sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

富山ガラス工房

【続】富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。 ー 作品が届く ー

富山県富山市といえば、ガラスの街。

街の至る所でガラス作品が見られます。

先日、富山滞在時に母とF子姉ママさんとの3人で、

「富山ガラス工房」にて吹きガラス製作体験をして参りました。

同じ色、似たようなイメージで制作した我々3名。

本日、その結果ともいうべき作品が、宅配便で届きました。

glass
母とワタクシの作品は、纏めてワタクシの居る東京に届きました。


開封するのに、ちょっとドキドキ致します。

一点物なのに、割れていたらどうしよう、とか。

無言で、それぞれの作品を開封する母とワタクシ。

ワタクシの作品は以下のようになりました。

glass
glass
サイズ:Φ13.5×H6cm


富山オリジナル色である越青と金箔を使用したガラス鉢です。

フルーツを入れるイメージだったので、

ちょっと大きめのボウル状になりました。

ふむふむ、こうなるのか。

熱いガラスしか見ていないので、

色の具合はこれを見るまで分かりませんでした。

glass
手作りではなく、買ったのだと言っても良いような気がして来た。
(自画自賛)


これはハマりますな。

また直ぐに富山まで作りに行きたくなっていますもの。

次回も富山旅行の最終日にガラス製作体験を組み込んで、

今度はもう少し小さめの小鉢を作りたいです。

さぁて、この器には何を入れようかなぁ。



母の作品はコチラ

富山ガラス工房
【富山ガラス工房】

富山県富山市古沢152番地
開館時間:9:00~17:00
休館日:年末年始(12月28日~1月4日)

[交通手段]
JR富山駅発富山地鉄バス「富大附属病院行」で20分,「ファミリーパーク前」下車 徒歩5分 
JR富山駅前から富山地鉄バス「小杉南口行」で20分,「花の木」下車 徒歩5分
あいの風とやま鉄道呉羽駅からコミュニティーバス,老田・古沢・池多ルート「ガラス工房・ファミリーパーク」下車(100円)
JR富山駅前からタクシーで20分(参考価格:3,190円)


【にほんブログ村】

富山県富山市『glass×cafe Clie』は富山ガラス工房内にあるカフェでガラス好きなら癒されるであろう可愛い空間です。

glass×cafe Clie



富山ガラス工房の一角にあるカフェが『glass×cafe Clie』。


大小様々なガラスに彩られた、とても可愛らしいカフェです。


本日はここでランチを摂ると決めておりましたので、


メニューは若者用だとは思うのですが、母とF子姉ママさんの3人で入店。


店内が空いていたので、ワタクシ好みのカウンターっぽい席に落ち着きました。


カウンター注文&前払い制なので、キッシュのセットを選んでから着席。


ここではF子姉ママさんにご馳走になりました。


glass×cafe Clie
とても明るい可愛らしい店内。

glass×cafe Clie
水を入れるのはセルフ。
ただし、ここではグラスが選択できます。
これは迷うわね。


glass×cafe Clie
ワタクシが選んだのはコチラ。
写真では見えませんが、底に近い方に花の模様が彫られているんです。


glass×cafe Clie
[キッシュセット]

glass×cafe Clie
本日のキッシュの一つであるひき肉とカレー的なものを選択しました。

glass×cafe Clie
丼もあるよ。



車でなければ来られない場所にありますが、


我々が食べ終わる頃にはほぼ満席でした。


結構、人気店なんですね。


隣がショップなので、


食欲を満たした後で、物欲も満たせます。


ガラスアートは未だによくワカランと思うワタクシですが、


普段使いの器やアクセサリーは興味があります。


ショップに置いてある商品価格はピンキリ。


何か発見できそうでワクワクする空間でした。


工房での製作体験後にオススメです。




glass×cafe Clie
【glass×cafe Clie】

富山県富山市古沢152 富山ガラス工房内
営業時間10:00~17:00
定休日:年末年始(12/28~1/4)、不定期


【にほんブログ村】

富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。

富山ガラス工房


富山県富山市といえば、ガラスの街。

街の至る所でガラス作品が見られます。

そして、ガラス作家さんも多い場所でもあります。

富山で合流した母とF子姉ママさんとの3人で吹きガラス製作体験をすべく、

古沢にある「富山ガラス工房」に行って参りました。

天気予報は雨のち曇りだったのに、

やはりワタクシは晴れ女なのか、付いた頃には雲が切れ、秋晴れになりました。

そんな爽やかな気候の中、説明を受け、ガラスの色を選び、形を決めて制作開始。

ひと月前に事前予約をしていたもんで、

3人同時に作業を開始することが出来ました。

まあ、終わったのはワタクシが最後でお待たせしちゃったんですけども・・・。

富山ガラス工房
結構広い敷地を持つガラス工房。
ショップやカフェもあります。


富山ガラス工房
第2工房で制作開始。体験時間は1時間ほど。
我々は吹きガラス体験Aコースに底処理費500円をプラス。
完成後に冷めるまで時間が掛かるため作品は配送してくれます。
(送料別途)
[参考:体験コース]http://toyama-garasukobo.jp/experience/


富山ガラス工房
一人につき2人の先生が付いて指導してくれます。
2人も付いてこの値段は激安だと思うの。


富山ガラス工房
ガラスを作る初歩の知識を得られて大満足でした。
もう、めちゃくちゃ楽しかった!
ぜひぜひ、また体験に来たいです。


富山ガラス工房
渡り廊下の天井には、子供が作ったと思われる?作品が飾ってありました。

富山ガラス工房
同じく渡り廊下の床面。

富山ガラス工房
色ガラスの粒が埋め込んであります。
太陽の光が反射し、めっちゃキラキラして綺麗。


富山ガラス工房
表面はフラットになっているので転んでも大丈夫そう。
※転ばないでください


結局は同じ色、似たようなイメージで制作し始めた我々3名。

しかし、出来上がったものは全く別の形状なんだと想像しています。

そして、それぞれが、自分の作ったものに既に愛着を持っているという状態(笑)。

指定住所に届くまでには約一週間かかるようですが、

今から届くのが楽しみで仕方ありません。

これは、ハマる!

楽し過ぎる!

富山市に観光に行かれる方には強くオススメしたいと思います。

久保さんの作品
[久保裕子さんの作品]


実は今回ワタクシが『富山ガラス工房』にわざわざ来た理由は、

ショップで久保裕子さんの作品を購入するためでした。

ネットではどこのサイトでも売切れだったもんで、

もしかしたら、ここのショップには置いてあるかもしれないと期待していたんです。

制作体験は「ついで」でした。

その「ついで」が予想以上に楽しく、同行の2人にも大好評だったのは嬉しい驚き。

そして何より、ショップには展示していなかったものの、

久保さんの作品が見たい旨をスタッフさんに尋ねたら

奥から取り出してきてくれたのにはラッキー過ぎると興奮致しました。

富山は毎度ワタクシにhappyをくれる場所だと感激致しました。

カエル
母に記念に買って貰ったカエルのトンボ玉。
可愛すぎて、どうにかなりそうです。
うきゅぅーっ



富山ガラス工房
【富山ガラス工房】

富山県富山市古沢152番地
開館時間:9:00~17:00
休館日:年末年始(12月28日~1月4日)

[交通手段]
JR富山駅発富山地鉄バス「富大附属病院行」で20分,「ファミリーパーク前」下車 徒歩5分 
JR富山駅前から富山地鉄バス「小杉南口行」で20分,「花の木」下車 徒歩5分
あいの風とやま鉄道呉羽駅からコミュニティーバス,老田・古沢・池多ルート「ガラス工房・ファミリーパーク」下車(100円)
JR富山駅前からタクシーで20分(参考価格:3,190円)


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。