sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

御殿場市

静岡県御殿場市『東口本宮冨士浅間神社』の狛犬が独特で面白い。

image



御殿場市にある東口本宮冨士浅間神社にお参りしました。


須走浅間神社という別名があり、バス停などもこちらの名称になっています。


実は、旧岸邸からここまで移動するバスが一時間に一本しかなく、


とらや工房で再度時間を消費して待ったもんで、


当初の予定より到着時間が遅くなりました。


image
旧岸邸前にある河口湖や富士山駅行き(御殿場駅経由)のバス停。
一時間に一本バスが来る時間帯があります。



お祭りがあったため、須走浅間神社前のバス停では停まらず、


陸自の富士駐屯地脇辺りに臨時停車。


密かに、無駄にテンション上がっていたワタクシでございました。


バスを降りてから100mほど移動し、神社の境内へ足を踏み入れ、


鳥居を手前にある社務所で先に御朱印を頂きました。


image
[楼門]

image
楼門脇にある狛犬。

image
獅子の子落とし、の図でしょうか。

image
阿行の狛犬(親)。

image
親狛犬の下に居る子。
顔が阿行か確認し忘れました。

image
向かって左側の吽形。

image
東京の富士講からの寄進のようです。

image
楼門の扁額。

image
宝永噴火で被害にあったんですね。

image
楼門の奥に拝殿が見えます。

image
小ぢんまりとした境内。

image
[拝殿]

image
拝殿脇にある富士登山記念名簿。
表紙に落書きがあるのが、なんだかなぁ。


image
須走と書いて、すばしり、と読みます。

image
曇天で富士山は全く見えず。

image
陸自の富士駐屯地。

image
ヘリも旋回してました。これまたテンションが上がるワタクシ。



なかなか、ここまでは来られなと思うので、御朱印は良い記念になりました。


北口に続いて、浅間神社の御朱印は2つめ。


いろんな浅間神社を参拝したい気分になりました。


image
[社務所]待っていると直ぐに書いて頂けます。

image
御朱印帳が恰好良くて買おうか迷いました。

image
[御朱印]




image
【東口本宮冨士浅間神社】
(ひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)
静岡県駿東郡小山町須走126
主祭神:木花咲耶姫命、大己貴命、彦火火出見命



【にほんブログ村】

静岡県御殿場市『東山旧岸邸』は岸信介が晩年の17年間を過ごした近代数奇屋建築です。

image



岸信介元首相の別邸「東山旧岸邸」が御殿場にあります。


簡単に言えば、とらや工房の隣の敷地です。


1969年(昭和44年)竣工のこの家は、


4代目歌舞伎座(2010年取り壊し)や東京都世田谷区の五島美術館、


大阪北区の大阪ロイヤルホテル、京都岡崎つる家、成田山新勝寺本堂


東京都千代田区にある村上開新堂などを手掛けた、


近代数奇屋建築の草分けとして有名な建築家、吉田五十八の設計です。


この家には90歳で他界するまで岸元首相が住んでいましたが、


その後、人に貸し、それ以降は空き家のまま放置されていましたが、


2003年(平成15年)に岸元首相の長女・安倍洋子さん(現・安倍首相の母)から


御殿場市に寄贈されました。


image
数十年後には文化財に指定されちゃったりするかも。



タイミングが合えば一時間に一本出ているバスでも辿りつけますが、


今回は御殿場駅からタクシーを利用しました。


運賃はだいたい1,200円(15分程度)です。


玄関ロビーでDVDにて見どころなどが放映されているので、


それを観てから、ボランティアガイドの方の丁寧な案内で見学がスタートしました。


image
玄関ホールにある家具も、
この家の設計者・吉田五十八のデザインだそうです。


image
テーブルも椅子も、脚が竹です。

image
玄関ロビーの天井は竹を模した塩ビシートが貼られています。

image
中庭にはアルミ製のブラインドが掛かっています。
※庭側に設置されています


image
[書斎兼応接間]
造り付けの家具に囲まれた北向きの書斎は10畳あるそうです。


image
奥が和室。

image
[和室]

image
欄間が吹き抜けになっています。

image
北側の廊下と部屋の間にはガラスが填まっていました。

image
和室北側にある窓はクレセント錠ではなく落とし錠になっています。

image
セントラルヒーティングになっており、
ラジエーターはどこの部屋でも隠されているようです。


image
ヒーターの目隠し兼吹き出し口として
地袋がステンレス(?)の網戸になっています。


image
和室から見た居間の外構部。

image
[居間]
サッシ部分の障子は雪見障子になっています。


image
障子、ガラス、雨戸と、幾重にも重なっているため、
サッシのレールはかなりの幅になっています。


image
食堂前のノムラモミジ。

image
[居間と食堂]
随所に近代的な建材が使われています。
※壁紙は張替え済み


image
[食堂]
正面は蒔絵です。


image
庭から見た居間と食堂。

image
食堂の上の二階部分は、昔は富士山が見えた窓があります。
※二階は非公開


image
張り出した二階部分。
その下はキッチンと女中部屋になっています。


image
庭には富士山の湧き水が流れ込む池があります。

image
池の下に敷かれた小石が見えるほどの透明度。

image
池に流れ込む水は瀧のように石を伝い落ちています。

image
伊藤博文から贈られたという石灯籠。

image
池側から食堂前に植えられたノムラモミジを眺める。

image
池のそばにはキノコが生えていました。

image
階段下には模型がありました。

image
パンフレットの表紙写真にも使われている階段。

image
[台所]
女中さんは住み込みが一人と、通いで二人居たそうです。


image
呼び出しの表示板。

image
呼び出しがあると光ります。
(実演していただきました)


image
ポンプなどのスイッチ類もキッチンにありました。

image



御殿場市に寄贈される際、家具類もそのまま寄贈されているため、


当時の住まい方が伺えます。


住まう人が公人である場合、生活が垣間見えるのは興味深いですね。


蛇足ですが、隣接するゴルフ場は富士カントリー倶楽部で、


そのクラブハウスは、登録有形文化財(建造物)に指定されています。


アントニン ・ レーモンドの設計なので、大変興味深かったのですが、


ちょっと時間が足りませんでした。


次回はぜひ、そちらを見学したいと思います。



image
【東山旧岸邸】

静岡県御殿場市東山1082-1
開館時間[4月~9月]10:00-18:00, [10月~3月] 10:00-17:00
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
入館料:300円



【にほんブログ村】

静岡県御殿場市『とらや工房』に行くという野望を達成する。

とらや工房



静岡県御殿場市にある『とらや工房』。


赤坂に本店のある虎屋の系列店で、


職人がその場で手作りしている工房です。


予てより訪れてみたいと思っていた2007年10月開業の施設でして、


実は建物が東京大学名誉教授の内藤廣氏の設計なんです。


満を持して、本日、青春18きっぷを利用して母と行って参りました。


我々は御殿場駅からタクシーを利用しましたが、


タイミングが合えばバスでも行けます。


とらや工房
元は華族の別荘だったとかなんとか。

とらや工房
この山門もその頃のものだそうです。

とらや工房
竹林の道を進むと・・・

とらや工房

とらや工房
建物が見えてきます。

とらや工房
元別荘の2000坪の敷地が、現在は虎屋によって整備されております。



朝10時オープンのお店ゆえ、開店すぐぐらいの時間に行きましたが、


すでに人がいっぱい居ました。


人気店なんですねぇ。


とらや工房
少ないスタッフで回しているため、
セルフサービスの仕組みが確立されています。


とらや工房
クーラーの利いた室内と、
爽やかだけれど蚊の襲撃に遭う屋外席があります。

とらや工房
土日祝日限定だと言われるとそちらが気になります。

とらや工房
しかし、葛まんじゅうも捨てがたい。悩ましいです。

とらや工房
[赤飯大福 540円(税別)]
お茶はお代わり自由です。


とらや工房
むちっとした食感で美味でした。
歩き回らないのならば買って帰りたかったほど。


とらや工房
[氷あんみつ(白蜜) 800円(税別)]

とらや工房
むちむち食感の白玉。
つやつやで綺麗です。


とらや工房
本物の味がする寒天。
かき氷に合うんですねぇ、あんみつって。
美味しかったです。


とらや工房
奥が注文カウンター。
左手の台が返却台になっています。


とらや工房
向かって右側が工房になっています。



甘味を満喫したあとで、隣の敷地にある旧岸邸(岸元首相邸)を見学。


ゆっくりと見学したのちバスの時間を調べたら、


一時間後まで無かったため、再びコチラに舞い戻って参りました。


今度はランチ代わりにお素麺を選択。


とらや工房

とらや工房
7月と8月限定の軽食である素麺。
富士山の伏流水でつくられた豆腐が添えられています。


とらや工房
素麺は小豆島産らしいです。

とらや工房
西伊豆戸田産の天然の塩は、豆腐用らしい。
お豆腐に塩を付けて食べるのって美味しいものなんですねぇ。



緑が目に心地よい環境で、爽やかな気候でございました。


御殿場って避暑地なんですね。


とても居心地が良かったです。


ただし、完全防備で行ったつもりだったのに、指先を蚊に喰われたけどな。


オススメですが、この時期は虫にご注意ください。




とらや工房
【とらや工房】
http://www.toraya-kobo.jp/

静岡県御殿場市東山1022-1
(JR御殿場駅からタクシーで15分ほどで運賃は約1,200円)
営業時間[4~9月]10:00~18:00(L.O.17:30)[10~3月]10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜



【にほんブログ村】

はとバス【ホテル大箱根のランチと御殿場「時之栖(ときのすみか)」イルミネーション(日帰り)】で『時之栖』のイルミネーションを見て来た。

御殿場・時之栖
[富士山とクリスマスツリー]



このツアーのメインである『時之栖(ときのすみか)』のイルミネーション。


点灯は4:30からですが、若干バスが早めに着いたため、


点灯時間まで散策&腹ごしらえをすることに致しました。


御殿場・時之栖
[テーマは「誕生~はばたく」]
5000羽のコウノトリが舞う白い村の楽園・・・


時之栖

御殿場・時之栖
・・・の、白い村状態のイルミネーション。


御殿場・時之栖
そのライトアップ。

御殿場・時之栖
[桜の礼拝堂横のイルミネーション]

御殿場・時之栖
「かまくら」内には椅子も用意されています。
外が寒いのでとても助かるぅ。


御殿場・時之栖
別の「かまくら」にはコタツがあるものも。
灯かりはイルミネーション点灯時間と連動しています。


御殿場・時之栖
[メインストリート横のイルミネーション]
どこかで見たことのある青いチョッキを着たウサギも。


御殿場・時之栖

御殿場・時之栖
クマも居るし。

御殿場・時之栖
丸いイルミネーションが綺麗~

御殿場・時之栖
上にも丸いイルミが。

御殿場・時之栖
[駐車場に向かう橋にあしらわれたイルミネーション]

御殿場・時之栖
[オオタカ(たぶん)のオブジェと月]

御殿場・時之栖
[20mのモミの木]

御殿場・時之栖
夜にはイルミネーションをあしらったクリスマスツリーになります。

御殿場・時之栖
ベルのオーナメント。
ちゃんと中に芯も入っていますな。


御殿場・時之栖
[川の向こうに浮かぶイルミネーション]



イルミネーション点灯時間前から、約90分間滞在した『時之栖(ときのすみか)』。


充分、満喫いたしました。


初めはガラガラだった園内も、帰る頃には大混雑。


複数ある駐車場は大型バスで満車となっていました。


でもこんなのは序の口で、来週は三連休なのでもっと混雑するんですって。


ホント、良い日で良い時間帯に観光できましたわ。


もう一度来ることはなかろうと思いますが、


これを機に、関東三大イルミネーションを制覇してみたいと思ってみたり。


って、今年はもうイルミネーション見終い予定ですけどね。


御殿場・時之栖
いい香りなので「おでん」を食べることに。

御殿場・時之栖
美術館施設の一角でやっているっぽい飲食コーナー。

静岡おでん
[静岡おでん ひと種100円]
三人分(一人二つずつ)


静岡おでん
肉詰めのだんご
※これを切ってみると


静岡おでん
ギッシリとギョーザの種みたいなミンチが入っています。
上から青海苔や味噌を掛けるのが静岡風みたいですね。
大層美味しかったです。また食べたい。


御殿場・時之栖
イルミネーションを見終わった後で食べた富士宮やきそば・やきうどんなど。



ここがバスツアーの最終観光地でした。


総括するに、はとバスツアーって気軽で良いですね。


移動時間は寝ていれば良いし、重いものを観光する際はバスにおいて置けるし、


ぼーっとしていても東京駅まで連れて帰ってくれる。


歳を取ったら尚更便利に感じるだろうなぁと思いました。


ただし、知らない街の知らない道を歩いたりする冒険は味わえないけれど。


時々は、ぼーっと、はとバスに乗って電車では行けない場所に行ってみようかな。



【にほんブログ村】

はとバス【ホテル大箱根のランチと御殿場「時之栖(ときのすみか)」イルミネーション(日帰り)】で『キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所』のウイスキーを試飲して来た。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
【キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所】

富士御殿場蒸溜所は、

「モルトウイスキーとグレーンウイスキーの仕込みからボトリングまでを一貫して行う、世界でもあまり例を見ない蒸溜所」

だそうで、キリンホールディングスの子会社であるキリンビールが100%出資した、キリンディスティラリー株式会社が運営しています。

株式は非上場。

富士御殿場蒸溜所は1973年に完成し、今年で40周年。

実はワタクシ、キリンがウイスキーを製造していることを、このツアーに参加するまで考えたことがありませんでした。

それぐらい、キリン=ビールのイメージ。

スーパーで良く見るウイスキーの「富士山麓」を造っているんですね。

この日は土曜なので工場は定休。

ゆえに工場見学は主に映像でした。

可も無く不可も無く。

まあ、正直に言えば、サントリーの白州蒸留所の方が見応えはあるかな。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[右]ツアーでしか飲めない「モルト蒸留液」
[左]工場限定販売の「ピュアモルトウイスキー」
[下]工場限定のおつまみ
※ブルボンが造っているのでピッカラが入っています!!


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[富士山麓 樽熟50°]
※廉価ウイスキー
試飲では飲み方も選べます
※ワタクシはロックを頂きました


やっぱりワタクシはシングルモルトの方が好きですわ。

「富士山麓 樽熟50゜」はモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作られたウイスキー。

匂いが・・・ねぇ。

「富士山麓」にはシングルモルトウイスキーもあるそうで、こちらは15,000円もするため、なかなかデパートでも売っているのを見ないそうです。

飲んでみたい気がしなくなくもない。

施設は「平成23年度緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞したそうで、

敷地内には「キリン自然の森」が整備されています。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[キリンの環境活動シンボル「エコジロー」の木彫りの人形]
ビールの泡から生まれたマスコットキャラクターだそうです。
正直、製作途中に見えるが、これが完成形。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
手に持っている鉢にはどんぐりが入っていました。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
これは何のキャラクターかワカランが、たぶん、クマ。
※右奥にも何か居る


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[木のチップが敷き詰められた公園入口]
ふかふかで、足が気持ちいいです。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
その先は落ち葉がギッシリ積もっています。
これまたフカフカした足の裏の感触で、カサカサと木の葉が耳に心地良い音をたてます。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
【キリン自然の森】
工場敷地約16.9ヘクタールのうち、緑地は7.7ヘクタール
この森は地域に開放されています。


富士山
[富士山]
以下、ちょっとズームしてみました。


富士山
雪ですなぁ。

工場施設には展望台があり、そこから富士山を眺めることが出来ます。

でも実は、ワタクシ、富士山が苦手なんですよねぇ。

圧迫感があり過ぎて疲れるっつーか、怖いっつーか。

それより、ここに来る道中で見た仙石原一面に広がるススキ草原に魅かれました。

一度歩いてみたいもんです。

仙石原
[仙石原のすすき草原]
見頃はもう少し先だそうです。


仙石原


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。