sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

文化財

本日はこんなところに居りました。

image
今日居たのはあの山の向こう側になるのかな?

本日は青春18きっぷとJRE POINTを使っていつものあの県に行っておりました。

往路はバビュッとワープして、そこから戻って来るという旅程です。

image
帰りの在来線車内から見たホームの向こう側。
残雪があるけれどそれほど寒くはありません。
なんせ電車内なので。

東京では桜が満開になっているようですが、

訪問先ではまだ蕾でした。

image
image
咲くのは来週ぐらいかしら。

想定していなかったのに

訪問先が文化財に指定されていたのは嬉しい驚きでした。

image
少なくとも文化財プレートを三枚は見た。

本日は、過去の旅を辿るのが目的。

前回の訪問時に文化財保存のためにちょこっと寄付をしたもんで、

その後どうなったか見たいと思ったのが旅の動機です。

これが想像していた以上の変わりっぷりで大変驚きました。

滞在中、未来に来ている感がめちゃくちゃあり、

ふわふわした気分というか、かなり不思議な感覚。

この感覚に適した語彙が絞り出せそうにありません。

まあ、そんなこんなでいつもの通り写真整理後に

過去に向かってアップしていこうと思います。

image

さて、ここは何処でしょう?




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新潟県長岡市『摂田屋6番街発酵ミュージアム・米蔵』という摂田屋地区の新しい観光スポット。

image

旧機那サフラン酒製造本舗の奥に真新しい蔵を通りから発見していたため

覗いてみることにしました。

image
通りから見えていたのはこんな外観。

image
旧機那サフラン酒製造本舗の右側から奥へ向かいます。

image
一号蔵を抜けたところにあるのが『摂田屋6番街発酵ミュージアム・米蔵』。
元米蔵だったものを改修して商業施設にしたらしい。

image
蔵の中は吹き抜け状態。
入口に物販コーナー、中央付近に飲食販売コーナーがあります。
飲食店名は「おむすびと汁と茶6SUBI(むすび)」というらしい。

image
イートインスペースはこんな感じ。

image
補修さた天井は造作が剥き出しになっています。

image
ドリンクの他にフードもあるのでランチを摂ることにしました。

image
情報量が多くて一見では処理できないためプレートを注文。

image
席に運ばれてくるまでに商品を見てみる。

image
いろんな味の味噌が面白い。

image
気になったのがこちらのカスタード。
瓶が重そうだったので買わなかったけれども。

image
塩も気になりました。
村上の塩だったので、村上に言った時に買おうと決意。

image
こんなコーナーもありました。

image
おむすびプレート 1,800円(税込)
ドリンク付きです。

image
いろいろ頼むよりセットになっている方がお得な気もする。

image
おむすびの周囲には粉鰹節が塗してあります。

image
プレートにご飯の友も乗っているのでそれを付けて食べると良いらしい。

image
お味噌を使っていない発酵スープ。
味覚に優しい味で美味しい。

位置的にも、スペース的にも街歩きの休憩利用に丁度いいのではないかと。

飲食店が少な目なイメージのある摂田屋地区では貴重な存在かも。

image
イベントコーナーで小さなライトを購入しました。
左の電池が50円、右の紙の照明器具が300円でした。
ボタン電池を縦に挿して使うのですが
サンプルを見たらよくできているので、つい。

image
点けたらこんな感じ。
和紙でランプシェードを作ろうと思う。




image


image
【摂田屋6番街発酵ミュージアム・米蔵】

新潟県長岡市摂田屋4-6-33
営業時間 9:00〜17:00
定休日:火曜(祝日の場合翌日休館)、年末年始
※Suicaが使えます
https://settaya6-hakkomuseum.jp/
https://www.instagram.com/settaya6hakko/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新潟県長岡市『旧機那サフラン酒製造本舗』を七年ぶりに再訪する。

image

江戸幕府の御領地として味噌・醤油・酒などの醸造業が発展した摂田屋地区。

太平洋戦争時の長岡空襲被害が少なかったため明治大正期の建物が複数現存しています。

その一つが『機那サフラン酒製造本舗』。

代表的な歴史的建造物群なのですが、

ワタクシが初めて観た2017年当時はボランティアが頑張って守っていて

市の介入はされていないような気配がありました。

保存するぞという強い願いに共感して前回募金させて頂いたのですが

その後どうなったのか気になっていたので青春18きっぷを使って観に行って来ました。

前回の記事をパラ見して頂いてから現在の写真を見て頂くのが良いかもしれません。






現在の管理は長岡市が担っているそうです。

それにより大幅な改修工事ができるようになったようで、

屋根の葺き替え工事のため内部見学ができなくなっていました。

image
部分的に改修されている蔵。

image
米蔵改修で取り外された屋根瓦が並んでいます。

image
今は屋根に上る子供なんて居ないんだろうなと思った一枚。

image
龍の意匠が封じ込められた鬼瓦。ゴージャスです。

image
前回見た記憶が無いのですが、花壇の柵に瓦が使われていました。

当分内部の見学は出来ない気配が無きにしも非ずです。

image
庭への入口は封鎖されていました。

image
建物内にも入れません。
見学日が設定されている可能性はあります。

image
周囲が明るくなったため蔵も見易くなりました。

image
この蔵の屋根もついでに改修されているのか鬼瓦にネットが掛けられています。

image
文化財プレートも健在。


image
あんなに荒れていたのに、奥の蔵が見渡せるようになっています。

image
ボロボロに朽ちた納屋があった気がするところには新たな電力施設が?

image
草木が抜かれて広々とした奥の蔵群。
image
蔵の名前も分かるようになりました。

随分と様子が変わっていて大変驚きました。

この建物群の「その後」を知れ、再訪して良かったです。

そしてこれからの「その後」も気になったので定期的に追えれば良いなと思っています。

長岡市の管理になったことで一気に改修ができるようになったし、

建物の存続が確定したことで市民団体の皆さんもホッとしている事だろうと推察されます。

文化財的価値のある建物は観光資源だと改めて感じました。



image
【旧機那サフラン酒製造本舗】

新潟県長岡市摂田屋4-6-33
https://settaya6-hakkomuseum.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新潟県長岡市の摂田屋地区に移動する。

image
駅の改札で手荷物を500円(現金のみ)で預かってくれます。
いいサービスだ。

宮内駅に移動して参りました。

今回の旅の目的地ですが、滞在時間は僅かに2時間だけ!

ダッシュで見たいところを周ります。

昔はこの辺りまでバスが通っていた記憶があるのですが、

ほぼ無くなっていて歩くしかない。

長岡市がここを観光拠点にするのであれば

巡回バスを走らせてくれないかなぁと願っています。

でも今日この辺りに観光に来ていたのは県内の人ばかりのようで

皆さん車で来ているみたい。

まだまだ他県での認知度は低そうな摂田屋地区です。

(逆に来るなら今のうちです!)

image
GW前にイベントがあるみたい。

image
長岡市に関するガチャガチャがありました。
火焔土偶はマンホールの蓋の意匠にもなっています。

image
今日の目的地はこちら。

image
バス専用駐車場があるってことは観光地化されてるってことですね。
その奥に前回は見なかった外観が綺麗な蔵がありました。
あれは何だ? (後ほど立ち寄ります)

前回訪ねたのは2017年ですが、随分と様変わりしていました。

これから観光地として発展しそうな摂田屋地区。

今後どうなって行くのか気になるので、

機会があればちょくちょく見に来ちゃうかもしれません。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新潟県長岡市『越乃雪本舗 大和屋 本店』の日本三大銘菓とされる越乃雪と老舗ならではの店構え。

image

越乃雪で有名な『越乃雪本舗 大和屋 本店』は1778年(安永7年)創業。

長岡藩の御用菓子を製造してきた老舗で、

越乃雪は藩主や藩士の参勤交代の贈答品として用いられていたため

広く知れ渡るようになったのだとか。

ゆえに越乃雪は日本三大銘菓のひとつとされています。

JR長岡駅でも買うことはできるのですが、

本店に行ってみたくて少し足を延ばしてみました。

image
外観は改修されているためこれと言って目を惹くものはないのですが

image
店内は圧巻の造作です。

image
棚には文化財プレートが置いてあります。
納得の、国登録有形文化財でした!

image
お断りをして撮らせて頂きました。
(動画はNGの張り紙があったのでダメ元で訊いてみました)
凄くないですか? この竿縁天井!
細い竹が使われていて洗練されたビジュアルになっています。

image
唐突に苺大福が視界に入って来ました。かなり大きい!
容器に入っているので持ち運びやすい点も気に入り即購入。

image
有名なこちらも押さえておきます。

image
苺大福ではなく「いちご餅」というらしい。
一つ497円(税込)。

image
かなり大きな苺大福(いちご餅)です。

image
切るとこんな感じ。
新潟のブランド苺「弥生姫」の大サイズを使用した圧巻の美味しさ。

上生菓子も色々あって美しかったのですが、

建物に目を惹かれてそれどころでは無かったです。

今回は時間が無くて行く前から断念していましたが、

次回は予約を入れて喫茶コーナーを利用しようと思ってます。

文化財チェックをしていなかったので

偶然の出会いに内心かなり浮かれておりました。

かなり得した気分で店内を眺めておりましたが

電車の時間が迫り、この後駅まで小走りになりました。

苺大福(いちご餅)がしっかりした容器入りで良かったです。



image
【越乃雪本舗 大和屋 本店】
国登録有形文化財
​新潟県長岡市柳原町3-3
​営業時間 9:00~17:30
定休日:水曜、日曜
※Suicaが使えるらしい
(現金だと釣札が新券でした)
※カフェスペースは三営業日前までの予約が必要
https://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/
https://www.instagram.com/yamatoya1778/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

群馬県沼田市『高平の書院』は文化財なんだけれども個人宅らしいので外観のみチラ見する。

image
高平の書院は江戸時代初期の慶安2年(1649)、当時の沼田藩(藩庁:沼田城)の藩主真田信政が周辺の新田開発や町割りなどを行う際、本陣として設置された施設で、以後も沼田藩主が領内巡視や鷹狩りなどで付近に来ると休憩所に利用しました。
往時は藩主の本陣として広大な敷地に7棟の建物があったとされますが、明治4年(1871)に執行された廃藩置県により沼田藩が廃藩になると維持する事が困難になった為、規模が縮小され唯一書院だけがのこされました。現在の建物は江戸時代中期に再建されたと推定されるもので、木造平屋建て、切妻、桟瓦葺、外壁は真壁造り、内部は主室(8畳、平書院付)、次の間(8畳、床の間付)、室(4.5畳・6畳)に別れ、各所に数寄屋造風の意匠や工法が見られ、群馬県内屈指の書院建築と評価されています。

近寄って見ないと建物の価値がワタクシにはよく分かりませんが、

手前の巨樹に圧倒されました。

これは凄い。

松ってこんな巨木になるもんなんですねぇ。

image
「高平の書院」は群馬県指定重要文化財に指定されています。

image
その手前にある五葉松は
推定樹齢約400年。
群馬県指定天然記念物に指定されています。

image
image
image
五葉松は葉が五枚で一対となっていることが名前の由来。
ズームで撮ったものの、落葉した葉を数えれば良かったかも。

建物を観たというよりは「見た」という程度ですが、

歴史的な場所だという点で興味深かったです。

何はともあれ、松は一見の価値ありです。



【高平の書院】
群馬県沼田市白沢町高平


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

東京国立博物館でとてもキュートな像(たぶん未来の重文)に出会う。

image

近くに来たから寄っちゃえってことでトーハクに向かいました。

元旦にメンバーズパスを入手したもんで本当に気軽な気分で立ち寄っております。

素晴らしき哉、メンバーズパス。

今日も本館前は中尊寺の企画展に入る人で長蛇の列ができておりましたが、

メンパスは常設展オンリーなので一階の奥から平成館へ向かいます。

image
本館正面の大階段。トーハクといえばここ! というスポットです。

image
その大階段を使った初音ミクとのコラボらしきもの。
(横の説明を読んでいないのでこんなコメントになってます)

image
フィギュアもありました。

image
今日の目的地はここ。
最近のお気に入り展示室です。

image
そして心を鷲掴みされた展示がこれ!

image
押出蔵王権現像
奈良県天川村 大峯山頂遺跡出土
像高15.2cm
この蔵王権現は、銅板をたたいて立体的に像を打ち出し、鏨(たがね)などの工具で模様を彫ってつくられています。今も一部に残っていますが、もともとは全体に鍍金(めっき)が施されていました。髪と衣に小さな丸い穴が2か所あけられています。円形の銅板に鋲で留めて、お寺の堂内などにかけた懸仏(かけぼとけ)の一部であったのかもしれません。
蔵王権現は、人々を救済し、魔物を降伏させるために現れた仏のすがたと考えられています。一般的には、逆立つ髪の毛、怒りのまなざし、口の両端から牙をのぞかせた姿で表され、その背後には火炎が燃え盛ります。また、右手には密教法具である三鈷杵(さんこしょ)を握り、左手は刀印(とういん)とよばれる印(いん)を結んで腰を押さえます。さらに右足は大きく大地を蹴り上げ、左足は大きな石を踏みつけています。
出典:https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/487168

image
顔の大きさがコミカルさを醸し出すよう要因かも。
ってか誰かに似ている。

image
日本で最も有名な土偶と言える「遮光器土偶」。
今まで発見されている土偶の殆どが意図的に壊されているそうです。
だからこの土偶の欠損部分もそうなのかも。

image
教科書では見ない(のではないかと思う)うしろ姿。

土偶も埴輪も謎だらけで妄想が掻き立てられますね。

どんな意味があるんだろう? とか。

気になるのは手の短さ。

なんでこんなに手が短いんですかね。

それはそうと毎度思うのですが、

展示品の脇にQRコードででも良いので

発掘された時の写真が見られると想像し易くて助かるんだけど。

image
3月31日までの体験展示コーナー。

image
手を上げたりして指示を出すと映像を動かすことができます。

こういうデジタルと融合した展示が可能なら

そういう展示も出来そうな気がするんだけれども。

image
こちらは上野公園。

ちょこっと博物館に立ち寄るのに便利なメンパス。

今年買って一番良いと感じているものかもしれません。

今後もちょくちょく考古展示室を覗きに行くつもりですが、

その前に書物などで勉強しないとと思ってはいるのだけれど、

手っ取り早くYouTubeを見てみたり。



image
【東京国立博物館】

東京都台東区上野公園13-9
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30迄)
https://www.tnm.jp/
https://www.instagram.com/tnm_pr/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『旧木下家別邸(大磯迎賓舘)』の外観だけ観賞。

image

大磯駅から直ぐの場所にある国登録有形文化財の旧木下家別邸。

大正元年(1912年)に貿易商木下建平氏の別荘として建築された洋館で、

国産材でつくられた住宅では国内最古のものと考えられているそうです。

敷地の形が三角形になっていることから、地元の人に三角屋敷と呼ばれているとか。

現在は大磯町が所有し、イタリア料理店として民間企業に貸し出されています。

image
景観重要建造物、国登録有形文化財
関東大震災でも倒壊しなかった数少ない建築物です。

image
坂下から見るとこんな感じ。

image
高台側はこんな感じ。
城の石垣のように湾曲になっている法面が面白い。

image
木造地上2階一部地下1階建
スレート葺、枠組壁工法
イギリス下見板張り塗装仕上げ

image
ランチは予約が望ましいのかも。
食後だったので食事利用する気にならず
建物内にも入っていないのだけれど。
image
次回は建物内に入るため見学予約をするか、
ランチ利用をしてみようと思います。

高台にあるので建物内から海が見えるらしいです。

今日のように天気の良い日は良いロケーションなのではないかと。

ランチ利用しなかったのは惜しかったかも。




image
【旧木下家別邸(大磯迎賓舘)】

神奈川県中郡大磯町大磯1007
https://www.oisogeihinkan.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県静岡市『旅籠和泉屋』という国登録有形文化財が興味深い。

image

天保年間(1830年~1844年)に建てられ、安政大地震でも倒壊しなかったという東海道十五番目の宿場町「蒲原」の上旅籠(じょうはたご)和泉屋。

現在は、左側4間が個人の住宅、右側2間弱がお休み処として公開されています。お休み処はNPO法人により、藍染・草木染・機織・銀細工・クレイフラワーなどのイベントも行われているようです。

お休み処は伝承によると天保年間に建てられたもので、江戸時代には本陣の向かいの旅籠「和泉屋」として利用されていました。現在でも看板かけや2階の手すりは天保年間当時のままのもの。江戸時代の雰囲気を感じさせる建物です。
平成18年に国の登録有形文化財に指定されました。

出典:https://www.city.shizuoka.lg.jp/s3478/s005265.html

お休み処ならば内部が見学できるだろうと思っていたのですが、期せずしてその隣の個人宅になっている建物の一部を見学することになりました。

建物の外観を見ていたら「寄っていきませんか?」と中から声をかけて頂いたからです。

こちらは「鈴木家住宅店舗兼主屋」として国登録有形文化財に指定されています。

個人宅との認識があったので声掛けの意味が一瞬分からなかったのですが、声掛けの理由を聞こうと近付いたところ中に入るよう促され、すぐに建物について説明し始めてくださいました。

なんというか、とても驚きました。

調べてみたら、つい最近まで煙草屋を商っておられたようです。



image
ワタクシよりも年上の娘さんから説明を受けていたのですが、
奥から娘さんのお父さんが出てこられてからはお二方による二重音声で説明を受けました。

image
宮大工が建てたという建物で、こんなところにその片鱗が見られます。

image
説明書きが貼ってあるのだけれど、読んでいる暇がない。

image
かなり立派な梁なので、二階でワタクシがどすどす歩いても大丈夫そうです。

image
家紋が入った漆喰飾りにお父さんがランプを付けたんだとか。
三つ藤巴紋入りの漆喰飾りは神奈川から持ってきた人が居ると仰っていたような…。

image
文化財プレートが置いてあるなと思っていたら、
お父さんから「持ってみて」と渡されました。
初めて文化財プレートを持ったよ!
ずっしりと重い! いろんな意味で重い!

image
看板などが置いてあるところに和泉屋(旅籠)の文字が見えます。
近代に作られた灯篭看板の上の部分かな?

image
奥から取り出したという蒲原塗(古代塗)のお重やお盆が展示してありました。

image
こちらは煙草屋時代のカウンター。
側面がタイル張りになっています。

image
お父さんがベンチを避けてくれました。

image
外から撮った方が良いということで開口部も開けてくれたりもして。
モダンな意匠のタイル張りですねぇ。

image
これまた最近見つけたという木札も取り出して持ってきてくれました。

image
image
昔の木札だそうで、お言葉に甘えて撮らせて頂きました。

「蒲原の職人が東京タワーを塗った」と娘さんが仰っていましたが、調べてみると清水区蒲原(旧蒲原町)は「鋼橋塗装発祥の地」といわれ、鉄塔の塗装を専門とする鋼橋塗装の職人を多く輩出した地なんだとか。

ここで文化財(建造物)の課題について考えさせられることになりました。
住み続ける労力とでも申しましょうか。

三和土からの臭気とカビについての悩みも伺ったのですが、回答できる知識が無かったため、請われた訳ではないけれど課題として持ち帰り、知り合いの専門家たちに訊いてみようと思っています。
フィードバックできるかなぁ。

体感的には長時間滞在させて頂いたため、蒲原といえばココというほど記憶に強く刻まれました。
いつか再訪したいと思っています。

その頃には文化財プレートはどこかに嵌め込まれているかもなぁ。

皆さん、どうぞお元気で!

image



image
【鈴木家住宅店舗兼主屋(旅籠和泉屋)】
注:左側は通常非公開

【お休み処(旅籠和泉屋)】注:右側の暖簾がかかった間口分のみ
静岡県静岡市清水区蒲原三丁目25-3
開館時間 [3月~10月]9:30~16:30,[11月~2月]9:30~16:00
休館日:月曜、祝日の翌平日、年末年始(12月26日~1月5日)
入館料:無料


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県静岡市『旧五十嵐歯科医院』という国登録有形文化財がゴージャス過ぎる。【その弐】

image

その壱】からのつづき。

急な階段を上って振り向くと、離れが見えます。通路は階段の上になるスリリングなこの部屋は、子供部屋として使われていたそうです。(トイレに行くのも決死の覚悟がいるやん)
そんな部屋から2階の見学はスタートしました。

image
この子供部屋は「離れ」になるそうです。

image
2階から庭を見下ろす。

image
階段直ぐのところにある客間。
その設えに圧倒されます。

image
欄間に富士山が見えます。この奥が貴賓の待合室になります。

image
花鳥風月が描かれた豪華な襖。

image
押入れの襖。

image
image
ゴージャスな芭蕉布が貼ってありますね。

image
西側座敷の全体図を撮り忘れていました。
田中光顕に関する書を見ていて忘れた気がする。

image
image
こちらは待合室だったようです。

image
手書きの説明がなんかイイ。

image
診察室。

image
診察室はガラス窓を多用しているためかなり明るい。

image
診察室の床はリノリウムで、かなり劣化しててました。

image
診察室の電気系統。

image
診察室の奥にある技巧室。

image
器具や歯のサンプルが置いてあり、昔の学校の理科実験教室を思い出しました。
(そこに歯があったわけではなく雰囲気だけ)

image
明細書などの未使用伝票類も展示してありました。

image
歯の模型は紙でできているのかな?

image
待合室から見た診察室。

image
廊下に展示してあった蒲原塗。

image
蒲原塗ってなかなか華やかなものなんですねぇ。

image
ゲストハウスのある歯科医院ってのも凄い。

image
2階から庭を見下ろす。左の窓があるところが離れ(子供部屋)。

image
2階から浴室(煙突があるところ)を見下ろす。

image
1階玄関土間に置いてあったお土産品。
こんなに日差しを受けて大丈夫かしらと気になってみたり。

総じて見応えのある建物でした。見どころが多すぎて写真を撮り忘れた箇所も多いです。
特に貴賓室が見どころだったのに撮り忘れるとは…。

また、撮ったけれどどの部屋のものだった忘れたものもありました。

image
image
多分2階の欄間。

使用していた備品が置いてあるため、当時の様子が想像し易かったです。と言っても、想像の域を出ませんが。(ちょいちょい写真が置いてあるのも参考になります)

蛇足ですが、「かえるの庭」で勧めて頂かなければ立ち寄らなかったのではないかと思います。地図に出てこなかったもんで。おかげさまで良い観光ができました。

image
駅に向かう途中、蒲原城跡に向かう道の角に案内がありました。

image
こちら側から来ていたら気づいたのかも?

蛇足の二本目。

image
文化財プレートは玄関わきにありました。
(影はワタクシ)


image
【旧五十嵐歯科医院】

静岡県静岡市清水区蒲原三丁目23-3
開館時間 [3月~10月]9:30~16:30,[11月~2月]9:30~16:00
休館日:月曜、祝日の翌平日、年末年始(12月26日~1月5日)
入館料:無料
https://www.city.shizuoka.lg.jp/s3478/s005264.html


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県静岡市『旧五十嵐歯科医院』という国登録有形文化財がゴージャス過ぎる。【その壱】

image

かえるの庭で教えて頂いた登録有形文化財(建造物)を見学するべく旧東海道に面した『旧五十嵐歯科医院』にやって参りました。
遠目から見てもガラス窓が多く、公共の建築物かなと感じる外観です。

image

ここは大正3年(1914年)頃に竣工された洋風建築で、増築を繰り返して現在の姿になっています。
設計は設計は地元の大工、吉田源吉とされるそうです。

image
二度の増築でも外観に違和感が無いところが良いですね。

image
歯科診察室は2階になり患者さんはここから2階に上がっていたそうです。
階段の右側は通り土間になっていて炊事場などに通じています。

image
期せずして各部屋に雛人形が飾ってある時期の見学になりました。

image
電話室がある珍しい部屋なのですが、
それを撮らずに天袋の木目の素晴らしさに目が行ってしまいました。

image
電話室の扉に貼ってあった昭和50年のガス料金早見表。

image
image
中の間にある金庫。内部は気密性のある桐の箪笥。
鉄製の金庫で重量を支えるために土台はコンクリート造。
金庫の上には立派な神棚があります。

image
image
雛飾りに目が行きがちですが、各室の欄間が凝っていて必見です。

image
奥座敷のが豪華で欄間も凄い。
部屋を仕切る襖が取り外されているので全体的に明るい空間になっております。

image
天袋は金色だし。

image
1階の欄間は近江八景が彫られています。

image
庭側から眺めた座敷の欄間。

image
天井板も立派。厚みもありそう。

image
座敷からお勝手側を見る。
普段はガラス戸で仕切られているのかも。

image
image
正面の食器棚の中はこんな感じ。

image
食器棚が置いてある付近の電気コンセントは陶製でした。

image
お勝手側から家族用の階段を見る。
この階段は急勾配な上に手すりが無く、かなり怖かったです。

image
ちなみにここで珈琲が飲めるらしい。

image
通り土間からお勝手へ。

image
さっき室内に冷蔵庫があったので、これで二台目ですね。
(お金あるなぁ~)

image
豪華な竈。

image
水道は水だけっぽい。

image
正面が風呂場です。

image
風呂場の外に薪をくべるところがあるので五右衛門風呂だったんでしょうね。

image
火の用心と書かれたこれは何だろう?

image
屋内に戻って通り土間から玄関方向を見る。

image
土間には排水口らしきものがありました。

image
image
庭にあるポンプ小屋。

image
庭の奥には蔵が三つ並んでいます。

ちなみに建物は五十嵐氏からの寄贈後、蒲原町で耐震補強工事を行っています。
合併により現在の管理は静岡市が担当しているようです。


その弐】につづく。


image
【旧五十嵐歯科医院】

静岡県静岡市清水区蒲原三丁目23-3
開館時間 [3月~10月]9:30~16:30,[11月~2月]9:30~16:00
休館日:月曜、祝日の翌平日、年末年始(12月26日~1月5日)
入館料:無料
https://www.city.shizuoka.lg.jp/s3478/s005264.html


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県静岡市『かえるの庭(旧岩邊邸)』という国登録有形文化財の庭。

image


パンカフェ『かえるの庭(旧岩邊邸』からチラリと庭が見えたので、

帰り際に見学したい旨を伝えてみたところ、

庭は裏に抜けられるようになっているそうで

そこから次の目的地までの道順を教えてくれました。

ということで、堂々と? 庭を抜けることに。

image
カフェから見える庭。

image
なまこ壁の建物が奥へと続いていて、それに沿って庭があります。

image
なまこ壁と現代のアルミサッシが混合している建物でした。

image
庭の立派な松。

image
池の苔生した鉢。

image
冬なので雑多な印象を受ける庭ですが、
春はきっと色づくのだろうと想像されます。

image
井戸が見えますね。

image
井戸は今も使われているのかも。桶が格好いい。

image
庭を抜けると駐車場がありました。
植え込みに石碑があるのだけれど判別できず。
でも気になりました。

庭については以下の説明を読んで気になっておりました。

どの辺がどう影響を受けたのかは青山荘を見ないと分からないのですが、

青山荘は現在非公開となっているため個人的な謎のまま終わりそうです。

庭園は、田中光顕の別荘(青山荘)の庭の影響を受けて造園されたことがうかがえます。



田中光顕(たなかみつあき)といえば、

個人的には武勲云々よりも昭和天皇に側室をすすめた人物のイメージが強いです。

人となりがよく分からない(興味がわかないので覚えられない)ので、

田中光顕の別邸だった現・小田原文学館を見学に行ってみようと思います。



image
【かえるの庭】
旧岩邊邸:国登録有形文化財

静岡県静岡市清水区蒲原新田1-17-26
営業時間 8:00~13:30
https://www.instagram.com/kaeru.no.niwa/
https://sites.google.com/view/kaerunoniwa/home


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県静岡市『かえるの庭』という国登録有形文化財を利活用した小洒落たパンカフェ。

image
煙突の煙が雰囲気があっていい感じ。

古民家カフェの利点は経年劣化すら絵になるところだと思う。

新蒲原駅から約10分歩いたところにある旧岩邊邸は

安政5年(1858年)に建てられた国登録有形文化財。

主屋は旧蒲原宿の街道に面した切妻造桟瓦葺の平屋建で、

外国人旅行者向けのJTB東海道アドベンチャーツアーの立ち寄り処を経て

昨年1月13日にパンカフェ『かえるの庭』としてオープンしました。

築166年の主屋の奥にパン工房があり、

そこで焼かれたパンがカフェで味わえるというスタイル。

文化財の建物からの視覚、カフェメニューの味覚、

そして工房で焼かれたパンに囲炉裏で焼き目を入れるという体験。

そんなワクワク体験が来る人を惹きつけて止まないのではないかと。

image

口六間の町家のビジュアルからは想像できないほど主屋内部は広々とした空間です。

靴を脱ぐ習慣のない外国人相手ゆえにタイル敷にされた土間を通し、

奥に向かって部屋が並んでいます。

本日の青春18きっぷの旅はここを目的にして早朝の新蒲原駅に降り立ちました。

image
存在を知らないと通り過ぎてしまいそうにひっそりとある看板。

image
玄関左手の座敷。
使用木材の豪華さに圧倒されます。

image
玄関左手の座敷にある文化財プレート。

image
玄関の右側の座敷には雛飾りがありました。

image
タイル張りの土間。
こんな土間を初めて見ました。

image
トップの写真にある煙突の煙はここからのものっぽい。
暖炉は現代の物ですがいい雰囲気を醸し出しています。

image
床の雰囲気に合わせてレジカウンターもタイル張りになっています。

image
クリックで拡大すると分かるのですが、
タイル端の処理も凝っています。

image
土間の上の梁。
防汚対策なのか、漆喰の壁に塗料が塗られているように見えます。
昭和30年代の外国人立ち寄り処時代の改修かも。

image
通されたのは奥の部屋。
カフェ用の家具も建物にあった雰囲気になっています。(お高そう)

image
リノベーションされて天井が高いのに寒くないのは床暖房だからかも。

image
ランチは完全予約制ですが、朝のカフェ利用は予約受付なし。
トッピングを付けても千円以下ってところに驚く。

image
パンが並んだ棚から好きなパンを2つ選んで囲炉裏で焼きます。

image
image
この時のパンのラインナップはこんな感じ。

image
パンはこまめに追加されていました。

image
囲炉裏の天井部分はこんな感じ。

image
苺のパンと紅茶のパンを選んでみました。

image
建物に見惚れていたらちょっと焦げた。

image
パンを救出。

image
凄くないですか? 障子戸のここ。角竹ですよ?

image


image
絶妙なタイミングで運ばれて来ていたスープ。

image
汁気よりも具が多い、正に具沢山なスープ。

image
ジャムは追加注文しておりました。
まさか苺のパンを選ぶとは思っていなかったもんで。

image
ちょい焦げ面を見せずに撮っておく。

image
はぁ~、ずーっと見ていられる梁だわ~。

image
インテリアにも拘っていそうです。
襖紙を見てもそう思う。

image
飲み物は和紅茶か珈琲を選べます。こちらは珈琲。

image
お会計後にオーナーさんに話を伺いながらパシャリ。
とにかく梁が凄すぎて撮らずにはいられない。

image
玄関に向かって撮ってみた。

image
庭に抜ける出入り口の床もタイル張り。なんだか懐かしい系。

ここで「一見の価値あり」という近場の文化財を教えて頂いたので、

庭を拝見してからそちらに向かいます。

写真が多くなりそうなので庭写真と総括は別途。




image
【かえるの庭】
旧岩邊邸:国登録有形文化財

静岡県静岡市清水区蒲原新田1-17-26
営業時間 8:00~13:30
※11時半からのランチは事前予約制,前日17時までに申し込み
定休日:月曜~木曜
※au PAYが使えます(その他NFCモバイル決済可)
https://www.instagram.com/kaeru.no.niwa/
https://sites.google.com/view/kaerunoniwa/home


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

静岡県三島市『三島市立公園 楽寿園』にある小浜池の水が殆ど無くて驚いた。

image
楽寿園は三浦駅前にある市立公園(&プチ動物園)です。

前は通るのに立ち寄ったことが無い『三島市立公園 楽寿園』。

今回初めて中に入ってみました。

入った理由は門から見えた馬酔木の花が綺麗だったことと、

ここを抜ければ駅前に出ると知ったから。

image
馬酔木は満開です。

前情報なく入ったもんで、駅に近い場所に小さな動物園があったのには驚きました。

かつては象やキリンが居たそうです。

昭和レトロな遊器具なんかもあったりして、なんだか妙に和みました。

現在の楽寿園のある場所は古くは小浜山と呼ばれ、愛染院(三嶋大社別当。安政の大地震により全壊後本格的には再建されず、明治初期の神仏分離令により廃寺)、浅間神社、広瀬神社の社寺域であった。
1890年(明治23年)、この場所に小松宮彰仁親王の別邸が造営された。彰仁親王の没後、1911年(明治44年)に韓国王世子である李垠の別邸となり、昌徳宮と呼ばれた。
1927年(昭和2年)、昌徳宮は伊豆半島出身の資産家である緒明圭造へ売却された。1952年(昭和27年)には敷地を三島市が購入し、同年7月15日から三島市立の公園として一般公開された。

李垠(り・ぎん)の別邸だったとは初めて知りました。

三浦市にも滞在したことがあったんですね。

方子女王と結婚が1920年(大正9年)だから、

独身時代に滞在していたってことなのかな?

image
三島溶岩はこの公園まで流れ込んでいたんですね。

image
楽寿館と小浜池(こはまがいけ)。

image
水位が異様に低い。
渇水寸前という気配。

image
藤棚の先は池なので(よく分からないとは思いますが)高低差があります。

image
この石橋も高さは相当あるんです。
(高所恐怖症なのに写真を撮りたくて渡った)

image
鞍馬石(くらまいし)製の灯篭。
京都の鞍馬石は現在は採取が禁止されている幻の銘石です。
京都のものは本鞍馬とも呼ばれています。
分類は閃緑岩。濃い茶褐色なので緑が映えます。

image
楽寿館は明治23年に小松宮彰仁親王の別邸として建てられました。
邸内の襖絵・杉板戸絵・天井画等は静岡県指定の文化財になっています。
一日6回見学ツアーあり。館内撮影禁止。

image
建物は市の文化財に指定されています。

image
楽寿館は来客時に使用する建物なので凝った造りになっているそうです。

image
image
時間が合わないので館内ツアー参加は諦めました。

image
これだけガラスが使われているなら館内は明るいんでしょうね。

image
梅御殿は一般非公開。

image
住居として使われていたそうで、
ここにあった杉戸絵は三島市民文化会館に収蔵保管されています。

image
この建物の主であった小松宮彰仁親王の姿は、
上野公園の騎馬像で見ることができます。


image
高台にあるので見晴らしがいいんだろうなぁ。

image
梅御殿の門を引いて眺める。

image
園内の桜はすでに葉桜になっております。

image
メリーゴーランドがある公園に出ました。
誰も乗ってない。

image
のりもの広場。
自販機のある辺りにコイン式の遊具があるようです。

image
爆睡しているどうぶつ広場のミニブタ。

image
マーラの「かい」と「カステラ」。
見分けが付かない。

image
園内図はこんな感じ。
最短ルートでここまで来たので池の周囲は巡って居りません。

小浜池の水位が気になったので駅の観光案内所で訊いてみたところ

満水になるのは6月頃なんだそうです。

富士山の雪解け水が流れて来ないと水が溜まらないっぽい。

過去の同月水位を見たところ、かなり変動するものだと分かりました。

満水時に池側から楽寿館を撮ってみたいので、

夏ごろに再訪できたらいいな。

image



image
【三島市立公園 楽寿園】

静岡県三島市一番町19-3
開園時間 [4月~10月] 9:00~17:00(最終入園16:30)
[11月~3月] 9:00~16:30(最終入園16:00)
休園日:月曜(祝日・振替休日の場合は翌火曜休園)、年末年始
入園料:300円(現金のみ)
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/
https://www.instagram.com/rakujyu_mishima/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

秋田県秋田市『秋田市立赤れんが郷土館』は旧・秋田銀行本店本館で豪華な内装に秋田の底力を感じる。

image
旧秋田銀行本店本館
国指定重要文化財

明治45年(1912年)7月に建てられた旧秋田銀行本店本館。

『秋田市立赤れんが郷土館』はその建物を活用した施設です。

外部設計は当時の秋田県技師である山口直昭。

二階建て煉瓦造で外観はルネッサンス様式。

一階は白いタイル、二階は赤い煉瓦が使われた凝った造り。

一転、内部はバロック様式になっています。

内部設計は内務省技師の星野男三郎によるもの。

戦後、一時的にアメリカ進駐軍や日本銀行秋田支店が利用したそうです。

image
入口の屋根は後付けですが雨や雪の日は便利。

建物内に人間国宝の鍛金家である関谷四郎の記念室を併設しており、

別棟? には版画家の勝平得之の作品を展示しているようです(見学せず)。

image
image
見えにくいけれど配置図

image
一階営業ホールの壁は白漆喰塗で明るい空間になっています。

image
天井の漆喰のモールディングが華やか。

image
二階から見下ろすとこんな感じ。

image
旧頭取室

image
頭取室には岐阜県産の薄雲石と紅縞石で作られた暖炉があります。

image
立派なカーテンレールが付いており、
昔はここにカーテンが掛かっていたようです。

image


image
天井も腰壁同様に板張り。
照明器具がある部分は漆喰塗になっています。

image
昭和時代に増築された金庫室の腰壁は蛇紋岩風のタイル張り。

image
金庫の扉の脇にある小さな扉

image
取り出し口なんだろうか?

image
金庫の中置いてあった移動式金庫のようなものには
モニターが填まって再利用されていました。

image
埼玉県産の寒水石を用いた豪華な階段。

image
貴賓室はかなり豪華。
月桂樹のデザインが掛かれている部分は柿渋塗料で仕上げられたクロス張り。

image
当時使用していた家具も展示してあります。

image
クロスの模様も豪華。
色が鮮やかなので再生されたものかもしれませんが雰囲気は伝わる。

image
照明器具は頭取室のそれとは異なる形状です。
電球がむき出しで無い分、落ち着いて見える。

image
欅の扉には紫檀や黒檀という銘木で象嵌が施されています。

多用されている木材が温かみある空間に感じさせます。

とても贅沢な造りで、重要文化財に指定されるのも納得。

間違いなく秋田を代表する歴史的建築物だと思われます。

って、他の文化財を見歩いてはいないんだけれども。

4月から入館料が値上がりするそうです。

維持を考えると、210円は安いよなぁ。

銀行建築が見たい時にオススメです。

image




image
【秋田市立赤れんが郷土館】
(旧秋田銀行本店本館)
秋田県秋田市大町3-3-21
(巡回バスぐるる 大町バス停下車)
開館時間 9:30~16:30
休館日:年末年始、展示替え期間(不定期)
入館料:一般210円、高校生以下無料
※秋田市民俗芸能伝承館との共通観覧券あり(260円)
※2024年4月1日から価格変更(値上げ一般310円)

※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://www.city.akita.lg.jp/kanko/kanrenshisetsu/1003617/index.html


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『済生堂薬局小西本店店舗』はそりゃ国登録有形文化財でしょうねと分かる重厚な建物です。

image
国登録有形文化財(建造物)

寛永10年(1633年)の江戸時代初期より薬種商を営んできた『小西本店』。

現在の建物は関東大震災で倒壊した大正時代に建てられた店舗の木材を再利用し、

震災後に建て直されており、国登録有形文化財に指定されています。

登録名は『済生堂薬局小西本店店舗』。

小西家は小田原宿の問屋役で名主と町年寄も担っていたようで、

東海道に面した場所にある建物は柱や梁などに欅材を用いており、

店内にある旧店舗写真同様に重厚で風格ある建物からしても、その財力が分かります。

image
木造平屋建て寄棟造。
看板は震災でも損傷がほぼ無かったためそのまま使われているそうです。

image
文化財プレートは店内の柱の陰に置いてありました。

image
天井が高くて広々としているように感じる店内。

image
店内からだと文化財プレートはよく見えません。

image
「おだわら雛の道中」というイベントで店内に雛人形が飾ってありました。
奥様のおばあ様とおかあ様の人形らしいです。
古いので全てを飾れなくなっているらしい。

薬だけでなく、お店のグッズなども販売しています。

中に入ったのは初めてだけれど、なかなか面白いです。

ここで奥様に小田原のスタンプラリーについて教わったので、

今後、ちまちまと周ってみようかと考え中です。



image
【済生堂薬局小西本店店舗】
さいせいどうやっきょくこにしほんてんてんぽ

神奈川県小田原市本町4-2-48
https://www.facebook.com/saiseido.konishi/



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102021年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。