sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

手作り

料理?

image

ここのところ、キュウリが安いのでついつい買ってしまいます。

安いと言っても、令和時代の価格なんですけれども。

でも夏はキュウリを食べなきゃいかん気がしちゃうんですよね。

だから袋買いをするのですが、

料理をするのが面倒くさいと感じることが多々ある。

夏場は特に、かなり頻繁に、ある。

そんな時はキュウリを適当に切って袋に入れて

万能スパイスのマキシマム振って混ぜるだけで

それなりな感じの一品になっちゃうことを覚えたため、

結構作りまくっております。

ドバっと振り過ぎてピクルスになったりもする。

ちょいと振り過ぎたと感じたら、

お酢をかけて塩味を緩和させてます。

またはマヨと和える。

水が出るので少量のマヨでも液状になり、

塩味が緩和される気がします。

気のせいですけど。

キュウリは瓜なので利尿作用があるから、

少々降っても、まあ、いっかー的な。

汗もかいてるしー、的な。

image
保存容器を使わないところにも、面倒くさがりなところがにじみ出る。

ぼちぼち飽きると思うので、

明日辺りツナでも買っておこうかな。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

ぐうたらするぞ。

image

昨日の晩から牛筋を煮込んでおります。

東京駅のデパートでいい感じのお肉が大量に手に入ったからでして、

調子に乗って大鍋で煮ております。

これが冷蔵庫に入るのかが甚だ疑問ではありますが、

煮るからには(面倒くさいので)一気に煮ようと気合を入れました。

調子に乗って気合を入れた結果が、大鍋いっぱいの牛筋。

これをどう二次加工すんねんって感じですが、

ジャガイモや玉葱と一緒に煮ても良いかなとボンヤリ考えています。

長らく放置していておりましたが、

ふと見たら、汁に浸っていない部分が渇いているので、

落し蓋っぽく大量のネギを乗せてみました。

image

あくまでも蓋です。

後で分けて保存する予定。

ネギの扱いがぞんざいですが、この場合は致し方なし。

しかしこのネギをどのように使うか結論が出ておりませんで、

目下、ものすごーく悩んでいるところです。

味が付いちゃっているからなぁ。うーん。

まあ、そんな感じで今日は涼しい室内でダラダラしております。

牛乳が無くなったから買いに行きたいんだけれど、

ゴミ出しに外に出たらその気が萎えた。

image
それなりに雲が浮かんでいるけれど、
予想最高気温は35℃になるらしい。
既に暑い。

ウチの周辺では外出している人を殆ど見ません。

今日はスーパーマーケットも空いているかもなぁ。

現在の歩数は152歩。

やばい。カロリー消費がゼロどころの騒ぎじゃない。

確実に家の床に負荷をかけるレベル。

ほどほどの時間に、ほどほどの距離に散歩に出かけなければ。

誰も歩いていなければ、鼻出しマスクで歩いてもいいかなぁ。

さて、どこに散歩に出るべきか?

今日の日暮れまでには考えようと思います。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

牛テールを入れたピクルスを作ってみた。

image

少し前に作った牛テールのパイナップルジャム煮があったので、

残り物でピクルスを作ることにしました。

キュウリを切って塩コショウしようと思ったら

ドバッとふりかけてしまったのがピクルスを作るきっかけです。

舞茸が冷蔵庫にあったので、

牛テールと一緒に作っておいたピクルス液でちょい煮。

その後、キュウリを含めて容器に入れ、液でひたひたにしておきました。

なんか匂いからして美味しい予感がする。

早朝に作ったのですが、夕方に冷蔵庫から取り出して食べてみたら、

止まらない美味しさでした。

酸味と甘みと風味がイケてる。

適当にあまりもので作ったので二度は作れないものですが、

お肉とお酢って合うんだなと新発見。

って、酢豚があるぐらいなんだから、当たり前か。

これを機に、暫くは酸っぱいメニュー作りに勤しんでしまうかも。

明日は肉団子でも丸めようかな。

image
液がいい味なので捨てるのは勿体ないと思い、
ゼラチンで固めておいた。
クラッシュさせて、
酸味のあるタレとして使おうと思ってます。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

わらしべ長者。

image

本日、久々にお会いした派遣社員のYさんに

お菓子など色々なものを頂きました。

ワタクシが最近チマチマと作っているマスクストラップに、

イイネと反応してくれたので一つプレゼントしたのですが、

そのお礼なのだとか。

丁寧にお手紙まで頂いて、至極恐縮しているところです。

彼女も手作りするのがお好きだそうで、

ワタクシ的にはものすごくツボにくる、

下写真の小物入れを頂きました。

image
ワタクシの大好きなオレンジ!
何なの!? 知ってたの!?
って感じです。

image
中には飴ちゃんが入っていました。

二つとない手作りプレゼントって超絶嬉しいです。

もう、ずーっと触っていたいほどに。

ワタクシは編み物が絶望的にできないので、

それが出来る人を無条件で尊敬しています。

根気がすごいわ。

ワタクシが作るマスクストラップなんて10分もかからんもん。

なんか申し訳なくなってきました。

ってことで、ストックしているSuicaペンギンのグッズの中から、

仕事に役立ちそうなものをそっと渡しておこうと思います。

って、ファン以外の普通の人は、

要らんものだったりするかな?




結局は、Suicaペンギンのグッズではなく、
父ファームの玉ねぎをお裾分けしておきました。
玉ねぎ好きとのことで、丁度良かったです。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

たまねぎ三昧。

image

父ファームから母経由で玉葱が送られて来ました。

先日も送って貰ったのですが、

あっという間に無くなってしまったため、

リクエストをした次第です。

通常サイズより小さめなので、大変使い勝手が良いのです。

小さめだから火の通りも早いし、時短料理に最適です。

届いてすぐに一品作ってみました。

image

昆布の佃煮が若干乾燥した感じで冷蔵庫にあったので、

その味をベースに牛肉と茄子も入れて炒め煮してみました。

冷蔵庫で一晩おいたら味が馴染んでなんか美味しい。

食べながら、「天才かも」と自画自賛しておきました。

山椒の実も少々入れたので、夏向きな味になっております。

温かい煮物も美味しいけれど、夏は冷たい煮物も美味しいですな。

玉葱は千葉県民Tにもお裾分けしたので、

二人して血液サラサラになってしまおうと思います。

連休中は気合いの入ったオニオンスープにチャレンジするつもり。

あとは連休で「玉葱塩こうじ」を作ろうかと。

家じゅう玉葱臭くなりそうなので若干の躊躇いがあるけれど、

健康になるためには致し方なし。

…という気合が芽生えたら頑張って作ろうと思います。

芽生えるかなぁ?




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

桃を極める。

image

桃が大好きで、毎年この時期はかなり浮かれております。

ながらく野望にしていた桃パフェも食べられたし、

いっちょ自分でも桃と向き合ってみようと思いました。

桃を綺麗に剥く技を近江屋洋菓子店のインスタで会得し、

剥いたからにはその美しさをしばらく眺めたいってことで、

数日間保存可能なコンポートを作ってみました。

白桃で。

ある程度の食感は残したかったので短時間にしたのですが、

2,3日ぐらいは冷蔵庫で保管できるので、

これは良いかもと味を占めております。

種はスプーンで取ると良いらしいです。

ワタクシは包丁(と鋏)で取りましたけれど。

image
取り出した種。
キッチン鋏を使うと意外と簡単かも。
※種をハサミで挟んでグリッと捻じり取る感じ

桃の種は魔除けとして使えるそうですが、

使い方が分からんのでそのまま捨ててます。

先日作った分を食べてしまったので、

明日は帰宅途中に桃を買って帰ろうと思います。

良いのがあれば、今年は箱買いしたいなぁ。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

東京スクエアガーデン「アート&クラフト市」でお皿などを買ってみた。

image

銀座から神田まで歩くことにしました。

中央通りは結構人出は多く、マスクをしているという点を覗き、

普通の日って感じです。

ワクチン接種が進んでいるからなのかな。

途中、京橋の東京スクエアガーデンでイベントの幟を発見。

ちょいと立ち寄ってみることにしました。

ここに来る前に貴和製作所で買い物をしていたため、

そういう類のブースは通過。

ワタクシが知る限り陶芸品を扱っているブースは2か所ありましたが、

そのうちの一つがとても興味深く、思わず立ち止まってガン見。

ものすごーく迷ってお皿を2枚購入致しました。

image
シンプルなΦ18.5cmほどのお皿です。

image
2枚重ねても縦には嵩張らないのが善き哉。
参考:https://renplus.themedia.jp/

こちらの作家さんは、日本橋三越本店で開催された

東日本伝統工芸展に入選し、大きな花器を出展されたようです。

作るものは食器だけではないっぽい。

訊くところによると、9月初旬に神楽坂で個展をされるとか。

覚えていたら覗きに行こうと思います。

image
織物のコースターも買ってみました。

image
裏はこんな感じ。

コースターの作家さんは趣味で織物をしているそうです。

東京の端で、と仰っていました。

趣味でスカーフなどを織っていたら溜まってしまったため、

じゃあ売るかってことになったらしい。

正直で面白い。

ワタクシはこのコースターを一輪挿しの敷物として使う予定です。

このクラフト市、昨年はCOVID-19の影響で中止になったそうです。

久々の開催だったそうで、

今日は晴れて良かったですねという気持ちになりました。

ここで購入したものを担ぎ、

再び中央通りを歩き出すワタクシなのであった。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

銀座1丁目『貴和製作所 キラリトギンザ店』でマスクストラップ用のパーツを調達。

image
洗濯機を回している間に作ってみた。

会社帰りに『貴和製作所 キラリトギンザ店』に立ち寄って参りました。

実は先月にいろいろ調達してマスクストラップを2本ほど作成したのですが、

もっといろんなタイプを作成して使いたいと思っていました。

今では5~10分程度で一本作れるようになりましたが、

視力が弱いことが弊害になる作業であると実感しまくっております。

作ってから使うと分かるのですが、カニカンは大きい方が脱着し易いです。

手元が見えないってのもありますが、手元がおぼつかないのもその理由。

小さい方が一体感はあるんですけどねぇ。

夏で汗をかくため、樹脂製のチェーンを使用しております。

とりあえず服装に合わせやすい色で作りましたが、

暖色系もあると楽しいかもなぁ。

image
初心者なので無難なものを買っておく。


【貴和製作所 キラリトギンザ店】
東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ5F
営業時間 11:00~20:00
休業日:キラリトギンザに準じる
※電子マネーは使えません
https://kiwaseisakujo.com/
https://www.instagram.com/kiwa_ginza/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

朝から梅しごと。

image

昨日ISETAN DOORで青梅を取り寄せたので、今日は朝から梅しごと。

キットに氷砂糖1kgが入っていたのですが、それは使わず、

以前ラッキョウを漬けた時に余った氷砂糖を使用しました。

だから甘さ控えめになったかも。

image

キットは青梅1kgと氷砂糖1kg。

梅シロップのレシピが付いていましたが、

作ったのはもちろん梅酒です。

前回は2003年に作ったっぽいので、

約20年ぶりの梅酒づくりになりました。

image
やはり氷砂糖が少なかったかも?

今年は梅酒を漬けようと意気込んだのが4月頃。

高級で希少な梅を産地から取り寄せようと考えたのですが、

自分の技術と気合が伴わないと思い直し、

キットに甘んじた次第です。

今回使用したアルコールはブランデー。

ブランデーなら味では失敗しないかなと思っております。

ってか、前回もブランデーで着けて激ウマだったので、

それに倣いました。

ブランデーが中途半端に余ったのだけれど、

これ、どうにかせんといかんなぁ。

ってことで、高級なドライフルーツを探しに行こうと思います。

それはそうと、

調子に乗ってニンニクの醤油漬けの容器の移し替え作業をしたら

鼻先なのか、身体なのか、室内空間なのか、

匂いがうつってしまいました。

このまま出かけて良いものか、

はたまたお風呂に入るべきなのか、ちょっと迷う。

皆さんマスクをしているし、気にせず出かけちゃおうかなぁ。

image
今回のISETAN DOORの注文品も意味不明なポチリ方だったので、
選択することに脳が疲れているんだろうと感じ、
次回はスキップすることにしました。
受け取らない選択もたまには必要よねぇ。


三越伊勢丹の宅配サービス ISETAN DOOR  https://isetandoor.mistore.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

銀座1丁目『貴和製作所 キラリトギンザ店』でパーツを買ってカフェでマスクストラップを作ってみた。

image

母と『貴和製作所 キラリトギンザ店』に行って参りました。

母曰く、眼鏡ストラップをマスクストラップに二次加工しようと、

ネットでパーツを取り寄せたところ大きすぎて使えなかったそうで、

それを聞いた時に貴和製作所なら探せるだろうと思い、

本日の行き先に設定いたしました。

ワタクシはこの分野ではど素人以前で何も分からんもんで、

行って、自分で選んで貰うのがベストだろうと思ったのです。

浅草橋店も考えたのですが、道中に階段が多く、

膝が痛い母にはバリアフルなのではないかと却下しました。

さて、実際に店舗に行ってみると

パーツと色合いの多さにワタクシですらウキウキします。

思わず自分でも作ってみようという気になりました。

買い物中にアドバイザーとして付いて下さったスタッフさんが親切で、

カフェを利用すれば制作も出来ますよと言ってくださったので、

店舗内で作ることにしました。

もしパーツが不足していれば買い足せるし。

パーツを選んでお会計をし、カフェに移動。

カフェカウンターで注文をしてから工具を借りて席に着きます。

そのまま制作をしていたら、後から注文品を運んできてくれました。

なるほど、こういうシステムなのね。

とても便利だわ。

image
工具は二人分あるので、それぞれで作り始めます。
スタッフさんはアドバイスしないので自力で何とかします。

image
買ったばかりのパーツをテーブルに広げます。

image
自分が使う分をトレイに取り出して、と。

image
今回はリーズナブルな価格のものばかりで作っております。

image
あっという間に出来上がり。

image
はっ! そういえばここはカフェだった。
ってことで、ぬるくなった珈琲をゴクゴクと頂きます。
カフェには人が殆ど居らず、ほぼ貸し切り状態。
賃料が気になる…。

image
こちらは母が作ったマスクストラップ。

image
それぞれの完成品を並べてみた。

ちょっとした達成感と、レクリエーション感が得られました。

手元を見る眼鏡を忘れたので、眼鏡を外してトライ。

次回は眼鏡を持参し、少しお高めのパーツでチャレンジしたいです。

ちなみにカニカンが大きいのはワタクシがそれなりの年齢だから。

小さいカニカンだとマスクとの脱着に手間取るのです。見えなくて。

チェーンをプラスチック素材にしたのは、

ストールをする際、金具が引っ掛からないようにするためです。

金具の接続部分に引っ掛かると糸が引き出ちゃうんですよね。

あれがどうしてもイヤで。

夏場は汗もかくだろうってことも選択理由の一つです。

黙々と作業ができるので、これはハマる。

飽きるまで何本か作っちゃうかもなぁ。

家で作業ができるように、先ずは工具類を揃えなくっちゃ。



image
【貴和製作所 キラリトギンザ店】

東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ5F
営業時間 11:00~20:00
休業日:キラリトギンザに準じる
※電子マネーは使えません
https://kiwaseisakujo.com/
https://www.instagram.com/kiwa_ginza/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

せっせせっせと莢を剥く。

image

昨日、実家の父ファームからエンドウ豆が届きました。

沢山あったので、一部、千葉県民Tにお裾分けし、

残りを一気に剝くことにしました。

ダイニングテーブルの上に新聞紙とともに豆を広げ、

立ったまま黙々と莢を剥き続ける。

うねうねした虫が大の苦手なもんで、

「出るなよ、出るなよ」と念じつつの作業。

ロシアンルーレットのようで、なかなかスリリングでした。

ビニール手袋をして作業をすれば良かったのですが、

剥き始めたら、止まったら負けな気がして止まれず、

結局は、途中で「うひぃー」という感触があっても

素手で剥き切りました。

追加すれば、虫の卵っぽいものも大の苦手です。

野菜に付くそれらのものが苦手なもんで、

無農薬野菜には全く拘らないという生活を送っております。

父ファームからの産直品は無農薬野菜なんですけどね。

剥き終わっても、続けて調理をする気には全く成れず、

そのまま冷蔵庫にイン。

ポタージュスープにしようと考えているので、

生クリームを買いに行かねばーと思うものの、

今日はスーパーには行きませんでした。

明日頑張ろうと思う。

千葉県民Tに何を作るかヒアリングしたら、

ジャガイモとベーコンと一緒にスープにするとの談。

スープだと大量消費するので、

一番の贅沢メニューかもしれんと改めて思いました。

ちょいとレシピを検索してみたら、

豆ごはんのなんと多いことか。

それらを眺めていて思ったのですが、

自分でふうき豆は作れないものか?

煮たものを食パンに乗せて食べたら美味しいのではないか?

そう考えたら、作ってみたくなったので、

このGWにコトコト煮てみようと思います。

コツがわからないので、先ずはレシピ検索から始めるかな。



image
初回は豆入りキーマカレーっぽいものになりました。


素揚げにして塩を振る調理法だと、あまり野菜が得意ではない甥っ子も食べるらしい。
 ※ただし、めっちゃ油跳ねするらしい。

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

キュウリをピーラーで剥くことにハマる。

image

大根をピーラーで剥き続けるってことにハマったことがあるのですが、

最近はキュウリをピーラーで剥いてナムルっぽいものにするのにハマっています。

無限キュウリとでも申しましょうか。

味付けはオニオンスパイスと少量のお醤油とごま油。

大量に作って、二回に分けて食べています。

image

切って調味料を塗し、放置。

それだけで一品出来るので、仕事帰りでもラクに出来ます。

問題はつい食べ過ぎてしまうので、

キュウリの特性に合わせた症状が出るぐらいでしょうか。

(身体が冷えることから起こる諸症状)

歯ごたえがしっかりしているので、

噛んでいて楽しくなっちゃうんですよねぇ。

image

毎度ワタクシは適当に作っていますが、

もしかしたらどこぞにちゃんとしたレシピがあるのかもしれません。

ツナとマヨと和えて、パンに乗せて食べても良いかもなぁ。

しばらく続けたら唐突に飽きそうですが、

もう少し幅広のピーラーが欲しいと思っているので、

週末にどこかに探しに行っちゃうかも。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

ばんごはん。

image
炊き込みご飯はまたまた干し貝柱です。
今回は二合炊きで大量に作ってもらいました。

本日の晩御飯も母担当。

ワタクシは牛すじのみ朝から煮込んでおりました。

その後は母が大根と炊き、

りっぱな一品に昇華しといてくれました。

image
ワタクシ渾身の牛すじ(だけ)煮込み。

この日は全く外出しない日で、

ゴミ出しにすら出ませんでした。

ゆえに夕食も冷蔵庫にあるもので作成。

炊き込みご飯がやっぱり美味で、

焼きおにぎりになるのが楽しみです。

そして食べ過ぎて太る、と。

でも、まあ、いっか。って感じ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

F子お姉さん作の焼菓子セットが届いたのでガッツリ頂く。

image

昨年は母がF子お姉さんに頂いたパウンドケーキをお裾分けして貰いましたが、

今年は直接こちらに送ってくださり、その全容を見ることが出来ました。

入っていたのはシュトレンとクッキーとパウンドケーキ。

image
壊れないように大きなタッパーに入って送られてきました。

image
クッキーはこんなキュートなビジュアル。

image
こちらは母イチオシのシュトレン。

image
切ったらギッシリとラム漬けのレーズンが入っていました。

image
確かに美味しい。これはチマチマと食べるお菓子ですな。

ワタクシはパウンドケーキ推しです。

しっとりとしていて好みの硬さで、

口がパサパサにならない点も美味しさの一つだと思うので。

ゆえに、真っ先に頂いちゃいました。

いつもは「頂いたのよー」という母のセリフだけを聞いていましたが、

今年は味わうことが出来て大変ラッキー。

いつも大量に焼くと聞くので、相当大変だろうなと想像しています。

菓子類が一切作れない身としては、想像の域を出ませんけれども。

クッキーはまだ頂いていませんが、それ以外を先ずは美味しく頂きました。

大変ウマウマでした。

ここで年末の挨拶を入れると意味合いが変わりそうなので、

またの機会に改めて。

ごちそうさまでした。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

手前味噌ならぬ手前らっきょう漬けですが。

_DSC_7765

6月に漬けたらっきょうを冷蔵庫から取り出してみました。

蓋が開かずに四苦八苦しましたが、

しばらく常温で放置していたら蓋が開きました。

何らかの現象で糖分が蓋に付着していたっぽい。

取り出したものを軽い気持ちで味見してみたら、

驚愕の美味しさ。

ワタクシ天才ちゃうか!? と、久々に思いました。マジで。

と言っても、らっきょうとおと氷砂糖と鷹の爪を入れて

放置しておいただけなんですけどね。

冷蔵庫の野菜室に入れておいたので、

引き出しを開け閉めする振動で

氷砂糖が良い感じに混ざったんじゃないかと想像しております。

らっきょうの甘酢漬けって、買うとお高いんですよね。

今後は毎年、自分で漬けたいと思います。

って、来年の6月までに今年漬けたものが消費出来るのかは謎ですが。

誰かにあげたいけど、今年の世情的には難しいしなぁ。

嗚呼、誰かに自慢したいっ。

らっきょうは抗酸化作用や抗菌作用もあり、

水溶性食物繊維の作用などで身体にとても良いため、

毎日1~4粒は食べた方が良いらしいです。

食べ過ぎると、胃もたれや下痢など

消化器系のトラブルが起こるそうです。

やっぱり大量には消費出来ないものなんですねぇ。

まあ、食べ過ぎると体臭がらっきょう臭くなりそうですもんね。

控えめにしておこうと思います。

自家製って、成功した時の喜びがクセになるんでしょうか。

なんだか味噌も作りたくなってきました。

栃木まで習いに行きたいなぁ。時勢的には無理だけど。

って、ウチに良い感じの常在菌が居るとは思えんな。

やっぱり買う方が美味しいものが口にできるのかも。

まあ、それは追々考えるとして、

次に自家製で何が作れるか、ちょいと模索してみようと思います。

沢庵を一度作ってみたいんだけど、どうかなぁ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

梨をレモンと砂糖で煮たらウマウマなデザートになった。

image

昨晩、冷蔵庫を見たら梨が一つだけ残っていました。

9月半ばに届いた梨の名残りでして、剥いてひと齧りしてみたら柔らかい。

これは食べ進めるのは拷問だと思い、いっちょ砂糖で煮てみることにしました。

そういえば冷蔵庫に日にちの経ち過ぎたレモンがあったっけ。

ちょっとシワシワだけれど煮れば分からないでしょうと思い、これまたホーロー鍋へin。

適当に灰汁を取り除きつつ煮ていて気付いたら、良い感じに飴色になっていました。

image
レモンは小さいサイズを一つ皮ごと入れています。

熱々のものを一つ味見してみたら、非常に美味しい。

これは冷やしたら一層美味しくなるのでは?

と思い、一晩冷やしてみました。

今朝方取り出して食べたら、むっちゃ美味しい!

これはわざわざ梨を買って作りたくなる感じです。

でも大量に作ったら、飽きるんだろうなぁ。

梨一個、レモン一個、砂糖適当、水。

これを煮るだけでできるというシンプルさです。

リンゴより食感がトロトロで、飲める感じの食感。

レモンのほろ苦さと酸味がいい仕事をしています。

これを青梨でやるとガリガリした食感になるのでしょうが、

赤梨だともともと柔らかめだから良い舌触りになるのかも。

冷蔵庫に眠っている赤梨があれば、是非。

オススメです。




なしっこ館 鳥取県の梨  https://shop1174.ocnk.net/
※今朝サイトを見たら新興と王秋を販売していました
にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。