sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

旧三河島汚水処分場喞筒場施設

【写真多用】荒川区荒川『旧三河島汚水処分場喞筒場施設』を見学してきた。【後編】

旧三河島汚水処分場喞筒場

地上に戻ってから、次に見学するのが喞筒室(ぽんぷしつ)。

建物は左右対称で、セセッション様式をいち早く取り入れたデザイン。

外壁は煉瓦タイル貼りで、富岡製糸場(明治4年)に類する外観です。

ここには下水を地下の喞筒井(ぽんぷせい)から吸い上げるポンプが

10台設置されています。

※機械類は更新されている

旧三河島汚水処分場喞筒場
[喞筒室入口]
規則的に配された柱型と、出っ張りの少ない軒が特徴。


旧三河島汚水処分場喞筒場
左右対称といいつつも、右側の内部は3階建て。

旧三河島汚水処分場喞筒場
ここには事務室や倉庫などがありました。

旧三河島汚水処分場喞筒場
左手の内部は2階建て。
大型の機械類が設置されているからなんだとか。


旧三河島汚水処分場喞筒場
確かに、奥の棟には窓がない。

旧三河島汚水処分場喞筒場
さて、この建物内には重要文化財に指定されているヴェンチュリーメーターがあります。

旧三河島汚水処分場喞筒場
[ヴェンチュリーメーター]
今の貨幣価値で数千万円もするのだとか。


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここにあるポンプは、井口在屋博士が数式を作り、
その教え子の畠山一清が製造しました。
この畠山氏は井口博士と「ゐのくち式機械事務所」を設立し、
その後、荏原製作所を設立しています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
大正10年なのに既に左から読む表示になっている。

旧三河島汚水処分場喞筒場
これが現在のエバラ製のポンプ。
昭和時代のものらしいです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
塗装はし直しています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
奥の天井付近に見えるのが、クレーン。
手前にスライドして各ポンプの上まで移動させます。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
建物に向かって右棟の、3階建てのうちの2階部分。
今は展示室になっています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
同棟の3階にあがる階段。
※非公開


旧三河島汚水処分場喞筒場
展示室にある模型。
模型のエリアが重要文化財です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これが建物の外壁を飾る煉瓦タイル。
金型も見えます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
品川白煉瓦(現・品川リフラクトリーズ株式会社)製だったんですね。
タイルの裏にあるひし形の刻印で製造会社が判別できます。


旧三河島汚水処分場喞筒場


旧三河島汚水処分場喞筒場
東京市の下水を遠く離れた別の「村」が処理するという構造。
当時、この土地は東京市の外にある村で、水田が広がっていました。


旧三河島汚水処分場喞筒場
話は戻って、クレーンを確認。
石川島造船所製(現・IHI)です。
幕末頃からある誰もが知っている会社ですね。
「6t半」の性能のクレーンみたいですね。


旧三河島汚水処分場喞筒場
奥に見えるトラス構造の天井。
直線の造形美ってところでしょうか。
かなりカッコいいです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
クレーンの引き上げ部分。
移動は人力なんですってー。
(マジかー)


旧三河島汚水処分場喞筒場
見たこともないほど巨大なファスナーも見えます。
YKK製なんだろうか?


旧三河島汚水処分場喞筒場
チャラチャラと金属がぶつかる音が聞こえてきそうな気がします。
吊り上げるところを見てみたいなぁ。


旧三河島汚水処分場喞筒場
鉄骨部分は塗りなおしています。
そういえば、この色。不思議ですよね。
何故、この色(くすんだ緑)なのか?
これは工場でよく使われる工場特有の色なんだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
二階から外へ。

旧三河島汚水処分場喞筒場
すぐ脇には、下水管の一部が展示されています。
機械で切り出したもので、実際に使っていたものだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
底部は焼煉瓦が敷き詰められています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
断面を見ると、確かに焼き締められているのが分かりますね。

旧三河島汚水処分場喞筒場
ちょっと戻って、インクライン。
ゴミをトロッコに乗せて運ぶ設備です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これがその軌道跡。
一部保存されていました。


旧三河島汚水処分場喞筒場
この坂をトロッコが上るわけです。
もちろん、坂上までは電動。


旧三河島汚水処分場喞筒場
[土運車引揚装置(インクライン)用電動機室]
もちろん重要文化財。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これがケーブルを設置していた設備の跡。

旧三河島汚水処分場喞筒場

旧三河島汚水処分場喞筒場
中の機械類は撤去されています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
土台の煉瓦跡が見える。

旧三河島汚水処分場喞筒場
でも、ここで興味深いのは壁の落書きなんだとか。

旧三河島汚水処分場喞筒場
見えるかな?
(上のあたりに「努力せよ」と書かれている)


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここは高台になっているので、ポンプ室などが見下ろせます。

旧三河島汚水処分場喞筒場
スレートの屋根も見える。


これで施設見学は終わりです。

DVDを見た部屋に戻って、アンケートに記入。

旧三河島汚水処分場喞筒場


門まで送って頂いて、再び都営荒川線に乗り込みます。

時計を見たら2時間ぐらい経過していました。

普通の見学時間は1時間強程度なんだそうです。

質問し過ぎたかもしれん。

でも、すごく楽しかったし、満足できました。

東京都水道歴史館と併せて見学すると

より、上下水道について理解できるかもな。

って、下水に愛着が湧くかは微妙だけれど。

荒川二丁目


さて、都電荒川線で町屋下車してストレートに帰るか、

それとも早稲田まで行くか。

しばらく考えつつ、

満員の電車に乗って巣鴨に移動するワタクシです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
【旧三河島汚水処分場喞筒場】
東京都荒川区荒川8-25-1
開館時間 9:30~16:30(入場は16:00迄)
休館日:火曜、金曜、年末年始
見学は要予約
電話:03・6458・3940

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

【写真多用】荒川区荒川『旧三河島汚水処分場喞筒場施設』を見学してきた。【中編】

旧三河島汚水処分場喞筒場


続いて喞筒井及び接続暗渠に向かいます。

ここからは地下施設のため、ヘルメットを着用します。

ヘルメットがなかなか装着できず、

案内係の方にセットしてもらうという・・・

このヘルメットですが、

内側に使い捨ての紙カバーみたいなものが付いていて、

衛生的だなぁと思いました。

昔、現場でヘルメットを装着したら、

中から砂が零れ出た経験があり、

以来、確認する癖が付いたのですが、

それをしなくて済むということに、密かに感動してみたりして。

さて、地下へは金属製階段を使って下ります。

雨の日だったら怖いかもなぁと思いつつ慎重に降りたもんで、

写真を撮るのを忘れた。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設
[喞筒井接続暗梁]
ちなみに「喞筒井」は「ぽんぷせい」と読みます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
ワタクシぐらいのチビッ子は楽々立って歩けます。

旧三河島汚水処分場喞筒場
照明が付いているのでとても歩きやすいし怖くない。
この先に合流点があります。


旧三河島汚水処分場喞筒場
床には30cm角の陶板が敷き詰められています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
穴が4箇所に開いていますが、
モルタルを塗った床に押し付けると穴からモルタルが溢れて固まり、
接着しやすくなる工夫がされているそうです。
30cm角である意味は特にないと仰っていましたが、
これ以上大きいと陶板を焼く際に割れるのかもしれませんね。


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここで東西の水の流れが合流します。
ここで写真を撮るマニアが多いのだとか。
奨められて記念撮影をしちゃいました。
遺影に使えるかも(ヘルメット姿だけれど)。


旧三河島汚水処分場喞筒場
壁、床に微妙に付けられている曲線。
これもいい具合に水が合流する力を分散するのだとか。
この管内は【前編】で出てきた焼煉瓦張りの管と同じ時に造られたもの。
ここが煉瓦ではない理由は、水に含まれるゴミが前施設で軽減されて
ゴミで陶板が割れる心配が無いことと、
工事の費用・手間の問題なんだとか。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
暗い管内を先導してくださる案内係の方。
(後ろにももう一人いらっしゃいます)
二人して質問に答えてくれるという超親切案内。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
横に伸びる管の先には水をくみ上げる管があります。

旧三河島汚水処分場喞筒場
[喞筒室暗梁(阻水扉室)]
※ぽんぷしつあんきょ(そすいひしつ)


旧三河島汚水処分場喞筒場
左右に阻水扉があります。
塗装されず錆びたままの扉は大正時代のままなんだそうな。
閉じ込められたくないなぁ、こんなところに。
ちなみにこの扉は昇降式。
管内を点検する際に閉じられるんだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
暗いので懐中電灯で案内係の方が説明箇所を照らしてくれています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
横に伸びた細い管を発見。

旧三河島汚水処分場喞筒場
タイルなどで補強されていない理由は、
ポンプ室から水を戻される際に使われるためだけのものだからだとか。
管の先は緩やかに上っています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
[10号汚水ポンプの真下にある10号喞筒井]
下水をポンプで地上にくみ上げ、各喞筒井(ぽんぷせい)に分水されます。
水を吸い上げるため、口の部分がラッパ型になっています。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
下の部分は富士山型になっていて、吸い上げし易い構造になっています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
ワタクシが一番興味を持ったのがこの溝。
石は花崗岩です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
出入り口箇所の両側にこの溝があります。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設
右側に阻水扉(そすいひ)があるのでお分かりでしょうが、
昔はここに板を嵌めて阻水していたんだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
地下の見学が終了し、再び地上へ。
写真がボケボケで使えなかったのですが、
これ以外にも地下で見るものはあります。


旧三河島汚水処分場喞筒場
地上に戻り、ヘルメットを脱ぎます。
続いては一番大きな建物である、喞筒室(ポンプ室)へ向かいます。


後編につづく。


旧三河島汚水処分場喞筒場
【旧三河島汚水処分場喞筒場】
東京都荒川区荒川8-25-1
開館時間 9:30~16:30(入場は16:00迄)
休館日:火曜、金曜、年末年始
見学は要予約
電話:03・6458・3940

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

【写真多用】荒川区荒川『旧三河島汚水処分場喞筒場施設(重要文化財)』を見学してきた。【前編】

旧三河島汚水処分場喞筒場

予約をして、朝から『旧三河島汚水処分場喞筒場施設』を見学して参りました。

実はここ、重要文化財に指定されている施設なんです。

三河島水再生センターの一角にあるため、内部に入るには予約が必要。

めっちゃ混む施設なのかと思いきや、

本日は貸し切り状態でした。

ワタクシ一人の見学に、案内の方が2~3人付くという・・・

恐縮です。

でも、疑問点はいろいろ質問できたし、勉強になったし、

めちゃくちゃ楽しかったです!

先ずは荒川二丁目駅からスタートします。

都電荒川線
ものごっつい久しぶりに都電荒川線に乗りました。
って、町屋駅から二駅だけなんだけれど。


荒川二丁目
[荒川二丁目駅]
ここで下車するとすぐ前が三河島水再生センターの敷地です。


荒川二丁目
荒川自然公園?
敷地の周囲がそうなのかな?


旧三河島汚水処分場喞筒場
こんなプレートが踏切前にありました。
「喞筒」に「ポンプ」というルビが振ってあるけれど、なぜこの漢字なのか?


荒川二丁目
へーっ。いろんなバラを植えているのかぁ。
結構満開で、線路沿いが綺麗でした。


レッドクイーン
[レッドクイーン]
ちよっと大きめのバラでした。


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここが入口。
出入り自由ではないため、当然門は閉まっています。
門扉には見学者はここで待つようにと書いてあります。
指定時間前に奥から案内係の方が来て、左奥の通用門を開けてくれました。


旧三河島汚水処分場喞筒場
入口にある土塁。
昔は3mに盛られた土塁が施設を水から守っていたんだとか。
今は50mほどしか現存していません。


旧三河島汚水処分場喞筒場
門を入って振り返ったところ。
右側の白い門衛所(守衛室)は大正14年のもの。


旧三河島汚水処分場喞筒場
今は使われていないそうです。

旧三河島汚水処分場喞筒場
畳が敷かれた仮眠室なども当時のままの間取り。
機能的ですね。

旧三河島汚水処分場喞筒場
鈴木都知事によって建てられた碑。
この形は、ここの処理場が担当している処理区全体の形。
文京区、豊島区(一部)、台東区、北区(一部)、荒川区がそれ。


旧三河島汚水処分場喞筒場
この石に削られた箇所があるんてすけれど、
これが処理場の位置と形なんですって。
結構端に位置しているんですねぇ。


旧三河島汚水処分場喞筒場
正面が重要文化財に指定されている建物がある場所。
でもその前に、左の建物内でDVDでの施設説明があります。


旧三河島汚水処分場喞筒場
建物玄関にある「アースくん」のオブジェ。

旧三河島汚水処分場喞筒場
DVDを見る部屋。
ここで10分程度の映像を見ます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
テーブルに置かれたパンフレットなど。
お持ち帰りできます。


ノベルティ
右の袋に入っていた同施設のグッズ。
毎度思うのだけれど、下水道関連のノベルティに定規が多いのは何故なのか!?

ここでDVDを見た後で、見学に向かいます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
文化財のある施設に向かう道路の下には古い幹線汚水管があり、
写真の蓋がある場所までの長さを現在も使われているそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
[東・西阻水扉室]
東・西に各1棟あります。


旧三河島汚水処分場喞筒場
この建物内の設備は新しいものの、建物自体は大正14年に建設されたもの。

旧三河島汚水処分場喞筒場
案内板があるのだけれど、係の方が説明してくれるので読まずに進みます。

旧三河島汚水処分場喞筒場
それはそうと、今回勉強になったのは「阻水扉」のヨミ。
この「扉」は「とびら」とは読まないものだったんですね。
(答え:そすいひ)


旧三河島汚水処分場喞筒場
このエリアが重要文化財に指定されているエリア。

旧三河島汚水処分場喞筒場
東西の阻水扉の建物の間にある階段を降ります。

旧三河島汚水処分場喞筒場
[東・西沈砂池]
※写真手前の溝部分
下水を池の中でゆっくり流して、下水中の土砂を沈殿させて取り除く場所です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
[濾(ろ)格室]
鉄筋コンクリート造、建築面積176.27平方メートル、スレート葺。
ここで水中の浮いた土砂やゴミを地下のスクリーンで取り除きます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
スクリーンってのは、この奥にあるんです。

旧三河島汚水処分場喞筒場
奥の櫛みたいになっている部分がそれ。

旧三河島汚水処分場喞筒場
大きなゴミはここで取り除きます。

旧三河島汚水処分場喞筒場
大正時代より1m程度かさ上げしているそうです。
2mだったかな?
たぶん1mだったと思うんだけれど。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これが大正時代のままの管。
焼煉瓦が敷き詰められています。
開口部部分は花崗岩。


旧三河島汚水処分場喞筒場
壁はコンクリートの上にモルタルを塗っているっぽいですね。
剥がれている部分も見えます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
濾(ろ)格室の外壁は貼付け煉瓦壁。
煉瓦のタイルを張貼り付けています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
建物内部は平成11年まで使われていたので機械が何度が変わっています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
煉瓦タイルを貼る方法って、今と外観が変わらないもんなんですねぇ。
煉瓦を積むより断然安いのが利点。


旧三河島汚水処分場喞筒場
鉄骨の造詣がなんだかアーティスティック。

旧三河島汚水処分場喞筒場
トラスで支えられている天井。

旧三河島汚水処分場喞筒場
建物の土台部分の白い箇所はタイルが剥落したっぽいのかな。
重要文化財に指定されると容易くは修繕できないと聞くし・・・


旧三河島汚水処分場喞筒場
開口部のサッシは近代のもの。

旧三河島汚水処分場喞筒場
濾(ろ)格室とポンプ室の間にある芝生の下にも管が埋まっています。
これがヴェンチチュリー管で、下水の量を計測するためのものです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
その仕組みはパネルで説明。

旧三河島汚水処分場喞筒場
知ってて当然「ベルヌーイの定理」に沿って数式を説明されるの図。
理論はわかるが、数式については正直、さっぱりワカラン。
案内係のおじ様は元エンジニアとみた。


旧三河島汚水処分場喞筒場
この下に管が埋まっているんですってー。
覗いたけれど、光の反射で全く見えない。


旧三河島汚水処分場喞筒場
全く見えないので、ガッカリしていたら、これから地下を探検するようです。
ヘルメットを装着して、いざ、地下の世界へ!

中編につづく。


旧三河島汚水処分場喞筒場
【旧三河島汚水処分場喞筒場施設】
東京都荒川区荒川8-25-1
開館時間 9:30~16:30(入場は16:00迄)
休館日:火曜、金曜、年末年始
見学は要予約
電話:03・6458・3940

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。