sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

手作り

キュウリをピーラーで剥くことにハマる。

image

大根をピーラーで剥き続けるってことにハマったことがあるのですが、

最近はキュウリをピーラーで剥いてナムルっぽいものにするのにハマっています。

無限キュウリとでも申しましょうか。

味付けはオニオンスパイスと少量のお醤油とごま油。

大量に作って、二回に分けて食べています。

image

切って調味料を塗し、放置。

それだけで一品出来るので、仕事帰りでもラクに出来ます。

問題はつい食べ過ぎてしまうので、

キュウリの特性に合わせた症状が出るぐらいでしょうか。

(身体が冷えることから起こる諸症状)

歯ごたえがしっかりしているので、

噛んでいて楽しくなっちゃうんですよねぇ。

image

毎度ワタクシは適当に作っていますが、

もしかしたらどこぞにちゃんとしたレシピがあるのかもしれません。

ツナとマヨと和えて、パンに乗せて食べても良いかもなぁ。

しばらく続けたら唐突に飽きそうですが、

もう少し幅広のピーラーが欲しいと思っているので、

週末にどこかに探しに行っちゃうかも。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

ばんごはん。

image
炊き込みご飯はまたまた干し貝柱です。
今回は二合炊きで大量に作ってもらいました。

本日の晩御飯も母担当。

ワタクシは牛すじのみ朝から煮込んでおりました。

その後は母が大根と炊き、

りっぱな一品に昇華しといてくれました。

image
ワタクシ渾身の牛すじ(だけ)煮込み。

この日は全く外出しない日で、

ゴミ出しにすら出ませんでした。

ゆえに夕食も冷蔵庫にあるもので作成。

炊き込みご飯がやっぱり美味で、

焼きおにぎりになるのが楽しみです。

そして食べ過ぎて太る、と。

でも、まあ、いっか。って感じ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

F子お姉さん作の焼菓子セットが届いたのでガッツリ頂く。

image

昨年は母がF子お姉さんに頂いたパウンドケーキをお裾分けして貰いましたが、

今年は直接こちらに送ってくださり、その全容を見ることが出来ました。

入っていたのはシュトレンとクッキーとパウンドケーキ。

image
壊れないように大きなタッパーに入って送られてきました。

image
クッキーはこんなキュートなビジュアル。

image
こちらは母イチオシのシュトレン。

image
切ったらギッシリとラム漬けのレーズンが入っていました。

image
確かに美味しい。これはチマチマと食べるお菓子ですな。

ワタクシはパウンドケーキ推しです。

しっとりとしていて好みの硬さで、

口がパサパサにならない点も美味しさの一つだと思うので。

ゆえに、真っ先に頂いちゃいました。

いつもは「頂いたのよー」という母のセリフだけを聞いていましたが、

今年は味わうことが出来て大変ラッキー。

いつも大量に焼くと聞くので、相当大変だろうなと想像しています。

菓子類が一切作れない身としては、想像の域を出ませんけれども。

クッキーはまだ頂いていませんが、それ以外を先ずは美味しく頂きました。

大変ウマウマでした。

ここで年末の挨拶を入れると意味合いが変わりそうなので、

またの機会に改めて。

ごちそうさまでした。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

手前味噌ならぬ手前らっきょう漬けですが。

_DSC_7765

6月に漬けたらっきょうを冷蔵庫から取り出してみました。

蓋が開かずに四苦八苦しましたが、

しばらく常温で放置していたら蓋が開きました。

何らかの現象で糖分が蓋に付着していたっぽい。

取り出したものを軽い気持ちで味見してみたら、

驚愕の美味しさ。

ワタクシ天才ちゃうか!? と、久々に思いました。マジで。

と言っても、らっきょうとおと氷砂糖と鷹の爪を入れて

放置しておいただけなんですけどね。

冷蔵庫の野菜室に入れておいたので、

引き出しを開け閉めする振動で

氷砂糖が良い感じに混ざったんじゃないかと想像しております。

らっきょうの甘酢漬けって、買うとお高いんですよね。

今後は毎年、自分で漬けたいと思います。

って、来年の6月までに今年漬けたものが消費出来るのかは謎ですが。

誰かにあげたいけど、今年の世情的には難しいしなぁ。

嗚呼、誰かに自慢したいっ。

らっきょうは抗酸化作用や抗菌作用もあり、

水溶性食物繊維の作用などで身体にとても良いため、

毎日1~4粒は食べた方が良いらしいです。

食べ過ぎると、胃もたれや下痢など

消化器系のトラブルが起こるそうです。

やっぱり大量には消費出来ないものなんですねぇ。

まあ、食べ過ぎると体臭がらっきょう臭くなりそうですもんね。

控えめにしておこうと思います。

自家製って、成功した時の喜びがクセになるんでしょうか。

なんだか味噌も作りたくなってきました。

栃木まで習いに行きたいなぁ。時勢的には無理だけど。

って、ウチに良い感じの常在菌が居るとは思えんな。

やっぱり買う方が美味しいものが口にできるのかも。

まあ、それは追々考えるとして、

次に自家製で何が作れるか、ちょいと模索してみようと思います。

沢庵を一度作ってみたいんだけど、どうかなぁ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

梨をレモンと砂糖で煮たらウマウマなデザートになった。

image

昨晩、冷蔵庫を見たら梨が一つだけ残っていました。

9月半ばに届いた梨の名残りでして、剥いてひと齧りしてみたら柔らかい。

これは食べ進めるのは拷問だと思い、いっちょ砂糖で煮てみることにしました。

そういえば冷蔵庫に日にちの経ち過ぎたレモンがあったっけ。

ちょっとシワシワだけれど煮れば分からないでしょうと思い、これまたホーロー鍋へin。

適当に灰汁を取り除きつつ煮ていて気付いたら、良い感じに飴色になっていました。

image
レモンは小さいサイズを一つ皮ごと入れています。

熱々のものを一つ味見してみたら、非常に美味しい。

これは冷やしたら一層美味しくなるのでは?

と思い、一晩冷やしてみました。

今朝方取り出して食べたら、むっちゃ美味しい!

これはわざわざ梨を買って作りたくなる感じです。

でも大量に作ったら、飽きるんだろうなぁ。

梨一個、レモン一個、砂糖適当、水。

これを煮るだけでできるというシンプルさです。

リンゴより食感がトロトロで、飲める感じの食感。

レモンのほろ苦さと酸味がいい仕事をしています。

これを青梨でやるとガリガリした食感になるのでしょうが、

赤梨だともともと柔らかめだから良い舌触りになるのかも。

冷蔵庫に眠っている赤梨があれば、是非。

オススメです。




なしっこ館 鳥取県の梨  https://shop1174.ocnk.net/
※今朝サイトを見たら新興と王秋を販売していました
にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台湾スイーツ豆花(トウファ)をおおよそのイメージで作ってみた(進行形)。

image
先ずはクコの実をシロップ漬けにしてみた。

豆乳で何かを作ろうという気になったので、

台湾スイーツ豆花(トウファ)を凡そのイメージで作ってみることにしました。

たぶん必要だと思われるものは、豆乳を固める粉ゼラチン。

彩りのクコの実と、ピーナッツの代わりにする黒豆。

あとは家にあるものでイケルんじゃない?

という気になり、適当に作り始めてみました。

実は本日は所用により午前休でして、

予定のある時間までには随分と余裕があったのです。

先ずは昨日買っておいたクコの実をシロップ漬けにすることからスタート。

和三盆糖が大量にあったので、それを使うことにしました。

目分量で適当にシロップ漬けができたところで、

豆乳を火にかけ、そこにも和三盆糖を投入。

粉ゼラチンが無いので、寒天パウダーで固めることにしました。

それすら分量は適当です。

柔らかい舌触りのものが好ましいので寒天パウダーはあまり入れませんでしたが、

それなりに固まることに期待しているところです。

image
なんだか牛乳の膜みたいなものがはって来たのと、
静かに注ぎ入れなかったため表面が泡立っているところに失敗の気配がする。

帰宅後に食すつもりですが、ジンジャーシロップ的なものも作るべきだったかな?

食べ終わったら、レシピを見て答え合わせをしようと思います。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

来週分のピクルスを漬ける。

image
頂いたアドバイスに従い、茗荷を入れてみました。

まだまだピクルスを食べ続けております。

ゆえに一週間に一度は作らねばならぬ。

多く作れは良いのでしょうが、

そんなに日保ちするものでもないし、飽きるので。

「来週も食べよう」という気になったら作るようにしています。

作り方は自己流です。適当です。いい加減です。

毎度味が微妙に異なっていますが、それはそれでいいかな、と。

もう一つ食べ続けているのが、蕪。

今は特に手に入り易いので、軽く塩を振って一晩漬けてから、

翌日にサラダなどに加工しています。

マヨネーズを使い、貝柱の缶詰と和えるのが目下のブーム中。

金山寺味噌で和えることもあります。

蕪はいいよねぇ。

捨てるところがほとんどなくて。

葉っぱは特に栄養豊富で、

今体調が良いのは蕪の葉のおかげなんじゃないかと思っているところです。

残念ながら、ウチの近所では葉の先が切られていたりするのですが、

たまにフレッシュな完全体で手に入ると、ウキウキしてしまいます。

もしかしたら、ワタクシは蕪が好物なのではなかろうか?

ぼちぼち春の旬が終わるけれど、

良いものが出回っているうちは買おうかなと思っています。

ぼちぼち冬瓜の時期が来る気配。

そして青梅とラッキョウも出始めましたね。

今年はどちらかを漬けてみようかなぁ。

翌日は晴れるという、休みの日にチャレンジを試みようと思います。

瓶はあるので、氷砂糖などを準備しておかねば。



【にほんブログ村】

そして朝からハンバーグを作る。

image

朝からお漬物にするかカレーにするで迷いながら茄子を切っていたら、

ぶつッとヘタの棘が指に刺さり、一気にやる気が萎えました。

唐突にハンバーグで癒されたくなり、朝っぱらから黙々と作成。

で、ソースを作ろうと思ったらケチャップがほとんど残っておらず、

致し方なく、トースト用ピザソースを入れてみました。

image
ピザソースにいろんな野菜が入っているので失敗はしないかも。
意外と美味しくできたので、
次回からはピザソースを入れてハンバーグソースを作ろう。


image
ちょい煮込み風ハンバーグの完成です。

通常のハンバーグソースは、

中濃ソース、ケチャップ、粒マスタードで作っております。

配合はテキトー。

ハンバーグを美味しく頂いたところで、

他の野菜の下処理をしておくことにしました。

image
漬物用の下処理です。
今はキュウリが安いですよね。

棘の衝撃が収まったので、続けて茄子をやっつけることにしました。

やっぱりカレーにしようかなぁ。

と考えつつ、とりあえず炒める。

image
アスパラガスがあったので、下の部分だけ切って投入。

image
上の部分は何にするか思いつかないので保留。

作るならアスパラガスのスープが良いかもしれない。

と思ったものの、作り方が分からないので、

生クリームと牛乳を買いに行こうかな。

って、先にレシピを検索しろよってところでしょうが、

レシピを見て料理ができないもんで、

適当にスープにした後でミキサーにかけようと考え中。

カレー粉がないことも発覚したので、

もしかしたら今日は下処理のまま放置してしまうかもしれん。

料理って一度中断すると、やる気が持続しないのよねぇ。


【にほんブログ村】

一分で作るデザート。

image

デザートづくりが特に苦手なワタクシ。

レシピを見て、分量を量って作るということが致命的にできません。

それゆえに、誰でも作れるゼラチンを使ったデザートに走りがち。

今日は冷蔵庫で賞味期限切れが射程圏内に入り始めた桃缶を使い、

一分でデザートづくりをしてみました。

image
あと二か月ちょいの賞味期限ですよね?
賞味期限の表示を見るのも苦手なワタクシは、
毎度三回ほど確認してしまいます。
「今年は西暦何年だっけ?」と思って見ると、
たまに和暦で書いてあるものがあったりする。

賞味期限表示って、西暦、和暦のどちらでもいいらしいですね。

統一して欲しいと思うのはワタクシだけでしょうか?

さて、お湯が沸いたのでデザートづくりスタートです。

image
ゼラチンをお湯でとかし、缶詰内部のシロップと混ぜるだけ。

image
容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、ゼリーになります。
固まったらゼリー部分をクラッシュしてから食べるのがオススメです。

はぁ、子供の日らしいデザートができました。

実は昼過ぎに、レンジを使ったデザートづくりにチャレンジしようと思ったのです。

image
家に米粉があったのでそれを使って「何か」をつくろうと考えました。

米粉の特性を把握しておらず、硬すぎる蒸しパンになり、失敗。

レンジを使いこなすのは無理だと考えて、結局焼くことにしました。

image
ただの小豆入りパンケーキになってもうた。

やはりワタクシにデザートづくりは無理のようです。

買ってくるのが一番無駄がないかもしれん。

明後日あたり、久々にスーパーマーケットに行って

ヨーグルトでも買ってくるかな。←デザートかどうかは別にして

image
こんなものも買って気合十分だったのに。

明日は蒸し器を取り出して、みたらし団子でも作ろうと思います。

と言いつつ、面倒くさくなって、

お餅を焼いてみたらしのタレを掛けるだけになっちゃうかも。

(みたらしのタレ:水、砂糖、醤油、みりん、片栗粉)

ああ、お菓子を作る才能が欲しい。


【にほんブログ村】

縫わなくてもいいみたい。

image
コニシ(株)のボンドに布用ってのがありました。

マスクを作ってみようかと思ったのですが、目が思い通りにならず、

針仕事が苦痛かもしれないと思っていた昨日のワタクシ。

本日、養生テープを買いに行った先で、

テープ類の脇にボンドがあるのを発見しました。

目についたのは木工ボンドだったのですが、

ボンドで何を作ろうかと妄想していたら、隣に布用ボンドがありました

ボンドで貼るだけで縫わずに手芸ができるらしいです。

それを手芸と言っていいのかは怪しくなるアイテムですが。

洗濯やクリーニングをしても大丈夫なんですって。

最近はこんなものがあるんですねぇ。

いずれ「ボタン付け」などという家庭科の授業は無くなるんじゃなかろうか。

って、今も家庭科の授業に縫物があるのかは不明ですが。

別商品に、鞄が作れるボンドがありました。

耐荷重もそれなりにあるみたい。

帰宅後、そちらを買えば良かったかもとプチ後悔しているところです。

エコバッグを作る方が自分にはあってたかもしれない。

致し方ないので、荷重の掛からない布製品を作ろうと思います。

そうなると、思い浮かぶのはやっぱりマスクしか無いかも。

実際に作れるかは別なんですけどね。



【にほんブログ村】

母が作ってくれた袋をボトルカバーにしてみた。

image

先日、母が作って持ってきてくれたスープジャー用のカバーを、

買ったばかりのスタバのバレンタイン2020ステンレスボトルに付けてみました。

色が丁度良い感じで、個人的には丁度いいなと感じます。

鞄に無造作にステンレスボトルを入れるもんで、

剥き出しのままだとポーチのファスナー金具などで表面が傷つくんですよね。

良い感じになっだので、ふふふん♪ って感じに悦に入っております。

我ながら良いマッチングをしたもんだわ。

ふふふん♪


【にほんブログ村】

埼玉県秩父市『本町知々夫ブランド館』の大正4年創業の豚肉味噌漬本舗「せかい」の豚肉味噌漬けを使った豚味噌丼。

image
[豚味噌丼 880円(税込)]

大正4年創業の豚肉味噌漬本舗「せかい」の豚肉味噌漬けを使った丼が食べられるってことで、

『本町知々夫ブランド館』にやって参りました。

秩父と言えば蕎麦ですが、ワタクシは蕎麦アレルギーなのでお店選びが難しいのです。

ここなら大丈夫だろうと思ったのですが、後から知ったところによると、

お蕎麦も取り扱っていました。

でも体調に変化はなく、大丈夫でした。

image
丼のサイズがいろいろあります。

image
メニューはこんな感じ。
秩父名物っぽい「味噌ポテト」が気になる。


image
分厚く切った豚肉は噛み応え十分です。
生姜が良いアクセントになっています。
好きな味でした。


image
ミニサラダも付いています。
生野菜が付くとお得感が出ますね。


image
秩父名物っぽい「しゃくしな漬け」。

image
美味しかったので、西武秩父駅のお土産売り場で買いました。
しゃくしな漬 570円(税込)


image
食後に箱の中に入った手作り品を選ばせて頂きました。
シュシュですが、瓶の肩に填めたら可愛いかもと思い、こちらを選択。

お肉がガッツリ乗っているので、ご飯は少な目でもいいかもしれません。

副菜が付いてこの値段は良心的すぎる。

秩父って物価が安いのかなぁと、ほんのり思いました。

神社で頂いた御朱印はお高かったけど・・・。



image
【本町知々夫ブランド館】

埼玉県秩父市本町2-17
営業時間 11:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜
https://www.sekaishoji.com/news/2019/06/422/


【にほんブログ村】

F子お姉さん作のレーズンパウンドケーキをお裾分けで頂いた。

image
ウマッ!!!

母がF子お姉さんに貰ったというレーズンパウンドケーキを、

こちらに来る時に持ってきてくれました。

もっと沢山貰ったそうなのですが、

父と兄も食べたため、ワタクシにまわってきたのは一つ。

その貴重なる一つを頂きましたが、

レーズンがギッシリ入っていて、しっとりしていて美味でした。

あれば5個ぐらい一気に食べられると思う。

大変ウマウマでした。

ごちそうさまでした。


【にほんブログ村】

母に小物入れを編んでもらった。

image


ながらく使っていた小物入れがボロボロになったため、

母に強請って代替品を編んで貰いました(写真右)。

巾着タイプの小袋が欲しかったのですが、

買うほどじゃない。

ビニール系よりは、手作り感のある方が嬉しい。

という理由からの要望です。

ちょちょいと編めるって良いですねぇ。

一生編み物はできないし、

無駄な努力はしないと思っているワタクシは、

こういう手作り品に滅法弱いです。

もう一つ欲しいなぁ。

と、ここだけで呟いてみる。


【にほんブログ村】

母がまたまたカップホルダーを編んでくれた。

image

先日編んでくれたカップホルダーの毛糸が余ったとかで、

残り毛糸でまたまたカップホルダーを作ってくれた母。

今回は、ローソンのメガカップに合わせたサイズとなりました。

image
2色の毛糸で作ってくれています。

オーダーメイドたと言えるものなので、

ローソンのメガラテに装着し易いです。

これから冬に向かえばアイスドリンクを飲まなくなるため

出番が少なくなるかもしれませんが、

それまでは、めっちゃ使おうと思います。


【にほんブログ村】

母がカップホルダーを編んでくれた。

image

台湾で購入したカップホルダーを愛用しているのですが、

その話をしたら、冬用に母がカップホルダーを編んでくれました。

ツキの編みぐるみ以来の手作り作品です。

初めはブルーを作ってくれたのですが、

後から赤系のものも追加してくれました。

image
初作品。紐は真田紐です。

image
二つ目はバージョンアップしていました。
こちらも紐は真田紐。


image
透明ビーズがあしらわれているのです。

黙々と編んでおりまして、

初作品が自身の中では改良の余地ありと思っているらしく、

三つ目を編み編みちゅう。

編み物が大の苦手なワタクシからすれば、

根気が続くって凄いなぁとボンヤリ眺めているところです。

本日、外出してからの帰りに近くのローソンに立ち寄り、

カップドリンクを購入して装着してみたのですが、

もたもたしていたら、店員のお兄さんが填めるのを手伝ってくれました。

良い人だ。

歳を取ると小さな親切が身に染みるようになるんだなぁと思いました。

そして、ありがとう、母。


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。