sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

工場見学

富山県黒部市『YKKセンターパーク』に行って来た。

YKK
[YKKセンターパーク]
開園日:4月~10月無休/11月~3月平日のみ
開園時間:9:00~16:00(入園は15:30まで)
入園料:無料


YKK
[丸屋根展示館]
入口にカフェもあります。


YKK
[丸屋根展示館の向かいはYKK50ビル(吉田忠雄記念室があります)]

YKK
晴れていたら綺麗に見えるであろう立山連峰。

YKK
今日は雨なのでボンヤリとしか見えません。

立山連峰
ちょっとズーム。

YKK
[ネックストラップ 1,500円]と「ふわっとポーチ」
ネックストラップは大人気商品なんだそうです。




スライドファスナーで世界シェア45%を誇るファスナーメーカーであるYKK。



その技術拠点である黒部事業所内に「YKKセンターパーク」があります。



ここは一般人にも公開されています。



が、予約が要ると聞いた事があります。



でも、本日、折角なのでグッズだけでも欲しいと思い、



突撃して参りました。



受付でその旨を伝えると、快く中に入れてくました。



今の時期は、平日にしか入ることができません。



時間の都合で一部しか見ませんでしたが、



とても見応えのある展示物でした。



ファスナーって昔は手作りだったんですね。



しかも、一つ一つ小さな部品を嵌め込んで行く気の遠くなるような作業。



それを機械化した吉田忠雄氏は凄い人なんだということが良く分かりました。



その吉田忠雄氏の名言が、



「失敗しても、成功しろ」。



ワタクシも常に思い、伝え、実践している考えです。



この言葉だけで、吉田氏のファンになりました。



いやぁ、良いもの見させてもらったわ。



なんだろう、この達成感。



何よりオリジナルグッズが気に入りました。



容易く買いに行けないのもヨキカナ~。




【にほんブログ村】

はとバス【ホテル大箱根のランチと御殿場「時之栖(ときのすみか)」イルミネーション(日帰り)】で『キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所』のウイスキーを試飲して来た。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
【キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所】

富士御殿場蒸溜所は、

「モルトウイスキーとグレーンウイスキーの仕込みからボトリングまでを一貫して行う、世界でもあまり例を見ない蒸溜所」

だそうで、キリンホールディングスの子会社であるキリンビールが100%出資した、キリンディスティラリー株式会社が運営しています。

株式は非上場。

富士御殿場蒸溜所は1973年に完成し、今年で40周年。

実はワタクシ、キリンがウイスキーを製造していることを、このツアーに参加するまで考えたことがありませんでした。

それぐらい、キリン=ビールのイメージ。

スーパーで良く見るウイスキーの「富士山麓」を造っているんですね。

この日は土曜なので工場は定休。

ゆえに工場見学は主に映像でした。

可も無く不可も無く。

まあ、正直に言えば、サントリーの白州蒸留所の方が見応えはあるかな。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[右]ツアーでしか飲めない「モルト蒸留液」
[左]工場限定販売の「ピュアモルトウイスキー」
[下]工場限定のおつまみ
※ブルボンが造っているのでピッカラが入っています!!


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[富士山麓 樽熟50°]
※廉価ウイスキー
試飲では飲み方も選べます
※ワタクシはロックを頂きました


やっぱりワタクシはシングルモルトの方が好きですわ。

「富士山麓 樽熟50゜」はモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作られたウイスキー。

匂いが・・・ねぇ。

「富士山麓」にはシングルモルトウイスキーもあるそうで、こちらは15,000円もするため、なかなかデパートでも売っているのを見ないそうです。

飲んでみたい気がしなくなくもない。

施設は「平成23年度緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞したそうで、

敷地内には「キリン自然の森」が整備されています。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[キリンの環境活動シンボル「エコジロー」の木彫りの人形]
ビールの泡から生まれたマスコットキャラクターだそうです。
正直、製作途中に見えるが、これが完成形。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
手に持っている鉢にはどんぐりが入っていました。

キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
これは何のキャラクターかワカランが、たぶん、クマ。
※右奥にも何か居る


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
[木のチップが敷き詰められた公園入口]
ふかふかで、足が気持ちいいです。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
その先は落ち葉がギッシリ積もっています。
これまたフカフカした足の裏の感触で、カサカサと木の葉が耳に心地良い音をたてます。


キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所
【キリン自然の森】
工場敷地約16.9ヘクタールのうち、緑地は7.7ヘクタール
この森は地域に開放されています。


富士山
[富士山]
以下、ちょっとズームしてみました。


富士山
雪ですなぁ。

工場施設には展望台があり、そこから富士山を眺めることが出来ます。

でも実は、ワタクシ、富士山が苦手なんですよねぇ。

圧迫感があり過ぎて疲れるっつーか、怖いっつーか。

それより、ここに来る道中で見た仙石原一面に広がるススキ草原に魅かれました。

一度歩いてみたいもんです。

仙石原
[仙石原のすすき草原]
見頃はもう少し先だそうです。


仙石原


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。