sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

新潟市

JR新潟駅『ぽんしゅ館 クラフトマンシップ』で鈴木石太郎タンス店の桐キャニスターを入手。

image

燕三条の金物をメインとしたメイドイン新潟の上質な調理道具や

生活雑貨、珈琲や紅茶などが並ぶ『ぽんしゅ館 クラフトマンシップ』。

ここで、以前青山で見て気になっていた

鈴木石太郎タンス店の桐キャニスターを入手しました。

明治20年創業の加茂桐簞笥の老舗でして、

伝統工芸品の箪笥は買えなくともキャニスターならば買える

と狙っておりました。

image
桐キャニスター(生地) 3,850円(税込)
珈琲を入れるためのキャニスターです。

image
桐箪笥と同じ国産杉だけで作るキャニスターでして、
当然パッキンなど無くとも素晴らしい密閉具合で
蓋を閉めるのがクセになります。

我が家ではカートリッジ式の珈琲を使っているため、

このキャニスターはお米入れとして使用することにしました。

本当は大きいサイズの米櫃が欲しかったのだけれど、

持ち帰れないし、お高いのよねぇ。

いつかは入手したいと思っていますが、野望のまま終わるかも。

image
ハーブティーも買っちゃいました。各540円(税込)

最後に念願のキャニスターを入手することができ、

大変満足しております。

今回も結構新潟市にはお金を落とした気がする。

個人の感想ですけど。

次は新潟駅万代口が綺麗になってから再訪したいです。

って、いつなんだ?


image
【ぽんしゅ館 クラフトマンシップ】

新潟県新潟市中央区花園1-1-1 JR新潟駅構内CoCoLo西N+
営業時間 10:00~19:00
https://www.instagram.com/ponshukan_craftsmanship/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

JR新潟駅『ぽんしゅ館 コンプレックス』で麒麟山サワーなるものを一杯飲んでみる。

image

『ぽんしゅ館 コンプレックス』なる場所が

JR新潟駅の新幹線改札前にできておりまして、

気になっていたので立ち寄って参りました。

新幹線改札前ってところが良い感じです。

って、本当に新幹線改札口前にあるのはスタバなんですけどね。

ごちゃごちゃと蜜に並んでいるお土産物の間をすり抜けた奥に

飲酒コーナーがございまして、

そこで新潟のお酒と軽食などが頂けます。

復路の電車の待ち時間に使える、丁度良い場所だと感じました。

image
日本酒はホテル側にあるぽんしゅ館の方が種類は多いです。
しかし時節柄入れ替え制になっておりまして、
かなりの待ち時間が発生しているようです。

image
麒麟山サワー 480円(税別)
スッキリ&ピリリとしたのど越し。
さっぱりとして美味しいです。
(もう一杯飲もうか迷った)

image
おつまみ3点盛なるものを発見。
良いではないか。

image
おつまみ3点盛 319円(税別) 
右の「ちびきゅう」が別格に美味しかったです。

image
これだけで十分新潟を満喫できる感じ。
締めて878円(税込)でした。

穴場感があって、良いスポットです。

オヒトリサマでも居心地が良い。

時間が豊富にあれば、ここで飲んだくれてるのも良いかもなぁ。

image
飲んだ後で買い物もしておきました。
チューハイは殆ど飲まないのだけれど、
ル・レクチェは気になる。
一本157円(税込)。

image
ラベルが面白いなと思って購入した梅酒。
北雪 スイートデビルカップ180ml 440円(税込)。
佐渡ヶ島特産の厳選された青梅を原料に醸しているそうな。

image
つまみ各種も調達しておきました。年末に向けて。


image
【ぽんしゅ館 コンプレックス】

新潟県新潟市中央区花園1-1-1 JR新潟駅構内CoCoLo西N+ 3F
営業時間 10:00〜20:00※店舗によって異なる
※Suicaが使えます
https://www.ponshukan.com/niigata/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『ハチミツ専門店 Miele~近藤養蜂~』で新潟県産のアカシア蜂蜜を買ってみる。

image

養蜂家自ら販売する天然ハチミツ専門店『Miele~近藤養蜂~』。

新潟県内で数百万匹のミツバチから蜜を採取した自家製蜂蜜の他に、

世界各地の蜂蜜を販売しています。

さぞかし拘りがあるだろうと思い、ちょいと覗きに行って参りました。

image
店内では試食ができるのでハズレなしで購入できます。

image
これが一番人気らしい新潟県で取れたアカシアの蜂蜜。
アカシアの蜂蜜だけでもランクがありました。
余分なものを省くとこんなきれいな色になるんですね。

image
下段左に行くほど色が濃くなり値段が安くなるアカシアの蜂蜜。

image
他にも季節の花の蜂蜜もあり、味が異なります。
右上の黒い蜂蜜は蕎麦の花。
勿論アレルギー持ちには手が出せない蜂蜜です。

image
試食したら美味しかったのでカナダ産のブルーベリーの蜂蜜も購入しました。

image
アカシア(特選) 1,500円(税込)、ブルーベリー 1,200円(税込)

アカシアはとても上品な甘さで、

「紅茶を邪魔しない味」

というワタクシのニーズに合致するものでした。

後味も良い。

ブルーベリーは独特で、強いて言えば黒蜜?

パンに塗って食べると美味しいのではないかと思います。

ついでに栗も試させて頂きましたが、

個性的な味過ぎてワタクシには無理でした。

のどがイガイガして味が舌に残りまくると申しますか。

一瞬、アレルギーかな? と過ぎるほどでした。

対応してくださったのは奥様かしら?

とても美人な方でした。

やはり新潟美人は色白でお肌がキレイなんだなぁ。

そんなこんなで、明日から

「蜂蜜で殺菌」という生活をスタートしてみようと思います。

カロリーはこの際、気にしないということで。



image
【ハチミツ専門店 Miele(ミエーレ)~近藤養蜂~】

新潟県新潟市中央区西堀前通740-5 遠山ビル1F
営業時間 10:00~19:00(日曜は18:00まで)
定休日:水曜、第5日曜
Facebook

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『ヤスダヨーグルト BAKERY LECHE』のヨーグルト種を使ったパンが良い香り。

image
ヨーグルト種のレーズン入りロールパンは300円(税込)。

新潟に来れば、これまた必ず立ち寄っててしまうのが『ヤスダヨーグルト』。

毎度鬼買いしております。

今回はヤスダヨーグルトにパン屋さんがあると知り、わざわざやって参りました。

なんでも、ヨーグルト種を使ったパンなんですって。

って、パンについての知識が皆無なので、何がどう凄いのかは分かりませんが、

出来立てのパンはふかふかで香りが良い。

なんだか癒しのアロマって感じでした。

image
焼き立てのあんぱんも買ってみた。
3個入りで230円(税込)。
餡は柔らかめです。

ヤスダヨーグルトといえばヨーグルトを使った生デザート類も外せない。

ってことで、帰り際に新潟駅の店舗でそれらを調達しておきました。

ベーカリーの店舗で見たロールケーキなども捨てがたかったのですが、

持ち歩けないため泣く泣く断念しました。心残りです。

駅の店舗ではケーキ類は置いていないので、

食べたくなったらベーカリーまで買いに行かなきゃなぁ。

image
新潟駅のショップは激狭です。しかも混む。

image
新商品「紅茶プリン 250円(税込)」なるものも出てました。
これがウマウマです。
あまざけヨーグルト 220円(税込)は東京では見ないかも。

ヤスダヨーグルトの良いところは保冷バッグをつけてくれるところ。

保冷剤は長持ちしませんが、それはそれとして良いサービスだなと思います。

でも夏場は東京まで持ち帰るのはリスキーかもなぁ。

ということで、新潟に行くことがあれば、

次回も立ち寄って色々買いまくろうと思います。




image
【ヤスダヨーグルト BAKERY LECHE(ベーカリー レーチェ)】

新潟県新潟市中央区上大川前通3番町19-1
営業時間 11:00~17:30
定休日:水曜
※Suicaなどは使えません
http://www.yasuda-yogurt.co.jp/index.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市『新潟加島屋本店』で買った海老しんじょうが美味しかった。

image

新潟に来ると必ず立ち寄るのが、新潟加島屋本店

全国のデパートに入ってはいるのですが、お惣菜はここでしか買えません。

ここでしか買えない感が好きで、新潟に来る度に毎度足を運んでおります。

今回はここで自分にはお惣菜を買い、母には鮭を送っておきました。

イクラが安かったのですが、ワタクシは食べないし、

冷凍のまま持ち運べないのでスルー。

時節柄なのか、いつもより商品が少ないようにも感じました。

image
以前も食べて美味しかったので帆立貝柱のお惣菜を購入しました。
これだけでご飯が贅沢品になりますわ。

image
ここのデザートも実は美味しいのです。
左はカボチャプリン。
右の酒粕は家で粕漬けを作るために購入しました。

image
切り干し大根好きとしては外せないお漬物と、
どんどん値上がりしている気がする帆立貝柱。

image
その日のうちに食べなきゃならないお惣菜も買えちゃうのが、
日帰り旅の良いところですね。


image
鮭おにぎりは帰りの新幹線内で摘みました。

image
これが毎度ウマウマだと思う海老しんじょう。
帰宅後レンチンしたらふわふわで美味でした。
これはマストバイですわ。


image
甘エビの唐揚げは良い塩梅です。
結構な量入っているのにこの価格は安いと思う。

さて、今日はとてもいい天気だし、陽射しがポカポカです。

外に居なけれゃ勿体ない感じ。

ってことで、買ったものを持って信濃川河川敷にやって参りました。

ベンチに座ってボーっとする至福のひととき。

ここで昼ごはんにすることにしました。

image
出来立てのキングサーモンコロッケ。
これも美味しくて買ってしまうテッパン品です。

image
ふんわり温かでふかふかのコロッケです。

image
サーモン味がめっちゃする加島屋ならではのコロッケです。
ウマ~。

image
空は真っ青だし、桜の葉は真っ赤だし。
嗚呼、なんて爽やかな陽気なんだ。

川沿いにポツン・ポツンと置かれたベンチでは、

一人で日向ぼっこをしている人が結構居られました。

だよね。そうなるよね。良い天気だもの。

周囲に誰も居ないのでマスクを外して光合成をする感じ。

なんて贅沢なんだろう。

とても満たされた気持ちになりました。

東京ではビルの間を縫うように移動する日々で、

広い空を眺めることが少ないと感じているのですが、

たまにはこういう景色を満喫してリセットするのも良いですね。

加島屋のお惣菜を現地で食べるベストスポットかもしれんと

今回新たに発見した次第です。

って、コロッケを食べただけなんですけどね。

満たされた~。



image
【新潟加島屋 本店】

新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
営業時間 10:00~19:00
定休日:日曜
http://www.kashimaya.jp/

新潟交通の検索システム https://transfer.navitime.biz/niigatabrt-newsystem/pc/map/Top

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新潟県新潟市のにぎわい市場 ピアBandai『ピカリ産直市場 お冨さん』で精米したてのコシヒカリを購入する。

image

本日は新潟県新潟市に日帰り買い出し旅をしておりました。

GO TO トラベルのパッケージ旅行です。

結構空いている上越新幹線で新潟駅に到着したら、

駅が改修中で大変不便になっておりました。

ロッカーがほとんど無い。

万代口が改修工事中なので遠い。

今は新潟出張は大変かもしれんと感じました。

さて、限りあるロッカーを確保し、

バスに乗って「ピアBandai(ばんだい)」にやって参りました。

今回利用したパッケージに、ここで使えるチケットが付いていたからです。

今までの新潟旅でワタクシは素通りしていた場所ですが、

朝早いのに駐車場がいっぱいで、場内も大盛況。

観光客のみならず県民にも人気のスポットだったようです。

image
チケットを交換するスポットが大変分かりにくいのですが、
駐車場にポツンとあるプレハブ小屋が交換場所でした。


image
2,200円分のチケットを入手しました。

image
早速、お米売り場に移動。精米したてのお米って美味しいよねぇ。
でも、どれにするかで迷ったので相談してみた。
味とブランドは値段に比例するそうです。

image
南魚沼の塩沢産のコシヒカリがブランド品らしい。
そういえば越後湯沢で買えるお米がそれでしたな。


image
一応、魚沼産と南魚沼産を買ってみる。

image
自分用に南魚沼産コシヒカリを3kg入れて貰いました。
2kg入れて貰ったものと比較してみたけど大差ないですな。

本当は5kgほど買おうと思ったのですが、

東京まで持てないと判断して断念しました。

先に貰ったチケットをここで一気に使い切りましたので、

安価にお米を入手できてラッキーでした。

旅の初っ端に買うものではないとは思うのだけれど、

時間の経過とともに場内の混雑具合が増して来たので、

これはこれで良い判断だったと思っております。

ここでは地元野菜の販売もあり、

きのこ類に大変魅かれたのですが、

嵩張って持ち帰れないと判断して断念しました。

良いものが沢山あったんだけどなぁ。

image
小さなものは買っといた。

再びバスで新潟駅に戻り、ロッカーに荷物を入れて再びバス乗り場へ。

次は真の目的地に向かいます。



image
【ピカリ産直市場 お冨さん】

新潟市中央区万代島2 ピアBandai
営業時間 9:00~19:00(1月~2月は18:00)
定休日:なし
※Suicaが使えます
http://www.otomisan.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

本日はこんなところに居りました。

image

またまた日帰り旅をして参りました。

泊まらないし、一人だし、身軽でラクです。

南東北ぐらいなら日帰りしちゃおうかなと考える距離なので、

行先の選択肢は幅広いです。

しかし、GO TO 旅での日帰りエリアは選択肢が少なめ。

仙台日帰り旅と迷ったのですが、

結局は食欲に負けた行先となりました。

そしてガッツリお米を担いで帰宅。

今日は千葉県民Tの誕生日なので、

精米したての2kgのお米をプレゼントしておきました。

鮭の切身とともに。

中年になると誕生日プレゼントが生活密着型になりますな。

喜んで頂けたっぽいので、

良い選択だったのではないかと満足しているところです。

ってか、帰りの新幹線(2階建)で

ワタクシの乗車した1階部分が貸し切り状態だったのには驚愕しました。

途中の駅でも誰も乗って来ないので、非日常感が半端なかったです。

ワタクシは何処にトリップしていたんだろう? 的な。

五、六回確認しましたが、本当に誰も居ませんでした。

こんなの、生まれて初めての体験だったんじゃないかな。

最高にリスクの少ない移動で、今日一番の贅沢となりました。

さて。

何はともあれ、荷ほどきだ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

「にいがた酒の陣2019」に参戦。

image

 2019年3月9日(土)~2018年3月10日(日)の2日間開催される、新潟県内約90蔵元・500種類の清酒が集結する日本酒のイベントが『にいがた酒の陣2019』です。昨年に引き続き、酒豪Mと参戦しました。

image
2020年で廃止が決まっている2階建て新幹線Maxとき

 埼玉から青春18きっぷで新潟入りする酒豪Mとは別に、新幹線で一足飛びに新潟入りしたワタクシ。早くから新潟のホテルは満室だったので、酒豪Mに合わせたエリアに宿をとりました。でも、部屋どころかホテルは彼女とは別でして、現地集合、長岡駅解散となりました。

image

 今回驚いたのは、人の多さ。凄まじいという言葉しか思い浮かばないほどです。なんせ、待機列は外まで続いていて、昼の段階で「80分待ちでーす」という状態でした。なんじゃこら。

image
まだまだ続く待機列。

image
チケットと引き換えにお猪口と水を受け取って、いざ出陣。

image
今年のお猪口は赤です。

image
そして水は気合の入った新潟ラベル。

image
女性が好きそうな味で買おうかなと思ったのですが、結局忘却。

image
昨年タクシー運転手さんが勧めてくれたのは「緑川」。
やはり大人気の日本酒で、大混雑していました。

image
ワタクシが気になっていた玉川酒造さん。
時間を区切って試飲できるシステムになっていまして、
着いたときには、ワタクシが気になっている銘柄は終了していました。


image
で、他のを飲む。

image
こちらのお酒も好みでしたが、買い忘れた。

image
これも好み。

image
長岡のお酒と云えば、これ!

image
ここでは、ぬる燗を飲んで酒粕を買いました。

image
酒粕 250円。


image
ここでは左の純米大吟醸原酒(限定品)を購入。

image
途中、いかの塩辛を試食。

image
最近は日本酒界にも擬人化の波が押し寄せているようです。


image
ラベルが今風。

image
今年は手作りのおちょこストラップをよく見ました。

image
小腹が空いたので、新潟米を調達。
から揚げは既に売り切れていました。


image
おにぎりもどんどん売り切れていく。
だいたい180円ぐらいかな。


image
酒豪Mはたらこ、ワタクシはジャコを選択。
ソースカツはバラで購入(300円)しました。
意外にもソースカツが好みでした。


image
上の食材を食べるのにテーブルを開けてくれたオジサマ達に
教えてもらったのが「マルビン」。
飲んだら確かに美味しかったので購入を決意したものの
在庫切れで一時間待ちました。
一時間後の販売はカオスで、もの凄くライフが削られた。


 とにかく、人、人、人。しかも若い人が凄まじく増えました。(子供連れも居るし、ベビーカーと一緒の人もいる。→来年からは未成年は入場禁止になるそうな)
 昨年はオジサマだらけだったのに、今は「学祭か?」ってぐらい若い人だらけ。
 来年はこの混雑緩和のためにシステムが変わるそうですが、ワタクシは今年で引退を決意しました。
 二年間ありがとう、「にいがた酒の陣」。今度は酒蔵に直接行くことにするわ。

image
去年どころではない人出で、歩くのも大変でした。
こんな中、リュックは凶器だと思った。


image
【にいがた酒の陣2019】

新潟県新潟市中央区万代島6-1 朱鷺メッセ ウェーブマーケット
(JR新潟駅万代口より徒歩で20分)
2019年3月9日(土)~2019年3月10日(日)
開催時間 10:00~18:00
試飲チケット1日券:前売2,000円、当日2,500円
http://sakenojin.jp/


【にほんブログ村】

ワタクシが新潟土産に買ったもの。

image



新潟と云えば、お米と米菓と日本酒。


お米が美味しいから米菓も美味しい。


お米が美味しいから日本酒も美味しい。


日本酒が美味しくて海の幸も充実しているから珍味も充実。


天国です。


そんな新潟でワタクシが購入したのは、やっぱり珍味。


初日直ぐに購入したのですが、実はこれ、酒の陣で食べるためだったのです。


ベテランさんは首からツマミを入れた籠を下げて挑んでいましたが、


あれほどではないにせよ、ツマミを食べながらのほうが


より美味しく試飲ができるかなと思って。


酒豪Mチョイスで、食べたのは酢イカだったんですけどね。


(食べてしまったので写真はないです)


image
ついつい有名日本酒で仕込んであるツマミには手が出てしまいます。
ジャーキーはどんなものでも概ね好きです。


image
新潟はル・レクチェ押しなのか、至るころで製品をみました。
お酒もあったし。


image
定番の柿の種ですが、コーンポタージュ味ってのは初めて見ました。

image
ワタクシの好む珍味にスルメ、鮭、貝ひもは含まれません。



新潟は珍味の種類が豊富なうえ、それほど高くない気がするのは気のせいですかね。


駅のビックカメラも覗いたけれど、


ずーっと探していた珍味(海苔しお風味のさきいか)が置いてあって


ちょっと感動したもん。


あとは、長岡で行きたいと思っていた瑞花本店で米菓も買いました。


あ、いや、東京にもあるんだけれど、本店は種類が豊富なのかなと思って。


訊いてみましたが、そんなことはないそうで、「どこも一緒」とのことでした。


まあ、ネットでは買えないものがあったし、これはこれでいいかなと。


image
[越後の菓子処 瑞花 本店]
長岡市東坂之上町1-6-11
営業時間9:00~19:00
https://www.zuika.jp/


image
右側の「栞」という商品は3月までの限定品です。
チョコがけの柿の種はホワイトデー商品なのかな?


【にほんブログ村】

新潟県新潟市『新潟加島屋本店』で買った海老しんじょうが美味しかった。

加島屋



新潟に来ると必ず立ち寄るのが、新潟加島屋本店


全国のデパートに入ってはいるのですが、さすがにお惣菜はここでしか買えません。


そして、そのお惣菜が美味しいのです。


今回もウキウキしながら立ち寄ったのですが、


生憎種類は極僅かしか並んでいませんでした。



image
袋入りのクリームチーズあえを発見。
瓶よりも軽くて良いですね。
左側のは初めて見ました。
賞味期限がそれほど長くないので、とっとと食べねば。


image
左の海老しんじょうがフワフワで、激しく美味しかったです。
もっと買えば良かった。



嵩張らなければ、大量に買って帰りたいところなれど、


ワタクシのスーツケースは日本酒などでパンパンで、


ある種、重量オーバーでございまして、泣く泣く断念致しました。


海老しんじょう、もっと買えば良かったなぁ。


次回も是非是非、立ち寄りたいと思います。




加島屋
【新潟加島屋 本店】

新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
営業時間 9:00~17:00
定休日:日曜
http://www.kashimaya.jp/


【にほんブログ村】

新潟県新潟市『鍋茶屋 光琳』に予約を入れて新潟ならではのランチを堪能してきた。

鍋茶屋


以前とは違い、完全予約制となった『鍋茶屋 光琳』。

花街古町の超有名老舗料亭『鍋茶屋』の一角にあり、

『鍋茶屋』よりはリーズナブルに食事をいただくことができます。

前回は飛び込みでランチをいただけたのですが、今は無理。

ゆえに、事前に予約を入れ、酒豪Mとともにランチを堪能してまいりました。

今回のランチコースは最も安い6,000円。

(あとで伝票を見たら6,600円だったのでサービス料は料理にだけ乗るのかも)

それでも同行者によっては却下されるパターンもあるとは思うのですが、

食に対しては予算が潤沢な酒豪Mが今回の同行者だったもんで、

躊躇わずに予約を入れることができました。

その割りに価格が最も低いものを選択した理由は、

呑むからです。


光琳
3年前に改修され、かなり綺麗になっていました。

光琳
ナフキン代わりの手ぬぐいが置いてありました。

光琳
食前酒の梅酒をちょこっと注いでもらいます。

光琳
これぐらいの量が丁度良いですね。

光琳
サッポロビールの新潟限定ビール「風味爽快ニシテ」でのどを潤します。

光琳
赤貝の底にわさび菜が敷いてある一皿。
出汁のジュレが掛かっています。


光琳
温かい鉢が供されます。

光琳
ヤリイカを使った一品。

光琳
蛤のお吸い物。

光琳
日本酒は5種類飲みました。

光琳
ここ限定の朝日酒造の日本酒があり、ぬる燗で頂きました。

光琳
トラフグの刺身。
今年は河豚付いている気がする。


光琳
日本酒にとっても合いますね、河豚って。

光琳
カマスの焼き物。
エビの卵のせ。


光琳
白魚の柳川風。下に敷いてあるのは筍。

光琳
アイナメの天ぷら。
これがとても気に入りました。
美味しかったです。


光琳
蟹ご飯。

光琳
ご飯がとても美味なのは、新潟ならではかも。
おかわりも頂きました。


光琳
海苔のお味噌汁。

光琳
上品な量の香の物。

光琳
デザートの苺は越後姫。

光琳
黒豆が乗っているってのが良いですね。



みっちり2時間、堪能させて頂きました。

昼なのに日本酒がすすみ、当初の予算である諭吉に到達。

6,000円のコースにしておいてよかったです。

改修で席も明るく綺麗になっていて、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

どのお酒も美味しく、料理にも合い、大変満足です。


光琳
天然とらふぐコースってのも大変気になります。
一度、夜に来てみたいなぁ。



お店の外に出たら雨粒が振ってきました。

傘をさすほどではなかったのですが、

我々は急ぎ足で、すぐそばにある加島屋に向かったのでした。




訪問記事】 新潟県新潟市『鍋茶屋 光琳』で千載一遇の好機を逃さずランチを楽しんできた。
鍋茶屋
【鍋茶屋 光琳(なべじゃや こうりん)】

新潟県新潟市中央区東堀通8番町1420
営業時間11:30~14:00 17:00~21:00
定休日:月曜
http://www.kourin.info/


【にほんブログ村】

新潟県新潟市『新潟加島屋 茶屋長作』の越後姫のサンデー(期間限定)。

茶屋 長作
[越後姫のサンデー 496円(税込)]



ドトールで朝食を摂ったあと、加島屋に移動しました。


ここは9時30分から開いているので、一休みできるかなと思ったためです。


ついでに期間限定の越後姫のサンデーを食して参りました。


497円という、ワンコインでお釣がくる良心的価格。


特に子供さんにオススメです。


茶屋 長作
春だけの期間限定メニューなんだそうです。

茶屋 長作
今年の越後姫は小ぶりみたい。
他のスーパーで見たものも小ぶりでした。



下にシリアルが入っていて、


その上にソフトクリームがのっているというシンプルなつくり。


凝ったものではないけれど、これはこれでアリなんじゃないかな。


ワンコインでお釣がくるんだし。



加島屋
【新潟加島屋 茶屋長作】
新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367 加島屋2F
営業時間 9:30~16:30
定休日:日曜


【にほんブログ村】

新潟県新潟市『新潟総鎮守 白山神社』で御朱印を頂く。

白山神社



家内安全、商売繁昌、工事安全、海上安全、交通安全、建築、


厄除、子宝、安産、縁結びの神様として


霊験あらたかと言われている『新潟総鎮守 白山神社』。


ここの主祭神である菊理媛大神(くくりひめのおおかみ)は、


農業の神、海上の神、国家、 郷土の守り神とされています。


また、伊邪那岐大神、伊邪那美大神が夫婦喧嘩をした際、


間に入って仲を取り持ったという神様で、縁結びの神様として有名です。


以前、母と参拝したことがあるのですが、


その際は御朱印を頂かなかったため、


今回再訪し、御朱印を頂いて参りました。


白山神社
鳥居のしめ縄は外界と神社の境界を示しますが、
ここの注連縄は五本付鼓胴型でした。


白山神社
拝殿は本殿造営の翌年、慶安元年(1648)の造営。
宝永年間(1704年~),享保元年(1716年),延享4年(1747年)に
建替、修理がされています。


白山神社
兎の毛通しは優美です。

白山神社
銅板葺の拝殿。元は茅葺だったそうです。


白山神社
拝殿の蕪懸魚。

白山神社
龍が出ている変わった龍の彫刻がありました。
なんだかユーモラス。


白山神社
これは白蟻被害ですかね。

白山神社
本殿は、正保4年6月18日に竣工。

白山神社
本殿は拝殿とは違って色彩が鮮やかです。

白山神社
色の褪せ方が良い感じ。

白山神社
耳がないっぽいけど、虎。

白山神社
アッサリしているけど鳳凰?

白山神社
色がそれぞれに異なるので組み方が分かり易いですね。



白山から流れる水を司り、豊富な水資源で流域に農耕や殖産興業を起こし、


それを守るとされるのが白山神社。


昔は参道の石橋のところに随神門があったそうですが、


そもそも石橋がどこかわかりませんでした。


白山公園
明治政府による公園設置の布達でできた白山公園。

白山公園
狛犬がここに居ました。
結構古いものだと思うんだけどなぁ。


白山公園
風化で欠けている石塔。



さて、ここで頂ける御朱印は5種。


ワタクシは1種しかいただきませんでしたが、お参りだけはして参りました。


白山神社
御朱印のある神社がこの先にあります。

白山神社
手前に説明書きがありました。

白山神社
拝殿に繋がる渡廊下をくぐって裏に向かいます。

白山神社
白山神社の建物脇に三つの神社があります。

白山神社
拝殿脇に御朱印を頂く窓口があります。

白山神社
白山神社の御朱印。



早朝の白山神社と白山公園はマラソンランナーが複数いました。


コースなんですかね。




白山神社
【新潟総鎮守 白山神社(はくさんじんじゃ)】

新潟県新潟市中央区一番堀通町510番地
主祭神:菊理媛大神、伊邪那岐大神、伊邪那美大神
春まつり/2015年4月12日~4月18日
夏まつり/2015年7月12日~7月18日
住吉祭(新潟まつり)/2015年8月7日~8月9日


【にほんブログ村】

早朝から新潟市に向かう。

新潟県



早朝から信越本線に乗って新潟駅に向かいます。


宿泊地が長岡市だったもんで、乗車時間は普通電車利用で1時間半弱。


早すぎて殆ど人の乗っていない車内で日の出を目にしておりました。


なめていたのですが、長岡市周辺は残雪があり、


ワタクシ的には結構寒かったです。


image
長岡の残雪。

image
駐車場などに集められた雪。



なぜ早朝から新潟駅に向かっているかと言うと、


本日もイベントがあるため、ロッカーが不足するから。


昨日買った日本酒の瓶が重くて、


ロッカーに入れないで持ち歩くと体力がガリガリ削られると感じ、


後から合流する酒豪Mのためにも、大型のロッカーを確保しようと思ったのです。


かなり早い時間に新潟駅に着いたのですが、


大型のロッカーはあまり空いていませんでした。


やっぱりね。


image
昨晩、ヤスダヨーグルトで購入したスイーツを早朝食にしといた。

image
『発酵酒粕 酉(みのり)』に寄ろうと思って
専用容器を持参したのに閉店してた。



酒豪Mとの待ち合わせ時間まで3時間以上あるので、


ちょいと白山神社に向かおうと思います。


新潟県
霧雪の中の日の出を初めて見ましたが、大変幻想的でした。
一番良い景色のところは見惚れている間に通り過ぎてました。


【にほんブログ村】

『新潟淡麗 にいがた酒の陣2018』に初参戦。

image


2018年3月10日(土)~2018年3月11日(日)の2日間開催される

新潟県内約90蔵元・500種類の清酒が集結する日本酒のイベントが

『新潟淡麗 にいがた酒の陣2018』です。

酒豪Mが東京駅で入手したチケットにより今回初めて参加することが叶いました。

一度は行ってみたいと思っていたので、すごく嬉しいです。

埼玉から青春18きっぷで新潟入りする酒豪Mとは別に、

新幹線で一足飛びに新潟入りしたワタクシ。

今までに見たことが無いほどの人出で、すでに新潟駅でも大混雑していたため、

当初考えていた現地集合というのは止めて、とりあえず駅で待ち合わせを致しました。


image
リストバンドを装着して貰って、いざ出陣。

image
一階会場入口でチケットと引き換えに水とお猪口を受け取ります。
水はいろんな種類があったっぽい。でもなぜボルヴィックなのか!?


image
色がいいなぁと思った今年のお猪口。記念になりますね。

image
一番初めに飲んだのは、にごり酒でした。

image
人混みが凄くてブースの全容が見えません。

image
越後雪紅梅で有名な長谷川酒造のブース。
全てのお酒が試飲できます。


image
このイベント限定の日本酒もチラホラ。

image
グッズを販売している酒造会社もあります。
若い女性に人気のようでした。


image
朝日酒造さんの新商品「香里音」。
女性が好みそうな甘さでした。


image
合間に、酒豪Mのママが握ったおにぎりを頂きます。
お米は新潟の「新之助」だそうです。


image
ツマミに「がりもあるよ」と言われて苦笑。

image
フードコーナーで酒豪Mが「とんび」を買ってきてくれました。
これで500円とは安い!


image
越乃白雁を醸す中川酒造のブース。

image
このイベント限定の大吟醸がコチラ。
お店の方が写真を撮るために樽を回転してくれました(笑)。


image
色んな日本酒がありますが、ここではこの大吟醸が気に入りました。

image
大変美味しかったもんで、ちょいとお高いのですが買ってしまいました。

image
ついつい買ってしまった酒粕。一袋250円。
酒粕って冷凍保存ができるんですって。


image
こちらは一袋200円。
キャラメルが作れるレシピが付いているところに反応してしまいました。


image
一度は蔵見学してみたい今代司酒造。

image
今代司酒造のブースで人気を博していた日本酒ガチャ。
大人気で長蛇の列ができていました。


image
400円で一回まわせます。
4等が欲しいかも。


image
当たったのは5等のお酒でした。
詫びられたってことはガチャ価格以下なのか?


image
糸魚川大火の被害に遭った加賀の井さんも
一種類の日本酒でもって出店してました。
復活の兆しが見えてよかったです。


image
白瀧酒造「上善如水」の300本限定・無濾過生原酒も入手しました。

image
新潟薬科大学の作った日本酒もありました。

image
新潟といえば、亀田製菓。
ハッピーターンの王子も存在感を放っていました。
東京タワーのマスコットに似ている気がする。


image
月曜日から発売するお菓子だそうで、
試食に配布してました。


image
ネックストラップは必携。
試飲していた隣のオニイサンに売り場を訊いて買いに行きました。
こちらで1,000円になります。


image
ゴムが伸びるので遠くから日本酒を注いでもらうのに便利です。

image
我々は二階まで買いに行ったのに、一階会場内で売り歩きしてました。

image
皮製のちょっと高級なストラップもございました。
倍額です。


image
ただし、真横にぶら下がるので水分が残っている場合は零れます。
要注意です。


image
至る所でお猪口が割れる音がしています。
割れると飲めなくなるので、こちらでレスキュー。


タクシー運転手さんが勧めてくれたのは「緑川」。

ブースが大人気で試飲に至るまでが大変でした。

この酒の陣は今回初参戦ですが、会場内の女性の多さには本当に驚きました。

確実に日本酒ブームが来ているんですね。

しかし、見ず知らずの人と会話を楽しめるのは男性の方が上って気がします。

良い情報をくれるのも男性でございました。

何はともあれ大変面白いイベントでしたので、ぜひ来年も再訪できればと思います。

新潟市内のホテルは半年前から予約で埋まってしまうらしいので、

そこも対策を講じねばならんなと思うところでございます。


image
アンケートに答えて籤引きに参加。
赤い玉が出て当たったので、好きなワンカップを一つ選びました。


image
いずれも見たことのあるものばかりだったので
見たことが無かったコチラを選択しました。



滞在時間は3時間弱でしたが、体力をかなり消耗致しました。

ベテランは色んな対策を講じているようで、コインロッカーの使い方も巧い。

次回、真似できればいいなと思う点でございます。

誰もかれもがガッツある吞兵衛。

このイベントが新潟市に齎す経済効果はダントツだそうで、

宅配コーナーの混み具合と一人当たりの荷物の量を見ると、

さもありなんという感じでした。

ってか、ワタクシはいったいどれほど呑んだんだろう?



image
【新潟淡麗 にいがた酒の陣2018】

新潟市中央区万代島6-1 朱鷺メッセウェーブマーケット(展示ホール)
JR新潟駅万代口より徒歩で20分
2018年3月10日(土)~2018年3月11日(日)
開催時間 10:00~18:00
試飲チケット1日券:前売2,000円、当日2,500円


【にほんブログ村】

「Suicaで駅ナカ駅ビルお買い物キャンペーン」でD賞が当たった。新潟ジンクスか!?

Suicaペンギン
[D賞 Suicaのペンギンオリジナルトートバッグ]



先日、こんな記事をアップしました。


新潟駅で「Suicaで駅ナカ・駅ビルお買い物キャンペーン」っつーポスターを発見。早速参加してみた。


これで当選したものが、本日届きました。


実はB賞とD賞の両方に応募していたんです。


しかもB賞にハガキを3枚、D賞には1枚しか出していなかったのに、


D賞が当たりました。


うーむ、もしも保険としてD賞に応募していなかったら、


当選していなかったかもしれんってことか。


それにしても、新潟ジンクス確定だな、こりゃ。


以前はホテルの宿泊券が当たったし(使わなかったけど)。


次回も新潟に行った際は、積極的にキャンペーンに参加してみようっと。


何はともあれ、当選ありがとうございました~。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。