sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

日本酒

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で水無月のお料理をいただく。

image
今日の一杯目は「鄙願」。

前回予約を入れてあったので、

母と二人で『千』に行って参りました。

この二週間、しかも特に今日は

色々と他人様事で精神を抉られることがあったもんで、

お酒を呑むには丁度良いタイミングでした。

気分は河島英五さんの「酒と泪と男と女」。

飲んで飲んで…というほど飲んだか定かではありませんが、

いろいろ忘れて気分転換できたような気がしています。

image
◆八寸
穴子寿司,才巻・小芋串,
新ごぼう,伏見唐辛子,鱧,無花果胡麻クリーム
初めて知りましたかけれど、小さい車海老の事を才巻海老というんですね。
車海老が出世するものだということも初めて知りました。

image
イチジクに合うと思うと言われて出して貰ったのが「寫楽」の純米吟醸酒。
確かにイチジクに合うかも。

image
母が飲んでいた桃の果肉が入ったお酒をちょぴ飲みさせて貰いました。
「鳳凰美田 完熟もも」は果肉入り桃ジュースのような味わい。

image
◆お椀
いさき,順才,オクラ,青柚子
焼いたイサキがなんとも美味しい一品でした。

image
次のお刺身(マグロ)に合わせて副料理長が選んでくれたのは「開運 涼々」。
すっきりとした飲み心地の淡麗な夏酒でした。

image
◆お造里
ハタ(愛知)、マグロ(鳥取)、クロムツ(鹿児島)
好きなものから食べていましたが、
左から食べると知った齢半世紀のワタクシ。
しかし次回も好きなものから食べちゃうかもしれん。

image
◆焚合せ
冬瓜,湯葉,椎茸
冬瓜が大好物なワタクシ。
大好物過ぎて毎年丸ごと買ってます。
これは今年初めて食べる冬瓜でした。

image
何だか次の肉料理に合わせてワインが飲みたくなりました。
和食に合うワインとはどんなものなのか気になったのが正直なところです。

image
こちらが次の一皿に合うと出して貰ったワインです。
単品で飲むとめっちゃ軽いのですが、
料理と合わせて飲むと繊細な和食の味を邪魔しないと納得。

image
◆焼物
宮崎牛
手前は辛子蓮根ょすりおろしたものだそうです。
お肉の味が美味しくてずっと噛んでいたい。

image
◆酢肴

骨まで美味しい鮎と優しく仄かな酸味が美味しい一品でした。
やっぱり大きすぎない6月の鮎が好きかもしれん。

image
「山川光男(やまかわみつお) 2022 なつ」。
ラベルに描かれたカエルが可愛い。

image
今回は、楯の川酒造が製造しています。

image
追加して貰った一皿は、母の好物2種でした。
(烏賊 煎り酒 雲丹添え)

image
◆御食事
茗荷御飯
香の物赤出し

image
茗荷ご飯が夏向きって感じで、
自分でも作ってみたいと野望を抱いた次第。

image
◆甘味
青梅ゼリー

image
追加はドライアプリコットを使ったソルベ。
果肉の食感が面白い一品でした。

image
ぱぴこさん郷里の佐藤錦も頂きました。
旬のものって身体に沁みる気がしますねぇ。

image
今回は飲まなかったけれど、気になるお酒はまだまだあります。

最近は副料理長にお酒のセレクトをお任せしておりますが、

料理とお酒の相乗効果って侮れませんねぇ。

一皿の料理が食べ終わる頃が飲み終わりって感じなので、

量を飲み過ぎなくて済む気がする…けど、どうなのかな?

種類は割と飲んでいるものの、

量はそんなに飲んでいない気がしなくもない…けど、

どうなのかな?

ってことで、次回のお料理とお酒にも期待しているところです。

image
今日は風が強かったので、表のお掃除も大変かもしれない。


image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で皐月のお料理をいただく。

image
今日の一杯目。


前回一人分の予約を入れてあったので、

母が来たので前々日に予約を入れて『千』に行って参りました。

店前の通りに観光客が戻り、カメラを持った人が通り過ぎます。

街に人が戻って来たなぁと感じてみたり。

image
初夏といえるのも終わりごろになり、夕方でもかなり明るい。

image
◆八寸
西京焼、蛸・小芋黄身酢、白瓜雷干し、新丸十
谷中生姜三葉細巻

image
本日のおすすめ日本酒はコチラ。
富山県の日本酒三昧!!

image
勝駒
今回は大吟醸と純米吟醸の飲み比べをさせて貰いました。

image
好みは大吟醸。さらりと飲めます。

image
◆お椀

image
鱧、秋田県産の順才、実柚子
鱧が好物なので何度食べても美味しいと感じる。

image
◆お造里
タカベ、マグロ、ハタ

image
◆焚合せ
小鮎、茄子
しろ菜

image
◆焼物
胡麻豆腐 
母向けのサービスか、
これより上のコースに付く宮崎牛の炭火焼きを付けてくれました。

image
羽根屋2種のうち、左を選択。
爽やかな飲み心地。

image
◆蒸物
油目(あいなめ)揚、アスパラ

image
銀鱈の西京焼き
パプリカなどの野菜類が異様に美味しい。
お酒も進む。

image
気になるこの二種を少しずつ頂いて飲み比べ。
富山のお酒は奥深いなぁと感じてみたり。

image
◆御食事
そら豆御飯、じゃこ、モズクの赤出し

image
◆甘味
梅ゼリー

image
追加で青じそのソルベを頂きました。

実は今月、月初に一人で食べに行っておりました。


その時の内容と比較して食べる楽しみもあり、

今回も楽しく美味しく料理とお酒を頂けました。

いつかは和食に合うワインにも手を出してみたいかも。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜20:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で皐月のお料理をいただく。

02
今日の一杯目。


前回一人分の予約を入れてあったので、

会社帰りにぶらりと『千』に行って参りました。

GWの休み明けで、今月初のお食事になります。

ゆえにメニューが無い。

記憶を頼りに書いているので間違っていたらスミマセン。

03
◆八寸
タコの柔煮、カジキマグロ、薩摩芋のブランデー煮、
なまり節、タラの芽、谷中生姜

04
本日のおすすめ日本酒はコチラ。

05
◆お椀
鱧と秋田県産のじゅんさい、柚子の花

06
見るだけでテンションが上がる勝駒。
今回は純米吟醸を頂きました。
味がいつもと違う気がする。
なんかどっしりしている。

07
◆お造里
イサキ、ハタ

08
◆焚合せ
小鮎、茄子、しろ菜

09
◆焼物
人気の胡麻豆腐。

10
三杯目は天明。

11
◆蒸物
あいなめ、アスパラ

12


13
次は少しずつ頂いて飲み比べることに。

14
鰻ざく

15_1
◆御食事
そら豆御飯,じゃこ,モズクの赤出し

15_2
そら豆がほんのり甘くて美味しい。

16
◆甘味
静岡県産メロン、宮城県産マンゴー、山形県産サクランボ

実はこのエントリー、月末に書いてます。

ゆえに記憶が朧。

どこかで何かが間違っているかもしれませんが

ご容赦ください。

個人的な備忘録って感じですが、

既に忘却…



01
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜20:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で卯月のお料理をいただく。

image
ぼけぼけですが…。


母が数日前に通院のためこちらに来たため、

予約を入れて二人で『千』に行って参りました。

29日から5月5日までお店がお休みになるため、

卯月のお料理を滑り込みで食すことができました。

image
駆けつけ小グラス一杯のビールを頂く。

image
◆八寸
蛸やわらか煮,細魚寿司,もずく酢,
小芋酒盗煮,菜の花辛子和え,一寸豆白和え

ホタルイカが三杯酢漬けになっていて最高に美味しかったです。

image

image
一杯目は山の壽(やまのことぶき)。
ヤマノコトブキフリークス
@福岡県久留米市
アルコール度数は13度 

image
◆お椀
めばる,椎茸,こごみ

こごみはこれぐらいのサイズで食べるものなんだと認識しました。


image
二杯目は磯自慢
特撰 特別本醸造 生酒原酒
@静岡県

image
◆お造里二種盛り

image
◆焚合せ
若竹,若芽

image
光栄菊 黄昏Orange 無濾過生原酒
@佐賀県
アルコール度数は12度

image
鰹を燻している料理長。

image
◆焼物
鰹は甘いし、鬼おろしに大葉や茗荷が入っており、
柑橘系のぽん酢も相まって美味。

image
賀茂金秀 桜吹雪 大吟醸 出品仕込
@広島県東広島市
めちゃくちゃ美味しいお酒でした。

image
◆蒸物
鯛,湯葉



image
吉田蔵 u 石川門 生酒
前回も頂いたお酒ですな。

image
プラスαの一皿。
炭火焼ってどうしてこんなに食材が美味しくなるのか。

image
◆御食事
蕗御飯,香の物,赤出し

赤出しに入った山椒が良い香りです。

image
◆甘味
大葉のソルベと枇杷。
ワタクシ的には今年初めての枇杷です。

今回も美味しく楽しくお料理と日本酒を頂きました。

来月も楽しみです。

image
レモンサワーに使われる自家製のレモン酒。
作り方を訊いたけれど、手間暇かかっていて
自分で造るのは止めておこうと思いました。


image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜20:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始
※今年のGWは4/29~5/5まで休みになります


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

ベルウッドさんに仙台土産を頂いた。

image

有休消化で実家に帰っていたベルウッドさんに、

写真のお土産を頂きました。

東北新幹線が3月16日の地震による脱線で

郡山から一ノ関駅間の上下線で運転を見合わせているため、

郡山から仙台までは在来線を利用したそうです。

「歳をとると長時間電車移動は身体に堪える」

とボヤいていたベルウッドさん。

そんな大変な往復だったのに、

お土産を用意してくれていたなんて(涙)。

ちなみに在来線は激混みだったそうです。

春休みだから猶更混んでいるのかもなぁ。

頂いたお土産のうちジャーキーは

鞄に入れて携帯することにしました。

最近、地震が頻発しているもんなぁ。

昨日も結構揺れたし。

今日の雲もちょっと変だったし。

image

って、上手く撮れなかったけど。

週末に出かけたかったのだけれど、

ちょっと迷うわぁ。

ってことで、缶詰パーティーのためのお酒を買って来た。

image

いろんなお酒を少しずつ味わいたいので、

今回は小瓶入りにしておきました。

ポップにはワイングラスで飲んでねと書いてあったのだけれど、

洗うのが面倒になりそうだなぁと思ってみたり。

好物のオリーブも入手したら、ワインを飲みたくなってきた。

ゆえに、明日は近所でワインも買っておこうと思ってます。

ベルウッドさんのお土産もツマミに含めて、

だらだらする週末に…

と、今日は4月1日ゆえに、色々織り交ぜて呟いておく。

image



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で弥生のお料理をいただく。

image
久々に「かみくら」の門が開いていました(突き当り右手)。

年度末の三月は別れの季節。

今年はギリギリ自粛解除ができたためか、

神楽坂に社用族の賑わいが戻って参りました。

と言っても、お店が長々とは開いていないので、

コンパクトな会になっていそうですけれども。

さて、母が二日前に通院のためこちらに来たため、

急遽予約を入れて二人で『千』に行って参りました。

image
ワタクシは在宅勤務、母は歌舞伎鑑賞だったため現地集合になりまして、
ものすごく珍しく小コップでビールを頂きました。
めっちゃ喉が渇いている時のビールは美味しいですよねぇ。

image
あとから母がやって来たため、食事を始めます。
料理に合う日本酒を
副料理長のセレクトでお任せしました。
こちらは「仙禽 さくら OHANAMI うすにごり」。
初めから飛ばしてしまいそうな飲み易さです。春ですなぁ。

image
◆八寸
鯛手まり寿司,蛍烏賊
帆立・一寸豆おかき揚げ
わらび酢
竹の子三葉和へ蕗のとう田楽

好きなものは最後に食べるタイプなので
ホタテとホタルイカのに大好きなもので選抜。
最後にホタルイカを食べたら、富山に行きたくなりました。

image
二杯目は「山川光男 2022 はる」。
山川光男は山形の4つの蔵によるユニットですが、
こちらは山形正宗を醸す水戸部酒造によるもの。
イラストは杉の下意匠室

image
◆お椀
油目,若芽,独活

木の芽と独活の香りに春を感じます。
若芽がぷりぷりとしていていい食感。
何よりアブラメが肉厚で美味しゅうございました。

image
◆お造里
八丈島のマグロ、千葉のキンメ、佐渡のメバル。
ってか、八丈島でマグロが釣れるってことを初めて知りました。

image
次なるお酒は「吉田蔵 u 石川門 生酒」。
前回飲んだのとはまた違う味わいでして、
山廃とは思えないスッキリ感もありました。

image
◆焚合せ
長芋,蕗,椎茸
ごま油で芋を揚げているようで、
胡麻の香ばしさが鼻腔を擽ります。
椎茸が激ウマでした。

image
◆焼物
サヨリのアスパラ巻。
アスパラがシャキシャキして顎に美味しい食感でした。

image
次なるお酒は「光栄菊 月光」。
佐賀県の蔵らしいのですが、
佐賀に日本酒のイメージが無かったもんで、
ワタクシが初めて飲む佐賀の日本酒であることは間違いないです。

image
◆蒸物
蛤茶碗蒸し

image
貝が苦手なワタクシ。
料理長が蛤以外のものにしてくれると言ってくれたのですが、
今日はチャレンジしてみようと思いました。
蛤から出るお出汁が美味しいに違いないと思って。
これは最後まで美味しく頂けました。

image
次なるお酒は、黒ばくれん。
辛口が苦手な人でも飲めそうな感じです。

image
コースには含まれていませんが、
母の大好物のウニを料理長が出してくれました。
上に載っている葉わさびの醤油漬け的なものが
お酒のいいアテになります。

image
スタッフのCさんがお好きだというこちらのお酒で〆ます。
「鄙願」が好きだという女性がワタクシの周囲には多い気がする。

image
◆御食事
竹の子御飯と赤出し
ちりめんじゃこの佃煮が相変わらず美味。

image
◆甘味
わらび餅と餡子と紅ほっぺ。
たぶん、わらび餅だったと思う。

今回は春を満喫させて頂きました。

楽しく食事ができるので

また次も行きたくなっちゃうんですよねぇ。

来月はGW前に行けると良いなぁ。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始
※今年のGWは4/29~5/5まで休みになります


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で如月のお料理をいただく。

image
利き酒風。ただし、お酒は一種で器が三種。
器で風味が変わるのかチャレンジ。的な。


母がワクチンの三回目接種を終えて落ち着いたようで、

通院目的でこちらに数日滞在するため、

前日に急ぎ予約を入れて『千』に行って参りました。

前回お会いできなかった副料理長にも今年初で会えまして、

オススメの日本酒を質疑応答付きで飲むことができました。

image
◆八寸
西京焼,白魚揚,蟹&うるいお志多し,一寸豆,花わさび寿司
+子持ち昆布
花わさび寿司がピリリとして美味しかったので、
自分でも作ってみようと思います。

image
◆お椀
金目鯛,菜の花
母大絶賛の一品でした。

image
◆お造里
マグロ、サヨリ、イカ
イカのお刺身を久々に食べた気がする。
不漁だと言われ続けて数年。
今ではイカも高級品になっちゃいましたねぇ。

image
◆焚合せ
竹の子(鹿児島県産),若芽
これに合うお酒が一白水成の特別純米ささにごり、らしい。

image

image
お内裏様の盃で飲ませて頂きました。

image
期せずしてひな祭り気分。
筍の苦味や若芽の旨味と良く合うマリアージュでした。

image
◆焼物
胡麻豆富炭火焼
母大好物の焼胡麻豆腐。

【写真を撮るのを忘れた】
◆強肴
穴子,京水菜

image
純米吟醸山廃 吉田蔵u
ラベルがモダンでアートでワインのラベルみたいでお洒落です。

image
百万石乃白というお米を使っているらしい。
発泡感があり、飲み易く、ある種飲みすぎ危険なお酒でした。

image
追加の一品はホタルイカと甘エビの辛子味噌和え。
お酒が進む一品なのですが、満腹でリミット。

image
これが最後の一杯でした。
盃が渋い。

image
◆御食事
大根御飯,香の物,止め椀

image
大根飯という文字で想像していたものと違ってた。
(おしん視聴世代なので)
大根が甘くて美味しくて、胃に優しそうな味です。癒される。

image
◆甘味
グレープフルーツと苺のゼリー
見た目通りの美味しさでした。

今までは「美味しいお酒を飲む」ことを楽しんでおりましたが、

最近は「美味しいお料理をより美味しくお酒を飲む」ことに

意識が変化して参りました。

つまりはマリアージュ。

ド素人なのですが、味の変化が楽しいものだなと感じています。

そちらにシフトチェンジすれば飲み過ぎることも無さそうだと感じるし。

ギリギリでしたが、二月のお料理を食すことができてヨカッタ。

来月はお肉料理があるらしいので、

それに合う日本酒ってのも楽しみです。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で睦月のお料理をいただく。

image
これは最後のいっぱい(一杯)。

まん延防止等重点措置実施期間ではございますが、

今年初となる『千』に一人で行って参りました。

お店に向かう時から「にごり酒が飲みたい」と思っていたため、

一杯目は何はともあれ、にごり酒をお願いしました。

image

にごり酒って瓶で買って家で飲むには量が多いんですよねぇ。

一、二杯程度で満足できるので、

外で飲むのがワタクシには丁度良いです。

さて、今年初の『千』での食事ですが、来週は節分。

新年を味わうのはおせち料理で堪能できたので、

尽日を惜しむというか、旧正月の晦日感を味わうというか、

まあ、そんな気分でした。

image
◆八寸
車海老
,和の子寿司,白魚酒煮,菜の花お志多し,,蕗のとう

image
◆お椀 (白味噌)
胡麻豆富,法蓮草
,京人参,黄柚子
自分でも胡麻豆腐入りの白味噌汁を作ろうと強く思いました。

image
二杯目はこちら。

image
◆お造里
海苔で食べるお刺身は面白いし美味しかったです。
特にウニが海苔に合う気がする。

image
◆焚合せ
聖護院大根
,京水菜,
牡蠣の代わりにタコを入れてくれていました。
(牡蠣が苦手)

image
三杯目は富山の羽根屋。
羽根屋は種類が多い気がするので未だランク等を把握できていません。

image
◆焼物
銀鱈西京焼

image
◆蒸物
かぶら蒸し
とてもやさしい味で記憶に残りました。
癒しのお料理って気がする。

image
◆酢肴
なまこ
ワタクシの人生であまりナマコを食べる機会が無いのですが、
分厚く切られているのは贅沢だってことは何となく想像できる。

image
海老芋御飯
,香の物,止め椀

image
◆甘味
黒豆とわらび餅の黒蜜がけでした。
美味しいよねぇ、黒豆って。

おひとりさまの常連さんも交えてのユルイ会話で

かなり和みました。

初めて知ることもいろいろあり、勉強になったし。

今年は豆について学んでみようと思いました。

先ずは節分の豆を買いに行かねば。

image
最後に飲んだ「千」と一緒にいただいた黒豆。
マスカルポーネチーズとのマリアージュ。

image

image
柚子を乗せてみたり

image
醤油をかけてみたり。

最後に味わった黒豆とマスカルポーネチーズとのマリアージュは、

NHKの「あてなよる」っぽい体験で楽しかったです。

一度、真似してみたかったんですよねぇ~。

今月も美味しく楽しく頂きました。

来月の料理は何だろう?



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、
日曜夜、第3・第5日曜、年末年始


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

おせち料理2022。

image

2022年も母と二人、東京でお正月を迎えました。

今年で四度目になる『千』のおせち料理を二人でつつきます。

前日の朝に受け取りに行ったのですが、なんと受け取り第一号でした。

だから何って感じですけれども。

昨日の神楽坂は朝から

おせち料理が入っていると思われる紙袋を手にした人がチラホラ。

お料理屋さんが沢山あるので、もしかしたらこの街だけで

かなりの数のおせち料理が作られているんじゃないかしら。

COVID-19の影響で、おうち時間の過ごし方が上手くなり、

食に関するコダワリがある人が増えた気配がします。

神楽坂を歩いていると、そういう人たちにめっちゃ会うもんな。

昨日はカー・ヴァンソンが14時からお店を開けていたのですが、

セット商品の解説を偶然居合わせたマダムにして貰いましたもん。

神楽坂は食いしん坊には楽しい街だよなぁと思うワタクシです。

image

さて、今年のおせち料理は以下の通り。

定番の内容ですが、味に磨きがかかっている気がします。

美味しさが増していると思う。

今年も元旦から、美味しく楽しく頂きました。

image
おせち料理は1種のみです。

image
お品書きはこんな感じ。

image
こちらが壱ノ重。

image
こちらが弐ノ重です。

image
今年のお酒は試飲して飲み易いと思ったものにしました。
※リーズナブルな日本酒です

image
山形市で買ったお餅が、シルクの舌触りで
ごっつい美味しい

image
初っ端に選んだのがこちら。
黒豆は外せない。

image
二度目は酢の物を頂きました。

image
今年は二店の栗きんとんを食べ比べしました。
味がかなり異なっていて対比が面白い。
ワタクシの好みは左側かな。栗の量が多いし。

image
長門の栗きんとんは水分が多めと感じる。栗も少なめ。

image
清寿軒の栗きんとんは水分が殆どなく練りが凄いのだろうと思われます。
栗がゴロゴロ入っていて和菓子感がある。

なかなか楽しい、新春の食べはじめでした。

改めまして、千の皆様には昨年は大変大変お世話になりました。

2021年は「よく食べた一年」だったと感じています。

2022年も元気な胃袋と肝臓で、

料理長の数々のお料理と副料理長セレクトの日本酒に

挑めたらと期待しています。

蛇足ではございますが、今月はワタクシの誕生月でございます。

そんなこんなで、本年もどうぞよろしくお願いします。



image
【神楽坂 和食 千】

東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00(L.O. 20:00)
(第1・第2・第4日曜はランチのみの営業 11:30〜15:30)
定休日:月曜、第3・第5日曜、日曜夜
http://washoku-sen.jp/

2021年1月1日の食事はコチラ
2020年1月1日の食事はコチラ
2019年1月3日の食事はコチラ。←ホテルにて
2018年1月1日の食事はコチラ
2017年1月1日の食事はコチラ
2016年1月1日の食事はコチラ
2015年1月1日の食事はコチラ
2014年1月1日の食事はコチラ
2013年1月1日の食事はコチラ
2012年1月1日の食事はコチラ
2011年1月1日の食事はコチラ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で霜月のお料理と日本酒を堪能する。

image

前回予約を入れてあった『千』に母と行って参りました。

今回の目玉は、長らく課題になっていた

「塩辛に合う日本酒はどれか?」

に回答を頂くことでした。

副料理長が選んだのは、

image
喜久泉 (きくいずみ) 吟冠 吟醸造

青森県の西田酒造の看板商品らしいです。

八寸に含まれる塩辛に合わせて飲むと、

イカの旨味が増す気がしました。

ふむ、これは合うし、納得です。

image
◆八寸
かに・菊菜お志多し,烏賊共和へ
,にしん寿司,むかご,赤株漬,蓮チップ
むかごが異様に美味しく感じられました。
(蒸してから揚げているそうです)

image
而今 きもと 秋津山田錦
生酛仕込み

image
とろりとした舌触りで呑みやすいかも。

image
◆お椀
鰤葱
鰤の味がお吸い物に出ていて美味しゅうございました。

image
◆お造里
イシダイ、クロムツ、マグロの3種。

image
好みが分かれるらしい「新政」を半合だけ味見させて貰うことに。

image
ラベルがヴィリジアン!

image
かなり癖のある味で、クセになる人も居るんだろうと思われますが、
ワタクシはまだここまで到達できていないと感じました。
話のネタとして楽しいお酒でした。

image
◆焚合せ
聖護院大根
,水菜,椎茸
椎茸の美味しさが半端なかった。

image
◆焼物
銀鱈西京焼
身がふわっふわです。

image
◆強肴
海老芋
,湯葉,雲子
母の好きなものがギュギュッと詰まった一品。
お品書きにあるように、白子はたしかに雲っぽい形状かも。

image
ラベルの無い日本酒の登場です。

image
メニューの左端にあった、純米大吟醸「大信州」。
ラベルが無い瓶を初めて見た。

image
◆酢肴
母は牡蠣、ワタクシは蛸で、
それぞれの好物が酢の物になっていました。

image
◆御食事
銀杏御飯
,香の物,止め椀

image
◆甘味
栗と小豆の甘露煮。名残りの栗ですなぁ。

今月も美味しく楽しくお料理とお酒を頂きました。

来月の営業は25日までだそうです。

来月は足を運べそうにないので、おせち料理を堪能させて頂くつもりです。

今年も母と二人、無事に通い続けられて大変幸せでした。

来年も続けられるといいなと願いつつ、今年の箸を置きたいと思います。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:30)
定休日:月曜、第3・第5日曜、日曜午後、年末年始
http://washoku-sen.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

富山県富山市『すし 琉之輔』の握りが美味しすぎて悶えるレベル。

image

開店の数十分前に予約の電話を入れ、『すし 琉之輔』に行って参りました。

前回も狙っていたのですが、COVID-19の影響でお休みしていたっぽく、

今回はある種のリベンジでございます。

急な予約にも関わらず快く席を融通して頂きまして、

至福のひと時を過ごして参りました。

もう、とにかく、何もかもが美味しい!

image
メニューに無いものの、冷蔵庫内に勝駒があるのを発見。
席に着くなり飲めるか伺ってみました。

image
製造は今月!

image
少々飲んじゃってますが、
徳利ギリギリまで入れてくれたのには驚きました。
純米なので味はスッキリで香りと甘さはあまりありませんでした。

いやぁ、勝駒が飲めるなんて、幸先が良いなぁ。

とワクワクしつつお料理を待つ。

琉之輔おまかせコース5,500円をオーダーしましたが、

東京だと万円は超えるっしょ、って感じのクオリティの高さに

ただただ驚きました。

ホント、美味しい。

富山に来たら必ず足を運ばねばと、一皿目から思った次第です。

image
小鉢はゲソの和え物。
ものすごくいいお味で、これだけで何杯か飲めると思える。

image
何種盛りだよってぐらい盛られたお刺身。
何もかもが凄く美味しいけれど、お高いのでは? とも思える。
これだけでも、おまかせコースにする価値ありです。

image
母の大好物である茶碗蒸し。
これは普通の味でした。

image
母が冷蔵庫に「みかんの飲み物がある」と気にしていたので、
訊いてみたら奈良のお酒だったらしい。

image
ポンジュースみたいに果肉が入っています。
アルコール度数は7度。
ロックで(母が)いただきました。

image
銀鱈の塩焼きはフワフワで上品な焼き魚だと感じました。
ネタが良いから半生っぽく焼けるんだろうな。

image
メニューにネタの名前が書いてあるので追加がし易そう。

image
紅ズワイガニはほんのりポン酢の気配がしていい感じ。
ってか、ガリが既に美味しい。

image
アオリイカは食感が繊細。
握りには全て刷毛で醤油が塗られているので、
このまま食べられます。

image
ワタクシの大好物のコハダ!
これは何貫も食べられるやつ!

image
キジハタって高級魚なんですね。
だからかあまりお寿司で食べた記憶が無い。

image
ノドグロの炙りは舌触りに変化があって楽しい。

image
これだけはやっぱり得意ではないバイ貝。
母は美味しそうに食べていました。

image
口の中の体温で脂がとろけるトロ。

image
白エビは、まったりクリーミー。

image
良い味のアサリのお味噌汁。
アサリの身がとても綺麗でした。

image
卵は甘いけれど奥深い味。
あまりお寿司のギョクが得意ではないのですが、
これは美味しいと思いました。

握りはほろほろと口の中で解ける食感。

絶妙な力加減なのかも。

だから全て軽く感じるし、いくらでも飲めそうな感じ。

飲まなかったけど。

こういうお店があるから、富山通いは止められない。

ランチとディナーで握り方を変えているのかが気になるので、

平日に富山に来ることがあれば、ランチも試してみたいです。



image
【すし 琉之輔(りゅうのすけ)】

富山県富山市桜町1-3-11 AIビル2F
営業時間 [昼(火~金)] 11:30~14:00, [夜] 17:30~翌1:00
定休日:日曜
https://www.facebook.com/983119021783802/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』神無月のお料理で日本酒三昧。

image
神楽坂の夜に灯りが戻って参りました。

前月に予約を入れておいた『千』に母と行って参りました。

ゆったりとお酒を楽しみたいところですが、

週前半だし、明日も仕事なので程々しておこうと自重自戒。

それでもオススメして貰った日本酒を、

(自称)ほどほどに嗜んで参りました。

image
本日の一酒目は山形県天童市にある出羽桜酒造の「雪漫々」。
フルーティーで口当たりの良い味でした。

image
今回は、ぱぴこさん私物のぐい呑みで頂きます。
このオモテナシ感が心に刺さります。有難うございます。

image
お酒の名前に合わせたぐい飲みで、冬の訪れを味わってみたり。

image
ってか、ぱぴこさんお手製のアマビエさまがごっつい可愛くてツボ。


image
◆八寸
いくらお志多し柿胡桃白和へ魳寿司
茗荷・蟹・舞茸土佐酢漬百合根寄せ揚げ銀杏

image
魚卵が苦手なワタクシを慮って頂き、
別途鰆の西京漬けを出して頂きました。
ちなみに鰆は大好物です。

image
◆お椀(土瓶蒸し)
松茸

image
お出汁が良い香りです。
秋じゃのぅ~
(さっきは冬を感じてたけど)

image
鱧も大好物なのでテンションが上がります。

image
◆お造里(二種盛り)
手前は鯛。奥は昆布締めです。ウマ~

image
二酒目は左側を選択。
広島県呉市仁方にある相原酒造の「雨後の月」。
後味が結構しっかりしていると感じました。

image
◆焚合せ
海老芋,法蓮草
丹波占地
しめじの食感が顎に美味しい。←比喩

image
◆焼物
秋鮭
賀茂茄子
こってりした甘辛い味噌でお酒が進みます。

image
◆蒸物
穴子


image
コースには無い一品。
炭火で焼いた松茸と、三つ葉の酢の物。
美味しい!

image
もう一杯飲みたいけれど、量はそれほど要らないとお伝えしたら、
スペシャルな利き酒セットを供して頂きました。
(通常はやっていません)

image
それがこの三酒。
どれも気になるよね~。
味は似たものが無く、ハッキリ分かるほどに異なります。
義侠の重厚感は甘味と合いそうな気がする。
「餡子と合うかもしれませんね」と料理長は同意してくれたので、
次の栗ご飯に期待。

image
◆御食事
栗御飯
香の物止め椀

image
栗ご飯とのマリアージュはならず。
もっと甘みが強い、それこそ餡子と合うかもしれんと思いました。

image
◆甘味
フレッシュな梨と、梨のコンポートと、
シャインマスカットと白ワインのジュレ。
お口がさっぱり致しました。

思い返せば結構飲んだかもしれん。

美味しいお料理があると、ついついお酒が進んでしまいますな。

今日もいろいろ堪能させて頂きました。

image
お店の休み明けなので一階に他のお客さんは居ませんでしたが、
我々が居る間、ひっきりなしに電話で予約が入っていたので、
週末は混むのかもしれません。
ってことで、我々も来月の予約を入れておきました。

こんなに静かに食事ができるのも、ぼちぼち終わりかもなぁと、

神楽坂の街並みに灯るお店の照明を見て感じました。

閉めてしまったお店と、残ったお店の対比が鮮明で、

COVID-19の影響を改めて感じたりもして。

それはそうと料理長が髪を切ったってことで、

記念撮影をさせて貰いました(笑)。

image
お人柄が表れる良い笑顔でございます。
手に持っているのは、ぱぴこさん作のアマビエさま。

こんなに色々とオモテナシ頂くと、

そりゃ毎月通っちゃうよなぁ。

さて、来月は鰤が登場する予定だそうです。

そしてイカ!

長らくイカの塩辛に合う日本酒を探しているワタクシ。

供される予定のものはイカの塩辛ではなくとも、

イカの和え物らしいので、

それに合う日本酒が飲めるのではないかと

大いに期待しております。

『千』には日本酒のプロが二人もいらっしゃるので

ものすごーく期待しております。

(二度言ってみた)

とにかく来月も楽しみです。

そして、ぼちぼち今年も暮れていくのであった。



◆2022年用のおせち料理は既に完売したそうです。

image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜21:00
定休日:月曜、日曜午後、年末年始ほか
http://washoku-sen.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』でランチ時に呑む。

image

緊急事態宣言解除後初の土曜日。

これは呑まねばってことで、

予約してランチ時に『千』に行って参りました。

そして宣言通りに吞みまくる、と。

image
◆旬菜
蟹と松茸の酢の物。

image
定番の胡麻豆富の炭火焼。

image
竹籠盛り込み
天麩羅は蓮根とマコモダケ,焼魚は鯛,ハタの昆布締め鮨など。
ワタクシの籠には大好物の鱧(左下)が入っていました。

image
通常は鱧ではなく貝らしい。
(母のを撮ってみる)

image
二本目は奈良県の「みむろ杉」。

image
最後に甘みがあって大変飲み易いお酒でした。

image
おすすめのお酒の左端がいろんな意味で気になる。

image
通常の日本酒メニューもあります。

image
その中から「天明」を選んで貰う。

image
そしてそれに合うアテも作って貰う。

image
ものすごーく美味しい、とろける舌触りのサンマのお造りでした。
これは記憶に残る味。

image
最後は「くどき上手 Jr.」
料理長に選んで貰った一本です。

image
ウォーミングアップのつもりが本気呑みになっちゃっている感じ。

image
そのお酒に合うものをリクエストして供されたのは鯛の炭火焼き。

image
ちりめん山椒のご飯とお味噌汁。

image
甘味はリンゴのコンポートとジュレでした。(たぶん)

この日食べたサンマのお造りは「また食べたい」と思うものでした。

美味しいもんなんですねぇ、サンマのお刺身って。

居酒屋のお刺身盛り合わせが

年齢が上がるにつれて苦手になっているのですが、

ここで食べるお造りはまた食べたいと思わせてくれるもの。

お酒と一緒に食べるとなお一層美味しいんですよねぇ。

今月の夜のメニューも楽しみです。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜20:00
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後、年末年始
http://washoku-sen.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で時短ながらも飲酒解禁。

image
コースターが新しいデザインになってた。

先々月から予約を入れていた『千』に母と行って参りました。

1日とは云え、既に7月。夏ですねぇ。

って梅雨のただ中ですけれども。

緊急事態宣言が解除され、またいつ発出されるか分からん状況乍、

日本酒を堪能することを楽しみにしておりました。

今まで、ずーっと禁酒を続けていたため、久々の飲酒となります。

image
解禁の一杯目は富山県の羽根屋。

image
初めて見たかも。
そしてめちゃくちゃ美味でした。
女性が好みそうな日本酒かも。

image
◆八寸
烏賊素麺のビジュアルが面白い。
西瓜田楽がインパクトのある味でした。
こういう食べ方もあるんですねぇ、スイカって。

image
◆お椀
鱧! 大好物です!
これは淡路の鱧らしい。

image
◆お造里
コチとかクロムツとか。
お醤油が甘めで淡白な魚に合って美味でした。

image
二杯目…厳密に申せば二杯目ではないので二種目と言うべきか?
安定の十四代を頂きました。うん、生って感じ。

image
◆焚合せ
ゴーヤ、茗荷、茄子。
ゴーヤの切り方が薄くなくて斬新に感じる。

image
鮎を串に刺しているところを母が撮っていたら、
ポーズを取ってくれた料理長の溝口さん。
穏やかな料理長ゆえお店の居心地が良のだといつも思ってます。

image
◆焼物
今月は鮎!
これは和歌山の鮎だそうです。

image
炭火焼なので身がほわほわしていて甘く感じます。
美味しいわぁ~。
蓼酢も甘めで飲みたくなるほどでした。

image
◆蒸物
茶碗蒸しは母の好物でございます。
車エビと里芋も枝豆が入っていて宝探し感がありました。
いいお味。

image
三種目は、こちらも富山県の「立山」。
えらい綺麗なラベルです。

image
ガラスのおちょこが面白かったので撮ってみた。
立山は安定のスッキリ味でした。

image
追加で「何か一品を」とお願いしたら、鱚が乗った一皿が供されました。
昆布締めが激烈に美味で、ずーっと噛んでいたいほどでした。
かなり良いお昆布を使っていると見た。ウマウマでした。

image
◆食事

image
アスパラガスが入ったご飯ってのを初めて食べました。
柔らかいのに崩れていなくてスゴイ。

image
これを見て、今年は生姜も漬ければ良かったかもと思いました。
(梅酒を漬けたので調子に乗っている)

image
◆甘味
桃のコンポートとメロンのソースが掛かった水ようかん。
この水ようかんが他にちよっと無い感じで食感も美味でした。
さくらんぼは山形出身の酒ソムリエのОさんが持参されたもので
山形の紅秀峰だと伺った気がします。
聞いた瞬間に「あ、大粒で高級なやつ」と思ったので。
甘くて果肉がしっかりしていて美味でした。


肩の凝らない空間で頂くお料理は美味しくてお酒も進みます。

今は時短なので、急ピッチで飲んだ感はあるけれども。

やっぱり飲みながら美味しいものを食べるって、

心が解れるなぁと感じました。

次回も楽しみです。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
営業時間 11:30〜14:30 , 17:00〜20:00
※アルコールは19時まで

(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後、年末年始
http://washoku-sen.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』でランチを頂きつつ黄金休肝週刊前の日本酒を堪能する。

image

ほぼひと月前から予約を入れていた『千』に行って参りました。

ワタクシにしては珍しく、ランチ利用です。

一年半ぶりかな?

ってぐらい久々にEnnaさんに会いますが、

元気そうで良かったと安心しつつ、

彼女と二人でマスク会食を致しました。

期せずして緊急事態宣言前の貴重な機会となりまして、

暫しの呑み納め的な気分で平日のランチ呑みを堪能。

喉が渇いていたのでまずはビールを、

その後は日本酒をサクサクと頂きました。

(サクサクというスピード感は個人の感想です)

image
日本酒の初めの一杯は「天賦」。
鹿児島のお酒です。
初めて飲んだと思うけど、美味しいお酒ですねぇ。

image
名物の焼胡麻豆腐は今日も美味でした。

image
竹籠盛り込みのこの日の内容はこんな感じ。

image
ホタテの西京漬けが激ウマでした。
5個ぐらい食べたい。
そしてホタルイカやタコのうま煮もウマウマでした。

image
無濾過の十四代。
なんだかんだ言っても、やっぱり美味しいんですよね、十四代って。

image
次なるお酒は「伯楽星」。
これまたサラサラと飲みやすい日本酒です。

image
お酒のあてとして出していただいた牛肉のしぐれ煮。
またまたお酒が進んじゃいます。

image
そら豆の炭火焼が出てきました!
そら豆、大好きです!

image
炭火で焼くことで、お豆の甘さが際立って感じられました。
すっごく美味で、豆の皮まで美味しく頂きました。
(鞘は食べていません)

image
最後の日本酒は富山県の「立山」。
キリリとしたのど越しです。

image
富山県産こしひかり+ちりめん山椒、お味噌汁。

image
デザートは苺でした。
今期の苺もぼちぼち食べ納めになっちゃうかもなぁ。

色々とオプションを付けていただき、

名残の春を堪能させていただきました。

やっぱり地元で落ち着くし、

美味しいお酒が揃っているし、

誰かを連れてきたくなるお店なんですよねぇ。

(時節柄実現するのは稀ですが)

明後日から営業がどのようになるのかは不明ですが、

来月末頃に元気に再訪できれは嬉しいです。

今日は十分に呑み納めできたので、

これから長らくの休肝週間に突入致そうと思います。



image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
通常営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
※現在は21時までの営業
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後、年末年始
http://washoku-sen.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 和食 千』で先月リクエストした日本酒の正雪 純米大吟醸を頂く。

image

先月は一人でしたが、

今月は母と二人で『神楽坂 和食 千』にやって参りました。

季節はもうすっかり春。

神楽坂界隈の桜が散り初めかもという気配がありますし、

気温が20度を超える日々ゆえ、春と括って良いのか謎。

しかし暦の上では春なので、春縛りで言えば、春は冷酒。

前回「正雪」を吞みたいとお願いしていたこともあり、

それが叶うかも? と思いながら

ワクワクしつつ在宅勤務時間終わりに行って参りました。

image
◆八寸
白魚おかき揚げ
,蛍烏賊生姜煮,菜の花辛子和へ
くるみあめ焚,花山葵海苔巻,独活を炊いたもの 
特にホタルイカが美味しくて複数欲しいと思いました。
行きたいなぁ…富山。

image
奈良県のお酒を置いてあることが珍しいと思い、
それを頂くことに。

image
「みむろ杉 純米吟醸 華きゅん」@今西酒造
桜井市三輪にある酒蔵らしいです。行ってみたい。
にごり酒で、ふわっと甘くて女性向きかも。

image
◆お椀
油目とワカメのお吸い物

image
◆お造里
イカを久々に食べた気がする。

image
◆焚合せ
大根,蕗
,

image
頂きました! 正雪
ずっと買いに行きたいと思っていましたが、
蔵に行った翌年からCOVID-19騒ぎになったもんで行けず。
今回久々に呑め、念願がかなって大変うれしかったです。

image
蕗の薹の天ぷらも実は食べたいと思っていたものの一つ。
こちらも願いが叶いました。

image
◆焼き物
穴子西京味噌漬
,一寸豆
パリパリの皮と肉の甘味が口の中で良い感じに混在。
かなり美味しい一皿でした。また食べたい。

image
実は塩辛に合う日本酒をずーっと探しているワタクシ。
未だにコレ!!ってものがないので訊いてみたら
こちらの「麓井 純米本辛 圓(まどか)」を教えていただきました。

image
おすすめの燗酒にして頂いてみました。
辛口で「すっきり」というよりは「すきっ」とした味。
余韻がある味ではなく、味わいが短時間かなと感じました。
実際のところは分からんけど。
確かにこれなら塩辛も美味しく頂けるかもしれん。

image
で、コースとは別に一品用意して頂きました。
金目鯛を炙ったものと春キャベツ、
仄かな梅が感じられるポン酢がかなり美味しく、
金目鯛の肉の甘味が口の中をふんわり漂います。

image
うすい豆御飯
,香の物,止め椀

image
◆甘味
酒粕ムース
使っている日本酒の名前を失念してしまいましたが、
とても美味しいデザートでした。

美味しい食事と美味しい日本酒。

なんて幸せなんだろう。

今日も美味しく楽しく頂きました。

ご馳走さまです。

Ennaさんがランチで来たいと言ってくれていますが、

タイミングが合わず、申し訳ない。

来月チャレンジできたらと思っていますが

いかがでしょう?

image
料理長の溝口さん。
経歴はおとなの週末で紹介されていますが、
リーズナブルで満足度の高い京風のお料理を作る方です。
毎度思うけれど会話の記憶力がすごい。


image
【神楽坂 和食 千】
東京都新宿区神楽坂3-1-43
通常営業時間 11:30〜14:00 , 17:00〜22:00(L.O. 21:00)
※現在は21時までの営業
(日曜の営業はランチのみ 11:30〜15:00)
定休日:月曜、日曜午後、年末年始
http://washoku-sen.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。