sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

天丼

【GW】茨城県土浦市『ほたて(保立食堂)』という土浦最古の飲食店。

image

1869年(明治2年)創業の天ぷら店『ほたて』。

予科練指定食堂の一つでして『保立食堂』の名で知られています。

予科練生は指定食堂以外での食事は禁止されていたそうです。

情報漏洩対策なんでしょうね。

建物は当時のままだそうで、空襲でも残ったっぽい。←裏はとれていません

食堂2階の座敷は、家族との面会場所になっていたのだとか。

配給制で食材の乏しい時代に出来る限り良いものを安く食べさせようと、

お店の方は苦心惨憺されたそうです。

image
国道125号線沿いにある店。

image
旧水戸街道沿いにも位置します。

image
なぞのプランターと札。
白いのがサルビアおじさんかな?
アランジアロンゾ風なキャラクターをイメージしていたら・・・


image
下の赤いのがサルビアおじさんだそうです。予想外。
(クリックで拡大)


image
さて、気を取り直して入店します。

image
メニューはこんな感じ。

image
着席し、「天丼ください」と言ったら並天丼が出てきました。
870円(税込)です。安い。


image
蓋を開けたら、味の濃そうなたれがかかった天丼がお目見え。

image
小柱が入ったかき揚げがあり、これでこの値段はリーズナブル過ぎる。

image
左から二番目の札にある「あら汁」は、
セットになっているこのお味噌汁のことかしら?
(クリックで拡大)


image
豆腐の味噌汁だと思いきや、アラ入りでした。
がっつり魚風味です。
お漬物が異様に美味しかった。


image
店舗前にある遺構の説明のようです。

image
橋があったんですねぇ。ってことは川があったわけで。
それはまた物流的に有利で良いロケーションだったんでしょうね。


image
お勝手口かと思いきや、看板がかかっていました。
左は朽ちているけど土蔵っぽい。

予科練生が出入りしていたんだなぁと空想しながら天丼を頂きました。

味は濃いめ。ってか濃いぃぃぃぃぃです。

油の香りがB級感を醸し出していますが、不思議と軽く、胃もたれしません。

お米は独特の食感。

レジ前の袋を見たら、茨城米と書かれてありました。

米粒が小さい気がしたのだけれど、気のせいかな。

上天丼との差が分かりませんが、並でもじゅうぶん満足できます。

ランチタイムからは外れた時間だったにもかかわらず、

人気店のようで、ほぼ満席でした。

土浦を追放することがあれば、また来ちゃうかもな。


保立食堂
【ほたて(保立食堂)】

茨城県土浦市中央1-2-13
営業時間[月火]11:00~19:00,[水]11:00~14:00,[木~日・祝]11:00~19:00
定休日:不定


【にほんブログ村】

静岡県静岡市『天廣』の天ぷら定食1,300円(税込)のコスパが良すぎて驚き。

天廣


本日は、青春18きっぷの最後の一回分で、静岡市にやって参りました。

目的は静岡浅間神社で重要文化財の社殿群を見まくること。

その後、ランチを摂るため、新静岡駅近くにある『天廣』にやって参りました。

なんだか静岡市は天ぷら屋さんが多い気がするんですよね。

徳川家康が好んで食べていたからなのかもと推察しているところですが、

実際はどうなんですかね?


天廣
メニューを見て、ちょっと迷ったものの、
サービスメニューから以下のものを選択しました。


天廣
[天ぷら定食 1,300円(税込)]

天廣
天ぷらは揚げたてが供されます。
ランチにエビが二つも付くという豪華さ。
塩は普通、カレー塩、抹茶塩の3種あり、
どれを付けて食べても美味しかったです。
もちろん、つゆもあります。

天廣
白身魚、ししとう、タラの芽。

天廣
最後のかき揚げは、そのままor天丼のどちらかを選べます。

天廣
お茶碗にご飯をちょい追加してもらった上に、
かき揚げを乗せて貰いました。
かき揚げには玉ねぎやエビなどが入っています。
甘辛いタレが程よくかかっていて、
軽いので胃にもたれず、大変満足致しました。



ものすごくコスパが良いランチだと思います。

どうやら人気店らしく、お店を出たら外に行列ができていました。

うん、納得。

揚げたての天ぷらを気軽に安価で頂けるなんて、

すごく得した気分です。

次回のランチもここに来たいかも。

それにしても店名のヨミは「てんこう」なのか「てんひろ」なのか、

はたまた別のヨミなのか、いまだにわかっていないワタクシです。




天廣
【天廣】

静岡県静岡市葵区伝馬町9-3
営業時間 [昼]11:30~13:30 , [夜]17:00~20:00
定休日:水曜


【にほんブログ村】

江東区常盤『割烹 みや古』は大正13年創業の“深川めし”の老舗店なんだとか。

割烹 みや古



本日は通院day。


病院を出てから大江戸線に乗って森下駅までやって参りました。


そこから歩いて5分程度のところにある『割烹 みや古』で昼食を頂くことにしました。


大正13年(1924年)創業の「本家深川めし」と名乗る同店では、


深川めしを食べるのが一番良いのでしょうが、


それほど貝が得意ではないワタクシは、


ついつい日和って別のものを注文してしまいました。


割烹 みや古
皆さん「深川めしセット」を注文されているっぽいです。

割烹 みや古
でも、「天丼」が平日ランチと赤字で書いてある。
平日に来ることはもう無いだろうと考えて、天丼を注文しました。
※メニューは外税表記です


割烹 みや古
天丼は少々時間が掛かるみたい。
ぼんやりと店内を見ていると、お品書きに気になるものを発見しました。


割烹 みや古
穴子玉子とじ、ですって。値段は1,800円!
これは夜に頂きたくなるメニューですね。



平日の、ランチにしては遅い時間だったので、店内はとても空いていました。


と思ったら、続々とお客さんがやって来る。


この時間帯は、女性率が高いみたいですね。


割烹 みや古
来ました、天丼。
1,620円(税込)。


割烹 みや古
かなりたっぷりツユがかかった天丼です。

割烹 みや古
味は濃いめ。油の香りが下町風って感じです。

割烹 みや古
お吸い物には麩がたっぷり浮いていました。



これは是非、夜に来てみたい。


日本酒をちびちびやりつつ、江戸を感じる料理を頂いてみたい。


ただし、ワタクシの周囲の人々にはオススメし難い立地ではあります。


ゆえに誘う人を選ばねばならんお店だろうなぁとは感じました。


ふぐヒレ酒があるみたいなので、


大江戸線沿線住まいのSさんに、そこ推しで誘ってみようかなぁ。


ちなみに天丼と深川めしセットは同額でした。


割烹 みや古




割烹 みや古
【割烹 みや古】

東京都江東区常盤2-7-1
営業時間11:30~14:00 , 16:30~20:00
定休日:月曜(祝日の場合は営業することもあり)
支払い方法:カード不可


【にほんブログ村】

日本橋人形町『よし梅 人形町本店』でランチに天丼御膳1,900円(税込)を食す。

image
ワタクシが入りたいと思い続けていた人形町にある昭和2年創業の老舗割烹料理店。

image
魅力的なメニューの数々。
人形町にしてはお高いですが、老舗の確かな味がこの値段で食べられると思えばね。
なにしろ平日しか開いていないお店ですし。


image
奥まったところにある引き戸を開けると・・・。


お江戸名物・ねぎま鍋。

未だ食べたことのないワタクシですが、『よし梅』では夜に食べられるそうです。

そんな有名店に本日ランチ時にやって参りました。

やっとこ食べられる平日ランチ。

じわじわとテンションが上がります。

本日は通院dayだったもんで、オフィスのランチタイムから外れた時間に入店。

簡単に空いた席に座ることが出来ました。


image
メニューはチラ見で即、天丼を頼んだワタクシ。
[天丼御膳 1,900円(税込)]
蜆味噌汁、エビの茶碗蒸し、水菜などが入った胡麻和え、香の物が付いていました。


image
カウンターの向こうで揚げているので、
ああ、あの油がパチパチ爆ぜる音はワタクシのためなのねー
という気分が味わえます。
海老2匹、穴子、鱚?、しし唐、蓮根が入っていました。
タレは甘くてワタクシ好み。


天丼モードで入店したため、脇目も振らずに天丼を注文しましたが、

よく考えれば、ゆっくり時間をかけて食べる幕の内弁当にすれば良かったかも・・・。

若干悔やまれますが、まあ、天丼は美味しかったし、

次回リベンジしたいと思います。

それはそうと、一人ランチって、『孤独のグルメ』感がありますね。

ちょっと主人公気分で、脳内独り言を言い続けてみたり。



image
【よし梅 人形町本店】

東京都中央区日本橋人形町1-18-3
営業時間 11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:土曜、日曜、祝日


【にほんブログ村】

銀座4丁目『てんぷら 阿部』のランチかき揚丼が激しく好みで美味でした。

image
[平日サービス ランチかき揚丼 1,000円(税込)]
味噌汁、香の物付き
※上に乗っている黄色いのは卵です←これが美味しい




ランチ時、酒豪Mに「がっつりと美味しいものが食べたい」と呟いたら、



こちらのお店に連れてきてくれました。



ビルの地下一階にある小さな天ぷらのお店です。



ビルの一階が鰻店。



激しい誘惑に耐えつつ、地下に降ります。



それなりに早い時間だったのに、既にカウンター席は満席。



人気店なんですな。



我々が席に着いた後にも、次ぎ次ぎに人が入ってきます。



オヒトリサマ率が高いみたい。



ちょっと迷って、かき揚丼を注文。



平日“限定”であるのならば、ここはやっぱり頼むべきでしょー



意外と早く出て来た丼のフタを開けたら、一番上に乗っているのは半熟卵。



期待感が高まります。



かき揚の中にはサイコロ状に切られたサツマイモやタマネギなどの野菜がゴロゴロ入り、



甘辛いタレが丁度良い感じでかかっています。



濃いめのタレですが、後味はさっぱり。



これはハマルかも~



昭和時代生まれなもんで、半熟卵は最後まで取っておくワタクシ。



最後に口に頬張れば、口の中でトロリと広がる黄身の味。



至福ですにゃ~



良いお店を教えて貰いましたわ。



一階の鰻店はよく来ますが、地下にも美味なるものがあったんですね。



至極満足なランチタイムでした。



美味なるものは正義ですじゃ。



そんな感じでオススメです。



image
てんぷら 阿部
東京都中央区銀座4-3-7 スバルビルB1F
ランチ 月~金 11:30~14:00 (土・日・祝 11:30~15:00)
ディナー 17:00~21:00
定休日:無


【にほんブログ村】

銀座8丁目『天あさ』のランチで天あさ天丼を。

天あさ
[天あさ天丼 2,400円(税別)]
丼には、活才巻海老2、魚介2、野菜4が乗っています。
他に、きざみ野菜のサラダ、しじみの味噌汁、香の物も付きます。

天あさ
活才巻海老、きす、あなご、タラの芽、まいたけ、伏見とうがらし(?)、さつまいも、などが入っていました。




かなり美味しいものが食べたくなって、



酒豪Mと、超久しぶりに『天あさ』に行って参りました。



銀座界隈の天ぷら料理店では、ここが一番好きなワタクシ。



「穴子天丼」を食べたかったのですが、



あれは土曜日限定のメニューのようですね。



残念。



しかも、ぐるなびを見たら、1,000円(税別)で供されているようで、



残念感が倍増しました。



休日出勤の時に、是非食べようと思います。



それにしても、「天あさ天丼」はかなり美味しかったです。



吟味した食材を丁寧に下ごしらえして、丹精込めて揚げた天ぷらは、



サクサク感と、軽い食後感が絶妙で、



これぞ日本食って感じです。



嗚呼、日本に生まれて良かった~



と思った、至福のランチタイムでした。




【にほんブログ村】

銀座5丁目『あなご・燗酒 はかりめ』のあなご天丼が意外にボリューミーでした。

あなご天丼
[あなご天丼(野菜天付) 1,050円]
香の物・味噌汁付き




穴子が無性に食べたくなったので、



今日のランチは定休日が年末年始のみの『はかりめ』にすることにしました。



当初は穴子丼を頼もうと思っていたのですが、



千葉県民Tが天丼を食べると仰るもんで、つい、便乗してしまいました。



天丼、久々です。



和室の個室なもんで、お料理が来るまで、まったりしまくる我々。



なんだか仕事を放置して帰りたくなりますねぇ。



っつーか、ここでゴローンと寝転がってグウグウ眠りたい感じ。



食っちゃぁ、寝ぇ、って相当贅沢な時間の使い方なんだなぁとシミジミ思ってみたり。



さて、天丼。



穴子天丼の割にはリーズナブル。



でもそれなりにウマし。



願わくば、もう少しタレが掛かっていると嬉しいかなぁ。



お腹一杯になったので、午後は睡魔と闘いつつ、



三時の珈琲を夢見て頑張ろうと思います。




  


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂『御座敷天婦羅 天孝(てんこう)』の天麩羅御飯。

天孝
[入口脇にあるメニュー]
これを見たら天丼を選びますよねぇ、普通。
しかし、母が一緒となると・・・


天孝
つゆで食べるか、塩で食べるかが味の分かれ目かと。

天孝
[えび]

天孝
[アスパラガス]

天孝
[きす]

天孝
[銀杏、ふきのとう、穴子]
ふきのとうが美味しいと感じたら中年越えだと思う。


天孝
御飯はミニかき揚丼と白飯+かき揚から選択できます。
勿論、どんぶりを選択。


天孝
小海老のかき揚。
出汁はかなり甘め、白米は柔らかめです。


天孝
[アサリ(大きめ)のお味噌汁]
しっかりした味のお出汁。


天孝
[香の物3種]
既に醤油がチラリと掛かっています。


天孝
[練乳がけのイチゴ]
久々に“練乳がけイチゴ”を見た気がする。


天孝
天丼ついでに、天井がとってもオシャレ。布張りかな。


午前中はマンション関係の用事があり、

それが終わったので神楽坂でランチを摂ることにしました。

今日は母が一緒なので、長年の野望であった御座敷天麩羅の名店『天孝』を選択。

入口で、“あ、天丼ならお手頃価格じゃん”と思って引き戸に手を掛けたら、

「あなた、まさか天丼なんかにしようと思っていないわよね」

と背後から低めの声を投げつけてくる母。

え!? ってことは!?

「勿論、コースに決まってるでしょ!!」

とキッパリと言われたもので、

「だって高いじゃん」と抵抗したら、

「私が出すわよ」と、二人で諭吉価格のコースをご馳走してくれました。

すげぇ~

おかげさまで、天丼より長くゆったりと食事を頂くことができました。

カウンター席だったので、目の前で大将が揚げて供してくれます。

ワタクシは、半分つゆで、半分塩で、一つのものを半分にして食しました。

一番印象に残ったのは、ふきのとう。

ほんのりとした苦味がとても美味しく感じました。

でも、やっぱり穴子が一番好きだな。

塩で食べると、穴子の味がしっかりと鼻腔を走り抜けて美味。

ここで穴子の天丼を食べてみたいなぁと思いました。

って、メニューに無いかもしれないけど。

穴子はともかく、次回は一人で天丼を食べに来るぜ。

新たな野望を抱いたワタクシと、

次回もそんなことは考えもしないであろう母は、

大将たちに丁寧に見送られつつお店を後にしたのでした。




天孝
【天孝 (てんこう)】
東京都新宿区神楽坂3-1
[月~土] 11:30~14:00(ランチ営業) 17:00~21:30
http://kagurazaka-tenko.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。