一誠堂書店
[一誠堂書店(いっせいどうしょてん)]
古書店界の名門。
創業100年(2013年で110年)を超える老舗です。


一誠堂書店
入口上のステンドグラス。
BOOK STOREの文字も見えますね。


一誠堂書店
モールディングなどの装飾も独特でカッコイイのです。

案内板

柏水堂
[柏水堂]
ワタクシ、ここのトリオシュークリームが好き。


ラーメン店
神保町もラーメン店が林立していて、いつも長蛇の列が出来ていますね。

提灯
お祭りに関する提灯は初めて目にした気がする。

さくら通り
毎度魅力的だなぁと思う建物。
お金持ちだったら欲しいレベル。


大丸やき茶房
[大丸やき茶房]
明治から続く餡作りの製法で焼く「大丸やき」が名物。
昔はよく買いに自転車で走ったなぁ。
皮も甘い回転焼(みたいなもの)を販売しているお店です。
注文の多い和菓子屋さんってイメージ。


さくら通り
さくら通りの終わり。
ちなみに昔はこういう通り案内表示はなくて、ワタクシにとっては、ただの道でした。


地図_神田
今、ココ。
さくら通りの終着点。
地図で見ると、下の方向が九段下ね。


今庄
[今庄(いまそう)]
老舗のうなぎ屋さん。
昔からあるのは知っていますが、未だに入ったことはありません。
平日だけの営業なので、そもそも開いているのを見たことがない。


森のブッチャーズ
[森のブッチャーズ]
とても気になっているバル。
営業時間 月~金 17:00~23:30 土 16:00~23:30


爼橋
[爼橋]
ムジナじゃないし、ネライでもないし、何って読むんだっけ?
もの凄く刃物を使うものって感じの漢字ですな。
思い出そうと悶々と悩んだ数分間。
人間、使わない文字は忘れてしまうもんですね。


高速道路下
[爼橋(まないたばし)・高速道路下]
養生中ですが、耐震補強工事をしているのかな?


九段下
九段下界隈で見つけた風情のある建物。
その向かいにあるのが・・・


しょうけい館
[しょうけい館]
戦傷病者資料館という重いテーマを展示している博物館。
傷痍軍人に関する史料の収集・保存・展示を行っています。
傷痍軍人って、昔はよく聞いたし目にしたけれど、今は居ないそうです。
館名には「承継」の意味があるとか。
重いテーマ過ぎてこの日のワタクシは入れませんでした。
悩んでいたら、小学生ぐらいの子供を連れた親御さんが入って行きました。
子供の日なのに、すごい情操教育だなぁ。


九段会館02
[九段会館]
旧称は軍人会館。
二・二六事件では戒厳司令部が置かれた場所です。
東日本大震災で死傷事故があったため、2011年4月12日付で廃業。


九段会館03
占領軍が接収した日本の施設である事情から、
取り壊しや、保存、建て替え工事ができず、そのまま放置されている状態なのだそう。
流石に取り壊しは勿体無いと思う。
ワタクシ、ここの赤い絨毯が敷かれた階段を上がるのが好きでした。
純粋に建物が好き。


九段会館01
学生時代は、よく館内をぐるぐる回って見学したものです。
二十年以上前だったので、元軍人という方々もまだまだそれなりにおられ、
ロビーに座ってその方々の会話を聴くのが興味深かったことを思い出します。


九段下から靖国を望む
靖国神社の大鳥居が見えます。
この大鳥居、年々どんどん木々に埋もれていくのよね。


九段下地図
今、ココ。
左手側が飯田橋方面。


飯田橋ギョランハウス
[ギョランハウス エニ(魚卵ハウス Eni)]
魚卵を中心としたシーフード専門店。
魚卵嫌いのワタクシにとって、なんつー鬼門。
でも店構えは可愛いの。



神保町から九段下まで戻って来た訳ですが、


ここから飯田橋駅までは、1kmもありません。


だから、飯田橋から神保町まで、2kmも無いでしょうな。


1kmの徒歩での所要時間は15分から20分。


ただの往復でも一時間も掛からないことになります。


ちなみにこの日のワタクシは、要所要所で足どめを喰らい、


所要時間は4時間でした。


神保町界隈は誘惑が多くて困る。


でも、結構歩いたんじゃないかなと思ってポケットの万歩計を探したら、


家に置き去りでした。


なんだか微妙に悔やまれる・・・。




【にほんブログ村】