sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

日本橋

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』に一日限定の御赤飯があった。

image

ソフトクリーム目当てで『榮太樓總本鋪』に立ち寄って来ました。

ソフトクリームの蜂蜜レモンあめを注文したつもりだったのですが、

出てきたのはあんみつパフェでした。

トレイに乗っていたレシートを見たらあんみつパフェになっている。

何でやねんと思いつつも、いろいろ面倒なのでそのまま食べることにしました。

ソフトクリームを食べるという野望はこうして持ち越されていくのであった。

image
これが今のメニューです。

image
今はシャインマスカット推しらしい。

image
ソフトクリームが乗っているから、まあいっか。
何より蜂蜜レモンあめが(シロップも飴も)好みの味でした。
榮太樓あんみつパフェ 650円(税込)
狭山茶・ホット 380円(税込)

image
もしかしたら飴の桃味に類するシロップなのかも

image
試食で飴が付いてきました。
「ぶどうふぁふぁ」で検索したら別会社が出て来た。
榮太樓總本鋪と津山屋製菓との関連性がよく分かりません。

image
今日発売になったほうじ茶飴(430円)を買ったら、
ほうじ茶飴の試供品をくれました。

image
説明書きがあるので丁度良いかも。

image
一日限定商品があるのを初めて知った(と思う)。
毎月一日に必ずあるのかはワカリマセン。
限定10個。一つ1,100円(税込)

image
せっかくなので晩ごはん用に一つ買っちゃいました。

image
お米の舌触りがしっかりしていて美味しい。

image
ごま塩も榮太樓ブランドなのが面白い。

ここのところ頻繁に通っている気がする『榮太樓總本鋪』。

来週こそはソフトクリームを食べたいです。



image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』で今年最後のかき氷を食す。

image

ソフトクリーム目当てで『榮太樓總本鋪』に立ち寄って来ました。

平日なのに割と盛況で、イートイン席が殆ど埋まっている。

うーむ、どうしよう?

とか迷っているうちにカウンターに立ったら、

今日で終わるメニューがあると聞き、食べてくことにしました。

image
左側の青の破線内のメニューが今日で終わるそうな。

image
そうこうしているうちに席が空いたので着席。

image
桃のかき氷を選択しました。
桃味は薄め。シロップ感はある。
もしかしたら飴の桃味に類するシロップなのかも。

にんべんの鰹節がかかったソフトクリームと迷ったのよねぇ。

でもまあ、最後の最後にここのかき氷が食べられたので満足です。

もう秋だから、ぼちぼち温かい甘味が出るんでしょうねぇ。



image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

ストロバヤのピロシキが日本橋高島屋で買えるなんて。

image
浅草ピロシキとカレーピロシキ 各394円(税別)

リハビリが終わって夕食を作る気力が皆無だったため

日本橋高島屋の地下に立ち寄って何かを買って帰ることにしました。

お弁当をガッツリ食べる気分でもないなぁとウロウロしていたら、

味百選のコーナーでストロバヤのピロシキを発見!

3種類あって猛烈に迷ったものの、食べたことが無いという理由で

写真の2種を購入しました。

このうち、浅草ピロシキが激ウマ!

ウマっ! 何これ、ウマっ!

という一口食べるごとに繰り返したくなるほど好みの味でした。

牛肉のしぐれ煮がギッシリ入っていて、

一口ごとに美味しさが滲み出てくる。

また直ぐに食べたくなりました。

次回の日本橋高島屋での販売は水曜日になるらしい。

会社帰りに立ち寄って残っていたら

今度はそれだけを2個買おうと思ってます。






にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーのマスク用アロマシール。

image
ラッピングがなんか良い。

ビュリーのマスク用アロマシールが良いらしいと聞き、

リハビリに行く前に日本橋高島屋に立ち寄って参りました。

迷っている時間が無かったので、入口でスタッフさんに訊いたら、

レジ前にドヤっと置いてありました。

買い求める人が多いのだろうか。

image
一袋8枚入りで1,400円(税別)。
良いお値段ですねぇ。


image
8枚だけだと心もとないので、2袋買っちゃいました。

マスクの上からシールを一枚貼るだけで、

ミントの良い香りがふんわりと広がります。

香りは最長で6時間ももつのだとか。

少し贅沢をしつつ香りに癒されたい時に

マスクにつけてみようと思います。



image
【オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー 日本橋店】
OFFICINE UNIVERSELLE BULY

東京都中央区日本橋2-5-1 高島屋S.C.本館ガレリア1F



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

例の酒粕をやっと見つけた。

image
 大七酒造 とろける酒粕
純米大吟醸540円(税込)、純米吟醸360円(税込)


先日、日本橋にある福島県のアンテナショップで

ペーストタイプの酒粕を2種発見しました。

例の酒粕とは別物ですが、似ているかなと思って購入。

純米大吟醸の方がお高いので美味しいに違いないと睨んでいます。



で、本日、上野松坂屋の地下で例の酒粕を発見しました!

おおっ! と、思わず呟いてしまうほど長い闘いでした。

image
734円(税込)でした。

image
味噌醸造所で造られていたんですね。

暫く見なかったのは、入荷タイミングの問題だったっぽい。

今後迷わず買いに行くために、備忘録としてここに記しておきます。

週末は雨らしいので、何か野菜を買って粕汁を作ろうと思います。

パスタソースでも良いかも。



【日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)】
東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1F
営業時間 10:30~20:00,[土日祝]11:00~18:00
定休日:年末年始ほか
https://midette.com/
Facebook


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋室町2丁目『千疋屋総本店 カフェディフェスタ』のフルーツソフトクリームの温州みかん味が美味。

image

なんだか異様にフルーツソフトクリームが食べたい気かして、

千疋屋総本店のカフェディフェスタに立ち寄って参りました。

久々に入ったらシステムが大幅に変わっておりまして、

券売機が導入で完全キャッシュレス化され、

現金支払いが不可になっていました。

利便性向上及び新型コロナウイルス感染症対策の一環だそうです。

さて、入り口にある券売機のタッチパネルをポチポチしていたら、

現在のフルーツソフトクリームのフレーバーが温州みかんになっている。

なんていいタイミングなんだ!! と幸運に打ち震えました。

image
フルーツソフトクリーム(温州みかん) 495円(税込)

温州みかんの前は、グレープフルーツだったらしい。

うん、温州みかんの方がいいよね。

image
色はマンゴーと大差ない。


しかし、このフレーバーも今度の三連休いっぱいまで。

その後はグアバに代わるそうです。

9月12日(月)〜9月19日(月・祝) うんしゅうみかん
9月20日(火)〜9月25日(日) グアバ
9月26日(月)〜10月2日(日) グレープ

グアバだったり、グァバだったり、ややこしいよね。

って、言うほど用語を使わないので別にいいんだけど。

みかん好きとしてはもう一度食べておきたいので、

連休中に再訪したいと思います。



【千疋屋総本店 カフェディフェスタ】
Caffe di FESTA
東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1階
営業時間 10:00~18:00(LO 17:30)
定休日:不定、元旦
https://www.sembikiya.co.jp/shop-list/caffe-difesta
https://www.instagram.com/nihombashi_sembikiya_official/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋1丁目『ときわ木』のあんず餅。

image

明治43年(1910年)創業の『ときわ木』。

平日しか開いていない和菓子屋さんです。

店内には、ショーケースがなく、重箱(商品見本)が置いてあるのみ。

入店すると、それを広げて見せてくれます。

実は重陽の節句に因んだ上生菓子があるかもしれないと向かったのですが、

ここではありませんでした。

でも平日しか開いていないお店だし、せっかく来たので買っておきたい。

ってことで、最も惹かれたものを2コだけ購入しました。

image
本日のラインナップ。
わざわざ下に置いて撮らせて下さいました。

image
他店に比べてリーズナブルだと思います。

image
買ったのは「あんず餅」。
杏好きとしては外せません。

image
めっちゃ柔らかそうな求肥が食欲をそそります。

少し涼しくなると、和菓子が恋しくなりますねぇ。

今日は涼やかなラインナップという感じでしたが、

月末頃には栗菓子が出るのではないかと期待しているところです。

また平日に立ち寄れる日にいくつか買い求めたいと思ってます。



image
【ときわ木】

東京都中央区日本橋1-15-4
営業時間9:30~17:15
定休日:土曜、日曜、祝日


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋室町1丁目『ブリッジにいがた』で極早生品種の新米を入手する。

image
令和四年度産「葉月みのり」 2kg 1,099円(税込)

新潟県農業総合研究所が開発した極早生品種「葉月みのり」。

令和元年より本格販売を開始した、新潟で一番早い新米です。

名前の由来は、新潟米の中で一番早い8月(葉月)に

収穫・販売(みのり)するからなんだとか。

コシヒカリとこしいぶきを親に持つため、

粒が大きく甘みの強さが特徴で、

新潟では8月下旬から店頭に並ぶそうです。

image
3~4回とぐだけで美味しく炊けるらしい。
洗い過ぎ厳禁っぽい。

image
精米日は9月上旬というざっくりした記載でした。


数量限定ということで、一つ買ってみることにしました。

新米を食べたいという強い欲求が芽生えたからです。

精米日が(たぶん)近いので、きっと美味しく食べられるはず。

これを食べて、一足早く秋を感じたいと思います。



image
【ブリッジにいがた】

東京都中央区日本橋室町1-6-5 だいし東京ビル1F
営業時間 10:30~19:00
定休日:火曜(祝日の場合は営業)、年末年始
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/bridge_niigata_nihonbashi/
https://www.bridge-niigata.co.jp/shop/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋小網町『桃乳舎』という看板建築の昭和時代感と、ほぼワンコインのランチが良い。

image

明治22年(1889年)創業した『桃乳舎』は、

中央区のサイトによると、当初はミルクホールと牛乳販売所として作られたそうです。

現在の建物は昭和8年(1933年)に竣工したもので、典型的な看板建築。

2014年に散歩中に発見してから、ずーっと入ってみたいと思っておりました。



本日は通院day。

平日にしか入れないお店をピックアップしていたのですが、

今日の気分にマッチするものが無く暫し悩んでおりました。

そういえば、茅場町の『teal』で

「Staff day」という一日限定のイベントをやっていたことを思い出し、

そちらに移動してみました。

徒歩で。

image

しかーし!

店の入り口から続く長蛇の列を見て断念。

そう遠くない場所にある『桃乳舎』に行ってみることにしました。

image

今日入ってみて思いましたが、

ビジターにはちょいとハードルが高めのお店なんですね。

システムがわからないし、テンポが速いのでドキドキしました。

席に着く前に店の奥の壁に掛かっているホワイトボードを確認し、

それを注文することにしました。

image
価格高騰の世の中にあって、ほぼワンコインという驚きの価格帯。

image
上のメニューには無かったメンチカツを注文。

常連さんはライスなしで注文する率高し。

ライスなしだと丸皿にサラダとパスタが大盛りで、

その上にメインの一品が載せられてくるっぽい。

メニューに寄りますが、

ライスなしだとワンコイン以内で食べられるようです。

ワタクシが食べたメンチカツで540円(税込)でした。

その値段に驚いた。

結構行列ができるので、その点でも大人気店みたいです。

平日しか営業していないし、11時から15時という営業時間なので

別の場所で働く身としては再訪が難しめなのですが、

是非とも再訪し、次回はライスなしで注文したいと思います。

外壁のスクラッチタイルもじっくり見たいし、

閉店間際を狙おうかな。



image
【桃乳舎(とうにゅうしゃ)】

東京都中央区日本橋小網町13-13
営業時間 11:00~15:00
定休日:土曜、日曜、祝日
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』の羽一衣という板状の飴が好き。

image

唐突ですが、ワタクシはあまり飴を食べません。

食べる時は食べますが、食べない時の方が多いです。

しかもガリガリと嚙み砕いてしまうタイプ。

そんなワタクシが最近ハマっているのが写真の板状の飴です。

今日はこれを買うためだけに『榮太樓總本鋪』に立ち寄って来ました。

image
味は、この5つです。

image
今店頭に並んでいるのは8種類あります。

image
この配置の場合、右に行くほど価格が高くなっています。
※味が二つセットになっているなど特別なので

image
日本橋あんぱんも購入しておきました。

image
金曜日まで日持ちするし
トースターで温めると外がパリっと中がふわっとして美味しい。
このまま食べるよりもトースターで温める方が断然オススメです。

この板状の飴は「羽一衣」と言うのですが、

デパート内の榮太樓で取り扱いはほぼ無く、

「あめやえいたろう」という

ブランドショップにしか無いと思われます。

しかも全種類置いてあるかは不明。

新宿伊勢丹とか銀座三越にはあるのかもしれんけど、

リップ状の飴が目を惹くので確認したことはありません。

ワタクシは専ら本店で購入しております。

ガリガリと噛んでから若干歯に付くものがありのを感じ、

ちょっぴり後悔するまでがワンセット。

そんな食べ方をし続けております。

山形のミルクケーキとは別物の刃触りなので、

なんか癖になるんですよねぇ。

個人的には、口寂しいというよりは、

歯に刺激が欲しい時にオススメです。




image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』でにんべんのかつぶしソフトを食べられるスプーンで食してSDGsについて考える。

image

『榮太樓總本鋪』にやって参りました。

8月31日(水)まで「SDGs月間」として

本店併設カフェのNihonbashi E-Chayaでは

プラスチック製品でないカトラリーを使用するそうです。

食べられるスプーン「PACOON(パクーン)」や、

米ストローで提供されるとのことで、

「PACOON(パクーン)」が気になって

それを使用しそうなものを選んでみました。

image
今回はかき氷はスルー。
でも、ぼちぼち終わるわよねぇ。

image
日本橋あんぱんが大量に入荷していました。

image
いろいろ気になる物はあれども、
かつぶしソフト一択で。

image
PACOONの素材は日替わりらしい。


image
今日は「かぼちゃ」を使ったPACOONでした。

image
甘じょっばい味と鰹節の舌触りが癖になるソフトです。

image
下に行くほどソフトが固くてPACOONの持ち手が折れる。
少し溶かして食べるのが正解だったっポイ。

SDGs(エスディージーズ)もようやく浸透しましたね。

ここでボヤいていた時は2030年に間に合うのか疑問でしたが、

間に合わせるのかもしれんね。

さて、食べられるスプーンについて初めて知りましたが、

原材料は小麦粉、砂糖、卵、野菜パウダーなので、

小麦アレルギーの方は通常のスプーンを貰う方が良いです。

でも、そうではないお子さんは楽しめるんじゃないかなぁ。

またこれを使うことで、

マルシェなどの屋外イベントではゴミが減って良いかも。

スプーンの食べ残しなど別の問題もあるだろうけれど、

少なくともマイクロプラスチック問題対策にはなりそう。

ぼちぼちワタクシも、マイスプーンを持ち歩こうかなぁ~

と、かつぶしソフトを食べながら、改めて思いました。

(ウエットティッシュの消費量が増しそうではある)




image
もう栗きんつばが出てた。


image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

『日本橋 氷菓店』のかき氷が一週間だけ三越本店B1で食べられます。

image
生モモミルク 1,500円

日本橋三越本店B1F フードコレクションのイートインコーナーにて、

8月10日(水)〜8月16日(火)の一週間だけ『日本橋 氷菓店』が出店中。

ずーっと行きたいと思っていたかき氷店なので、

平日のデパ地下ならばハードルは低かろうと思い、立ち寄って来ました。

冷房が効いているデパ地下内で食べるもんで、

直ぐに寒くなるからか回転率は良さげ。

注文と支払いをレジでしてから着席します。

image
やっぱり個人的には桃一択。

image
温かいお茶が食後の身に染みます。

image
量は程々なのに寒くて完食できませんでした。

美味しいけれども、めっちゃ寒くなります。

座席が冷房直撃席だったのかもしれん。

だくだくだった汗が、瞬時に引いて驚きました。

かき氷の本領発揮って感じです。

実店舗も営業中ですが、暑い中並ばねばならないようなので、

待つにしてもデパ地下の方がラクかも。

特に、汗だくだくの時にオススメです。



  実店舗  
【日本橋 氷菓店】
東京都中央区日本橋本町4-2-3 佐々木ビル2F
営業時間 [土日] 12:00~17:00
定休日:月曜~金曜
https://www.instagram.com/nihonbashi_hyoukaten/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋室町2丁目『にんべん日本橋本店』の鰹節削り器型鉛筆削り。

image

にんべん日本橋本店で

「第2回全国かつお祭り2022」が行われておりまして、

7/30(土)〜8/21(日)の期間に、

にんべんアプリ新規登録&かつお祭り関連商品購入すると、

「鰹節削り器型鉛筆削り」が貰えます。

クーポンは日本橋本店でのみの利用及び、

新規登録から24時間以内の利用に限られています。

(詳しくは店頭のポップをご確認ください)

image

本日ワタクシが購入したのは上の4品。

特に気になったのが、ロカボナッツです。

image
ロカボナッツ和風だし 950円(税込)

image
小袋入りになっているので食べやすいかも?

実はワタクシ、あまりナッツ類が得意では無くて、

何度もチャレンジしては挫折を繰り返しており、

毎日少量のナッツを食べるということが継続出来ていません。

好物の鰹が塗さっていたら苦じゃないかな? と思って

再度チャレンジしてみることにしました。

食べてみたところ美味しいのだけれど、

ナッツなのでやっぱり続くかは微妙なところです。

吞んでいる時は食べられるのに、

日常的になるとナッツが苦手になるのは何故なんだろう?

謎です。

それはそうと「鰹節削り器型鉛筆削り」、面白いですよね。

ワタクシの場合、眉鉛筆削り器になる予定ですけど、

鉛筆を使わない人には不要な物かも?



【にんべん日本橋本店】
東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1・1F
営業時間 11:00~19:00
定休日:1月1日を除き年中無休(COREDO室町1に準ずる)
https://www.ninben.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋蛎殻町『遠忠商店』は佃煮屋且つ自然食品店で品ぞろえが豊富なので宝探しのように楽しめる。

image

水天宮前駅から直ぐの場所にある『遠忠商店』は大正2年創業の

化学調味料・保存料・着色料不使用の佃煮屋です。

江戸前生のり佃煮などが店舗に入ってすぐの棚に並んでいます。

しかし自社商品に限らず、自然食品のセレクトショップという感じ。

かなり幅広いジャンルの食品類が並んでいて、食のテーマパークのよう。

とても楽しくて、テンションが上がりっぱなしでした。

しかしここに来た目的は「揚げごぼう甘酢漬け」を買うこと。

ここで作っているお惣菜の代表格です。

それをとりあえずキープして、その他いろいろ購入しちゃいました。

image
本日購入したもの。
お茶も3種類ほど買っちゃいました。

image
一言お断りして写真を撮らせて頂きました。
で、撮っている側で説明もしてもらう、と。

image
常温で運ばれて来た生姜は冷蔵庫に入れちゃダメだったんですね。

食についての熱量がすごいお店だと感じました。

これは定期的に通っちゃうかもしれん。

スーパーマーケットの食材よりは割高なのに、

ベビーカーを押した若いママさんが

色々と買っていたのが印象的でした。

ちなみに今回購入した生姜は、粕漬にするつもりです。

最近妙に粕漬にハマっておりまして、

甘酒と粕漬とヤクルト1000の効果か、

割と体調が良い気がしております。

何が良いのかはよく分からないんですけれども。

今回購入したものを友にして、

これから暫くは冷やしお粥を楽しもうと思います。





image
【遠忠商店】
(遠忠食品直営販売店)

東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10
営業時間 11:00~19:00 [祝日]11:00~18:00
定休日:日曜
https://enchu-food.com/
https://www.instagram.com/enchu_store/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋蛎殻町『近松』のわらび餅とところ天。

image

ずーっと行きたいと思っていた水天宮前の『近松』に行って参りました。

大正時代から続く寒天製造店のようです。

小売りはして居なさそうな店構えですが、営業中の看板があるので入ってみる。

暗い店内の奥に寒天が眠っている感じで、ちょっとテンションが上がりました。

とりあえず、わらび餅とところ天を購入。

ところ天は量がよく分からないので、二人前で「大好物」だと伝えた分量を

その場で突いて貰いました。

image
合計1,500円ぐらいだったと思う。

わらび餅はかなり日持ちがするようです。

ところ天も冷蔵庫に入れておけば大丈夫なんだとか。

ところ天に酢醤油などは付いていないので、

酢醬油(分量が分からん)の作り方を検索して、

からしと細切り海苔を添えて、

食事のように、がぶがふ食べようと思ってます。

夏は寒天がより美味しく感じる季節なのよねぇ。




image
【近松】

東京都中央区日本橋蛎殻町2-6-1
(水天宮前駅下車)
営業時間 10:00~18:00


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日本橋人形町『美氷 ねろの鈴』のかき氷(ティラミス)。

image

「杏 ~濃厚あんず~」というかき氷が食べたくて、

人形町にやって参りました。

HPを確認して向かったのですが、既に店内は人でいっぱい。

食べ終わって出てくる人も居たので、

実際の開店時間は10時だったのかもしれん。

着席するなり杏をオーダーしようかと思ったものの、

他の味も見てみたくてメニュー表を開いてみたところ、

目当ての商品は売り切れとなっていました。

image

あとで訊いたところ、期間限定で昨日で終わったそうです。

一日遅かったかー。

気を取り直して、別の商品をオーダー致しました。

image
コーヒーゼリーという言葉に踊らされる。

image
コーヒーシロップは味変アイテムだそうです。

image
良い感じの写真が撮れたので後でInstagramに上げておこう。

image
かき氷の中にもコーヒーゼリーが入ってます。

なかなか美味しいかき氷でした。

店内は若い人でいっぱいなので、たぶん人気店なんでしょうね。

これ一杯で満腹になったため、全部は食べきれませんでした。

お店の壁二面がガラス張りなので、日照が気になりますが、

かき氷を食べるなら、これぐらいが丁度良いのかも。

ちなみに場所は、水天宮前駅7番出口から徒歩30秒です。

7番出口は階段なので、エレベーター利用だと4番出口になり、

ロイヤルパークホテルからちょいと歩くことになります。

巡回バスのバス停からも若干歩くので、

頑張って階段を上るのが正解かも。



image
【美氷 ねろの鈴】

東京都中央区日本橋人形町2-1-9 日本橋Tビル1階
(東京メトロ半蔵門線水天宮前駅7番出口徒歩30秒)
営業時間 [月~金,祝前日] 11:00~16:20
[土日祝] 10:45~16:15(10時からかも?)
※営業時間についてはHPを確認してください
https://bihyou-neronosuzu.owst.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。