、ずーっと展示物を見歩いていました。

意外と元気だ。

image
一度庭に降りると、館内への再入場はできないらしい。
爽やかな風が吹く良い季節でしたが、庭に降りるのは断念しました。

母は「いろいろ見ないと勿体ない」と言っていましたが、

よくよく考えれは無料じゃん。

入館料はたかが620円で、

普段からその価格を無駄遣いしまくっているワタクシなのですが、

「高い」と感じた衝撃は捨て難く、

この日一日中思い続けていた次第です。

値上がる前にメンバーズパスを買おうと思うけれど、

暫く行かないうちにどうでもよくなって忘れちゃうんだろうなぁ。



image
【東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)】

東京都台東区上野公園13-9
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
※毎週金曜、土曜、11月3日は21:00まで開館
休館日:月曜(祝・休日の場合は開館、翌平日休館),年末年始
※ゴールデンウィーク期間とお盆期間中は原則無休
入館料:一般620円、大学生410円
無料開館日:国際博物館の日(5月18日)
使用可能電子マネー:iD,Suicaなどの交通系ICカード,WAON
https://www.tnm.jp/


【にほんブログ村】

台東区上野恩賜公園『旧因州池田屋敷表門』は東京国立博物館の屋外展示で土・日・祝日に開門されています。

旧因州池田屋敷表門
[旧因州池田屋敷表門]
旧丸の内大名小路(現在の丸の内3丁目)にあった
鳥取藩池田家江戸上屋敷の正門。
国の重要文化財。
(国立博物館正門の西にあります)


旧因州池田屋敷表門
左右に唐破風造りの番所があります。
写真は唐破風に懸かる「兎毛通し」。


旧因州池田屋敷表門
格式の高い「本瓦葺き」には防火を願った三つ巴(みつどもえ)の丸瓦。
熨斗瓦のデザインがオシャレです。


旧因州池田屋敷表門
こんな門に合う塀も凄そうですよね。
屋敷に巡らされていた塀は圧巻だろうなぁ。


案内板


東京大学にある赤門に対して

こちらは黒門とも呼ばれる『旧因州池田屋敷表門』。

最高の格式を持つ門で、国の重要文化財になっております。

一度潜ってみたいわぁ~。

姫駕籠で。


【にほんブログ村】

東京国立博物館『台北 國立故宮博物院 -神品至宝-』を観てきたのだけれど翠玉白菜展示は終わっておった。

東京国立博物館
[台北 國立故宮博物院 -神品至宝-]
2014年6月24日(火)~2014年9月15日(月)



台北にある博物館の至宝、翠玉白菜


観たいなぁと思っていたのですが、


ワタクシの周囲の人々は「台北で観たから、もういい」と仰る。


ってか、台湾に行ったことがないのはワタクシだけってところが複雑な心境。


親日国って話だから、行っておこうかな・・・。


とボンヤリと思うものの、とりあえずは上野の東京国立博物館に行くことにしました。


さて、都内のいたる所に貼られた同企画展のポスターですが、


開催前にひと悶着ありましたね。


東京国立博物館(東京都台東区)で6月24日から開幕する特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」。そのPRに使用されているポスターなどに正式名称である「国立」が書かれていないとして、台湾政府が東京国立博物館に抗議、訂正されなければ企画展中止も辞さないとの声明を発表したと複数の台湾メディアが報じた。
台湾の通信社「中央社」が報じたところによると、「19日、会場となる東京国立博物館の周辺などに貼られたポスターに、「国立」の文字のないものが含まれていることに台湾のメディア関係者が気づいた」という。



この問題が解決したので、翠玉白菜は日本で展示できるようになったそうです。


東京国立博物館
企画展:1,600円
左奥の平成館で開催中です。


東京国立博物館
しかし、翠玉白菜の展示は7月7日(月)で終了しておりました。

東京国立博物館
白菜の代わりの展示品の目玉は、「人と熊」という一つの玉を彫ったものだそうな。

東京国立博物館平成館
朝早めだったので、比較的(帰る頃に比べて)空いていました。



すごい人だなぁ・・・と思っていたら、


「白菜の展示が終わったから空いているわね」


という会話が耳に入りました。


これで空いているってことは、翠玉白菜が展示されていた時は、いかばかりか。


客層は年齢層高め。


若者のより年配の方々が好む展示内容のようです。


書に興味が無いワタクシは、大混雑しているそのコーナーをすっ飛ばし、


工芸品があるコーナーまでショートカット。


特に「清朝宮廷工房の名品」のコーナーを見るのに時間がかかりました。


好みだと思ったのは景徳鎮窯の「臙脂紅碗」。


青磁も綺麗だけれど、白磁は宝石みたいだと実感しました。


そりゃ、西洋の王族が欲しがるはずだわ。


あんな食器でお茶が飲めたらなぁ~


と、中国皇帝の財力と、職人の技能に舌を巻いた次第です。


やはり、優れた工芸品を観るのは目が喜ぶよね。


それなりに楽しい企画展でした。


人ごみに、ものごっつい疲れたけど。


九州国立博物館でやる同展(肉形石が展示される)にも行きたいと思ったけれど、


九州出張は9月で、展示は10月からだから無理ですわ。


東京国立博物館
[本館の鬼瓦と懸魚]

東京国立博物館
[本館正面の破風上の鬼瓦]
他の鬼瓦は鬼なのに、ここだけ鳳凰だったんですね。
初めて認識しました。


東京国立博物館
[猪の目懸魚と六葉]


【にほんブログ村】

東京国立博物館「春の庭園開放」で名残りの桜を見てスタンプラリーに参加してきた。

東京国立博物館
[東京国立博物館 春の庭園開放]
期間:2014年3月8日~4月13日
9:30~17:00
土・日・祝は~18:00
(最終入館は閉館の30分前まで)


桜
木よりも地面に多い桜の花びら

東京国立博物館
池側から一度本館を見たいと思っていたんですの。

東京国立博物館
同じく、テラスに立ってみたいと思っていたんですの。

桜
散らずに幹で頑張っている桜の花弁と葉

東京国立博物館
[春草廬(しゅんそうろ)]

東京国立博物館
[九条館]
東京赤坂の九条公爵邸から移築された木造瓦葺き平屋建て。


東京国立博物館
狩野派による著色山水図が床張付(とこはりつけ)に描かれています。
欄間は花梨の一枚板で、藤花菱(ふじはなびし)を透彫。


東京国立博物館
[平成館前のシダレザクラ]




これまた行きたいと思っていた東京国立博物館の「春の庭園開放」に行って参りました。



着いたのが午前中の早い時間だったもんで、人はそれほど多くは無かったのですが、



時間と共に、続々増えていく庭園内の人口。



サクサクッと見て、サクサクっと本館内に退避致しました。



偶然にもスタンプラリーが開催中だったもんで、勿論、参加。



缶バッジが貰えるんですってー。



さくらスタンプラリー
[さくらスタンプラリー]
桜の作品をめぐるスタンプラリー開催中。
5つ揃ったらオリジナル缶バッジがもらえます。


さくらスタンプラリー
[如意輪観音菩薩坐像]
他に桜もあったので、計2種類っぽい。




ホント、桜の季節も終わりですなぁ。



次はツツジとサツキか。



そして紫陽花。



出かけるのに丁度良い季節の到来。



っつーことで、東博を後にして、日本橋に向かうワタクシなのでした。




【にほんブログ村】

東京国立博物館のキャラクターが「トーハクくん」と「ユリノキちゃん」というらしい。

東京国立博物館
本館は渡辺仁による設計。
平成13年(2001)に重要文化財に指定されています。


東京国立博物館
途中にボードがありました。
なんじゃ、こりゃ!?

東京国立博物館
[本館入口]

東京国立博物館
[本館エントランスホール]
よくドラマやアーティストの撮影に使われる場所ですね。


東京国立博物館
大階段を上がったところは昔は開かずの間でしたが、今は展示室になっていました。

東京国立博物館
[根付 高円宮コレクション]
な、なんですとーっ!!?


東京国立博物館
[高円宮根付コレクション]
根付の蒐集家といえば高円宮さま。
根付好きなら誰もが知っている常識です。
その後、どうするんだろうと思っていましたが、東博に寄贈されたんですねぇ。
興奮して鼻血が出るかと思いました。
ここなら閉じ込められてもいいです。


東京国立博物館
[東京国立博物館 貴賓室]
高円宮コレクションの隣にあります。
ここも観ることが出来るようになったんですね。
ちょっと感動。


クリアファイル
思わずキャラクターグッズを買っちゃったよ。
[左]埴輪 踊る人々クリアファイル A5変形 262円
[右]キャラクタートーハクくん・ユリノキちゃんキャラクタークリアファイルA5 262円


東京国立博物館の本館の展示品といえば、ワタクシにとっては根付。

学生時代から根付が大好きだったもんで、

根付を観ると異様に興奮してしまいます。

欲しいけれど、敗戦国なもんで、美術品は海外に流れてしまったため、

イギリスまで根付を観に行ったこともあります。

で、骨董根付の専門店で一つだけ購入。

学生だった当時も今も、根付といえば高価な骨董品のイメージがあります。

ノッティングヒルだっ気がするものの詳細は忘れましたが、

ロンドンの骨董店で根付を買う際、拙い英語力に熱意を加味して、

粘って粘って値切って値切って・・・の交渉を致しました。

本気で相手に英語を伝えようと思ったのは、あれが最初で最後だと思う。

それはそうと、高円宮様御存命の時からワタクシの憧れだった宮さまのコレクション。

実際に見ることが出来、今日ほど「歳をとって良かった」と思った日はありません。

感謝します、妃殿下、と申し上げたい。

そして本日が無料の日でなくば東博に入る気は無かったので、

公益財団法人日本博物館協会にも、感謝。

そしてそれを支える皆さんの寄付金にも感謝ということで、

感謝感謝な本日の博物館鑑賞でした。


  


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。