sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

早稲田

新宿区西早稲田『MIKAバインミー 早稲田店』のバインミーを再び買いに行く。

image

荒川線で早稲田までやって参りました。

目的は『MIKAバインミー 早稲田店』でバインミーを買うこと。

行ってみたら誰もいなかったので慌てず選ぶことができました。

(すぐにお客さんがやってきたけど)

image
いつかはお弁当も買ってみたい。

image
そういえば、そういう時期でしたね。

image

今回も6種のバインミーで迷ったものの、

一番人気だというスペシャルをチョイスしました。

そしてやっぱりパクチーは抜いて貰う。

image
スペシャルバインミー(パクチー抜き) 790円(税込)
image
断面はこんな感じ。

ここのバインミーが今のところワタクシのナンバーワン。

って、まだ二店分しか食べ比べていないんですけど。

今回一番人気のスペシャルを食べてみましたが、

確かにお肉のガッツリ感があって美味しい。

人気なのも納得です。

ベトナム食材を取り扱っているお店で調味料を買って、

一度自分で造ってみようと思います。

もちろん、パクチー抜きで。



image
【MIKAバインミー 早稲田店】
Mika bánh mì

東京都新宿区西早稲田1-8-18 宮下ビル102
営業時間 11:00~20:00
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://sites.google.com/view/mikabanhmi


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区西早稲田『MIKAバインミー 早稲田店』のバインミーを食べて唐突にバインミーに開眼する(ただしパクチーなし)。

image

早稲田大学のすぐ近くにある『MIKAバインミー 早稲田店』。

2019年12月にここに店舗を構えるまでは、

キッチンカーで営業していたそうです。

実はワタクシ、バインミーを一度も食べたことがなく、

初めは評価の高いお店のものを食べたいと思っておりました。

そもそもパクチーが得意ではないので、

ベトナム料理はハードルが高いのです。

しかし、ここだとハードルをワタクシレベルまで下げてくれます。

image

ってか、レバーも入っているのか。

知らんかった。

image

まず券売機でチケットを購入します。

と言っても、こちらは現金のみ。

電子マネーは店員さんに言って決済します。

image

バインミーの種類は6種。

ものごっつい迷うも、

目が本能的にパクチーを避けようとするため、

「03」一択になってしまいました。

image

イートインスペースは無きに等しいからか、

もともとそうなのかは不明ですがテイクアウトonlyです。

ゆえに、温かいうちに食べたいと思い、

帰りはバスを利用しました。

image
タコスバインミー 590円

帰宅後に切ってから食しましたが、

なんじゃこらっ!

ってぐらい美味しいです。

ワタクシには味が複雑に感じられるため、

気になって食べ煤経てしまうのもあり、

飲むように食べてしまいました。

あとから来たお兄さんが二つ注文していたけれど、

なるほど、これは直ぐにもう一つ食べたくなりますね。

完食後にもう一度買いに行こうかと思っちゃいました。

ここでの一番人気がスペシャルバインミーらしいので、

次回はパクチー入りでも気合を入れて食べてみようと思います。

(とか言いつつ、次回も「03」を選びそうな気もする)

バインミーって、家では作れないものだろうか?

ワタクシに唐突なるバインミーブームが来たので、

他のお店のものも試してみたいです。

それはそうと、

レジ袋代を入れる缶に描かれた金額にクスッとなりました。

(写真ではカウンターに貼られたメニューの横)

これはベトナムジョークかしら?



image
【MIKAバインミー 早稲田店】
Mika bánh mì

東京都新宿区西早稲田1-8-18 宮下ビル102
営業時間 11:00~20:00
Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://sites.google.com/view/mikabanhmi


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区西早稲田『こはぜ珈琲 早稲田店』がワンオペで大変そうだった。

image

早稲田大学の近くにある『こはぜ珈琲 早稲田店』。

下北沢まで行くのは億劫なので、

早稲田店を利用することにしました。

手作り感のある内装で、なんだか落ち着きます。

自家焙煎のコーヒー豆が量り売りされていますが、

家で入れるのは面倒なので、ここで飲んでみることに。

image

入口で注文&支払いをし、受け取ってからはセルフサービス。

ってことが前の人の行動で理解できたので、

何を飲むか選ぶべく、入口に貼ってあるメニュー表を確認。

その安さが気のせいかと思ってガン見しちゃいました。

image
今どき、なんて良心的な価格なんだ。

image
ちょっとしたお菓子もリーズナブルです。

image
ふわふわカプチーノのチョイスしてみました。
確かにふわふわです。

学生の街ならではの価格なんでしょうね。

独立系では、ワタクシの生息圏ではちょっと見ないお値段だわ。

カップ一杯のコーヒーでのんびりしたい時に

ちょうど良いお店かもしれないなぁと思いつつ、

ここに居続けるには自分には若さが足りない気がして、

クイッと飲んでサッサと退店したワタクシです。



image
【こはぜ珈琲 早稲田店】

東京都新宿区西早稲田1-9-13
営業時間 [月~土]10:30~21:00,[日祝]11:00~19:00
定休日:不定
※現金のみ
https://www.instagram.com/wasedanocohaze/
https://www.cohaze-coffee.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区戸塚町『Uni.Shop & Cafe 125』という早稲田大学大隈講堂脇にあるカフェ。

image

早稲田大学のオフィシャルグッズショップ&カフェが大隈講堂脇にあります。

大熊庭園の端とも言える場所にあり、緑を見ながらのんびりできるスポットです。

本日は朝から早稲田大学の極一角に居たのですが、

目的のお店が開店前だったため、ここで珈琲を飲むことにしました。

image
早稲田ブレンド 300円

image
チーズと杏のタルトが400円でした。

懐に優しい価格で、学生さんのみならず近隣住民など、

様々な人が利用しているようです。

学生さん以外だと高齢男性が多い気もしました。

タイミングかもしれませんが。

軽食などもあるので散策中の小休止に良いかも。

もう少し暖かくなったら、

テラス席を利用すると心地よいかもなぁ。

image
ガチャも大学仕様。


image
【Uni.Shop & Cafe 125】

東京都新宿区戸塚町1-104 早稲田大学大隈講堂脇
営業時間 8:30~19:30
定休日:夏季、年末年始
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://unishop-cafe125.com/uni-cafe125/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

豊島区高田(早稲田)『iro』に桜が満開の頃に再訪したい。

image

新宿区か文京区だと思っていたら豊島区だったというエリアにあるのが、

桜並木が見えるお洒落カフェ『iro』。

かなり評判の良いカフェです。

美味しい珈琲や紅茶や中国茶などが飲めるらしい。

桜の季節がスタートしたので、散策がてら珈琲を飲みに向かいました。

都電の早稲田駅から近い場所にありますが、

ワタクシは最寄り停留所からバスで向かいました。

image
店内も落ち着いた雰囲気です。
席数はそれほどありませんが、左側にテラス席もあります。

image
トーストも美味しそうなんだけれども

image
今回はこちらのケーキが目当てなんです。

image
誰かと一緒ならこういうのも良いですね。

image
猛烈にコーヒーが飲みたかったので、こんな組合せにしました。

image
深煎りの珈琲はとても飲み易い。
そしてウィローパターンのカップ&ソーサーが渋いです。

image
お皿の上の一つ一つに拘りを感じます。
プルーンが柔らかくて美味しく、売って欲しいと思いました。
クリームに一瞬ココナッツを感じた。

image
開口部から桜並木が見えます。
まだ咲いていないけれど、咲いていればさぞかし…。

会計時に桜のペーパーナフキンを頂きました。

今の時期ゆえの柄っぽい。

隣に続くショップで取り扱っているものなのかも。

良い場所に良い感じであるカフェ。

隠れ家感もあり、とても気に入りました。

本当は桜が咲いている時に再訪したいけれど、

たぶん混むと思うので、頃合いを見計らって再訪したいです。

image

image
椿山荘も混むだろうなぁ。


image
【iro(イロ)】

東京都豊島区高田1-6-9
(東京さくらトラム(都電荒川線) 早稲田駅下車徒歩2分)
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:00)
定休日:月曜
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.irocoffeeandtea.com/
https://www.instagram.com/iro_coffeeandtea/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

早稲田鶴巻町『ドラード和世陀』は分譲賃貸賃貸マンションなのだが過剰なデコで膨満感に襲われるものの記憶には残る造形物。

ドラード和世陀




早稲田大学の建築学科を卒業した建築家梵寿綱(田中俊郎)。



その母校の傍にあるのが同氏作の『ドラード和世陀』というマンションです。



これは氏が一人で作ったものではなく、



「梵寿綱と仲間たち」といわれる人々との作品で、



陶芸家、鍛冶屋、ステンドグラス作家、木彫造形家、ガラス彫刻家、



コンクリート造形家、壁がきを造る浮世絵の木版画家などいう職人集団なんだとか。



彼らの作品すべてを、ギュっと詰め込んだのが、このマンションです。



作品は他にもあるようですが、



ワタクシはこの建築物を学生時代に見て度肝を抜かれました。



当時一人一台カメラを持てる時代でも、



況してフィルムをばんばん自分で現像できる時代でもなく、



ただ記憶に留める程度でした。



でも、ずーっと記憶には残っていたもんで、



今回改めて写真に撮っておこうと考えて早稲田界隈に出向きました。



ドラード和世陀
建物は6階建てらしい。

ドラード和世陀
一階部分が店舗になっており、理髪店が入っています。

ドラード和世陀
平らな面が無いぐらい“形”で埋め尽くされた壁面。
しかも統一された形状ではありません。


ドラード和世陀
色とりどり小さなタイルで埋め尽くされた箇所もあれば・・・

ドラード和世陀
別のタイルやモルタルなどで装飾されている箇所もある。

ドラード和世陀
窓ガラスもステンドグラスになっており、左右で模様が異なります。

ドラード和世陀
ベランダ部分には鋳物の造詣物があり、階数によってデザインが異なります。

ドラード和世陀
角を飾るオブジェも鋳物。
初めはタコかと思いましたが・・・


ドラード和世陀
植物の蔦にも見える。

ドラード和世陀
上層階をの壁面を飾るオブジェとモチーフは同じですかね。

ドラード和世陀
ベランダの天井も抜かりない。

ドラード和世陀
もろフジツボ・・・
(苦手です)


ドラード和世陀
看板も作品の一つ。

ドラード和世陀
こちらが店舗の入口のようです。

ドラード和世陀
壁面に貼られたタイルは部分によって異なります。

ドラード和世陀
立体造形物も壁に付いている。

ドラード和世陀
裏表で対なのかな?

ドラード和世陀
ボディだけでなく、顔もあります。

ドラード和世陀
タイルの画には統一感はありません。

ドラード和世陀
どこかで見た絵もあるし。

ドラード和世陀
ドットもある。

ドラード和世陀
こちらが居住区の入口。
通路が狭いので大きな家財道具は入れにくいでしょうね。


ドラード和世陀
エントランス床はモザイクタイル。
しかも平面ではありません。
車椅子には適さないかも。


ドラード和世陀
通路の天井にも造形物が。
鍾乳洞みたいですね。


ドラード和世陀
でも建物と隣接している部分には造形物はありません。

ドラード和世陀
でも、一階部分の角は剥がれたのかな?

ドラード和世陀
どこをどう切り取っても、同じ個所はない外壁です。

ドラード和世陀
巾木部分っつーか、土台部分も抜かりなくタイル張り。




今回改めて思ったんだけれど、



大規模修繕ってどうしているんだろう?



外壁の洗浄や塗り直し、タイルの剥落点検とか、



もの凄く費用が掛かりそうなんだけれど。



好き嫌いはともかく、



建築物の面白さを感じさせる建物だなぁと改めて思ったワタクシでした。




ドラード和世陀
【ドラード和世陀】

1983年(昭和58年)
東京都新宿区早稲田鶴巻町517



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。