sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

山本五十六

【GW】茨城県稲敷郡阿見町『予科練平和記念館』『雄翔館(予科練記念館)』を見学してきた。

image

昨年から行こうと思いつつも実現していなかったため、

土浦の隣にある阿見町の『予科練平和記念館』に行って参りました。

予科練とは、「海軍飛行予科練習生」とその制度の略称です。

14歳半から17歳までの少年を全国から試験で選抜し、

基礎訓練を早いうちから行うことで熟練の搭乗員を育てるため、

昭和5年から横須賀にて旧海軍が教育を開始。

昭和20年の終戦までの15年間で、全国で約24万人が教育を受けました。

うち約19,000名が戦死しています。

神奈川県横須賀から阿見町に「予科練」が移転したのは昭和14年。

終戦まで予科練教育・訓練の中枢的役割を担っていました。


実はここに(ってか隣の雄翔館に)山本五十六の像があるのです。

それを見ようと思ったのが、ここを知るキッカケでした。

長岡市を旅して以来、山本五十六づいているワタクシです。

image
[予科練平和記念館]
土浦駅方面から自転車で辿り着いたらこちら側から入ることになりました。
敷地への正面はたぶん奥の右側になると思います。


image
敷地内にある回天(人間魚雷)の実物大模型。
模型であれ、現物に近いものを見たのは初めてです。
確かに人が入るには窮屈だと思う・・・など、
いろいろと考えさせられました。


image
(クリックで拡大)

image
『雄翔館(予科練記念館)』は陸上自衛隊土浦駐屯地内にあります。
入口そばのボックスで隊員が警備に当たっています。


image

image
(クリックで拡大)

image

記念館は予科練出身者により設立され、遺書・遺品約170点を収蔵・展示されています。

雄翔館、雄翔園(写真無し)は阿見町名所百選に選ばれているそうです。

見応えがあったのは雄翔館でした。

結構混んでいたので、ところどころスキップで飛ばしましたが、

とあるパネルで偶然足を止めたら、それが西澤廣義氏を紹介したものでした。

太平洋戦争のエースパイロットだった人物です。

アメリカの国防総省とスミソニアン博物館に肖像が飾られていて、

「ラバウルの魔王」と称された身長180cmの美男子、だったそうです。

※ラバウル航空隊に所属

外国人による肖像スケッチがありましたが、美男子かどうかは分かりませんでした。

ただ写真で見たところ、スタイルはめっちゃ良かった。

読んだことが無いのですが、『永遠のゼロ』のモデルかしら?

と思いながら見学しておりました。

しかし、後から調べたところによるとモデルは別にあるようです。

image
[山本五十六像]
指が気になっていたので、そこをガン見。

image

image
フェンスで仕切られている向こう側は駐屯地です。

学生時代に、地方にある知人の祖父母宅に宿泊したことがあるのですが、

そこに特攻隊員だった親族の方の遺影があり、

何かわからない衝撃を受けた覚えがあります。

いまだに「何かわからない衝撃」という言葉を別の語彙に変えられないでおります。

似たような「言葉として安易に語れない感想」を、この雄翔館を見学して抱きました。

戦争に負けるとどうなるかを知らされていた若者たちが、

国のため、家族のためと命を散らした事実が重く横たわっている場所。

そんな気がします。

選択肢が無く、選択する自由も無かった時代が、

私の生まれるたかだか二十数年前にあったという事実が衝撃です。

でも、衝撃だと言えるほど平和な時代に生まれているのだとも思い、

感謝の念で頭を垂れる次第です。

女性と男性とでは見学後の感じ方が違うのだろうなぁとも思えました。

GWだから空いているだろうと思っておりましたが、

混んでいるというほどではないにせよそれなりに人が居り、

高齢の男性が多いのが印象的でした。

子供連れのご家族も居て、

このGWにこの場所を選択するってスゴイなとも思いました。

このあと、予科練生御用達だった保立食堂に向かいます。


image
【予科練平和記念館】

茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸5-1
開館時間 9:00~17:00(入館は16時30分まで)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日),12月29日~1月3日
観覧料金:500円
http://www.yokaren-heiwa.jp/index.html


image
【雄翔館(予科練記念館)】

茨城県稲敷郡阿見町青宿121-1
陸上自衛隊土浦駐屯地武器学校内(広報援護班)
開館時間 9:30~16:30(入館は16時まで)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日),年末年始
観覧料金:無料(事前予約不要)
※予科練平和記念館が休館の場合は見学できません


【にほんブログ村】

新潟県長岡市『川西屋本店』で山本五十六の愛した“水まんじゅう”の元を買う。

image


山本五十六の好物だったと小説にも書かれているらしい「水まんじゅう」。

それ自体が販売されているものではなく、

『川西屋本店』の塩小豆の酒饅頭をアレンジして食べていたのだとか。

山本五十六はお酒が飲めず甘党だったそうで、

ここの酒饅頭を水に浸して水饅頭にし、

砂糖をかけてスプーンですくって食べていたそうです。

その塩酒饅頭を販売している老舗の『川西屋本店』を

先に訪問した如是蔵博物館で教えてもらったので、

駅の反対側までやって参りました。


image
写真の許可を頂きましたら
「ガラスに反射して光るので皆さんアングルを工夫されています」
とアドバイスを頂きました。


image
アングルを変えてみた。


そのまま食べる用と、“水まんじゅう”として食べる用の2個購入。

200円ジャスト価格でした。

来年は10%の消費税になるし、価格が変わるかもしれんね。


image
作り方が書かれた紙も頂きました。


甘くない饅頭らしいので、“水まんじゅう”にするために

和三盆糖を買いに行こうと思います。

山本五十六の使った砂糖ってどんなものだったんだろう?



image
【川西屋本店】

新潟県長岡市殿町1-7-2
営業時間 9:00~18:00
定休日:月曜
https://www.kawanishiya.jp/


【にほんブログ村】

新潟県長岡市『如是蔵博物館(にょぜぞうはくぶつかん)』で濃い時間を過ごす。

image
昭和11年に建てられた重厚な蔵のような建物。
長岡大空襲のなかでも焼け残ったというしっかりした造りです。
内部はシンプルながらも普請がスゴイ。階段は必見です。
(上階で階段裏側を見てください)


長岡市は連合艦隊司令長官・山本五十六海軍大将の出身地です。

山本五十六にまつわる資料を収蔵展示しているとして有名なのが、

『如是蔵博物館(にょぜぞうはくぶつかん)』。

駅前にあります。

私は初めての出張先の壁に貼られていた言葉で山本五十六を知りました。

やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ


頼るものな、く腑に落ちる言葉なく、誰も経験しなかったことの連続で

過労死すると親に言われ続けた管理職時代を過ごしていた時期に、

この言葉が私の指針になりました。

三十代後半から四十代前半の私を支えたのが、山本五十六の言葉です。

今までなかなかタイミングが合わなかったのですが、

青春18きっぷ日帰り旅ではベストな立地にあったもんで、

この度、この博物館を目的地として長岡に足を運んで参りました。


image
敷地内にあるお社。
小説では山本五十六が祀ってあると書かれているそうですが、
実は天照大御神や須佐之男命などが祀られているそうです。


image
冬枯れの敷地内は一面が落ち葉。
これはこれで良い雰囲気です。


image
通路にあるホースは何なのか?と思ったら、融雪のためのようですね。

image
この一角の景観は賞をとっているらしい。

見学料は200円。

小規模ですが、内容はごっつい濃いです。

この類の展示品でこみ上げるものがあったのは初めてでした。

館内は撮影禁止なので興味のある方は実際に見て頂きたい。

あの時代がよく分かります。

父親が五十六歳の時にできた子供だから五十六と名付けられたというのも、

あの時代っぽい。

それはともかく、

指針となるものを多くの人が求めていた時代だったからこそ

山本五十六がこれほど神格化されたのだと感じました。

ブレない人に人は付いていくのかもしれん。

今の私は余生のような管理職生活を過ごしておりますが、

平成時代の私の10年間は間違いなく全力でした。

山本五十六の遺品などの展示物を見ていて

自分にリンクするものがあったため、

こみ上げるものがあったのかもしれません。

戦時中は誰もが全力で生きていたのだと推察されます。

その人々を否定することなど私にはできない。

改めてそう思います。

さて、展示物を見た後は

一階で博物館の管理をしているマダムと

小一時間ほど話をさせて頂きました。

これが凄く楽しかったのです。また来ようと思うほどに。

新潟の地図から地理とその歴史を教えてくれたり、

江戸の古地図から藩主のことを教えてくれたり。

仕事で、新潟で取材して記事を書くことがあったのですが、

あの前にここを知っていれば・・・と、ちょっと悔しかったです。

マダムは六十代だそうですが、日々書を読み研究されているようで

(マダムは趣味で調べてると仰るけど、そんなレベルじゃない)

ものごとを調べていく過程も垣間見えて、それすら興味深かったです。

ああいう六十代っていいなぁ。

あれだけ年月日などの数字が記憶できているってのも凄すぎる。

私の興味を持っていることと合致した知識がある方だったので、

素晴らしい出会いでしたし、話を伺えたことに感謝しています。

楽しかったです。

ちなみに、口コミで「話が長すぎるという」という評価があったそうで、

「だから質問されない限りは話さないようにしているの」

と可愛く拗ねて居られました。

ゆえに、興味のない方は静かに、

もの凄く興味がある方はマダムに質問してみてください。

本当に何でも答えてくれます。

河井継之助についての考察については、

「えーっ、そうなの!?」感がありました。

再訪するまでに、いろいろ調べておこうと思います。

いやぁ~、勉強になったわぁ。

新潟がちょっと身近に感じられました。

来年は得た知識の観点から、旅先を考えてみようかな。


image
資料も頂きました。
帰りの車内で読もうと思っていたのですが寝てしまいました。
休みはあるので、家でじっくり読もうと思います。



image
【如是蔵博物館(にょぜぞうはくぶつかん)】

長岡市福住1-3-8(JR長岡駅東口から徒歩約5分)
開館時間 10:00~16:00
休館日:月曜、年末年始
入館料:一般・大学生:200円


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。