sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

定食

富山県高岡市『能作 IMONO KITCHEN』では能作の器で食事ができるのです。

image
鮭の洋風ほっこり酒粕汁といなり寿司セット 1,500円(税込)

『能作』で製作体験をした後はバスの時間まで食事をしつつ、

珈琲を飲んでまったりすることにしました。

カフェスペースは内装か面白く、気になる個所が多々ありましたが、

うろつくことなく、席でぼーっとしておりました。

image
天井と壁。ガラス部分は開口部のアルミサッシ。

image
壁面に鋳物のプレートが貼ってあって能作らしい感じ。
※写真は縦のものを横に貼っています


image
テイクアウトメニューが魅力的。

image
新鮮な野菜かごちそうたと感じるセットでした。

image
いなり寿司も付いているので腹持ちは良い感じ。

image
サーモンがゴロゴロ入っているお椀は少し甘め。

image
かなり気になったのがこちらのアップルパイ。
14時からの限定品なので涙をのみました。

image
ランチセットに加算して付けられるドリンクとプリン。

image
プリンは良い感じのカラメルで美味しいです。
器は意外と軽かった。

image
コースターも凝っている。
子供だったら手裏剣みたいに飛ばしたくなるかも。

あまり広くはないのですが、居心地の良いスペースでした。

体験した人の殆どがココで食事をしている気配すらあり、

セット売りって感じで面白いなと感じました。

物販コーナーもあるから、猶更に。

クリスマスのテーブルコーディネートが御洒落で、

何か買いたくなりました。

image
クリスマスイベントをしない我が家では需要の無いコーディネートですが、
見る分には目が嬉しい。

image
特にこのお皿に魅かれました。
フラットなのに立体見えるところが、だまし絵みたいで面白いですよね。

ちょっと辺鄙なところにあるため、

カフェ利用のためにわざわざ来ることは無いかも。

しかし、逆に「わざわざ来た」感があり、

能作を丸ごと体験した気分にもなりました。

観光地としてはオススメかも。

image
バス停の名前は「能作前」。
その名の通り玄関前にあるバス停です。


_DSC_8194
IMONO KITCHEN(イモノ キッチン)】
富山県高岡市オフィスパーク8-1
営業時間:[月~日] 10:00~18:00(L.O.17:30) 
定休日:年末年始
世界遺産バス:白川郷行き(高岡駅前7番のりば)「能作前」下車(後払い)
路線バス:高岡法科大学方面(高岡駅前2番のりば)「高岡オフィスパーク」下車徒歩3分
タクシー:高岡駅より約20分

https://www.nousaku.co.jp/factory/cafe/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区上野『吉池食堂』という庶民派大箱レストランからの眺望。

image

和、洋、寿司の三種類の店舗を内包する大箱レストラン『吉池食堂』。

千葉県民Tがセレクトした三店舗の中からこちらを選択してみました。

御徒町らしいお店かなと思って。

御徒町駅の隣にある新しい吉池ビルの最上階にあるレストランはかなりの大箱。

どこぞのフードコートのような感じです。

それなりに混雑している店舗で我々が通されたのは窓際の結構良い席で、

眼下にはJRの列車両が行き交う様子が見えます。

高所恐怖症のワタクシは窓際から離れて着座し、

なるべく足元は見ずに過ごしておりました。

image
栃尾の油揚げ(ハーフ)味噌味。

image
アジフライ定食 980円(税込)


image
かなり巨大なアジフライです。今まで見た中で一番大きいかも。

アジフライは美味しいのですが、かなり満腹になります。

アジフライ定食のお盆に、フォークとナイフが付いているのを初めて見たわ。

切らないと口に運べないほどのサイズ(重いし)ってことですな。

コスパの良い定食だなぁと思いましたし、

御徒町界隈でランチに迷ったらココは選択肢として良いかも。

子供、高齢者、どちらも多いので、気楽かも。



image
【吉池食堂】

東京都台東区上野3-27-12 御徒町吉池本店ビル9F
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:00) ,[日祝] 11:00~22:00(L.O.21:00)
※ランチは16:30まで
定休日:無休
※Suicaが使えます
http://www.yoshiike-group.co.jp/restaurant.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

江東区白河2丁目『深川釜匠』の深川めしのボリュームがあり過ぎた。

image

ランチを摂っていなかったので、

遅めのランチをしに深川江戸資料館付近にやって参りました。

農林水産省郷土料理100選である「深川めし」のお店が数件あるエリアです。

名物なので、主たるお店の外には行列ができていました。

ざく切り葱とアサリを煮込んで熱いご飯にぶっかけた、漁師めしで、

江戸のファストフードというべき一品です。

image
キンキラキンの外観と、昭和時代の誰かの家っぽい店内。
とってもカオスです。
二階、三階は座敷席で、階段下で靴を脱ぎます。


image
[深川めし 1,080円]
丼に山盛りの深川めし。
若い男性が食べて丁度いい感じなんじゃないかって量です。
これを全部食べると夕食は要らないレベル。
しかし、テーブルにラップが置いてあり、残したら持ち帰れるっぽい。


image
お新香は座卓に置いてあるものをセルフで取ります。

image
結構あとから昆布の佃煮が出てきます。

塩分を感じる味付けで、お味噌汁もしょっぱめ。

高血圧症の方は要注意って感じです。

昔の東京の饂飩のしょっぱさを思い出しました。

30年ぐらい前までは、東京で食べる食事は総じて味が濃かった気がします。

ある種、昔のままの味付けなんでしょうね。

接客は雑。内装はカオスですが、好きな人は好きなんだろうなぁと思います。

ワタクシはもういいかな。

次回は近所にある『福佐家』で限定20食のあさり丼にチャレンジしてみたいです。



image
【深川釜匠(ふかがわ かましょう)】

東京都江東区白河2-1-13
営業時間[火木]11:00~15:00,
[水金土日祝]11:00~20:00(L.O19:30)
定休日:月曜
https://fukagawakamashou.gorp.jp/


【にほんブログ村】

埼玉県秩父市『本町知々夫ブランド館』の大正4年創業の豚肉味噌漬本舗「せかい」の豚肉味噌漬けを使った豚味噌丼。

image
[豚味噌丼 880円(税込)]

大正4年創業の豚肉味噌漬本舗「せかい」の豚肉味噌漬けを使った丼が食べられるってことで、

『本町知々夫ブランド館』にやって参りました。

秩父と言えば蕎麦ですが、ワタクシは蕎麦アレルギーなのでお店選びが難しいのです。

ここなら大丈夫だろうと思ったのですが、後から知ったところによると、

お蕎麦も取り扱っていました。

でも体調に変化はなく、大丈夫でした。

image
丼のサイズがいろいろあります。

image
メニューはこんな感じ。
秩父名物っぽい「味噌ポテト」が気になる。


image
分厚く切った豚肉は噛み応え十分です。
生姜が良いアクセントになっています。
好きな味でした。


image
ミニサラダも付いています。
生野菜が付くとお得感が出ますね。


image
秩父名物っぽい「しゃくしな漬け」。

image
美味しかったので、西武秩父駅のお土産売り場で買いました。
しゃくしな漬 570円(税込)


image
食後に箱の中に入った手作り品を選ばせて頂きました。
シュシュですが、瓶の肩に填めたら可愛いかもと思い、こちらを選択。

お肉がガッツリ乗っているので、ご飯は少な目でもいいかもしれません。

副菜が付いてこの値段は良心的すぎる。

秩父って物価が安いのかなぁと、ほんのり思いました。

神社で頂いた御朱印はお高かったけど・・・。



image
【本町知々夫ブランド館】

埼玉県秩父市本町2-17
営業時間 11:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜
https://www.sekaishoji.com/news/2019/06/422/


【にほんブログ村】

岩手県盛岡市『かわ広』の和定食1,800円(税込)。

image

盛岡八幡宮から移動して酒蔵で試飲をしたのち、

だらだらと徒歩で移動中に母が発見したのがこちらのお店です。

ランチタイムぎりぎりって感じだったのですが、

なかなか飲食店が見つからなかったのです。

鰻屋だったっぽいのですが、

入店してみたら安価なメニューもありました。

image
母が和定食を選択したので、便乗することにしました。

image
ながらく待ってから供されたのがこちらの品々。
品数が豊富ですね。でも、これだけじゃなかったんです。


image
銀鱈の西京焼きも供されました。
ふわふわで美味しかったです。

この食事は母のオゴリでした。

空腹から一気に満腹にメーターが振り切れ、

その後の歩きは腹ごなしタイムとなりました。

辰野金吾の設計した旧盛岡銀行に向かいます。



image
【かわ広】

岩手県盛岡市南大通2-2-16
営業時間 11:30~14:00,17:30~21:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】

港区麻布台『新中国家庭料理 浅野』は陳建民氏の直弟子のお店だったらしい。

image
杏仁豆腐もウマウマ。

本日は六本木で仕事があり、

目的地からちょいと離れた場所でランチを済ますことにしました。

適当に入ったのですが、12時ちょい前なのにほぼ満席で、大人気店っぽい気配。

どうやら陳建民氏の直弟子である浅野俊昭氏が1993年に創業したお店だそうです。

image

よく分からずに入店したため、表のボードにあったBセットを注文。

なかなかに好みの味だし、小鉢も充実していたし、

これで1,000円って(ウチの会社の周辺よりは)リーズナブルだと感じました。

しかし周囲の気配に気を配ってみると、どうやらここは辛いものが人気っぽい。

麻婆豆腐セットや、担々麺を食べている人が多かったです。

でもいいの。Bセットが美味しかったから。

今後、六本木付近で仕事がある時は、ここを選択肢の一つとしようと思います。

久々の中華料理だったけれど、しばらく続けちゃうかも。



image
【新中国家庭料理 浅野】

東京都港区麻布台3-1-6 飯倉片町アネックス 2F
[月~金] 11:30~15:00(LO14:30),18:00~22:30(LO22:00)
[土] 17:00~22:30(LO22:00)
定休日:日曜、祝日、12月31日~1月3日
https://g-taste.co.jp/asano/


【にほんブログ村】

日本橋人形町『よし梅 人形町本店』でランチに秋限定のナスのはさみ揚げ御膳1,800円を食す。

image
『よし梅 人形町本店』は、人形町にある昭和2年創業の老舗割烹料理店。

image
メニューはやや値が張ります。

本日は工事の事前調査のため、同席すべく会社を休みました。

母も予定があったのですが、先方の都合によりキャンセル。

ってことで母と二人で人形町に向かうことにしました。

目的はカフェと『よし梅 人形町本店』の平日ランチです。

って、お店自体、平日しか開いていないんですけれど。

image
表で見てから気になっていたのがコチラの秋限定メニュー。

image
[ナスのはさみ揚げ御膳 1,800円(税込)]
カウンターの向こうで揚げている音がします。
ゆえに他のメニューよりもちょいと時間が掛かります。
茄子の間にイワシのつみれが入っていていい塩梅。
ただし、茄子を油で揚げているため、火傷注意です。

母は本日の焼き魚を頼んでいました。

そちらには母の大好きな茶碗蒸しが付いていないため、一品交換。

あちらに付いていた味の南蛮漬けを貰いました。

そういえば前回、「次回は幕の内弁当にするぞ」と思ったんでしたっけ。

すっかり忘れていました。

でも今日のメニューは大満足だったので悔いはないです。

平日だけってところが残念ですが、

平日に休むことがあればまた来ようと思います。

image
【Yoshiume Cafe and Deli】
東京都中央区日本橋人形町1-18-3
営業時間[デリ]10:30~19:00,[カフェ] 11:00~14:00,15:00~20:00
定休日:日曜

隣接してカフェもあるのだけれど、未だに未入店。
こちらは土曜日の営業があるのでハードルは低めかな。


image
【よし梅 人形町本店】

東京都中央区日本橋人形町1-18-3
営業時間 11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:土曜、日曜、祝日
http://www.yoshiume.jp/


【にほんブログ村】

日本橋室町『土佐料理 祢保希 日本橋店』の週替り定食1,280円。

image

本日は日本橋のYUITOに入っている『祢保希(ねぼけ)』にてランチを摂って参りました。

千疋屋総本店でスペシャルパフェを食べ、珈琲も飲んだ直後だったため、

これを完食した後は満腹過ぎて、デパ地下散策が捗りませんでした。

(って、どんだけ食まみれの一日やねんって感じですね)

さて、この『祢保希(ねぼけ)』は、

ワタクシが銀座オフィス時代に銀座店に通った郷愁(?)の店でして、

三年ぶりのランチとなります。

しかし、銀座店と同じかと思いきや、価格も内容も軽めで、

オフィスワーカーのための店なのだと理解しました。

この感想を他の人と共有できるかと食べログを見てみたら、

やはり評価は銀座店の方が上でした。

うん、納得。

でもまあ、リーズナブルな価格だし、一人でも入り易そうだし、

何より母は気に入ったようで、

コレドで映画を観た帰りに来ようと言ってました。

image
お得感があるので、本日はこちらのメニューを選択。

image
ワタクシは「A」のメンチカツを選択しました。
※母は「B」を選択


image
直ぐに帰宅するわけでは無かったので、
ニンニクをショウガに変更して貰いました。

このセットには茶碗蒸しが付いていて、

茶碗蒸し好きの母はこの点も気に入ったようです。

(週替り定食なのでいつも入っているかは不明ですが)

YUITOには他にもリーズナブルな価格でランチが摂れるお店があり、

結構穴場のようですし、日本橋散策時のランチ利用に良いかも。



image
【土佐料理 祢保希 日本橋店】

東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビルYUITO3F
営業時間 [昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:00~22:30(L.O.21:30)
[土日祝] 11:30~21:30(L.O.20:30)
定休日:基本無休
https://neboke-nihombashi.com/


【にほんブログ村】

日本橋本町『天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店』の玉子天ぷらは最初に食べるべきだったかも。

image

今日は午前中から日本橋に居りまして、

ランチに選んだのが『天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店』。

近くにある天丼店が大行列だったため、こちらを選択したのですが、

ここでも30分は待ちました。

実はワタクシ、ここに入るのは初めてです。

人気店であるため長蛇の列ができるため、長らく敬遠していたのです。

しかし今日は日曜日で開いているお店が少ないし、

曇天で暑くなく、比較的待ち易い日だったため、

母と一緒に行列に加わりました。

入って食べて納得。

このクオリティでこの価格なら、そりゃ行列ができるわ、と。

image
行列で待っている間にオーダーを取りに来てくれるため、
店内に入って座ると、比較的すぐに料理が出てきます。


image
追加メニューもあります。
母は、茄子と小玉葱を追加していました。


image
カウンター席のみの店内。
目の前にある3つの鉢には、
いぶりたくあん、烏賊の柚子和え、きんぴらゴボウが入っています。
これを小鉢によそって食べるのはセルフサービス。


image
烏賊の柚子和え。
これでご飯を食べたくなりますor飲みたくなる。


image
穴子がやって来ました。
舞茸、ししとう、卵も乗ります。


image
その後、カボチャ、ささ身しそ巻、いかのかき揚げ、海老が追加されました。

image
玉子天ぷらを最後に食べたため御飯が既に汚れており、
撮影に耐えられるビジュアルではありませんでした。

ふわふわで美味な穴子は一本まるっと供されます。

これは穴子が入るメニューをオススメしたくなります。

美味しくて満腹で、かなり満足致しました。

が、その後は殆ど胃袋に入れられず、夕食ヌキになりました。

小さな子供さんは完食できないかも。

これからの季節は行列で長時間待つのは大変だと思います。

再訪は難しいかもなぁ。

image
どちらも行列ができるため、観光客にはかなりハードルが高いようです。



image
【天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店】

東京都中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋 1F
営業時間 [平日]11:00~22:00(L.O. 21:30),[土日祝]10:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日:不定、年末年始
http://kaneko-hannosuke.com/


【にほんブログ村】

神奈川県小田原市『だるま料理店』という文化財料理店で刺身定食を食す。

image

小田原にある『だるま料理店』は創業明治26年の日本料理店です。

空襲でも焼け残った建物は、国の文化財に登録されています。

せっかく小田原に来たのだからと、ここでお刺身を食べて帰ることにしました。

image
相変わらずの立派な店構え。

image
唐破風下は格天井になっています。

image
窓枠も凝っています。

image
店内は折り上げ格天井。

image
今回もお刺身定食を頂きました。

image
お刺身には説明書きが付きます。

image
方々がこの中では好みの味でした。

image
表に掲示してある写真。

image
予約すれば二階や別館に通されるのかもしれん。

image
文化財プレートは正面右手にあります。

ここでは母にごちそうになりました。

太平洋側で獲れる魚って、

日本海側で獲れるそれとは明確に異なりますね。

食感が特に。

やはり小田原では練り物を買うべき&食べるべきだと思いました。




image
【だるま料理店】

神奈川県小田原市本町2-1-30
営業時間 [1階食堂] 11:00~20:00
定休日:不明


【にほんブログ村】

新潟県長岡市『越後の蔵 和心づくし あさひ山』でランチを食す。

image
[あさひ山 松華堂弁当  1,620円(税込)]

長岡駅ビル一階にある『越後の蔵 和心づくし あさひ山』でランチを摂って参りました。

青春18きっぷ利用で長岡まで来たのですが、丁度ランチタイムだったのです。

蕎麦アレルギーなのでそのメニューを回避した結果、写真の料理を選択。

普通に食べ勧めましたが、「銀座 久保田」に初めて行った感想とは違い、

料理はごくごく普通でした。

image
御飯は新潟県産コシヒカリらしいのですが・・・。


おせち料理ではイメージが良かった朝日酒造

気を取り直してお惣菜を買って帰ることにしました。

クリームチーズの酒粕漬けはハズレなしの美味しさだもんな。


image
今年7月にオープンした「酒楽の里 あさひ山 長岡駅ナカ店」にて
あさひ山商品を購入して参りました。

もしかしたら平日ランチだと満足できるのかもしれん。

とりあえずはショップで買ったものにハズレはないと思うので、

年始に使おうと思っています。



image
【越後の蔵 和心づくし あさひ山】

新潟県長岡市城内町1-611-1 長岡駅ビル1Fレストラン街
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:ビルの休館日に準じる


【にほんブログ村】

東京駅 八重洲『八重洲 とよだ』でカニコロッケ定食を食す。

image
[カニコロッケ定食 1,620円(税込)]


本日のランチは『八重洲 とよだ』。

ランチの種類が多いのですが、上の方に書かれているカニコロッケ定食を選択しました。

ランチにしてはちょいとお高めの価格設定ですが、サラリーマンが多し。

この辺りのサラリーマンは懐具合がぬくぬくのようだと察してみたり。

漬物、煮物、御飯、お味噌汁が出た、かなり後にメインが供され、

この時間差に意味はあるのだろうか? と疑問に思ってみたり。

カニコロッケが三つ乗ったプレートに添えられた、タルタルソース。

マヨっぽさがそれほどなく、さらりとして食べやすいタルタルソースです。

カニコロッケであって、カニクリームコロッケではないところがポイントか?

具はモヤシなどが入っており、カニ入り五目クリームコロッケみたい。

ちょっと面白いので写真には撮りませんでした。

実際に見る方が良いかも。

このコロッケを食べただけで大変満腹になり、

御飯を少々残してしまいました。

それでも長時間膨満感は軽減されず、揚げ物の底力を思い知った次第です。

費用対効果はよく分かりませんが、

自分の食の引き出しに入れておいていいお店なんじゃないかと感じました。

それにしても、満腹ぢゃっ。



image
【八重洲 とよだ】

東京都中央区八重洲1-6-15 登代田ビル1F
営業時間 [平日]11:00~13:30(L.O),[平日]17:00~21:30(L.O)
定休日:日曜、祝日
https://www.yaesu-toyoda.tokyo/


【にほんブログ村】

静岡県熱海市『和食・甘味 花の茶屋』はMOA美術館内にある甘味処です。

image

MOA美術館の茶の庭は、茶室「一白庵」、茶室「樵亭」、復元された「光琳屋敷」、移設された「片桐門」や石塔などが点在する場所です。

ここには蕎麦屋のほかに、光琳屋敷を挟んで『和食・甘味 花の茶屋』があります。

普段は甘味処としてあるお店のようですが、ランチタイムには数量限定で食事ができるそうです。

そのことをボランティアガイドの方から伺ったもんで、本日はここでランチを頂くことにしました。

11時オープンで、それほど過ぎていない時間に行ったからか、すぐに着席できましたし、数量限定メニューもまだまだありました。

そこで、イチオシの熱海御膳をセレクト。

視界に入る限りでは、ほとんどの方がこのメニューを注文しているようでした。

外国の方も器用に箸で食事をされていて、なんだかちょっと嬉しくなりました。

image
[熱海御膳 2,160円(税込)]
30食数量限定

内容はごくごく普通なのですが、海抜251mのこの場所で食べるにはじゅうぶん以上だと思えます。

12時過ぎると人がどんどんやって来て、あっという間に満席になりました。

ここで食事をしようと考えるなら、11時台に来るのがベストかも。

image



image
【和食・甘味 花の茶屋】

静岡県熱海市桃山町26-2 MOA美術館 茶の庭
営業時間 11:00~15:30(L.O.15:00)
休日:水曜、木曜、展示替日、その他MOA美術館カレンダーに依る


【にほんブログ村】

静岡県熱海市『和食レストラン 熱海 碧(あおい)』はまだあまり知られていないのか穴場なお店です。

image

2017年4月にオープンした『和食レストラン 熱海 碧』。
2017年2月に竣工したザ・クレストタワー熱海の1階にあります。
ザ・クレストタワー熱海は、ゴールドクレストが静岡県熱海市春日町に建設した地上30階・総戸数335戸のリゾートマンション。設計・施工は五洋建設です。

旧日向別邸を見学後、駅まで出ずに昼食が食べたいと思ったワタクシは、こちらの超高層マンションの下で食事をすることにしました。
裏から入ったのですが内部からは抜けられず、住民の方に教えて頂いて一階まで下った次第です。助かりました。

さて、場所が場所ゆえに、かなり穴場な食事処です。
オープンして一年ちょいぐらいしか経っていないので、内装も綺麗。空間も広々していて、大変居心地が良いです。
熱海ってホテルや旅館が多いからか、良い食事処が少ないんですよね。
駅前の商店街に有名店がありますが、並ぶし相席だし、ワタクシぐらいの年齢になるとちょっとキツイのです。
ここを発見することが出来て、大変助かりました。

さて、メニューには近海の海の幸が盛り沢山。お刺身などを頂くべきでしょうけれど、夕食が豪勢な予定なので、ここでは夕食には絶対に出ないであろうものを選択致しました。

image
ランチだと+500円でビールが頂けます。
猛烈に喉が渇いていたので、ひと口目がものすごく美味しかったです。


image
[地あじフライご膳 2,000円]
アジフライが大好物なワタクシ。
飲み屋で見つけるとついつい頼んでしまいます。
ソース星人なのでつけるのは絶対にソース。


image
大変美味しくて食べ応えのあるアジフライでした。
レモンも付いてるし、和からし、タルタルソース、ソースも付いていました。


image
隣が割烹だからか、煮物が丁寧でとても美味しいのです。

image
切り干し大根は上品で普通に美味でした。


入口を入って左側が日本料理の『凛』、右側がレストラン『碧』です。
日本料理はランチでもコース料理なので、料理旅館に泊まるなら『碧』がおススメです。
日帰りなら『凛』が良いかも。

できればこのまま穴場であって欲しい隠れ家的な食事処です。



image
【和食レストラン 熱海 碧(あおい)】

静岡県熱海市春日町9-1 ザ・クレストタワー熱海1F
営業時間 [昼]11:00~15:00(LO14:30),[夜]17:00~21:00(LO20:30)
予約不可
定休日:水曜
http://www.atami-aoi.com/


【にほんブログ村】

大丸東京店12F『近為 大丸東京店』はひとりでも気軽に入れる和定食が出るお漬物店です。

image
[さわらとごはん 1,900円(税込)]


東京大丸の12階にある京漬物の有名店『近為』。

前回利用して、その気安さが気に入ったもんで、

ランチ時を大幅に過ぎていたこともあり、こちらで食事をすることにしました。

前回とは違うメニューを選びたいと思ったもんで、

魚を粕漬けにしたものを探したところ、

ワタクシの大好きな鰆を発見。

ソッコー、それを注文いたしました。

image
[季節の京つけもの三点]
詩仙きゅうり、柚こぼし、南瓜


image
鰆は身離れが良くて食べやすいですよね。



大変疲れていたため、お茶をのみつつボーっとしておりましたが、

空いている時は本当に居心地の良いお店です。

だからなのか、時間からか、この日は女性率100%でした。

ランチタイムを逃しても、ここはいつでも定食が食べられて便利。

入口でお漬物を売っていたりもするので、

食後、気に入ったものがあれば買って帰るのも良いかもね。



【近為(きんため) 大丸東京店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店12F
営業時間11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(大丸に準じる)
http://www.kintame.co.jp/


【にほんブログ村】

大丸東京店12F『近為 大丸東京店』でお漬物がメインの焼き魚の定食をいただく。

image
[真鯛とごはん 2,520円(税込)]


本日は通院day。

昨晩から何も食べていなかったので空腹でツライ。

ゆえに病院が終わってから東京駅に向かい、

デパートの上層階で食事をすることにしました。

12階をぐるりと回ったものの、何が食べたいのか良くワカラナイ。

ならばあまり食べられないようなものにしようと考え、

京漬物の有名店『近為』に入店しました。

ここで食事をするのは初めてですが、女性のオヒトリサマの多さは驚き。

人気店なんですねぇ・・・思ったけれど、

皆さんキャスター付きバッグを持っておられたので、

旅行客にも入り易いお店ってことなのかも。

特にメニューも見ずに注文をしたのですが、

真っ先に出てきたのが、下のお漬物三点。

お料理が出てくるまでの間に、これでお茶を飲むってことなのかも。

image
[季節の京つけもの三点]
詩仙きゅうり、柚こぼし、南瓜


image
西京漬けは真鯛になります。



それなりの値段がするランチでしたが、満足度は高かったかも。

西京焼きの真鯛も美味しかったし。

御飯の友だらけで、白米が進みました。

が、

後で喉も渇きました。

ビールと一緒に楽しむと丁度良いのかもなぁ。



【近為(きんため) 大丸東京店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店12F
営業時間11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(大丸に準じる)
http://www.kintame.co.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。