sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

天然記念物

栃木県日光市『日光二荒山神社 中宮祠』に詣でる。

image

以前から気になっていたのが、中禅寺湖畔に鎮座する『日光二荒山神社 中宮祠』。

本社と奥宮との中間にあるお社で、男体山表登山口入口にあたります。

中宮祠にある国指定重要文化財は7棟。
  • 本殿
  • 拝殿
  • 中門
  • 掖門及び透塀 2棟
  • 鳥居(銅製) - 南口
  • 鳥居(銅製) - 登拝口
  • (中宮祠の附指定) 銅燈籠 2基

image
境内には、かなり立派なアカマツの樹があります。
こんな立派なのを初めて見ました。


image
たぶん社務所?

image
大己貴命(おおなむちのみこと)は大黒様です。

image
クリックで拡大

image
クリックで拡大

image
分かり易く牛の顔をしています。

image
鳥居近くにある牛石。
同じ説明書きがある別の石でして、違いが分かりませんでした。


image
[拝殿]
重要文化財
元禄14年(1701年)造造。
総弁柄(べんがら)塗りです。


image
「二荒山(ふたらさん)の大神(おおかみ)
守り給え(まもりたまえ)
幸え給え(さきはえたまえ:さきワえたまえ)」
と2回唱えるよう書かれています。


image
拝殿の奥にあるのが本殿です。
こちらも重要文化財で、元禄14年(1701年)造造


image
本殿の懸魚(げぎょ)。

image
蟇股の色が褪せていますね。
これは鳥?


image
こちらも色褪せていますが、何の花だろう?

image
この鳥居の先に登山口があります。
登拝門は開山時(5月5日-10月25日)のみ門が開くそうです。


image
[鳥居]
重要文化財
明和6年(1769年)建立。
基脚に注目です。


image
天然記念物のイチイの巨樹もありました。
二本あるそうで、樹齢は推定1,100年と1,000年。
二本セットで栃木県指定天然記念物に指定されています。


image
弁柄が塗られた建造物とそうでないものに明確に分かれております。
やはり左側は社務所なのでしょうね。


image
軒先に鳥居の意匠が見られますね。

image
中門から手水舎側を見下ろしてみる。
木々の先が中禅寺湖です。


image
こちらは階段のある側(正面)の鳥居。

image
鳥居から階段を見上げてみる。

image
御朱印は、一番以外は書き置きらしいです。
ゆえに一番のみ頂きました。

とても清涼な空気が流れる境内。

パワースポットだと言われていますが、なんだか納得できます。

もう一度行きたいと思えるお社でした。

日光全体がパワースポットだと思いますが、

その中でもとても「いいな」と思える場所でした。

image
神社の階段下にバス停があります。
車じゃなくても来られるスポットです。



image
【日光二荒山神社 中宮祠】
にっこうふたらさんじんじゃちゅうぐうし
栃木県日光市中宮祠2484
時間4月~10月(8:00~17:00),11月~3月(9:00~16:00)
JR・東武日光駅より東武バス湯元温泉行きバス乗車約40分
「二荒山神社前」バス停下車徒歩約1分
主祭神:二荒山大神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の総称)
中宮祠創建:延暦3年(784年)
http://www.futarasan.jp/


【にほんブログ村】

山形県山形市『専称寺』本堂にある左甚五郎作と言われる力士像。

image

専称寺本堂の四隅に左甚五郎作と伝わる「夜泣き力士」像があると知り、ランチの後で立ち寄って参りました。

ここは最上義光の娘で、悲劇で知られる東国一の美少女「駒姫」の菩提寺です。

駒姫は、その類いまれな美しさから父母に溺愛されて育ったという。
時の関白・豊臣秀次は、東国一の美少女と名高かった駒姫の噂を聞き、側室に差し出すよう義光に迫った。義光は断ったが度重なる要求に折れ、15歳になったら娘を山形から京へと嫁がせると約束する羽目に陥る。

文禄4年(1595年)、駒姫は京に到着し、最上屋敷で長旅の疲れを癒していたところ、7月15日、秀次は豊臣秀吉の命により高野山で切腹させられた。
そして駒姫も8月2日に他の秀次の側室達と共に、三条河原に引き立てられ11番目に処刑された。
まだ実質的な側室になる前だったと言われている。

父の義光が必死で助命嘆願に廻り、各方面からも処刑せぬようにと声があがった。秀吉もついにこれを無視できなくなり「鎌倉で尼にするように」と早馬を処刑場に派遣した。
しかしあと一町の差で間に合わなかった。享年15。

遺体は遺族が引き渡しを願ったが許されず、その場で掘られた穴に投げ込まれ、さらにその上に「畜生塚」と刻まれた碑が置かれた。
娘の死を聞いた母の大崎夫人も、処刑の14日後の8月16日に亡くなった。娘の跡を追った可能性は高いとされている。

この悲劇がのちに義光が関ヶ原の戦いで東軍に属する伏線になったとする指摘もある。

image
駒姫の墓とされているところ。ただし、墓石はかなり新しい。

駒姫の死の翌年、義光は高擶で布教中の真宗僧乗慶に帰依、専称寺を山形城下に移し、駒姫と大崎夫人の菩提寺とした。


本堂は元禄16年(1703年)の建立。

江戸時代中期の木造建築物としては東北第一とされています。

image
駐車場側から見た本堂。

書院・庫裏・鐘楼は慶長年間(1596年~1615年)の建築。

梵鐘と鐘楼は山形県の指定文化財となっているそうですが、見学はしませんでした。

また、山門を入り右側にあるイチョウの巨樹は、別名「雪降り銀杏」と呼ばれ、根回りが7.5mあるのだとか。

山形市の天然記念物に指定されている立派なものですが、これまた写真は撮りませんでした。(檀家さんたちのお墓が写るため)

image
懸魚や蟇股はかなり立派。

image
本堂正面。
本堂は市の指定文化財です。


image
本堂正面の木鼻には獏? 象? のかなり立派な彫刻があります。

image
耳が垂れているから、象なんだろうなぁ。

image
左甚五郎作だと言われている力士像。駐車場側。

image
こちらは本堂向かって左側の力士像だったと思う。

image
本堂向かって右側の力士像だったかな?

image
見る向きを変えると様子も変わります。
これらの力士たちは毎夜夜泣きするという伝承があるそうな。
屋根が重くて辛いらしい。

image
サクッと書かれた説明書き。

image
実なのか枯れ葉なのか分かりませんが、興味深い樹木でした。

かなり立派なお寺で、檀家さんも多そうです。

それにしてもこの辺りでは墓石は黒御影石(←たぶん)が人気なのかな。

墓石の色が黒で統一(と言ってもいいほど)揃っているのが印象的でした。

本堂外周の彫刻がこれほど立派だということは、

堂内はさぞかし、と推察されます。

見学はできないんですけどね。



image
【専称寺(せんしょうじ)】

山形県山形市緑町3丁目7-67
山号:最上山
宗旨:浄土真宗,宗派:真宗大谷派
本尊:阿弥陀如来
創建年:1483年(文明15年)
開基:願正坊(本願寺第8世蓮如の高弟)
正式名:最上山専称寺


【にほんブログ村】

群馬県富岡市『一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)』の天然記念物と御朱印。

一之宮貫前神社




一之宮貫前神社の境内には、御神木の他に天然記念物の巨樹があります。



先ずは、本殿裏の林にあるのが、大杉(藤太杉)と呼ばれる御神木。



樹齢1200年になるそうです。



一之宮貫前神社
[拝殿裏側]

一之宮貫前神社
鬱蒼とした林が急斜面下に広がっています。

一之宮貫前神社
その中にそびえ立つ、葉の無い巨木。

一之宮貫前神社
根元近くにしめ縄が張られています。
ロープが張って在り、下までは降りることが出来なくなっています。


一之宮貫前神社
真下から見上げればかなり迫力があるのだろうと思える幹。

一之宮貫前神社
でも根元は意外とスレンダー。




岩手県気仙郡三陸町の越喜来の杉(大王杉)は樹齢7000年とか言うし、



千年杉ぐらいだと、まだまだひよっこなのかもしれんが、



これはこれでスゴイですね。(葉は無いけど)



さて、他に天然記念物に指定されているのは、



仮殿が置かれている手前にあるスタジイとイチョウです。



そのうち、スタジイの迫力が半端なく、



ワタクシが見たスタジイをランク付けすれば、一位に躍り出た巨樹でございます。



一之宮貫前神社
樹齢1000年のスタジイ。
樹高15m、根回り4m。


一之宮貫前神社

一之宮貫前神社
数本の枝幹が成長して重なり合っています。

一之宮貫前神社
精霊とか居そう・・・。

一之宮貫前神社
その反対側にあるのがイチョウ。
富岡の名木10選の1つです。


一之宮貫前神社
葉が生い茂ったら見応えがありそうな樹ですね。




富山県高岡市の勝興寺(しょうこうじ)のイチョウが凄かったので、



上のイチョウを見ても、ふむふむ、と納得する程度になっちゃいました。



ごめんね、イチョウ。



一之宮貫前神社
拝殿左側にある梅の木。
とてもほっそりとした幹ですが花はたっぷりと咲いています。


一之宮貫前神社
梅の木の横から本殿を見てみる。
良い感じです。


一之宮貫前神社
でも、花の見頃は過ぎているかな。

一之宮貫前神社
境内にわんさか生えている杉。

一之宮貫前神社
花粉の飛散も凄く、タブレットが花粉塗れになりました。
へっくしょん!




さて、預けてからだいぶと時間が経過した御朱印帳を取りに行かねば。



ちなみに、式年遷宮のこの時期は特別な御朱印でして、



納める金額も500円となっています。



一之宮貫前神社
御朱印を受け渡しするところには何も置いていなくてひっそりとした感じ。

御朱印
こちらが本日頂いた御朱印です。
右下の印が、式年遷宮の記念のもの。




一之宮貫前神社
【一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)】

群馬県富岡市一ノ宮1535
主祭神:経津主命(ふつぬしのかみ)、姫大神(ひめがみ)
創建:(伝)安閑天皇元年(531年頃)



【にほんブログ村】

静岡県熱海市『来宮神社(きのみやじんじゃ)』の清涼感に感激して帰宅後調べたら、どうやらパワースポットだったらしい。

来宮神社01
[来宮神社(きのみやじんじゃ)]
 静岡県熱海市西山町43-1
創建:伝和銅3年(710年)
主祭神:大己貴命、五十猛命、日本武尊


今回熱海に行くにあたり、とても行きたいような気分になったので、

「来宮神社」に行って参りました。

事前情報収集はほぼ皆無に等しい状態で、

ここに天然記念物の大楠があることぐらいしか知りませんでした。

行くと、大変人気のある神社だったようで、

老若男女、たくさんの人で賑わっていました。

さて、境内に入ると、すさまじく清涼な空気が流れており、

澱んでいた自分の「気」が一瞬で一掃された感じがしました。

ワタクシがそう感じたのは入り口に程近い第二大楠の付近。

こう描写するとイタイ人っぽいですが、

正直、感動で泣きそうになりました。

でも、皆様のお目当ては境内奥左手にある天然記念物の大楠のようです。

ここも結構凄いのだけれど、個人的には第二大楠が好きかも。

境内のそばを流れる糸川が邪悪なものを流してくれると言われているようです。

来宮神社
境内は普通の神社の趣きです。

来宮神社 
懸魚(げぎょ)が独特。

来宮神社17
境内奥にある大楠に関する説明書き。

来宮神社16
これを1周すると寿命が1年延びるとか、願い事が叶うなどと言われています。
不老長寿・無病息災のご利益があるとか。


来宮神社
周囲を廻る人々。

来宮神社
「阿豆佐和気神社の大クス(あずさわけじんじゃのおおくす)」という天然記念物指定名称。
「阿豆佐和気神社」と冠せられているのは、それが指定当時の社名であったため。


来宮神社14
樹に手を当てて願い事をしている年配者もいました。

来宮神社13
来宮神社12
来宮神社11

来宮神社
大楠の上の方は、葉が生い茂っていて、ばりばり元気そう。

来宮神社08
俯瞰で見たらどんな樹なんだろう?
下から見上げるしかないので、ふと、そう思いました。


来宮神社
入り口付近の第二大楠にも行ってみる。

来宮神社
幹の中身が落雷によってほとんどなくなっているそうです。

来宮神社04
この裏側にお稲荷さんがあるので、そちら側には廻らなかったワタクシ。

来宮神社
ゆえに、こちら側からの写真をひたすら貼ってみる。

来宮神社03
木肌もめっちゃ気持ちいい感じ。

来宮神社
樹に寄生している草の気持ちが分からなくもない感じ。

来宮神社
こちらはお守りなどを販売している建物横にある樹。
三又になっていて、なんだかとても可愛いと思ってしまいました。
こちらも触ると気持ちいい。


来宮神社07
[来宮神社お休み処]
静岡県熱海市西山町43-1 来宮神社内


来宮神社
境内でのんびりしたい時に便利です。

来宮神社
メニューはこんな感じ。

来宮神社
[甘酒のスムージー]
普段は苦手で全く甘酒を飲まないワタクシですが、珍しいので試してみることに。
これが、なかなかサッパリしていて美味しいのです。
夏場や、少し暖かい日におススメです。


いろいろとラッキー尽くしの熱海小旅行でしたが、

来宮神社にめぐり会えて、スペシャルにラッキーだと思います。

今回は特に、“呼ばれた”感がありますが、

健康に関するパワースポットということで、

今の自分にはとても合っている場所だと感じました。

次回は、呼ばれずとも行こうと思います。



【来宮(きのみや)神社】
熱海市西山町43-1
熱海駅より「西山」方面行きバスにて約10分→「来宮神社前」下車


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。