sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

土居松市

新宿区市谷加賀町『市谷の杜 本と活字館』というDNPの文化施設を見学。

image

昨年11月にオープンした『市谷の杜 本と活字館』は、

大日本印刷(DNP) 市谷工場の事務所棟だった「時計台」を

大正15年(1926年)竣工当時の姿に復元しています。

工事中に見た時は何になるんだろう? と思っていましたが、

DNPらしい文化施設として生まれ変わったようです。

館内では、文字(秀英体)のデザイン、活字の鋳造から、印刷、製本までのプロセスを展示しており、印刷機が稼働する様子や活版職人が作業する姿も動態展示の形で公開します。また、参加型ワークショップやイベントなど、ご来館の皆様に、活版印刷をはじめとした印刷・製本・紙加工を体験していただく機会もご提供します。

建物は

「三河島汚水処分場喞筒場を生み出した土居松市と宮内初太郎の作品」

だそうです。



さぞかししっかりした鉄筋コンクリート構造なんだろうと思い、

それ見たさに予約を入れて散歩がてら行って参りました。

image
2018年11月初旬 工事中の同施設

image
現在はこうなっております。

建物は当初の位置から北西へ約10m曳家工法で移動したそうです。

久々に歩いたらこの辺りの景観が激変していて、

以前はどうだったのか全く覚えていませんが、

建物の一部は関東大震災と空襲に耐えたものだそうです。

ワタクシ、東京に残る数少ない大正時代の建物を見ていたんですね。

(昭和初期の建物だと思ってました)

image
復元しているだろうところもあれば、
今風に改修されているところもあり。

image
とてもコンパクトな文化施設です。

image
一階で見学できるのはこの部分。

image
活字が揃ったここには入れません。

image
大昔に祖父の家で見たのと似たようなものがここには揃っていました。

image
ワタクシはどちらかと言えば校正紙の方に懐かしさを感じる。

image
ルビなんて小さすぎて眼鏡でも肉眼でも見えやしない。

image
当時はタイル張りだったんですねぇ。
なんて贅沢な施設なんだ。

image
最も興味深かったのがこちらのセット。
左上の本は400ページ近くあるガイドブックなのですが、
活版印刷で作った現代のものなんです!
版がそれだけあるってことは、活字もそれだけあるってことで、
多用する字は追加で作ったので精度はバラバラみたい。
しかも著者意向で強めに押して印刷しているため
文字が潰れ気味の箇所もあって。
それが「味」になって若い女性にウケているんだとか。

image
天井の梁を見ても頑丈そうな建物ですね。

image
階段はとてもシンプル。

image
窓からDNPの森の紅葉が見えます。

image
喫茶コーナーで激安珈琲を購入し、

image
地下一階のコーナーや、

image
二階で飲むことができます。
二階の椅子は活字を模したもの。
秀英はDNPの初期の会社名(秀英舎)です。

image
カップのスリーブに印刷に係わる言葉の説明が書かれています。

image
ガラス張り部分が地下一階、地上は二階建てになっています。

image
こういうところも活字がモチーフになっていて面白い。

image
新旧のDNPって感じ。

DNP周辺はまだまだ開発中でして、

そのまま森になる場所もあるんだそうです。

10年後には昔を思い出せない景観になるんでしょうね。

珈琲が安いので、ここまで散歩することがあれば、

入館予約を入れて、ここでコーヒーブレイクしたいかも。



image
【市谷の杜 本と活字館】

東京都新宿区市谷加賀町1-1-1
開館時間 11:30~20:00、[土日祝]10:00~18:00
休館日:月曜、火曜(祝日の場合は開館)
※完全予約制
入場無料
・喫茶ラストオーダーは閉館の30分前
https://ichigaya-letterpress.jp/
https://www.instagram.com/ichigaya_letterpress/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

【写真多用】荒川区荒川『旧三河島汚水処分場喞筒場施設』を見学してきた。【後編】

旧三河島汚水処分場喞筒場

地上に戻ってから、次に見学するのが喞筒室(ぽんぷしつ)。

建物は左右対称で、セセッション様式をいち早く取り入れたデザイン。

外壁は煉瓦タイル貼りで、富岡製糸場(明治4年)に類する外観です。

ここには下水を地下の喞筒井(ぽんぷせい)から吸い上げるポンプが

10台設置されています。

※機械類は更新されている

旧三河島汚水処分場喞筒場
[喞筒室入口]
規則的に配された柱型と、出っ張りの少ない軒が特徴。


旧三河島汚水処分場喞筒場
左右対称といいつつも、右側の内部は3階建て。

旧三河島汚水処分場喞筒場
ここには事務室や倉庫などがありました。

旧三河島汚水処分場喞筒場
左手の内部は2階建て。
大型の機械類が設置されているからなんだとか。


旧三河島汚水処分場喞筒場
確かに、奥の棟には窓がない。

旧三河島汚水処分場喞筒場
さて、この建物内には重要文化財に指定されているヴェンチュリーメーターがあります。

旧三河島汚水処分場喞筒場
[ヴェンチュリーメーター]
今の貨幣価値で数千万円もするのだとか。


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここにあるポンプは、井口在屋博士が数式を作り、
その教え子の畠山一清が製造しました。
この畠山氏は井口博士と「ゐのくち式機械事務所」を設立し、
その後、荏原製作所を設立しています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
大正10年なのに既に左から読む表示になっている。

旧三河島汚水処分場喞筒場
これが現在のエバラ製のポンプ。
昭和時代のものらしいです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
塗装はし直しています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
奥の天井付近に見えるのが、クレーン。
手前にスライドして各ポンプの上まで移動させます。


旧三河島汚水処分場喞筒場施設
建物に向かって右棟の、3階建てのうちの2階部分。
今は展示室になっています。


旧三河島汚水処分場喞筒場
同棟の3階にあがる階段。
※非公開


旧三河島汚水処分場喞筒場
展示室にある模型。
模型のエリアが重要文化財です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これが建物の外壁を飾る煉瓦タイル。
金型も見えます。


旧三河島汚水処分場喞筒場
品川白煉瓦(現・品川リフラクトリーズ株式会社)製だったんですね。
タイルの裏にあるひし形の刻印で製造会社が判別できます。


旧三河島汚水処分場喞筒場


旧三河島汚水処分場喞筒場
東京市の下水を遠く離れた別の「村」が処理するという構造。
当時、この土地は東京市の外にある村で、水田が広がっていました。


旧三河島汚水処分場喞筒場
話は戻って、クレーンを確認。
石川島造船所製(現・IHI)です。
幕末頃からある誰もが知っている会社ですね。
「6t半」の性能のクレーンみたいですね。


旧三河島汚水処分場喞筒場
奥に見えるトラス構造の天井。
直線の造形美ってところでしょうか。
かなりカッコいいです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
クレーンの引き上げ部分。
移動は人力なんですってー。
(マジかー)


旧三河島汚水処分場喞筒場
見たこともないほど巨大なファスナーも見えます。
YKK製なんだろうか?


旧三河島汚水処分場喞筒場
チャラチャラと金属がぶつかる音が聞こえてきそうな気がします。
吊り上げるところを見てみたいなぁ。


旧三河島汚水処分場喞筒場
鉄骨部分は塗りなおしています。
そういえば、この色。不思議ですよね。
何故、この色(くすんだ緑)なのか?
これは工場でよく使われる工場特有の色なんだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
二階から外へ。

旧三河島汚水処分場喞筒場
すぐ脇には、下水管の一部が展示されています。
機械で切り出したもので、実際に使っていたものだそうです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
底部は焼煉瓦が敷き詰められています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
断面を見ると、確かに焼き締められているのが分かりますね。

旧三河島汚水処分場喞筒場
ちょっと戻って、インクライン。
ゴミをトロッコに乗せて運ぶ設備です。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これがその軌道跡。
一部保存されていました。


旧三河島汚水処分場喞筒場
この坂をトロッコが上るわけです。
もちろん、坂上までは電動。


旧三河島汚水処分場喞筒場
[土運車引揚装置(インクライン)用電動機室]
もちろん重要文化財。


旧三河島汚水処分場喞筒場
これがケーブルを設置していた設備の跡。

旧三河島汚水処分場喞筒場

旧三河島汚水処分場喞筒場
中の機械類は撤去されています。

旧三河島汚水処分場喞筒場
土台の煉瓦跡が見える。

旧三河島汚水処分場喞筒場
でも、ここで興味深いのは壁の落書きなんだとか。

旧三河島汚水処分場喞筒場
見えるかな?
(上のあたりに「努力せよ」と書かれている)


旧三河島汚水処分場喞筒場
ここは高台になっているので、ポンプ室などが見下ろせます。

旧三河島汚水処分場喞筒場
スレートの屋根も見える。


これで施設見学は終わりです。

DVDを見た部屋に戻って、アンケートに記入。

旧三河島汚水処分場喞筒場


門まで送って頂いて、再び都営荒川線に乗り込みます。

時計を見たら2時間ぐらい経過していました。

普通の見学時間は1時間強程度なんだそうです。

質問し過ぎたかもしれん。

でも、すごく楽しかったし、満足できました。

東京都水道歴史館と併せて見学すると

より、上下水道について理解できるかもな。

って、下水に愛着が湧くかは微妙だけれど。

荒川二丁目


さて、都電荒川線で町屋下車してストレートに帰るか、

それとも早稲田まで行くか。

しばらく考えつつ、

満員の電車に乗って巣鴨に移動するワタクシです。


旧三河島汚水処分場喞筒場
【旧三河島汚水処分場喞筒場】
東京都荒川区荒川8-25-1
開館時間 9:30~16:30(入場は16:00迄)
休館日:火曜、金曜、年末年始
見学は要予約
電話:03・6458・3940

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。