sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

大阪

ものごっつい久々に里帰っております。

image
JR大阪駅からぴちょんくんが見えた。




母と大阪に帰って参りました。



日曜日に京都の吟行に参加するためというのが理由でして、



ワタクシ的には、ものごっつい久しぶりの帰阪になります。。



JR大阪駅もいろいろ変わっていて、久しぶり感がマシマシになりました。



今まで無かった気がしたのが、ダイキン工業の看板。



「大(だい)ぴちょんくん」という名前が付いているそうですね。



大阪・梅田のシログチビル屋上に設置された巨大看板で、



昨年の3月16日から点灯しているそうです。



そうかー、ワタクシの帰阪ってそれぐらいぶりだったんですねぇ。



ちなみにこの看板、電光掲示板になっているようで、



ぴちょんくんの表情や、下を流れるメッセージが変化します。



image
笑顔になるだけでなく、色も変わるようです。




ぴちょんくんの色は9色あり、それぞれで大阪・梅田の空気感を表すのだとか。



ちなみに写真のみ水色は「るんるんブルー」という色で、快適であるということのようです。



暑いのは「じりじりレッド」になるらしいのですが、この時期には帰って来たくないわぁ。



何はともあれ、明日は奈良に向かいます。




【にほんブログ村】

阪急うめだ本店『妻家房(さいかぼう)』でまたまたまた石焼ビビンバを食す。

妻家房
[チヂミ・石焼ビビンバセット 1,450円]

妻家房
[チャプチェ]
母が必ず食べるものです。




今月は何度『妻家房』でランチを食していることか。



銀座界隈には多いんですよね、『妻家房』。



蕎麦アレルギーなので冷麺は食べられません。



ゆえに毎度食べるのはビビンバ。



絶対蕎麦が入らんだろうと思うからです。



本日は、父の病院に付き合い、



その後、出勤した父と別行動で母と梅田阪急に向かいました。



ノープランだったもんで、阪急をぶらぶら。



学生時代は阪急神戸線ユーザーだったもんで、



未だに阪急百貨店は大好きです。



郷愁っつーか。



まあ、そんなこんなでデパート上でランチをば。



それほど選択肢が無かったもんで、韓国料理をチョイスしました。



リーズナブルだし。



まあ、メニューは同じだから、特にコメントは無いわな。



前回、真黒田さんと有楽町の同店で食べたときは残したけれど、



今日は完食できました。



その後、実は、学生時代に通い倒した『ミルクの旅』に行きたかったのだけれど、



母が疲れていたみたいだったので、流れました。



次回リベンジしようと思います。






【にほんブログ村】

高島屋大阪店2階『DAMMANN Lumiere (ダマン・リュミエール)』のパンケーキがウマウマでした。

DAMMANN
[エスプーマを使った“ふっくらパンケーキ” 1,365円]
エスプーマなるものが何かは分かりませんが、
3種類のコンフィチュールが添えてありました。
&蜂蜜とラズベリーソースも。


DAMMANN
[Earl Grey Yin Zhen(アール グレイ インゼン)]
中国紅茶に柑橘系ベルガモットで爽やかな香りづけをし、
シルバーティッピーを加え、上品な味に仕上げたそうな。
それはともかく、このアールグレイという紅茶名のおかげで、
世界一有名な伯爵名はグレイさんなのではないかと思っているワタクシです。


DAMMANN
季節限定メニューもありました。
今は柿なんですな。




大阪の某所に行った帰りに、難波でお茶をして参りました。



デパートならば確実にあるだろうということで、髙島屋を選択。



中でも、待ち時間はあれども、メニューが充実していそうだったので、



『DAMMANN Lumiere (ダマン・リュミエール)』に致しました。



初めて入ったよ。



紅茶の種類が多くて悩むものの、



セットにすると選択肢が狭まって、チョイスが容易になります。



写真の紅茶も、パンケーキを美味しく頂くためのセレクトがなされているのか、



指定の4つの紅茶の中から選んでおります。



サッパリして、美味しゅうございました。



ってか、パンケーキがウマウマでした。



そりゃ、ブームになるわなぁ。



東京に帰ったら、自分でも焼いてみようかな。




【にほんブログ村】

大阪市北区ホテルグランヴィア大阪『中國料理 北京』のくつろぎランチコース。

中国料理 北京
[冷菜盛合せ]

中国料理 北京
[ふかひれスープ]

中国料理 北京
[小海老の50年継承の北京ソース]

中国料理 北京
[帆立貝柱とブロッコリーの塩味炒め]

中国料理 北京
[牛肉と青菜の炒め]

中国料理 北京
[イカ団子のフライ 甘酢ソース]

中国料理 北京
[本日のチャーハン]

中国料理 北京
[なめらか杏仁豆腐]




今日のランチは、ホテルグランヴィアにある中國料理店『北京』。



中華のコース料理は一人では味わえませんもんねぇ。



写真でメニューを見たら青椒肉絲っぽいものが見えたのでこのメニューにしましたが、



結局は青椒肉絲は出てきませんでした。



まあ、美味しかったし満足したので良いのですが、



九州で青椒肉絲定食とか見ちゃったらお店に入っちゃうかも。





【にほんブログ村】

大阪市中央区難波『スイスホテル南海大阪 シュン』の創作串揚げセットランチ。

アミューズ
[ブロッコリー(アスパラガスだったかも)とベーコンの冷製スープ]

岩塩
かなり岩塩に拘っているお店っぽい。
食べ終わった後に余ったお塩のセカンドステージ気になったり。


スティックサラダ
[スティックサラダ]
野菜が高いから、今のワタクシにはものすごく高級品に見える。


活車海老
[活車海老]

野菜四種
[野菜四種]
オクラと南瓜と枝豆と牛蒡だったような気がする。


魚
鰺かキスだったかの串揚げに鰹節をまぶしたもの。
味はしっかり付いていたのでこのままで頂きました。


ハンバーグとズッキーニ
[ハンバーグとズッキーニを揚げたもののチーズ乗せ]
ハンバーグ大好き星人としてはこれはヒットでした。


胡麻豆腐
[胡麻豆腐]
火傷!!危険!!って感じの食べ物です。


牛ヒレ
[牛ヒレ]
オーソドックスにソースで頂きます。


ホタテベーコン巻
[ホタテのベーコン巻とビシソワース]
「浸けてお召し上がり下さい」と言われましたが、個人的には個々で食べる方が良いです。


マッシュルーム(兵庫産)
[兵庫県産マッシュルーム]
巨大ゆえ、マッシュルームの風味と食感がたっぷり味わえます。


コーン
なんだか名のある[コーン]らしい。

バジルとドライトマト
[バジルとドライトマト]

アスパラガス
[アスパラガス]
衣が剥がれた時に見たら、アスパラガスに細かく包丁が入れられていました。
手間ヒマかかっておりますなぁ。


チーズ入りポテト
[チーズ入りマッシュポテト]
チーズ味がはんぱないです。


霧島黒豚
[霧島黒豚]
これも普通にソースで食べました。


鰻玉子巻き
[鰻を薄焼き玉子で巻いたもの]

鰻玉子巻き
牛蒡などが入っています。
これはワタクシにとってデザートと言っても良いメニュー。


シャンパンシャーベット
[シャンパンシャーベットの赤ワインシロップがけ]
口がサッパリしますが、知覚過敏だとちょっと厳しいデザートかもね。




父の病院に行く前に、わざわざスイスホテルに立ち寄ってランチを致しました。



母のおごりで。



「レ シュン」というコースで、ランチでは一番お高いもの。



大阪といえば串揚げですが、ここのは創作と謳っているだけに、



アーティスティックな感じがします。



ゆっくり一つずつ出てくるから、気が付いたらかなり食べていたって感じ。



かなり満腹になりました。



写真にはありませんが、これにスティック状のパンと、



デザートにあわせて紅茶か珈琲が付いていました。



珈琲はちょっと苦かった。



ここの串揚げを始めて食べて大阪の串揚げを語ることなかれな感じだけれど、



ちょっと小洒落た感のあるお店でゆったりランチを食べたい時にはGOODかも。



って、ランチにしてもお高いんだけどね。





【にほんブログ村】

有楽町『大阪百貨店』にて北極のアイスキャンデーを食べて郷愁に浸ってみた。

北極
昭和20年の創業の「北極」のアイスキャンデー。
今は一本120円もするんですね~
昔はセロファンみたいなものが胴囲に巻かれているだけのラッピングでした。
あれを捲るのが北極のアイスキャンデーを食べる第一歩でワクワクしたものです。
このアイスの棒は、一本一本位置を調節しながら、手作業で斜めに刺しているそうですよ。


アイスキャンデー
王道は「あずき」。
千葉県民T曰く、「おしるこを固めたって感じですね」。
うん、確かにそんな感じ。言い得てますな。




大阪、なんば戎橋筋の「北極」は、アイスキャンデーが有名です。



ワタクシが子供の頃は、



父が会社帰りに時々大量に買って来てくれました。



当時は、「みるく」が我家の子供達での一番人気で、



最下位は「パイナップル」。



いつも最後まで冷凍庫に残っていました。



食べると歯がキシキシするんですよね。



正しくは、「パイン」だったかも。



他に、「ココア」「イチゴ」があり、



今は「抹茶」「さつまいも」「オレンジ」などの味もあるらしい。



我家の大人の一番人気は「あずき」で、



大人になったら食べられるものなのだとボンヤリ思っていた子供時代のワタクシ。



そんな「あずき」を本日、有楽町の『大阪百貨店』で千葉県民Tにご馳走になりました。



ごっつい懐かしかったし、久々に食べても美味しかったです。



時々食べたい気もするけれど、



昔を知っているだけに、一本120円は、やっぱり高いなぁ~





  


【にほんブログ村】

なんばダイニングメゾン『妻家房』でチヂミ・石焼ビビンバセットを食べて来た。

オレンジジュース
[つぶつぶオレンジジュース(単品だと350円)]
髙島屋カード提示の特典なんですって。


ビビンパ
[石焼ビビンバ]
ちょっと小ぶりなので石鍋に当たる率が高くておこげが沢山出来ていました。


チヂミ
[チヂミ]
これが猛烈に食べたかったんですの。


ビビンパセット
[石焼ビビンバ・チヂミセット]
このボリュームだと食べやすくて良いですねぇ。




午後2時過ぎ。



空腹感を覚えたもんで、母に連れられてランチに行って来ました。



妻家房に。



銀座の方が量が多くて高いイメージでしたが、



一緒でした。



おかしいなぁ~。



今日は歩いたからお腹が空いていたのかなぁ。



ってなことで、年末年始のメニューとは程遠い石焼ビビンパで今年の外食を締めくくってみたり。



今日のランチは母に丸ッとご馳走になりました。



尚更美味しく感じてみたり。



(* ̄∇ ̄*)エヘヘ












携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】

道頓堀店『神坐』のおいしいラーメンを久々に食べた。

神坐
【チャーシューそぼろ丼】
はじめて食べたけど旨ーしっ!!

神坐おいしいラーメン
【おしいしラーメン(単品だと600円)】
ニラは後載せ。ワタクシはニラ好きゆえ多めにオン。

神坐メニュー
【メニュー】
今日ワタクシが選んだのは数量限定のチャーシューそぼろ丼セット850円也。




宗右衛門町に用事があり、母と向かっている途中で、



「ランチに神坐のラーメンが食べたいっ!!」



と駄々を捏ねてみました。



「えっ!?」



と驚いたものの、



「いいわよ」



と言う母と共に、千日前店へ。



しかし、千日前店はダダ混みでした。



結構時間がかかりそう~。



確か奥にも小さな店舗があった記憶が・・・。



と思って奥の路地覗いてみると、道頓堀店には列ができていませんでした。



開店当初わずか4坪9席だったこの道頓堀店が『神坐』発祥の地。



ワタクシが大学生の頃に友人と足しげく通った場所でした。



それが今や新宿にチャングンソクを呼ぶほどの有名店になるとはなぁ。



(ってか、チャングンソクって、中黒入れてチャン・グンソクってのが正しいのかしら?)



久々に食べた「おいしいラーメン」は、郷愁の味で美味しゅうございました。



塩辛いかなぁ・・・と感じたのは、ワタクシが若者で無くなった証拠かと思われ。



その後、水分を取り捲ったのは言うまでも無い。



チャーシューそぼろ丼、旨かった~。



個人的には、温泉たまごが不要だが。



それはそうと、蕎麦アレルギーのワタクシにとっては、年越しラーメンってことになるのかな。








携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】

鶴橋はディープな街だった。

案内板
【案内板】
結構広くてこまごまとお店があるので飽きませんな。

鶴橋
若い娘さんが一人でチヂミを食べていたり

ピリ辛のり
これを買う為“だけ”に鶴橋下車。
ピリ辛海苔 多分680円/袋(意外に高い)




鶴橋におります。



鶴橋と云えばパッチギ!のイメージ。



あの映画は結構インパクト大で、もう一度見たいと思っています。



Twitter有名人・高岡蒼甫は、未だにあの役のイメージだもん。



それはそうと、久々に歩く鶴橋の商店街は何だかとってもパワフルで、東京の友人を連れて来たいと思うある種のパワースポットでした。



元気だよね~、鶴橋マダム達って。



さて。これから天王寺に向かいますが、目的は特に無し。



天王寺って動物園以外に何かあったっけ?












携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】続きを読む

秘密のケンミンSHOWで大阪を取り上げられると“質問+(笑)”が増える。

大阪府民はモロゾフのプリンが大好きで全国の売り上げ1位なんだそうです。



耐熱性が強くて頑丈なその容器を捨てずあらゆることに再利用しているのも大阪府民の特徴なんだとか。



そう、秘密のケンミンSHOWでやっていたらしく、イキナリ真黒田さんに



「そうなの?」



と訊かれました。



「え? こういうこと?」



と言って、クリップが入っているモロゾフのプリン容器を持ち上げるワタクシ。



真黒田さん、爆笑でした。



ってか、しないの!? 他府県民は?



そっちが驚きだよ。



上に向かって広がっている形の容器だし、重くて安定しているから、クリップ入れには最適なのに。



勿体無い。



「お茶を入れて飲んでたりするんだって?」



うん、それはしない。



そこまで貧乏性じゃないと思うわ。



ってか、マジで再利用しないの!? 他府県民は?



そっちが不思議。



それはそうと、秘密のケンミンSHOWで大阪を取り上げられると、翌日から「そうなの?」的質問が増えるんですよね。



質問の後に「(笑)」が付くのも気になる。



未だに貸し駐車場を「大阪の人はモータープールって言うもんね(笑)」とミツ部長(鹿児島県民)に笑われるもんな。



まあ、いいんだけど。



それより、姫路も尼崎は大阪府じゃないからね。



ってことをボチボチ関東人にも覚えて貰いたい今日この頃のワタクシです。








携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。